無題・休題−ハバネロ風味−

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

土門拳写真記念館

2016-05-06 14:05:47 | 音楽・芸術・文学

5月3日は、土門拳記念館で、堤勝雄ギャラリートークが開催される。午後の3時から行われるのに、寄り道をしたので15分ほど遅れて着いた。

今回のギャラリートークは、教室で行うような講演会ではなく、実際にローマ展用の写真を見て歩きながら説明してくれるので、よく判る。堤氏は土門拳の内弟子だそうだ。最初の15分を聞き逃したのは勿体なかった。私は土門拳自身には会った事が無かったが、彼の写真集や書籍を見ていたせいか、言わんとすることは伝わったと思う。ただ、何でもかんでもリアリズムの巨匠と言うのも、おかしいなと感じる。堤氏は土門の風景写真も、一瞬を捉えたリアリズムだと説明したが、いつだったかの売店で販売されたいた風景だけのカレンダーの写真は、ポイントが掴めないほどぼやけた物だった。私は風景よりも人物や町並みの作品が好きだ。

作品が戦前から戦後に移り、「ヒロシマ」の画面になると、原爆に対する土門の思いに上乗せされ、堤氏のトークは反原爆から福島の反原発、果ては安倍政権への批判とヒートアップしていく。差し詰め、どこかの団体のアジ演説風になっていくのを聞きながら、批判するなら現政権ではなく、原爆を落としたアメリカだろうにと思う。

売店で1冊の本を買いながら、池を眺めると景色が良い。そこでも写真を撮させて貰ったが、土門拳記念館の中では、作品だけ写さなければ、室内などは撮影可能だそうだ。それを知っていれば、もっとスナップを撮れたのに残念だった。ギャラリートークと連休が重なって、展示室がこんなに人がいると思う程、混み合っていたのだ。

この第2展示室に向かう廊下の窓は、一箇所毎に大きさが違う。どんどん売店側に近づくに従って幅が狭くなってくる。人間の目の錯覚も使った面白い空間となる。

その窓から、外に人が見えた。そうか、あの滝の上に行くことが出来るんだなと、玄関から横に回ってみることにした。

竹の植え込みが見える。近寄って良く見ると。。。。

筍が無数に出ていた。わぁ、美味しそう!!

池では、いつもの通り、人間達が鯉に遊ばれていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形市の春

2016-04-27 13:23:05 | 音楽・芸術・文学

会議で山形市に向かう。国道13号線、西バイパスから工業技術センターに行くまでの間、白とピンクのハナミズキの街路樹並木がとても綺麗だった。

道路がこんなにも華やぐのかと感嘆する。

会議は建築士会の常務理事会と理事会のダブルヘッダーなのだが、常務理事会が紛糾して時間が大幅に押され、急いで冷たくなった昼食をかき込む。

理事会では、会長が熊本地震の為の緊急東北ブロック会に出るとて退席した後、諸処の意見が持ち上がり、6月の総会の為の理事会だったのに、もう一度集まらざるを得ないようになった。そろそろ改革が必要な時期になったのかとも言える。

さて、夜のJIAの集まりまで時間があったので、山形美術館に行く。遠くに見えるのは、霞城セントラルビル。

山形美術館は、山形城城跡の堀の傍にあり、大手門からすぐだった。

逆光で写真を撮った為に、オレンジの丸が取れない。

城跡の桜はすでに葉桜になっていた。

美術館へ向かう。

美術館内は撮影禁止であるが、2階のロビーから公園内を撮した。霞城セントラルは山形駅の西口に建っている。

さて、今回の催し物は、スタジオジブリでも活躍した山本二三(やまもと にぞう)氏である。

1階の一部屋だけ、撮影可だった。勿論それようの印刷物である。

実際撮影に使われる絵は、正味A4程度の大きさである。それに花も草も見事な細密画で描かれている。

今回の山本二三展を記念して、山形市の文祥館を描いている映像と、作品があった。それもそれで見事なのだが、私は彼の描いた月山が素敵だったので、ショップで探したが売られてはいなかった。すごく残念。

彼の描く雲と、草が巧い。特に草むらは風を感じる。才能と言うか、仕事だからと言うか、何ともアニメの風景画家は勿体ないと思う。

特別展を見終わった後に、長谷川コレクションの常設展示室に入る。私はこの部屋の作品が好きだ。涎の出るような印象画の巨匠の作品が並んでいるのだ。下手な美術館では真似の出来ない作品群だと思う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Prince, Tom Petty, Steve Winwood, Jeff Lynne and others -- "While My Guitar Gently Weeps"

