RunRunTako

takoの好日日記

内輪揉めしながら四王寺山1周

2021年02月27日 17時57分06秒 | 山遊び
きょうは鍛える練習ではなく、
動きの練習として四王寺山をゆっくり1周+αしてきました。

もうね、たいへんでしたわよ( ̄◆ ̄;)

わたし「きのうがってん承知って言ったじゃん!」
右足「そうだよ、どう動くのが正しいのかがようやく理解できたよ。
でもそうそう思うように動くのは難しいんだよ!
ムリゆうなよ!」
わたし「じゃあ、これまでとあんまり変わんないじゃん!」
右足「オレはちゃんときのう承知した動きをしようとしてんだよ!
でも体幹がもうちょっと正しく動いてくれなくちゃムリだ!」
体幹「少しくらいずれるのは大目に見れないのかよ?!
寸分違わず動くなんて今の段階じゃムリなんだよ!
こんなに硬いのに。
そっちこそちょっとの狂いでビクビクすんな!」

てな内輪揉めが
わたしのからだのなかでおこっててですね(;・∀・)
つまり
練習してる間、うまくいかないことで
こんなふうに神経が高ぶってしまってるんですよね。
わたしは自分の「思い」よりも
無意識が司る右足や体幹などの神経のほうが優位になってしまっていて、
いわば神経に支配されてるような状態なので、
「まあまあ、まあまあ」
て、神経のみなさんをなだめすかして
リラックスさせることに成功できないと
いくら動きを承知できていてもうまく動けないんですよね。
つまり、きのうはリラックスがうまくできてたんですね。
そしてきょうは失敗続きだったということです( ̄◆ ̄;)
それと、まだからだが硬くて、少しでも動きがずれると
それに柔軟に対応してバランスを整えることができないから
少しのずれで緊張が走るんだということにも気が付きました。

要するにまだまだちゃんと動けるようになるのは
先の話だということです(- -;)

しかし、きのうの右足の承知は大きいです。
緊張の度合いが違いました。
動きがうまくいかなくても
「おっと失敗した」くらいに軽く認識できたからだと思います。
これまでは「あーできない!」とそのたびに
少しパニクってしまってましたが、
パニクらなくてすむようになりました。
なのでひどく緊張しなくてすみました。
なので希望は消えてないぞ、と思ってます。

きょうは少し曇りがちの朝でした。
それでも向かいの脊振山は朝日に輝いてました(^^)
焼米ヶ原はまだ工事中でした。
この段階まではここで帰ろうと思ってましたが
もう少し先に行くことにしました。
桜のつぼみはまだまだ小さいなあ。
動きがどうしてもイマイチでもっと練習しようと
遠見所まで来て1周しようと決めました。
ときどき走りの練習もしました。
うまくいったりいかなかったり。
前から気になっていた宇美町にくだる道を進んでみました。
よさげな道ですが
間違って鉄塔の下に出ました。
引き返したらちゃんと分岐の目印がありました。
が、
道がなくなりました。あれ?
それでもシダの茂みを進んでみてたら
2mくらい先の茂みががさがさと盛り上がったかと思ったら
イノシシさんがブヒと飛び出して
脱兎のごとく逃げていきました。
びっくりしたぁ〜( ̄◆ ̄;)

しばらく道を探して進んでみましたが
足元も悪くて危険を感じたので引き返しました。

百間石垣。
ここを駆け上がれるようになるのはいつになるかなあ。
野外音楽堂へののぼりの途中。
正面は若杉山。
鮎返りの滝の上流。
大城山
創造の森

コメント (2)

楽しかったけど悪かった( ̄◆ ̄;)

2021年02月23日 15時21分11秒 | 山遊び
きのうは夕方疲れてしまって
仕事を途中でやめてしまいました。
で、きょうを休日にするのを諦めて
仕事することにしました(;・ω・)
でも、半日くらいの作業量なので
朝はゆっくりして
午前中を練習にあてることにしました。

