無題・休題−ハバネロ風味−

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

女性のための港の経済学

2014-02-28 08:40:46 | 建築・都市・港

3月14日、山形市のパレスグランデールで、NPO法人酒田港女みなと会議主催のやまがた女みなとフォーラム「女性の為の港の経済学」が開催されます。

末尾に記載されている通り、「来てくれてもっけだの抽選会」も行います。

参加者は男女を問いません。ふるってご参加お待ちしています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪旅籠

2014-02-27 12:43:54 | 酒田

待ち合わせの山形県庁のロビーで見た、昼休みのTVのNHKの放送で、西川町志津の雪旅籠の様子が流れていた。私は未だ1度も見たことがなかった。現地視察の解散の後、帰りは国道を走らずに高速で志津に降りて、観に行ってみようと思った。久しぶりの真っ赤な夕焼けが山の向こうに落ちるのをめがけ、高速道路を走った。出口を降りた辺りで、とっぷりと日は暮れていた。志津へは随分と昔に行ったが、もう道路の記憶は残っていなかった。間違えて山の奥へ入ってしまわないかと恐れながら道を進んだのだが、無事に目的地へ着き、駐車場へ誘導員の方の指図通りに車を止めることが出来た。

賑やかな方へ歩いていくと、小さな小屋の中に若者が3人座っていて、その内の一人が「通行手形は300円です。」と言った。通行手形を首から下げ、関所を通って会場へ入る。

空はまだ少し明るかったが、雪旅籠に灯された明かりは綺麗だった。

中へ入ってみた。(フラッシュを焚いて撮す。)

フラッシュなしで撮す。

フラッシュを焚くと、雪の白に反射してうまく写らないと思ったのだが、灯りのオレンジ色はこちらの方が本物に近い。

大きなかまくらの中へ入った。

可愛い飾り付けと、志津の昭和の頃の写真が並んでいた。

様々な雪旅籠や、雪と灯りの壁もあった。

思いのほか、観光客やカメラマンが多い。

雪旅籠には、階段や入り口が着いており、中に入ることが出来る。

出羽三山の旅籠には、神棚も造られていた。ただし2階にはあがれない。

内部はそれぞれである。

されに奥へ進んでいく。大型バスでの観光客もおり、混雑してきた。

地元の人達と学生達の合作らしい。

志津温泉では、雪旅籠は殆どが道路の川際の方へ造られていた。

旅館側に造られていた青い光のかまくらの中に入ってみた。

入り口から、LEDの照明が灯されていた。

カフェというか、アイスBARだった。中央の氷の照明がとても綺麗だった。青はあまり良く写らない。

どんどんと人が多くなった。

中の照明も飾りも綺麗だ。

これは、雪で出来ていない方の普通の旅籠である。

うさぎに見送られながら、帰途に着いた。

尚、開催期間は3月2日(日)の午後9時まで、点灯されている。

詳しくは雪旅籠HP

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フラワー長井線

2014-02-27 09:56:49 | 建築・都市・港

エドワード鈴木の設計である赤湯駅の裏に、フラワー長井線の駅舎があった。

こちらはがログハウスで出来たフラワー長井線の駅舎である。

待合室

あれれ、これはフラワー長井線のダイヤではないんだ。

赤湯から荒砥までの切符を買った。

750円なり。

隣の線路に、山形新幹線つばさが到着した。

私達が乗るのは、こちらの方。

一両編成である。

勿論、始発駅なので、この先の線路はない。

出発した。今年はこちらも驚くほど、雪が少ないのだそうだ。

この線路沿いの踏切は、待ち時間が非常に少ない。保線管理の人達も、電車が通り過ぎるとすぐに出てくる。

これは何の足跡だろう。

駅と駅の間隔が短い。駅の停車時間も短い。ここは梨郷駅と書いて、りんごう駅と呼ぶ。

このカーブを描く鉄橋は古いそうだ。橋脚が綺麗だ。

この駅も古かった。古い駅舎を求めて、全国から観光客がやってくると言う。

右の方から米坂線が近づいてきた。米坂線は、米沢と新潟県の坂町を結ぶ線路である。

今泉の駅で、米坂線の電車と待ち合わせをする。

もっちぃと言う白兎の駅長がいるそうだ。

長井駅から、団体客が大勢乗車して、全員が席に座れない状態になった。今までワンマンカーだったのに、車掌さんも乗り込んできて、ハンドスピーカーを片手に、フラワー長井線の観光ガイドを始めた。私は得したなと思いつつ、面白がって聞いていたのだが、名物の方言の豊かな車掌さんではなかったそうだ。

