無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

地球防衛軍

2017-09-27 10:58:12 | 防災

カラスの被害からゴミ集積所を防衛している地球防衛軍の隊員3匹。日々のパトロールも怠りない。

昨日の夕方は車庫の中に2匹が入り込んで、なかなか出て行かなかった。我が家では、こんな季節なのにネズミが出没して、本来なら是非とも実力を発揮して欲しいと願うのだが、そうはいかない現実も悲しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

300万円らしい

2017-09-18 17:47:22 | 防災

 

 

これなら、5分で逃げられるだろう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

電磁パルス攻撃

2017-09-08 15:33:46 | 防災

9月3日の北朝鮮の核実験を受けて、直接的な核弾道ミサイルでの攻撃に加え、電磁パルス攻撃を行うことも出来る由の発言を聞いた。核弾道ミサイルは、ピンポイントに命中させるミサイル技術が必要だが、電磁パルスは大体の位置の大体の高さでBOMすれば良いので、日本列島を通過する技術があれば済む。折しも、太陽フレアが地球を直撃するとかで、電子や電機の故障に注意するようにとニュースでも流れた。まぁ、太陽フレアも電磁パレスも似たようなものだけど、電磁パルスを直接兵器にするとどのような被害が出るのかは、ぼんやりとしか知らなかった。

★ニュースジャパン24 電磁パルス攻撃とは・都市機能を麻痺させる【核攻撃】過去にハワイで実被害も

★ニュースポストセブン インフラ破壊し1年後に9割死亡 「電磁パルス攻撃」の恐怖

諸説色々とあって、電子機器もコンセントを抜けば良いと言う意見や、雷のように電気が走るから抜いても無駄だと言う意見もある。核兵器の大きさにも影響はされると思うが、核兵器を地上30~400キロの【高高度(高層大気圏内)】で爆発させると、放出されたガンマ線が大気中の分子と衝突する。すると強力な電磁波である「電磁パルス」が発生し、被害が出るのだそうだが、直接核兵器で死ぬとは別の恐怖がある。

単に停電が起こったり、PCが壊れたり、自動車や電車が止まったりするだけでなく、電気を必要とする水道や銀行のATM、国の経済はおろか、もちろんインターネットやTV報道にも影響は受ける。機械は直せばとか、電気が復旧すれば良いとか言う前に、「電力喪失で、過去に大変なことが起きてはいませんか。」を思い出して欲しい。電磁パルスで電力が供給できなくなれば、電子力発電所は水の循環が出来なくなりメルトダウンを起こす。そして今度は何の報道もないままに、核爆発は起こる。

北朝鮮シンパの皆さんは、そんな事は起きないと言うかも知れない。しかし、覚醒剤を生産販売し、他国民を拉致し、偽札を刷り、気にくわないと行って実の叔父さんや兄を殺害する人が、その発射ボタンの前にいる。そして無防備の日本国民がいる。「9条」と紙に書いて、頭の上に貼っておけば、免れるとでも思っているのだろうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インサイダー取引

2017-08-30 11:51:48 | 防災

ミサイルを撃たれれば、撃たれた国の株価も通貨も下がるのが一般常識。それなのに、昨日のミサイルでは、株価は下がったものの、円高に振れた。

しかもJアラートよりも早く、円高アラートになる不思議。ミサイルが撃たれる時間を知っていた人間がいる。もしかすると北朝鮮では?もしかすると・・・だよ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Jアラート

2017-08-29 12:45:49 | 防災

私の携帯はバックの底に眠っていて、せっかくの Jアラートは聞こえなかった。その代わり、スイッチを切っていたTVがブイブイ鳴ったので、急いでリモコンを押したら北朝鮮のミサイル発射の速報だった。地上波のTV局は、Eテレも含めて押し並べてミサイルのニュースだったのに、少し安心する。危険を知らせる地域が北海道と東北だったのを、あれ?愛媛を除く中国四国はどうなったと、ねぼけ頭で考えた。

