尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

骨盤は身体の土台、、、なの?

2005-04-15 09:19:35 | Weblog
チラシや本なんかで、標記のフレーズを見かけたことはありませんか?

骨盤の上に背骨が乗ってて、頭が乗ってて、、、だから土台である骨盤が歪むと連鎖的に全体が歪みますよ~、と。

当たり前のように言われているわけなんですが。

かいつう館の考えはいつだってシンプルです。「土」「台」って書くくらいだから、身体の土台は最下部にあって地面と接している「足」なんじゃないの?と。

捻挫したとき、って妙に背中がつっぱったりするのは、土台(足)に故障があってそれを庇うからですよね。この場合の背中の違和感を消すには骨盤を直すよりも捻挫を治したほうがいい、当たり前ですが。逆に、足に、正常な本来有るべき機能をまっとうさせてやれば、骨盤の歪みの発生自体をかなり抑えられるのでは?と考えたりもします。

かといって「骨盤矯正」そのものを否定しているわけではありません。「骨盤」が土台、すべて、はどうかな、と思っているわけで。僕的には骨盤は、身体の土台ではなくて、センターなんだろう、と。さらにかいつう館的にいえば骨盤も、身体の一部分にしかすぎない、と。

「患部に原因があるのではなく、骨盤の歪みが『原因』だった」、、、わけではなく
「その骨盤の歪みも身体全体のアンバランスの『結果』である」。

ちなみに、僕の身体も相当ゆがんでます。それでも、「今日も元気っ」(な、なんのこっちゃ)
コメント   この記事についてブログを書く
« 首の矯正 | トップ | 食べない健康法? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事