飯豊連峰も見えず、葉山連峰も霞んでいる。天気が良いはずなのにと思ったら、やはり中国からのPM2.5だった。判っていたのに、マスクを準備して来なかった。山形県の中では、長井市が一番多かったそうだが、その真っ直中にいたことになる。(県庁の人はね、マスクをしていたのよ。まぁ、自己責任だけど)

こんな小さな駅もある。

終点の荒砥駅に着いた。中央にいるのが、車掌さんだ。フラワー長井線名物(?)のタオル600円と絵葉書セット500円まとめて1000円を車内販売していた。団体客は東京からだったらしい。

大勢の客が居たために、最後尾で撮せなかった最上川に掛かる古い橋梁を見に行った。これは他からの移設のようで、今まで使っていた線の電車の重量の見直しの為、譲り受けたのだそうだ。長さが長かったので、2つに切ってもう片方は別の地域で使われているそうだ。実は、電車でここを渡ったら、とっても揺れたのだが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上山・花咲山

2014-02-27 08:50:39 | 建築・都市・港

景観審議会で現地調査があった。

雪で車は途中でストップ、後は自力で歩いていく。

上山市を一望する高台が今回の現地である。

葉山神社の登り口の花咲山

ここには、恋人の聖地とやらの名称も着いており、ごらんの通りに「錠」が沢山結ばれていた。

ここで結婚式を挙げるカップルもいたとか。

眺めは良い。

奥の蔵王連峰が見えなかった。単なる霞だと思っていたのだが。

上山城も見えた。左の大きなビル群がかみのやま温泉である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月25日(火)のつぶやき

2014-02-26 03:52:32 | 酒田

酷いな"@kichomsan: CMに騙されてはいけない bit.ly/170MuNE … 「癌」で死亡した時のみ支払われる。ほとんど人は「癌」になっても「癌」では死なない(心不全や肺炎で死亡)ので、支払われず。約款に小さく書いてある。普通の人は騙される。"

小山惠子さんがリツイート | RT

日本の皆さん、25日午後から26日にかけて大きな大気汚染の波が日本を襲いそうですね。ほぼ日本がスッポリ覆われる範囲。私も毎日チェックしていますが、これほどの規模は珍しい。 pic.twitter.com/msDa6e1RSX

小山惠子さんがリツイート | RT

#拡散
キャロライン・ケネディさんは知ってるよね、このニュース。 イルカやクジラの大量座礁や大量死。米海軍がその関与を認める。訓練や実験による海中の爆音によるもの。karapaia.livedoor.biz/archives/52141…@karapaia pic.twitter.com/yTqbrJ296w

小山惠子さんがリツイート | RT

@nagano_t @HuffPostJapan ぜひ知っておいてほしいことがあります。

普通の韓国人学生が堂々と・・。世界各国の図書館所蔵地図の #日本海 の上に韓国名シール貼った事件youtube.com/watch?v=kfm3wQ… pic.twitter.com/deTtoCrVLA

小山惠子さんがリツイート | RT

【必見】地球を覆ってる水って…ただの薄い薄い膜なんだ。
これだけが循環しているんだ。
地球上に水は、たった、これだけしかない。
福島事故はこの水を、取り返しのつかな いほど汚した。
rocketnews24.com/2012/05/22/211… pic.twitter.com/gK7XYfKr61