で、四王寺山へ行きました。
まずは国分の天満神社へお参り。
写真は国分寺前の灯籠です。

国分寺から見た四王寺山。
太宰府文化ふれあい館の裏をまわって坂本へ。

梅が見頃(^^)。奥は坂本八幡。
春の森も梅が満開です。
久々にこの時間帯に岩屋城址に来ました。

知り合いがいてひとしきり話してから
先に向かいました。
宝満山
朝日があたって気持ちのいい創造の森。
来週くらい行きたいなあ。三郡山系。
ちょっとお久の毘沙門堂。
朝日を浴びる大城山。
折り返してもみじ谷をおりました。
センターにおりて庭園を愛でながらコーヒータイム。
猫坂礎石群のほうへ行きました。
気持ちのいい道で少し走る練習をしました。


礎石群。

増長天にもどり岩屋城址脇の正面道を下りてたら
ラン友3人がのぼってきました。
数年ぶりのラン友も(^^)
また岩屋城址までのぼってひとしきり話して
ついていきたかったですが仕事せねばならないので( ̄~ ̄;)
ぐっとがまんして別れました。

きょうは知り合いにたくさん会えて
楽しかったです(^^)
でも、
動きが悪かったです( ̄◆ ̄;)
かなり回復してきたと思っていたんですが。

でも、確かな回復も確認できます。
それはジストニアによる強い硬直は克服できたことです。
もう、あの恐ろしい硬直に見舞われることはないと思います。
それと、坐骨痛が消えました。
内転はまだしてしまいます。
でも、正しく動かせる方法がわかってきたので
かなりコントロールできるようになりました。
ただ、むずかしくてうまくいかないことも多々。
もうこれ以上はだめなのかなとたびたび思ってしまうんですが
治ると信じて練習しようと思います。

わたしのジストニアは、
運動神経系に影響が出るうつ病の一種と
解釈できるんじゃないかなと考えてます。
そんな感じがします。
うつ病とは神経伝達物質の異常なので
その神経が思考にかかわるものの場合がうつ病で
運動神経系の場合がジストニアなんじゃないかと思うわけです。
えんぴつがころがっただけでこの世の終わりみたいに泣いてしまうのがうつ病で
動きが自分のイメージとずれたことでパニックをおこして硬直やコントロール不能の内転などのへんな動きをするのがジストニア。
ジストニアは病気じゃないと言う人もいます。
うつ病に対しても「単なる気の持ちようなんじゃないの」とか
言われることがあります。
しかし、この異常さはまぎれもなく病気です。
普通、骨が折れそうになるくらい硬直したり
コントロールできない動きが出現したりしないでしょう。

難解で一筋縄には回復していかないんだけど
でも徐々に徐々に気が付かないくらいののらりくらり感で
治っていくんじゃないかなあ。

とはいえ、すでに長すぎだ(;・ω・)
ああ、いつになったらまともに動けるようになるんだろう。
もう治ってくれてもいいんじゃないかな。
いい加減に開放されたいもんだ。
コメント (2)

やっぱり山歩きはいい(  ̄▽ ̄)

2021年02月07日 16時18分53秒 | 山遊び
きのう、外に出ないとダメだ!と思ったので
きょうはゼッタイ出かけようと思ってたのに、
昨夜はテレビとゲラ読みでちょっと夜ふかししてしまい、
起きるのが遅くなりました。
でも、山に行くつもりだったので、
どーせ夜明けは遅いし、まーいいでしょうと
家を出たのは7時ちょっと前でした。

すでに明るくなってきてて
坂本八幡そばの梅も愛でることができました(^^)


政庁跡
めずらしく明るい時間の観世音寺
国宝の梵鐘はまだ戻ってきてませんでした。
観世音寺の僧坊の礎石
戒壇院
きょうは秋の森の途中にある分岐を進んでみました。
鎌倉時代の武将である武藤資頼とその息子資能の墓がありました。
(全然知らない偉人です(^^;))
この向かい側に階段があったので登ってみたら
ゲートボール場のある公園になってました。
ここで少し走る練習をしました。
その後、森の中に道があったのでウロウロと探検してみましたが
どこもお墓につながっていて
お墓巡りのようになっちゃいました。
このあたりの森は神聖なところのようなので
そそくさと降りました。
きょうの岩屋城址
街に霞がかかってて幻想的でした。
宝満山は雨かなあ?

