Weblog喫茶 モンブラン

10年4000日やってるブログです!

★★社員旅行のお知らせ★★

2005-07-31 01:28:47 | 楽しいイベント

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。
今日もとっても暑かった関東です。いかがお過ごしでしたか?

さて、ヴィシア家のしゅんけいも、7/29(金)に無事、島根県のおばあちゃんの家へと旅立ちました。
8/18まで3週間ほど滞在します。

うるさい彼らがいなくなったので、この隙にヴィシアとぱぴりおも、モンブランを臨時休業して、社員旅行(笑)に出かけることにしました。
7/31(日)~8/2(火)まで、長野県の車山高原というところに避暑に出かけます

臨時休業、ではありますが、お宿のペンションはPC利用OKだそうですので、ノートPC&デジカメを持っていって、可能であれば(寝てしまわなければ)、長野よりホットな休暇実況を皆様にお届けしたいと思います。(^^)

先方の天気は曇りで、今ひとつなのだそうですが、もし天気がよければ、八ヶ岳がきれいに見えるのだとか・・・。楽しみです。
画像は「車山高原から見た八ヶ岳」です。こんなふうに見えるかな?

それでは、明日も早いし持ち物のパッキングもありますので、皆さんお休みなさい
コメント (2)

おなかに優しく:トマトと卵の洋風おじや♪

2005-07-27 20:31:35 | おいしいもの

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。
台風一過の関東は厳しい暑さでしたが、いかがお過ごしでしたか?

夏も盛りになると、どうしても体調を崩しがちですよね。
特に「こてん」とやられてしまうのが、まだまだ体力のない子供たちです。
ヴィシア家のしゅんしゅんも、毎日元気に学童保育へ通っているのですが、ここ2,3日は夏風邪っぽくて、今朝も「おなかが痛い・・・」とちょっと調子が悪そうでした。
熱はなかったので、無理はしないように言って登園させましたが、夕方帰ってきてからも、日没を惜しむように早速飛び出していったけいけいを見送って、家でゴロゴロ・・・。
やっぱり「まだおなかが調子悪い感じ・・・」って言っています。

こんな日の夕食は、消化のいいものを食べさせてやりたいです。
そこで今夜は、洋風のおじやを作ってみました。
とっても簡単なのですが、子供たちには大評判で、しゅんしゅんも結構食べてくれたので、夏バテで大変な方がいるようでしたら、ご紹介しますのでよろしければ作ってみてください

主な材料は画像の3つ。キッチンにいつもある材料で大丈夫!

でも今日のトマトは、島根のおばあちゃんが作って送ってくれたスペシャルトマトです。味が濃くておいしいのよね~

<材料>(4人前)
・トマト 中3個くらい
・玉ねぎ 中1個
・卵 2個
・白ワイン(安いテーブルワインでOK)50~100mlくらい 
(あった方がおいしいけれど、なくても大丈夫)
 *「料理用ワイン」はおいしくないですよ!
・ローリエ 1枚(あった方がおいしいけれど、なくても大丈夫)
・コンソメの素 水に対して必要な分だけ(少し薄味くらいで大丈夫)
・塩、こしょう
・ごはん(冷たくてもいいけれど、温かいほうがよりおいしい)適量
(一人当たりお茶碗1~1.5杯くらい)

<作り方>
小栗左多里さん著:「母に習えばウマウマごはん」の「トマトスープ」をアレンジしました。小栗さんありがとう!

1)玉ねぎは半分にして薄くスライス。
  トマトは皮を剥き、種を取って(入れると酸っぱくなるので)、ざく切り。
  卵は割りほぐす。

2)鍋に水をスープを作るくらい入れ(アバウトな表現ですみません)、玉ねぎとトマト、ローリエ、コンソメの素、白ワインを入れて火にかける。
沸騰したら火を弱めの中火にし、少しアクが出るので取って、玉ねぎが柔らかくなるまで数分間煮る。

3)割りほぐした卵を細く入れ、ふわっとさせて、塩・コショウで味を調える。

4)ご飯を入れ、数分間煮る。煮すぎないように。さらっとしているくらいが、食べやすくておいしいです。

5)器に盛ってドライパセリをかける。

油を使わないのでローカロリー、おなかにも優しいです。
白ワインを気持ち多めに入れるとおいしいですよ
今夜はこれに、ソーセージをソテーして添えてみました。
ぱぴりおにも食べさせてあげたいのですが、今日は仕事先の人とお食事会だそうで、夕食はいらないそうです。

しゅんしゅん、早く良くなってね~。あさってはおばあちゃんちに行くからね~。
コメント (7)

備前焼女流作家・穴窯 藤野真美さんの緋飯茶碗

2005-07-27 01:58:15 | ヴィシアの日常

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。
このところ頑張って毎日更新を復活させたヴィシアです。
夜更かしして更新しているので時々くじけそうになりますが、皆さんの温かいコメントが心の支え・・・よろしくお願いします(^^)

さて、ヴィシアの夫・ぱぴりおは、実は焼き物(陶器)が大好きです。
ぱぴりおにはたくさんのおじさん・おばさん達がいるのですが、その中に山口県の「萩焼」の陶工(陶芸家)を職業にしている叔父さんがいたりして、子供の頃から陶芸には親しんでおり、結構ひそかにこだわりを持っています。

でも、ウチにはしゅんけいという「破壊の帝王」が二人も出現したので(^^;、そうそういい器を普段使いにするわけにもいきませんでした。
なのでウチの食器はレンジオッケー、食器洗い機オッケー、落としても壊れにくいぞ!壊れても惜しくないぞ!・・・という実用本位のものばかりで、ぱぴりおとしては数年間不本意な食器ライフに甘んじてきたようです。

しかし、帝王たちもそうそうやたらと破壊に走る年でもなくなりつつあるので、
このたびぱぴりおは、「親のご飯茶碗くらい、いいのが欲しいなぁ」と思ったらしく、
ある日ヤフオクで、素敵な備前焼のご飯茶碗を落札してゲットしました。

とりあえずぱぴりおは自分の分だけ買ってみたのですが、届いたお茶碗を見てみると、とても素敵で「これに炊き立てのご飯を盛ったらおいしそう・・・」とワタクシもすっかり心を奪われてしまい、同じ作家さんのものをもう一つ落札してもらって、ペアで揃えました。

それがトップ画像のお茶碗です。
「穴窯」という窯元の女流作家、藤野真美さんの作品で、お値段は1個¥2700です。
左がぱぴりおの、右が私のお茶碗です。
ぱぴりおの方は、ちょっと傾いていますが、使用には問題はありません。

備前焼の器は初めて持つのですが、上薬はかけないのですね。しっとりと温かみのあるベージュの地に、ぽっと燃え立つような茜色の柄が入っていて、落ち着きの中にも動きのあるいい姿です

上から見るとこんな感じです。

ここに炊き立てのつやつやのご飯を盛ると、中の茜色に白いご飯が映えて、とっても美味しそう~
心なしかご飯が一層進むような気が・・・食べ過ぎちゃう~

で、使ってみてひときわ感動したのが、ご飯がくっつかない
上薬もないのに、ちっともくっつかないのです。
本当に不思議です。
備前焼はくっつかないんだそうです(ぱぴりお談)。
ご飯がくっつかないでいただけるってことが、こんなにシアワセ度を増すものだとは思いませんでした。
もうこのお茶碗、程よく軽くてしっくり手になじむし、手放せません
ぱぴりおはいろいろ知ってるなぁ・・・わが夫ながら尊敬してしまいました

食器一つ変えるだけでも、こんなに食卓って豊かになるんですね。
しゅんけいにもこのお茶碗を買ってあげようと思います。
もうオトナサイズでも全然OKの人たちですし(^^;
そして少しずつ、素敵な食器を揃えていけたらいいなぁ・・・と、
夢が膨らんだヴィシアでした
コメント (6)

しゅんけい・魅惑のお弁当タイム★

2005-07-26 00:41:52 | しゅんけいツインズ

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。
夏休みも2週目に突入し、ウチのしゅんけいもすっかりだらけきった日々を送ってぱぴりおに喝を入れられています(^^;;

私がまだ病後ということもあり、家に彼らが毎日一日中いては負担なので、申し訳ないのですが彼らには夏休みも、朝から夕方まで学童保育所に行ってもらっています。

学童保育では給食がないので、毎日お弁当を持たせなくてはなりません。
毎年、長期休暇の間の毎朝のお弁当作りはなかなか大変ですが、慣れてくると2人分を20分くらいで作れるようになり、子供たちもお弁当を楽しみにしていつも残さず食べてくれるので、最初の頃ほどは苦ではなくなりました。
私たちの住んでいる市での学童保育は3年生までなので、お弁当作りも今年度でひとまず終了です。
毎日油汚れの落ちにくいお弁当箱を2人分も洗うのは大変ですが、お弁当がなくなってしまうのもちょっと淋しい気もします。

さて、毎日ヴィシアがどんなお弁当を作っているかといいますと・・・
今朝のお弁当は、こんな感じでした(画像を見てね)。
小学校3年生にあるまじき量ですね~。(^^;
メニューは・・・おほほほほ~、手抜きです★
冷凍食品を最大限に活用しております。(笑)
でもねぇ、おいしいんですよ、最近の冷凍食品のお弁当用おかず。
種類も豊富で、和洋中何でもござれ。デザートもあります。

ちなみに本日のメニューは、おかずボックスの上から:
・えびとチーズのグラタン(冷凍食品。紙カップの底に占いがついているのでしゅんけいに人気です)
・肉だんご(冷凍食品)
・たらこスパゲティ(冷凍食品)
・これだけ★ヴィシア特製★オムレツ。先日のパスタ用に作ったトマトソース入り。だから白ワインまで使ってあるのだ!まいったか!(笑)
・プチトマト
ごはんボックスの方は:
・ごはん(おかか昆布がけ)
・缶詰の桃

ちょっと野菜が少ないですが(^^;、まぁ晩ご飯で取り返すということで。

朝作っていると、「むむむ・・・おいしそう」って自分でも食べたくなっちゃうんですよね~。
ぱぴりおにもたまには持たせてあげようかと思うこともあるのですが、荷物になっちゃうかなぁ、と遠慮しています。いつも重いカバン提げて行くので(^^;

さて、明日はどんなメニューにしようかなぁ?
冷凍庫にはまだまだいっぱいあるぞ!冷凍食品!!
コメント (7)

リーズナブルな夏のおいしさ:モロゾフ・「マンゴーレアチーズケーキ」

2005-07-25 01:53:03 | うれしいお菓子

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。
楽しかった週末も終わりですね。
ヴィシア家では今、子供たちは爆睡中、ぱぴりおは大好きなF1を熱心に観ています。
F1って決勝の放映が日曜の深夜なので、翌日大変なんですよね(+_+)。
でも早く観たいし・・・。私も時々つきあって観ますが、月曜の朝はホゲホゲです。

さて、ヴィシア家の人々はみんな、甘いものが大好き。
鬼軍曹にダイエットを言い渡されているヴィシアも、何とかうまくお許しをもらってお茶の時間にスイーツを楽しみます。
なので日々の「甘いもの代」は結構家計を圧迫することに・・・いや、シアワセな圧迫なのですが。
デパ地下の有名高級ケーキ店の1個600円のスペシャル・ケーキを食べたいのはやまやまですが、そんなわけでしょっちゅうそのような幸運に恵まれるわけではありません。
ですから「リーズナブルなお値段で、納得できるおいしさのスイーツ」探しは、ヴィシアの腕の見せどころ。
うまくそんなお菓子を見つけられたときには、「むははは」とヨロコビもひとしおです。

と、いうわけで本日皆様にご紹介するのは、モロゾフの夏限定販売のケーキ「マンゴーレアチーズケーキ」です。
モロゾフ・・・どこのデパ地下にもある、といっていいくらい、メジャーな洋菓子屋さんです。
でも実は、ここのチーズケーキやカスタードプリンは、わりと安めのお値段なのに、飽きの来ないなかなか深みのあるおいしさ。
デパ地下を回って、これぞというお菓子が見つからなかった時には、強力な「押さえ」になってくれます。
チーズケーキはレモンの風味が効いていて、ペロペロっと食べられちゃいます。

この「マンゴーレアチーズケーキ」、お値段はちょっと忘れてしまったのですが、確か直径16cmくらいのホールで¥1000しなかったんじゃないかと思います。安いでしょ~!?
カットするとこんな感じです。

タルト生地の底にレアチーズ生地を敷き、上にマンゴーの角切りの入った固めのマンゴーソースが厚くのっています。

お味は、モロゾフのお得意の爽やかなレモン風味のレアチーズ生地に、甘く花のような香り高いマンゴーの味わいがぴったり合っていて、一緒に食べるとお口の中で「夏~」というハーモニーが
ヌワラエリヤの紅茶とよく合って、「おほほほほ」と笑いたくなってしまうおいしさでした。
これで一人当たり¥250くらいなのですから(←しっかり4分の1ずつ食べたので)、ヴィシアちゃんやったね!というところでしょうか。

マンゴー味は今や定番で、コンビニデザートから高級ケーキまでいろいろ手を替え品を替えありますが、レアチーズとの組み合わせはわりと失敗が少ないような気がします。
その中でもこのモロゾフのケーキは、合わせたレアチーズのおいしさで一歩リードしていると思いました~。
夏限定とのことなので、近日中にまたリピートしておかなくては・・・。

-----おまけ-----

昨日のワイン・インプレッションで使用した「わかりやすいワイン・テイスティングガイド」の画像をアップします~。
harryさん、ウチはこれを恵比寿の「PARTY」で買いました。¥525だったかな?お安いのにとっても役に立つので、ぜひゲットしてみてください!
5×8センチくらいの小さいパンフレットです。

中はこんな感じで折りたたまれています。

ワインのうんちくがぎっしり・・・ぱぴりお必携のアイテムです(笑)。
コメント (8)   トラックバック (2)

ワイン・インプレッション:「THE FIFTEEN 2000」

2005-07-24 02:20:32 | ワインの幸せ

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。
週末の夜、いかがお過ごしでしたか?

ヴィシア家は、しゅんけいが近所の夏祭りに友達と出かけたので、親二人はこの隙にジムへ。
ヴィシアは1200mを泳ぎ、ちょびっと痩せました(^^)v

そんな充実した一日を過ごした夜は、何か飲みながらゆっくりしたいですよね。
このところワインにどっぷりはまっているぱぴりお、早速セラーからワインを持ってきました。
今夜のワインは「THE FIFTEEN 2000」。
フランス産の赤ワインですが、アメリカへの輸出向けに作られたもので、英語名です。
名前の由来は「15ドル」で売るから。
名前の通りリーズナブルなお値段のテーブルワインで、ウチでは楽天のショップでなんと1本¥980で買いました。

しかしこのワイン、なんで買ったかといいますと、先日行った恵比寿のワインショップ「PARTY」で、2001年のものが「PARKER(著名なワイン評論家・Robert M. Parker Jr. 氏)氏絶賛!」と
書いてあったからです。
ショップのお兄さんも「飲みました。おいしかったですよ!(^^)」と言っていました。
残念ながらそのショップの2001年は売り切れていたので、楽天で2000年(しかなかった)を買ったというわけです。

ウチにはパーカー氏のワインガイド本がいろいろあるのですが、まだ2001年の評価は日本語版では載っていません。
氏の有料サイトなら見られるようですが。

ボトルはブルゴーニュタイプ、ブドウ品種はグルナッシュ(GRENACHE)で、ピレネー地方産です。
インプレッションをするにあたっては、「Z-CARD JAPAN」の折りたたみ式ポケットガイド「わかりやすいワイン・テイスティングガイド」の評価法・表現方法を参考にしました。
これ、小さいけれど有用な情報がぎっしり載っていて、ポケットに忍ばせてフレンチレストランへ持って行けます(笑)。

ではまず、外見から・・・
清澄度:澄んでいる
濃淡 :中程度
粘性 :弱い
色合い:ガーネット+紫

香りにいってみます。
香りの内容:フルーツ香が強い。ベリーとドライフルーツの香り(プルーン、干したイチジク、黒く干したバナナ)。カシス、ブルーベリー、アメリカンチェリー。裏庭の黒土、木の香り、揮発臭。
裏庭の黒土・・・なんてスゴイ表現ですが、そんな香りがかすかにするのです。

味のほうは・・・
味:シンプルな、はっきりした中辛口。甘味はない。酸味は中程度。フレッシュでキリッとしている。苦味・渋みも中程度。

総合評価。いよいよ点数がつきます。
早飲み(あまり何年も熟成させずに飲むワイン)としては良質だと思います。
凝縮感:6点満点中4点(ほぼ良質)。
複雑さ:6点満点中2点(平均的)。
一体感:酸とタンニンのバランスはOK。6点満点中3点(平均よりやや上)。
余韻 :短いが快適。6点満点中4~5点(ほぼ良質)。

ワイン点数。最終評価です。
外観 :3点満点中2点。
香り :7点満点中5点(香りは強いが、複雑ではないので2点減点)。
味わい:10点満点中6点。
合計13点。

と、いう結果になりました。ふぅ~。
結論としては、「これで¥980円は安い!!」です。
今までこのくらいの値段のワインというと、まぁちょっと飲んで、あまったらお料理にでも・・・という感じで消費していましたが、このワインは決してあなどれません。

もちろん、ヴィンテージもののような複雑で豊かな味わいはありませんが、コストパフォーマンスを考えると、テーブルワインにしておくには惜しいです。

おつまみには近所のスーパーで(爆)買った「チャーム・ド・フランス」(株式会社 東京デーリー)のブリーチーズを合わせました。¥750くらいのものを、安売りで¥500くらいでゲットしたものです。

むっは~、おいしそう!

並べてみるとこんな感じです。

チーズと合わせると、またワインの味わいが全く変わって、より芳醇に(^^)v。
少し強めの塩味で、口の中がさっぱりするので、またワインが新たなフレッシュな美味しさで味わえるのです。
マリアージュとはよく言ったものだな~、と感心しました。

二人分トータル¥1500くらいの、なんともリーズナブルなワインの宴でしたが、ほんとに「こんなに安くて美味しくっていいの!?」ってうなるくらい、シアワセなおいしさでした。
「THE FIFTEEN」、お財布にも優しいスグレモノワインです。ウチでは2本まとめ買いしたので、あと1本セラーにあります。うひょ~、次は何を合わせようかしら
以上、ヴィシア&ぱぴりおのワイン・インプレッションでした!
このワイン・インプレッション、結構ミーハー路線で(笑)いきますから、皆様次回をお楽しみに!

コメント (7)

しゅんけいの秘密基地!!

2005-07-20 00:11:06 | しゅんけいツインズ

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。
ちょっとご無沙汰していました(^^)/

ヴィシア家のしゅんけいは、小学3年生。遊び盛り真っ只中です。
ほんとに遊ぶことにかけては天才級の二人。
いちばん夢中なのはゲームボーイですが、目が悪くなるので時間制限をかけられているため、
あとの時間は大好きな工作をしたり、読書三昧にふけったり。
もちろんお友達と一緒に思い切り外で遊んでもきます。
夏休み前だというのに、二人の首の後ろはもう「どこの国の人!?」っていうくらい真っ黒(^^;;
しょっちゅう遊びに夢中になって、言いつけられたことを忘れたりして、ヴィシアやぱぴりおにガッツリ怒られてしょんぼりしていますが、くじけずけろっと忘れてしまうたくましさには感心します。

さて、この年頃の男の子が、必ず一度はハマる遊び、
それは「秘密基地ごっこ」。

私も子供の頃、覚えがあります。
ワクワクするんですよね~。(^ー^)

ぱぴりおがPC作業用に、折りたたみ式のデスクとチェアのセットを通販で買ったので、先日ヴィシア家には、60センチ四方くらいの結構大きな段ボール箱が届きました。

そんな格好の素材を見逃すしゅんけいではありません。
「おかーさん、これもらっていい?

そして寝室に運び込むと、「や、やめて・・・(^^;」と内心ヒヤヒヤのヴィシアにはそ知らぬ顔で、
がしがしがし・・・とお布団の上で(^^;;「秘密基地」を作り上げてしまいました。

「おかーさん、できたよ~
見に行ってみると、そこには何と扇風機で冷房完備に仕立て上げた秘密基地が(笑)。
中には毛布が敷いてあり、屋根には「守り神だよ」とディズニー映画の
「ニモ」のぬいぐるみが。(^^;;

「中に入ってごらん!!」と朗らかに言う彼らに押し込まれるようにして、足を中に入れて横になると、おお、あの懐かしい「ひみつきち」の感覚が・・・
そしてしゅんしゅんが得意げに扇風機のスイッチを入れると、秘密基地の中に爽やかな風が吹き込み、思わず寝入ってしまいそうな、えも言われぬ心地よさなのです。

「こ、これは傑作だね・・・」と思わずうなると、しゅんけいはますます得意げに鼻を膨らませていました。

今夜の12時を回ったところですが、寝室のご自慢の秘密基地では、けいけいが足を突っ込んで気持ち良さそうに爆睡しています。

明日は終業式。いよいよ、長い夏休みの始まりです。
いっぱい遊んで、たくさん思い出を作れるといいね。
今年の夏は去年と違っておかーさんもいるから、4人で楽しく過ごせてよかったね。
さてさて、1学期の通知表はどうなっていますことか・・・?
コメント (11)

ダイエット・ダイエット・ダイエット!!

2005-07-14 21:36:02 | ヴィシアの日常

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。
ずいぶん暑くなり、薄着の季節になってきました。
この時期、毎年私たち女性の肩に重くのしかかってくるプレッシャー、
そう、「ダイエット」。(^^;

5月の声を聞いたあたりから、ヴィシアのメールボックスには、あちこちの通販サイトから
「今からなら夏に間に合う!数量限定!」
「爆ヤセ!1ヶ月でウエスト-12cm!!」
「あるあ○大事典で特集!市場から消えた・・・100ケース確保!お急ぎください!!」
・・・などなど、毎日のように扇動的なキャッチコピーのダイエット商品の広告メールが入っています。

実は自分で言うのも何ですが、ヴィシアは昔から、どの体型チェック法で計算してみても「痩せすぎ」に入るほど、スリムなのっぽさんでした。
結婚して子供が生まれてからは多少お肉が付きましたが、それでもまだまだ標準には程遠い状態。
わりと大食な方なのですが、食べてもほとんど太らないので、「私にはダイエットは一生無用なのかもしれないなぁ」と、それはそれでまぁいいかな・・・と思っておりました。

ところが、去年大病をして何ヶ月も意識がなく、目が覚めてからもしばらくは頭にぼんやりと霞のかかったような状態だったヴィシアは、寝たきりなのに食欲だけは倍増しており、毎日食うわ食うわ・・・。
病院食だけでは到底足りず、売店に行って買い食いをしたり、毎日来てくれるぱぴりおに差し入れをおねだりしたり。
よく「病人の楽しみは食べることだけだ」などと言いますが、まさにそれを地で行った状態でした。

さすがのスリムなヴィシアも、そんな生活を続けていては太ってしまいます。
退院時には(まだ本調子ではなかったので自分ではよく覚えていませんが)、生涯最高体重の立派な中年体型に(^^;;;
その後は自宅療養しているわけですが、その時に広がってしまった胃袋はなかなか元に戻らず、昔の体重からかな~りアップしています。
胸から上はさほどでもないのですが、ご多分に漏れずワタクシも下半身に集中的にお肉が・・・。
昔なら考えられなかったようなウエストサイズのチノパンをユニクロで買うとき、「このまま人生なし崩しに終わっては、オンナとしてイカンのではないか」といつもオノレを叱咤するのでした。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、そんなわけで今年の夏は(去年の夏は意識がなかったので)、プチおデブちゃんになってしまったヴィシアが迎える初めての夏です。
暑くなり薄着になっていくにつけ、鏡を見て出るのはため息ばかり。
鬼軍曹・ぱぴりおにも「食べすぎだからだよ
「あんなに食べてれば太るに決まってるでしょ
「もう少しおやつを我慢しなさい」などとお小言を言われています。

そこでヴィシアは、妊娠時を除いては生まれて初めてのダイエットを決意しました。
体力づくりもかねてスポーツクラブに通い、水泳などの運動でカロリーを消費することはもちろんですが、おやつを少し減らしたり、ポテトチップはやめて「蒟蒻畑」(こんにゃくゼリー)に変えたり、油ものを控えたり、地道な努力を始めました。
それだけでも少し減ってはきた(というより増加が止まった)のですが、まだまだ亀の歩み。夏はすぐそこ・・・というかもう夏じゃん

焦るヴィシアに、ぱぴりおが助け舟を出してくれました。
ネットでダイエット食品を探して、良さそうなものを見つけてくれたのです。
通常価格が約1か月分で¥12000以上するものなのですが、あるサイトで「モニター価格」と称して初回購入のみ約¥7000で売っていたので、「じゃあ1ヶ月だけ・・・」と買ってみました。

それが画像の商品「TIME BON」です。
発芽玄米粉末をベースに、食物繊維やビール酵母、野菜エキスなどを加えたパウダーで、豆乳に溶かして飲むことが勧められています。
パウダーのカロリーはわずか34kcal。
ビタミン、ミネラル等の栄養素は1日の所要量の1/3以上をキープしており、液状でも腹持ちがよく空腹感が長く抑えられるのだとか。
一日1~2回の食事をこれに置き換えるといいそうです。

早速オーダーして、昨日の夜届いたので、今日の昼から1日1回、お昼をこれとお豆腐+αにすることにしました。
私は豆乳が苦手なので、パウダーは水で溶いて、豆乳の分をお豆腐で補おうと思ったのです。

今日の午前中はスポーツクラブに行って「痩せますように」と祈りを込めつつ激しく泳ぎ(1500m)(笑)、よれよれになって帰ってきて、さて「いよいよダイエットフードだ・・・」と期待に満ちてパウダーをお水に溶きました。
溶くとトップ画像のようなベージュ色の「きなこ牛乳」のような感じになりました。

さて、お味のほうは・・・
コップに口をつけ、わくわくしつつゴクリ。

「うぐっ

ま、まずい・・・。
この上なくまずいのです。
もうどうにも表現しがたいまずさ。
香りのないおがくずを水に溶いて飲んでいるような、ダンボールを溶かして飲んでいるような・・・。

しかしモニター価格とはいえ一包¥250であります。
ヴィシアは鼻をつまんで目をつぶり、飲み干しました。
そして「うぐぐ・・・」と耐えつつ15分ほど様子を見てみました。

すると、確かにあんなに腹ペコだったのに、甘くもないコップ一杯の液体を飲んだだけとは思えないほど、わりとお腹が落ち着いてきたのです。
そこでお豆腐を半丁とチーズをひとかけ食べると、意外と「わりと我慢できるかも」という程度には食欲が満たされました。
だから今日のヴィシアの昼食は、TIME BON:34kcal、お豆腐半丁:87kcal、6Pチーズ一個:67kcalの、合計わずか188kcalで済んでしまったのです。

おやつは蒟蒻畑とアーモンドチョコを数粒。
夕食はカレーうどんをおいしく食べました。
でもでも、体重は昨日より300グラムも減っているのです
これは昼食のカロリーを抑えたおかげでしょうか、それともクロール1500mの成果でしょうか?
両方の相乗効果だとは思いますが、とにかくダイエットフード体験初日としては、満足できる結果でした

しかし、今後1ヶ月継続するに当たっての一番のネックはやっぱり「味」ですね。
あの味が毎日続くかと思うとユーウツです 
毎日ダンボールは食えん・・・。(^^;
明日は(少々カロリーは増えてしまいますが)何か加えて味を調節してみようと思います。
とりあえずハチミツあたりを試してみましょうかね。

ダイエット進行状況は、時折報告していこうと思いますので、同志の方々、ナイスバディ目指して頑張りましょう
コメント (10)

アメリカンチェリー詰め放題390円!

2005-07-11 00:32:08 | おいしいもの

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。
週末は関東ではあまり天気がよくありませんでしたが、いかがお過ごしでしたか?
ヴィシア家は今日はのんびり自宅で過ごし、午後から買出しに出かけました。

多くの家庭がそうですが、ヴィシア家も主な買い物は週末にクルマで近郊の大型スーパーに行って「がああああぁぁ~~っっ」とカートでかけずり回って済ませ、普段足りなくなったものを近くの中規模スーパーでちょこっと買い足す・・・というスタイルをとっています。
だから日曜日の午後遅くはたいてい買出しです。

オジャマな子供たちは、お菓子コーナーやゲームコーナーに追いやって、ぱぴりおと二人で2台のカートを押し、時には二手に分かれて、「いけぇぇぇ~っ」と駆ける駆ける。
何しろ何かと忙しいヴィシア家です。買い物なんかちんたらやっていられません。
ものの20分か30分くらいで4個の買い物カゴを満載にし、レジで巻物のような長大なレシート(当然金額は5ケタ)をにゅるにゅるにゅる・・・と受け取る時、「ワタクシの週末は終わった・・・」と遠い目になるのです。

さて、今日・日曜日にもヴィシア家に、また買出しの時がやってきました。
ウチの近所には何軒か大型スーパーがあるので、ニーズによって使い分けています。
今日はユニクロで私のTシャツなどを買いたかったので、そのそばにある「サミット」で買出しをすることにしました。

ユニクロで気に入ったTシャツとキャミソールをお安くゲットし、「むふふふ」と満足してサミットへ。
カートにカゴをセットし、まずは果物売り場から・・・と目をやると、陳列ケースの横に10人くらいの人だかりが。
ヴィシアの目が鋭く、彼女らの放つ独特の熱気をとらえました。
「こ、コレは・・・何かすごい特売に違いない

人だかりの隙間から覗いてみると、何と「アメリカンチェリー詰め放題390円」をやっているではありませんか!

ヴィシアは大のチェリー好き。 もちろん家族もみんな大好きです。
でもチェリーって、国産のさくらんぼももちろんですが、アメリカンチェリーも結構高くて、安くても1パック390円くらいするので、なかなかしょっちゅうは買えません。
なのでシーズンに何回かしか食べられず、「ああ、お腹いっぱい食べてみたいなぁ、食べさせてやりたいなぁ・・・」と思うアコガレの果物でした。

そのアメリカンチェリーが、ヴィシアの面前に山積みにされ、人々は争うようにビニール袋に詰め詰めしているではありませんか!
しかも、
「おおっ、この袋、でかいっ
そうなのです。皆が持っている袋は、優に100個以上は入りそうな特大サイズ。
あれに詰め詰めしたら、軽く1500円分くらいにはなりそうです。

こんな千載一遇のチャンスを逃すヴィシアではありません。(笑)
ぱぴりおに「ヴィシア、行きますっ!」とカートを預け、袋を手に人だかりの中へ。
チェリーは大粒で、傷も無く上物です。やったー!
一粒でも多く入れるのだ!
・・・わずか2分後、これ以上はどうがんばっても一粒も入りましぇ~んという状態のパンパンの袋を手に、ヴィシアは満足度100%の笑みを浮かべて、戦列を離れたのでありました。

詰め詰めしている時に、横の方でこそこそと話している店員さんの会話が耳に入ってわかったことですが、どうやらヴィシアも含めて皆が手にしていた袋というのは、チェリーの隣の「キーウィー詰め放題」用の大きい方の袋で、お店側が用意していたチェリー用の袋は、せいぜい2パック分くらいのサイズのものだったのだそうです。
それを(故意かどうかはわかりませんが)、どこかのおばさんが間違えてチェリーに使って大量ゲットしてしまい、後はワレモワレモ・・・となったようです。

店員さんたちは「どーする?」と顔を見合わせていましたが、年長の方の店員さんが
「いいよいいよ、このまま売り切っちゃおうよ、どうせ さばかなきゃいけないんだから
と言い切り、ワタクシたちは晴れて堂々と大袋でゲットできたのでした。やった~!

さて、その戦利品が画像のチェリーです。たくさんあるでしょ~?
お味も新鮮で甘くて最高でした。
子供たちも食べる食べる・・・。
でも、とうとう4人がかりでも食べ切れませんでした。1パック分くらい残ってしまいました。
これは明日の朝ごはんに出そうと思います。

本当に何十年ぶりかでチェリーをお腹いっぱい食べました。
390円で一家4人がシアワセに・・・ありがとうサミット!また行くよ!(笑)

コメント (9)

ランチ・インプレッション:恵比寿「カフェ・ブラッセリー レスパス」

2005-07-10 02:16:21 | おいしいもの

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。
今日は関東は今ひとつの天気でしたが、涼しくて外出には楽でしたね。
ヴィシア&ぱぴりお夫妻も、適度な暖かさに誘われて、お出かけしてきました。

しゅんけいにはお弁当を持って学童保育所に行ってもらい、大人二人は電車で都内は恵比寿へ。
この頃ワインに夢中のぱぴりおのお勉強に、恵比寿ガーデンプレイスにある大きなワインショップ「恵比寿ワインマーケットPARTY」に行ってみることにしました。

恵比寿に着くとお昼近くだったので、まずは腹ごしらえをすることに。
ガーデンプレイスの近くにある「カフェ・ブラッセリー レスパス(Cafe Brasserie L'ESPACE)」
に行ってみました。
ぱぴりおが「livedoor 東京グルメ」で検索して、¥1500くらいでランチが食べられるお店として選びました。
http://gourmet.livedoor.com/item/200/T6462/

お店は天井がとても高くて、窓が大きく採光がいいです。
「カフェ・ブラッセリー」ということで、あまり気取った感じではなく、ビストロよりもカジュアルな雰囲気です。
Tシャツにチノパンのヴィシアでも大丈夫。

メニューはプリフィクスで、お安いものではオードブル+メイン+ドリンクで¥900からだったかな。
私たちはそれに+デザートで¥1500のランチコースを頼みました。

ぱぴりおはオードブルを「つぶ貝と甲イカのソテー ニース風 お米のサラダ添え」にしました。
トップ画像の一品です。
周りの黒いのは冷たいイカ墨ソースです。
このオードブルは美味しかった!
白ワインで軽く蒸してソテーしたつぶ貝の風味が良くて、ワインが欲しくなりました(ミネラルウォーターで我慢したので)。
下に敷いてあるお米のサラダがさっぱりと心地よく、シーフードといい相性です。

ヴィシアはオードブルをスープに替えて、「キャベツのクリームスープ ズワイガニのクネル」。

これもねぇ~、美味しかったんですよ~おほほほ~
キャベツの冷製クリームスープで、とても優しい味です。キャベツの青臭さはなくて、甘味が上手に引き出されています。
浮き実のタラバガニのクネル(肉、魚等をミンチ状にして丸めたもの)がまたいいアクセントに。見た目も、薄いエメラルドグリーンのスープに赤いカニの身がキレイです。

ぱぴりおのメインは「鴨モモ肉のコンフィ マスタードソース」。

鴨の骨付きモモ肉をコンフィ(豚や鳥の脂で低温でじっくり加熱したもの)したものです。
下にはソテーしたポテトを敷き、周りにマイルドな粒マスタードの、少し酸味のあるソースが添えてあります。
この鴨も美味しかったですよー。身がほろほろと柔らかく、外側はじっくり脂がしみていて、ジューシーです。マスタードソースがからむとさっぱりしてくどくなく、結構ボリュームがあるのですがすんなり食べられます。

ヴィシアのメインは「サーモンのソテー マンゴーソース ジャスミンライス添え」。

このサーモンも美味しかったです(こればっかり)。(^^;
キングサーモンなのですが、焼き加減がとても上手で、身はふっくらと柔らかです。
下にはジャスミンライスを敷き、上にイタリアンパセリがたっぷり散らしてあります。
マンゴーソースとのマッチングは、正直言って「味の重いマンゴーじゃなくても、オーソドックスに柑橘系の方がもっといいかもしれない」とは思いましたが、新鮮味があってまぁこれはこれで決して悪くはありません。
下に敷いてあるジャスミンライスがおいしかった!少しクリーミーな、ホワイトソースよりは軽いソースで合えてあり、ほのかにジャスミンの香りがするのですが、ジャスミンとサーモンがこれほど合うとはびっくりです。
結構大きなサーモンだったのですが、一気にぺロリ・・・。

デザートは、ぱぴりおは「紅茶のクレームブリュレ」、私は「桃のシブースト」を頼み、それぞれにミニサイズのジャスミンアイスがついてきました。
デザートは画像がないのですが、デザートについては、料理に比べるとさほどインパクトはなく(ジャスミンアイスは美味しかったですが)、可も無く不可も無く、という印象で、たぶん料理を見ている人とは別のパティシエなんじゃないかな?と思いました。

このお店は、デザートは全て店の真ん中のスペースにバイキングのようにして出してあるため、氷は添えてあるのですがシブーストなどはちょっと「だれた」感じになっており、そのせいもあってマイナスだったのかもしれません。
キッチンの冷蔵庫でしっかり冷やしておいた方が、もっとおいしくいただけるのにな・・・と少々残念でした。

しかし、お料理は「カフェ・ブラッセリー」というカテゴリーにしては値段の割になかなか美味しく本格的で、ボリュームも十分満足できるものでしたので、ヴィシアポイント(笑)としては80点くらい差し上げてもいいんじゃないかと思います。

すっかり満腹になって、ガーデンプレイスの「恵比寿ワインマーケットPARTY」に向かいました。
ここでは写真を撮るのを忘れてしまったのですが、忘れてしまうほどワインがたくさんあって、おつまみやグッズもとても充実しており、ぱぴりおと1時間以上いたでしょうか。(^^;

価格帯はテーブルワインから数千円のものが中心なので、割と買いやすいものが多かったです。
フランス、ドイツ、イタリアのほか、カリフォルニアやオーストラリアなどの「ニュー・ワールド」ワインも豊富にあり、目移りして結局決められませんでした。まぁ、ネットで買ったほうがやっぱり安いですしね。

でもせっかく来たので、ぱぴりおがワインラベルのコレクション用のファイル(そんなものがあるんですね~)、おつまみに干しイチジク、それからポケットサイズの折りたたみ式「わかりやすいワインテイスティング・ガイド」を買いました。
このガイド、手のひらに隠れてしまうくらい小さいのに、広げるとびっしりワインのうんちくが載っていて、フレンチレストランで強~い味方になってくれそうです。

すっかり満足して「楽しかったね~」と帰宅しました。
しかしこのワインショップ、本当にたくさんワインがあったのですが、
「あ、『シャトー・モン・ペラ』がない!」「『シャトー・ディケム』もないよ!」と、
私でも知っているのに置いていないワインがあったりして、改めてワインの奥の深さに恐れ入った次第です
ぱぴりお・・・ワイン道は極めるの、大変そうだよ?
あんまりのめりこまないで、ほどほどにね~。ウチ、ワインだらけになっちゃうよ~。
コメント (8)

面白ネーミング豆腐シリーズ第3弾:「男前豆腐」

2005-07-08 01:30:08 | おいしいもの

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。
ちょっとご無沙汰していました。

いや、別にスイート10のリングをいつまでもトップ画像で見せびらかしていたかったわけではなくて(笑うとこです ^^;)、ぱぴりおが急に胃炎になったりと、いろいろとばたばたしていたので毎日更新の時間が取れなかったのです。
皆さんにいただくコメントだけにはレスしておりました。

しばらく書いていないと、いろいろ面白ネタも貯まります。
こんなつたないブログではありますが、お会いしたこともない皆さんがしっかり読んでくれて、お時間を割いてわざわざコメントまで書いていただける・・・。
皆さんにいただくコメントを読む時、ほんとに嬉しくて楽しくて、ありがたいです。
これからもよろしくお願いいたします。

お読みになっている方、偶然立ち寄られた方で、まだコメントを書かれたことのない方、
どうぞご遠慮なく、何でも書いていってくださいね。
取って食われることはありませんので、ヴィシアは怖くないですよ~。(笑)

さて、今日のお題は、書くぞ書くぞと言っていながら延び延びになっていたあの企画、
「面白ネーミング豆腐シリーズ」第3弾!を行きましょう。
私もホント好きですね~ σ(^◇^;

第3弾はその名もぐっとシンプルに直球勝負、「男前豆腐」です。
画像をごらんください。墨跡も鮮やかに「男」一文字。
いいですねぇ。
こう・・・男が男に惚れる、っていうんですか?
け、健さん!

みたいな←健さん、好きです・・・

「男」の横には「水もしたたるいいトーフ」「その心意気が男前」という、やや意味不明なコピーが。
北海道大豆使用ですか。ふむふむ。
きっと味の濃い、よく締まったマッチョな憎いヤツに違いない

期待感にあふれて、シールを剥がし、ケースをひっくり返して手のひらに豆腐を受けてみると・・・

「どよよんん

意外にも男前豆腐のヤツ、手のひらの上でちょっとあやうくよろけて、
見る間に端のほうがポロリと腰砕けるではありませんか(^^;;
「むむむ
思っていたより軟派なオトコなのかしら。

気を取り直して4等分し、お醤油でシンプルに食べてみると、
おお、これもなかなかイケます。
豆の味がしっかりして、いい感じ。
しかしやはりちょっと、ネーミングから予想していたよりは柔らかめでした。

面白ネーミング豆腐を3種類テイスティング(というほどのものではありませんが ^^;)したわけですが、なかなかどれも頑張っているなという印象を受けました。
オトコ気を前面に打ち出しているだけあって、3つとも大豆の風味を追求して、ビールによく合う味わいに仕上げてあります。
無口なお父さんが日曜日の早めの晩酌に、ビールのお供にする・・・なんてシチュエーションが似合いそうですね。健さ~ん

食べ方としてはシンプルに、冷奴でかつお節とネギなんかで食べるのが一番いい感じですね。
麻婆豆腐などには、いつもの普通のお豆腐で十分かな。
面白ネーミング豆腐、次はどんなものが出てくることやら。
面白ネーミング納豆は現れないのか!?
・・・しばらくお豆腐売り場が、アツイことになりそうですぜ、兄貴ぃ


コメント (8)

ヴィシア、スイート10ダイヤモンドのリングを買ってもらう!!

2005-07-03 00:21:17 | ヴィシアの日常

モンブランご来店の皆様、こんばんは。
今日も暑かったですね~、もう夏バテしそうです(+_+)
でも元気に鼻の穴を膨らませ(笑)、今週も行ってまいりました「スイート10リングツアー」!
今夜はその成果をご報告します。
女性の方々、乞うご期待

先週の立川ツアーで、思うような成果が得られなかったヴィシア&ぱぴりお夫妻。
「これはもう正攻法で行くしかあるまい」と、高級ジュエリーショップが軒を連ねる
銀座への乱入を決意いたしました。

ヴィシアたちは以前千葉県の松戸市に住んでいたので、当時は銀座も比較的近く、よく遊びに行きましたが、東京都西部に引っ越した現在は遠くなってしまい、ぱぴりおは職場がわりとそばなので飲み会などで行きますが、ヴィシアは銀座は実に2年ぶりくらいになります。

しゅんけいを学童保育所に送り出して、心躍らせつつ一路銀座へ。
まずは5丁目でぱぴりおの用事(携帯のトラブルの解決)を済ませ、早めに昼食を取りました。

お店は7丁目の裏通りにあるおそば屋さん「よし田」。
ここはヴィシアが銀座の美容室に通ってカットをしてもらっていた頃、よくお昼に行ったお店です。
何と明治18年に創業!(@_@;
「コロッケそば」という、コロッケ=鶏ひき肉のしんじょのような物を揚げたのを載せたおそばが有名です。
コロッケそばの記事はこちら↓
http://www.tokyo-np.co.jp/shinise/75.html

