無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

無許可建築

2007-06-30 14:21:44 | 建築・都市・港
まさかの世界遺産が、無許可建築である事がわかった。
スペインのバルセロナに建つ、アントニオ・ガウディ設計のサクラダ・ファミリアが崩壊の危機があるそうだ。原因は真下に予定の地下鉄工事で、トンネルとサクラダ・ファミリアの基礎と離れが数メートルしかない部分があり、工事の振動で崩落の恐れが有るという。

スペイン政府は「大丈夫だ!」と太鼓判を押しているとも言うが、05年に市内の別の場所で、地下鉄の工事で実際に崩落した事があるのだそうだ。そんな話が持ち上がって過去に遡って調べてみると、このサクラダ・ファミリアが市の建築許可を取っていない事が判明した。120年に渡って黙認されてきたのだそうだ。 へぇ~~ X 3

朝日新聞より
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カネボウ

2007-06-30 12:53:24 | 社会
老舗の化粧品会社だったカネボウが、今日から花王ソフィーナの傘下に入る事が決定した。しかし、名前はカネボウのまま存続するようだ。

カネボウと言えば、高校を卒業して使った化粧品がカネボウと資生堂だった。普通の高校では、卒業近くになると化粧品会社の人が来て、化粧の仕方とか試供品をくれるのだが、私の通った工業高校では前年でその楽しい訪問が無くなっていた。今時のように若い女性向けの雑誌がある訳でも無し、an・anなどが創刊される以前の話である。私とて、その頃は花も恥じらう女性だったから、見よう見まねで塗りたくっていた。

ある日、デパートの化粧品売り場に行くと、中学の時の同級生がエラク美人に変身してカネボウの売り場を任されていた。ジロジロ眺めるのは失礼なのだけど、どうするとこんなに綺麗に変われるものかと目は釘付けになった。彼女のお陰で化粧品の使い方や、その名の通りに化け方を教わった。こうして、私の手元にはカネボウの化粧品が増えていった。

現在は、残念ながらカネボウは一つも持っていない。地元酒田に花王の工場があるので、応援する意味で多いのがソフィーナ製品である。その他はマックスファクターだったり、シーラボだったり、使い良さを一番にこだわりなく使っている。旅の途中で持っていくのを忘れた眉ペンシルはコンビニで買ったし、どうしても同じ色が無くて色々メーカーを変えて買ったあげくに、百均に戻ったシャドウもある。長い事スッピンだった時もあるが、化粧はしてもしなくても、煩わしさに違いはなさそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな所に

2007-06-30 11:01:02 | 社会
オーム真理教の地下鉄サリン事件に絡んで特別指名手配されている3名が、ミャンマーに潜伏しているらしいとの情報が入った。あの事件から12年が経って、ようやく松本智津夫被告に死刑判決が出たが、何の反省もなく未だに逃走している仲間もいる。オーム真理教も名前を変えたり、内部分裂したりして、責任を果たすこともなくのさばっている。日本は変な法治国家だと思う。

サンケイ:ZAKZAKより

一刻も早く逮捕出来ないかなと思っているのだけど、潜伏先が非常に危険な所らしい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

そっちで来たか。

2007-06-29 15:03:08 | 社会
朝鮮総連の建物の売却騒ぎが、元公安庁官の詐欺容疑で立件されるらしい。
これで得するのは誰か。非常におかしな取り扱いにしたなと思った。
闇の部分は闇の儘、葬られるらしい。もっとも別の総連の建物でも、一度落札されてすぐに総連関係の人に売却されたものもあるから、ちょっと見、社会的には格好が悪いが売却の手を使う事によって、借金が無くなるメリットが総連側にあるのだろう。痛くも痒くもないって事だ。それに、総連が被害者になるって訳だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グッバイ・ビリー

2007-06-29 14:50:24 | 社会
ビリーは行ってしまったようだ。(情報がないのでわからないけど)
人気が続けば、また来日する事もあるかも知れない。
ファンの中から2名だけ、自分トコのジムに招待すると約束したらしい。
また、200組400人を集めたイベントの模様が、動画で配信された。

asahi.com コミミ口コミ

ビリーが宙を飛ぶ映像も入っているし、動きがDVDとは較べ物にならない位に速い。
これについていくのは、相当大変だったろう。後半の映像では、私とどっこいの動けない人もいた。少し安心した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tシャツ

2007-06-25 13:52:25 | 社会
せっかくビリーが来日しているのに、生ビリーどころかTVもまともに見られなかった。あちこち出演していたのに・・・。その中で唯一ゲット出来た番組で、キャンプしているみんなが同じカーキ色でBillyと書いてあるTシャツを着ていた。私も汗をかいても平気なように、緑色のTシャツ欲しいなと思っていた所だったので、良いなと思っていた。

めぐろのYこさんのブログで、生キャンプに参加したら、全員にTシャツと黄色のリストバンドのプレゼントがあったのだそうだ。すんごく羨ましいぞ!!私の姪は欲しくてギャーギャー言っている。私は少し控えめにギャ!(こんなもので良いかしら)参加された人達は宝物にするのだろうな。それとも飽きてきたらオークションに出品するだろうか。通販でTシャツ売れば良いのになと思った。ともかく、生キャンプは想像以上に面白くてきつかったそうだ。

詳しくはこちら!MSNニュース
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ここは何処だ!

2007-06-24 14:57:13 | 建築・都市・港
さて、この港は何処でしょう。
飛行機の中から撮した物です。


この空港を飛び立ちました。
左下に見えるのが、空軍の建物です。(軍事秘密か!)



まだ飛行機が体勢をたてないうちに、見えた街並みがこれで、直に最初の港が見えました。これから先も高度を上げていきます。ちょっと霞がかかったように見えますが、本当に良い天気が続いていました。



yukacanさん、どうでしょうか。写真の貼り付け、これで良いですか?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

美空ひばり

2007-06-24 14:40:16 | 音楽・芸術・文学
昭和の歌姫と呼ばれている美空ひばりは、本当に昭和に生まれて昭和で散ってしまった。今年が生誕70周年と言われて、ここ数日はNHKBSで、出演した映画や舞台などの特集をしている。歌の巧さをあげたら、やはりこの人は天才だろう。普通の歌を歌わせても非常に上手い。私の両親も子供の頃からのひばりの歌を聴いてきたので、自分達が育ててきたような、一緒に戦後を乗り越えてきたような気持ちなのだそうだ。

もし、生きていれば今でも歌を歌っていたに違いない。演歌や歌謡曲も歌うが、ジャズのレコードも出していたようだ。音に対しての耳が良いせいか、発音も日本人離れしているのだそうだ。一度じっくり聴いてみたいとも思うのだが、そんなレコードは手にはいるのだろうか。

歌の上手いのは判っていても、その人が好きであっても、その歌が耳障りになる事もある。窓の外からガンガン美空ひばりの歌が流れてくる。どこかの八百屋さんが、車に着けたスピーカーから大音量を流してやってきたのかと思った。それにしてはいつまでも流れている。出所は両親の部屋のテレビからだった。耳が少し遠くなってきた二人なので、音量が高くはなっているのだ。申し訳ないけど窓を閉める事にする。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ビリーが言うには

2007-06-23 17:11:53 | 社会
20日に来日して以来、過密スケジュールでTV局やラジオ出演しているビリー隊長。時差ボケもないのだろうか、とても元気に活動している。シェリー(ビリーの娘さん)は相変わらず綺麗だ。ずっと2人を見てみたいと思っても、DVDのエクササイズの時には自分の動きで精一杯だし、TVの生出演は2人を捕まえるのが難しい。ちょっとだけ、日本テレビだと思ったけど、来日以来の行動をフラッシュ的に流していた。朝5時半から夜の10時過ぎまでの密着取材らしかった。

ビリーのあの体格だもの、どんなに食事をバリバリするのかと思ったら、サンドイッチなど見向きもせず、果物ばかりを食べていた。ビリーが言うには、チキンや魚などの良質のタンパク質を取れと言う。TVの視聴者に向かっては、「炭水化物は取らない様に!」と指さしながらノタマッタ。「ビリー隊長!お言葉ですが、日本人は炭水化物で出来ています。いいや、もとい。タンパク質を消化する体質ではなく、腸の長さから考えても、炭水化物を消化し易い体質になっています。」

そう言いながら、冷蔵庫へアイスクリームを取りに向かう私であった。
だから痩せない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さくらんぼ

2007-06-23 15:49:51 | 食べ物
おひさしぶりのさくらんぼ!
山形県に住んでいるから、安くて美味しいさくらんぼが食べ放題出来るかと言うと、そうでもない。先日河北町へ行ってきたが、道の駅や道路の脇で並んで売られている物も高くて買えなかった。佐藤錦に限らず、他にも数種類のさくらんぼが並べられていたが、どんどん品種改良されてきて、甘味の強い大粒の物が作られてくるようになった。
今が収穫の最盛期だそうで、連日さくらんぼ泥棒のニュースが流れて来る。被害額も数万円の所から、百万を超える350kgも盗まれた所もあるのだそうだ。農家の方は「精魂込めて作ったのに、なんて酷い事をする人がいるんだろう。」と嘆いている。この手の話はさくらんぼに限らず、何の農作物でも言えるようになった。ちょっと味見したいだけでなく、販売を目的にした盗難のようだ。本当に腹だたしい。

写真にあるのは、頂き物のさくらんぼ。クール宅急便で届いた物。おいすぃ!
下にある黒いさくらんぼは、ソメイヨシノで、鳥達がせっせと食べているようだが、下に落ちている物の数を見ると、そんなに美味しいとは言えないようだ。

写真の赤い色が飛んでて、ちっとも美味しくなさそうに見えるのは何故だろう?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

食文化

2007-06-23 15:30:01 | 食べ物
魚の呼び名が地域によって変わるのは当然の事である。ところが育ち具合によって変わるのも、日本の食文化の特色だと思われる。出世魚として有名なのが、青子→イナダ→ハマチ→ブリと、同じ魚なのに名前が変わるだけでなく調理方法まで変わってくる。海に囲まれた島国だから、魚料理は豊富なのは当たり前なのだが、交通の不便な内陸でさえ、魚の干物を使った料理は驚くほど美味い。仏教が根付いた日本では、四つ足の肉を一般人は食べないとされていた。鳥は食べていた。お陰でウサギは一羽二羽と、鳥の振りをして数えていたのは承知の上の事である。関東以北は蝦夷の地だったから、狩猟はマタギとして受け継がれてきたので、肉食はあっただろうと思われる。

明治の文明開化の音と共に、肉料理もどうどうと食べられるようになった。歴史が浅いせいか、肉の分類は魚に較べて少ない。牛肉、豚肉、鶏肉と非常に単純に分けられる。馬をさくら、猪をぼたんと呼ぶのは、もしかすると歴史の隠れた部分なのかはわからないが、雌牛と雄牛の呼び方が違う文化はない。

さて、私の生まれた庄内地方は、豚肉の美味しい所である。幼い頃から肉と言えば豚肉だった。鶏肉はクリスマスの頃のモモ肉(脚の先を銀紙で巻いてある奴)とか、母の実家に行くと鶏小屋で鳴いていたのが食卓に上がるとか、特別な時だった。牛肉ときたら相当大人になってから食べたと記憶している。

山形の秋に芋煮会なる「里芋と肉や野菜など」を煮た鍋を、海辺や川辺で食べる催しにも、庄内は相変わらず豚肉の味噌味を用いている。内陸地方では牛肉の醤油味で、まったく異なった文化を持っている。その味もそれなりに美味しいのだが、私はやっぱり慣れている豚肉が良い。それに、庄内の豚肉はとても美味しいのだ。その為、ドキドキしながら米国産の牛肉を買うスリルは味わえそうにない。ましてや国産の超高級霜降肉を買う、別の意味のドキドキ感も味わえないのだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

氷山の一角か

2007-06-22 11:27:04 | 食べ物
アヤシイ食材は中国に限らず、日本でも蔓延している。北海道の食肉加工販売会社ミートホープが、牛ミンチと偽って、豚やら鳥やら内臓や血まで入れた物を、長年販売していた。買った方も名の知れた会社で、加ト吉の牛コロッケやら、私の地元でも製品が溢れている。販売してる品物には自信のあるCOOP(生協)も、店内から製品を回収した。食肉業界では、狂牛病が問題になったあたりから、随分と産地を誤魔化しては、補助金をせしめたり、売ったりしていた。それでも牛肉は牛肉だった。ミートホープの会社の偽装の恐い所は、豚やカモや鶏、それらの内臓や血を牛肉と偽った事だ。牛肉だと思って食べたイスラム教徒やユダヤ教の人に、どうやって償えると言うのだろうか。

牛肉に関しては、信用のおける地元の肉屋さんで買った方が良い。長く仕事を続ける為には信用が一番だと、地元の人は思っている。大きなチェーン店は、景気が悪くなったり問題が起きると、いとも簡単に撤退してしまう。自分達が良ければいい儲け主義で動いている。そして挽肉も、出来ればブロックで買った物を挽いて貰う方が安全だ。肉の中で挽肉ほど、何が入っているか判らない物はないと聞いた。危ない部位の近くの物も一緒に入れられる可能性が高いのだそうだ。

そんな事を考えていると、自分で食材を採ったり獲ったり出来るのは、安全で幸せなんだと思う。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ビリーがやってくる。

2007-06-19 15:57:01 | 社会
来日が噂されていたビリーズブートキャンプのビリー・ブランクス氏が、ついに20日にやってくる。21日の朝からTV各局を回るんだそうだ。スポーツ報知これでまたプームが起きるかなと楽しみにしている。そのビリーのキャンプは、私も休み休み参加はしているけど、1週間で5kgなんて痩せなかった。体重が減るには個人差があるのだろう。全然食生活を変えず、アイスクリームもアルコールも摂取してでの参加だから仕方がない。それでも心なしか下半身が引き締まったような気がする。とにかく汗はこれでもかと思うほど、かくようになった。

ビリーのキャンプ初日は、信じられないほどきつかった。目眩と吐き気に襲われて、まともに歩けなかった。きっと初日でギブアップする人も多いんだろうなと思った。その苦しみを共有している参加者のブログが面白い。むしむらさんのトルコ・カッパドキア日記の立ち上がれない様は、まったくその通りで共感するばかりだ。

また、最近富みにアクセスしづらくなっているめぐろのY子さんのブログの漫画は馬鹿受けするほど面白い。Y子さんは、なんと抽選で生ビリーに会える事になったのだそうだ。どんなレポートが飛び出すか、とても楽しみである。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

cakeが撮った場合

2007-06-18 10:07:13 | 動物・自然
ミスターユニバースがあったら、写真段階で落選。
足が短すぎ。頭でっかち。
S氏はこの猫をダイヤと呼ばずに「デブ」と呼ぶ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

S氏の写真

2007-06-18 10:04:05 | 動物・自然
逃げるのを追いかけて撮した1枚
コメント
この記事をはてなブックマークに追加