米韓共同訓練が行われているから、ミサイルを撃つのは当たり前と考えていた。そのままで温和しくしていたら北朝鮮ではない。本当はグァム方向へ撃ちたかったのだろうが、撃ったら撃ったで結末が大変だ。それでチョコチョコっと日本海へ打って誤魔化していたが、やはりそれでは腹の虫が治まらない。グァムへ撃つと見せかけて、バトミントンのフェイント並みにハワイ方面へ飛ばす。新たな第3次世界大戦・真珠湾攻撃の始まりである、なんちゃって。

日本政府の「厳重なる遺憾の意」がFAX1枚だって、誰かが言ってたけど、本当に日本はコケにされていると思う。同じ日本人の中にも、ミサイル訓練を笑ったり、Jアラートがうるさいと言う人間もいる。人間さまざまである。今回のミサイル発射で、東北を中心とした新幹線が停まった。日本列島に直接被害がないとしても、1週間東京上空を通勤のラッシュアワー時に飛ばしたら、日本経済は滅茶目茶になる。(あっ、こんな設定を映画のシンゴジラで観た。)日本人は我慢強い。これが静かに怒りを増幅させた時の恐さを、彼らは知らないのだろうな。

ミサイルが北海道を通り越したとのニュースを受けて、落下点が襟裳沖ではなく、北方領土に配備されたロシアのミサイル基地に落ちたら面白いだろうなと悪魔の私は思った。日本が「自国の領土に落とされた。」と騒ぐか、ロシアが「我が国の&#%&#ふじこふじこ」と叫くのか、ちょっと見てみたいと思った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怖い話第2弾

2017-08-25 09:01:12 | 防災

【DHC】8/24(木) 有本香・和田政 宗・小野寺秀・居島一平【虎ノ門ニュース】

8/22の虎ノ門ニュース。百田直樹氏と櫻井よしこ氏の話が恐かったと書いた。その内容が、余程CHINAに都合が悪かったと見えて、ソニーミュージックエンターテインメントジャパンなんちゃらと言うアカウントから、著作権侵害の申し出があり、YOUTUBEの動画は消されている。そのアカウントが本物かどうかも判らずに、詳しい内容をYOUTUBE側に問いあわせをしている状態だそうだ。途中に曲が流れる訳でもなし、著作権うんぬんには当たらない筈なのだが、多分、ニコ生では動画が残っていると思う。また虎ノ門ニュース側でも別アカウントを取るとか検討するそうだ。

日本の発言の自由と、CHINAでの自由は天と地との差がある。CHINAは日本の発言にも邪魔をする。桜井氏の22日の発言は、CHINAの南シナ海での赤い舌と、陸の一心一路と、海の真珠の首飾りの話だった。一帯一路では現在のシルクロードと文化の接続みたいな耳障りの良い言葉で、各国に融資をお願いしている。ブータンには数億の金をぶら下げて、たぶらかそうとしているが、陸の構想はまだまだこれからだと思う。逆に、海の真珠の首飾りは、南シナ海からインド洋を抜けアフリカからスエズ運河近くまで、各国の港を押さえていると言う。東では津軽海峡を抜けて北極海からバルト3国まで、その首飾りは続いているそうだ。

さて、これにも続きがあって、8/24の虎ノ門ニュース、特に後半の北海道元議員の小野寺まさる氏の北海道に於けるCHINAの侵略が、輪を掛けて恐かった。すでに日本は真珠の首飾りの一部になってしまったのか。北海道の産物のCHINAへの輸出と言う飴をちらつかせて、某港を押さえている。津軽海峡をCHINAの公船が海底の調査をしていたのは周知の事実だが。北海道の土地も随分彼らの手に渡ったそうで、大挙して中国人が渡ってくれば、自治体が危ない。危機感のない地方自治体は、選挙権は与えないが、自治に対する住民投票(?)は与えられる所も出てきている。武力を使わない侵略が続いている。尖閣、沖縄、それに北海道だもの。この国は本当に大丈夫だろうか。特に外務省は国を守ろうとする気持ちがあるのだろうか。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月の港のイベント

2017-08-18 10:04:47 | 防災

9月3日、大浜海岸で「酒田ビッグビーチフェスタ2017」が開催。

9月8日、飛鳥Ⅱが酒田北港小湊埠頭に入港。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

激甚災害

2017-08-09 14:51:04 | 防災

激甚災害と言う言葉を身近で聞いたのは、酒田大火の時だった。酒田市の中心市街地が燃えている中、災害本部で当時の相馬酒田市長が、消防に加え自衛隊の要請をしたこと、政府に激甚災害の指定をお願いしたことを告げ、市民への避難と激励を行った。近隣の協力を得てしても、強風の為に延焼は続き、新井田川を最後の砦として、燃えぬ前の建物の破壊活動も行う。火は防火帯と思えた大通りも楽々と超え、この新井田川を突破すればバイパスまで燃え広がるとの決死の消火だった。新井田川の対岸から、並んだ消防車から、川の水を使用した一斉放水で、一晩燃え続けた火も未明に消火することが出来た。災害本部長の酒田市長を含め、それからの酒田市の復興の動きは目を見張る物があった。もはや伝説と言われる「酒田方式」である。

激甚災害の指定を受けると、その後の復興は国の予算を使える事になる。疲弊している地方自治体にとって、それは有り難い。今年に入って、九州の大雨災害にはG20から戻ったばかりの安倍総理が、直々に現地へ赴いて激甚災害指定の確約を告げた。世間には、安倍総理の売名行為と受け取った人もいたようだが、被災者にとっては有り難い事だと思う。それに引き替え、死者は出なかったものの、秋田県の洪水被害には、政府はなかなか首を縦に振らなかった。

秋田県と言えば、管官房長官の出身地である。(災害当時に県知事の行動がどうのと言うことはあったが)友達とか忖度はないのかと思っていた。以下が8月8日のFNNのニュースである。

-----------------------FNN----------------------------

九州地方と秋田県を襲った豪雨災害について、政府は8日の閣議で、激甚災害への指定を決定し、災害復旧に必要な自治体の費用を、国が支援することになった。
菅官房長官は、「九州北部豪雨、秋田県の豪雨、この夏の梅雨前線などによる災害の激甚災害の指定を受けて、被災地においては、財政面の不安なく、災害復旧に取り組んでいただきたい」と述べた。
菅官房長官は、会見で「1日も早い復旧を目指せるように、政府として万全を期したい」と述べた。

-----------------------------------------------------

農家にとって、田んぼが土砂で埋まるのは、1年の収入が見込めず、元の状態に戻すにも大変な労力と金額が必要となる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮ミサイル

2017-07-31 11:37:09 | 防災

ビアガーデンでビールをグビグビ飲んで、家に帰って惰眠をむさぶっている頃、北朝鮮のミサイルが高度3500Kmから北海道奥尻島北西150Kmの日本の排他的経済水域に落下した。

あら、携帯電話に、ミサイル発射のお知らせがあったかしら。

いつもは、早朝なのに、土曜日のこんな時間に打ち上げるなんて、作戦を変えたのか。それとも、沢山の人から見て貰いたかったのか。翌日のニュースで知る事になるのだが、危機管理で首相官邸に集まった閣僚達が、私のようにお酒を飲んでいる様子がこれっぽっちもないのに驚いた。事前に米国から通知があったのかと思われる。

