Weblog喫茶 モンブラン

10年4000日やってるブログです!

いつのまにか10万アクセス達成

2010-08-26 17:31:34 | ノンジャンル

このブログのトップページの右下のほうに、アクセス状況を表示しているのですが、今日見てみたら、いつのまにか訪問者数が10万を超えていました。
今、じんわりと嬉しさをかみしめてます。

カウンタ形式ではなく、一日分をまとめての表示なので、どなたが10万人目だったかはわからないのですが、皆様ご愛読ほんとうにありがとうございます。

2005年3月、しゅんけいがまだ小学2年生の時に始めたブログ。
10万アクセスまでの間にしゅんけいも中学2年生になりました。

このごろは更新ペースがゆっくりですが、またいろいろ書いていこうと思いますので、どうぞこれからもご愛読よろしくお願いいたします。



コメント (12)

山中湖で食い倒れ:オーベルジュ オープンキッチン隠れ家

2010-08-20 16:27:14 | 楽しいイベント

前の記事で、しゅんけいが札幌に旅行した話を書きましたが、その間に私とぱぴりおも、山中湖へ1泊旅行に行ってきました。

山中湖にはこれまで2回行ったことがあり、2006年末には「秋桜(コスモス)」、2007年末には「ル・ラゴン」と、いずれもオーベルジュに泊まって食い倒れました。

そして今回のお宿は「オーベルジュ オープンキッチン隠れ家」です。

少し早く着いたので、山中湖畔をぶらぶらしていると、親子の白鳥がいました。



灰色の子供の隣で「おまえら、これ以上寄るなよ」とガンを飛ばしているのはお父さん。
奥のほうでお母さんが羽づくろいをしています。
白鳥がこんなに家族愛が強いとは知らなかったなぁ。

湖からは少し入ったところにあるお宿に着くと、早々にお風呂(ジャグジー)へ。
オーベルジュでは毎回食い倒れるので、お風呂は先にすませておくのです。
そして夕食までひと眠りすると、いいあんばいにお腹もすいてきましたよ。

ダイニングルームはオープンキッチンになっていて、オーナーシェフさんが調理をしているところが見えます。

全部の写真をご紹介できないのが残念ですが・・・。

まずはオードブル盛り合わせ。



シェフおすすめのカリカリ熱々のピザが続いて、
こちらは、なんとシェフが自分で釣ってきて作ったというスモークトラウト。身が柔らかくておいしかったです。



帆立貝のグラタン、カボチャの冷たいスープと続いて、
メインは牛肉の赤ワイン煮。つやつやのソースに良く煮込まれたお肉で、ワインも進みます。



パンはビール酵母を使った、手作りのもっちりした酸味のあるパンです。
3種デザートの盛り合わせは、プリンがほんとうになめらかで、ぱぴりおも感心していました。

これだけ食べてワインも飲むと、もうお腹がいっぱいいっぱいで、ヨロヨロと部屋に戻るやいなや、ぱぴりおはベッドに倒れこみ寝てしまいました。
レストランから十数メートルでばったり寝られるのが、オーベルジュのいいところですー。

朝食も、ジャガイモのオムレツ、ハム、サラダ、ヨーグルト、自家製パンなどと実にたっぷりで、カメラを忘れて写真を撮らなかったのが惜しかったです。昼食がいらないくらいのボリュームでした。

ぱぴりおと二人で旅行すると、たいてい食い倒れパターンになるのですが、この満足感(満腹感?)がやみつきになるので、きっと次もこんな旅だと思います・・・。



コメント (8)

しゅんけい、旭山動物園に行く

2010-08-12 22:08:05 | しゅんけいツインズ

日曜日から火曜日まで、しゅんけいが二人だけで、札幌の私の実家へ2泊3日の旅行をしてきました。
ひげのおじいちゃん(私の父)と会うのは6年ぶり。
父と父の奥さんが、3日間の中にイベントてんこ盛りで歓迎してくれました。

2日目の月曜日には、おじいちゃんたちと一緒に旭川の旭山動物園までバスツアーで出かけました。
「いっぱい写真を撮ってくるよ」と張り切ってカメラを持っていったしゅんけい、





こんな看板からして、もう珍しくて撮りまくりです。

動物園では、おじいちゃんたちと別行動で、しゅんけいはあっちだこっちだとくまなく園内を見て回りました。



大いに期待していた、アザラシが目の前を通り抜けるパイプ。
来たぞ、今だっ!
惜しい!



あ~!



たくさんのブレブレやボケボケの写真を撮っているうちに、カメラのバッテリーがなくなってしまったそうです。

おみやげをいっぱい持って東京に帰ってきてから、テナガザルにオシッコをかけられそうになった話や、蝶がしゅんしゅんの足に止まって汗を吸っていた話などを、楽しそうに話してくれました。

しゅんけいにも、札幌の父たちにも、いい思い出になったことでしょう。



コメント (11)

Oサイズの謎

2010-08-05 22:09:57 | しゅんけいツインズ

中学2年生になって、そろそろ親が適当に買ってくる服では満足できなくなってきたしゅんけい。
とはいえ、オシャレな友人のようなファッションセンスがあるわけでもなく、そのへん微妙に悩んでもいるようです。
親がオシャレじゃないから、しょうがないよねー。ごめんね。

けいけいが先日、バスケ部の仲間と一緒に、新宿にあるスポーツショップまで出かけて「バスパン(バスケットボール用のパンツ)」を買ってきました。

コンバースの、なかなかかっこいいものなのですが、何とサイズが「O(オー)」。
堂々のウエスト86cm。
けいけいならLですら大きいでしょうに、その上のサイズとは・・・。

けいけいいわく、「デザインが気に入ったんだけどサイズがこれしかなかったんだよ」。
あー、若者が服を買うときによく陥る落とし穴ですね。
サイズが合わなくても無理やり買っちゃうんだよね。

本来身長190cm以上の人がはくような、ウエストといい、長さといい、どうみても大きすぎるパンツを嬉しそうにはいて、意味もなく家の中を歩き回るけいけい(167cm、やせ型)。

そこでこんな話題になりました。

ヴィシア  「Oサイズって何の略なんだろうね?S,M,Lは、スモール・ミディアム・ラージだけど・・・」

けいけい、ちょっと考えて 「『おとな』のOじゃない? 

しゅんしゅん「『Oops!』のOだよー 

その他、「大きいのO」「大男のO」などの意見も出ましたが、後日調べてみると、どうやら「OVER LARGE」が正しいようですよ。

大きなパンツが練習中にするっと脱げないようにね、けいけい。



コメント (6)