小山惠子さんがリツイート | RT

楽しそうRT @jiburi_lol ウァーーートトロベットだ・・・ 子供が喜びそ〜! pic.twitter.com/L7hjjl2fIJ

小山惠子さんがリツイート | RT

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酒田港

2014-02-25 14:49:42 | 建築・都市・港

酒田北港のコンテナヤードに、ガントリークレーンが増設されたが、コンテナ船も週3便になるようだ。

記事が長すぎて読めないじゃないか。しかも本間市長の所に水もこぼしているし。

ちょっと大きくしてみた。願わくば釜山経由でなく、直接に中国に運べれば良いなと思う。各港を回るのと釜山経由で、目的地に着くまでに時間が掛かるとのこと。

来月から増設なのだが、どうやら3月14日にセレモニーが行われるようだ。その日は、山形市でも、酒田港女みなと会議主催のシンポジウムが開催されるのだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第8回酒田の木で家づくり無料相談会

2014-02-22 20:07:07 | 酒田

急がなくっちゃ!

2月23日、マリーン5清水屋の5階で、さかた木づかい夢ネット、家づくりネットワーク酒田飽海主催で、無料相談会が開催されます。自分達で作品を作るお楽しみイベントも同時に開催されます。プレゼントも用意しておりますので、どしどしご参加下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋田へ

2014-02-22 18:42:44 | 建築・都市・港

翌日の21日は、建築のシンポジウムを聴講する為に、秋田市へ向かった。S先生、Nさん、S氏と私で4人である。秋田は雪が多いと聞いていたが、象潟の辺りは驚くほど雪が少なかった。

Nさんが、安藤忠雄設計の秋田県立美術館をまだ見ていないと言ったので、少し早めに出かけ美術館へ入った。我々が以前入った時には、絵の展示もなく入場料も無料だった。今回は藤田 嗣治の絵の展示と、3月23日までの「シルクロードの記憶」として秋田県と中国の友好30周年記念の交流展が開催されていた。それなのに、入場料が300円だった。安い!

ここで初めて、藤田画伯の描いた大作「秋田の行事」(1937年作)を観ることになった。とにかくでかい!この絵を入れるとて、古い秋田県立美術館が建てられたのだが、よく移動させられたものだと感心する。(シルクロード展は1Fと3Fに有り、3Fの方は部屋に入るとゾクゾクした。敦厚にあった墓の出土品を飾っていたからだ。ちょっと恐い。)

その後、市民市場で買い物と食事をしたが、それは後で載せようと思う。

シンポジウム会場の秋田市文化会館に着く。

5階の大会議室で行われるのだが、当初の予定の参加者を遙かに超えてしまったのだそうだ。

秋田市は大きいなと思う。

混むのが予想されたので、前の方の席に座る。

4名の講師の話が始まった。木造のと言うよりも、木材供給の問題点が、オフレコで話される。

今まで常識だと思っていた木材の嘘ホントが次々と暴かれる。

内容はどんどんと難しくなり、まるで大学で講義を受けている気分になった。

丁度同じ日に、酒田市では市役所庁舎の工事見学会(地中熱)があり、この木造の講習会も東京でもっと大きな会場で開催されているとのこと。この地域材と中規模建築に関するセミナーは、秋田会場が最後なのだそうだ。脳みそに入りきれないほどの知識を短時間で味わう事になった。内容の濃い面白いセミナーだった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋田市民市場

2014-02-22 18:07:15 | 食べ物

秋田県立美術館から移動して、秋田市民市場へと向かった。

秋田市民市場は、秋田駅の近くにある。酒田の市場も、こんな市場だったら良かったのにと思わせる。

中に入っている店舗は、魚屋が断然多い。

カメラを向けても嫌がられず、「これも撮って良いよ。」と教えてくれる。

それはそれは、でかい真鱈だった。「アンタ達、どこから来たの。ほぉ〜庄内から。庄内で寒鱈祭りをするけど、地物でなくってここから送ってやるんだよ。」と裏事情を聞いた。秋田の鱈はでかかった。庄内のは確かに小振りだった。海水温が高いのが原因だと思う。「毎年、それは問題になっていくね。」と、会話になった。

ホタテ貝もでかいこと!

