顎鬚仙人残日録

日残りて昏るるに未だ遠し…

梅まつり2月18日スタート

2017年02月15日 | 観光ボランティア

今年は2月18日が土曜日のため、水戸の梅まつりはいつもより2日早く幕を開け、3月末まで開催されます。2月7日現在の開花状況は、偕楽園 737本(全体の約27.4%)、弘道館 220本 (全体の約35%)で、すでに園内の準備も完了し、花もいい状態で開幕を迎えられそうです。偕楽園の南斜面、正岡子規の句碑付近は、いつものように早めに咲き始め、すでに見頃の感じです。

咲き出した偕楽園と弘道館の梅を少しご紹介、まず「田毎(たごと)の月」です。
梅の名前には月が付いているのが多いなかで、「満月」、「滄溟(そうめい)の月」とともに明治時代に「月三銘花」とされていました。多分、棚田の一つ一つに映る月のイメージで名付けたのではないでしょうか。端正な野梅性の花、良果結実品種です。

同じ三銘花の「満月(まんげつ)」、野梅性一重の花です。咲き始めに花弁が重なって丸い月のように見えることから付けられたということですが残念ながら開きすぎていました。1890年(明治23年)昭憲皇太后行啓の際に造られた御成門には、門の両側にその時植えられた「満月」の古木があります。

二名匠の碑近くの「道知辺(みちしるべ)」も 野梅性一重。名前は花の美しさから目立つので付いたのでは?淡紅色の可憐な花で、仙人お気に入りの一つです。花の大きさ、色、蕊ともバランスが取れ、園芸界でも人気の品種だそうです。

珍しいので人気の「てっけん(麗+阝と懸)梅」も東門中央通り沿いに咲き出しました。花弁が退化し、蕊と萼だけの花ですが、実はたくさんつける野梅系、園内に何本もありますが、花が地味のため咲き終わったと思われ、説明がないと見過ごされてしまうかわいそうな梅です。お茶の道具、茶筅に似ているので、別名「茶筅梅」ともいいます。

最近来園者の評判のいい「藤牡丹枝垂」、枝垂れの八重咲きならこの花と言われるくらい園芸界でも人気の豊後性の梅、蕾の先は紫色ですが、開花すると花弁は淡い紅色となる可憐な姿です。

さて弘道館では、売店前の「臥龍梅」、幹は横に寝てしまった老木も満開です。山村暮鳥の詩集「雲」に、『こんな老木になっても 春だけは忘れないんだ 御覧よ まあ、 紅梅だよ』という詩がありますが、紅梅ではなくても、まさにそのものです。

その隣には、水戸の六名木の「白難波」(正確には「難波白」と図鑑には載っていますが水戸では白難波で通っています)です。白がより白いと感じられ花で青空をバックにするとそれが際立ちます。雄蕊の一部が花弁に変異した旗弁現象がよく見られます。

白梅に昔むかしの月夜かな  森 澄雄
梅かをり女ひとりの鏡冴ゆ  桂信子
梅二月茅葺き替えし表門  顎髭仙人
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

那珂湊反射炉跡  (ひたちなか市)

2017年02月11日 | 観光ボランティア

水戸藩では9代藩主徳川斉昭が、鉄製の大砲鋳造をするために、安政2年(1855)に大型の金属溶解炉の反射炉2基を建造しました。当時、全国に公営・民営あわせ十数箇所建造されたといわれていますが、佐賀藩、薩摩藩、幕府の伊豆韮山に次いで全国4番目の建造で、モルチール砲(臼砲)、カノン(加農)砲を鋳造しました。 しかし、元治元年(1864)の藩内抗争元治甲子の乱(天狗党の乱)の際、破壊されましたが、昭和12年(1937)12月、跡地に崩れ落ちた煉瓦の一部も使用してほぼ原形どおりに復元されました。 最初は鉄の質が悪くて苦心したようですが、南部藩から良質の銑鉄が供給されるようになると、臼砲だけでなく大型のカノン砲の鋳造にも成功しましたが、期間が短かったので破壊されるまでに20数門が造られたようです。現在、反射炉前に真っ赤に錆びた鉄製のカノン砲が飾られていますが、これは40年程前に製作されたレプリカだそうです。 1200度から1400度に耐える反射炉に使う耐火レンガを40,000枚も焼成したという登り釜の復元模型です。藩領の馬頭小砂で焼かせたということも聞いたことがありましたが、陶土を小砂や水戸の笠原から舟で運んで来てここで焼いたと説明板には書いてあります。 反射炉のある高台への入り口にある山上門、水戸藩小石川上屋敷の正門右側にあった、江戸時代後期に勅使奉迎のために特に設けられた門を昭和11年に移設したものです。小石川藩邸の唯一残存する建築物で、薬医門という形態の重厚な門構えです。 門と袖塀の鬼瓦には葵の門が付いています。柱の下部の補強とかいろんなところに後世の手が加えられた痕が見えますが、佇まいはさすがに風格を備えています。 南方には那珂川の湊大橋と遠くに筑波山が見えます。元治元年(1864)3月、この筑波で挙兵した天狗党の一派は、藩内での抗争を続けた後10月にここ那珂湊を撤退して、大子を経て越前への悲劇の行軍の途につき、敦賀にて幕軍に降伏、353人もが斬罪に処せられました。
討つもはた 討たるるもはた 哀れなり 同じ日本のみため(みだれ)と思えば  (総大将武田耕雲斎の辞世の句)


ごろり二分

この反射炉以前の水戸藩の大砲製造では、天保11年(1840)斉昭は水戸の神崎に溶鉱炉4基をつくり銅製の大砲を作りはじめ、当初は失敗続きで銅も足りなくなり、藩内の仏像、梵鐘などの仏具を鋳潰して、それも原因の一つとなり弘火元年の斉昭自身の幕譴、蟄居に至りました。
その時の大砲について、山川菊栄の「幕末の水戸藩」に「ごろり二分」という記載があります。(一部略、年号追加)
「斉昭が領内の梵鐘や金銅仏を鋳潰して作り上げた大砲は見かけ倒しで実戦の用には立たなかった。何分大きくて重いので運ぶのに大勢の手間を要しごろりと一回転させるのに金二分はかかるというので民間では「ごろり二分」と呼んだという。ペリー来航(1853)のとき、幕府の要請で七五挺とか、この大砲を江戸まで送り込んだものの実戦がなくてボロを出さずにすんだものがもうけものだったと古老は語った。(常磐神社に残る太極砲のことか?75門のうち幕府に納めたのは74門とされていますが。)
「子年のお騒ぎ(元治甲子の乱1864)」のときは、幕府は外国から買い入れた優秀な軍艦を持ち、外国軍人に仕込まれた熟練した砲手もいたので、そういう軍艦がただ一隻那珂湊の沖にあらわれ、武田耕雲、藤田小四郎の連合天狗勢に向かって砲撃を開始するや一発の無駄もなく目標に命中して修羅場をくり広げた。しかるに天狗党の方は烈公様の化身のようにあがめ神通力と信じていた「ごろり二分」は何たることかやっとの思いで海岸まで運び出しても、敵の砲丸が目にも見えずに飛んでくるにひきかえ、こちらの弾丸は砲身を離れることは離れても、赤い色をして人目にわかるほどゆるゆる回ったかと思うと、目の前の海にボチャン、ジャボンと飛び込んでしまう。何発うっても同じこと、そうそうは弾も続かないうちに、敵の方は息もつがずに撃ちまくりこちらの砲も人間も吹っ飛んでしまう…。」
天狗党がこの戦いで負けたのは、あの軍艦一隻が大きく、その後の敦賀への西上になったと書いてあります。 結局15年後の安政3年(1856)に神勢館構内に溶鉱炉を移すまで、この神崎の地では実に大小合わせて291門の大砲が造られたといわれています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェリーさんふらわ 大洗入港

2017年02月08日 | 日記

大洗港と苫小牧間のフェリーの運行表を見ると、出発が夕刻7時位で到着が翌日午後2時位の夕方便がさんふらわ「さっぽろ」、「ふらの」の2隻、出発が真夜中の1時半くらいでその夜10時位到着のさんふらわ「しれとこ」、「だいせつ」の2隻が交互にほぼ毎日運行されています。

約18時間の船旅を終えて停泊中のさっぽろを歓迎して、岸壁の磯節銅像の踊り子たちが磯節踊りを披露しているようです。真ん中のブルーは、イベントスペースの地面の塗装の色です。

