RunRunTako

Takoのてくてくランブログ

長崎街道/彼杵〜松原

2017年05月15日 16時20分09秒 | マラニック
長崎街道の後編です。

高速の高架をくぐって約2キロで彼杵の町です。

いやあ、人も車もいっぱいです( ̄▽ ̄)
現代に戻ってきたみたいな気分になりました。

彼杵ではなにかのお祭りがあっていて
すごい人出でした。
町をぬけると彼杵川を渡ります。

あの山を越えてきたんです。

ああ、海だ。感慨深いなあ( ̄▽ ̄)


空が青いぜ( ̄▽ ̄)

ここから大村湾に沿って34号線を右に左にとまとわりつくように
はげしいアップダウンの街道を進みます。

彼杵集落を振り返ります。


大村湾

このあと山側へ入り、軽くアップダウンの旧道を歩き
34号をまたぎます。


千綿宿の入口


千綿宿の家並


千綿を抜け34号線へ。


ここからまたアップダウン。




街道から線路と国道を見下ろします。


また国道に下りて海側にわたります。


千綿駅が見えてきました。


千綿駅。海のすぐきわにホームがあります。

ここからめっちゃのぼります( ̄Д ̄;





景色はすばらしい!


平原の一里塚アマガエル付き(^m^)


また国道におります。

で、すぐのぼるはずなんですが、道を見過ごしました。
ていうか、道あったか?と振り返ると
1メートルくらいの幅のコンクリートの急なこう配があります。
これ道?と思いつつのぼると、

道でした。
しかもここはすごく気持ちのいい道でした。





眼下に大村湾と国道を見ながら
あまりの気持ちよさに少しだけ走りました。

くだっていくと川があり橋がかかってます。
でもその先にはまたもや柵が・・・
もうそれはいいです(- -;)と国道への道に引き返しました。
国道に下りる手前の見晴らしのいいところで
景色を見ながら少し休憩しました。
旅ももうすぐおわりです。


国道におりて少し行くと松原宿の入口です。












この日最後の一里塚


つぎはこの先を目指します。


今回の終点松原駅です。


大村線

17:34到着。9時間50分。
38.4kmでした。








グーグルの地図に載ってない道をずいぶん行きました。
グーグルの役立たず(`◇´*)と何回も思いました。
ここに航空写真で表示したのは、地図だと道がなく、
たどった道を書き込めなかったからです。
次からは国土地理院の地図で調べて行こうと思います。

小倉から松原まで来ましたが、
今回のコースがいちばんおもしろかったです。
坂道がすばらしい(><)
俵坂はすごかった!
でも、海沿いに出たあともすごかった!
長崎の人はどんだけ健脚なんだと思ったものですよ。
景色も最高でした。
峠から宿場町が見えたときの喜び。
大村湾が見えたときの感慨。
ああ、旅とはこういうものなんだなあと思いました。

でも、これまででいちばんこわいコースでもありました。
駅についてホームでぼーっとしながら
ああ無事でよかったと思いました。
単独で行くべきじゃないなと思いました。
山の中の道は、あまり人が行かないようです。
草ぼーぼーのところも、ほとんど人は通らないんでしょう。
そうやっていつか道じゃなくなっていくのかなあ。
街道の表示はありましたが、
それは「行け」という意味ではなく、
行きたければこちらですよという案内ですから、
行くのは自己責任ですもんね。
自己責任ということを今回噛み締めました。
そうまでして街道を行く意味はなんなのか?とか。

とにかく、つぎは同行者を募って行きたいと思います。
そうすれば、そんなに危険ではないと思うので。
次の大村、諫早への道も峠越えがありますから。

今回はいろいろありました。
いろいろあったけど、やっぱり街道巡りは
おもしろい!

つぎやるときはお誘いしますので
みなさん、よろしくです(^^)/

あ、そういえば、アキレス腱はなぜかすこし治ってきました。
もうすぐ走れるようになるかもです( ̄▽ ̄)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

長崎街道/武雄〜俵坂越え

2017年05月15日 14時17分13秒 | マラニック
きのうは予定通り、
長崎街道の武雄〜松原の区間を歩いてきました。

写真をたくさんアップしますので
全編後編にわけて報告したいと思います。

ではまず武雄〜俵坂越えまで。

5時過ぎに家を出て
つばめの始発に乗り、肥前山口で乗り換えて武雄温泉駅に行きました。

鳥栖駅で七つ星に遭遇。
なんだかきょうはついていそう( ̄▽ ̄)

