Weblog喫茶 モンブラン

10年4000日やってるブログです!

思い出のコースター

2005-05-30 21:09:29 | ヴィシアの日常

モンブランご来店の皆様、こんばんは。
今は外で雨が降っているヴィシア家です。
子供たちは夕食の後、ビデオに録画したアニメを見ています。
ぱぴりおも今夜はわりと早く帰宅できて、一緒にご飯が食べられました。

ヴィシアは昨日800mも泳いで片付けもがんばった疲れが残っていたのか、今日は一日家でゴロゴロしていました。
ほんとは今日、昼間一人で少しがんばって、片付けものをしたかったのになぁ・・・。
早くもっと体力をつけなくてはね。明日はまたジムに行くぞ~。

さて、再三ここでも書いていますが(笑)、ヴィシアはビールが大好き。
そのほかに、いただきもののオールド・パー(ウイスキー)などがあったりするので、時々ぱぴりおとオン・ザ・ロックを飲んだりしています。

そんな時、冷たいグラスの下にコースター、敷きたいですよね。
ヴィシア家には、ろくなコースターがなくて、あまり使っていなかったのですが、
先日片付けものをしていたら、こんな木製のコースターが2枚出てきました。

実はこれ、ヴィシアが昨年入院していた時に、リハビリの一環として作ったお手製のコースターなのです。
丸い木の枠の、真ん中が円形にくぼんでくり抜かれていて、
そこにプラスチックの花型のビーズを並べて、白いパテ?のようなものを流し込んで固め、
仕上げにニスを塗っています。
中心部分のアップです。


ヴィシアは病気になり、入院して長い長い眠りから覚めた後は、いろいろなリハビリをして回復に向けてがんばりました。
このコースターを作ったのは、去年の冬だったのだと思います。
クリスマスイブに一時帰宅する時に、しゅんけいにプレゼントするのだと言って、
何日もかけて少しずつ作りました。

まだうまく動かない手を一生懸命使って、ビーズを並べ、ニスをゆっくり塗り・・・。
リハビリ室の指導員の女性たちは皆親切で、根気強くヴィシアのささやかな手芸に付き合ってくれました。
完成して、ビニール袋に入れて、「クリスマスだから」と赤と緑のクリスマスカラーのモールで袋の口をしばって、目の前に並べた時の嬉しさは、今でも覚えています。

でも結局、プレゼントするのを忘れてしまっていたのか、コースターはその袋に入ったままでした。
懐かしくなって、昨日ちょっとお酒を飲んだ時に、ぱぴりおと二人でこのコースターを使ってみました。

ぱぴりおがしみじみと「これをヴィシアが作った、って見せてもらった時はびっくりしたなぁ。こんなことができるようになるまで治ったなんて、と思ったよ。」と言いました。
私もコースターを眺めていると、入院していた時のことが断片的ですが思い出されます。
自分がそんな、生死の境をさまようような大病をして、何ヶ月も意識がなかったなんて(今こうして何事もなかったかのようにブログを書いているから)未だに信じられないのですけれど、本当に自分の身の上に起こったことなのですね。

神様が本当にいるのかどうか、ヴィシアにはわかりませんが、とにかく不思議な力が働いたのか、奇跡的な回復をとげて、ヴィシアは今こうして、皆さんに向けて毎日ブログを書いています。
このコースターをずっと大事にして、神様に感謝して、一度はあきらめかけた命を大切に、ぱぴりおと一緒に元気に生きていこうと思います。

そのためにはまず一にも二にも体力。明日はジムでがんばるぞ~!
コメント (8)

ぱぴりお、ソムリエナイフを入手する

2005-05-29 23:16:41 | ワインの幸せ

モンブランご来店の皆様、こんばんは。
今日もいい天気でしたね。どこかに出かけましたか?
ヴィシア家は、昨日運動会という大イベントがあったので、今日はまだ子供たちにその疲れがあるということもあり、特にレジャーには出かけませんでした。

ヴィシアとぱぴりおは午前中、しゅんけいにお留守番をしてもらってジムに行ってきました。
いつもはトレーニングマシンを使った後プールに行くのですが、うっかりヴィシアはスパッツを忘れてしまったので、プールだけにしました。
その分がんばって何と800mも泳ぎました!(クロール650m+背泳150m)

さすがにくたびれて、昼食後帰宅するとしばらくぐーぐー昼寝をしてしまいましたが、その後は懸案だった家の片づけを家族全員で2時間半1本勝負。
しゅんけいの学用品をまとめて収納したくて先日買った大きな棚も男3人に組み立ててもらい、散らかっていたランドセルや教科書がすっきり収まりました。

まだまだ散らかっているところだらけのヴィシア家ですが、一箇所でもこうしてきれいになるとやる気も出てくるものですね。
少しずつでもきれいにしていって、モデルハウスのようなオシャレな家具など入れて、素敵な家(賃貸ですが^^;)にしたいです。

さて、前置きが長くなりましたが、本日のお題は、先日ぱぴりおがフランス食品振興会主催の「ボルドーのワインセミナー」(無料)に行った時にもらってきた「ソムリエナイフ」です。
「ソムリエナイフ」というのは、ソムリエがワインを開ける時に使う専用のナイフで、普通に良くあるワインの栓抜きとはちょっと違う形をしています。
トップ画像が、ソムリエナイフを閉じた状態です。
全部開くとこんな形になります。

右側のギザギザのついた三角のナイフ部分で、ワインの栓を覆っている鉛を剥いて、
真ん中のらせん状の部分をコルクにねじ込んで(これは普通のワイン用コルク抜きでも同じですね)、
左側の金具をボトルの口に引っ掛けて、てこの原理でキューッとコルクを抜くのだそうです。

