「西の谷緑地公園」を美しく!

「公園都市水戸」の街造りを考える人達と協働したいと思っています。

「環の花便り」108号

2014年07月11日 18時15分50秒 | 農業、手仕事

「環の花便り」108号

 

 

那珂市飯田の天然酵母パン工房「EATSARTS(イーツ・アーツ)」は毎週土曜日(11:00~14:00まで)一日だけ営業のパン屋さん。

 

 

訪ねた日は「オーガンニックマルシェ」が開催されていて、常陸大宮市・旧緒川村で平飼卵、無農薬野菜、など生産している「環の花」の宮永賢治さんと出会った。野菜はほとんど売り切れていたが、メインは平飼の卵らしい。

 

その後お訪ねして、畑や鶏舎を拝見した。

野菜や卵などを宅配してくれるとのことで、お願いすることにした。

① 野菜セット(有機野菜 10種類以上)Lセット。  2500円

② 卵セット(卵10個と有機野菜4種類位)Sセット。 1250円

③ 卵 1パック(10個入り)            500円

④ 平飼い有精卵プリン   1個 280円

 

卵セットをお願いしたが、卵も野菜も美味しかった。

それ以上に、農園を「「環の花」(わのはな)と名付け、自然に沿った農の暮らしは循環が生まれ持続可能な社会考えたから、との考えに共鳴した。

福岡正信の「自然農法」に憧れ、友人の畑を借りて休日菜園を5年ばかりした体験が思い出されたのだ。

それから1年、配達の際に「環の花便り」が添えられてくる。

 

 

「環の花便り」108号

~野の心象~(夫より)

今年も5月後半ぐらいから野菜の出荷が始まったが、例年と比べても「まあまあ」の出来だろう。「まあまあ」とは、よく出来たものもあればそうでないものある。

我が家は「少量多品目栽培」という方法をとっている。これは多くの有機農家が取り入れている方法で、様々な作物を作付けすることでより自然環境に沿わせ、多くの虫と作物を共生させるためだ。そうすることで作物にとって有害な害虫のみの繁殖がおこりにくくなり、薬に頼らなくてもある程度の収穫が可能になる。それと、少量多品目栽培のもうひとつの目的は危険分散だろう。畑には常時10種類以上の作物を栽培しているので、中にはうまく育たないものもあるが、10種類以上あれば多少失敗してもなんとかなる。

そして、有機農法を持続させる為に消費者(うちでいう会員さん)にもご協力を頂いている。例えば、うちでは基本的にセット以外での野菜は販売していないが、それも畑の都合を優先させる為である。今では農業もかなり商業化が進み、商業の論理で消費者ニーズにあわせることを最優先させている。例えば時期をずらしての栽培や、見た目重視の綺麗な野菜、品種改良、遺伝子組み換え、等々である。しかし、それらを追求すればするほど自然に逆らうことになり、自然の恵みによって成り立っている農業にまったく矛盾してしまう。そんな理由により、畑の都合を優先させてもらっている。その年ごとの野菜の収量や出来に応じてセット野菜の量や質も上下したりするが、それは種類でカバーしたりするようにしている。野菜をとって頂いている会員さんには、その旨ご理解のうえ、今後もお付き合い宜しくお願い致します。

 

~鶏舎から~(妻より)

新しい会員さんが増えましたので、鶏や卵のことについて、今まで便りでご紹介したことを少しおさらいしてみたいと思います。

①、賞味期限について・・お届けする卵は当日か前日、又は前々日に産んだ卵です。冷蔵庫で保管して生食は2週間、加熱すれば1か月は問題なくお召し上がり頂けます。賞味期限の紙はご自宅用の卵は省略させて頂いておりますが贈答用にはお付けいたしますので、その旨お伝えください。

②、卵パックについて・・ゴミ削減、リサイクルの為、卵パックを回収しております(宅急便以外の会員さんはご協力下さい)。汚れがひどい場合は処分して頂いて結構です。よろしくお願いします。

③、夏期の卵について・・夏場は鶏が沢山水を飲むのと、気温が高いのとで卵が少々ゆるくなります。何卒ご了承ください。

④、血卵・・鶏がびっくりすることがあったりすると、輸卵管に出血をして卵に血が混じることがあります。特に問題なくお召し上がり頂けますが、気になるようでしたら加熱してお召し上がり下さい。

⑤、ゆで卵・・新鮮な卵は二酸化炭素を多く含む為、ゆでると二酸化炭素が膨張し薄皮にくっついてしまうのでむきにくくなります。ゆで卵には1週間以上時間が経った卵の方が向いています。でもそんなに待っていられない方の為に新鮮卵でもむきやすくなる方法があります。卵のお尻の部分(鈍端)にヒビを入れてから茹でる方法です。お尻の部分には「気室」と呼ばれる空気の部屋があり、殻と薄皮の間が空いているので、卵には傷をつけず、茹でている間に二酸化炭素だけ出ていくので白身が出てしまう事なく綺麗にむけます。(NHK試してガッテンより)

⑥、黄身の色・・この時期、雑草や野菜くずが豊富にあり、鶏も沢山食べるので黄身の色が濃くなります。反対に冬の時期はそれらが少ない為、色が薄くなります。

⑦、卵の大きさ・・産み始めの卵は小さく、殻は固めです。歳とともに少しずつ大きくなっていきますが、卵質には問題ありません。

 

 

*問い合わせは

〒319-2513茨城県常陸大宮市氷之沢2899

Tel/Fax 0295-58-3412

090-8173-5456 (宮永携帯)

E-mail wano-hana@a-net.ne.jp

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「環の花」の卵と野菜

2013年10月10日 20時47分28秒 | 農業、手仕事
「環の花」の卵と野菜

PA100062.jpg

(卵10個と有機野菜、キャベツ・ナス・ヒモナス・ブロッコリー、ツルムラサキ、子供ピーマン、コマツナ)

常陸大宮市で無農薬、無化学肥料の有機栽培の野菜と平飼い開放鶏舎で有精卵を生産している宮永憲治さんご夫妻が就農して5年を経過した。
農園を「「環の花」(わのはな)と名付けたのは、自然に沿った農の暮らしは、循環が生まれ持続可能な社会と考えたから、とのこと。

① 野菜セット(有機野菜 10種類以上)Lセット。  2500円
② 卵セット(卵10個と有機野菜4種類位)Sセット。 1250円
③ 卵 1パック(10個入り)            500円
④ 平飼い有精卵プリン   1個 280円

★ ①~③は定期(毎週・隔週)で届けられる。
★ 常陸大宮市と水戸市内は月・木に配達(無料)。
★ 宅急便御配達もある(有料)。

縁あって「卵セット(卵10個と有機野菜4種類位)Sセット」をお願いすることにした。
今日のセットは上記の写真だが、新鮮でしかも味も良い。
価格も良心的で格安に思う。
なるべく、生食や、さっと湯掻いたりと、野菜の味と香りを楽しんで食べるようにしている。玉子は緑がかった薄い黄色、もっぱら卵かけごはんで味わう。
配達時に『環の花便り』と云うチラシが添えられ、近況が述べられている。
心温まる内容なので、ご紹介したい。

環の花便り 第103号  10月7日号
~野の心象~(夫より)
9月半ば過ぎ頃、この辺りでは刈り取りした稲を干す、「はざがけ」があちこちでみられた。
就農前は当たり前のように米を食べていたが、毎年間近で田植えから刈り取りまでを見ていると、その年毎のストーリーが感じられ、深みを感じる。今年は稲が育った頃に豪雨があり、ほとんどの田んぼで稲が倒れていた。そんな稲を起こしながらの刈り取りは大変だったろうと思う。うちもいつかは米を作りたいと思いながら、今年の秋で就農丸5年になる。本当にビックリするぐらいあっという間で、何をしてきたかすぐには思い出せないぐらいだが、冷静に振り替えるとそれなりに月日が経った事を感じる。就農を決意したときは一人身だったが、それでも農の暮らしを夢に描いてスタートした。その後、幸いにお嫁さんを貰うことができ、更に子供にも恵まれ、今では三人の仲間で農の暮らしが出来ているのは夢のようなのだが、更に年明け2月には双子を授かることになり、一気に五人家族になる。さすがにそうなると、多少の不安もあるが、なるようになるしかないので、その時々頑張ってやっていくしかないと思っている。まあでも、しばらくは子供中心の生活になりそうだし、そのつもりで仕事の内容も見直していこうと思っている。それが出来るのが、農の暮らしの良いところでもある。この三人の子供が食べ盛りを迎えるまでには、米作りをしたいと思う。そしてまだ少し気が早いが、三人の子供のうち一人でもこの暮らしに興味をもってくれて、一緒に出来れば楽しいかな、と思っている。