7:44武雄温泉駅をスタート。

武雄(旧柄崎(つかざき))宿の街並。


ご存知、楼門。

温泉街をつっきるかたちで街道が通ってます。

温泉街を過ぎたら田舎の集落へと変化して行きます。
会う人みなさんと気持ちのいい挨拶をかわしながら進みました。


あらら、線路で通せんぼ。
もどって踏切を通り、線路の先の街道へまわりました。


のどかな道。

国道34号線を横切り石橋をわたったら

1発目の峠越えの道です。


このダムの真ん中に旧道が沈んでます。


少しのぼったところから武雄の町が見下ろせました。
ばいば〜い( ̄▽ ̄)/

えっちらおっちらのぼり、ピークをすぎてくだりだしたら

長崎街道の表示が。
え?地図にはないけど。
行けるのかなあ?とちょっと不安になりながらも
行ってみることにしました。


整備はされてるけど、ほとんど人が来ないらしく、
地面はふかふか、というよりもずぼずぼハマりそうなくらい柔らかい。
だいじょうぶか、わたし?
いきなりひとりで来たことを後悔しだしました。
が、そう長い区間ではなく、

渕の尾峠の表示が。ここがピークかな?
それに先が明るくなってきました。

明るいところに出て、来た道を振り返りました。

明るいところは分岐でした。
突き当たってのぼりとくだりに分かれてます。
ここはくだりでしょう、たぶん。
なんせ、地図にない道なので、勘でいくしかありません。


くだりの先は草ぼーぼー( ̄◆ ̄;)
行けるのか?
地面が見えないので
マムシとかに気をつけながら
慎重に一歩一歩進みました。

なんとか進んでるうちに先が明るくなりました。
あ、出られる!と思ったら

柵が!
出られないの?
イノシシよけの柵です。
看板を見ると「開けたら閉めてね」とあるので
開けていいらしいです。
ああ、よかった〜。
このときは、
アスファルトの道がうれしく思えました(^^;)

しかし、出てきたところがどのへんだかよくわかりません。
長崎街道と書いた看板があるので
その道なりに行ってみたら、またイノシシよけの柵があり、
先は暗い林のような道になってました。
やだよ、もう。
アスファルトのほうへもどって進んで行くと
あらかじめ調べておいた道に出ました。
ああ、やれやれ、一安心Σ(;・∀・)

まっすぐにしばらく進み、国道34号線を右に左にまたいで
農道へ出たり

人様の庭先のような小道を進んだりしながら進み、

武雄市から嬉野市へ( ̄▽ ̄)
34号線を4キロほど進んだら右に入ります。
が、続いていそうな道がありません。
農家の私道か裏でなくなってそうな道だけです。
地図をよく見ると、その裏にまわる道のような路地が街道でした。

行ってみたら、先に続いてましたが、またもや庭先に入りそうな感じ。
仕方なく進むと先に行けました。
で、この先は途中から地図に道の記載がありません。
でも、進んでると、近隣の人たちがなにかの共同作業で数人歩いていて
挨拶すると、「長崎街道を行ってるんですか?」と聞かれました。
ビンゴー!
「この道続いてますか?」と聞くと
「行けますよ。でも、ひとりじゃちょっと危ないかもしれませんよ」とか
「だいぶ長いですよ」とか
「あぶないから、棒かなにか持っとかんと」
「携帯が通じるか確認しとったがいいですよ」
などと言ってくれました。
みなさん、親切な方たちばかり(^^)
でも、イヤな予感・・・

予感的中( ̄◆ ̄;)

はいはい、確かに長崎街道なんですね。

う〜ん、なかなか薄気味悪い。
途中で分岐がありましたが、たぶん下りだろうと、
ここも勘で進みました。
約1キロほどでアスファルトの広い道に出られました。
ああ〜、アスファルト、ラヴだわ〜( ̄▽ ̄;)

少し下ると、むこうに嬉野の町が見えてきました。

ああ、うれしい〜。ほっとしますね〜。
昔の人も、こうして山越えして集落が見えてきたときは
うれしかったろうな〜と思いました。


くだりきると分岐です。
塩田道との合流点です。
長崎街道は佐賀県内で大きく3つに分岐しています。
牛津で多良海道へ。肥前山口で塩田道へ。
そしてわたしが通っている柄崎道です。
塩田道とはここ嬉野で合流します。
多良海道は諫早で合流します。


嬉野の街並。
嬉野は市街地では区画整理で街道はだいぶなくなっています。

東の構口の跡。わたや旅館の近く。


西の構口の跡。大正屋の前。

市街地を抜けたら34号線をまたいで山がわへ行きます。

きれいな水路脇を進みます。


嬉野の町ともお別れです。

これからこの区間の最大の難所俵坂越えです。


軽く坂をのぼり、
34号線をまたぎます。
旧道の入口がわからず、なにやらせまい急な階段があったのでのぼってみました。
先には道はありませんでしたが、
もう少々道が道の体をなしてないのには慣れてきたので、
まあいいやとかまわず草むらを進むと
数メートル土手をのぼればあぜ道があったので、そのまま進み、
あぜ道を進むとコンクリート打ちの農道に出ました。

