通でがんす

いろんな広島を知って、ひろしま通になりましょう!
(旧ブログタイトル:通じゃのう)

森の石松

2022年08月11日 | まんが・テレビ・映画
1週間前の2022年8月4日(木)
NHKラジオ深夜便の午前3時台は
堺 正章(さかい まさあき)
作品集じゃった。


夜中、トイレに行った後
ラジオに耳を傾けていると、
懐かしい歌を耳にして
思わず口ずさんでしもうた。

その歌は、堺 正章が主役の時代劇
『マチャアキの森の石松』
(1975年、日曜午後8時、NET)の主題歌
「行きずりの男」
(作詞・作曲:泉谷しげる)。



↓「行きずりの男」については、こちら↓

「`75オールナイトニッポン ゲスト泉谷しげる リードギター吉田拓郎『ゆきずりの男」『少年A」」YouTube



…というわけで今日は、
「行きずりの男」でもなく、
「堺 正章(=マチャアキ)」でもなく、
森の石松
についての話でがんす。



「森の石松」いうても、
今では知らない人の方が多いじゃろうの。

石松は、
幕末に活躍した侠客(きょうかく)、
今でいうところのヤクザ。

「鬼より怖い」と謳(うた)われた
静岡県清水港(しみずこう)の
山本 長五郎(やまもと ちょうごろう)、
通称:清水 次郎長(しみずのじろちょう)
の子分のひとり。





上『任侠東海道』
(1958年、東映、監督:松田定次、
主演:片岡 千恵蔵(左から3人目))

下『次郎長富士』
(1959年、大映、監督:森 一生、
主演:長谷川 一夫)

(佐藤忠男・吉田智恵男
『チャンバラ映画史』
芳賀書店)




↓清水次郎長については、こちら↓

「地元の偉人を再確認!清水次郎長ってどんな人? 前編」清水港観光情報サイト【清水港は鬼より怖い】



次郎長には、「二十八人衆」と呼ばれる
個性豊かな子分たちがいて、
次郎長と同じくらい人気があったのが
石松じゃった。

石松は、
情に厚く、義理堅い、
曲がったことが大嫌いで、ケンカっ早い、
片目がなく、言葉がうまく話せない、
思慮が足りないので損ばかりしている、
という設定。

「設定」というのは、
森の石松が実在の人物を元に作られた
架空の人物と考えられているから。


そんな森の石松は、
講釈師の3代目
神田伯山(かんだ はくざん)が有名にし、
浪曲師の2代目
広沢虎造(ひろさわ とらぞう)が
人気者に仕立てたといわれている。

昭和になって、
浪曲がラジオで放送されると
人気は全国的なものとなり、
1935(昭和10)年には、
静岡県の大洞院に
石松の墓が建てられた。



↓大洞院については、こちら↓

「大洞院」遠州三十三観音霊場めぐり



1939(昭和14)年
ディック・ミネが歌ってヒットした
「旅姿三人男」では、
石松は次のように歌われている。


♪腕と度胸じゃ 負けないが
人情からめば ついほろり
見えぬ片眼に 出る涙

(作詞:宮本旅人、作曲:鈴木哲夫)




↓「旅姿三人男」については、こちら↓

「旅姿三人男 昭和14年(唄:ディックミネ)昭和45年放送より 日本歌謡チャンネル」YouTube



石松で有名な言葉が、
「江戸っ子だってねぇ、すし食いねぇ」と
「馬鹿は死ななきゃなおらない」。

これは、石松が清水次郎長の代わりに、
四国の金毘羅(こんぴら)へ行ったとき
船の中での話。

江戸から来たという旅人のひとりが、
「街道一の親分といえば、清水次郎長だ」
といったのを聞きつけた石松。

「ここへ来て座んねえ。
おめえ、江戸っ子だってな」
「神田の生まれだ」
「街道一の親分は、
えー、何とか言ったな」
「清水次郎長」
「おう、次郎長ってのは
そんなに偉いか?」
「もちろんよ」

