「西の谷緑地公園」を美しく!

「公園都市水戸」の街造りを考える人達と協働したいと思っています。

「立春大吉」

2013年02月04日 13時54分56秒 | Weblog
「立春大吉」

CA3G0004_20130204135131.jpg



昨日は「節分」で今日は「「立春」。
立春の日に「立春大吉」の紙札を貼ると一年間を平穏無事に過ごせる、と言われる。「立春大吉」の文字は、それぞれの文字が左右対称で、縦書きにすれば総て左右対称になり、裏から見ても「立春大吉」と読める。
面白い構文だ、似たようなものは沢山あるかもしれないが。

能書きはともかく、硯で墨を下し筆で和紙に字を書く。
当たり前のことだが、そんな機会は少ない。

いよいよ新しい年の始まり。
心静かにすごせます様に。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青木芳昭さん@たけしのアートビート

2013年02月01日 18時24分05秒 | Weblog
青木芳昭さん@たけしのアートビート

CA3G0075_20130201181435.jpg


昨夜9:00~10:55のテレビ番組「たけしのアートビート」を興味深く観た。
2時間の特別番組で多岐に渡るから、その一部を紹介。
那珂市在住の画家で、画材研究家の青木芳昭さんも出演されていたが、地元の人の活躍をみるのは嬉しい。

主な舞台は京都造形芸術大学、活躍中のアーティストを教授陣に迎え、人気上昇中の藝術大学で大型工房や大劇場まで完備した施設も特色。

CA3G0041_20130201181540.jpg

CA3G0039_20130201181540.jpg


先ずは、同大学の制作工房「ウルトラ ファクトリー」のディレクターを務めるヤノベケンジを訪問。
ヤノベと学生達の制作現場を見て、更に、共同制作をすることになる。

CA3G0047_20130201181539.jpg

CA3G0057_20130201181538.jpg

学長は日本画家の千住博。伝統に拘らない日本画で世界的に注目されている。
日本画の顔料や和紙の特徴と魅力を語り、更には制作風景も披露。

CA3G0062_20130201181437.jpg

CA3G0066_20130201181436.jpg


グラフィックデザイナーの田名網敬一。

CA3G0076_20130201181435.jpg


青木芳昭さんは「技法材料学」を担当されている。

多くの顔料に油やアクリルなどを混入して、自在に色を創り上げる。

CA3G0082_20130201181434.jpg

手さばきは魔法使いの如くで、指導を受けて絵具作りに挑んだ、たけしも嵌ったようだ。
出来たての絵具を使って顔の絵を描くが、とても上手である。

青木さんの出番は、2時間番組の5分程度だったが、大学での生活の一端を知ることが出来た。
今後も益々活躍されることを期待している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加