すごい急坂。

すばらしい景色です。

もう、こんなところに畑を作るなんて、
農家の人たちに対しては尊敬するばかりです。

一旦国道におり、渡ってまたすぐ旧道に入ります。
小さな集落があり、お茶の精製をしていていい香りがしてました。
集落を抜け急坂をのぼると

関所跡です。
関所があるということは、ここが国境だということです。
関所跡の碑の右の石は国境石です。「従是北佐嘉領」とあります。
いよいよ長崎入り間近です( ̄▽ ̄)

この先は34号線に合流し
旧道の入口とおぼしきところにはラブホがあって道は探せません。
そのまま峠のピークは国道で越えました。

くだりだして道のわきに国境石がありました。

上が折れてなくなってますが「従是南大村領」の下半分「南大村領」とあります。
ついに長崎入りです( ̄▽ ̄)/

少し行くと旧道に入りました。





ああ、来たよ来たよ、この足で長崎にヽ(・∀・)ノ
昔の人も、こんな高揚感を味わったんでしょうか。

とはいえ、まだまだ峠道は終わってません。

またイノシシよけの柵です( ̄◆ ̄;)
やな予感・・・


のどかな農道の先には古そうな小さな石橋。
その先・・・見えないんですけど・・・


これ道って言わないよね。


勘弁してください。
ここはさすがにまずいでしょ、と思いつつ進むと
道はなくなってました。
脇に数百年前からあったであろう古そうな石が
小さな水路に渡してあって、そこを渡ると急な土手。
もしかしてこっち?!
いよいよ道じゃないけど・・・
そこをよじのぼったら小さな茶畑の脇に出ました。
その先にコンクリートを打った小道があって
のぼると国道に出ました。
あ〜、よかった。
きょうは何回こんな思いしてるかなあ、と思いました。

で、地図によると、
今度は国道を渡って向こう側を行くようになっています。
見ると道がありました。

また柵だよ・・・
心が折れました(;・ω・)
いいよ、行かなくて。
国道行こう。

小倉からここまで、ずっとできるだけ忠実に旧道をたどろうと思ってきましたが、
ここで心折れました( ̄◆ ̄;)
もう、いいです。
安全第一。
これでいきましょう。

このあとも、農道をうねうねと進み、
途中、長崎街道の表示が草むらを指しているところがありましたが、
「いや、いいです」と、コンクリートの農道をそのまま進みました。
大村湾グリーンロードに合流し、やっと峠道ともお別れです。


高速の橋桁のあいだから大村湾が見えてきました!
ここまで下りてきました。
もうすぐ彼杵の町です。

後編につづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マラニック/久しぶりの米の山へ

2017年03月27日 09時22分28秒 | マラニック
きのうは予定通りロングに行ってきました。

距離はできれば40キロ以上、
時間は10時間以上と目標設定。
でも、このところ仕事で疲れていたので、
出発はムリせず5時55分。
コースはいつも事前に決めてその地図を持って行くんですが、
この日は家を出てから、思いつくままに行ってみようかと気が変わりました。
宗像方面に行くつもりでしたが、
分岐点で気が変わり、この道行ってみようと
久山方面に進みました。


遠くに米の山、それに三郡縦走の山々が見えます。
久々に米の山に行ってみようかという気になりました。




久山町の風情ある川のほとり。


篠栗町へと抜ける手前の池のあたりは
別荘地のような雰囲気です。


米の山がだいぶ近づいてきました。
待ってろよ〜、米の山!
と言う割には、のんびりてくてくお散歩ペースです(^^)

13.5kmあたりから米の山へののぼりがはじまります。
以前行ってた道とはちがう道をのぼってみることにしました。
距離的にはほぼ同じです。


坂はきついけどのどかです。
以前はぜんぶ走ってのぼってたなんて
いまは信じられませんΣ(;・∀・)


風情がある道。


数年前にちょうど伐採されてる現場に居合わせた
あの切り株さんにまた会えました(^^)
林道はだいぶ整備されてきて、ちょっと雰囲気がかわってきてるんですが、
この切り株は残ってました。
だいぶ古くなってきてましたが、ずっとここに残っていてほしいなと思いました。
一生懸命練習してた頃の思い出ですから。

途中で20名以上の登山者の団体さんと合流しました。
坂を登ってるところを
マイクロバスで追い抜いたのだそうです。
しばらく団体さんにまぎれて一緒にのぼりました。
というか、道一杯に広がっておられたので、
抜くに抜けずに一緒に歩いてたんですけど(^^;)
米の山への分岐で別れました。


