Weblog喫茶 モンブラン

10年4000日やってるブログです!

ぱぴりおの手作り燻製

2011-05-08 00:41:47 | 鬼軍曹・ぱぴりお

皆様、連休はいかがお過ごしでしたか?
うちは特に大きな予定はなく、まったりと過ごしていましたが、ぱぴりおが「ちょっとはGWらしいことを」と、燻製を作ってくれました。

上がチーズ、下がアーモンドとカシューナッツの燻製です。
桜のチップでいぶしました。
燻製というと面倒なものと思われるかもしれませんが、ダンボール製の燻製ボックスを使って、チーズとナッツ程度なら、準備に10分、燻製1時間、後片付け5分でできあがり。

このおいしいことといったら、もう市販のスモークチーズは買えませんよ~。
ナッツも実にいい風味になるんです。
ビールが最高においしくいただけます。
ぱぴりお、ありがとう!



コメント (7)

ぱぴりおの忘年会

2010-12-29 02:19:13 | 鬼軍曹・ぱぴりお


















おじさんたちは「いきものがかり」を知らない。
ぱぴりおも実は「いきものがかり」をよく知らない。

ぱぴりお、今年最後の自爆でした(会社でも自爆してるんだ・・・)。
それでは、皆様どうぞよいお年を!



コメント (8)

サーモン

2010-09-28 19:42:05 | 鬼軍曹・ぱぴりお











がんばれ!ぱぴりお!

以前のぱぴりおの誤爆






コメント (8)

誤爆

2010-05-28 20:10:31 | 鬼軍曹・ぱぴりお






















ぱぴりお、誤爆。



コメント (6)

キョロちゃんの鳴き声の真実

2010-03-03 18:26:23 | 鬼軍曹・ぱぴりお

ヴィシア「チョコボールって最近食べてないよねー」

ぱぴりお「食えっ!食えっ!食え!チョコボール~♪、ってね」

ヴィシア「あの『クエッ、クエッ、クエッ!』って、そういう意味もあったんだ!!


「エウレカ!」と叫んで裸で走りたくなりました。
あのCMから20年以上経って初めてわかりましたよ。
ほんとですか、森永の人。



コメント (10)

馬みたい

2010-02-13 13:08:31 | 鬼軍曹・ぱぴりお

ぱぴりおといつも行くスタバのウェルカムボードに、「2/15にさくらスチーマー発売!」と書いてありました。

ぱぴりお、ラテを待ちつつそれを眺めていて一言

「馬の名前みたいだなぁ」

3枠4番 サクラスチーマー

ほんとだね~。



コメント (6)

ぎっくりぱぴりお

2009-12-22 19:53:29 | 鬼軍曹・ぱぴりお

先週の木曜日、風邪で会社を休んだぱぴりお。
翌日金曜日には元気になったので、今日はがんばるぞと朝の身支度をしておりました。

金曜日の服装はカジュアルOKなので、置いてあったトレーナーを取ろうと、ぱぴりおが中腰になった時。

「ずりっ」

と腰の中であやしい違和感が。
ぱぴりお軍曹、3回目のぎっくり腰。

「あ 

と言ったまま、半笑いともつかない微妙な表情で固まるぱぴりお。
そのままどうにも動けず、会社を休みました。

幸い、金・土とひたすら安静にしていたら、コルセットをして動けるようになりました。
月曜日には日帰り人間ドックに行きましたが、バリウムはパス。
台の上であっちこっちバタバタと寝返りを打てないからです(胃のバリウム造影検査をやったことのある方ならわかりますよね?)。

忘れた頃にやってくる、それがぎっくり腰。
コルセット姿も痛々しく、すり足ぎみで歩くぱぴりお、早くよくなってもらいたいものです。



コメント (8)

金のなる木に来たお客

2009-08-12 22:15:56 | 鬼軍曹・ぱぴりお

ぱぴりおが独身時代から育てている、結構大きくなった「金のなる木」に、まだ羽の生えていない子供のカマキリが隠れていました。

ぱぴりおがカメラを向けると、こんなふうに威嚇してきました。
ピンボケになっちゃったのが惜しい。
このあと、カメラに飛びかかってきたそうですよ。

金のなる木にどんどこお金がなってて、カマキリ君がカマで収穫しに来てくれたんだといいですよねぇ・・・。



コメント (7)

ぱぴりおの悪夢

2009-07-23 17:15:13 | 鬼軍曹・ぱぴりお

眠っているぱぴりおの顔を見ると、眉間にしわを寄せて苦悩していることがあるのですが、こういう時はたいてい、体の具合が悪いか、悪夢を見ているかのどちらかです。

寝汗までかいているので、これはよっぽどと思い起こしてみると、

「悪夢を見たんだよ~。ヴィシアが死んでしまう夢・・・。

と話してくれました。


透明なフタのついた箱の中に、白い綿を敷き詰めて、そこに20cmくらいの人形になった私が、横たわって入っているんだとか。

ヴィシア人形は心臓が悪くて、弱っています。
目はつぶったままで口もききません。

ぱぴりおは、その箱をだいじに持ち歩いているんですが、ふと見てみると、中の私が黄色くなっていて、「あっ、死んでしまった、どうしよう・・・!」。
そこで目が覚めたのだそうです。


