無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

孟宗筍とワラビ

2017-05-15 13:07:52 | 動物・自然

日曜日は恒例のお嬢様の山菜専科なのだが、今回は出席者が少なかった。それより「筍を採りに来てね。」と、Sさんから有り難いお誘いを受け、Sさんのお父様(筍を掘り起こして採取するプロ)とSさんが運転する車の後について、山道を登って行った。初めての場所だった。

道路脇の竹林で「ここにもある。」「ここにも出てる。」と見付けられるものの、竹の根の張り具合がきつくて、小さなスコップのような物で土を掘ってもなかなかうまく収穫は出来なかった。周りの土を掘り、根が見えた時点で筍に刃物を突き刺し、「この辺りだ、えい!」と引っ張ると途中から折れて、実に勿体ない。Sさんのお父様は、我々が5分も掛かって掘り起こしているのに、たった3回鍬を動かすだけで、立派に収穫している。とても、とても叶わない。

あっと言う間に、沢山の収穫が出来て、惜しげも無く分けて頂いた。店でも見た事の無い程のびっくりする量である。帰宅するまでに、あちこち寄り道をしてお裾分けをさせて頂く。

収穫後に、美味しい孟宗の見分け方を教わった。「形が平べったく潰れている方を買いなさい。」とは聞いてはいたが、平べったいのは雌で、丸い形のが雄なんだそうだ。味も雌株の方が美味しいそうだ。

その足で、庄内平野を突っ切り、ワラビ採りに向かう。この写真にワラビが3本あるが、見えるだろうか。おおっと、正確には4本だった。

ワラビも途中でお裾分けをした。蕗は筍採りの最中にサボって、道路脇で採った物。ミズはワラビ採りの帰りに道路脇の斜面で採った物。右に見えるのはワサビ。その下で潰れているのはシオデの伸びた物。もう少し時間があったら、もっと別の山菜をも採れただろうが、せっかくの孟宗が車の中で暖かくならないようにと、早めに帰ることにした。前日、前々日と雨が降り、日曜日にはカラッと晴れ上がった絶好の日和だった。風が強かったおかげで、虫にも襲われずに快適だった。ただとても暑く、汗と涙と鼻水を拭き拭きの山菜採りだった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花と芽

2017-05-13 14:21:47 | 動物・自然

尾花沢の道の駅で買ってきたナデシコ系の花。名前は判らないが、花の大きさはカスミソウよりは大きい。せっかくの綺麗な花も切り花だと直に萎れて、どんな綺麗さだったさが忘れ去られてしまう。出来る限り、撮しておくのも良いのだろう。

さて、三種類の種は無事に芽を出した。一番先に出たのは右側の丸い葉っぱのスィートバジルなのだが、芽が出るのは早くても、成長はすぐに左に追い越された。

真ん中が一番遅かった。多分、イタリアンパセリかと思う。伸びてきたら引っこ抜いてサラダにしよう。

今年は苺が威勢が良い。肥料が効いたのだと思う。この姿を見て、亡くなったおじさんの言葉を思い出した。「市販の肥料は、葉っぱを伸ばす作用があるんだよ。実や花の為の肥料ではない。」そうか、苺は葉っぱが大きくなっても、食べるのは葉っぱじゃなかったんだ。

ヒヨドリに狙われているブルーベリーの花。

同じく、花を狙われているビックリグミの花。

誰にも狙われない花。葉っぱに着いているのは水滴ではなく、黒松の花粉。

花粉は煙のように飛び交っている。(私の花粉症は、杉の花粉が飛ぶ頃には終了する。現在は快適で、眼の周りも痒くならない。何のアレルギーなのだろう??)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

種蒔き爺さん

2017-05-10 10:00:44 | 動物・自然

 

 

最近の鳥海山の姿が美しくて、デスクトップの背景に貼り付けた。これで年中「種蒔き爺さん」が見られると喜んでいる。

種蒔き爺さんは、この写真の中央に、逆くの字に腰をかがめた姿が見えるだろう。春になり、爺さんが見え始めた頃から、庄内地方では農作業にかかる。昨今は温室などもあって、若干昔とは動き出す時期は早いかと思う。そして私も動き出した。