2016-04-24 22:00:54 | 音楽・芸術・文学

こんな所にプリンスが居るとは思わなかった。

Prince, Tom Petty, Steve Winwood, Jeff Lynne and others -- "While My Guitar

Gently Weeps"

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土門拳写真記念館

2016-04-24 19:42:26 | 音楽・芸術・文学

日本とイタリアの国交樹立150年目を記念して、ローマ市のアラ・パチス博物館で土門拳写真展が開催されている。「Domon Ken ll Maestoro del Realismo Giapponese」(土門拳 日本リアリズムの巨匠」と題された展示会は、海外では初の本格的な土門拳展になる。ローマの展示作品に併せ、構成された写真展が4/13から7/10まで開催されている。

5/3には、堤 勝雄氏。6/11には、藤森 武氏のギャラリートークが開催される。この藤森氏は土門拳の弟子だった筈。寒河江の慈恩寺の仏像の写真集を買ったが、彼の作品だったと記憶している。残念ながら土門拳のようなツッコミが、もう一つ足りないと思うのは、私個人の意見である。

土門拳写真記念館に行くのならと、高見台のト一屋へ寄り、食パンを買ってきた。いつもはパンの耳を準備するのだが、午後になっての移動だったので、食パンにした。中の口のcoop のパンの耳は午前中で売り切れるのである。

ところが、ここに見える家族連れの殆どが、私と同じ考えだった。普段なら折り重なるようにやって来る鯉たちは、桜の花びらよりも多いパンに、半ば迷惑そうに一つ二つ飲み込むのである。その体長ときたら、1m越えがザラだったのに驚いた。可愛げなどと言うものは、もはや無い。ただ、良く見るとパンの柔らかな部分に食いつく沢山の稚魚がいたのに、ちょっと和む。

遠巻きにパンを啄むのはカモである。白鳥は1羽しかいなかった。

 

八重桜の向こうに、鳥海山が見えた。

大きなドアを開けて、写真館に入る。館内は撮影禁止である。

結論から先に言うと、今回の写真展はGoodである。リアリズムの巨匠と言うだけあって、戦後の街中や子供達を撮した作品は、ロバート・キャパも真っ青な作品ばかりだった。私は、こんな写真はごっつい好きである。土門拳の作品集を数冊持っているが、その中に納められていない作品が数多く並んでいるのに、鳥肌を立てながら見入る私は病気だと言える。

例えば、筑豊の子供達。あの姉妹の写真も、ネガをそのまま現像した(ほらね、私がいかに素人か判る)小さなままの一連がガラスケースの中に陳列してある。これが、目が悪いんで見えない。今度眼鏡をもっていかねば。)沢山撮した中の1枚を、作品として世に出すのだから、勿体ないこと極まりない。

それから、彼の「ヒロシマ」も、海外で展示されるのは喜ばしいと思う。「ヒロシマ」で亡くなった人達と、生きようと戦った人達の様子も、海外の人達に伝われば良いなと切実に思う。

 

始めて土門拳写真記念館を訪れる人の為に、数枚の仏像の作品は展示してある。いつもどっさり古寺巡礼が並んでいる展示室も、今回はリアリズム作品に占領されていて、私は口元がニヤリとするのを押さえられなかった。いやいや古寺巡礼も勿論良いのだが・・・と今回は別の楽しみ方をした。仏像の手相が各々違う。それは手相占いのお笑い芸人島田秀平が、仏像でも彫刻や絵画でも手相占いが出来ると面白い事を話していた。私はふんふんと見て回ると、これはないだろうと思える仏像の手があった。それと、千手観音の手を横から写したのが恐かった。全部違う手相だったら、占いは出来ないんじゃないかなどなど・・。

中央の彫刻は、イサムノグチの土門さん。

建築物は、時が経てば劣化していくのが常だが、劣化どころか時間と共に生きていると言うか、新たな発見をするのが、この土門拳記念館だ。建築家の谷口吉生氏の設計で、見事と言うしかない。

勅使河原さんの庭。これは絶対に館内から見るに限る。迫力がまるで違う。

渡り廊下を抜けて庭に出る。

この庭のお薦めは、紫陽花の頃だろう。それでも四季折々に美しい佇まいを見せてくれる。

勿論、渡る。

一番先頭にいるのが親で、その後ろは子供だろうと思う。渡り終えるまで待つ。まだ茂みから出てこれない1羽がいた。

市内のソメイヨシノは散ったが、この庭の花見はこれからも良いなと思う。夕暮れの陽が当たっている。

池を挟んで、写真記念館を見る。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上原ひろみ・米ビルボード1位

2016-04-15 10:58:10 | 音楽・芸術・文学

Hiromi Uehara The Trio Project - Desire 

嬉しいニュースが飛び込んできた。上原ひろみの新アルバムが、米ビルボード誌のジャスアルバム部門チャートで1位を獲得した。

日本人が部門チャートで1位は始めてじゃないのかなと思う。画面は、新アルバムの物ではないが、彼女のトリオの演奏の様子が窺える。1位を獲得したのは4枚目のアルバムで、「SPARK」だそうだ。ちょっと探してみよう。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

羽黒山神社 太々御神楽奉納

2016-04-08 14:54:49 | 音楽・芸術・文学

5月28日(土)、羽黒山神社にて、太々御神楽の奉納と権宮司 阿部良一氏の講演が開催される。

巫女舞は、比較的目にする事が多いが、神主舞は始めてである。春日大社から舞手が来られるようだ。日本に数多く存在する神社の中でも、この羽黒山はれっきとした皇室の蜂子皇子が開いた神社である。その歴史も詳しく聞いてみたい。

また、昨年ミラノの食の万博に出展した羽黒山の山菜料理も昼食に出される。私も何度か頂いているが、確かに美味しい。

参加されたい方は、申込書に記入されて、(株)萬谷のニコラさんまで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カエルの楽園

2016-03-31 12:59:57 | 音楽・芸術・文学

作家が書店でサイン会をすると発表したら、爆破予告が来た。それなのに、マスコミは取り上げない。しかし、サヨクが騒ぐほど本の売り上げは上がる法則が、最近は起きているようだ。

この内容は、架空のカエルの国の話なのだが、一部では予言の書ではないかと言われる程、現実に似通って来る。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

穐吉敏子ジャズコンサート

2016-03-16 15:25:13 | 音楽・芸術・文学

南陽市に建設され、ギネス世界記録「最大の木造コンサートホール」で、5月4日に穐吉敏子ジャスピアノコンサートが開催される。主催が木工事を受け持ったシェルター(株)だからか、前売り券が異常に安かった。

穐吉敏子って誰?って、あの世界的に有名な秋吉敏子さんに間違いなかった。何で名前が変わったのだろう。この穐の方が本名だったのかも知れない。もちろん私は読めなかった。このオープニングの「おれまかJAZZオーケストラ」って、もしかしてあの人も入っているかな。楽しみ。

この文化会館のこけら落としにも見学会にも参加出来なかったから、今回は行ってみたいなと思う。南陽市はちょっとは遠い。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2045

2016-02-28 15:40:53 | 音楽・芸術・文学

2045 

中学3年生が作ったと言われる映像。将来が楽しみだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業制作「書き時計」

2016-02-10 09:13:47 | 音楽・芸術・文学

天才か!卒業制作「書き時計」に驚嘆の声 時計に時間を書かせる発想twitterで話題に 

山形市にある東北芸術工科大学のプロダクトデザイン学科4年­生、鈴木完吾さん(22)が卒業制作に作った「書き時計」が面白い。見た目も発想も作る過程の努力も素晴らしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

けんぞの落語会

2015-10-01 11:57:31 | 音楽・芸術・文学

第17回けんぞの落語会のお知らせ

10月31日(土)18時30分(開場17時30分)より、八幡のタウンセンターで、第17回けんぞの落語会が開催されます。
入場は無料ですが、心ばかりのおひねりをご準備頂ければと思います。

以前は茅葺きの民家「けんぞの家」で開催しておりましたが、大雪で屋根が落ちてしまい、会場を八幡タウンセンターに移動しました。ぜひ、生で落語や講談をお楽しみ下さい。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

2015-09-26 14:39:41 | 音楽・芸術・文学

映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』予告編

アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」が10月から公開される。非常に興味深い作品だと思う。是非観てみたい。