船体の日輪に向かって泳いでいく水鳥一羽、イカロスのようです。ギリシャ神話のイカロスは、蠟で付けた翼で幽閉先を脱出し、あまり高く飛ぶと太陽の熱で溶けるという父の忠告を無視して、太陽に近づいていき墜落死するという話…勇気と傲慢の戒めによく使われます。
そういえば昭和52年、千波湖畔でのサーカスで若いクラウンが墜落死し、それが「翔べイカロスの翼」(草鹿宏著)という小説になり、松山善三脚本の映画化ではさだまさしが主演、彼が作った主題曲「道化師のソネット」は笑ってよ~僕のために~という有名なフレーズで今でも歌われています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雛三題…那珂のひなまつり

2017年02月04日 | 日記
今日より立春、春といえば雛人形、那珂のひなまつりの会場の一つ、那珂市歴史民俗資料館のひとこまです。

それほど広くない館内は、今流行りのつるし雛は作品発表でしょうか賑やかです、雛壇は個人所蔵の江戸、明治、昭和など年代ものの出品、また引受手募集の雛まであって、春の色が満載です。

江戸時代享保年間(1716~1736)に流行した「亨保雛」。
大型で豪奢な享保雛は、奢侈禁止令などで幕府から取締られたほどで、雛人形が商業化されて、一般町人の世界に広まってきた時代のものといえます。

「古今雛」は、江戸時代の明和年間(1764~72)頃に作られ、「古今集」などの王朝への憧れから名づけたとされています。現代の雛人形もこの系統を継いでいるそうです。

地元の「桂雛」もありました。旧桂村(現 城里町)で代々製作が続けられてきた雛人形で、平成3年には茨城県郷土工芸品に指定されています。
通常は分業の雛人形の体部を一貫して手作りで製作、平安時代に確立した色の組み合わせである「かさねの色目」を西陣織の他に、結城紬、西ノ内和紙を使用するなど積極的に地元の素材を使用し優美なグラデーションを醸し出しています。

那珂市は古来より那珂川、久慈川の間で開けた暮らしやすい土地のために、数多くの遺跡があり、そこで発見されたものがこの資料館では常設展示されています。
市内門部リュウガイ遺跡で出土した密教法具、平安時代に開化した天台、真言密教の修法に不可欠の法具で銅製、鎌倉時代のものとされています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラタモリ 水戸へ

2017年01月30日 | 日記

つねづね水戸へ来ないかなと思っていたNHKのブラタモリが、1月28日に放映されました。
お決まりの指令が、「なぜ水戸黄門は人気があるのか」ということで、駅前の黄門像から始まり、水戸城の堀と土塁、本丸跡の水戸一高にある薬医門などは、定府制で江戸にも藩士の半数が駐在したため財政逼迫の水戸藩は使えるものは何でも使おうと、佐竹氏時代のものを使ったということから始まりました。薬医門を見上げてあんぐりのご両人です。

二代藩主光圀のときに城下の拡大に伴い上水の確保のために、笠原水道を作り、石で出来た水道管(暗渠)を整備しましたが、湿地帯にあるため石の水道管には隙間をわざとあちこちに残し湿地帯の湧水も水道管の中に引き入れ利用していたという、この話は西原昇治さんの「みとブラ」という活動で詳しく説明されています。

この暗渠に使用した石(凝灰質泥岩=火山灰を含む海底の泥が長い年月をかけて固まったもの))を掘り出した常磐線沿いの洞窟あとでは、電車好きのタモリが特急ひたちに気を取られるひとこまもありました。
地形のヘリとか断層の好きなタモリでは水戸城の総構えの市内の痕跡が出てくると思っていましたが、少し紹介されただけでした。

藩校弘道館には通常は閉じられている正門から入場、光圀の編纂した大日本史が当時の全国の藩校の多くで教科書として採用され、また編纂のため全国に藩士を派遣したことが水戸黄門漫遊記の下地になっているという話もありました。

また、弘道館記拓本の前では、この藩校設立の趣旨文章の中にも義公(光圀)の影響があると説明されていました。

さて最後の偕楽園では、この公園が弘道館と一対の教育施設であることを「一張一弛」で説明し、陰と陽の対比を体験するには表門から入るということ、また、近くにもともとある「千波湖」を借景として庭園の池に見立てたと話していました。

放映時間が45分のため、総花的になるしかない中では、まとまっていたとは思います。以前話を聞いたことがある、お相手の関口慶久(水戸市文化財課)さんの受け答えがぴったりでした。

視聴率15%台の番組だけに、梅まつり直前のこの放映が水戸の観光に役立ってくれたことを願っています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加