セミナーではナイフの使い方も教えてくれたそうです。
ワインは飲み放題、映画「マイ・ブラザー」の招待券もおまけにくれるという、太っ腹なセミナーだったとか。

ぱぴりおは先日ヤフオクでヴィンテージの有名赤ワイン(ハーフボトル)を落札しました。
これからヴィシアをいろいろなワインの試飲会に連れて行ってくれるつもりだそうですので、そうしてワインの味がわかるようになってから(ヴィシアはビール党なので、ワインはよくわからないのです)、その赤ワインを開けようね! と言っています。
その時にはこのソムリエナイフで、上手に栓を開けてくれることを期待しています。
高級ワインのおいしさ、早くわかるようになりたいな~。
コメント (6)

しゅんけい大運動会&ビールとチーズスナック

2005-05-28 23:50:28 | しゅんけいツインズ

モンブランご来店の皆様、こんばんは。
今日は関東はまずまずのいい天気でしたね。暑すぎもせず、行楽には最高でした。
どちらかお出かけした人はいらっしゃいますか?

さて、ヴィシア家では、しゅんけいの通う小学校の運動会が開かれました。
運動会というと普通秋だったような気がするのですが、ここの小学校は毎年5月頃にするみたいです。

しゅんけいは前夜は興奮気味。なかなか寝付かれないようで、いつまでも布団の中でおしゃべりをしていて、ヴィシアにどやされました。(^^;

朝は私はいつもより30分くらい早く起きて、ぱぴりおと一緒にお弁当作り。
といっても冷凍食品のコロッケがおかずだったりしますが、それでも彼らの好物の、ミックスベジタブル&チーズ入り卵焼きを作ったり、大きな梅干のおにぎりを作ったり、おとっときのゴールドキーウィーを切ったりしていると、親のほうも運動会気分が盛り上がって、うきうきしてきます。

一足先に出た子供たちの後から学校に行くと、結構観客席は込んでいましたが、ぱぴりおが木陰のいい場所をゲット。持参のキャンプ用椅子を2脚並べて座ります。グランドシートにぺたんと座っていると腰が痛くなってしまうヴィシアにとっては、ありがたいぱぴりおの心遣いです。

午前中は3年生は「荒馬踊り」という団体競技のダンスを披露。ねじり手ぬぐいを小道具に使った、勇壮な踊りで、しゅんけいもがんばっていました。
運動会では、他の学年の競技を見るのもなかなか面白いものです。
1年生の徒競走など、「転ぶなよ~」とハラハラしながら見たりして、結構スリリング。(笑)

さて、運動会で一番の楽しい時間といえばお弁当。
砂ぼこりと日焼けで「どこのプチインド人ですか?」みたいな感じに真っ黒に焼けて汚れたしゅんけいが「お弁当のおかず何?」とやってきました。
多すぎるかな・・・と思ったくらいに用意したお弁当ですが、運動会でお腹がすいているのか、食うわ食うわ・・・ほとんどなくなりました。

おにぎりを食べているけいけいの首筋を見ると、本当に良く日焼けしています。
思わず色白ヴィシアと肌色比べ。トップ画像をご参照ください。
紫外線の害は散々取りざたされていますが、やっぱり男の子の母親としては、息子がよく日焼けしていると、健康そうな感じがして安心しますね。(^^)

さて、午後の部が始まり、いよいよ3年生の徒競走(80m)です。
ヴィシアとぱぴりおも、いい撮影位置をゲットするべく移動。
ヴィシアはデジカメ担当、ぱぴりおはビデオを構えました。

あっ、しゅんしゅんが来た!すごいすごい、結構早い!
やった、4人中1位!
でも、決定的ゴールの瞬間は、私は撮り逃してしまいました。



一番手前を意気揚々と歩いている男の子がしゅんしゅんです。(となりのビデオの男性の手はぱぴりおではありません)

さぁ、次はけいけい。今度はどうかな・・・?来た来た!がんばれ!
むむむ、僅差でゴール!惜しい、4人中2位!



一番左端でゴールしているのがけいけいです。
「15センチ差だったよ」と本人は後で言っていました。

このデジカメ、古いのでズームがついてないんですよ。
もっとアップで撮ってあげたかったんですけど・・・。
1位や2位が取れるなら、来年はいいデジカメを買って、ズームでばっちり撮ってあげようかな・・・と思ったヴィシアでした。

そんなわけで、楽しかった運動会も無事終了。
子供たちはやっぱりだいぶ疲れた様子で、マクドナルドで簡単に夕食を済ませた後は、珍しく「テレビ見る」とねだらずに早々に寝てしまいました。
ぱぴりおも疲れたのか、今リビングの床でごろーんと寝ています。
ヴィシアは珍しく比較的元気なので、ブログをアップしつつ、楽しかった運動会に一人でビールで乾杯することにしました。

ビールはキリン「まろやか酵母」。初めて買ってみました。
地ビールのように酵母を無濾過で詰めているので、少し濁っています。
賞味期限は60日。
お味は、酵母が残っているせいか、地ビール的というか、マイルドな味わいで、コクがあっておいしかったです。ヴィシア的には好きなタイプの味です。
おつまみはお気に入りの輸入食料品店で買った、オランダの「ロカ」というメーカーのチェダーチーズスティック。チェダーチーズを30%使用した、パイ生地のスナックです。
他にゴーダチーズ味なんかもあったと思います。



ビールと合わせると、最高でした



あっという間に一箱食べてしまいました。
箱の横に貼ってあるシールに記載のカロリーを見てびっくり。
とてもここには書けません・・・。
明日はジムに行かねば!私も明日は一人運動会です(笑)。
コメント (4)

