歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

北区立北中学校・桐ヶ丘あたり その①

2011年06月10日 | 東京の風景



























ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« “原節子を何となく” その④ ... | トップ | “原節子を何となく” その⑤ ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さかいのぶよし)
2018-01-22 07:51:39
北区立北中学校は、団地に近くで生徒も顔見知りが多い?小生は亀田町立亀田中学校で三年七組。物故者は五名。~恩師の教え 祖先の遺徳~と、隣中学校校歌を教えた友人も最近、逝去。担任と賀状の交換はありました。同級会も出席しています。
Unknown (cocoro1)
2018-01-22 10:24:02
コメントがあったので久しぶりに北中あたりの写真を眺めました。この風景は夢で見るときがあるので、夢と現実が重なり合い、とても不思議な感覚になります。

今日はこちらでも昼過ぎから雪の予報です。外は暗く静かです。
Unknown (酒井信義)
2018-09-22 06:04:55
中学時代の教員は多くは、亡くなった。今なら、教員の暴力、パワハラと騒ぎになるのが、日常に行われてました。親は教員は絶対的なものと思っていた。打たれる、蹴られるは当たり前、お前が悪いの時代。今は、言葉一つで、いじめ、パワハラ、セクハラになる。
Unknown (cocoro1)
2018-09-22 10:34:08
中学時代には殴られませんでしたが、罰として廊下に正座させられていました。

姉が恥ずかしそうにして、前を通り過ぎていきました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東京の風景」カテゴリの最新記事