~最近の出来事~(妻より)
①、9月の連休に私の兄と兄のお友達が神奈川から遊びに来てくれました。近くのキャンプ場でバーベキューをして、ワイワイと楽しく、美味しい時間を過ごせました。次の日には、畑仕事をみんなでやりました。今年初めてイノシシにやられてしまったサツマイモ。でも少しくらいは残っているだろうと思い、みんなで掘ってみましたが、なんと全滅!感心するくらいきれいに食べられていました。(トホホ・・)。なので、サツマイモ畑の片付けという地味な農作業をお願いすることになってしまいましたが、普段は孤独な作業もみんなでやると楽しいし、あっという間に終わりました。お天気にも恵まれて、良い連休になりました♪

②、うちのシンボルマークとも言える、かやぶき屋根が今年のゲリラ豪雨によってボロボロになってしまいました。ススキの他に少々麦ワラも入っていたので、その部分が傷んで抜け落ち、一部雨漏りがひどくなり、新しくふきかえる余裕もないので、とても残念ですが、今年の冬にトタンをかぶせることにしました。かやぶき屋根の家はうちの近くでは残り一軒となってしまい、そこもゆくゆくは空き家になりそうなので、時代の流れとともになくなる風景で、少しさみしいですね。

③、先日、息子の保育園の運動会がありました。2歳なので、競技という感じではありませんでしたが、一応、かけっこやダンスなどを先生方と一緒にやっていました。家では音楽をかけると激しく踊る息子ですが、運動会では棒立ちで一切動かず、他のお遊戯でも泣いてぐずってしまいました。息子は内弁慶か、本番に弱いタイプの子みたいです・・。

~環の花うどん~
①、今年も我が家で有機栽培した小麦を収穫、脱穀、乾燥し、唐箕(とうみ)という昔ながらの農具で細かなゴミを飛ばし、選別を終え、ようやく製麺屋さんに持って行きました。栽培中には小麦がゲリラ豪雨などに見舞われ、一部倒れてしまい、刈取りが大変だったり、はざかけで干している時に竹の竿が折れて干しなおしたりなど大変だったこともありましたが、出来としては質も良く、豊作でしたのでほっとしています。 「環の花うどん」の出来上がりは10月半ば予定です。例年通り、1袋250gで250円で販売いたします。種類は太麺(平打ち)、細麺、極細麺の3種類です。ご希望の方は種類と数量をお知らせ下さい。

*興味を感じた方は、下記にご連絡を。
〒319-2513 茨城県常陸大宮市氷之沢2899
Tel/Fax 0295-58-3412
090-8173-5456 (宮永携帯)
ホームページは「環の花」を検索してください。
E-mail wano-hana@a-net.ne.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「美味しい野菜を、最高の状態で届ける」久松農園

2013年01月27日 21時18分09秒 | 農業、手仕事
「美味しい野菜を、最高の状態で届ける」久松農園

CA3G0017_20130127211151.jpg


1月24日(木) 18:30~水戸国際交流会館で「第25回アルべトレッペサロン」開催された。
ゲストスピーカーは久松農園の久松達央さん。

久松さんは1970年生まれ、慶応大学文学部を卒業後はテイジンに入社した。
新素材アラミドの営業活動に従事するが、漠然と『田舎暮らし』に憧れ、親の反対を押し切って、農業の道に転身を図った。
農業研修後に農業法人に就職したが、会社員時代と同様な経理業務等を任され、農作業の機会は少なかった。
さほどの農業技術を持たずに、13年前に土浦市(旧新治村)に久松農園を開設した。
「農業が好き」と言う単純な動機であったが、多品目で少量生と路地で有機栽培をし「美味しい野菜を最高の状態で、お客さんに届ける」の一念で、試行錯誤を続けた。

