Weblog喫茶 モンブラン

10年4000日やってるブログです!

折れてましたー

2014-09-25 21:49:56 | ヴィシアの日常

8月の末に家で、廃棄しようと置いてあったデスクトップPCの本体に思いきり右足薬指をぶつけました。
暗い部屋に黒いPCの箱だったので、全く見えてなかったんです。

誰もいないときのできごとで、一人悶絶しました。
これは折れたかな…と思ったのですが、あと10日で、けいの学校祭。
松葉杖になったりしたら、けいがあんなにがんばった劇を観に行けなくなるかも…と思ったので、病院行きを勧めるぱぴりおを押し切り、そのまま10日後のけいの学校祭と、その1週間後のしゅんの学校祭を観に行きました。

そして先週の土曜日、ケガから3週間以上経って、整形外科を受診しましたら、見事に折れておりました。
先生に叱られちゃいました。

「固定します」と言われたので、約18年前の足の剥離骨折の時のように、石膏で固めたギブスに松葉杖になるかと思ったのですが、熱で柔らかくなる薄い樹脂を指の形に合わせて曲げて、テープで巻くだけでした。
なーんだ。
医療は日々進歩していますねー。

しばらく整形外科通いが続きそうです。
劇を観られたので、後悔はしていませんが、早く治るといいなぁ。



コメント (4)

しゅんけい、最後の学校祭

2014-09-19 20:32:39 | しゅんけいツインズ

しゅんけいがそれぞれ通っている高校の学校祭が、無事に終了しました。
日程が1週間ずれていたので、両方観に行くことができました。

けいが通っている高校は、学校祭にとても力を入れており、毎年たくさんの人が訪れます。
3年生の各クラスが演じる劇は、とてもレベルが高いそうで、けいも中学生の時に劇を観て、この高校に入ると決めたと言っていました。

けいは半年以上前から、小説をもとにしたオリジナルの脚本を何度も書き直し、教室を使った劇場の内装を設計し、端役で出演も、と、まさに学校祭に全てを捧げてがんばってきました。
徹夜も続いて、家庭内で揉めたりもしました。

保護者用の最終公演を、ぱぴりおと一緒に観に行きました。
劇はほんとうに素晴らしかったです。
高校生が演じているとは信じられないほどです。
息子が書いた脚本で泣くとは思いませんでした。(T_T)
最終公演後のカーテンコールでは、キャストもスタッフも挨拶しながら涙、涙…。
けいも泣いていました。

1週間後のしゅんの学校祭も、3年生の各クラスが体育館で劇をやりました。
こちらは8割くらいが女子の高校で、劇も実におおらか。
キャストが登場すると客席から「○○~!」と声がかかります。
劇中にダンスが入ったりして華やかです。
しゅんは、憎まれ役を熱演し、最後の全員でのダンスでは、なんとセンターで踊るシーンもあり、上手だったのでぱぴりおと二人でびっくりしました。

画像は、しゅんが打ち上げでもらってきた花束です。
ちょっとしおれてしまいました。
劇を観ていた保護者の方から「しゅん君は、あの役をやるために生まれてきたのよね~」としみじみ言われたそうです。
話してくれたしゅんは、嬉しそうでした。

しゅんけい、それぞれにがんばった高3の夏。
その成果を見せてもらうことができて、ほんとうによかったと思います。



コメント (4)