これは、秋田の名物である。

これは別の店で見付けたのだが、誰よこのキャッチコピーを考えたのは!(笑)

「日本一美味しい魚屋だよ。」と呼び声がかかる。

マグロの刺身も安い。

そのマグロ屋の奥で、こんな骨を見かけた。

でっかいホタテ貝は、250円から他の店では300円。店によって値段が違うところが、市場の中をぐるぐる歩きたくなる原因でもある。私なら、1時間でもまわっていられる。

昼食は市場の奥の支那そば屋にした。

十文字ラーメンなのだそうだ。Nさんは隣の寿司屋が良かったらしい。焼き肉屋やお弁当屋など、数軒が並んでいる。

3人は醤油味を注文し(食券を買うのだった。)

1人は味噌味にした。麺は細い。さっぱりとして美味しい味だった。

食べ終わった後、別のコーナーにも回ってみた。

美味しそうなタラコもあったが、どうしても先日買った東京のアメ横での値段と比べてしまう。

野菜や総菜の店の方へと歩く。いぶりがっこも沢山並んでいる。

都会での大雪で野菜が少ないと言う話は、ここでは通用しない。溢れるばかりの野菜や果物だった。庄内産の野菜も多い。

大きなメローゴールドを2個買った。市場は、本当に楽しい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜日の山形路

2014-02-22 17:41:42 | 建築・都市・港

山形市で午前10時から会議があるので、7時半に家を出て、庄内空港から高速に乗った。雪道でも2時間で着くだろうとは思ったが、途中除雪で止められるかも知れない。それを見越しての早出だった。高速道路なのに、50キロ制限の標識が出ていた。気持ちに余裕があったので、除雪ピットに車を寄せて、急いでいる後ろの車を追い越させてやった。(^^)追い越した車は、2-3度ファザードランプを点滅させて挨拶して走り去った。それに気をよくした私は、櫛引の辺りでも同じように後ろの2台を追い越すように道を譲ったのだが、譲って100mもせぬうちに2車線になった。譲った私は馬鹿みたい。

高速を降りて月山道路を走ると、案の定除雪の為の片側通行になり、しばし止められた。月山道路の雪は昨年よりも確実に少ない。

山形市は、例年になく大雪なのだそうだ。気の毒なのは狭い路地である。両側に雪が積み上げられており、車の轍は1台のみが走れるだけ、すれ違いもままならなかった。

今回の緊急会議は、建築士会が山形県内の茅葺き屋根の建物の調査業務の入札(山形県発注)に参加する話だった。落札すると、緊急に9名の新規雇用者を集めなければならないのだそうだ。

会議の終わり頃に、鳥中華がやってきた。和風出しの中華そばなのだ。出前だったからちょっと麺が柔目だった。

帰りは国道13号線から47号線を目指す。これは山形市内の様子。

ここは天童市。天童にしては雪が多い。

村山市近くは雪が少ない。

なかなか信号で止まれなくて、尾花沢市に突入した。

ここも尾花沢市。雪国には除雪車が似合う。

毎度おなじみ、尾花沢の道の駅の駐車場。

戸沢の道の駅の階段に登って撮した最上川。雪が邪魔で見えなくて、こんなに高いところまで登ってしまった。

せっかく信号で止まったのに、青になって慌てた。左に曲がると肘折温泉に行く。

酒田に帰ったら、雪は止んでいた。あれ、何故太陽が縦に長く見えたのだろう。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

雪時々雨水

2014-02-19 08:18:23 | 動物・自然

今日は「雨水」なんだそうだ。春も足音を偲ばせて近づいているのに、寒さと雪は消えない。

雪の少ない関東に降った豪雪で、被害額が190億円などと言う数値が出ている。出荷間近の野菜やビニールハウス、勝沼ワインの葡萄棚も随分と被害を受けたようだ。農作物の被害の他、まだ孤立している集落もあるようで、「雪は一晩で消えるから。」と、のたまった新知事は、自分の所の被害をどう見ているのだろう。雪の対策をどうこうするのではなく、4年後の韓国でのオリンピックに協力するなどと発言しているのが伝わってくる。現在の自分の立場は、外交ではないだろうに。