自分の名前を出してもらいたい石松は、
旅人に酒とすしをすすめる。

「次郎長には、どんな子分がいるんだ?」
「二十八人衆と呼ばれる
出来のいい子分たちがいる」
「ささ、飲みねぇ、飲みねぇ。
喰いねぇ、喰いねぇ」

が、大政(おおまさ)、
小政(こまさ)
という名前は出てくるが、
肝心の「森の石松」の名前が出てこない。
話し相手が石松だと気づいた旅人は、

「そうだ。清水一家で
一番強いのを忘れていたよ」
「おぅ、おもしろくなってきやがった」
「森の石松ってぇのが一番強い」
「酒を飲みねぇ、酒を。
おう、すしを喰いねぇ、すしを」

と石松をほめたあとに、

「強い。強いが馬鹿だ。
馬鹿は死ななきゃなおらない」

と、からかうという話。



↓「江戸っ子だってねぇ、すしを食いねぇ」については、こちら↓

「すし食いねぇ」すしラボ ミツカン



↓「馬鹿は死ななきゃなおらない」(広沢虎造の浪曲)については、こちら↓

「石松と三十石船道中」YouTube



以下、余談。


『マチャアキの森の石松』の
全話演出を担当したのが、
マキノ雅弘(まさひろ)。

マキノ雅弘といえば、
「日本映画の父」と呼ばれた
牧野省三(まきの しょうぞう)の息子。

マキノ雅弘は、
『次郎長三國志』シリーズ
(1952年から1954年、東宝)、
『次郎長三国志』シリーズ
(1963年から1965年、東映)
を監督した次郎長ものの第一人者。



以下、さらに余談。


東映時代劇YouTubeでは、
『任侠清水港』(1957年、東映、
監督:松田定次、主演:片岡 千恵蔵)を
8月14日まで配信中。

興味のある方は、
是非この機会にご覧下さい。



↓『任侠清水港』については、こちら↓

「任侠清水港[公式]」東映時代劇YouTube



今日は、
森の石松
について話をさせてもろうたでがんす。


ほいじゃあ、またの。



(文中、敬称略)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「赤塚不二夫作品集」ラジオ深夜便

2022年08月09日 | 音楽
1週間前の2022年8月2日(火)
NHKラジオ深夜便の午前3時台は
赤塚 不二夫(あかつか ふじお)
作品集じゃった。


赤塚さんは、
『天才バカボン』を始め
『おそ松くん』
『ひみつのアッコちゃん』
などのヒット作を描いた漫画家。

「ギャグ漫画」いうジャンルを
作り上げたことでも、
2008年8月2日に亡くなったときの
告別式ではタモリが、
「私もあなたの作品のひとつです」
と、弔辞を読み上げたことでも
有名じゃの。



↓タモリの弔辞については、こちら↓

「弔辞 ( ノーカット版 )」YouTube



この日の放送では、
アニメ化された赤塚作品の歌が

主題歌、
キャラクターたちの歌、
音頭(夏ですからね)、
元祖 天才バカボンの春、

の順に紹介された。



↓赤塚 不二夫さんについては、こちら↓

赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!



今日は、
赤塚不二夫作品集
についての話でがんす。



先に紹介したとおり、
この日の放送では
アニメ化された赤塚作品の主題歌
から紹介された。


「おそ松くん(前期主題歌)」
歌:ヤング・フレッシュ
「おそ松くん(後期主題歌)」
歌:藤田まこと
(『おそ松くん』第1作:1966年)


「ひみつのアッコちゃん」
歌:岡田恭子
「すきすきソング」
歌:水森亜土
(『ひみつのアッコちゃん』
第1作:1969年)


「もーれつア太郎」
歌:桂 京子
「江戸っ子のスキャット」
歌:ハニー・ナイツ
(『もーれつア太郎』第1作:1969年)


「天才バカボン」
歌:アイドル・フォー
「バカボンのパパ」
歌:敏 (びん) トシ
(『天才バカボン』第1作:1971年)




↓アニメ『おそ松くん』の歌については、こちら↓

「おそ松くん[OP-1/OP-2/ED]」YouTube



↓アニメ『ひみつのアッコちゃん』の歌については、こちら↓

「『ひみつのアッコちゃん』アニメ」赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!



↓アニメ『もーれつア太郎』の歌については、こちら↓

「『もーれつア太郎』アニメ」赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!



↓アニメ『天才バカボン』の歌については、こちら↓

「『天才バカボン』アニメ」赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!