焼米ヶ原に行くと走友がいて
山のイベントにこれから参加するとのことでした。
ついていこうかなと思ったけど
朝ごはんを食べずに来たのでお腹が空きすぎると思い
やめときました。
参加費払ってないし(;・∀・)

遠見所からの眺め
きょうは霞んでて立花連峰はぜんぜん見えませんでした。

遠見所を過ぎて分岐を左に折れて
村上礎石群に行き、集落を通って県民の森センターに行きました。


村上礎石群
高床式の穀物の貯蔵庫(?)が建っていたところだそうです。
やっぱり、これもありました(^^;)
センターの休憩所で庭園を愛でながら
コーヒータイム(^^)
もみじ谷への森はいっぱい伐採されてて
スカスカです。
というか、四王寺山全体にあちこち伐採されて
スカスカになってるようです。
もみじ谷の石畳の道
この林道は走りやすそうです。
走れるようになったら、ここでバリバリ練習してやるから
待ってろよ!(  ̄▽ ̄)/
なかなか距離のある林道を進んで
ようやく毘沙門さんの脇に出ました。
2連チャンの毘沙門さん
きょうの大城山
創造の森
むこうに三郡山系が見えるはずですが霞んで見えません。

創造の森で、さっきの走友とイベントのみなさんが
休んでるところに会いました。
おかげで人とたくさん話せてうれしかったです(^^)

帰りは正面道をくだりましたが、
次から次に登山者が来ました。
コロナ禍ですが、こうして山に行くのは
いいんじゃないかな。
山で人に会うのは好きです(^^)

くだって政庁跡横を通って帰りましたが
ぽかぽか陽気に誘われてピクニックをしている家族連れが
何組かいました。
いいですね〜。
人が楽しそうにしてるのって
和みますよね(^^)

スーパーに寄って買い物して帰りました。


dヘルスのほうは17km超えてますが、
YAMAPの距離のほうが近いと思います。

なかなかいい動きができなかったけど
きのうよりはちょっとマシかなあ。

やっぱり山歩きはいいです。
天気もよかったし空気は気持ちいいし、
あと、走友と久々に話せたし、
気持ちが癒やされました(^^)
コメント (3)

四王寺山リベンジ

2020年12月13日 14時00分09秒 | 山遊び
きのうは内転傾向が強く出て
なんつうか悔しいというか残念というか。
「ちくしょー!きのうはマズったが、
きょうはうまくやってやるから見てろよ!」
(だから、だれに言ってるんだか(;・∀・)
みたいな気分で、
きょうも四王寺山に行ってきました。
まあ、きのうのリベンジといったところかな(^^;)

6時45分ごろに家を出ました。
もう少し明るくなってました。
坂本八幡裏から。
今朝は冷え込みました。

大宰府政庁跡裏を通って市民の森の秋の森へ。
きょうは1kmくらいでだいぶいい感じで
動けるようになってきました。
秋の森を歩かずえっちらおっちら走りました。
のぼりもいい感じで動けました。
曇り加減でしたがきれいな朝焼けを見れました。
岩屋城址でコーヒータイム。
いい感じで走って焼米ヶ原へ。
筑後方面。外界は少し霧がかかってました。
ゆっくりの動きでぶらぶらと走って周回路へ。