先日、ホームセンターで、ナスとピーマンとバジルの苗を買ってきた。茄子とピーマンはそのままで、バジルは10本ほど芽が出ていたのを小分けして植えた。バジルは一番安くて1ポット108円だった。植えた翌日には80円分が消え、さらにその翌日には108円分全てが消えた。私の頭はガンとなった。くやしいので残骸を引っこ抜き、バジルとコリアンダーとイタリアンパセリの種を買ってきて蒔いた。3種類の種は3列に蒔いて、一番右側がバジルだった所までは覚えている。さて、どれが最初に芽を出すか。「れでぃ、ご~~!」

生きることは戦いなのである。

そうだ、戦いで思い出した。桜の花が散って、ヒヨドリの数も少なくなった。何を食べて生きているのかなと思っていたら、事務所の窓から見えるグミの木で、花の蜜どころか、咲いたグミの花を食べている。あらら。するってぇ~と、私のブルーベリーにへばりついているヒヨドリも、花の蜜では無く花その物を食べている可能性があると、見に降りたら案の定に花が喰われていた。悪いやっちゃな。実が成らない可能性も出てきた。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

山の春

2017-05-07 21:59:22 | 動物・自然

酒田では桜は散ってしまったが、山桜は今が旬のようだ。

この時期は、山がフワフワと膨らんでいるように見える。

水も温む。

黄色のオオバキスミレ。スミレはどれでも食用になるが、このスミレは美味しい。私の母の好物だった。

見た目は紫のスミレが綺麗だ。

道路の近くまで桜が押し寄せる。

さて、目的は温海のカタクリ園だったのだが。

国道345号線から湯温海に抜ける道の辺りに、農家レストラン キラリがある。カタクリ園に行くには、ここで入場料を払う。レストランの前のテントには、笹巻きや取り立ての山菜などが売られている。買い物客をさばくおばさんは忙しそうだったので、店の中のおじさんに200円を払う。すると、おじさんは「いらないから、見ておいで。」と受け取らなかった。カタクリの花が終盤を迎え、咲いているのもあるだろうと言う状態だったらしい。

確かに、咲いているのもあったが、75%は枯れていた。

遊歩道とかたくりの間には、ロープが張られていて、すれ違った女性3人組から「アンタのカメラなら、あの綺麗なカタマリが撮せる。」と教えられ、望遠で撮る始末だった。

この斜面の前も後ろも、本来ならカタクリで埋まっている。

中央の花の色がちょっと変わったエンレイソウ。

油コゴミがうじゃうじゃ。

杉林の中の花は、群生では無く、点在している。

オオバキスミレも、明るい日光の中より、少し薄暗い杉林の方が綺麗だ。

山のカタバミは大きくて綺麗。

油コゴミの伸びたの。

シオデがにょきにょき。

コシアブラ

あ~ら、あんな所にタラノメが。ちなみに、この日はカタクリを見に来たので、山菜採りはせず、農家レストランで「油コゴミ・一袋300円」を買う。その他、温海名物のとち餅を2個買った。

スミレと有毒トリカブトのコラボ。

あんな所に、シドゲ(モミジガサ)が。今日は山菜採りでない。

ミズも生えていた。

アイダケ(ミヤマイラクサ)も。ちょっと悔しい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三段論法

2017-04-26 10:03:37 | 動物・自然

雨が降った。桜の花びらが落ちた。ヒヨドリがいなくなった。こんな三段論法があるかいな。「春眠暁を覚えず 処処聞啼鳥 夜来風雨声 花落知多少」とは逆だし。

先日来、聞いた事の無い鳥の鳴き声がした。ピーーーーッと遠くからも通る力強い声なのだが、声の主が判らずに、どんな鳥だろうかと近所でも話題になっていた。S氏が「渡りでは無く、普段いるような鳥の気がする。」と調べまくっても見つからず、「もしかして・・この時期なのか」と突き止めたのがアオゲラだった。普段の鳴き方(地鳴き)とは違う繁殖期のメスを呼ぶ声(さえずり)だったらしい。ほぉ、知らなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

狂喜乱舞

2017-04-25 11:16:40 | 動物・自然

日和山公園の桜も終わり、まだ咲き残っている我が家の前には、ヒヨドリの大群がやってきた。ヒヨドリが群れを作ることは知らなかった。青空に、50羽ほどの群れが、光ヶ丘に向かって飛び立った。あちらの方が開花した桜が残っているのだろう。ヒヨドリたちは、どんな風に情報を交換しているのかな。