落下地点が奥尻島北西150Kmではなく、北東140kmだったら、泊原発真っ正面だったね。北西だって、日本の漁船がいないとも限らない。何故、もっと日本のマスコミは騒がないのだろう。BBCやCNNの方が、一線を越えた大事だと伝えている。それが、月曜日の虎ノ門ニュースの青山参議院議員の話でよく判った。NHK室蘭支局の屋上TVカメラが、閃光を放ちながら落下する物体を捉えていた。これには世界の軍事関係者は驚きの目で見たと言う。今回の実験では、弾頭が破壊されずに落下したのは非常に重要な事で、途中で爆発したり灰になるのではなく、弾頭そのものを落とすのは、核を積んでも目標に落とす精度が出来た証明だそうだ。

世界がざわめいている中、来週もモリカケで日本は進むのかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そうか、こんなに辛かったんだ。

2017-07-24 23:15:27 | 防災

Sticking Together, No Matter What (Tsuruya Japan Ad) 

日本の何かのCMだそうだ。 そうか、こんなに過酷だったんだ。申し訳ない気持ちでいっぱいだ。 1:30

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒアリ

2017-07-21 15:34:16 | 防災

山形県でも、国際ターミナルを持つ酒田港で、週に一度ヒアリの調査を行っている。

ヒアリは、南米中部原産だが、どうやら中国や台湾経由で日本に入ってきたようだ。ヒアリに刺されると死ぬと言う情報がいち早く伝わって、これは危険な外来種が入ってきたと騒がれたが、少し大げさだったようで、アレルギーを持つ人は死に至る場合もあると言うことで、通常は痛みと腫れだそうだ。ネットの住民の中からは、「今頃騒いで何してんだよ。日本には前から輸入木材に着いてきて、俺なんかずっと前に刺されてる。」と言う強者もいた。

ヒアリの特徴の腹部に2つのコブと言うのも見分けが付きやすいのだろうが、働きアリの2.5-6.0mmと言う何だか判らない大きさも不思議だ。特別大きな女王アリは別として、働きアリに2.5mmから6.0mmまで大きさがずら~~と揃っているのも面白い。そんなアリが居たんだと驚くばかりである。

詳しい内容は環境庁 のホームページをご覧頂きたい。取り分け↓が面白い。

ストップ  ザ  ヒアリ 環境庁自然環境課

ヒアリに関するFAQ JIUSSI(国際社会性昆虫学会日本地区会)では、攻撃的なアリだと言う動画もある。大きさがマチマチなのも判りやすい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟地震1964

2017-07-14 13:13:53 | 防災

東京オリンピックで全国が湧き上がっていた1964年の6月16日13時1分、新潟県粟島南方沖の海底、震源の深さは40Km 、マグニチュード7.7の地震が起こった。酒田での震度は5と発表されたが、現在のような細かい区分けの基準とは少し違う。酒田でも、南部を中心に被害を受けた。

「新潟地震酒田市災害記録(抜粋)」と呼ばれる簡単な冊子が手元にあった。写真を眺めているだけで、大変だっただろう当時が偲ばれる。その頃私は中学生で、酒田の中心部や第一中学校には被害は及ばなかった。電気も水道も止まり、送電は2-3日で復旧したが、上水道は2週間かかり、夏場に向かって給水車や井戸まで水を汲みに行った事が思い出される。

この記録の写真だけでも、ブログに残しておきたいと思っていたが、実行に移そうとすると、各所の地震に見舞われる。昔の記録よりも現在の地震情報の方が大切で、迫力にも負ける。そんなこんなで延ばしに延ばしていたら、どんどん紙が変色してくる。まちづくりデザインスタジオでも地震と津波の話は出たし、思い切って載せることにした。昭和41年(1966年)3月1日発行、編集は酒田市で非売品になっている。市民の多くは持っている冊子だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと写真が小さかったかなと思う。文字がうまく読み取れない。

被害は抜粋となっている為に、実際の被害はもっと色々な事があったのだと思う。最上川の堤防が決壊して、大宮の辺りが洪水になったのは、この冊子には載っていなくて、人づてに聞いた。地震の時には、津波に注意する他、堤防の決壊も頭に入れておかないといけない。