続いて、赤塚さんが生み出した
キャラクターたちの歌が
3つ紹介された。


「ニャロメのうた」
「ケムンパスでやんす」
「ココロのウエスタン」
歌:ミュージカルぼーいず



ニャロメ、
ケムンパス、
ココロのボスとも、
初出が『もーれつア太郎』なんじゃが、
赤塚作品を代表するキャラクター
としても知られとるんじゃの。


ニャロメは、
語尾に「ニャロメ」を付けて話し
二本足で歩くノラネコ。


↓ニャロメについては、こちら↓

「ニャロメ」赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!



ケムンパスは、
「~でやんす」が口ぐせの毛虫。

今、思い返してみたら、
赤塚キャラの中で一番多く模写したのは、
バカボンパパでもなく、
ニャロメでもなく、
ケムンパスじゃったかもしれん。

多分、一番描きやすかったから。



↓ケムンパスについては、こちら↓

「ケムンパス」赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!



ココロのボスは、
「~のココロ」が口ぐせのタヌキ。



↓ココロのボスについては、こちら↓

「ココロのボス」赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!



コロナ禍の今では
中止されることが多いが、
かつては「夏」といえば
「盆踊り」じゃった。
(「夏」といえば
「ラジオ体操」じゃったりもしたの)

そのむかしのテレビアニメでは、
夏になると
番組のエンディングが「音頭」になる
というパターンが多かった。

たとえば…、


「オバQ音頭」
歌:石川 進、曽我町子
(『オバケのQ太郎』第1作:1965年)


「ど根性ガエル音頭」
歌:石川 進、荒川少年少女合唱隊、
千々松 幸子
(『ど根性ガエル』第1作:1972年)


「ドラえもん音頭」
歌:大山のぶ代、こおろぎ'73
(『ドラえもん』第2作:1979年)


「アラレちゃん音頭」
歌:小山茉美、コロムビアゆりかご会
(『Dr.スランプ アラレちゃん』1981年)



…など、よぉけ(=たくさん)あった。



この日は、
次の2つの音頭が紹介された。


「ひみつのアッコちゃん音頭」
歌:堀江 美都子
(『ひみつのアッコちゃん』
第2作:1988年)


「おそ松くん音頭」
歌:細川たかし
(『おそ松くん』第2作:1988年)




余談じゃが…、

「ルパン音頭」というのがあったのを
ご存じじゃろか?

…えぇ!?
ルパン三世に音頭なんてあったっけ?

そう、あったんです!

マモーが出てくる
劇場版アニメ『ルパン三世』(1978年)
のラストで流れるのが、
当時の国民的歌手
三波春夫(みなみ はるお)先生が歌う
「ルパン音頭」じゃた。


♪オレはルパンだぞ~
ルパン、ルパン

作詞:モンキー・パンチ
補作詞:中山大三郎



余談ついでにいうと、
赤塚さんはアメリカ大統領役で
出演されとられましたの。



今回の放送で大トリを飾ったのが、
「元祖 天才バカボンの春」。
(『天才バカボン』第2作:1975年)


♪41才の春だから
元祖天才バカボンのパパだから

作詞:赤塚不二夫



…の、あの歌じゃ。


なぜ「41才」と歌われているかというと、
バカボンパパの誕生日が
1926(昭和元)年12月25日で、
雑誌連載が始まったのが
1967(昭和42)年4月だったから。

計算すると、
バカボンパパは41才になるんじゃの。


この日の放送を聞いて驚いたのが、
歌の冒頭に
「これでいいのだ」
の赤塚さんの音声が入っていたこと。

家庭用のカセットデッキに
吹き込んだと思われる(?)
音声を編集して
歌の最初に持ってきたのだろうが、
赤塚さんの声を
久しぶりに聞いて驚いた。

そして、
なぜかとてもうれしかった。



以下、余談。

『青春歌年鑑 戦前編4 昭和15年〜20年』
というCDに収録されている、
川田義雄とミルク・ブラザースの
「地球の上に朝が来る」の出だし、


♪地球の上に朝が来る
その裏側は夜だろう

作詞・作曲:川田義雄



…を聞いたときは、
びっくりした!

