Weblog喫茶 モンブラン

10年4000日やってるブログです!

1億円のダイヤネックレスを見てきた話

2008-01-31 20:00:38 | ヴィシアの日常

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

年収300万円の・・・という本が売れたりと、なんとなく「オレ、こんなもんかな」といった”あきらめムード”も流れる世の中。
しかし一方では、ぜいたく品も変わらずに作られ、売れ続けています。

私はアクセサリーをあまり買わないこともあって、デパートなどのアクセサリー・ジュエリー売り場でウインドーショッピングをすることも、そんなにありませんでした。

しかーし!

人生、このままキレイなものを愛でずに過ぎていっていいのか!

というわけで先日の週末、ぱぴりおと新宿・伊勢丹の「デビアス」に行ってきました。

デビアスは、世界のダイヤモンド原石の60%を握っていると言われている歴史の長い会社ですが、オリジナルアクセサリーのブティックが日本にオープンしたのは、2003年のこと。
ですから、ティファニーのように私でも昔から「行ったことがある」お店ではありませんでした。

茶色を基調としたシンプルながら高級感のあるカウンターが並ぶ店内に入ると、ガラスケースの中にはリング、ピアス、ブレスレットなど、きらめくダイヤのアクセサリーの数々。
ディスプレイや照明が計算されていて、とてもよく光ります。
デザインも、ダイヤのアクセサリーにありがちなコンサバティブなものではなく、動きや遊び心が取り入れられていて、若々しくセンスがよい感じ。

さて、奥の茶色の壁には作り付けの展示ケースが4つ作られていて、その右端に、このブティックで一番のハイエンドの品である、9700万円のダイヤのネックレスが飾られています。

(ここんとこ繰り返し)9700万円でございます。

ほとんど1億円・・・。(^◇^;;

4~5mmの多数のラウンドカットのダイヤを何重にも連ねて、一番外側の列には、長径1cmほどもあるオーバルカットのダイヤがずらりと並んでいます。
総計70カラットだとか。ほ~~。

石をたくさん使ったハイエンドのジュエリーを作る場合、最も大変なのは石の色合いや透明度といったクオリティーを揃えることです。
素人ながら、大きなオーバルカットのダイヤのクオリティは完璧に一緒に見えます。
ダイヤモンドのトップシンジケート・デビアスならではの力でしょうね。

8ケタの値札のついたアクセサリーを間近で初めて見て、しかも「97・・・」と来ているので、「欲しいなぁ」というよりは「世の中にこんなものがほんとうにあるのか・・・」と、信じられない気分で眺めました。
画像をアップできないのが残念です。

こういうハイエンドの品は一点ものですから、国内の他のお店や海外を巡回していくので、このネックレスもいつまでこちらのお店にあるかはわからないそうです。
そして、また巡ってくることがあっても、価格が変わっている可能性が高いのだとか。

どう見ても買いそうにない二人連れだったでしょうが、デビアスの方は大変親切に、いろいろと説明をしてくれました。ありがとう。

ウケたのは、ぱぴりおが

「これは、アイカードは使えるんですか?」

と聞いたところ、お店の方が

「もちろんです!(^^)」と答えたこと。

伊勢丹のアイカードは5%割引になるんです。

ぱぴりお「そうですか!500万円引きになるんですね!」

3人、1億円のネックレスの前で大笑い。

500万円引きか~。オトクですね♪

こういうお店に入れるのも、デパートのいいところですね。
たいへんよい目の保養になりましたー。



コメント (7)

妹・りりあの手術が終わりました

2008-01-30 22:34:46 | ヴィシアの日常

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

昨夜、結構がんばって書いた記事をアップしようとしたら消えてしまい、激しくがっくりしました。
gooブログは最近はそういうことがなかったんだけどなぁ・・・。
消えた記事はまた今度書き直すことにします。

さて、兄弟猫ブログ「猫だんご~新居~」を書いている、私の実の妹・りりあですが、昨日入院して、今日手術を受けました。

付き添った父によると、無事に終了して、予定通り退院できるだろうとのことです。

りりあは「はな」「かえで」の兄弟猫を溺愛していて、今回の入院でも一番の気がかりは、自分の体よりもにゃんこたち。(そういうものですよね)

幸い、お友達のお宅で預かっていただけることになったのですが、入院の前日に預けに行き、その夜一人きりの部屋に戻ったら、ちっとも眠れなかったそうです。

今日、父に電話で術後のりりあの様子を聞くと

「猫のことしか言わない!

と、あきれ気味に言っていました。(^^;

これはぜひ、涙の再会の瞬間を見たいものですが、遠方なので残念ですねぇ。
ともあれ、妹が早く退院できますように。



コメント (5)

ビクビク・しゅんけい(その2)

2008-01-28 22:43:58 | しゅんけいツインズ

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。
更新がちょっとあきました。3日あいてしまったのは久しぶりかも。

さて、「エイリアン vs. プレデター」(AVP)をテレビで見て、ビクビクになったしゅんけい。
その日は非常~に仲良くお風呂に入り、一緒に歯を磨きトイレに行き、うるわしい兄弟愛のツインズのまま寝ました。
よっぽど怖かったのね・・・。(^^;

その次の日のことです。
ぱぴりおの帰りが遅く、3人で済ませた夕食後、しゅんけいは食休みがてら、リビングでめいめいに本を読んでいました。
私はちょっと疲れたので、同じ部屋で横になって休んでいました。

しゅんけいは、本を読み出すと夢中になるので、他人が目に入らなくなります。
読書を続けていたけいけいが、トイレにこもってしばらくたった後のこと。

何か探しものでも思いついたのか、ふと、しゅんしゅんが本を置いて立ち上がり、隣の子供部屋に行きました。
そしてすぐ戻ってきて、うとうとしていた私に向かい、ぼそっと

「・・・きみがわるい」

と言うのです。

半分寝ぼけていた私は「気分が悪い?」と聞き返しました。
しゅんしゅん、首を振って少し青い顔をしてもう一度

「・・・気味が悪い」

と言うではありませんか。

「な、なに!?」と尋ねると

しゅん 「ぼくたちの布団が、人のかたちに盛り上がっている・・・

おかーさん 「?? けいけいが入ってたんじゃないの?」

しゅん 「いや、けいはずっとこっち(リビング)で本を読んでた。」

おかーさん 「けいはさっきトイレに入ったから、子供部屋にはずっと行ってないと思うよ?」

しゅん 「じゃぁ・・・布団には誰が・・・・・・」

ひっそりと青ざめていくしゅんしゅん。
小5男子の頭の中で回り始めたコワイ考えを、もう誰も止めることはできません。

そこにトイレから戻ってきたけいけい。

けい 「おれ? おれはずっとそこ(リビング)で本を読んでたよ? どしたの?」

大真面目な顔でコワイ考えを話すしゅんしゅん。

けい  「・・・
しゅん 「・・・

おかーさん、もう笑いを我慢できずに顔をゆがめつつ二人に言いました。

「いや~、それは、朝どっちかが布団を出た時の形のままになっているんじゃないの?
まぁ、気になるだろうから二人で見に行ってごらんよ。
プレデターが入ってたら教えなさい、写真撮るから。

おかーさんもイジワルですよね。ぷくくく。

しゅんけい、これ以上ないほど足並みを揃え、決してどちらかだけが前に出ることのないよう、完全に並列行進して、無言のままへっぴり腰で二人で子供部屋に入っていきました。

そして数秒後、

「は~~~」

と安堵の声が二つ。

おかーさん、腹を抱えてひっそり笑い転げました。

昨日のAVPがそんなに尾を引くとは・・・。
ビビリちゃんなのに、なんで見るんでしょうねぇ。

画像は布団にくるまって読書にいそしむ、けいけいの足です。
至福のひと時なんでしょうね。



コメント (9)

ビクビク・しゅんけい(その1)

2008-01-24 20:42:22 | しゅんけいツインズ

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

現在公開中の映画「エイリアンズ vs. プレデター 2」(AVP2)。
ウツージン侵略モノが大好きなうちのしゅんけい(11歳)も非常に観たがっているのですが、PG-12なので却下です。