6キロをひたすらのぼりきると米の山です。
うちから19.5kmです。
久々だなあ〜( ̄▽ ̄)
夏ごろには全部走ってここにたどりつけるようになっていたいなあ。


立花連峰が見えます。
長谷ダムも。

数分休憩してくだりました。
するとさきほどの団体さんに会い、
お互い手を振ってあいさつしました。
山でのこういうちょっとしたふれあいはいいですね。

そこからくだりはちょくちょく走りました。
が、走りがへたくそ( ̄◆ ̄;)
昔は足音があまりしないくらいに柔らかい着地をしていたのに
ベタンベタン!と思いっきり汚い着地です。
不思議と膝もアキレス腱も大丈夫でしたが。
でも、後半は用心してあまり走らず進みました。

くだりきってから来た道をそのまま進みましたが
久山まで来たところでけっこう元気だったので、
これはもしかしたら、あんまり距離踏んでないんじゃないか、
このままじゃ40キロ行かないんじゃないかと思い、
少し遠回りすることにしました。
あとで地図を調べたら、この時点で33キロほど来ていたようです。

古賀方面に少し進んでから長谷ダムに向い、
ダムサイトを通って香椎宮に向いました。


香椎宮の蓮池ではカモが昼寝してました。
ここはいつ来てものどかです(^^)
ストレッチして少し休んでから帰りました。


距離44.3km
10時間25分(14'06"/km)

動きがまだイマイチのようで、
膝から下にへんな負担がきているらしく、
両足のすねに少し筋肉痛?痛くはなく、ちょっと張りが残ってます。
左足のアキレス腱の痛みは相変わらずですが、悪化はなし。
それと不安な膝も無事です。

来週からは50キロ越えの練習をしようかと思います。
走りも増やせたらいいなと思います。

橘での目標は、115キロ地点の茂木エイドです。
茂木エイドの関門クリアペースは、13'45"/kmです。
今回のペースよりもあと21秒/km速くしないといけないってことか〜。
しかも115キロ。
あと1ヶ月で115キロに近づけるかな?
なんか、いけそうな気はする。
気のせいかな( ´・ω・`)

走りは1キロ走るのがやっとという初心者にもどってしまってるけど、
10時間以上動き続けられるし、筋肉はさほどばてないし、
ウルトラランナーのなにかは持ち続けているような気はしてます。
それに望みをかけて、やっていきたいと思います。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

マラニック37キロ

2017年03月19日 21時24分06秒 | マラニック
きょうは予定通りロングに行ってきました。
でも、用心して途中できりあげちゃったので
あんまりロングじゃなくなってしまいましたが。

3時53分に出発し、
香椎宮におまいりして、一路幹線道路を北上し、
宗像で折り返しました。
はじめのうちはちょこちょこ走りましたが
どうもアキレス腱が痛むので
歩きで行くことにしました。
歩きで動きの練習をじっくりしながら進みました。
だいぶうまく動けるようになってきましたが、
まだまだです。
なかなかまともな動きになれないなあ。
難しいです。

コンビニ休憩は5回くらいしました。
未明から朝にかけて、冷えてトイレがやたら近くなったもので。
ほかに公園で小休止。
宗像ユリックスで大休止。
そして33キロあたりの内殿の峠越えの手前で
休憩しつつやめるかどうするか考えました。
この先に行くと途中で回避できるポイントがないからです。
まだ余裕はあったのであと10キロくらいは行きたかったですが
諦めることにしました。
そしてそこからあと4キロほど歩いて福間駅で電車に乗って帰りました。
福間駅到着が13時なので、9時間7分のマラニックでした。
距離37.5km
ペースは休憩ももろもろすべて込みで14'35"/km


この予定が


こうなりました。

余裕を残してやめたのも、走るのを諦めて歩きで進んだのも
いい決断だったと思います。
走れないことは残念ですが、いまはこうだというだけ。
そのうちにちゃんと走れるようになるのだから。
ただ、いまやれることをやる。それしかない。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

マラニック59キロ

2017年02月20日 12時04分59秒 | マラニック
きのうは予定通りマラニックに行ってきました。

予報によると朝方冷え込むらしいので、
あいかわらずのもっこもこスタイルで身を固め、
先日よりもちょっと早く、午前3時40分過ぎに出発しました。
先日よりも距離を伸ばしたいと計画していたからです。
予定コースは58キロ。

