- ROSE PETAL -

何気ない日々のできごとを

小さな花びらのようにかさねてみます

マルベリージュレ&パンナコッタ

2017-06-28 | お菓子
やっと梅雨らしくなってきました。

とはいえ、毎日雨だと洗濯物が乾かず困ります。

ペチュニアなどの雨に弱い花は、灰色カビ病の心配も。

梅雨前に風通しが良いように枝をカットしたけれど全部はできなくて、
株が弱っていた花に病気が出ていました

桑の実の時期は終わってしまったけれど、3週間ほど前に作ったパンナコッタ。

パンナコッタはハチミツだけの優しい甘さです。

パンナコッタが固まったらマルベリージュレを作って上に流します。

桑の実をフードプロセッサーでピュレにして、グラニュー糖、レモン汁、カシス酒、ゼラチンで作ったジュレ。

息子達は桑の実があまり好きじゃないみたいで、あの食いしん坊のボクも「いらない!」だって。

疲労骨折の疑いでMRI検査をしたボクですが、幸い疲労骨折も
椎間板ヘルニアもなかったのでホッとしました。

しばらくはリハビリ通いです

1箇所、疑わしい所があるので、これからはストレッチなどして気をつけないとね。


コメント

キャラメルバナナマフィン

2017-06-16 | お菓子
先日の休みに焼いたカラメルバナナマフィン。

ポンデケージョやみたらし団子を作ったので、昼間はマフィンまでは作れず
夜遅くになりました。

シュガースポットが出たバナナが待ったなし!の状態だったので

今回、カラメルを作るのにグラニュー糖ではなく きび砂糖を使ったので
色づくのがわからず、やっぱり白いお砂糖を使った方が良かったかなぁ~。

でも、家用なので健康のことを考えるとなるべく白砂糖は使いたくない。

難しいとこです

先日、ボクが腰が痛いというので整形外科に連れて行きました。

身体がすごく硬いうえにバドミントンをしてるので、疲労骨折の疑い大との診断。

レントゲンではわからないというので、きょう、MRI検査をしました。

結果報告は来週です。

とにかく人気のスポーツ整形の病院なので患者さんが多くて大変です。

あれほどボクには「ストレッチした方がいいよ~」と言ったのにねぇ。



コメント

ポンデケージョ

2017-06-14 | パン
梅雨だというのに雨が降りません

今年は空梅雨なのかな

雨は嫌いなので晴れてるのは嬉しいけれど・・・
お店に来られる農家の方は困ってる様子でした。

きょうは、休みだったのでお昼にポンデケージョを作りました。

久しぶりに食べたくなって先日チーズパンミックスを買ってたんです。

子ども達はあまり好きじゃないみたい。

ミックス粉に粉チーズ、卵、油、水を入れて5分ほど混ぜ、丸めて焼くだけなので簡単に作れます。

油は製菓用の太白胡麻油を使いました。



半分はプレーンで、残りの半分にはベーコンとバジルを入れました。



外はカリッと中はもちもちで美味しい。

ついつい食べ過ぎてしまいます。



毎日、夕方帰宅した二男が「お腹空いたぁ~」と言うので、おやつにみたらし団子を作りました。

和菓子が好きな二男は、ものすごい勢いで食べてました



コメント

マルベリーと紅茶ケーキ

2017-06-11 | お菓子
先週末(6/3~5)の高校総体で早朝からの送迎・お弁当作り、応援で長時間体育館にいた事で
疲れがたまったままの1週間でした。

今朝は、久しぶりにゆっくり眠ることができました。

気付けば、長男は出勤してました

桑の実(マルベリー)の季節ですね。

近所に大きな桑の木があり、毎年採らせてもらいます。

今年は実が大きい

ふわふわのジェノワーズ生地に紅茶の葉とマルベリーを入れて焼きました。



こまめにオーブンをのぞかなかったので少し焼き過ぎだけど



紅茶の葉が少なかったのか、アールグレイじゃなかったからなのか、紅茶の風味がほとんどしなかったのは残念

毎年、日出町にある大神ファームのローズフェスタに行きますが、
今年は行く予定にしてた日が雨で断念。



うちの鉢植えの薔薇・ローズフォーエバー。

今年は虫にも食べられず、病気にもならず元気な薔薇たちです
コメント

今年度初・小学校の読み聞かせ

2017-06-08 | 絵本(読み聞かせ)
今朝は、小学校の読み聞かせに行って来ました。

今年度も私は6年生担当になりました。

読み聞かせボランティアも今年で11年目になります。

まず、6年生の教室に入って思ったのは、「(子ども達が)多いな! 」ということ。

と言っても、31人なんですけど。

昨年度の6年生が少なくて21人しかいなかったので、10人違うとけっこう圧迫感があります

読んだのは

 しげちゃん  (室井滋/作 ・長谷川義史/絵)

しげちゃんは、男の子みたいな自分の名前が嫌いでした。

小学校の入学式の日にいやなことがあったしげちゃん。

ある日、「ねぇ、お母さん、わたし、じぶんの 名前、キライ! もっと かわいい 名前に かえてよ」
と頼みます。

でも、お母さんから「たいせつな名前を変えることはできない」ときっぱりと言われます。

そして、子どもの幸せを願って親が名前をつけることを知り、好きになります。

女優・室井滋さんの名前にまつわるエピソードを長谷川義史さんが人情味豊かに描いています。

2年前に市内で長谷川義史さんの絵本原画展が開催された時に
室井滋・長谷川義史 しげちゃん一座絵本ライブがありました。

その時にこの絵本を買ってサインしてもらいました。

なかなか読むタイミングが見つからなかったけど、小学校の図書館だよりで紹介してた新着本に
しげちゃんが載ってたので読むことにしました。

やっと、読み聞かせに使うことができて良かった
コメント