ハグしたヒノキさん(きのうのヒノキの横)
遠見所。
急傾斜はへっぴり腰でよちよちくだり、
段差もコケないように歩きましたが、
あとは走り続けました。
が!気持ちのいい平坦路で調子よく走ってたら
根っこにつまづいて、
華麗にヘッドスライディングしてしまいました( ̄◆ ̄;)
現場です。
ああ、上手にコケた。
落ち葉と土に助けられノーダメージでした( ̄▽ ̄;)
こんなコケ方ならなんぼでもいいわ(うそ)

気を取り直して、ペースを緩め、
ゆったり走りだしました。
鮎返りの滝の渓流。
ここは公園になってるんですが、
トイレもなく、利用する人もいません。
この公園にカフェがあったらうれしいのになあ〜。

百間石垣下の渓流。
きょうはいつもの木段ではなく、
脇の坂からのぼりました。
ここもほぼ駆け上がりました。
でも、先のロープ場からは、
へたばってへろへろのぼりました。
のぼりきったところにある野外音楽堂の脇にあった木。
ネコヤナギ?
野外音楽堂からののぼりは屯水経由で行きました。
このあたりの雰囲気が好きです(^^)

毘沙門堂、大城山、広目天、けいさしの井戸、創造の森を経て、
そして、坂本ルートでくだりました。

んで、いい調子でかけ下ってたら、
またも木の根につまずき、
たたらを数歩ふんで、コケそうになるのを上体を持ち上げて
目の前の木に抱きついて止まりました。
現場です。
この先ガケです。
木よ、ありがとう!
13km。
きのうよりも10分以上早く帰り着きました。
きょうは90%以上いい感じで動けました。
きのうのリベンジが叶いました(  ̄▽ ̄)

きのうときょうの違いが出た原因として思い当たるのは、
朝のストレッチです。
きのうはかなり入念にしていました。
それがやりすぎとなって、かえってからだを硬くして
動かしにくくしていたのではないかと思います。
よくストレッチもやりすぎるとかえって逆効果だと聞きます。
このことは、前からわかっているのに、
ついつい伸ばしすぎてしまいます。
ストレッチは伸ばすのではなくほぐすようにするものなのに、
ぐいぐい伸ばすとなんだか効いてる気がしてしまうんですよね。
気をつけないと。

あと、きょうは、ラリってもどうでもいいから、
これでいいから動いちゃえ!という気持ちで動きました。
まあ、そのせいで、うまく足があがってなくて
2回もけつまづいたとも言えますが、
なんつうか、からだの自由感が良かった気がします。

あ、ご心配されるかたもいると思うので、
念の為につけくわえておきますが、
幅が狭かったり、足元が悪かったり、ガケのすぐ脇のところでは、
コケたときがあぶないので歩いてます。
きょうけつまずいた現場は、
道幅が2m以上ある緩やかな路面のところです。
下山中にけつまずいたときは、
たたらを踏む間にどう止まるか考える余裕があったので
一番安全な、木に抱きつくという方法をとりました。

気持ちとしては「もう治ってるんだ」くらいに
思っていようかなと考えてます。
そうすることで、気持ちがリラックスできて、
からだもリラックスして動ける部分が
大きくなるんじゃないかなと思ってます。
コメント (2)

納得できているか

2020年12月12日 13時53分23秒 | 山遊び
水曜日、木曜日と連チャンで10km走ったのですが、
キロ10分を超えるようなチョースロージョグとはいえ、
途中で山ものぼってるし、
10kmって多すぎないか?と思い、
きのうは休足にしました。
んで、リハビリに行ってきました。

で、きょうは久しぶりに四王寺山を1周してきました。
大宰府政庁跡
きょうの岩屋城址
曇ってて暗いです。
遠見所の表示版が新しくなってました。
草刈りもされててすっきりしてます。
うっすら立花山系が見えます。
途中で冬いちごをむしゃむしゃ(^^)
ハグしたヒノキさん(^^)
走りやすい周回路
でも、きょうは内転の度合いが強くて
走りにくかったです。
でも、いいのいいの!と思ってかまわず走るようにしました。