スタミナつけようと、がんばって走る予定でしたが、
序盤、なかなかうまく走れなくて
歩きで一生懸命動きの練習をしました。

骨盤の動きは、歩きや走りのとき
前後左右にスイング運動するはずですが、
それがなかなかうまくできないことが
わたしがいつも四苦八苦している
いちばんの原因なんだと思うんですが、
この日は動かしているうちに、徐々にコツが掴めてきて
正常なスイング運動ができるようになりました。
このスイング運動は、歩きだけでなく、
走りでも基本となる動きだと思うので、
ここはひとつしっかりこの動きをやりたいと思い、
結局ほぼ全行程歩きの練習にしてしまいました。


出発はこのまえより早かったけど
ほとんど歩いたので、このまえとおなじくらいのところで
夜明けを迎えました。


明け方の月。


福間の海岸線にあった県の施設が取り壊されて
広大な地面になってました。




宮地浜。
宮地嶽神社の光の道の先の海岸です。


光の道を海岸側から撮ったところ。
この道の先に宮地嶽神社があります。


広大な福津の農村地帯の真ん中を歩きました。





途中、古墳群があったのでちょっと寄り道してうろうろしてみたり
宗像大社をお参りしたりと、ちょっとした観光気分を味わいました。

宗像の街を抜け、原町から唐津街道に入り、
この日は草ぼーぼーエリアは回避して新しい道を進みました。
いつもの古賀のサービスエリアには寄らず、
下の道でしゃがんで休憩しました。
この日は食事休憩は4回。前回よりも2食増やしました。
休憩タイムを計ってみたら、
判で押したようにいつも7分でした。

やっぱり30キロをすぎると疲れてきました。
40キロあたりからは、3キロおきくらいに休憩したくなりました。

右ひざのじん帯かなにかが長年の故障で
伸びてしまっているのか動きがよくなくて
ぐらぐらしているんです。
そのため変な負担がきてしまうので
そうならないようになんとかうまく動かすように
いつも苦心してるんですが、
きのうは終盤に痛みがきてしまいました。
それもあって、終盤はちょくちょく休みました。

距離59.8km
14時間24分 14'27"/km

ほとんど歩いた割にはあまり遅くならなかったですが、
50キロ過ぎてからは、夕飯に間に合わないと思い、
予定コースではなく最短コースを選んで行きました。
でも、あちこち寄り道したので予定よりも長い距離になりました。

疲れました〜( ̄◆ ̄;)
これくらいの距離でこの疲れ具合ということは、
やっぱり173は到底完踏はムリだと思いました。

でも、歩きとはいえ14時間以上の活動は、
走りでなくともそれ相応の体力を要したのであり、
それにはそれなりの効果があるだろうことに
期待したいと思います。

それから、やっぱり地道なロード練習が必要ですね。
山の回数を減らしてロードをやろうと思います。
そこでじっくり走れるようにしないと。
5月までに何キロ走れるようになるかなあ?
橘の主催者のぎんさんは10キロ走れれば
100キロ走れると言ってましたが、
10キロ走れるようになるかなあ?
それでも173キロを完踏できる力には満たないんですが。
なんにせよ、やれることをやるしかできないですけど。
たいした力はつかないだろうと思いますが、
今回もDNSはしないつもりです。
大会本番では、
やれるだけ、いけるところまでやってみるつもりです。
そして、秋の273につなげたいと思います。

痛くなった膝は、だんだん痛みはやわらいでるので大丈夫のようです。

きょうは休養日とします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

マラニック51km

2017年02月13日 10時17分08秒 | マラニック
土曜日はあまりの寒さに家から出ずΣ(;・∀・)

で、日曜日は、予定通りロングに行ってきました。

173キロ踏破のためには、この時期にはせめて50kmくらいの距離は
経験しとかんと、ということで予定コースは51km。
でも、いまの時期、練習にあまり間をあけたくないので、
あまりダメージを残したくない。
いまの力ではちょっと長いかな〜とも思いますが、
調子を見ながら、無理のないように行き、
無理なら途中離脱でもいいし、内容的にも歩きまくりになってもよし、
がんばってたくさん走る距離を増やすよりも、
歩きでも全体の距離が長くなることのほうを重視することにして
進むことにしました。

で、51キロを仮に全部歩いたら、
休憩等も含めるとキロ16分くらいになるので、
13時間半くらいかかる。
ということで、スタートは4時にしました。
実際は4時07分。


真夜中っぽい。
物騒なので、夜明け前の行程は幹線道路を通りました。

途中自販機であったかい飲みものを購入し、
ガソリンスタンドでトイレ。
50〜70走って30〜50歩く感じで、
おおむね6キロあたりまでは、
キロ9分ペースでした。

10キロ地点のファミマまでは
キロ10分ペース。
ファミマでトイレとおにぎり購入。


6時半過ぎ。
まだ月が煌々としています。この日は満月。


反対側は、白んできました。


7時ちょっと前。

徐々に歩きの割合が増えて、それでも、
15キロくらいまでは
湾岸完走ペースのキロ11分以内で行けました。
これを最終的には173キロまで伸ばさないといけないわけです。
むりっぽ( ̄◆ ̄;)
で、でも、まあ、
あんまし深く考えないで、とにかくできることをしていこう。

20キロ付近でキロ12分台へ。


20キロ付近の田んぼ。
氷が張ってるじゃないか〜( ̄◆ ̄;)
チラホラ雪は舞ってるし、寒いはずだ。
最低気温2度って天気予報じゃ言ってたけど、
それどこのことだよ。ぜんぜん寒いじゃん!

