経済を良くするって、どうすれば

経済政策と社会保障を考えるコラム


 *人は死せるがゆえに不合理、これを癒すは連帯の心

4/26の日経

2019年04月26日 | 今日の日経
 景気を先導する輸出と建設が昨年後半から後退を続ける一方、消費と設備投資は好調を保ってきたが、ここに来て、資本財出荷が大きく低下した。3需要の下落に追いつくがごとくの崩れ方である。残る支えは消費ということになるが、どこまでもつか。これから、駆け込み需要が始まり基調が読めなくなってくる。小康で安心していると、増税後の下げがきついかもしれない。増税で消費を圧殺してしまって、どうやって成長させるつもりなのだろう。中国の景気回復に賭け、一蓮托生というわけかね。

(図)



(今日までの日経)
 中国企業、なお回復途上 消費力強さ欠く。韓国、輸出・投資 急ブレーキ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 子守り互助会の二分法的な経済学 | トップ | アベノミクス・崖に連れて行... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今日の日経」カテゴリの最新記事