無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

まだまだブルーベリー

2016-06-30 14:52:48 | 食べ物

ブルーベリーの実が、ボロボロと道路に落ちている。

多分、風のせいではなく、ヒヨドリたちが散らかしているんだろうと思う。

熟れた果実は、ちょっと触れただけで落ちてしまう。収穫時にもこぼれる実も多い。

実の大きさも2番3番ともなると、小さくなって行く。

今回は苺のケースに1つ収穫出来た。それと、トゲの刺さった箇所1と蚊に食われた箇所2のオマケ付きだ。

そんなオマケはいらないのだが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルーベリーの収穫

2016-06-22 08:19:30 | 食べ物

毎日、ブルーベリーが色づいてくる。充分熟すと甘いが、ちょっと色が変わった程度だと、少し酸っぱい。

今年の実は、いつもよりも大きい気がする。

ブルーベリーの栽培は、違う種類の木を植えないと、うまく実が着かないと言う。

花の個数は少ないけど、がっつりと大きな実のなる種類や沢山の無駄花(多分雄花だと思う)のなる木など、我が家には3種類の樹が有る。

枝も幹も大きくはないが、これでも30年は経つ。

今回の収穫。大きなビール用のプラスチックコップに、入りきれなかった。

色の黒い方が美味しい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄土産

2016-06-22 08:07:55 | 食べ物

まず、敷いてあるのが月桃(サンニン)の葉。これはショウガ科の植物で、花も実も食用になるが、葉でくるんだお餅は有名らしい。葉の香りは、笹や茗荷の葉の香りに似ている。この葉は多方面に利用され、ハーブや石鹸、化粧品や防虫剤、乾かして刻んでお茶にも出来るようだ。さて、何に使おうかな。

左側のピパーツは島胡椒とも呼ばれている。私がとANAの飛行機の中で見た冊子に、この写真があった。堪らなく欲しかったが、ネットでの注文だと品物よりも送料の方が高くなり断念していた。多量に注文すれば良いのだが、もしも自分の好みの香りでなかったら、悲惨な事になる。貰って早速昼食のうどんに使ってみた。なんだろう、胡椒と言うよりシナモンや八角、アニスの香りがする。思ったよりも辛くない。もしかして、肉料理に合うのかなと思う。

さて、一番右側は、マンゴーのジャムである。マンゴーは美味しい。これには、外れはないだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鼠ヶ関烏賊祭り

2016-06-20 09:02:23 | 食べ物

土曜日のお昼のローカル番組で、鼠ヶ関の烏賊祭りが報道された。その画面に映る烏賊があまりに美味しそうだったので、妹たちと急いで鼠ヶ関に向かう。小一時間で着くものの、終了まで間に合わないかと思った。

「おかあちゃん、生イカ買ってけ~!」と、発泡スチロールの箱から、黒いイカを見せながらおじさん達が叫ぶ。

鼠ヶ関港の岸壁に、グルッと露店が円陣を組み、中央のテントの下には食事用の椅子テーブルが並べられている。暑い中、ビールは美味しそうだ。

イカやホタテが焼かれている。この香ばしい匂いと言ったら・・・。

イカのかぶり物をした武士がいる。

イカの墨を使い、筆はイカの下足を使っての習字も行われているようだ。

生は勿論のこと、出来上がったばかりの干物も、さっとあぶって美味しい。

このイカ祭りのイベントで、イカの口飛ばしコンテストもあったらしい。

現在作成中のイカとタコ

干しダコも、大きさに合わせて値段が付いている。

げんげも干されている。さっとあぶって美味だそうだ。

道理で、買ったスルメに口が着いてないと、今更に思う。

ハタハタの干物。炙った物が試食で並べてあったが、焼き方も上手なのだと思う。

ホッケやらタラも並んでいる。

基本的に一皿1000円なのだが、一夜干しのイカは1350円だった。

味見した醤油漬けの一夜干しが美味しかったので、焼いて貰う。我が家のコンロは新しくしてから、網焼きが出来なくなったそうだ。

厳島神社。この幟と同じ色のTシャツを来たスタッフがいた。

世の中の喧噪から逃れて、ゆったりと昼寝をする猫

一串400円の栄螺を買う。

様々な料理が並ぶ中、イカ汁500円が気になったのだが。イカ汁は味噌味でイカの肝臓を汁に溶かし、具は烏賊2杯と山菜のミズが乗っていた。イカの土手焼きや塩辛は大丈夫でも、この味について行けないかもと、買うのは却下になった。

温海からも出店があった。

帰り際、ババヘラアイスを買う。

鼠ヶ関港鮮魚センターのでっかい看板犬たち。以前見た白い犬は亡くなったようだ。

初夏の昼下がりである。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝一番には

2016-06-11 11:03:57 | 食べ物

新茶の季節になった。S氏はお茶の入れ方の研究をしているようだ。水も湧き水を使い、温度にも気をつける。幾種類かの新茶が事務所にあって、当分は楽しめる。新茶と言え、冷蔵庫に入れて保管しようが、秋頃からは味が変わる。毎年「新茶の季節だね。」と言って飲めるのは、実に幸せなことだ。

さて珈琲である。毎朝、珈琲を入れる為、一ヶ月に一度500g*4袋ほど、まとめ買いをする。袋を開けて缶に入れ替えをする。缶の中が空になったので、新しい袋を開けたら・・・・粉では無くて豆だった。きゃあ

時間が無いと言いながら、年代物の手挽きのミルを取り出すも、空回りして要を得ない。しからばとハンドミキサーで豆を飛ばしながら粉にした。部屋の中に良い香りがする。でも毎日するのは面倒だな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シオデ

2016-06-01 15:25:11 | 食べ物

山形からの帰りに見つけたシオデ。山菜の中で最も値段が高いと思われる。この束で400円。隣に並んでいたのは、同じ位の束で700円だった。もしかして採れた日付が違うのかなと思う。

我々が山で見つける細いシオデと違い、通称タチシオデと呼ばれる太いシオデは、本当に山菜の女王だと思う。たまに見かけるが、量は採れない。種を植えて収穫出来るまで7年もかかるのだから、栽培にも適していないと思う。味はアスパラガスに似て、それに少し山菜風味を加えた物。実に美味しい。

これが太い方のシオデ。

秋に見つけた太いシオデと実。

中にあった種。これは山の斜面に撒いてきた。7年後にまた逢おうねって。増えてくれるといいな。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

バラハタ

2016-04-15 10:40:01 | 食べ物

TVニュースで、毒のあるバラハタが築地市場で売られ、止める間もなく買われて行ったと注意を促していた。

それを見た沖縄の人達や釣り名人達が「それはおかしい。マスコミはきちんと調べて報道するべきだ。」と、述べているのが、木村さん(鉄腕ダッシュ)経由で流れてきた。このバラハタは、普通に高級魚として食されている。どんな料理でも美味しい魚らしい。毒餌を食べて体内に毒を持っている時は、身体が黒く変わるので、目で見てすぐに判るそうだ。

これも鈴木一司さんのブログの中の写真で、上が無毒で下が毒を持っている状態だそうだ。

鈴木さんの記事のコメントの中には、少々の毒はピリピリしていて、痛風の薬になるとか。程度問題で食べても大丈夫と言う人も多い。まぁ、こちらの地域ではお目に掛かることも少ないだろうが、黒い身体のバラハタに注意すれば良いことになる。

これは和歌山で見つかったウモレオウギガニだが、これの他にも毒蟹はいるようで、人間が食べて致死量を超える毒の時もあるそうだ。これも蟹が毒餌を食べた時に起きるらしい。根本の毒はなんだろう。プランクトンなんだろうな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天ぷら