が、分厚いダウン着て下はこのあいだ買ったあったかスパッツに
山用のハーフパンツ、そのうえにウィンドパンツはいてもっこもこスタイルのわたし。
あ〜〜、厚着してきてよかったぁ〜。
むしろあんまりがんばって走ると暑すぎの状態です。
それでも、けっこう汗かくことなく走れたので、
ほんとに寒いんだと思いました。

が、その後は徐々に日差しがあって気温もあがってきて
ほんとに暑くて走れない気候になってきました。

25キロ付近の赤間でゆるやかにUターンし、
香椎に向います。


赤間付近の釣川ぞいを進みます。
いい天気ですが風は冷たいです。

ところでこの日は、まだなにも食べてませんでした。
どこかでおにぎりを食べんと・・・
とずっと思いつつも休むことなく進んでたら
26キロあたりに児童公園があったので
そこのベンチで食べました。
すでにスタートしてから5時間以上たってました。
ここが最初の大休止でした。
といっても大会でのエイド滞在程度に
5分くらいでおさめるつもりです。


そのあとトイレに行きたくなり、
28キロあたりの電気店でプリンターのインクを買って
トイレを拝借し、ベンチでコーヒータイムをとりました。

このあたりから旧唐津街道を進みました。


原町を過ぎて大穂に入る手前ののどかな景色。

大穂で30キロ。
キロ13分を過ぎていました。
歩きばかりだと固まるのでたま〜に走りました。


ひとつ峠を越えて畦街宿に入る手前。

畦町をすぎて内殿を抜けたら
あの草ぼーぼーのならの木坂ですが、行けるかな?

いちおう、むこうに光は見える・・・

冬枯れしてて蜘蛛の巣もなかったけど、
この前来たときにはなかった倒木がいくつもあって、
荒れ放題でした。

こんな感じ。

お、先が見えた。

ほんの100メートルくらいの距離なので
枯れ草や草のタネだらけになりつつも
なんとか通れました。


草ぼーぼーエリアを抜けるとこんな感じです。

一旦駕篭立場跡(なにもありません)まで下ったら、
玄望峠を越えます。


この日のコースで唯一海が見通せるポイントです。

坂を進んだのでのどがかわいたし疲れてきたので
道ばたで給水休憩しました。
およそ36キロ地点。

この少し先の高速道路の古賀サービスエリアで
トイレ休憩しました。
この日は何も食べずに出ました。


峠道を下った平野は菜の花畑(^^)

新原の集落に入って、疲れてきたので、
そこの十一面観音のお堂のそばで休憩しました。
40キロ手前。

青柳宿をすぎた41キロ手前でも道ばたで休憩しました。


遠くに見えるのが立花山です。
あのむこうに帰ります。

いよいよ疲れてきました。
アキレス腱あたりが熱をもってきてる感じです。
でも、できればキロ13分程度ではまとめたいなと思っていました。
あんまり休みたくないなと思いました。
なんか食べたら元気が出るかと思うけど、
45キロ地点の千田交差点のコンビニまではお店がありません。
少し先の自販機であったかいゆずれもんを買って、
その場に座り込んで飲んだら少し元気がもどってきました。

千田のコンビニでチーズバーガーを購入。
1キロほど先の原上公園で休憩して
ハンバーガーを食べました。
この日2度目の食事です。
あ〜、あと5キロか。
元気が出てきてこのあとは休まず進みました。


距離51キロ。11時間44分。
13'45/km
なんとか13分台でまとめられました(* ̄∇ ̄)ノ

まだ動きがいまいちで、足への負担があるようで、
アキレス腱に疲れがあります。
でも、最終的には、まだ少し余裕がある感じで終われたと思います。
休憩も今回はけっこう少なくすみました。
食事をした大休止は2回で、時間は各5分程度。
トイレは3回。ほかに座っての小休止は5回で数分でした。
補給もあまりしないでいけました。
本番よりも距離が圧倒的に短いので、
休憩や補給は少なめにいかないと練習にならないと考えていました。
次はもう少し走りを増やせたらいいなと思います。

きょうは一日おとなしくしていようと思います。
休養もだいじですからね。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

長崎街道ー筑紫〜山家〜冷水峠〜内野

2012年07月29日 22時00分51秒 | マラニック

きょうは5時過ぎに家を出て
西鉄の始発に乗って筑紫駅に行き
そこから長崎街道のまだ自分の足で行ってない区間、
冷水峠手前の部分を走るべく
6時少し前から走り出しました。
とりあえず、冷水峠の手前までの
自分の足で進んでないところまでは行きたいなと思って進みました。
0729mara2
これは道か?
と思いましたが、入って行くことにしました。
すぐにこの道はおわり国道に出ました。
出たら向こう側に前回来たときに行った長崎街道迂回路がありました。
きょうの目的はここまででしたが
早く来れたので先まで行こうと決めました。
迂回路を入って行きました。
ここの奥は草が茂っていて、足を置くところに地面があるのかもわからないところがあって
傾斜もきついのでとても走れません。

それと、短パンで行ったので草や木でだいぶ足に切り傷ができました。
失敗でした。

その後国道に出ます。
0729mara4
7時35分頃、遊歩道の分岐につきました。
5分くらいで大根地神社の分岐につきました。
そこからくだりです。
このあいだの豪雨で道が崩れてるところがあり、手をつかないと降りれないところもありました。
0729mara6
そんなささやかな冒険して内野に降りて行きました。
ここまで蜘蛛の巣が多くてからだじゅう蜘蛛の巣だらけになりました。
木の棒を振り回しながら進みましたが、それでもだめでした。

下界に下りたら暑い〜〜。

内野の宿場まではできるだけ走りました。
宿場では、会う人たちがなにかと話しかけてくるので
のんびり歩いて進みました。
で、だらだらと内野の駅に到着。
Tikusi_utino
約14キロでした。
へたれなので、時間がかかると思って早くスタートしたけど
思ったより早く終わることができました。

で、電車が10時半までない・・・・

戻るか?
いやだよ、もう蜘蛛の巣だらけになりたくない。
先に行くか?
暑いからやだ。

ということで、電車を待つことにしました。
山道でシューズと靴下がびちょびちょになってたのでぬいで
駅舎のまんなかに置いて乾かしました。
んで、だれもいなかったので
ホームで着替えちゃいましたヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

んで、さっぱりして
めいっぱいの〜〜〜〜んびりしてから
電車で帰ってきました。

これで、長崎街道の筑前六宿を踏破しました〜!
まずは一安心です。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

長崎街道/小倉〜八幡

2012年01月25日 19時33分28秒 | マラニック

月曜日に長崎街道の取材第一弾に行ってきました。
ぜんぜん走らず、歩いて行きました。

小倉駅で下り、
近世の長崎街道の起点とされる
常葉橋に向いました。

街道の起点や終点というのは
諸説あることが多く、
この長崎街道もそうです。
本州の中国地方から赤間の関(関門海峡)を越えた大里(だいり)が起点だという説もあるようですが、
今回は北九州市的に周知してる起点、常磐橋を起点とすることにします。

ちなみに大里からだと
あの門司レトロ地区に街道は走っていて
小倉では、ちょうど駅前の商業施設コレット井筒屋の真ん中を貫通しています。
そしてアーケードを通り、長崎街道の起点となる常盤橋に出ます。
Dscn3359b
小倉城を左に見ながら南下。

Dscn3378b
ここは右に。

県道295号線と並走するようにして南西に進みます。

Dscn3383b
なんてない道です。
でも、昔からある道だなというのが
通り沿いに立ち並ぶ家の古さから感じられます。

Dscn3390b
住宅街の中に国境石がありました。
「これより筑前の国」だそうです。

Dscn3401b
レトロな旧銀行の赤煉瓦の建物が見えたら南西へ。

Dscn3404b
左が「これより西筑前の国」

Nagasakikaidou_1map
故障の状態が良くなく、右足に力が入らないので
だんだん痛くなってきて
予定の半分も行けませんでした。
でも、コースから少し離れた小倉城をうろうろしたりしたので
約12キロ強進みました。

道は、なんてことない道でしたが、
昔からある道はこうなんだなあというのが
少しわかった気がするし、
歴史を感じて歩くのは
なんだか少し楽しい気分でした。

次は八幡から木屋瀬までいけたらいいなと思います。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

松浦シティフル駄マラニック〜ラストスパートはオクラホマミキサー

2011年05月23日 18時29分16秒 | マラニック

きのうはあみりんさん主催の
てくてく5号で紹介している
「松浦シティフル駄マラニック」に参加してきました。

てくてくを描いてるうちにそそられて
参加したくなりました。
まだ参加したことがなかったんで、
てくてくでは、コース地図を見て
グーグルやヤフーの地図、衛星写真で
コースの状況をイメージして
大会時の写真を参考にして描きました。
今回参加してみて、
おおむね自分のイメージが
実際のものに近くできあがっていたので
よかったなと思いました。

