「西の谷緑地公園」を美しく!

「公園都市水戸」の街造りを考える人達と協働したいと思っています。

フランスの灯台を描く・武石 堯 展@ ギャラリー エスパース

2017年01月04日 22時29分38秒 | 美術展
フランスの灯台を描く・武石 堯 展@ ギャラリー エスパース
 1月3日(火)~11日(水)











ひたちなか市笹野町の「ギャラリー エスパース」で《フランスの灯台を描く》と題された武石 堯 さんの絵画展が11日(水)まで開催されている。

武石さんは1997年からサイクリングの旅を始められた。
各地の燈台を訪ねながら3年間で日本を1周した。
走破した距離は18000㌔に及ぶ。
日本列島の北海道、本州、四国、九州を繋いだ距離は約3000kmと言われからその6倍で1日辺り60㌔から100㌔走る時もあったとか。
燈台を訪ね、鉛筆でスケッチをして帰宅後に油絵として描く。

旅の記録を絵と文章で『灯台巡り・ペダルの旅』として「茨城新聞」連載し、既に350回を超えた。

国内を走破し、イギリスとアイルランドに挑戦することに。
イングランド・アイルランド・スコットランド・ウェールズに18回。
-イギリス・アイルランドの灯台を描く-として何回かの個展で発表した。

今回の《フランスの灯台を描く》3年半の間に4週間の旅を4回で描いた50点が展示されている。








フランス北部のノルマンデイーとブルターニュ地方。






走破した地図と描いた燈台に番号が振られて対照出来る。
更には簡単なコメントが添えられている。




1937年生まれの80歳。
自転車も手荷物として携行され、現地で組み立てる。
修理技術も習得して故障にも対応できる。

現地では簡単なスケッチのみで、写真は滞在したホテルでの自分撮り。
夜は地酒のウイスキーやワインを楽しまれたようだ。
それによって、現場での雰囲気を思い出しながら、帰国後に制作されるらしい。

80歳を過ぎてなお、この旅を続けるとのこと。
僕も旅は好きだが、外国を自転車で一人旅をする自信はない。
この様に生きられれば、と羨ましく思え、「頑張れ」と、自分に気合を入れたくなる。

●燈台巡りの以前から、奈良に滞在されての寺社巡りをされておられ、奈良の風景や歴史画なども発表されている。
法輪寺妙見堂の格天井の絵画を依頼され奉納したのは、如何に奈良の土地に根付いているかの証明でもある。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北斎ゆかりの地を巡る 其の壱 | トップ | 北斎ゆかりの地を巡る 其の弐 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美術展」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL