「西の谷緑地公園」を美しく!

「公園都市水戸」の街造りを考える人達と協働したいと思っています。

種差海岸(たねさしかいがん)@八戸市

2017年08月11日 17時05分56秒 | 公園
種差海岸(たねさしかいがん)@八戸市
夏の《みちのく》へ、其の八






八戸市埋蔵文化センターの「是川縄文館」で遺跡の発掘や保存に関わった泉山兄弟の業績を偲び、漆を高度に利用した縄文文化の素晴らしさを認識した。

見学後、バスにて「中心市街バスターミナル」に戻った。
このターミナルから、ほぼあらゆる方面に乗り換えが可能だ。

街の八戸観光の名所は?と問えば、国の名勝指定で司馬遼太郎「陸奥のみち」にも登場する「種差海岸」という。

JR八戸線「本八戸」駅から「ひたちなか海浜鉄道」と同様なジーゼルカーで約30分「鮫島」駅に到着。




鮫島駅前から「種差海岸遊覧バス」に乗車。
種差海岸駅まで約30分の行程。



蕪島(かぶしま)
ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている。







中須賀・大須賀海岸は岩場・岩山と海岸線が絶景。
東山魁夷が障壁画のためのデッサンした、とも言われるが、正に絵のようだ。







樹齢100年の松が立ち並ぶ「淀の松原」、
見事な松林が何か所も。

初夏に海浜植物が美しい花を咲かせる「中須賀」と非常に

終点の「種差海岸駅」前に天然芝が一面に広がる「種差天然芝生地」。



金髪の美女が犬と散歩していた。
この辺りの住人なのだろうか?映画のワンシーンのようでした。

「種差海岸駅」から折り返してきたバスに乗って「鮫島駅」に。
ほぼ車窓からの眺めだったが、往復で約1時間、海岸線の風景を堪能できた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駿府城跡@静岡市葵区

2016年04月09日 15時08分15秒 | 公園
駿府城跡@静岡市葵区






レンタサイクル

静岡市には「静岡市観光自転車ネットワーク協議会」加盟の約20カ所で1回500円を支払えば自転車を借りることが出来る。予約した「ホテル ルドフ静岡」は参加していないので、静岡駅北口の「静鉄ホテルプレジオ静岡」でレンタサイクルを借りた。

家康は幕府を開いてわずか2年後に将軍職を息子の秀忠に譲り、大御所として実権を握りながら、亡くなるまでの9年間を府中で過ごした。
府中宿は、横田に東見附が置かれ、上伝馬町、下伝馬町にそれぞれ本陣、脇本陣が設けられ、問屋場、旅籠が43軒もある東海道最大規模の宿場となった。
27の町で構成され、人口は天保14年(1843年)に1万4071人。

「ホテル ルドフ静岡」は旧東海道五十三次の19番目の宿場である「府中宿」の横田町で東の端に近い。



江戸時代の旅行記『 東海道中膝栗毛』は文章と絵で書かれた版本、作者の十返舎一九の生誕地である。



二の丸の石垣。
今に残るのは石垣のみ、門や櫓は近年に再建されたもの。




天守閣跡には、家康の像が堂々とした風貌で、鷹を手に彼方を見据えている。




家康像の横には、家康手植えのみかんの木。
紀州(和歌山県)から大御所に献上された木を、家康自ら本丸御殿の紅葉山庭園に移植したものと伝えられている。




復元された二ノ丸坤櫓。奥の高層ビルは県庁舎別館。




静岡県庁舎本館。
隣接して西館・東館・別館が在る。背中合わせに静岡市役所。
駿府城大手門の前で、まさに中心地の県庁舎と市庁舎。
水戸市の旧市内の衰退は水戸市庁舎移転1972年(昭和47年)に始まり、1999年の茨城県庁舎の移転によって決定的になった。
中心街の活性化はもはや手遅れであろう。



呉服町通り、伊勢丹などもあり繁華街の一角。




JR静岡駅北口から徒歩5分の「浮月楼」。
15代将軍・徳川慶喜公が明治2年から、およそ20年にわたって過ごした屋敷(駿府代官屋敷)を利用した庭園で名高い料亭。



浮殿(うきどの)は、当時の面影を残した見事な庭園。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水戸の六名木 @弘道館公園

2016年01月31日 19時26分07秒 | 公園
水戸の六名木 @弘道館公園




水戸の偕楽園は岡山市の後楽園、金沢市の兼六園と並んで日本三名園の一つに数えられてきた。
偕楽園には100種3000本の梅が植えられ、今年で120回を数える「水戸の梅祭り」(2月20日~3月31日)には大勢の観光客が訪れる。

梅の開花時期は探梅(早咲き)、賞梅(中期)、彼岸あけの送梅(遅咲き)と品種は多期に渡る。
園内にあるすべての品種を調査・研究。花の形・香り・色などが特に優れているものを6品種選び、昭和9年「水戸の六名木」とした

①烈公梅(れっこうばい)②江南所無(こうなんしょむ)③白難波(しろなにわ④ 柳川枝垂(やながわしだれ)⑤虎の尾(とらのお)⑥月影(つきかげ)  