バカボンの主題歌
「天才バカボン」の出だし、


♪西から昇ったおひさまが
東へ沈む
あっ たいへん!

作詞:東京ムービー企画部
作曲:渡辺岳夫



…と同じくらいのインパクトが
あったからじゃ。



↓「地球の上に朝が来る」については、こちら↓

「地球の上に・川田義雄-2昭和15年」YouTube



歌もすごいが、
発売されたのが
1940(昭和15)年6月
というのもすごい。

1940年といえば、
世界では第二次世界大戦が起こり、
日本は中国と戦争をしていたころ。

そんな時代に、
よく発売禁止にならんかった
もんじゃと感心してしまう。

いうても、この年の7月には
「贅沢(ぜいたく)は敵だ」
という標語が採用され、
戦時色が次第に濃くなっていく。

「地球の上に朝が来る」
が発売されたころは、
日本という国にまだ余裕があったころ
じゃったんじゃろうの。



今日は、
赤塚不二夫作品集
について話をさせてもろうたでがんす。



ほいじゃあ、またの。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

広島クリテリウム2022

2022年07月10日 | スポーツ


今日(2022年7月10日)、
広島市で開催されたのが、
自転車ロードレースの
広島クリテリウム。

1周1.7kmの周回コースなので、
ほぼ3分に1回、
日本トップクラスのプロ選手たちが
目の前を猛スピードで走り抜けていく、
手に汗握るロードレース!

今年で第5目となるこのレースは、
ふだんはたくさんの車が行き交う
広島市西区商工センターで、
交通規制をして行われる。



↓広島クリテリウムについては、こちら↓

ジャパンサイクルリーグ広島大会 2022 2022年7月開催





今日は、
広島クリテリウム2022
についての話でがんす。







このレースを見に来たのは、
昨年に次いで2回目。

姪の知り合いがレースに出とるけぇ、
孫に近い年齢の子ども2人の
面倒を見ながらの観戦じゃ。

昨年に比べて、
今年は風が強いように感じられた。

あと、人出も昨年より多かったように
感じられたの。




1.7km×30周=51kmの
ラスト1周。




トップを走るのは、
トマルバ(KINAN Racing Team)選手。

ここは第2集団を引き離しての
余裕の走りじゃったと思う。




第2集団は、
2位:阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)、
3位:孫崎大樹(Sparkle Oita Racing Team)、
4位:武山晃輔(Team UKYO SAGAMIHARA)、
5位:山本大喜(KINAN Racing Team)、
6位:小森亮平(マトリックスパワータグ)
の各選手。

入賞を狙っての
駆け引きが行われとった。




第3集団を一人で走り抜けたのが
ヴィクトワール広島の
久保田 悠介選手。

この走りを見よると、
写真を撮っているどころじゃのうて、
「頑張れ!」と声をかけとうなるの。




応援いうたら、
今年はこういうものを配っとった。

左上の「ALLEZ!!」は、「頑張れ!」
という意味のフランス語らしいの。




裏面は、選手紹介になっとった。




これを折りたたむとこんな感じになって、
ボコボコ叩くことで
選手を応援する道具になる。

コロナ禍の中では
大きな声を出すのが憚(はばか)られるけぇ、
こうやって音を出せるもの(=道具)は
ええと思うで。







レースが終わった後は、
インタビューや選手の写真撮影
なんかもあって…、




メイン会場では、ヴィクトワール広島の
選手の紹介もあったようじゃ。
(終わった後を写真を撮っただけで、
どんな話があったかは分からんが…)




今日は、
広島クリテリウム2022
について話をさせてもろうたでがんす。


ほいじゃあ、またの。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ディック・ミネ作品集

2022年06月05日 | 音楽
NHKラジオ第1で、1年365日、
午後11時05分から午前5時まで放送中の
ラジオ深夜便。


↓ラジオ深夜便については、こちら↓

「ラジオ深夜便」NHK


今日(6月5日)の午前3時台、
にっぽんの歌こころの歌は、
「ディック・ミネ作品集」
じゃった。



今日は、
ディック・ミネ
についての話でがんす。



「ディック・ミネって、どんな方?」
という方がほとんどじゃと思うので、
まずは、ディック・ミネの紹介から。

ディック・ミネ、
本名・三根徳一(みね とくいち)は、
戦前から活躍した歌手で、
訳詞家・編曲家であり、俳優。

1908(明治41)年、
徳島県生まれ。
立教大学在学中にジャズバンドに参加、
ギターやドラムを演奏していたという。
大学卒業後、逓信省(郵政省)に
就職するが、間もなく退職。
1934(昭和9)年、
「ロマンチック」でデビュー。