−−−−あらすじ:或る男性がオークションでネガフィルムがいっぱい入った段ボールを380ドルで落札した。作品の主はヴィヴィアン・マイヤーで、無名の女性写真家だった。彼はネットでその作品を紹介すると、そのすばらしさに大反響が起こる。彼はヴィヴィアン・マイヤーを探す。なかなか見つからずにいたが、やっと見つけたその名は新聞の死亡記事だった。そして、彼女の不思議な人生が浮かんでくる。−−−−−

でもね、ほらね、やっぱり。上映される劇場は、東北では宮城県だけのようだ。

映画「ヴィヴィアンマイヤーを探して」

無名の写真家ヴィヴィアン・マイヤーの作品はこちらから

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フランク・ゲーリー展

2015-09-13 18:29:17 | 音楽・芸術・文学

一連の東京行きはアメ横で終了する。これはおまけの話である。

オリンピックエンブレムで有名になった佐野氏デザインのポスターが、主催者側の都合で撤回された。それがこれだ。

あらまぁ!これは・・・・・・。

好き好きとか、善し悪しは別として、大事な催しの予告になった。

建築家クランク・ゲーリー氏の名前は痴呆症にかかった私の頭では思う浮かばない。しかし、彼の作品のビルバオ・グッゲンハイム美術館は、印象どころか衝撃を持って知っていた。勿論、行った事はなく、映像でのみ知っている。

ビルバオ・グッゲンハイム美術館は、スペインのビルバオにあり、曲面の金属板で仕上げられた美術館である。この奇々怪々な建物はどうなのよと思うが、これが建設されたお陰で、ビルバオ市は人口の何倍もの観光客が押し寄せていると言う。美術館に続く橋も独特で、楽しさに溢れている。この美術館は裏寂れた港湾の一角に建てられているが、単に観光客が増えただけでなく、港湾にも活気をもたらしたと言う化け物みたいな建築なのである。

彼は建築界のノーベル賞のピリツカー賞を受賞したことのある建築家である。彼の建築展は2015年10月16日から2016年2月7日まで、六本木の21-21で開催される予定である。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国立西洋美術館

2015-09-13 17:44:10 | 音楽・芸術・文学

ここまで歩いてくると、汗がダラダラになるほど暑かった。私はそのまま美術館に入るつもりでいたが、Nさんは午後一の新幹線で酒田へ、S氏は別に見たい物があるとかで、上野駅で別れる事になった。私はその足で美術館に戻る。

開催中のボルドー展と常設展を回った後に、多分あの部屋だろうなと予想はしていた小部屋での「ル・コルビジェ−女性と海」を見る。

たいていの建築家は絵を描くが、ル・コルビジェは本格的だった。画家顔負けの大作もあり、パステル画、水彩画、油彩画も手がけている。このポスターの絵のように、ピカソ並みの腕である。ちょっとは落ちる。彼が撮した写真や8ミリも上映されていた。ここに来て、コルビジェの人となりがわかる。生前はさほど愛妻家でもなかったのに、奥さんが亡くなると、その悲しみ様は半端でなく何日も嘆き悲しんだとか。可愛がっていた犬(映像にも残っていた)が亡くなった時も悲しんで、その皮でブックカバーを作ったとか。(そりゃないぜと思う)

と、言う訳で、コルビジェの建築には西洋美術館しか触れられなかったが、ゆっくりと時を過ごすことができた。ちなみに、西洋美術館は世界遺産の申請をしているそうだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京都近現代建築資料館

2015-09-13 17:25:38 | 音楽・芸術・文学

旧岩崎邸庭園の中にある東京都近現代建築資料館に入る。岩崎邸のチケットでそのまま入れるので、まるで只のような金額設定である。

さもありなん。ル・コルビジェに関する書籍資料と、中央に国立西洋美術館の模型があるだけで、日本の建築家達のスケッチだったりコメントだったりが並んでいるだけだった。拍子抜けする。つまりは、旧岩崎邸は○で、コルビジェは×(私的に)だった。旧岩崎邸が見られたので良しとするか。

不忍池の中央を渡って、上野公園へと向かう。

今年はもう見られないかと思っていた蓮の花に出会う。

私の目線の高さから、この蓮の大きさが判るだろうか。酒田で見るのと違い、どれだけ大きいのか。栄養が豊富なのだろう。水面は緑色で濁っていた。バシャンと水音も聞こえる。何かいるのか。

いたいた!ここは濾過器の注入口か。鯉たちが深呼吸をしている。

左側の池にはスワンボートが浮かんでいた。

上野公園に着く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加