最近は封切りの映画のプロモーションで、前作などをテレビで放映することが増えましたね。
この「AVP2」の前作「エイリアン vs. プレデター」(AVP)も、この前の日曜洋画劇場でやりました。

テレビで流すなら、あまりにグロいところはカットしておいてくれるだろうと思い、こちらも見たがるしゅんけいに、「OK」を出して、録画をしました(リアルタイムで見せると、寝るのが遅くなるので)。

ものすご~く楽しみにしていたしゅんけい。
火曜日の夜に時間ができたので、ワクワク♪

怖い気持ちを隠すためか、「寒い」とかなんとか言って、それぞれ毛布にくるまり、二人ぴったりとくっついて一心に見入るしゅんけい。

つきあって私もちらちら見ていると、どうやらエイリアンの方がより人間の「敵」で、エイリアンと戦うプレデターは「敵の敵」=どっちかというと人間の「味方」、という役どころに設定されているようです。

プレデターとエイリアン・クイーンの一騎打ちでは、思わず
「がんばれ、プレデター!」
と画面に向かって素で叫び、エイリアンが倒されると「よかった~」と安堵の吐息をつく小5男子たち。
昔のドリフのコントを見たらきっと、「志村、後ろ、後ろ!」と叫んだことでしょう。

ビデオテープには力を込めてタイトルを書いたラベルをつけて、保存しておくことにしたそうです。

そんなふうにして怖い映画に浸りきった、翌日の夜のことでした・・・。

(長くなったので次回に続きます)



コメント (4)

ミッション:体脂肪計とチューブで、5歳若返れ!

2008-01-22 23:58:57 | こんな私のヘルスケア

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

昨年後半くらいから、健康志向が高まったぱぴりお軍曹。
なかなかジムに通えなかったこともあり、肉体年齢の低下をひしひしと感じていたようです。

そして年明けに、ついに体脂肪計を買いました。
これは、万歩計とセットになっていて、歩数データ・体重や体脂肪率などの身体データが、PCで管理できるようになっているのです。

USBケーブルでPCにデータを送ってやると、パパッとグラフや肥満レベルなどが表示されるので、いろいろデータ解析したいぱぴりおのようなタイプにはぴったり。
体重計は総合診断した「体年齢」もドン!と出してくれるので、ハラハラドキドキです。
万歩計も様々なモードを設定・表示できる賢いヤツなんですよ。

そして軍曹は、ジムに通う時間が取れないので、家で毎日少しでも運動しようと、リーボックのチューブエクササイズ用のチューブも買いました。
最初なので一番「ゆるい」強さのものです。
ネットでフィットネスの指導サイトを見つけて、チューブでいろいろな運動をしています。

私も体重計はこっそり使ってデータを取っていました。
でも、実年齢はぱぴりおが2歳上なのに、体重計で出た「体年齢」は、彼の方が3歳くらい若いという衝撃の結果が。

これはまずい、まずすぎる・・・。

ヴィシア!やれんのか!!

かくて私も、今日からチューブエクササイズを始めることにしました。
体年齢を5歳下げて、ぱぴりおの2歳下に持ってこなくては。ひ~。

チューブがラクにこなせるようになったら、大変遅ればせながら、ビリー隊長のとこの新兵にでもなろうかと思います。

そんな日は来るのか・・・?



コメント (6)

わるぶっちゃんの逃亡

2008-01-21 23:36:15 | ヴィシアの日常

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

先日の土曜日は、しゅんけいの小学校の文化祭があって、「見に来てね」とせがまれたので、ぱぴりおと一緒に見に行きました。

その帰りに、家のそばの公園の横を通っていると、ちょっとした畑のある家が公園沿いにあり、冬のさなかで土だけになっているその小さな畑の中で、ぶっちゃんが一心に土のくぼみを「掘り掘り」しています。

ここのおうちの人に見つかったら、ぶっちゃん、追い払われるだろうにゃー・・・(^^;
と思いながらも、ぱぴりおがカメラでぶっちゃんのイタズラを撮ろうとすると、犯行現場を見られたぶっちゃん、コソコソと畑を横切って逃げ出しました。

その逃げていく姿がトップ画像です。
いかにもイタズラ猫という感じ。わかりやすすぎ・・・。

畑を抜けて公園に入ったところを、ぱぴりおが回り込んで面を押さえました。



ぱぴりおによると「ミミズを掘ってたんじゃないのかなー」とのこと。
「ミミズ食べるの!?(^◇^;」
「いや、遊ぶだけじゃない?」

今日も掘り出し物を探して、公園を巡回したんでしょうかねぇ。



コメント (4)

ワイン・インプレッション:シャトー・モン・ペラ・ブラン 2005 (2)

2008-01-19 23:58:56 | ワインの幸せ

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

昨日に続いて、「シャトー・モン・ペラ・ブラン 2005」のインプレッションをお届けします。
ワイン自体の印象については前記事でまとめたので、今日はおつまみとのマリアージュ編です。
スタート時のおつまみは、簡単にスーパーでそろえました。



どんなものが合うか、試してみるまでは意外とわからないものなので、ローストビーフ・スモークサーモン・魚の和風酢漬けという、方向の違う3種類を買ってみました。

モン・ペラ・ブランを合わせてみた感想は・・・。

スモークサーモン:無難に合う、安心して楽しめる組み合わせ。
ワインが辛口なので、魚の味がさっぱり消える。

ローストビーフ:サーモンには相性が劣るが、意外と悪くない。
ホースラディッシュがのっていたりして、ローストビーフはお肉のわりには味わいがあっさりしているので、白ワインでもいいのかな。

魚の和風酢漬け:これはイマイチ。食べてからワインを飲んだ瞬間、「やっぱり日本酒がいいよね~」と異口同音状態。
なので、これを片付けるのに日本酒も出しちゃいました。(^^;

二人ともお酒が強い方ではないので、このおつまみを食べてしまっても、ワインがまだ残っています。
何か別のおつまみがほしいなぁ。

そこで、思いついてトップ画像のおつまみを作りました。
オーストラリアのおいしいクラッカー「クリスプブレッド」に、カマンベールをのせて、
「干し柿」をトッピングしたものです。

干し柿は、去年の12/17の記事でご紹介した、ぱぴりおのお父さんが植えた柿の木になった実を、お母さんが干して送ってくれたものです。

チーズにドライイチジクなどをよく合わせるな・・・と思い出したので、ちょうどあった干し柿を試してみました。

するとこれが、大成功!

びっくりするくらいおいしい、ちょっと複雑な味でワインにもぴったりのおつまみになったんです。

これで残りのワインをあらかた片付けることができて、めでたく爆睡しました。
この組み合わせ、よかったら一度試してみてください。
クラッカー+チーズの黄金コンビに、干し柿のねっとりした甘味が加わって、おうちで食べるのにこんな複雑な味が楽しめるなんて~、と喜びにひたれますよ。



コメント (6)

ワイン・インプレッション:シャトー・モン・ペラ・ブラン 2005 (1)

2008-01-18 22:47:47 | ワインの幸せ

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

いや~、実に半年ぶりにワインの記事を書くことにしました。
しゅんけいがいると、あーだこーだ時間をかけて、夜更けまでワインを飲み倒すのが難しいんです。
翌朝、元気ハツラツの小学生男子の相手をするのが辛いので・・・。

そこで、しゅんけいが不在のお正月に、久しぶりに1本開けました。
「シャトー・モン・ペラ・ブラン」2005年です。

かつて、ワインをテーマにしたコミック「神の雫」で取り上げられたことから大ブレイクした、ボルドーの赤ワイン「シャトー・モン・ペラ」。
そんなに高くなく、初心者でもおいしく飲めるワインということでしたので、ちょうどワインのおいしさを覚え始めていた私たちも、2001~2004年まで4年分を全部飲んでみました。
その時の記事はこちらです。→(垂直展開・前編)+(後編
シロウトですが、モンペラの垂直展開をここまでやってブログに書いたのは、いまだにウチだけのようです。
やってみるもんですねー。

その「モン・ペラ」の白が、2005年からリリースされているので、もうこっちも付き合いましょう!と、入手しました。


<色>
澄んだ明るい黄色。粘性は普通。
新鮮なイメージの色合い。

<香り>
さっぱりとした柑橘系を思わせる、酸味のある香り。
淡い色の花のような、フラワリーな香りもする。
トロピカルフルーツなどの濃厚な印象ではない。
ミネラル系のクールな雰囲気も感じる。

<味わい>
辛口でドライ系だが、きつくはない味わい。香りよりも味の方で、白ブドウの存在感をより感じる。
酸味は結構あるほう。さっぱりした柑橘系の酸味に近い。
果実と花とミネラルの味わいを、どれも感じることができるので、バランスはよい。
円熟の魅力というより、若々しいちょっと荒削りなパワーのある感じ。
モン・ペラの赤もだいたい若々しい味わいなので、そのイメージと矛盾しないと思う。
アルコールは高いように思う(久しぶりに飲んだからかも)。


長くなってしまったので、おつまみとのマリアージュについては次回にお届けします。

素晴らしい相性を見せてくれたのは、何と意外な組み合わせだった・・・!
どうぞお楽しみに~。



コメント (3)

善意の賞味期限:神戸屋キッチンのフッツェルブロート

2008-01-17 23:50:22 | うれしいお菓子

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

年末に患者数のピークを迎え、おそらくこれからは例年通り鎮静化していくと思われる「感染性胃腸炎」。
普通の体力のある人なら、重症になることは少ないようですが、いったん胃腸をやられると長引きますね。

今シーズンは、どういうわけか私も何回か胃腸炎にかかっています。
冬休み前の休日に、ぱぴりおとしゅんけいが外食をしたのですが、その時もおなかがよくなくて、私はパスしました。

おみやげに買ってきてくれたのが、「おかーさん大好きだから」と、神戸屋キッチンのフッツェルブロートのハーフサイズ。
ご覧の通り、ドライフルーツとナッツぎっしりのパンです。
おお、なんと優しい息子たちよ。

しかし、大好きなのは間違いないんですが、おなかが悪いときにはちょっとナッツやレーズンは厳しいよね・・・。

3週間くらい日持ちがするので、治ってからゆっくり食べようと思ってだいじにとっておきました。

ところが、いざ明日食べようと思うと、そのたびに具合が悪くなったり、旅行したり忘れてしまったりで食べそびれ、
そのうち年が明けて島根からしゅんけいが帰ってきて、まだ残っているのを見つけ

「これ、ちょっと食べていい?(^^)(^^)」

と、毎日のようにじわじわ食べつくされ、結局私が食べられたのはちょっぴり・・・。

コドモの善意にも賞味期限があるのだと、ひとつ勉強した次第です。
軍曹殿、また買ってください~。



コメント (6)

2008年もずんがずんが育つのだ

2008-01-16 22:29:42 | しゅんけいツインズ

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

小学校の3学期はほんとうにあっという間に過ぎていくものですが、その中にもいろいろと行事があって、なかなか忙しいしゅんけいツインズ。

先週、身体測定があり、「健康カード」にその結果が書かれました。
1年間に3回(4、9、1月)測定するようで、9月の測定時に書いた記事がこちらです。

今回、そのグラフに1月のデータを加えてみると、小5ダンシの有無を言わせない成長ぶりに呆然・・・。

カードに書かれていた生データは以下の通りです。

<身長>
しゅん 4月 142.6cm → 9月 145.1cm (+2.5cm) → 1月 149.3cm (+4.2cm)
けい  4月 145.6cm → 9月 149.0cm (+3.4cm) → 1月 152.6cm (+3.6cm)

<体重>
しゅん 4月 29.7kg → 9月 31.3kg (+1.6kg) → 1月 34.3kg (+3.0kg)
けい  4月 31.1kg → 9月 33.7kg (+2.6kg) → 1月 35.7kg (+2.0kg)

しゅんよりけいの方が、身長・体重ともに少し大きいのは変わりないのですが、9月~1月の伸び率は、しゅんの方が大きかったので、差は縮まりました。

それにしても、9月からの4ヶ月弱で4cmも背が伸びているとは・・・。
その前の半年は1ヶ月に5mmペースだったのが、ついに1ヶ月1cmペースに。
自分だったら毎月視界が変わっているのを実感しそうです。タケノコか。

どうりで「かさばり感」が増すわけですねぇ。
しかも二人同時だからなおさら・・・。

5.5合炊き炊飯器の稼働率が増す一方のヴィシア家。
来年当たりに「しゅんけい専用・飯キープ釜」(いつもご飯を炊いて保温してある)を導入しようと思っていましたが、プランを前倒ししなくてはならないかもしれません。



コメント (5)

冬の東京、見返りぶっちゃん

2008-01-13 22:01:05 | ヴィシアの日常

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

年が明けて、もしかしたらそろそろ初雪かも、という東京ですが、家の前の公園には積もった枯葉の間に、薄緑の草がちょろちょろと生えていたりします。

ずっと住んでいた札幌ではありえない、雪がない1月の景色。
ノラ猫にはやっぱり、暖かい地方のほうが暮らしやすいことでしょう。

半ノラから飼い猫に昇格したぶっちゃんですが、マンションの1階のおうちで飼われているので、自由に外を出歩いています。

マンションの庭を出るとすぐ公園で、桜並木があり、まだ若いぶっちゃんは、暖かい日にはそのあたりの草むらで、小鳥を狙ったり、虫か何かにじゃれて跳ねたりしています。

そんなぶっちゃんが日なたぼっこをしているところを、ぱぴりおがこの前買ったデジイチで、望遠レンズで撮ってみたのが今日の画像です。

遠かったので、こっちを見てくれませんでしたが、何不自由なく暮らしているようです。
よかったですにゃー。

ぶっちゃん、知らないだろうけど、その近くには、プチぶっちゃんのお墓があるんだよー。



コメント (8)

しゅんけいから、お父さんへの誕生日プレゼント

2008-01-12 23:17:00 | 鬼軍曹・ぱぴりお

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。
記事にするのが遅くなってしまいましたが、1月7日は、ぱぴりおの誕生日でした。

7日は月曜日なので、1日早めて日曜日の夜にお祝いしようか?と話していたのですが、しゅんけいが「お誕生日の当日にしよう」と主張。
コドモは結構日付にこだわるんですよね。(^^;

おとーさん本人に、会社帰りにジーゲスクランツの苺ケーキ「オプストクーヘン」を買って帰ってもらいました。
ここのケーキは、おいしくてリーズナブルなんですよ。
箱に描いてあるトレードマークの象の絵がかわいくて大好きです。
(上でリンクを貼ったHPで見られます)

苺ムースと生クリームをはさんだスポンジに、苺がたっぷりのっていて、お誕生日ケーキにぴったりです。

何といってもコドモとお誕生日ケーキを食べるからには、ロウソクと、明かりを消して「ハッピーバースデイ」の合唱がお約束。

ケーキを食べた後、しゅんけいからぱぴりおに、サプライズのプレゼントがありました。

「ゴリラポッド」という、自在に脚を曲げることのできる三脚です。



ぱぴりおが冬のボーナスで、念願の「デジイチ」を買ったので、しゅんけいが通販カタログで探して、私にこっそりネット注文を頼んでおいたのです。
代金はしゅんけいがお小遣いから半分ずつ出しました。

ぱぴりお、初めて息子たちがお金を出し合ってくれたプレゼントに、大喜びです。

この三脚は、変わった形をしていますが、脚を曲げて手すりなどに巻きつけて撮ることもできるので、なかなか便利なんですよ。

さっそく使って写真を撮っているぱぴりおに、しゅんけいも「やったね!」とニコニコしていました。

年末にPCを買い換えたのでお金がない私からは、僭越ながら久しぶりに渾身の「ぶり大根」をお祝いのメニューとして作ったということで、ご勘弁を・・・。



この1年、ぱぴりおが元気で楽しく過ごせますように。



コメント (3)