現在では、年間50種類の露地野菜を有機栽培し全国の 300軒の消費者や飲食店に直接販売、5名の生産・販販のスタッフが従事するまで発展した。
個人が70%、飲食店が30%とのことだが、日本独自の「宅急便システム」があればこそ、だという。

国策としての、産地の時期と品種の特定化は、安く不味い野菜が多くなるばかり、農家の所得の向上にはならないだろう。

CA3G0025_20130127211150.jpg

「おいしいから、有機栽培を選ぶ。機野菜の本当の価値は、おいしさです。厳しい環境の中でたくましく生き抜いた健康な野菜だからこそ、深く豊かな味わいがあるのです」の言葉は共感できる。

確かに、露地物の冬野菜は、霜の影響で見た目は悪いが味は最高だ。

「生鮮野菜は鮮度・旬・品種が決め手」

その為に、種を蒔く時期の分散、土地に適合した品種の選定等、科学的に分析したプログラムを作成している。とはいえ、自然が相手だから常に変更をしなければならない。

パワーポイントを駆使し、分かりやすい言葉で久松農園の運営と日本の農業についての分析は、新規に就農したからこそ語れるのだと感じた。

栽培にとどまらず,販売,経営を含めて総合的な農業経営の話は、すべての業種に通じる内容と思えた。

講演後の質疑応答では、専業農家の方も多いようだった。

久松さんの様な農家が増えれば、日本の農業にも未来がると、感じることが出来た。

CA3G0014_20130127211152.jpg


講演に先立ち「アルべトレッペサロン」の山本惠さん、倉田 稔之さんから「サロンの活動が、多くの所から注目を集めています」との報告があったが、確かにそれを実感した。この様な会を運営されている皆様に感謝いたします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「里ガール」@文化デザイナーズ学院 水戸市泉町

2011年10月06日 22時15分29秒 | 農業、手仕事
「里ガール」@文化デザイナーズ学院 水戸市泉町



山女・鉄女など、あらゆる面で女性の時代となった。
今度は「里ガール」。
~行方市から全国へ。農業の魅力を伝えるため、行方的農ファッションスタイルを発信~との企画が10月6日開催された。

藤井優子(デザイナー)と伊藤哲朗(丸和繊維工業㈱)による活動的で、なおかつ、ファッショナブルな作品の提案。



筑波大学大学院教授 蓮見 孝 氏による 「里ガールが日本を変える!?」との講演会。

蓮見氏は日産自動車で新車開発に携わった後、大学教授に転身。
日産時代にロンドンに留学をし、イギリス人の豊かな生活に魅せられた。
ガーデニング、家庭菜園、釣り、バードウォッチング、モータースポーツ、等々。「イギリス人のようにカントリーライフを楽しみ、ゆとりある生活をする時代なのでは」と提案された。
その実践の方法として、農業に親しみ自然環境を守ることが大切。と話されたが、僕も同感だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大地の恵み

2009年07月29日 09時58分25秒 | 農業、手仕事
那珂市にお住まいのOさんご夫婦は働き者。
常に、手を動かしている。
農家ではないが、殆どの食料は自給自足。
春の筍類から山草などは、乾物、塩漬け、冷凍食品にして保存する。
秋になれば、キノコ採りに行き、キノコ飯やキノコ汁。





今朝は、キュウリ、トマト、カボチャ、出来たばかりの梅干を届けてくださった。
梅干漬けは、何処の家でもしたものだ。
我が家では、自家製を中止して何十年か経つ。




梅干用の赤紫蘇を巻いたおにぎりの中はギンナンや梅干が入っている。
早速、朝ごはんとして戴いた。

年に何度か、お持ち頂いたり、ご自宅に伺って御馳走になる。
誠にありがたいことである。

Oさん有難う。
食べ物の大切を改めて感じた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加