歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

町名「青戸?」で、駅名「青砥?」どっちなんだ!京成電鉄と葛飾区と東京都の地名論争は如何に?

2007年04月26日 | 東京の風景

「立石シリーズ」の「おまけ」です。

「青砥」は「青砥」で、すべて「青砥」と思っていました。今回、始めて気が付きました。

町名は「青戸」で、


京成の駅名は「青砥」だったのです。


これって以前に書いた、JRの「尾久駅」が「おく」と濁らず、町名の「尾久」は「おぐ」と濁る、あれと「ちょっと似て」います。

『ナゼ?何だろう! ドウシテ?何だろう!』と、大調査を敢行しました。先ずは、「PC」の所から、3歩ほど離れた所にある「本箱」を「捜索」しました。

捜索を開始して3分ほどで発見! 『東京地名考下・・・朝日新聞社』。1986年に発行された文庫本です。

ありました、85ページに「青戸」が、冒頭の文章は「いきなり」、「葛飾区史」の引用で始まりました。 


   ------ 引 用 開 始 ------


地名は、古今を通じて青戸である。京成電鉄の駅名・青砥の文字は「むかしから公称として使われたことは一度もない」と『葛飾区史』も念を押す。

「村名の起こりは青砥左衛門の城跡に御座候」と青戸村名主が慶応四年(1868年)に記しているように、鎌倉幕府の名判官・青砥藤綱が晩年をこの地で過ごしたと地元で信じられていた。

ー中略ー

青戸=青砥説は、地名の類似から、また葛西城を藤綱の居宅跡と誤り伝えたことから生じたらしく、いまだに混乱があるそうだ。

戸は津の転訛で、大昔の船着き場の意味。この地も古利根川の沿岸にあたり、奥戸、松戸、今戸と同じく地形から生じた古い地名である。


   ------ 引 用 終 了 ------

面白いですね、もしかして、京成の駅名を決める時に「一悶着」あったような気がします。

青砥藤綱は「名判官」として「人気」があったらしく、「青戸」の住民は、読みとして「同じ」なので、人気者と地元を関連付けたかったのでしょう。

史実に基づかぬ「青砥」説を主張する地元民に対して、歴史的に正しい「青戸」説を主張する役場との「熾烈」な「闘い」があり、住民側が勝利して「青砥駅」が誕生したのかも?知れません。

青砥駅が開設されたのは昭和3年(1928年)のことです。区は『むかしから公称として使われたことは一度もない』と「怒って」いる様子です。

しかしです。「公称」として、その後「青砥」が使われてしまった事実を! 今回、わたくしは発見しました。(誰でも知ってるぞ!)


「青戸」を通る、環状七号線に架かる橋は「青砥橋」なのです。この時も「第二次青戸・青砥戦争」が「勃発」したのかも?知れません。

東京オリンピックが開催された1964年に、※環七のこの区間が開通しているので、青砥橋が架けられたのはこの頃です。この時も、「青砥」説が勝利しました?
※環七のこの区間の開通は1985年で1964年は誤りでした・・・2010年11月8日訂正

たぶん普通の東京都民は、私のように「青砥」は「青砥」と思っている筈です。「青戸」の町民は別ですけどね。

きっと、この橋の名前を決めた時は、何も考えることも、迷うことも「無く」、青砥橋に決まってしまった気もします。

葛飾区はその時に 歴史の「改竄だ!」と「抗議」しなかったのでしょうか?「青砥藤綱」の「誤認」を含めて、「歴史」となってしまったようです。

上の青砥橋の写真ですが、まさしく、青戸の「戸」は「津」が転訛したものを「証明」するように、今でも「漁船」が係留されています。

青戸は「やっぱり」船着き場なのです。ここで敢えて「青砥橋」は「青戸橋」と主張したいと思います。

「駅名」については、「青砥」のままで、「まぁ。いいか」と思うのであります。


「青砥・青戸」も「いろいろ」あります。「立石シリーズ」の「おまけ」でした。

明日も「おまけ」の可能性があります。


それでは、また明日・・・・・・

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「葛飾シンフォニーヒルズ」... | トップ | 「立石シリーズ」最終回は「... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひとつだけ修正 (あおと)
2010-11-07 18:47:57
青戸生まれで30年過ごし、今日久々に青戸の実家に行って、両親と青戸と青砥の違いについて話しをして気になり、WEBで調べていました。72年青戸に住む父にして、青砥藤綱由来&昔は青砥を簡略化して青戸にした説を信じており(先日一緒に郷土資料館に行って、青砥は地名としては無いという説明を見たにも関わらず、既に忘れてしまう位、頭に染み付いています)、真相はいまだに不明ですが、この解説はもっとも真実に近いのではと思います。「青砥」「青戸」戦争もあったかもしれません。
但し、青砥橋が開通したのは1964年ではなく、1985年1月です。自分の家は青砥橋のすぐ側で、弟はまだ小学生で記念式典で橋を渡りましたので、良く覚えております。そこだけは修正致します。
Reひとつだけ修正 (cocoro1)
2010-11-08 09:17:12
コメントありがとう御座います。

ご指摘の件確認しました。1985年に青砥駅の高架化完成と同時期に青砥橋も竣工したようです。訂正します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東京の風景」カテゴリの最新記事