最後に、庄内地方の大きな地震の歴史の一覧が載っていたのでそれも添付しよう。酒田の大地震は明治の時の話しか聞いてはいない。私の祖父が体験していて、調理中の火が原因で、あちらこちらから火の手が上がり、地震と火災の被害で大打撃を受けたそうだ。地震の被害では瓦屋根の家が潰れた件数が多かった為に、補修や改築などで鉄板にする家が増えたが、やはり海側の地域であった為に、数年後には瓦葺きに戻ったとも聞いている。あの頃の鉄板は、亜鉛メッキやフッ素メッキのない頃で、腐食するのにペンキで応戦するしかなかったのだろう。

1894年以降、庄内は大きな地震に見舞われていない。空白地域と呼ばれる由縁だ。この1894年の地震の5年前に、熊本で大地震が起きたのだと言う。日本列島に住む事は、地震や災害とは縁は切れないことを肝に銘ずるべきだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロンドン火災

2017-07-05 09:32:07 | 防災

グレンフェル・タワーは、1974年に竣工したが、あれだけの建物なのに、何故2方向避難がされなかったのか、それとスプリンクラーの未整備は、日本では考えられない。考えられないと言えば、その平面計画であるが、周囲に住居、中央にEV2基と階段が1箇所。この階段とEVルームは縦方向へ繋がっており、まさに巨大な煙突になっている。今回の火災で助かった人も、黒煙が酷くて呼吸が出来ず、階段を探せなかったと言う。

消火活動の妨害だったのは、2016年5月に行われた外装工事だろう。既存の躯体はコンクリートで、その劣化を防ぐ為に外側へ断熱材と空気層、仕上げは3mmの金属パネルだった。所謂、外断熱だが、空気層が煙突の役割をし、断熱材を燃やすも、金属パネルが邪魔をして消火が出来なかったと言う。外断熱の空気層も、縦方向だけで無く、横に通気止めが着いていたが、それが逆に水平方向に延焼させる事になったのである。

イギリス国内には、このグレンフェル・タワーのような外壁を持ち、不適格な高層住宅が60棟余りもあると言う。こんな事を言ってはなんだが、比較的低所得者の人達が住んでおり、改善するつもりはあるのかなと疑わしい。イギリスは最近難民や移民の受け入れを縮小する動きを見せている。国民の職業先が奪われているのと同時に、イギリスの無料の医療制度を利用して、高額な手術などを受けるだけに訪れる旅行者や偽移民もいると言う。それにテロのおまけ付きではたまらない。今回の火災の救助活動が進まなかったように見えるのは、私の勘違いなら良いのだが。

最後に、財産の全てを失った被災者達に、翌朝、地域の人達が自分たちの家から救援物資を持ってきて「救援物資BOX」に次々と入れるところがBBCで放映されていた。国の動きよりも、住民の動きが速くて暖かいなと感じた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★2013.8/31放送 昭和のやまがた 昭和35年頃 酒田港まつり★

2017-05-25 14:42:58 | 防災

★2013.8/31放送 昭和のやまがた 昭和35年頃 酒田港まつり★  01:57

酒田山王祭が晴れると、鶴岡天神祭は雨が降ると言われて来た。酒田祭りは3日間も続くので、途中に雨が降ることは度々あった。その為に鶴岡天神祭が晴れることを願った意味もあるのかも知れない。今年の酒田祭りは3日間まったくの晴天だった。今日5月25日は、鶴岡の天神祭だが、可哀想に雨が降った。途中からは上がってくれると信じたい。

天神祭のことを調べようとしたら、昭和35年頃の酒田港祭りが釣れてきた。酒田が一番元気だった頃だと思う。港祭りは最近は甚句流しなどのパレードは行うものの、昔みたいに派手では無いなと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

或る日のある場所にて

2017-05-25 11:38:34 | 防災

 「事務室って、何処や!」とお思いの方 → 酒田市総合文化センター内の事務室だよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加