実直な正統派:シェフ・フジウのケーキ2種

2008-01-10 23:58:29 | うれしいお菓子

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

去年のお正月は、体調が今ひとつだったので初詣には行けなかったのですが、今年はわりと元気だったので、ぱぴりおと一緒に出かけることができました。
健康はありがたいですよね。今年はもっと元気になりたいです。

1月4日、明日はしゅんけいが帰ってくるので、二人でのんびりできるお休みの最終日・・・という日に、京王線の「高幡不動」に出かけてみました。

初詣は地元の神社でもう済ませていたので、お目当てはお不動さんではなく、駅のすぐそばにある「パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ」のケーキ。



こちらはイートインがあるので、ゆっくりお茶でも・・・と思っていたのですが、あいにくお正月なのでイートインは臨時休業中でがっくり。

しかし、ショーケースの中にはおいしそうなケーキがたくさん並んでいたので、めげずに買って帰り、家でいただきました。

トップ画像はオーナーパティシエさんの名を冠した「フジウ」。
濃厚なチョコレートムースをはさんだチョコケーキで、ずっしりとした存在感のある、正統派の食べ応え。
甘さ控えめなので、エスプレッソと合わせて、男性が食べるのにもいいでしょうね。

こちらは「ソレイユ」。
「フジウ」とは対照的に、ミルキーなキャラメルソースをかけた軽やかな印象のキャラメルムースの中に、さっぱりした酸味の杏のゼリーが忍ばせてあります。
フランス語で「太陽」という名をつけたのもなるほど、と思わせる、明るい印象の味わい。
アクセントにのせた細長いビターチョコが、意外ときいています。



お店には他に、デニッシュやトラディショナルな焼き菓子、見ただけで全部買いたくなってしまうような色とりどりのコンフィズリー(砂糖菓子)がたくさんあって、ケーキ2個だけ買って帰るのには相当の決意がいりました。(笑)

次はぜひ、イートインでのレポートをお送りしたいと思います。



コメント (5)

手作りあんころ餅

2008-01-09 23:58:33 | うれしいお菓子

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

今日は月に一度の通院日だったのですが、年初で病院がものすごく混んでいて、薬局もあわせるとトータル3時間待ちとなり、グダグダに疲れて帰ってきました。
通院は体力勝負だなぁ・・・。

夕食後、思わず爆睡してしまい、ブログをゆっくり書く時間が取れませんでした。
なので今日も短い記事ですが、ぱぴりおのお母さんが毎年送ってくれる「あんころ餅」をご紹介します。

年末になると、島根の家では餅つき機でお餅をついて、丸餅を大量に作ります。
その時に中に粒あんを入れた「あんころ餅」を一緒に作り、丸餅と一緒にうちにも送ってくれるのです。
お母さん、毎年ありがとうございますー。

あんころ餅は日持ちがしないので、冷蔵庫に入れておいて早めに食べてしまわなくてはいけません。
オーブントースターで焼いて、ふくらんできた頃を見計らって取り出すのですが、たいていちょっとだけ焼きすぎて、こんなふうにあんこがはみ出してしまいます。

口をやけどしそうなアツアツのをほおばると、京都の番茶のおいしいこと。
ぱぴりおは一度に2,3個ぱくぱく食べてしまいます。
私もついつい、2個はいっちゃいますねー。
いつか自分でも作ってみたいです。



コメント (4)

にゃんこ用ウィッグ(カツラ)を発見!

2008-01-08 23:55:24 | ヴィシアの日常

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。
今日は遅くなってしまったので、いつもの更新はお休みしますが、
ネットで面白い記事を見かけたのでリンクを貼っておきます。

「にゃんこ用ウィッグ(カツラ)」の通販サイトです。

にゃんこにかぶりもので写真を撮っている猫ブロガーさんは多いと思いますが、さすがにここまでのものは、なかなか見たことがありませんねー。

お値段は50ドル(送料別)。
今のところロングヘア4種類が紹介されていますが、アフロやドレッド、ツンツンヘアなんかも作ってみてほしいにゃー。



コメント (7)