東銀座・カフェ「MAISON DE MIYUKIKAN」のケーキ

2005-05-28 02:09:59 | うれしいお菓子

モンブランご来店の皆様、こんばんは。
明日はしゅんけいの運動会だというのに、こんなに夜更かししてしまいました。
急いで更新せねば(^^;

今日は、ぱぴりおの会社の同僚の女性が育児休暇から復帰したので、そのお祝い会が東銀座で開かれました。
おいしい沖縄料理を食べて満足の夜だったようです。(^^)
さびしく冷凍食品なぞ食べたヴィシアを気の毒がってか、(飲んで帰った時はいつもそうしてくれますが)お土産にケーキを買ってきてくれました。

今日のケーキは、初めて聞くお店でしたが東銀座の4丁目くらいにある、「MAISON DE MIYUKIKAN」というところのケーキです。
トップ画像はプレーンなイチゴのショートケーキ。
もう一つ、モンブランを買ってきてくれました。



ちょっとつぶれて形がいびつになってしまっててごめんなさい。

さて、このケーキ、とってもおいしかったです!
どちらも味としてはあっさりめ。かなり甘さを控えています。でもしっかりといいシゴトしています。

イチゴショートは、生クリームは多分脂肪分の少ないタイプを使っているようで、あっさりした軽い味わい。
でもスポンジが実に卵の風味が出てておいしいんです。
ぱくぱくっといけちゃいます。

モンブランは、マロンペーストは和栗だと思います。洋酒がきつすぎもせず、和栗の風味が十分に生かされています。中にはやはり軽めの生クリーム。
そして底にはメレンゲの焼いたのが敷かれているのですが、これが実に軽くてサクサクしていて絶品!
マロンペーストとの相性が絶妙です。

気になるお値段は、2つとも¥600円だったそうです。銀座価格ですね・・・。
そんなお高いケーキを、ポケットマネーで愛妻ヴィシアのためにわざわざ銀座から買って持って帰ってくれるなんて、何といい人なのでしょうか、ぱぴりお。

おとっときのダージリンとの相性も最高で、今夜も充実のスイーツタイムを満喫できました。
毎日おいしい甘いものが食べられて、ヴィシアは幸せな奥さんだと思います。
太らないように気をつけて、これからもいろいろなスイーツを楽しみたいものです。
コメント (4)

北海道・六花亭「マルセイチーズ&ビスケット」

2005-05-26 22:35:00 | うれしいお菓子

モンブランご来店の皆様、こんばんは。(^^)

今日はヴィシアは朝からジムに行って、マシンとプール400mをこなして帰ってきました。
先日ぶつけた膝も回復し、エアロバイクもばっちりです。
明日は金曜日でジムがお休みなので、たまにはぐーたら寝ていないで、家の片付けでもしようと思います(何度言ってるんだ、これ^^;)。

さて、今日のお題は、先日札幌から上京した大学時代の友人がお土産に持ってきてくれた、帯広市に本店のある有名お菓子屋さん「六花亭」の新製品、「マルセイチーズ&ビスケット」です。

「六花亭」というと実は結構有名で、ホワイトチョコレートなどは千歳空港のお土産屋さんの定番だったりしますが、ヴィシアの「六花亭ベストスイーツ」は十数年間不動で「マルセイバターサンド」です。

今回はその「マルセイバターサンド」の画像はないのですが、フィナンシェ生地っていうのかな?バターたっぷりのクッキーで、ラム酒漬けレーズンの入ったクリームをはさんであるお菓子で、ちょっと味は濃い目ですが、と~ってもおいしいんです。少し冷やして食べるのがコツです。
ヴィシアが会社に勤めていた頃は、札幌に帰省すると会社へのお土産に必ずコレを買って行きましたが、女性たちは皆いつも大感激。「コレおいしいのよね~、ありがとう」とどんどん売れていきました。

さて、今回のお品はその「マルセイバターサンド」の姉妹品の新製品です。
クッキーは「マルセイバターサンド」と同じものですが、甘酸っぱいレアチーズクリームが容器に入って付いていて、福砂屋の手作り最中みたいに自分でサンドして食べます。

中身はこんな感じ。


クリームをはさむとこんなふうになります。


いただいてみると・・・チーズクリームがあっさりしていて、甘いものが苦手な男性でもとっても食べやすい感じ。
どんどんいけちゃいます。
紅茶(ダージリン)に合わせると、お互いに引き立てあって最高!
あっという間に、ぱぴりおと二人で一箱(クッキー12枚)食べてしまいました。
チーズクリームは多めに入っているので、サンドしなくてもカナッペ風に食べてもいいかもしれません。
容器のくぼみに残ったチーズクリームは、しゅんけいがドドド・・・とやってきて、猫のようにキレイに舐めてしまいました。行儀悪いな~。

六花亭のお菓子はホワイトチョコレートやクッキーやパイなどの焼き菓子中心ですが、シフォンケーキも隠れた絶品です。
デパートの北海道物産展などではよく六花亭のお菓子を売っているので、もしよかったら皆さんも一度試してみてくださいね。
コメント (8)

ヴィシア、しゅんしゅんに将棋で負ける

2005-05-26 01:43:48 | しゅんけいツインズ

モンブランご来店の皆様、こんばんは。

ご家族をお持ちの方は、家で一緒にゲームなどすることがありますか?
ヴィシア家のしゅんけいも小学校3年生になり、多少知恵も付いてきて(笑)、
今年に入って学校で将棋を覚えました。
彼ら的に一時かなりブームになり、将棋の技本を図書館で借りたり、羽生名人物語を読んだりして感心していました。

さて、実はヴィシアは、多少将棋が指せます。
自慢になっちゃうとアレですが(笑)、たぶん一般の女性としては強い方に入ると思います。
というのも、私の父が結構将棋が好きで、子供の頃仕込まれて、対戦したり詰め将棋をさせられたりしていたのです。
実家にはちゃんとした重たい将棋盤があり、駒もそこそこいいのでした。
父との将棋はもちろん連戦連敗が続いていましたが、ある時くやしくて必死に将棋の本を読み、
自分なりに妙手を考えて、父を「むむっ」と唸らせたことがあります。
あの時は快感でしたねぇ。

というわけで、しゅんけいは普段は子供同士でヘボ将棋を指していますが、時々私にも相手をせがみにきます。
ぱぴりおはあまり将棋をやったことがなく、ほとんど知識がないのでちょっと弱くて(ぱぴりお、失礼)、彼らとしては「おかーさん打倒こそ真の王者だ」と思っているみたいです。
ヴィシアとしても面倒くさいし忙しいので、めったに相手はしてやらないのですが、今日もしゅんしゅんがおねだりに来たので、「たまにはいいかな・・・」と1局だけ相手をしてやりました。

しゅんけいの将棋は本当にヘボ将棋。
二歩(同じ列に「歩兵」という駒を二枚置くこと。反則です)はするわ、駒の動かし方は間違えるわ、無茶苦茶な王手はかけてくるわ・・・。
マトモに相手するほどの敵ではないのですが、そんなわけでちゃんと盤面を見ていないと、どんなすごいことが起きるかわからないので、目は離せません。

今日は、魅力的な通販のカタログを見ていたところだったので、不真面目ですが「カタログ見ながらでもいい?」と言って、片手間に相手してやりました。

「ま、こんなもんかな。あいかわらず二歩してるよまったく。ほらほら角の頭ががら空きだよ、え?そこに桂馬打つの?じゃこの飛車取っちゃうよ?
・・・などと余裕綽々のヴィシア。
しゅんしゅんは「うーん、うーん」と考えています。
脇からけいけいが「そんなところに銀を下げちゃダメだ!ここ、ここに飛車を持って来い!」とうるさくアドバイス。ギャラリーがうるさいのはどこのヘボ将棋でも一緒ですね。

ところが、ヴィシアはすっかり油断していました。
自分でも「あっ、しまった!」というヘボ手を2,3度打ってしまい、
何と何と形勢逆転。しゅんしゅん、攻める!
そしてついに、彼が「王手!詰みっ!」と高らかに宣言する瞬間がやってきたのです。

ヴィシア家最強の棋士・ヴィシア5段(←ウソ)初めての敗北でした。
その記念すべき終局図をトップにアップします。
手前がヴィシア、奥がしゅんしゅんです。
竜王と馬でやられた・・・。ぐやぢー。

しゅんしゅんは狂喜乱舞。あの憎っくき強敵・おかーさんをついに破ったのです。
インディアンのように、鼻の穴を膨らませて、顔を赤くして勝利の踊りを踊りまくっていました。
よっぽど嬉しかったんでしょう。
なにしろ連戦連敗でしたから・・・。

まだまだおバカな小学3年生と思っていましたが、あなどれませんね。
たぶん味を占めて、また戦いを挑んでくるでしょうから、今度は手加減しないで「ヴィシアにらみ」を利かせて、こてんぱんにしてやります。オトナゲナイ?
-->
コメント (4)

ミニミニ・アマガエル

2005-05-24 23:38:51 | ヴィシアの日常

モンブランご来店の皆様、こんばんは。
春たけなわ、暑いくらいのいい天気が続いていますね。
ヴィシア家は東京都西部の中規模都市の郊外にありますが、それほど身近に自然がたっぷりというわけではないこのあたりでも、生きものたちが元気に活動しています。

さて、3週間くらい前のことですが、しゅんけいが学校のお友達から、小さなおたまじゃくしを6匹もらってきました。
お友達の家で飼っていたのを分けてもらったそうです。

生きものの大好きなしゅんけいは大喜び。
うちは賃貸マンションなので、犬や猫は飼えなくて(こっそり飼っている人はいるみたいですが)、普通の赤い金魚(数年前にお祭りの金魚すくいで取ったもの)が1匹いるだけです。
夏になると、毎年カブトムシやクワガタムシを飼ったりして、虫の苦手なヴィシアの顔をひきつらせているのですが・・・。

おたまじゃくしたちを、とりあえず金魚の「金ちゃん」(平凡な名前ですね ・ 体長12cm、結構大きくなりました)の水槽に入れ、エサは金魚のえさでいいだろうということになりました。

おたまじゃくしは体長1.5cmくらい。プチサイズです。
昔子供の頃ヴィシアが池などで見たものは、もっと大きかったんですけれど・・・ぱぴりおに聞いたら、「種類が違うんじゃないかな」と言っていました。

おたまじゃくしは、わりと水槽の底の、石を敷いた隙間に隠れていることが多くて、あまり姿を見ることはなかったのですが、たまにエサをやった時など、ちょろちょろ・・・と泳ぎだしてきて、なかなか可愛い姿を見せてくれました。
やがて後ろ足が生え、前足が生え・・・。
どんなカエルになるのかな?
ヴィシアも楽しみにしていました。

ところが、何日かするうちによくよく見てみると、おたまじゃくしの数が減っているのです。
石の隙間など、あちこちから覗いてみましたが、1匹しか残っていません。
死んじゃったのかな?と思いましたが、死がいもないのです。

こ、これは・・・
も、もしかして・・・

そうです。哀れ5匹は、たぶん金ちゃんに食べられてしまったのです!
どひゃ~、金ちゃん、そんなヤバンな子だったのかい!!
毎日たくさんエサはあげているじゃないか、何もおたまじゃくしを食べなくたって・・・。

あわてて最後に残った1匹(もうカエルになっていました)をぱぴりおに救い出してもらいました。
ついでに金ちゃんの水槽の掃除もしてもらいました(ありがとう、ぱぴりお。あれ大変なんだよね)。

厳しいサバイバルを生き残ったブルース・ウィリスのようなカエル君は、体長1cmくらい。
緑色じゃなくて黒でした。水槽の黒い石の間にずっといたからでしょうか。
しゅんしゅんの手の上に乗っている様子です。



カエルになってしまうと、家で飼うのは大変なので、子供たちが家のそばの公園の溝に放してやりました。

水槽はまた金ちゃん一人きりになりました。
何だかさびしいので、また何か一緒に入れてみたいのですが、金ちゃんの恐ろしい一面を知ってしまった以上、この上の殺戮を繰り返させるわけにはいきません。

金ちゃん・・・そういえばこの頃肉付きがよくなってきたみたいだけど、おいしかった・・・?
コメント (9)

ジェラール・ミュロのケーキ

2005-05-24 01:08:50 | うれしいお菓子

モンブランご来店の皆様、こんばんは。

「Weblog喫茶 モンブラン」という店名だけあって、どうも話題がスイーツに偏りがちなのですが、今日も張り切って新規スイーツのめくるめく世界を堪能しましたので(笑)、ご紹介しましょう。

ここにコメントをくれているキビャックちゃんがおすすめの、「ジェラール・ミュロ」のショートケーキを、ぱぴりおが新宿タカシマヤで買ってきてくれました。
なんでも、キビャック家ではジェラール・ミュロは栄えある「ケーキ・オブ・ザ・イヤー」に輝き、クリスマスにホールでキビャック家の食卓を飾るという大変な栄誉を受けたとか。

他のお友達も勧めてくれたので、そうとなっては黙っていられません。
幸い、ぱぴりおが早く仕事が終わったので、買ってきてもらいました。

トップ画像は「クールフリヴォル」。チョコレートムースの濃厚なケーキです。
ビターチョコレートでコーティングされた中は3層になっていて、上は少し軽めのチョコムース、真ん中はやや重めのチョコムース、一番下には、チョコリキュール?をたっぷりしみこませたスポンジが敷いてあります。
ずっしりと重厚な食べ応え、カカオの芳醇な香り・・・まさにオトナのケーキ。トレビアン!

次は「エリゼ」です。(値段は二つとも400円か440円でした)

外側のフィルムを取って写真を撮ればよかったですね。ちょっと失敗。
こちらはアーモンドスライスがトッピングしてあって、アーモンド風味の薄切りスポンジと、ナッツクリームを交互に重ねた繊細な素晴らしい味わい。
ダージリンを合わせたのですが、紅茶には「クールフリヴォル」よりもこちらの方が合うようです。

ジェラール・ミュロ、不勉強なヴィシアは知りませんでしたが、すごい実力のパティシエですね。
ほんとうに、東京にはこんな方がごろごろいるんですから、東京暮らしはやめられません。

おいしい紅茶と一流のケーキ・・・今夜もシアワセなヴィシア家の食卓でした。
ありがとう、ぱぴりお!鬼軍曹もやっぱり優しいですね。(笑)
このケーキのカロリーの分は、明日しっかりジムで消費することにします。
(今朝はジムに行く途中、駅の階段で転んで膝を強打したので、念のためジムはお休みして家に引き返して湿布していたのです)。

キビャックちゃん、おいしいケーキ屋さんを教えてくれて、ほんとうにありがとう。
コメント (10)

表参道:パティスリー「DONQ」のカヌレ

2005-05-22 17:42:02 | うれしいお菓子

モンブランご来店の皆様、こんばんは。
今日は天気もいい日曜日でしたが、いかがお過ごしでしたでしょうか?

ヴィシア家では、ぱぴりおがしゅんけいを連れて図書館と買出しに行ってくれました。
ヴィシアは家でお留守番です。
お土産に、今川焼きを買ってきてくれました。
大好きなカスタードクリーム味。
今川焼きはあんこより、カスタードの方が好きなんです。ありがとう、ぱぴりお。
冷凍今川焼きって売っていますが、カスタード味はないんですよね。おいしかったです。

さて、今日はぱぴりお表参道探訪の旅・第2弾です。
表参道駅B2出口すぐそばにあるパティスリー(パン屋さん)「DONQ」のカヌレをご紹介します。
お店の全景はトップ画像をご覧ください。



お値段は1個¥157。カヌレは安いのが魅力ですよね。
カヌレというと皮がカリッと固いのが特徴ですが、こちらのは柔らかめ。ふにょ?って感じです。
でも、お味はとっても良かったですよ。
甘いカスタード風味と、焦げたカラメルの苦味が香り高くて絶妙。
先日の代官山「シェ・リュイ」のカヌレより、味はヴィシア的にはおいしいと思いました。
歯ざわり(皮の固さ)は「シェ・リュイ」の方が正統派でしたが。

もう一つ、ぱぴりおは名前を忘れてしまったそうですが、ナッツのぎっしり載ったペストリーも買ってきてくれたので、断面図ですがアップします。



ものすごいナッツの量です(^^;
キャラメルがけしてあって風味が抜群。
ヴィシアはキャラメル味も大好きなのです。
ただ、下はあまり甘くないペストリー(パン)ですので、お茶請けというにはちょっと中途半端な味わいかもしれません。ケーキとしての味わいを追求して、マドレーヌ生地とかの方がよかったかも。

しかしこうしてみると、毎日結構甘いもの食べてますよね~。
いいブログのネタにはなるんですが、しっかり脂肪にもなってるわけで・・・。
でもやめられませんね。きっと死ぬまでこうでしょうね(爆)。
コメント (8)

ぱぴりお、高級食器に目覚める

2005-05-22 01:01:29 | 楽しいイベント

モンブランご来店の皆様、こんばんは。
週末の土曜日、いかがお過ごしだったでしょうか。

ヴィシアは昨日も書いたように、大学時代の同級生の女友達2人と、近くの少し大きな駅で会いました。
ランチとケーキを食べ、移動してまたお茶をして、3時間ほど楽しく語りました。
二人にこの前会ったのは、ヴィシアが入院していた病院のベッドの上。
状態がまだとても悪く、お友達の区別もようやく・・・といった姿をお見せして心配をかけてしまっていたので、今回の元気な姿に、二人とも感激してくれて、「よかったね、よかったね」と何度も言ってくれました。ありがとう!
お友達っていいものですね・・・。

次に会えるのは半年後くらいになりますが、その時までにはもっともっと回復して、新宿当たりで遊べるようになりたいものです。

さて、ヴィシアが出かけている間、ぱぴりおも久しぶりに一人で外出しました。
行き先は表参道の、高級食器店。
お友達の韓国人(フランス・リヨン在住中)のHPで紹介されていた、フランスの高級食器を見に行くためです。

お店の名前は「HEVA(House of European Value)」。表参道の紀伊国屋の近くです。
1階はバッグやアクセサリー、地下に食器やネクタイがあります。
食器は、厳選したものを少しだけ置いてあるという感じで、数はそんなにはなかったそうです。フランスのものが中心だったそうです。
しかし、実は食器好きのぱぴりおの目が鋭くとらえたのは、金色のご飯茶碗と銀(メッキ)のカエルのオブジェの付いたスプーン。
お茶碗はフランスの女性作家の作品だそうです。

スプーンのカエル部分のアップです。

気になるお値段は、お茶碗¥13000、下に敷いてあるコースター¥13000、スプーン¥9000。わははは・・・(^^;

でもぱぴりおは特にスプーンのフォルムの美しさに心を奪われたらしく、「あれはよかったよぉ~」としみじみ言っていました。
とはいえ一家4人分買うだけでも¥36000じゃないですか。うわ~

年を取ってくると、いいものに囲まれて暮らしたい、という思いは強くなってきますよね。
いつまでも100均ショップのプラケースが家の中でのさばっている生活はイヤですよね。
ヴィシア家はまだ子供も小さいので、そんなに贅沢はできませんが、いずれは少しずつ、暮らしをステップアップしていけたらな・・・と思っています。
そういうのが人生の励みになりますものね。
身体に気をつけて(風邪気味だったので)しっかり稼ぎましょうね、ぱぴりお
素敵なカトラリーで優雅なお食事を楽しめるように、がんばりましょう。
ヴィシアも料理方面でも社会復帰を図らねば・・・。

ところで、ついに一つの記事の中に複数の画像を挿入する方法がわかりました。
今日早速応用してみました。
やっぱり画像が多いほうが、見てて面白いですもんね。
人間、たまには進歩できるもんですね。やった~。
コメント (6)

モンスターポテトチップス

2005-05-20 22:42:33 | うれしいお菓子

モンブランご来店の皆様、こんばんは(^^)
お仕事されている方、一週間お疲れ様でした。
週末は関東はまずまずの天気で、あまり暑くはならないようなので助かりますね。

明日はヴィシアは札幌在住時代の(大学の同期の)友人と、家から少し離れた駅の近くで会います。
新宿あたりまで行けると、いいお店もたくさんあるんですが、ちょっとまだそれはヴィシアには「冒険」なので、近所で勘弁してもらいます。
少し大きな街とはいえ、ちょっと気の効いた店が全然ないので困ってます。
これからネットで探して見ますけど、期待薄だなぁ。
スタバくらいになっちゃうかなぁ。(^^;

さて、今日はその少し大きな街の駅のそばに、数ヶ月前にオープンした駅ビルの中に入っている、輸入食料品店で買った、ドイツのポテトチップスをご紹介します。
ヴィシアは輸入食料品店が大好きです。
特に女性の方、わくわくしません?
オシャレな瓶に入ったジャム、珍しいレトルトカレー、入手困難なスパイス、よだれが出そうなチーズ・・・。

最高峰はやっぱり高級スーパー「紀伊国屋」だと思いますが、なかなか行けないので、
ジム帰りによくこのお店に寄って楽しんでいます。
出るときには必ずヴィシアの手にはレジ袋が、中には干しマンゴーや輸入物のスナックが・・・
と、ジムで消費したカロリー分以上をきっちりここで買って帰っています(笑)。

で、そのお店で見つけたのがこのポテトチップ。
「モンスターマンチ(Monster Munch = むしゃむしゃモンスター?)」
見た瞬間、そのキュートなカタチに釘付け。
しゅんけいの歓声が目に浮かび、思わず買ってしまいました。

まだ彼らには見せていないのですが、どんな反応をするか楽しみです。
お味は「まろやかなチーズ味」とのこと。
ウチのしゅんけいは、実はあまりスナック菓子やクッキーが好きではなく、どちらかというとゼリーやキャンディ、アイスクリームのほうが好きなのですが、これはきっと喜んでくれると思います。

誰かの喜ぶ顔を想像しながら何かを買うっていうのは、なかなか楽しいですよね。
こんな安い(といっても輸入品なので350円以上しましたが)ポテトチップスでも、そんなちょっとうきうきした気分が味わえるのですから、ユニークな品揃えの多い輸入食料品店は、そういう面からもヴィシアのお気に入り暇つぶしスポットです。皆さんはよく行かれますか?
コメント (5)   トラックバック (1)

オレのiPod mini ♪

2005-05-20 00:03:52 | ♪音楽好き

モンブランご来店の皆様、こんばんは。
今日は通院日で、叔母に付き添ってもらってはるばる電車に乗って、入院していた病院に行ってきました。

ジムに通い始めて、クロールなどをしてリハビリの一環にしていることを話すと、主治医の神経内科のA先生(女性)も、精神科の良たんも、「それはいいことですね、がんばってくださいね」と喜んでくれました。
ほめられたならヴィシア、がんばります。
明日は残念ながらジムはお休みですが、土曜日からまたせっせと通うことにします。

ところで、本日のお題は、ヴィシア所有のiPod miniです。
ヴィシアは大の音楽好き。音楽がないと生きていけません(キッパリ)。
受け入れジャンルは幅広い方だと思います。聴かないのは歌謡曲、演歌、民謡くらいでしょうか。
あとはロック、ジャズ、クラシック、ポップス、レゲエ、J-POP等、何でもござれです。

なのでヴィシアの半生以上はSONY「ウォークマン」と共にありました。
家でも食事の時にはたいがいCDをかけます。
そんなヴィシアなので、昨年大病をして音楽が一時まともに聞こえなくなった時には、本当に淋しい思いをしました。

そして無事に退院でき、今年の4月のヴィシアの誕生日プレゼントに、ぱぴりおが買ってくれたのが、画像のiPod mini 6GBです。
いやぁ、嬉しかったですねぇ。
iPod・・・かっちょ良くありません?(笑)
コアな音楽好きからティーンズまで満足させてくれるって感じですね。
デザインもいいし、何よりウォークマンよりずっとコンパクトでスマート。
そして(意外、と言ってはappleに失礼ですが)予想していたよりずっと音がいい。

操作性については意見の是非が分かれるところだと思います。簡単でユニバーサルなのですが(appleのお家芸的感じ)、逆に誤動作しやすいところもあり、操作ボタンがポケットの中で押されて曲が途中で勝手に切り替わってしまって舌打ち・・・なんてことも結構あります。
上部についているスライド式holdボタンを切り替えればholdされるのですが、音量など結構しょっちゅう調節したいところもholdされてしまうので、面倒でholdしないでおくと、上記のようなことになってしまうわけです。

まぁ、でもそんなことは瑣末なこと。iPodを手に入れたヨロコビに比べれば、小さい小さい。
ありがとう、ぱぴりお!

で、とりあえず手持ちのCDをどんどんダウンロード。
「オレのiPod」に曲がたまっていくのを眺めているのはなかなか気分のいいものです。

(ところでiPodって、「私の」とか「ボクの」って言うより、「オレの」iPod、って言う方がしっくり来ませんか?(笑))

画像では大好きなJamiroquaiの「Space Cowboy」を再生中です。
iPodってJamiroquaiが似合うと思うんですけど。クールです~。

渋いつや消しシルバーのiPodをポケットに忍ばせ、白いイヤホンコードもまぶしく(この真っ白なコードのおかげでiPod userだな!とわかるんだぜ、と年甲斐もなく自意識過剰になりつつ)Jamiroquaiを聴きながら朝のジムに向かう・・・。
そんなヴィシア、押しも押されもせぬ子持ち中年女性です。ハイ。オトナゲナイ
コメント (8)

コストパフォーマンスとは

2005-05-18 22:42:55 | うれしいお菓子

モンブランご来店の皆様、こんばんは。
週も半ばの水曜日、いかがお過ごしですか?
ヴィシアは今日はちょっと体調が悪かったので、念のためジムはお休みしました。明日は通院日なので。
でももう大丈夫ですから、ご心配なく!

さて、ヴィシアもぱぴりおも、甘いものが大好き。
カロリーを気にしつつも、夕食後の紅茶や日本茶と一緒のスイーツは欠かせません(ヴィシアはコーヒーがちょっと苦手なので、コーヒーはほとんど飲みません)。
スイーツにはお金もかかるので、スーパーで買ったクッキーなどで済ませることもありますが、
ぱぴりおが時々、会社の帰りにケーキを買ってきてくれるので、そんな日はヨロコビもひとしお。
おとっときのダージリンを淹れるのも楽しいものです。

で、今日もぱぴりおが、ケーキを買ってきてくれました。
ヴィシア家は2つの駅のちょうど真ん中あたりにあって、ぱぴりおが通勤に使う方の駅は小さくて、スーパーとかが全然ありません。(もう一つの駅のほうには、中規模のスーパーがあります)。
ケーキ屋さんも一つしかなくて、今夜はそこのものでした。
名前を仮に「N」としますね。

画像がそのケーキです。左が、アールグレイ味のクリームのケーキ、右がチーズクリームのケーキです。
値段は左¥420、右¥262。
小さな駅前のケーキ屋さんにしては、左のなんか結構高いでしょ?

でも、ぱぴりおには本当に申し訳ないんですけど、ここのケーキ、お値段ほどのお味じゃないんです。どこにでもありそうな普通のケーキ、って感じで。
ぱぴりおもそれはわかっているのですが、途中に他に買うチャンスがないので、半ば仕方なく・・・みたいなところもあるようです。

ヴィシアはスイーツが大・大好きでいろいろ食べてきましたので、生意気ですがちょっと舌が肥えちゃったのかもしれません。
ぱぴりおと「これはもう50円は安くないとねぇ」とか、「きっと人件費なんだよ、Nはたくさん店員さんがいるから」とか、「これならがんばって途中の新宿で降りて買ってきてくれたほうが・・・」とか、ぶつぶつ言いながら食べました。スミマセン、ぱぴりお。

ほんと、ここのケーキを食べるたびに、「コストパフォーマンスの良さって、顧客満足度向上の基本だよな」と思います。
「N」は一応小さな支店もあります。ぱぴりおが買ったのは本店ですが、シェフパティシエは50がらみ?のおじさんです。
もうちょっとおいしかったら、もっと買ってあげるんだけどなぁ。がんばってよ~!

コメント (6)

ぱぴりお、ワインに目覚める

2005-05-17 23:51:34 | ワインの幸せ

モンブランご来店の皆様、こんばんは。

ヴィシア家の執事・ぱぴりおは、お酒にあまり強くはありません。
ちょっと飲むと真っ赤になってしまいます。そのまま飲み続けると寝てしまいます。
でも、お酒を飲むのは結構好きで、ヴィシアが無類のビール好き(私も弱いですが)ということもあり、週末(平日飲むと翌日の仕事に差し支えるので・・・)の夕食には、たいていビールや発泡酒がお供していました。

ところが最近、ぱぴりおがあること(中身はナイショです)をきっかけに、ワインに目覚めたのです。
ヴィシアはワインは、味は嫌いではないのですが、後でちょっと悪酔いしがち(特に赤ワイン)なので、あまり量は飲めません。
なのでヴィシア家ではワインはほとんど飲みませんでした。ひたすらビール、ビール。(笑)

ナニゴトもカタチから入るのが大好きなぱぴりお。そうとなったら大騒ぎです。
毎夜遅くまでPCの前に長々と座っては、ワイン関係の調べものにいそしみ、
目元に薄く微笑みを浮かべつつワイナリーのHPを眺め、
ワインセラーをヤフオクで買うと騒いでは、「結構高いなぁ」とぶつぶつ言い、
今日はついにヴィシア家に厚さ5センチはあろうかという「世界の名酒事典 2005年版」がどーんと届けられました。
千趣会(通販会社)のリーズナブルなフランスワインの頒布会も申し込み済みです。

これだけ連日大騒ぎしているのに、実はまだ一口も、家ではワインを飲んでいないんですよ。
こんなに夢中になっているからには、(頒布会以外の)最初の一本はさぞやいいものを買うつもりなんだと思いますが、さてぱぴりおのポケットマネーで、どこまで出せることか・・・ワインの値段って、上を見たらきりがないですからね。

「世界の名酒事典」、ワインのほかにも世界のありとあらゆるお酒がほとんど載っています。
ぱぴりおの実家の島根県益田市で作っているマイナーな地酒は載っていなかったそうですが。
オールカラー、全部写真や値段、うんちく(笑)等のデータ付き。
すごいデータベースです。

ぱぴりおいわく、この事典、酒屋さんが皆買うので、実は隠れたベストセラーなのだとか。
お酒が好きな方、眺めているだけでも楽しいですよ。
講談社から発行、¥4000です。
これで知識を仕入れて、フレンチディナーデートの時に、彼女にさりげなくワインのうんちくを披露・・・ちょっとバブリーですが、まだまだ使える手ですよ。

1本1万円とかのワインすら、ヴィシアは飲んだことがないので(フレンチディナーではいつもハウスワインやテーブルワイン)、高いワインっていったいどんな味なのかな・・・ってとっても興味はあります。
あまり家計を圧迫しない程度にのめりこんでくださいね、ぱぴりお。
コメント (10)

ヴィシア・驚異の親指を持つ女

2005-05-17 00:36:44 | ヴィシアの日常

モンブランご来店の皆様、こんばんは。
週明けの月曜日、いかがお過ごしでしたでしょうか。
ヴィシア家では、昨日も書きましたが男3人が多摩動物公園でヒョウに降られ、濡れて風邪気味でしたが、温かいお風呂にゆっくり浸かって早く寝たせいか、3人とも今朝は元気に会社・学校に行きました。
ご心配いただいて、コメントくださった方々、ありがとうございました。

さて、昨日のことですが、ヴィシア家では首脳・ヴィシアについて驚異の事実が明らかになりました。
細かい経緯は忘れましたが、ヴィシアがしゅんけい(小学3年生)と話をしているうちに、ふと親指を「グッジョブ!」の形に立ててみたのです。

するとけいけいが「ひえぇ~!」と驚きの声を上げるではありませんか。

ヴィシアは「??どうしたの」ときょとん。

けいけいは、ケタケタ笑いながら、
「おかーさん、親指がすごい反り返ってる~
と言うではありませんか。

「ええっ」とばかりに子供たちと「グッジョブ!」比べをしてみると、確かに二人に比べてワタクシの親指は、異様に反り返っているのです。

「ちょっと、おと~さ~ん」としゅんけいがぱぴりおを呼び、ぱぴりおと「」と比べてみたら、やっぱり彼もワタクシほどは・・・(画像参照:左ぱぴりお、右ヴィシア)。

こんな特技?があるなんて、長年生きてきて初めて気がつきました。
ちなみに他の指は、こんなに反り返ったりしません。
不思議な特徴に気づかせてくれたけいけいには感謝ですが、これで人生何かトクをしてきたかというと・・・これからトクをすることがあるかというと・・・

こんなに親指の反る方、他にいらっしゃいます?
我と思わん方は名乗りでてください。比べっこしましょう。負けませんよ。勝ってどうするんだ、ヴィシア(笑)。
コメント (6)