水戸と云えば「偕楽園」を連想するだろうが、「弘道館」とは甲乙つけ難い。
弘道館は天保12年(1841年)、偕楽園が天保13年(1842年に第9代藩主・徳川斉昭より開設されたので、ほぼ同じ時期だが、弘道館には正門や正庁など創建時の建造物(国の重要文化財に指定)が遺されている。

僕のお勧めは、佐竹時代に遡る旧城址の一画弘道館公園。
弘道館内にも「水戸の六名木」が有ると聞いて訪ねた。

先週と今週、雪がちらついたり積もったりしたが、暮れから正月にかけて暖かい日が続いたために開花時期は大幅に早いようだ。

偕楽園には「六名木」植えられているが、弘道館で見つけたのは、





江南所無(こうなんしょむ)
遅咲き 明るい紅色の大輪。
徳川光圀の師であった中国の儒学者・朱舜水が日本にもたらしたといわれる。
未だ咲いていませんでした。





烈公梅(れっこうばい)
中咲き 薄紅色の大輪。一重咲きで、丸い花弁の一枚一枚が離れている。
水戸にしかない品種という。
咲き初めています。(奥の木です)



虎の尾(とらのお) 
やや早咲き 八重中輪。ガクが淡紅色、つぼみの開き始めは薄紅色でやや尖っている。五分咲き以上、見頃です。



品種は分かりませんが、見頃です。


今日は1月31日。
弘道館の梅の花の開花率は20パーセント位だろか。
早咲き・中咲き・遅咲きと種類が多岐にわたるから、桜のように一斉にと云うことが無いにしても、地球温暖化の影響で年々早くなっている。

梅祭り(2月20日~3月31日)の会期を1周間~10日程度早められないものだろうか。梅は早咲きの花を探す「探梅」の楽しみが多きい。
桜と違って、満開の絢爛さを眺めるより、一輪の花を愛でるもの。

3月下旬になれば桜は咲くし、房総半島のお花畑に人は流れる。
何れにしても、年間に渡って訪問客の多い「偕楽園」「弘道館公園」であることを願う。広報や園内の樹木や草花の選定により十分可能に思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玉藻公園(史跡高松城跡)@高松市玉藻町2-1

2016年01月28日 16時43分21秒 | 公園
玉藻公園(史跡高松城跡)@高松市玉藻町2-1






玉藻とは讃岐の枕詞。
高松藩主、生駒・松平家の居城だった高松城跡を整備した公園。






栗林公園前の食堂で遅めの昼食を。
幾つかの定食が有ったが、かやくうどんの定食を。

駅に向かって中央通りを2・5㌔、レンタサイクルでの移動は早い。
途中に「高松市美術館」があったが、残念ながら改築中。


瀬戸内海の海水をお堀に引き込んだ城は日本三大水城のひとつといわれる。
園内には国の重要文化財に指定されている艮櫓、月見櫓、水手御門、渡櫓、被雲閣があるほか、国の名勝に指定されている被雲閣庭園がある。



「月見櫓」いわば海の大手門。



天守閣石垣。
往時は3重4階+地下1階の天守がそびえた。
天守閣復元計画があるよだ。



江戸時代の「披雲閣庭園」に大正6年(1917)に建築された披雲閣。
結婚式や展示会などの催事に利用されている。

栗林公園と同様に松の古木が多いが、春は桜見物、植木市、秋は菊花展など多彩な催しも開催されているとのこと。
偕楽園も梅の時期だけでなく、通年、来客のある公園にしたい。

「ことでん高松港駅」の傍に、ジュリアン・オピーの彫刻が展示されたていた



瀬戸の都・高松 石彫トリエンナーレ2015」の出品作。
ジュリアン・オピーの個展が水戸芸術館で開催されたのは2008年。
8年前だが記憶に新しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蛍狩り@西の谷緑地

2015年05月26日 21時21分56秒 | 公園

蛍狩り@西の谷緑地


(ゲンジボタル)

西の谷に放流した蛍が成虫になって飛び始めたので、この3日間毎日通っている。今日は午後7時20分に発見し、7時50分頃までの30分間観察した。
5匹(昆虫だから「頭」と数えるのが正式らしいが)位を確認した。

水戸市内で何か所くらい蛍が見られるのか?
詳しいことは分からないが、聞いた話によれば。

七ツ洞公園
大小4つの池が在るが、小動物生息環境保全地域として、ふるさといきものの里に選定され、ゲンジボタル、ヘイケボタルが生息している。
自然発生と人工飼育のようだ。

逆川緑地公園、
2007年4月から再生事業が始まり放流を始めた。

千波公園「もみじ谷」
2008年3月から水戸ロータリークラブが中心となって千波湖公園もみじ谷ホタルの幼虫を放流している。

何れも「6月頃から羽化する」とされるが、今年の暑さ、或いは例年そうなのか、西の谷については22日頃より飛翔が確認されている。

人気のない公園で、懐中電灯片手に蛍の出現を待つのはいささか寂しい感じもするが、揺ら揺らと飛ぶ青白い蛍の光を発見するのは嬉しいものだ。

蛍の幼虫や餌となるカワニナの育成に携わる公園協会の皆様の尽があってこそ、の結果ではあるが、水質や環境保全のシンボルであること、を忘れてはならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水戸市植物公園@ 水戸市小吹町