野菜の生産地や途中の流通の被害で、酒田の店でも品薄になっていると聞く。野菜は地物を回せば良いし、これも時間が解決してくれるだろう。関東での被害は農作物だけではなかった。建物にも被害が出て、アーケードや倉庫、体育館の屋根も潰れたようだ。実は某厨房機器の工場が潰れて、在庫有る製品以外は、出荷出来るのが5月以降だとの情報も入ってきた。消費税がらみで3月いっぱいの追い込みが掛かっている建築業界にも影響がでるようだ。

ところで、雪崩で通行止めになっている国道48号線は、いつ開通するのだろうか。雪の被害は関東だけではない。北海道でも酷い状況らしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山梨県がひどいことに

2014-02-17 10:38:43 | 動物・自然

山梨県が雪で埋まっている。死者も出た。非常事態だと言うのに、あまり詳しいニュースが入ってこない。

山が多い県だもの、大雪には慣れているのではないかと思ったが、普段は年に数回20−30cm積もるだけで、数年に1度50cmと言うのだから、1日で1mを超えれば大変な事になるのは判る。地元からの画像を取り込んだ 雪やべぇ を見ても、酷いことになっている。除雪の建設業者はいないのか、自衛隊は出ないのか、電気や水のインフラも止まり孤立している温泉街もあると言う。隣接県でも応援しないのか。何だか、日本の危機管理の一端が見えたような気がした。

この雪は山梨県に限らず、物流の面で各県にも影響を与えている。酒田でもスーパーのチラシの目玉商品が、雪の為に届かず、お詫びの紙が商品棚に貼られている。北関東から到着するはずの生鮮野菜も少ないらしい。

 そうか、盆地なのか。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

買ってきた

2014-02-16 09:40:20 | 食べ物

早速買ってきた。左が抹茶小豆チョコで、右が珈琲小豆チョコである。なるほど、中のチョコはホワイトチョコなのね。他に食べる物があったので、それぞれ1袋づつにした。移動するガソリン代を考えると、もう少し買った方が良いのだが、また今度にしよう。

これらの小豆チョコの進化系は何だろうと考えた時、次はきな粉ではないかと思う。

右が、同じ「でん六」で出している寒天餅、これも初めて食べる商品なのだ。店の棚に別の味の餅も併せて2種類の袋が並んでいた。今回はこのきなこと落花生にした。

反対側の棚に、BOURBONのアルデンテな噛みごこちと書いてあるグミの袋を発見する。さて、アルデンテとは、グミの中に芯があるってことなのかな。そんな難しい事ができるのだろうか。

これは某店の前にあった自動販売機で見つけた物。まるで日本で作ったものではない色をしている。着色料は入っていないと書いてあったのだが、果たして美味いのかは判らない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チョコレート

2014-02-14 12:55:57 | 食べ物

今日はバレンタインデーだが、我が家では誰もチョコレートと騒がない。何故なら、この日が母の祥月命日で、浮かれた気分にはないからだ。母はチョコレートが好きだった。特に冬限定のラミーチョコとバッカスチョコ(どっちもアルコールが入っている)が好きで、大人買いしていた。私も生前は勿論、昨年までは買ってきて仏壇にあげたものだったが、最近のごっつう嫌韓気分でLOTTE製品を避けている。小市民の馬鹿馬鹿しい行動だと思うが、これは私の意志である。

そんな中、スーパーで「でん六」の新しいチョコを発見した。新製品なのか、以前からあったのかは判らない。袋の中に一口分づつ小分けしてある。食べた瞬間は大人の渋めの味がして、後から甘さが追いかけてきて、なかなかの味である。しかし小分けの袋の数も少なく、あっと言う間に無くなってしまう。また買いに行かなくては。さて、何処で買ったっけ。

器に入れたのは2袋分の量である。・・・・・・あれ、何で奇数なんだ!!不公平じゃないのか!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥海山

2014-02-13 09:27:29 | 動物・自然

仕事の帰りにあまりに鳥海山が大きく見えたので、車から降りて撮してみた。

ちょっと雲が邪魔なんだが、仕方がない。こちらの都合で動いてくれる筈もない。

日中、ストーブを消しても良いほどの、好天だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加