2016-04-04 10:20:46 | 食べ物

フキノトウを天ぷらにする。良く洗い水を切る。

おーまいがっ!の天ぷら粉に、炭酸水を入れる。どちらも冷えている方が良い。

私は天ぷらもオリーブ油を使う。少し重たい感じはあるのだが、健康には良い。

フキノトウの天ぷらは出来たが、溶いた天ぷら粉が余ったので、ジャガイモを揚げた。サツマイモの天ぷらはよく見るが、ジャガイモは始めて揚げた。ポットチップではなく、柔らかいホワホワの天ぷらになった。結構いける。サツマイモは甘いがこれはそうでもない。おかずになると思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

或る日の事務所

2016-03-28 14:40:00 | 食べ物

ポットに植えていたレタスがどんどん伸びて垂れ下がってきたので、収穫した。これは収穫前の姿。万田酵素を使ったら、後半になってエライ速さで大きくなった。

真ん中の小さな水槽は、メダカの卵の保育器。卵の中に目玉と身体が見えてきたのは良いのだが、卵の大きさがまばらで、こんなに小さくても良いのかと首をひねるほどのサイズもある。普通に孵化して育つとは思えない。

ラムレーズンの漬け込み終了。

冬になると、季節限定のラムレーズンの入ったチョコを大人買いしていた母も亡くなり、色んな事情でロッテはもう買うものかと決心したは良いのだが、他のメーカーのを探すのも面倒になったので、レーズンとラム酒を買ってきて漬け込むことにした。

お菓子用の小さなラム酒を買ったが、レーズンにヒタヒタになるほど量はなかった。それなら始めから普通の大きな瓶にすれば良かったのにと思う。また一つ利巧になったかな。←ならんだろ! レーズンがラム酒を吸って、どんどん膨れあがってきた。ちゃんと出来たら、チョコレートにコーティングして、オリジナルのラムレーズンチョコを作ってみようと思う。呑兵衛用の、もの凄くアルコール分が強かったりして・・・。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

甲殻類か

2016-03-16 15:11:54 | 食べ物

蟹は美味しい。自分で剥いて食べるのが一番美味しい。なのに、剥いてくれないと食べられない人種もいる。私は指がシワシワになりながら剥き続ける。普通の人なら捨ててしまう所まで身をほじる。だって、最後まで食べてやらないと可哀想だし。

こちらは段ボールで出来たカブトムシ。レーザーで型がカットされている為、手が臭くなった。

これは、ダンボールギーニ。ここでカブトムシを買った。

あまりの出来の良さに、にんまりする。

椅子テーブル、棚やカウンターに至るまで、段ボールだった。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石巻のボストンパイ

2016-03-15 15:10:05 | 食べ物

S氏がNHKで報道された、石巻のボストンパイの平和堂さんの番組を見たらしい。中央2丁目にあった工場と店舗は津波の被害を受けた。その時おやじさんは先代から受け継いだレシピを抱えて避難した。現在は中里に店と工場を構えて和菓子や洋菓子を販売している。

石巻に行った時には、必ず買うんだと張り切るS氏ではあったが、店がなかなか見つからない。お昼前のお腹がペコペコの時には一層苛立つばかりだ。石巻の駅前に行ったら観光案内のようなものがあり、願わくば実物をお土産に出来るかもと、駅前を目指す。その前に腹ごしらえだ。ラーメンや麺類は嫌だ。石ノ森章太郎の記念館近くの牡蛎の食べ放題も嫌だ、せっかく来たのだから海鮮丼にしよう。でも寿司屋の2500円は高いと文句を言い続け、やっとの思いで駅前の庄やに入った。

950円なり~~。これで人間らしい落ち着きを取り戻すと、観光案内所に行き、平和堂の位置を聞いた。観光センターには別の店のボストンパイが売られていた。

平和堂は、さっき通り過ぎた場所だった。住宅街の細い道の塀に隠れた場所で、見落とすのも無理はなかった。看板も着いているのだが、反対側から進入しないと見えない方向に掛けてあった。

ボストンパイを注文しながら、親父さんにNHKの番組の話をしたら、遠くから買いにきたことを凄く喜んでくれ、店の外まで送ってくれた。

ボストンパイは石巻界隈のお菓子だと言う。仙台にも作っている店が1件ほどあるそうだが、不思議な味のお菓子である。食べた時にびっくりするように、詳しい内容は避けたいと思う。

それから仙台へ向かう。目指すは閖上だ。

閖上からどちらを走って帰ろうかと相談する。私は安達農園に行きたい。高速で行くべきか仙台宮城で降りて関山を走るべきかで迷った。高速料金を払ってリンゴを買うって何なのよ。それだけ払うなら、酒田で高いリンゴを買いなさいとばかりに、関山を抜けた。閉店7分前に着き、希望のリンゴを手にする。もうそろそろリンゴの時期も終わりだそうだ。

このラーメンはご存じ龍上海の辛味噌ラーメンである。安達農園の近くに龍上海の店舗が出来ていて、鶴岡には行けない私は、ここで充分に満足する。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

或る日のつたや

2016-03-10 11:49:27 | 食べ物

大工さんが頼んだのは、味噌ラーメンの大盛り。本当にでかい。

隣はコーン入りラーメン。

私のは普通の中華そば。やっぱり、これが美味しい。

中華そば、昔は支那そばって言ってた。いつ頃から中華に変わったのか。メンマだって、支那竹だった筈。日本にだけ支那と呼ぶなと言うチャイナは、正しい歴史を学べとも言う。正しい歴史だったら支那だろう。

それでもラーメンは美味しい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

打ち立て、茹でたて

2016-02-29 14:06:04 | 食べ物

 

お昼は蕎麦道場で自ら蕎麦を打つ。

参加者は黄色のエプロンを身につけ、先生の話を聞く。

3人一組である。

蕎麦粉600g

水270cc。3回に分けて入れるのだが、なるだけケチケチと入れるようにとの注意が飛ぶ。

まずはお手本。

捏ね方も順を追って変える。

2回目の水も入れ、これ位の玉になるようなら、次はひとまとめにして練る。充分練ったものを菊練りにし、円錐形にしたあと円柱に纏める。

今度は伸しである。最初は手のひらで、30cm程になったら棒を使う。

切るのが一番難しかった。押さえる板がぐらついてスムーズにいかない。蕎麦の幅は2mmほど。

打ち粉を払う。

茹でるのはプロにまかせて、席につく。今日は特別に天ぷら付き。

太いのに、短くて細いのにバラバラだが、見事に美味かった。最初は出汁をつけずに味わうようにとのことだったが、香りも味も良い。参加者は自分たちの打った蕎麦が一番美味いと個々に言う。その通りだった。こしがあって、少し太めでも美味しかったと思う。

食事後、伝承館に行く。

雪道をこいで、吊り橋まで行く根性はなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お呼ばれ

2016-02-26 09:30:37 | 食べ物

豚すきをご馳走になった。芋煮会でも庄内地方は豚肉だが、すき焼きも実は豚肉が多い。我が家では98%豚肉である。普段は2枚ほど食べて満足するのだが、この日は何枚食べたか判らないほど頂いた。

場所は兵六玉で、乾杯の生ビールの後は、上喜元の翁と初孫の魔斬。どちらも美味しく、気がつけば二日酔いのパターンへと突入して行った。

これは男性陣が締めに食べたお茶漬け。

女性陣が食べた締めのデザート。ムースが美味しかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うまいもん

2016-02-24 12:37:08 | 食べ物

安達農園のりんごは一箱500円。随分と値が下がった。作る人は大変だと思う。形が不揃いだが、私とピーヨ君(ヒヨドリ)は大喜び。

シルバーベルは、ラ・フランスよりも堅めだ。大きいのが1個150円、小さく青いのが100円。普通のスーパーでは考えられない値段である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加