夢とはいえ、相当ショックだった様子。
私は「ただの夢だから~」と励ましましたが、内心ちょっと、せつなくなりました。

いつまでもぱぴりおに心配かけているんだなぁ。
いかんいかん。
もっと元気になって、変な夢を見なくなるように、安心させてあげないとね。


(画像は、札幌・サンピアザ水族館で撮った、タツノオトシゴです)



コメント (8)

スタバにて

2009-01-10 23:32:55 | 鬼軍曹・ぱぴりお

【休日の午後、スタバにて・・・】


ヴィシア 「今日のキャラメルマキアート、なんだかイマイチだなぁ」

ぱぴりお 「ここより、あっちのスタバの方がおいしいよね」

ヴィシア 「お店によって差があるよね。スタッフの腕が違うんだろうねぇ」

ぱぴりお 「そうだね、バチスタによって」

ヴィシア 「いや、バリスタ。 


ありそうでなかった落とし穴に、きっちりはまってくれてありがとう!ぱぴりお軍曹!



コメント (10)

応援団キティ

2008-12-23 23:56:59 | 鬼軍曹・ぱぴりお

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

じわじわと人脈を広げているぱぴりおが、先日友だちになったサンリオのおじさんから、こんなキティちゃんをもらってきました。
そうです、サンリオで働いているのは、おじさんたちなんですよー。

「必勝請負猫」だそうです。

桜咲かせるぞ!とがんばってる子供たちに、いいかもしれませんね♪

しかし、真っ先にはるか昔の「なめ猫」を思い出してしまった自分です。



キティなんでそこんとこ、夜露死苦。


コメント (15)

鬼軍曹の冷しゃぶ

2008-07-12 23:56:01 | 鬼軍曹・ぱぴりお

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

夏の蒸し暑いのがとりわけ苦手な、札幌出身の私です。
家ではエアコンを入れて過ごしているんですが、体が外の季節の変化についていけない感じですね。

へばっていると、ぱぴりおが夕食を作ってくれました。ありがとう!

夏には嬉しい「冷しゃぶ」でしたが・・・。

その盛り付けを見てびっくり。

大皿に山のように積み上げられた野菜と(少量の)お肉、高さ20cmはあるでしょうか。

何かこう、「男の料理」な感じが全面にあふれるたたずまいであります。

てんこ盛りのご飯を添えて呼ぶと、やってきたしゅんけいは、「山盛りのおかずとめし」で瞬時に大喜びモードに。

品数(と肉)の少なさを豪快な盛りでカバーする、軍曹殿の見事な作戦勝ちであります。

冷しゃぶ、簡単でいいですねぇ~。今度、私も特盛バージョンで作ってみますか。



コメント (3)

恐怖のぱぴりお

2008-07-09 23:34:08 | 鬼軍曹・ぱぴりお

モンブランへご来店の皆様、こ~ん~ば~ん~は~。

風邪をひいて弱っている私の代わりに、お皿を洗ってくれた後、横になって休んでいるぱぴりおです。

変な角度で光が当たって、ものすごい顔になっています。

とても自分の夫とは思えません。

恐怖のぱぴりおです。

具合悪いんですが爆笑しました。

携帯の待ち受けにしようかな・・・。

明日、しゅんしゅんに見せよう。楽しみ~。




コメント (3)

パピリオより

2008-05-11 00:33:52 | 鬼軍曹・ぱぴりお
こんばんは、パピリオです。
いつもヴィシアがお世話になっております。
今夜は、ヴィシアが寝込んでおりますので、代わりにぱぴりおがおとどけいたします。
病弱の家内は今日も寝込んでおります。明日はもう少し元気になると思いますので、よろしくお願いします。
コメント (5)

ぱぴりおの優しい桜

2008-03-30 23:58:46 | 鬼軍曹・ぱぴりお

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。
東京都心では、桜が満開になったそうですね。

昨年春の記事でもご紹介しましたが、うちの前は公園で、リビングから桜が窓いっぱいに見えます。

今日見たところでは、まだ満開まではいっていない様子で、あいにくの小雨模様でしたが、満開よりも花の色がまだみずみずしく、繊細な春らしさを感じさせてくれました。

ほんとうはこの週末に、ちょっと近所にお花見にでも・・・と思っていたのですが、風邪をひいたようで体調を崩してしまい、食欲もなく出かけずに一人、家で寝ていました。(リンクを貼った去年の記事でも、風邪ひいてました。

くさくさして寝ている私をふびんに思ってか、いろいろと用事を済ませに出かけたぱぴりおが、おみやげのケーキと一緒に、前の公園の桜の枝を折って持って帰ってくれました。

桜というのは意外と、ひとつひとつの花をしみじみ眺めることが少ないものですね。

こうして見ると不思議なほどに、花芽からは淡い桜色の花ばかりが出ていて、”がく”の部分は落ち着いた小豆色、そして若い葉芽は柔らかい若草色と、実に日本的な色彩の組み合わせで作られた花だと感心します。

ぱぴりおが枝を小さなコップに挿して、デジイチで写真を撮ってくれました。
時には鬼軍曹と呼ばれながらも(笑)、虫や花を撮るのが好きな心優しいぱぴりおの、桜の写真を記事に添えます。

来週末までもし桜がもっていたら、散り際を愛でに出かけたいですね。
早く風邪を治さないとねぇ・・・。



コメント (8)