同年、ジャズの
スタンダード・ナンバーとして知られる
「ダイナ(Dinah)」を、
三根徳一名義で日本語訳して発表。
テイチクレコード第一号ヒット曲となり、
100万枚の売上を記録したという。
のち、喜劇王・エノケンこと、
榎本健一(えのもと けんいち)が、
「エノケンのダイナ」でカバーした。

ミネは、ジャズだけでなく、
「アイルランドの娘」、
「林檎の木の下で」など
外国の曲を日本語で歌う一方、
「人生の並木路」、
「旅姿三人男」など
正統派歌謡曲も歌い、
果ては「二人は若い」という
コミックソングまで、
幅広い楽曲を歌われた方。

戦後も歌手として活躍し、
日本歌手協会の3代目の会長を務める。

1991(平成3)年、
急性心不全のため82歳で死去。



わしにとってのディック・ミネといえば、
和製ミュージカル映画
『鴛鴦歌合戦(おしどりうたがっせん)』
(1939年、日活)じゃの。

この作品は、浪人・浅井礼三郎と
3人の娘たちの恋のさや当てを
明るくコミカルに描いたもので、
ミネはバカ殿様・峰沢丹波守として
からんでくる。
丹波守は骨董を集めることが趣味で、
自分が目利きした逸品の数々を
朗朗(ろうろう)と歌いあげる。

この映画、全編がこんなノリだと
思ってもろうて間違いない。
わしの大好きな映画の一本じゃ。


↓丹波守については、こちら↓

「oshidori」YouTube



『DICK MINE Empire of Jazz』(2011年 テイチクエンタテインメント)

ディック・ミネを知ったことで、
戦前日本のジャズを知ることができた。
この映画を観ることがなかったら、
「ディック・ミネ=
懐メロで見かけるおじさん」
くらいの認識しかなかったじゃろうの。



1937年に始まった日中戦争は長期化、
国内では各種物資が不足し始めた1940年、
「七・七禁令(しちしちきんれい)」
が出されたことで、戦争に関係のない
貴金属・装飾品などの製造・販売が
禁止された。

同じく1940年には、
カタカナの名前は改名を指示された。
ディック・ミネもその対象となり、
「三根耕一」と改名することに。

そんな時代に、
三根耕一が発表したのが、
「お洒落(おしゃれ)禁物」という歌。
「♪お洒落禁物~」と歌っているが、
ジャズが敵国音楽とされていた時代に
これだけのバンド編成で
堂々と歌い上げる気骨が残されていた。
また、「お洒落は敵(かたき)だ」を
「お洒落は素敵(すてき)だ」と
読み替えるだけの余裕が
人々の心にあった。

そして、1942年には
世にも恐ろしいスローガン
「欲しがりません勝つまでは」が登場。
日本は勝ち目のない戦いに
突入していった。


↓「お洒落禁物」については、こちら↓

「【ぜいたくは(素)敵だ!?】ディック・ミネ「お洒落禁物」がオシャレすぎる件【1940年の懐メロ】」YouTube



今日は、
ディック・ミネ
について話をさせてもろうたでがんす。


ほいじゃあ、またの。

(文中、敬称略)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大山刀鍛治

2022年05月26日 | むかしばなし

(広島県小学校図書館協議会『広島のむかしばなし』日本標準 1974年)

先日、実家の整理をしている女房が、
子どものころ読んでいたという
絵本を持って帰ってきたんじゃの。
活字中毒のわしとしては、
たとえ子ども向けの絵本であっても
目を通さないと気が済まんのじゃ。

その中に、
大山(おおやま)峠にいたという
刀鍛冶(かたなかじ。
刀をつくる専門の職人)
の話が載っとった。

大山峠は旧山陽道にあって、
広島市安芸区瀬野町と
東広島市八本松を結ぶ
難所として知られていた。
旧山陽道は、西国街道とも呼ばれ、
京の都と九州の太宰府を結ぶ
重要な街道じゃったんじゃの。



今日は、
大山刀鍛冶
についての話でがんす。



むかしむかし、大山峠には
7人の天狗(てんぐ)がおったそうじゃ。
天狗は、山の中に住む
妖怪(ようかい)のことじゃの。

ある日、ひとりの若者が大山峠を
西から東へと越えて行った。
この若者は、
備前国(びぜんのくに)。
現:岡山県東部)にいる
刀鍛冶の名人の下で学ぶため、
肥前国(ひぜんのくに。
現:佐賀県、長崎県))から、
この峠を越えて行ったのだ。
若者の姿を木の上から見ていた
天狗たちは話し合(お)うた。


「どうじゃ。あの若者をたすけてやらないか。」
「それはまた、どうしてじゃ。」
「きっと、しょんぼりして帰ってくる。そこをたすけるのじゃ。」



天狗には、
未来を見通す力もあるんじゃの。
天狗たちは、
刀を作ることができる環境を
大山峠に整えておいた。

備前国に着いた若者は、
天狗が予言したとおり
名人に学ぶことができず、
しょんぼりと引き返してきた。
しかし、心の中では
「自分の力で名人になる」と
かたく誓っていたんじゃの。
大山峠にたどり着いた若者は驚いた。
そこにはきれいな清水が
噴水みたいに湧いていたからじゃ。


「これは、いい水だ。」
水を手にすくった若者は、目をかがやかせました。
「炭にいい松が、あそこにもあそこにも。」
「鉄粉もひかっている。」



若者は、大山峠で刀を作ろうと
小さな小屋を建てたんじゃが、
ひとりでは刀は作れん。
刀を作るときに、ひとりが
槌(つち)でトントンとたたくと、
それに合わせてほかの人が鎚でたたく、
その相手となる人が要るんじゃの。


「せっかく、自分の力で、名人になろうとしている。どうじゃ、つれになってやらないか。そうすりゃあ、刀もつくれる。」
「こっそり、つれにばけるか。」
七日めの夜がすぎると、ふしぎと、七人のつれが現われました。
「ツンテンカン。ツンテンカン。」
つちの音が、山にひびきわたりました。



若者と7人の天狗が
力を合わせて刀を作りあげた、
というのが大山刀鍛冶の話じゃ。



以下、余談。



先に書いたとおり、大山峠は
広島市安芸区瀬野町と
東広島市八本松の間にある。






峠から瀬野町側に下ったところに、
大山清水の石碑が建てられている。
若者が「これは、いい水だ」といった
あの清水は、今では
枯れてしもうとるんじゃがの。




説明板によると、
建武(けんむ)年間(1334年-1337年)に
筑前国(ちくぜんのくに。現:福岡県)の
守安が移り住んだのが
大山刀鍛冶の始まりじゃそうな。








刀鍛冶の墓の石碑と
刀鍛冶の墓所もある。

(訪問日:2012年10月6日)



以下、さらに余談。


刀に関することわざを
3つほど紹介して
終わりにしよう。


「相槌(あいづち)を打つ」
鍛冶などで、師が槌を打つ間に、
弟子が槌を入れること。
そこから、相手の話に調子を合わせて
受け答えをすることをいう。
大山刀鍛冶の話で
若者と天狗が刀を作るとき、
ツンテンカン、ツンテンカンと
調子を合わせて槌を打ったのが、
「相槌を打つ」いうことじゃの。

「焼きを入れる」
刀の刃を焼いたあと、
水で冷やして堅く鍛えること。
そこから、ゆるんだ気持ちを
引き締めることをいう。
わしが若いころは、先輩から
「焼きを入れられる」ことが
たまにあったのう。

「抜き打ち」
刀を抜くと同時に
相手に斬りつけること。
そこから、予告をせずに
いきなり何かをすることをいう。
わしが学生のころは、
抜き打ちで持ち物検査や
授業で抜き打ちテストが
よくあったもんじゃ。



今日は、
大山刀鍛冶
について話をさせてもろうたでがんす。


ほいじゃあ、またの。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする