無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

10月29日

2011-10-29 17:35:47 | 建築・都市・港
午後5時半、酒田市内にサイレンの音が響き渡った。
10月29日は、35年前に酒田大火が発生した日なのだ。当日は消防車のサイレンの音もかき消される暴風雨だった。あの強風の中、何時鎮火するかも分からないで、酒田の中心街は燃え広がった。若い子達、特に平成生まれの子達は、そんな事を知る由もない。

11月1日、山形市で、建築審査会全国大会が開催される。私は会長代理で、この酒田大火の発表をする事になっている。準備は万端ではない。いつものように、ギリギリまで原稿を練るのだろう。パワーポイントと資料は作っていただいた。メインテーマは東日本大震災なのだから、出来るだけ希望を持てるような発表なら良いのだが、やっぱり被災となると物も心も傷が付くのだと改めて感じる。



これは、酒田大火を題材にしたねじめ正一氏の「風の棲む町」を、ハーバーラジオで朗読したものである。市民も参加して、酒田弁でドラマを繰り広げたのだが、そのまま埋もれさすのは惜しいと、有志がDVD化した物である。それをお友達に頂いた。これはフィクションだが、あの時の冷たい風や雨が思い出されて、真夏の運転中に聴いても寒さを感じるほどだった。ちなみに販売はされていない。絶版だと言う話もある。
「欲しければ、コピーしなさいね。なんぼしても良いから。」とは、お友達の談である。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

猛毒カニ(食べ物じゃないよ)

2011-10-28 12:11:21 | 動物・自然
私の顔がまたカユカユになった。一部腫れたりカサカサになったりしている。どうもアレルギーではないかと思っている。両親のどちらを見てもかぶれやすい体質だ。食べ物でもある日突然アレルゲンになる事がある。それが自分の一番好きな物だったらどうしようと思う。食べてかぶれるか、止めるか。そうなったら、人生つまらないだろうなと思う。ちなみに、私の一番の好物はカニである。毎日は嫌だけど、特別な日を作って食べる時が至福である。

動植物に猛毒を持っているのは知っていたが、まさか猛毒カニがいるとは知らなかった。
msnニュースから「和歌山で猛毒カニが見つかる」


すさみ町沖で見つかったウモレオウギガニ(エビとカニの水族館提供)

食べたら危険なのか!海水温が暖かい為に、和歌山沖にやってきたようだ。
栗みたいな模様のカニだなと思った。猛毒と知らなかったら、食べるだろうなと思った。

他にも毒蟹がいたページをめくると、次々と出てくる。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

収穫(食べ物じゃないよ)

2011-10-28 09:20:45 | 社会
夕食を終え、バタバタと走って講演会場へ向かった。酒田の総合文化センターは、私が通った啄成小学校の跡地に建っている。遊び場だった弁天さんの境内も昔のままだ。

会場に入ったら、講演会はもう始まっていた。途中から三春氏の話を聴く。報道で流されている日本の経済とは違う実態を聴いた。私は経済の専門家ではないので、詳しくはないのだが、公共事業も経済も非常に歪められて我々に伝わっている事が分かる。興味深かったのはTPPの問題だろう。TPPなんて名前は飾りで、本当は米国中心の不平等な条約らしい。24ある分会を使い、米国の経済が潤うような仕組みになっている。医療保険にしても、日本の国民健康保険制度を自由化し、米国の保険制度を取り入れたいようだ。米国は医療費が高い。盲腸の手術で300万円ほどかかると言う。それでは困ると医療保険に入る。1家族4人で、月平均で15万円が保険に払う費用らしい。日本では資産と所得に合わせて保険費用が算出される。日本政府は医療費の負担が大きいから、保険制度を手放そうとしているのか。

もう一つ、日本の公共事業に対しても、世界最大の米国の建設業者が入札に参加出来るようにするのが、このTPPの分会の一つに入っている。東日本大震災の復興事業に、この会社が入れば、日本人を使うのではなく、およそ1/30の賃金のベトナム人あたりを連れてきて、格安で大儲けを考えている。日本人には何も潤わない仕組みだ。落とし穴がたらふくあるのがTPPだ。安易に入っては、本当に日本が潰れてしまう。


一色氏の講演の内容は、こうだった。尖閣諸島の領海内に通常30隻程度の中国漁船が毎日のように入って漁をしている。日本には外規法と言うのがあって、領海内で操業をすると船は没収さらに罰金刑が適用される。韓国はそれで中国からバンバン罰金を取っているそうだ。日本はそれを発動せずに、操業を止めさせて船を領海外に出す事に終始していた。あの事件は、いつものようにそうするつもりだった。ところが、巡視船めがけて中国の漁船が故意に2度も衝突してきた。逮捕するまでに十数時間を要したが、それを政治のトップが外規法を適用せずに釈放した。中国からの政治的圧力に負けた訳だ。中国ではそれに追い打ちをかけるように、反日デモやレアアースの輸出差し止め、数々のイベントの中止、フジタ建設社員の逮捕と続けてきた。日本政府は反論しなかった。それで悩んだ末に、あのVTRのyoutubeへの流出となる。日本政府とマスコミは、対中国貿易がないと日本の経済は潰れるような書き方をしているが、実際はそうではない数字が出ている。

一色氏は、あの事件の責任を取って海上保安庁を辞めたが、尖閣諸島の領海は危うい状態にあるそうだ。今までは漁船が中心だったが、中国の公の船が調査研究を名目に侵犯をしている。保安庁の巡視船はこれに沿って走行し、領海に入らないように説得するだけだが、数時間もかかった事があった。ここの領海を守るのに3隻しかない。その隙に島へ上陸されたら、日本の実行支配は終わってしまう。日本の保安庁の武力は微々で行使出来ない。自衛隊が出るしかないのだが、総理が決断し国会で承認されなければ出動出来ない。中国では空母まで完成させた。日本の防衛は出来るのか。(大丈夫、この政府は内から壊しているよ、と相の手を入れたい私だった。)

長くなるので、この辺で。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

TPP関係の集会

2011-10-27 13:19:29 | 社会
過去記事TPPの中のサルでもわかるTPPで載せたとおり、良く分からないけど何だか不安なTPPで二つの大きな集会があった。1つは、TPP賛成の経済界中心の集会である。貿易の課税を無くすことによって、利益の上がる団体でマスコミでも消費者に「物が安く買える」と煽っている。それはそれで間違いではない。

もう一つの集会は、日比谷の野外音楽堂で開かれた、JAを中心にした農業関係者と医療関係者達のそれである。TPPを取り込みたい海外(主に米国)は、日本の健康保険制度に浸け込もうとしている。保険を自由化すると、金持ちは大丈夫でも貧困層は保険に入られずに、医療を受けられない。苦しんでいる人を見て救急車を呼ぶと支払いが発生するようになると言う。資本主義と言うか、経済主義がますます金持ちと貧乏人(私を含めて)の格差を開き、医療制度が破壊すると反対の意見を述べている。

TVニュースでも流れたが、見た人達はちゃんと理解しているのだろうか。詳細は田中龍作ジャーナルで。(蛇足:田中龍作氏は放射能つけちゃうぞ発言で大臣が辞任した事件で、大臣に暴言を吐いた某記者を追い詰めたジャーナリスト。で、結局は、「放射能つけちゃう」発言は、でっちあげだったの・・・みたいになっているね。)

医療だけでなく、山形県のように農業が基盤の地域だと、農家の元気が直接経済に跳ね返ってくる。輸入物が安く買えたとて、消費者は豊かにはなれない。日本の農業が成り立たないと、農業から転職する人間が増える。自給率ウンヌンではなく、国家が滅びる危険性がある。それを承知で自分たちが儲ければよい売国奴達が動いている。日本が危うくなったら、海外に移せばよいと考えている奴らだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タテッカーナ

2011-10-27 11:38:46 | 建築・都市・港
タテッカーナとはホームページの名前である。そのまま声にして読めば分かるとおり、「建てようかな」の訛った読み方である。

山形県が、県内に住み住宅などを建てるのに、何処でどの位、補助金や支援が受けられるのかが分かるHPを作った。木材の山形県産材を使えば補助が出るのは知っているかと思うが、市町村によって住宅への支援が異なっている。東日本大震災以後、仕事によってその地域に住むかではなく、どんな支援や優遇、住民を大事にするかを比較して、住む場所を決める世の中になったのだと言われている。安心安全もそうだが、首長の考えによって明らかに地域差が生じている現在、住民も賢くなる必要がありそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どくとるマンボウ

2011-10-26 09:24:15 | 音楽・芸術・文学
どくとるマンボウの北杜夫氏が逝去された。享年84歳だった。
山形県出身の歌人斎藤茂吉の息子であるよりも、遠藤周作らとつるんだハチャメチャぶりが楽しかった。遠藤の作品に、何故彼が北杜夫の名になったのかが、面白可笑しく綴られていた。貨物船に乗り込んで世界を回ったこと、貧乏時代の話、真面目な話、それに赤毛のアンのプリンスエドワード島の裏話など、幅広く世の中を教えて貰った。先に逝った遠藤や小松左京達と、劇団を作って遊んでいるだろうなと思う。不思議な事に寂しくない。私の知っている作家達の大半が、向こう側へ行ってしまったからなのだろう。

女性に歳の話をして恐縮だが、瀬戸内寂聴氏は89歳だそうだ。東日本大震災の被災地にも足繁く通って、人々に元気や希望を与えている。BSで青空説法の様子が映し出されたが、人々の心に染みる、今聴きたい言葉が語られていた。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ゆず

2011-10-24 13:02:49 | 食べ物
昨年は1個も実らなかったが、今年は2個収穫できた。我が家の柚子の鉢植えの、人目に付く上の方に実ったのは、虫たちに美味しいところを持って行かれ、皮が虫喰いである。他の枝に隠れて育った実の方は、ぬくぬくと育ち、色がついた。



もうそろそろ収穫せねばと、ハサミを持って・・・のその前に、1枚撮した。



大きさは、こんなにも差が付いた。同じ木に実ったのに、この差はなんだろう。虫に虐められたから、小さく育ったのかな。香りが、ああ、正真正銘の柚子だった。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

senngoku38

2011-10-24 12:58:37 | 社会
頑張れ日本行動委員会の1周年記念講演会の案内が届いた。



今回の講師の中に、元海上保安官で、尖閣諸島中国漁船衝突事件で、映像をyoutubeに流して有名になった一色氏も入っている。



入場無料だが、入場整理券が必要だとパンフレットには出ている。多分、当日でも会場で整理券が手に入るかも知れない。その前に手に入れたい方は、文化センター内で扱っているそうだ。

講師の全員の名字に、数字が入っているのは、偶然かな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当選!

2011-10-22 10:18:57 | 建築・都市・港


昨日、事務所に戻ると、ic-netから封書が届いていた。あ、もしかして!?
LED懐中電灯のプレゼント応募で、当たっていた!
早速電池を入れて、点灯してみる。防水で水中でもOKらしい。ふふふ
これで今年の運を全て使ったことになりませんように。



アドルフ君の昼寝。だんだん暖かい日向から外れてきているよ。
黒いチョビ髭と思っていたのが、鼻が黒かっただけなんだ。
近づいたら目を覚まして「何すんだ!」の目でにらまれた。



こちらは今日の猫団子。丸くなったおはぎのようで、美味しそうだ。
中はほかほかだろうな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カダフィ

2011-10-21 13:00:46 | 社会
独裁政権が長引けば、政治が腐るのは当たり前で、国民にとっては辛いことも多かったろう。自由と民主主義の御旗の元に、カダフィが殺された。本当は石油の利権の強奪合戦で、根本はイラク戦争と変わりないと感じるのは何故だろう。まぁ、裁判を受けたところで死刑は免れなかったろうが。現代は携帯電話で動画が撮せるので、カダフィが捕らえられた様子やその後の遺体も、朝からTVで流す。その字幕が「アラーは偉大なり」これはわざとなのだろうか。イスラム教を馬鹿にしているのか。それに、こんな映像はネットで陰に隠れて見るような物なのに、平気で子供の見る番組やニュースでも流している。日本のマスコミは、視聴者が喜べば何でも流すのか。まったくどうかしてる。

アラブは、部族と首長をどう取りまとめるのかが重要だ。そこではカダフィの行った功も大きいと思う。その仕事を継げる人物はいるのだろうか。ますます混沌として、欧米や中国から付け入れられる機会が増えたと思う。民主主義経済は完全ではない。弱い者が損をして滅びる図式は変わりない。どうなるんだろうな。まぁ、先に日本を心配しよう。

追加:カダフィがいなくなって、誰が一番得をするのだろうと考えた時に、面白い物を見つけた。
youtubeのゴールドマン・サックスがカダフィのへ支払い踏み倒しである。カダフィの資産が外国の色々な所に分散してあるが、それを凍結すると言う所が多い中で、世界恐慌に近い原因を作ったゴールドマン・サックスにカダフィが投資した金を、猫ババするつもりらしい。1人の人間を悪者に仕立て上げて、寄って集って財産をむしり取る構図も見えてきた。

--------------------------------

さて、気持ちを入れ替えて。
嬉しいニュースも入ってきた。オーストラリアで行われたソーラーカーレースで、純国産のソーラーを積んだ東海大チームが連覇した。おお、おめでとう!
産経ニュース
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

山形の秋第3弾

2011-10-21 12:38:25 | 動物・自然


我が家の前の山王の森にも、木の実は成る。これはカラタチの実、香りは強いが食べない。一度果実酒にしてみたが、エグミがあって美味しくなかった。ピンポン球よりも小粒で可愛い。



トチの実、大きな栗のように見えるが、そのまま茹でても苦くて食べられない。とち餅にして食べるには、灰汁で渋抜きをしたりと手数がかかる。なので、もったいないなと思いながら置き去りにして写真だけ撮ってきた。



ご存じ、銀杏はイチョウの実の種を食べる。この時期になると、地面に沢山落ちるようになる。踏みつけないように歩くことが必要だ。これも写真だけにした。



頂き物の天然なめこ。茸狩りが出来る所に住んでいる。それはとても幸せだと思う。今までは普通のことだったのに。



おまけ:S氏が撮したシジュウカラ。シジュウカラが群れでやってきた中に、いつも1羽だけコゲラが混じっている。それを狙ったらしいが、カメラを手にした途端、見失ったそうだ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

山形の秋第2弾

2011-10-21 09:37:24 | 動物・自然


天気が良くて鳥海山が綺麗だと聞いたので、仕事の途中にちょっと田圃の方へ寄って撮してみた。四季折々の鳥海山で、雪の白と青(緑)がない、茶色の鳥海山である。登ってみれば美しい紅葉なのだが、離れてみるとこんな色になる。中央の引っ込んでいる所は千畳が原で、黄金色に輝くススキなどの草で覆われている。



田圃のあぜ道に近づくと、足下から飛び跳ねる無数の生き物がいた。イナゴの群れだった。田圃の稲が刈られて、緑の草の残ったあぜ道に寄ってきたのだろう。



緑の綺麗な雨蛙。草むらでは見えないが、刈られた田圃だと目に着く緑である。



おまけ:アドルフ・ヒットにゃん。



おまけ:俺は関係ないね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

TPP

2011-10-18 08:49:11 | 社会
経済界からは賛成、農業生産者からは反対と言われているTPPだが、その他にも色々なカラクリがあって、簡単に入ると日本が潰れてしまうのではと思う所も見えてきた。医療と保険も危ないなと思う。中身がイマイチ判らないのは、国民に判るように説明すると都合の悪いことが出てくるからなのだろう。ちょっと判り易く書いているのがサルでもわかるTPPである。小泉竹中の売国路線が続くのかと思うような内容である。

農作物の輸出入に問わず、農業従事者でなくても、モンサントが絡めば、庭先の家庭菜園でも作れなくと言う話を聞いたことがあった。金持ちばかりが優遇される、自衛さえ出来ない、そんな理不尽なことが起こるかも知れない。

日本人の生活を考えると、日本政府は年金の給付年齢引き上げについても、こうなる事は判っていたのに、他人の金だと思って湯水のように使っていたことも尾を引いている。真面目に働いて払っていた年金が消え、給付年齢は引き上げになり、仕事はないで、どうやって生きろと言うのか。一銭たりとも払わずに生活保護を受けた方が、金額が高いなんてことが現実なのだもの、若い人は払わないだろう。無駄なところに税金を注ぎ込まず、もう一度しっかりと見直すことをしたらどうだ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

山形の秋

2011-10-15 10:58:15 | 食べ物


2日続けて山形市へ行った。



カメラを持って行っても、なかなか面白い題材は撮れないものだ。これは松山交差点の工事現場に飾られていた人形。風でゆらゆら揺れていた。



初日は白糸の滝のドライブインで昼食に天ぷら蕎麦を食べた。昔、母達と神田へワラビ採り行った帰りに、ここの蕎麦を食べたのが美味しかった。久しぶりに食べたが、昔と味が変わったのかなと思った。
2日目は、新庄市の47号線沿いにあるパチンコ屋の隣の龍横健の小盛りである。この店名は、どう考えてもラーメン屋には見えない。店にはラーメンとチャーシュー麺しかないのだが、店のメニューにはそばと肉そばとしか表示されていない。一風変わった店である。麺は驚く太麺だ。



行く先々で道の駅や産直を見て回ったが、お目当ての山葡萄は出ていなかった。高麗館の横の産直で聞いてみたら、今年は茸も山葡萄も時期が遅れていると言う話だった。茸は毎年10月10日頃が盛りなのに、今年は変なのだそうだ。「20日頃に神田で葡萄が並ぶかも」と聞いたが、神田までは行けないなと思った。代わりに緑の葉も鮮やかな落花生を買った。茹でたら美味しかった。小さくて若い鞘は、そのまま食べられた。



尾花沢の道の駅では、大きな粒のサルナシが売られていた。果実酒に目覚めた姪の分と私のと2袋を買った。



早速、ホワイトリカーに漬け込んだ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

〈プロメテウスの罠〉防護服の男

2011-10-15 10:19:06 | 東日本大震災
朝日新聞を止めて何年も経った。何十年も読んできたが、この新聞の主張がおかしくなったと感じたからだ。日本と世界の流れは、ネットで眺め、地元の催しなどは山形新聞を読んでいる。東日本大震災の福島第一の原発問題では、国と中央メディアの大本営発表のいかがわしさは目を覆うばかりだった。それでも全てのジャーナリズムが死んだ訳ではない。少しずつ方向転換をしてきているとも感じる記事もあるようだ。

「〈プロメテウスの罠〉防護服の男」は、朝日新聞の連載だそうだ。HPで読めるようにすれば良いのだろうが、これを書きとめて読めるようにしてくれた薔薇、または陽だまりの猫さんに感謝したい。この記事を読むにつけ、日本政府、東電、福島県のやり方に憤りを感じる。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加