あいにくデジカメを忘れてしまったので画像はありませんが、ヴィシアは温かいたぬきそばの大盛(食べますね~ 笑)、ぱぴりおは天せいろの大盛を頼みました。
ここのおそばは近年の十割そばブームにもめげず、かたくなにニ八そばを守り続けています。
でもおそばは食べやすくて優しい味で、おだしも実においしくシアワセ(*^^*)
ぱぴりおを連れて行ったのは初めてだったのですが、彼も「おいしいね!」を連発していました。

食事の後はいよいよジュエリーショップ巡りの開始です。
まずは王道「ティファニー本店」。ショップのURLを貼りますね。
http://www.tiffany.co.jp/locations/city_jpn.aspx?storeID=106&LocID=27
有名文房具店・伊東屋の隣に、堂々たる店構えであります。

ちょっと威圧感を覚えますが、そこはそれ「今日は買うんじゃけんねっ!いつもみたいに見るだけじゃないけんねっ!」と鼻の穴を膨らませ(笑)突入。
ぐるりぐるりとカウンターを巡り、結論としては先週立川の伊勢丹のティファニーで見たのと同じ指輪がいいだろうということになりました。
ただ、お値段は¥346500。即決というわけにはいきません。

そこで、銀座三越5階のジュエリーコーナーにある「ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンド」
(ROYAL ASSCHER DIAMOND)に行くことにしました。
ここは、1854年に創立されたオランダのジュエリーブランドで、1907年にエドワード7世の命により、3105カラット()の史上最大のダイヤモンド原石が創立者アッシャー兄弟の手にゆだねられ、「カリナン」と名づけられて英国王室の王冠や王笏を飾る至宝として生まれ変わったことで有名です。
ご参考までにいくつかURLを・・・。↓
http://www.bijoutiere.co.jp/asscher.html
http://www.jw-shimomura.co.jp/br_dia2.html

実は、ヴィシアたちは10年前の結婚の時、ここでプラチナのマリッジリングをあつらえました。
なので思い出のお店なのです。
10年ぶりに行ってみると、これでもかときらめくダイヤたち
そこで実に素敵な、小さなダイヤが10石並んだ、総カラット0.3ctのリングを見つけました。
お値段は¥252000(税込み)。

むむむ(^^;とひとまず撤退し、お茶をしながら煩悶したあげく、ティファニーよりも輝きが大人っぽくて、10年後も末永くつけられそうなアッシャーの方を選びました。
マリッジリングと重ねづけをした時に、やはり同じブランドのせいか実に調和が取れていたのも決め手になりました。

そして、ついについに、エンゲージリング以来10年ぶりにぱぴりおに買ってもらったダイヤのリングがトップ画像のものです!ジャーンむっは~~
(*^ω^*)
素人の撮影なので、本物の素晴らしいきらめきには程遠いのが、返す返すも残念ですが、女性の皆さんならきっとこの輝きを想像していただけると思います。

本当に夢みたいです。
この10年、もちろんわざとではありませんが病気ばっかりしていて、ぱぴりおにもしゅんけいにも迷惑や負担をかけ通しで、決していい妻ではなかったと思います。
なのになのに、こんなに素晴らしい、高価なお品を買ってもらえるなんて・・・。
家でうっとり眺めていたら、ワインの酔いも手伝ってか、何だかじ~んと来て、
「ありがとう、ありがとう」とぱぴりおに言いながら、ちょっぴり嬉し涙が出てしまいました。

これからの10年も、よろしくね、ぱぴりお。
そして20年目には、また指輪を買ってね!
それまでこの指輪、大切に大切に使わせてもらいます。
まずはどこかのワイン会でデビューさせましょうか。
いやぁ~、今夜はいい夜です
ほんと、いろいろ病気もしたけど、生きててよかった~
コメント (13)

ぱぴりお出張みやげシリーズ:博多「ロイヤル」のスイートポテト

2005-07-01 23:06:29 | うれしいお菓子

モンブランご来店の皆様、こんばんは。
しゅんしゅんの風邪は一晩で良くなったようです。
今日は元気に二人揃って学校に行きました。
子供って治るのが早いですよね。先日10日も寝込む羽目になったヴィシアとしては、うらやましいです。(^^;

ぱぴりおも無事に福岡出張を終えて帰ってきました。
恒例のお土産(ありがとう!)は、先日の出張の時にも買ってきてくれて大好評だった、
博多「ロイヤル株式会社」のスイートポテト。
6個入りで¥1050。お財布に優しいお土産です。

実はこの「ロイヤル株式会社」、あのファミレスチェーン「ロイヤルホスト」の経営会社でもあります。
会社のURLを貼っておきますね。
http://www.royal.co.jp/
「ロイヤルホスト」は博多が発祥だったんですね、知りませんでした。

さて、このスイートポテト、1個¥175というリーズナブルな価格ですが、お味はなかなかの実力派。
丁寧に裏ごしされた滑らかな舌触りのスイートポテトに、しっかり風味のあるバターをからめて香ばしく柔らかく焼き上げてあり、紅茶と合わせると実にしみじみおいしいのです。

常々、「ロイヤルホストは価格も高いが、ファミレスの中では一番おいしいのではないか」と思っていたワタクシですが(トロピカルアイスティーなんかとってもおいしいですよね)、このスイートポテトには「うーむ」とやられてしまいました。(^^;

関東のロイヤルホストでこのスイートポテトがゲットできるかどうかはわかりませんが、きっと地方発送もやっているのではないでしょうか。
千葉県に住んでいた時には近くにあったのですが、ヴィシア家の近所には今ロイヤルホストがないので、この頃は(価格も安めの)近くのデニーズに行くことが多いかな。
でもクルマで少し走るとロイヤルホストはありますから、たまには行ってみようかと思います。
あそこの夏のカレーは毎年なかなかおいしいんですよね。

ぱぴりお、本当にいつもお土産ありがとう。
来週も名古屋・京都に行かなければならないそうです。
大変でしょうけど、がんばってね。新幹線で行くそうですから、またビールが飲めますね。
日本全国股にかけ、ぱぴりおの暑い夏はこれから本番を迎えるのでありました・・・。
コメント (6)