百間石垣からののぼりの途中から見る若杉山
百間石垣からののぼりの途中から見る砥石山

創造の森から見る三郡山系
きょうは久々に坂本ルートをくだりました。
この途中にある鉄塔の場所は、
なぜかホッとするポイントです。
山から出たところにある溜池で獲物を狙ってるサギ
天満神社から見た四王寺山

YAMAPで計測しました。
12.3kmでした。
走りでは内転傾向が出ましたが
歩きはかなりいい感じで、
いい気分でお散歩できました(  ̄▽ ̄)
ということは、走るときの旋回のキレとか
そのへんに問題がありそうです。

きのう、理学療法士さんに
ジストニアのことを話したんですが、
ネットで調べてたらそうだと思える症状に出くわすことはあるけど、
病院で診断受けないことには確かとは言えませんと言われました。
そりゃそうだ。ごもっとも。わかってますとも。

ジストニアなのかどうかというのは
ほんとはどうでもいいのです。
だいじなのは、治す方向に進めるのかどうかです。

十数年、ずいぶんと病院やら治療院にかかったのに
どこも治せないから、いまこうなってるわけです。

この状態はいったいどういうことか、
それとどうしたら治せるのかをこの十数年の間に
ものすごく調べました。
で、自分のような症状のある怪我や病気にはどういうものがあるのかや
神経や筋肉や骨格などのからだのしくみや
治療法などをたくさん知りました。
そのうえで、ネットで調べた治し方とかで治しているんじゃなく、
自分で観察し、考えて、試行錯誤して、
さらにこれまでにかかった多くの病院や治療の先生やトレーナーさんから教わった
知恵や技術などを参考にしながら、
治る方向に向かうようにしています。
たしかに素人考えでやってるし、
実際、このやりかたじゃよくないなと思うことも多いですが、
病院や治療院に行かないと治らないというものではない
と考えています。
逆に、行けば治るわけではないということは
この十数年の経験からわかってます。
これまで通った治療院にはどこも、
今度こそ治るかもとの期待をもって通ってたんです。
なのに、治りませんでした。
ずっと通い続けたけど治らなくて、
保険が切れる期日で治療打ち切りになったところもあったし、
治療費が高くて続けられないところもありました。
だからいまは自分で回復を目指しています。

故障を抱えたまま走っている人たちには
こうして治療を諦めた人は多いんじゃないかなと思います。

だいじなのは、本人がいまやっていることに
納得できているかじゃないかと思います。
診断や治療に納得いかない、ぜんぜん改善しない、
というよりも、自分で考えてやったほうがいいと考えてます。
まあ、死ぬわけじゃなし、
所詮ランニングは遊びですから、
わたしの場合は、歩くのもままならないので
生活に支障をきたすレベルなんですが、
これでいいと思ってます。
多少ラリったままでももういいっか〜
なんて思うようになってきました。
それでコケたりどこか故障しないのであれば、
自分の走りはこういうもんだと思って走ればいいんじゃないかな、
なんて思います。
んで、そのうち気がついたら治ってた!
となるかもしれない。

きょう、内転傾向が強く出たんですが、
かまわず走るようにしたら、
少し体幹部の動きが良くなった気がしました。
「へんになるかも」という不安が
動きを悪くしてるという部分があるんだと思います。
気持ちの問題が全てではないようですが、
内転してもかまわない、これでいいんだ、
こういうもんなんだと思うことが
改善につながる部分があるのかもしれません。
コメント (2)

四王寺山ウロウロ連チャン

2020年11月29日 19時33分03秒 | 山遊び
きょうも四王寺山。
なんとなく遠くに行く気になれず(´・ω・`)











きょうも歩きの練習にしました。
ウロウロと13km。
状態はきのうとほぼ変わらずの感じ。
特にステップアップはありませんでした。

でも、からだの動きの状態が、
ここが動いてないとかここが緊張してるとか
以前よりもわかるようになったし、
うまくできなくてもその理由がわかって
いまはできなくても大丈夫なんだと思うようになりました。
まだまだ内転もすることがあるんですが、
3月の東京での歩きに比べればずいぶんマシになったと思えるので
めげずにがんばれています。
あしたからの平日は走る練習をしようと思います。
コメント (2)