2014年10月27日 22時15分18秒 | 公園

水戸市植物公園@ 水戸市小吹町

 

10月下旬から11月は紅葉も見頃で行楽地は賑わう。

水戸市内でも七ツ洞公園の「ケルテイック・フェスティバル」、第104回「くろばね朝市」、千波湖でのスポーツやふれあいひろば、ストリートライブ。

城里町のサテライトで「水戸のそば祭り」など行事の数々。

 

ケーズデンキスタジアム水戸では「水戸ホーリーホック」が「カマタマーレ讃岐」を迎えてのホームゲーム。

「カマタマーレ讃岐」は四国の高松市と丸亀市を拠点とするチーム。

水戸藩と高松藩は兄弟藩だから兄弟対決と云う事になる。

名園として名高い「栗林公園」は水戸の「偕楽園」よりも歴史が古い大名庭園で「特別名勝」に指定されている。

Jリーグは相互の街で試合をするのが約束事。

来年はぜひとも高松を訪れたい。

 

 

キックオフまもない時間、航空自衛隊の「ブルーインパルス」の編隊が上空に。

一瞬、試合を祝しての飛来か、と思ったが、あっという間に過ぎ去った。

百里基地に向かったようだ。(オーロラヴィジョンの上に微かに写っている)

 

多くの方々の来水を期待したが、サポーターの総数は50名位であったろうか。

讃岐うどんの提供をはじめとするイベントも組まれたが、入場者数は3,444人。

試合は0-0の引き分けだったが、見どころのない凡戦。

 

1時キックオフのゲームなので、終了後は車を駐車した「水戸市植物公園」に。

植物公園は、隣接する清掃工場の余熱利用施設のひとつとして、1987年に開園した施設で単なる「植物園」とは異なり、憩いの場としての性格が強いので、四季折々、訪れる楽しみがある。

 

駐車場のモミジバフウの紅葉が始まりました。

 

ゴールシーンが見られなかった、観戦帰りのサポーターの足取りは重い。

 

 

テラスガーデンからの眺め、桂並木の桂はほぼ落葉。

寒暖差が少なかったからか、紅葉した気配はない。

 

サルビアガーデンフェアが開催中。

赤や黄色の珍しいサルビアが沢山。

 

 

秋の水戸藩にまつわる薬草展の「サラシナショウマ」

白の穂と香りが素晴らしい。

 

ツワブキ等も。

 

瓢箪池の周りは全て「ラクショウ」紅葉が見事。

留鳥の鴨のつがいが常時居ます。

 

単発のイベントの効果を認めないわけではないが、恒常的な施設に四季を問わず訪れるリピーターが増えることの大切だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七ツ洞・秋の物語@水戸市下国井町・田谷町

2014年10月26日 10時20分03秒 | 公園

<span style="color:#ff0000">七ツ洞・秋の物語@水戸市下国井町・田谷町
10月25日(土)~11月3日(月・祝)</span>

 

 

 

 

 

 

水戸市の北西部の農村地帯、下国井町・田谷町の自然環境を生かして、大小5つの池とその池を支える5つのダムを造り、回遊式庭園として開園したのが1999年。開園以来15年が経過した。

イギリスの造園コンサルタント会社が設計したイギリス式の庭園。
予算の面等の事情もあって計画の半分程度の進捗率だが、2011年 東日本大震災により一部の施設が倒壊したことや、管理費も充分でなく、木道などの破損も目立つようになった。
2012年 映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地として知られる様になった。
ロケ地となったことか、或いは市長の交代による政策の変更なのか、再生の動きが始まり、この春にまでに「秘密の花苑」の新しい植栽が順次なされた。

5月には「フラワーマーケット」が開催され花や雑貨、飲食など35店舗が芝生広場に軒を連ね、好評を博した。

10月31日はハロウィーン、最近は、定番の催事になりつつあるが、古代ケルト人が起源と考えられている祭り。ということか、今回は「ケルト文化」を中心に据えた。
ケルトの文化はヨーロッパ各地に影響を与えているが、特に、スコットランドやアイルランドを連想する。
森と泉・精霊・ギネスのビール・アイリシュダンス、等。

七ツ洞公園は、まさにアイリッシュな雰囲気がある

 

芝生の広場には、パン・ビール・ウイスキーなどの飲食から花屋やアンティーク、靴や洋服のオーダー等30店舗。

中央のテントには飲食できるスペースも。

ステージではアイリシュハープやバグパイプの演奏。

26日(日)はギターやアイリシュダンスも演じられるとのこと。

アルコールを飲む方には、水戸駅~七ツ洞の間に無料のシャトルバスも運行された。

水戸近辺で開催されるイベントとして、質の高い内容だったが、多方面の多くの人達の協力があってこその結果だろう。
関係者の皆様、ご苦労様です。

 

来年の開催と七ツ洞公園のさらなる充実を期待している

コメント
この記事をはてなブックマークに追加