ほんとに、いいコースでした。

で、走りのほうは、
てんでだめでした〜。

朝4時50分頃家を出て
2時間半ほどでスタート地点の
松浦鉄道の松浦駅に到着しました。
この時点で、長時間運転の影響で
腰が疲れてしまっていたようでした。

久々に近史郎さんやいだてんさんに会えて
また、橘のボラ仲間のごろさん、
唐津街道に続いてお世話になるあみりんさんとも再会でした。

げっ!
110522_090304

駅を出て数百メートル商店街を進みます。

110522_115510
だんだんガスってきました。

110522_121957
霧が晴れてあともう少しで20キロです。

県道に出て少し行ったところで
エイドをまわっているあみりんさんが車で来ました。
あの若者が2時間50分ほどでもう
ゴールしたそうです。

110522_124324
はじめのうちはおもしろかったんですが
だんだんこわくなってきました。
さっさと進みたい。
走れないかな〜。
と、考えました。
まず自由に動く左足を一歩前に出して
つぎは右足を出すとき一歩めに揃える。
また左足を一歩出す。
そのあと右足は左足のところに揃える。
おお、これなら問題なくできるぞ!
これって、フォークダンスのオクラホマミキサーのステップだ。

こうして、だれも人がいないことをいいことに
オクラホマミキサーでしばらく進みました。
でも、オクラホマミキサーで
残り30キロは進めない。
てか、おかしいでしょ、そもそも。

でも、人家はたまにしかなく
人目がないところでは
ダイナミックに大股でオクラホマミキサーで
進んでいきました。
ああ、思いっきり動かすことって
たとえオクラホマミキサーでも
気持ちいいぞ!
もうすっかり「ひゃっほぉ〜」てな気分で進んでいきました。

だんだん人家が増えてきて
松浦鉄道の御厨駅近くの踏切を渡ります。
110522_140522
いよいよ海岸線に出ます。

110522_142630
手作り感のただよう小さな入江をいくつか通ります。

110522_143636
30キロの無人エイド。
5時間37分。この10キロは2時間かかりました。
オクラホマミキサーがんばったのに。
またコーラとおいなりさんをいただきました。

で、
110522_144913
ほどなく海岸線から内陸に登っていきます。
振り返って海を見下ろしたところ。

半島の反対側に向かいます。

畑が広がっています。
その間の農道を進みます。
小さないたちがちょこちょこ・・・とわたしの前を横切り
側溝に下り、側溝のトンネルに潜んだと思ったら
中からちょっとのあいだこっちを見てましたが
すぐトンネルの中に消えていきました。
写真撮りたかった〜。

110522_150645
港が見えてきました。

110522_151545
松浦火力発電所が見えてきました。

しばらく港町を進み、県道に出ます。
少し進んで細い旧道に入ります。

110522_160155
37キロエイド。最後のエイドです。
7時間2分。
あと5キロか。
8時間以内でゴールしたいな〜。
ちょっと難しいかな?
またコーラをおいなりさんをいただいて
出発しました。

人もいないし、おっしゃぁ!
オクラホマミキサーでラストスパートじゃあっ!

110522_161319
発電所がすぐそこに。
でっかい施設です。

110522_164524
旧道から出て海のふるさと館の前を通り
路地を抜けて志佐川沿いに出ます。
松浦鉄道の風情ある橋が見えてきました。

人気ブログランキングへ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

観世音寺マラニック

2011年05月09日 19時08分38秒 | マラニック

さあ、阿蘇まで25日ほどとなりましたね〜。

というわけで、
ちったあ長い距離を踏んどこうってんで
きょうはマラニックに行ってきました。

ジョグノートにコースを登録しました。
見れるかな?

家を10時に出発しました。
すでにかなり暑かったっす。

うちから春日公園に行き、南下し、
水城から南東へ行き、御笠川に出ます。
なんか、おなか空いてきました。
御笠川沿いのスーパーで小さいお弁当を買って
川岸で早めのランチにしました。
買い物とランチでほぼ20分程度の休憩。

509mara2
太宰府政庁跡。
ここを抜けて歴史散歩の道に行きます。

509mara4
観世音寺です。
ここで12時を過ぎてしまいました。
太宰府天満宮まで行けば
往復で20キロを超えますが
帰宅予定時間を大幅に越えそうだったので
ここで帰ることにしました。
およそ9キロ。
帰りは参道のほうに進んで
まっすぐ御笠川に出ました。

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加