お久しぶりの四王寺山ウロウロ

2020年11月28日 15時20分02秒 | 山遊び
きのうは朝起きたくなくて(;・∀・)朝練なし。
仕事のほうは順調にこなせて
週末はしっかり休めることになりました。

さあ、どうしよう!
どうしてくれよう、この休み!
と、あれこれ遊びのプランを考えましたが、
天気予報によるとけっこう風があるようで
これは寒そうだと一気にテンションが下がり、
しかも滅多に作らないカレーを7年ぶりくらいに作ったら、
お腹を壊してしまいました。
どうも辛いものを食べるとお腹を壊してしまうようです( ̄◆ ̄;)

そんなわけで、今朝はお腹は治ってましたが
体調にもイマイチ不安があるので
ロングはやめて近場で済ますことにしました。
きょうは少し厚着をして、歩きの練習をすることにしました。
お久しぶりの岩屋城址。
曇りがちでしたが、気持ちのいい朝焼けを見ることができました(^^)

四王寺山をウロウロしました。
高橋紹運墓
33ヶ所札所があるんですが、この道ははじめて通って
この仏様もはじめて見ました。
子どものくにの広場からセンターに行くところで
イノシシさんがダダダーと逃げていきました。
四王寺山に来てイノシシさんに遭わないほうが
少ないような・・・(;・∀・)

センターで缶コーヒー飲んでしばしまったりして
もみじ谷へ。
もうもみじは店じまい間近でした。
大城林道におりて
毘沙門方面にのぼりました。
この道が前回来て気に入ったので(^^)
こんな走れる林道がたくさん通ってます。
坂フェチにはたまらないところ(^^)
気持ちいい〜(^^)

毘沙門堂にお参りし、
横の大城山に登頂し、
創造の森で三郡山系を愛でて
下山しました。
きょうの坂本八幡。
観光客が少し来てました。

距離は11.6kmでした。

さて、あしたはどうしようかな?
寒くなってきたので防寒対策して行かないと
いけなくなってきました。
装備に悩みます。

ところできょうは、
ちょっとステップアップできましたヽ( ̄▽ ̄)ノ
いままでできなかったことができるようになりました。
なにがどうできたのかは、うまく説明できないし、
説明しだすと長くなりそうだし、
説明できても多分よくわからないと思うので
説明は省きますが、とにかく、
体の状態がちょっと改善して、
いままではなんとかかんとか
やっとこさできていたことが、
ちょっと気をつけてやればできる、
というふうにステップアップしました。
できる割合をだんだんに増やしていけるように
がんばりたいと思います (  ̄^ ̄)ゞ

★カレンダーのご予約受付しています。
Shopへ
コメント (2)

宝満山のんびりしゃきしゃき登山

2020年11月23日 18時36分47秒 | 山遊び
きのうの朝練は5時すぎからご近所ウロウロジョグ8km。
御笠川の遊歩道をぐるっと回って
都府楼跡の水飲み場で給水して、
観光道路を通って
あのコケた現場の観世音寺でトイレに行って
そこから歴史の散策路経由で都府楼跡〜坂本八幡〜
国分の住宅街を抜けて国分寺へ、
天満神社でお参りして帰るというコース。
定番化しつつあるなあ。
観世音寺からの夜明け
坂本八幡裏から見る四王寺山

帰宅後、そそくさと仕事をして
週明け水曜日の仕事を仕上げました。

そしてきょうは、天気はいいとの予報なので、
またマラニックに行こうかな〜と思ったけど、
家でまったりの休日も捨てがたく、
近場でいいか、と宝満山に行くことにしました。

6時ちょうどにスタート。
観世音寺裏
宝満山
太宰府天満宮
きょうは境内を抜けて
九州国立博物館横の坂をのぼって行きました。

途中、もはやクセになってる観世音寺のトイレに寄り、
太宰府駅前のコンビニで食料を買い込みつつ
最短コースで走って竈門神社まで。
約6km、7時09分到着。
太宰府天満宮の境内では歩きで、
あとは全部走りました。
35号線の信号から竈門神社までの坂は
よちよちながらヒーヒーでした(;・∀・)
でも歩かず走りきれたのでよしとしましょう(  ̄▽ ̄)/
竈門神社の紅葉

で、ここですっかりやりきった感が(;・∀・)

でも、今日の計画を思いついたとき、
いまは体力がないから登山はできないかもしれないと思ってたけど、
案外いけそうだったので、
トイレ休憩してからのぼりました。
登山口



ゆっくりのペースでのぼったら、
休憩も必要なく、1時間10分でのぼれました(  ̄▽ ̄)
百段雁木をのぼりきったあとにも
休まず行けたのは数年ぶりじゃないかなあ。
70分と遅いけど、それより遅くても
いつも休憩が必要だったのに。
のんびりながらも
休まずしゃきしゃきのぼれました(^^)


曇天でしたが気持ちよかったです(  ̄▽ ̄)

んで、くだりはあいかわらずのへっぴり腰で
1時間20分くらいかかりました(;・∀・)

百段雁木を上から見た所。

林道の終点と登山道がまじわるところでうラン仲間に会いました。
なんと林道をここまで自転車でのぼってきてました。
数年ぶりに会えたのでうれしかったです(^^)

この時間には、「鬼滅の刃」ブームで
竈門神社は人がたくさんで、
道も駐車場待ちの車が並んでました。

帰りは歩いて帰りました。
途中、観世音寺の宝殿を見学しました。
パンフレット

ちょー久しぶりに歴史的な造形物を見ました。
圧巻で感動しました。
近くなのに入館料をケチって来たことがなかったんです。
入ってよかったです(^^)

きょうの活動距離は約18kmでした。
帰ってからは、きのう仕事も終えたことだし、
ぐだぐだと過ごしてます(^^)
コメント (2)

1年ぶりの三郡縦走

2020年10月25日 20時24分32秒 | 山遊び
去年の10月7日以来の三郡縦走に行ってきましたぁー!!
わーいわーいヽ(・∀・)ノ

当初は宝満山登山のつもりでした。
しかも竈門神社まではバスで行き、
様子を見ながらムリならそこで下山しようくらいのつもりで行きました。
体力も山の感覚も心肺機能も自信がなかったので、
とにかくムリしないように気をつけて
行けるところまででいいからと行ってきました。



やっぱりきつい( ̄◆ ̄;)

ゆっくりゆっくり動きを試行錯誤しながら
のぼりでは休憩を4箇所ほどでとって
1時間13分で登頂しました。

まだ9時前。
う〜ん。
ゆっくり行けば行けるんじゃないか?
という思いが湧いてきて縦走することに。
キャンプ場でトイレを済ませて9時すぎに
縦走路へと進んでいきました。

少し紅葉してました。
久しぶりの三郡山
古処山〜中津江〜九重方向
筑豊方向
めっちゃいい天気(  ̄▽ ̄)
前砥石山からの眺望
三郡縦走をし始めたころは宝満山とかが見えたんですが。
砥石山
鬼岩谷山



ショウケ越の橋(いまは崩落の危険があるため通行禁止)

来ました、若杉が鼻!!
やっと来れました〜ヽ(・∀・)ノ
うれしくてウルウルしました。
ここに来れるようになるまでのことを思うと
とても感慨深いです。
しかも、すごくいい天気で。
若杉山への最後の急登
木の間からちょこんと三郡山の頂上が見えてます。

宝満山キャンプ場から3時間56分でした。
以前よりも1時間も遅いですが
いいのいいのきょうのところは
これでバッチリです(  ̄▽ ̄)
ゆっくりゆっくり慎重に進んだおかげで
動きが改善できて疲れもひどくなく終えることができました。

若杉山の駐車場の売店でうどんをいただきました(^^)
おいしいんですよね〜、ここの。


で、きょうも切り株さんに会いました。
草木に覆われて幸せな第二の人生を送ってるようです(^^)

ああ、うれしかったです。
三郡縦走をコンプリートできて。
しかも動きをあれこれ試行錯誤して
回復させることができました。
また戻るかもしれませんが、
きょう回復させられたというだけでも
よかったと思います。

けがのほうは、じつは昨日の夜あたりから
だいぶ痛みが弱まってきていて
それで宝満山に行けるんじゃないかと思ったんです。
きょうの山遊びで悪化はナシです。
今週受診したら三角巾解禁になるかも(^^)
コメント (3)

1ヶ月ぶりの山遊び

2020年10月24日 16時13分17秒 | 山遊び
きょうは9月21日以来
久々に山にのぼってきました〜ヽ(・∀・)ノ

まだ左腕の痛みが酷くまともに動かせず
ロープにつかまったり崖をよじのぼるというのができないので
そこまでの難路はない四王寺山周回路を行くことにしました。

と、準備段階ですでに難関が・・・
スパッツを引き上げるのがめっちゃ難しい( ̄◆ ̄;)
シャツを短パンにイントゥーするのが難しい( ̄◆ ̄;)
怪我してからはゴムのゆるめのズボンを履き
シャツは入れずに着ていたんです。
ほかにも、
リュックを担ぐのにいつも右側から腕を通していたんですが
それだと左を通すのが難儀になって
いたたいたた・・・となってしまいます。
左腕は500mlのペットボトルの重さに耐えられないので
右手で扱わないといけない・・・などなど。
あと、ふとんはなんとかたためるけど
押入れに入れられないので出しっ放し(- -;)

と、そんな数々の障壁を乗り越えて
6時20分に家を出ました。
ちなみに三角巾はせずに左腕を脇につけて
動かさないようにして行きました。

動きはイマイチ。
怪我をしてから腕を思うように動かせないし
体を腕で支えられないので
いろいろとできないストレッチが多くて
ついついストレッチがたらなくなってしまっていたからじゃないかと思います。

体幹部をほぐすようにしてゆったりとふらりふらりと
走ったり歩いたりして進みました。
後半になって体が動くようになってきたら
少し気持ちよく歩いたり走ったりできました。
今朝の岩屋城址(久々(^^))
神の啓示を受ける筑後地方(という感じ)
焼米ヶ原とその先に見える九千部山

少し先の水瓶山への分岐のところで茂みの中にイノシシさんの気配が。
またか〜。
やっぱりいるのね〜と思いながら前方を見ると
登山道を横切ってるイノシシさんが。
「いる」というより「多い」( ̄◆ ̄;)
その先でも茂みでガサガサしてたので
「はっ!!!」と声を出したり手を叩いたりしながら
慎重に進みました。
百間石垣の木段

百間石垣の先のロープ場。
右手だけロープにつかまって登ることができました。
鮎返りの滝。イヌビワが黄色くなってました。
モミジはまだ緑。
野外音楽堂から見た三郡山
西側の展望台から見た脊振山系
創造の森から見た三郡山系
きょうも誰かが縦走してるんだろうなあと思って見ました。
行きたいなあ。
でもまだこの腕じゃ危ないか。
きょうは大石垣ルートをくだりました。

あ〜、おもしろかった〜。
きょうは景色がくっきり見えて涼しくて気持ちよかったです。
やっぱり山練習したいけど、
イノシシ多すぎ( ̄◆ ̄;)

普通に歩ければロードでも楽しいんだけど
こんな動きだとまだまだ辛い。
かといって山は早朝はイノシシ天国だし。
あしたは少し長めの練習をしたいけど
どうしようかなあ。
コメント (2)