この画像にも2羽のヒヨドリが、桜の蜜の採取中だ。

これは山桜の一種である。

ブルーベリーの花。

ミヤマイラクサ。山菜のアイダケ。

カマキリの卵はまだまだ孵化しておらず。

鉢植えの木に2個ほど着いている。

現場近くで見かけた桃。

桜に比べれば、大きな花だと思う。

ホースラデッシュ(西洋ワサビ)あれど、牛肉が買えず。(なので、土に埋めて置いたら成長して、花が咲きそうだ。)

魚はあれど、ワサビは足りず。

山椒はあれど、鰻の蒲焼きは買えず。ほんに世の中ままならず。

消費期限は守る方が良いと悟った見本と言うべき物。豆苗は伸びすぎると、固くて食べられないことが判る。このままどこかに植えて花を楽しもうか。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

染井吉野はもう終わり

2017-04-24 09:24:42 | 動物・自然

日曜日の日和山公園は、最後の花見をしようとする人でいっぱいだったようだ。

この写真は、駅近くの八雲神社の20日の桜の様子である。

花見の席で使用したブルーシートは、濡れた芝生と桜の花びらがどっさりと着いて、箒で取り去れなかったので、少し乾かしてみた。しかし、乾かしてもゴミを取るのは難しかった。あげくに、2-3時間干したのが災いして、鳥に○んこをかけられたではないか。ブルーシートを一人で振り回すのもしんどい。

日本は昔から花見を行ってきた。もちろんブルーシートなんて物はなく、茣蓙を敷いたりして宴席を作ったと思う。地面が濡れていたら、茣蓙だって染みこむだろう。そんな時はどうしたのかなと考えた。現在もブルーシートより茣蓙の方が雰囲気はあると思う。茣蓙模様のシートがあれば良いな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花見

2017-04-22 12:20:21 | 動物・自然

花見の用意をして、第一陣は車で荷物を運んでいると、ポツポツと雨が降ってきた。あららのらと思ったが、西の空が明るかったので、延期せずに行う事にした。

日和山公園の桜は、所々葉桜も見られたが、丁度咲き誇っている桜の下に宴席を広げることにした。

その前に、先日見た公園の工事の概要を把握するべく、階段の上から昔在った池と東屋の辺りを見ることにする。ご覧のように、階段は緩く手摺りが着いている。

既存の階段はあちら側。これから植栽を行うのだろうが、何だか余所の公園に来たようだ。

さて、宴会の席に向かおう。

今日は千石船に帆が張ってあった。

練習中。正式な乾杯は、もう少しメンバーが揃ってからにする。

夕日が赤い。

残念ながら太陽の下には雲があって、水平線に沈む夕日は撮れなかった。

この酒は、火災のあった糸魚川の酒造所の物だそうだ。美味しく頂いた。

右の一団が我々のグループである。

 

楯の川のスパークリング大吟醸。

店が閉まり、灯りが消えるまで「建築を語る会」の宴会は続けられた。今度は何処に良い建築を見に行くかで盛り上がった。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暴風警報

2017-04-20 09:48:08 | 動物・自然

桜が散ってしまうと心配している私みたいな者はさておき、今回の低気圧は各地に被害をもたらしたようだ。山形市では、アパートの屋根がめくれたとか。私の近辺では、ストーブの煙突の天辺が落ちたとか。

ちょっと残念だったのは、羽黒山の三の坂の途中にある埴山姫神社が、倒れた杉の下になり倒壊した。羽黒山には、小さな神社が無数にあり、どこだろうと心配していた。三の坂と言うと、山頂に近い所だなと判る。出羽三山神社のHPでも、参拝可能エリアの案内を、随神門や石段の登り口に出すそうだが、石段は登れないと言うことだろうか。

これは2013年に撮した物。急になる階段の手前で、赤い格子の扉に、沢山の赤いおみくじが結ばれている神社だ。

羽黒の観光協会に地図はあった。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月曜日

2017-04-17 17:35:44 | 動物・自然

月曜日なのに、天気が良くて暖かい為、引っ切りなしに人が日和山公園へ向かう。

午前中は幼稚園児達が、「あっ、カブトムシ!」と電線に絡まった奴をめざとく見つけて声を上げていた。

温度が高いので、一気に咲いた。

染井吉野もしだれ桜も、奥のオオシマザクラも咲いてきた。まずいぞ、まずい。

この暖かさが続くと、あっと言う間に満開になり、風が吹いたら散り始める。

今年の花見は、本当に難しい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酒田日和山公園の花見

2017-04-16 17:02:45 | 動物・自然

ついに開いた。ただし、風が強いので、花びらがひっくり返る。こんなに咲いて困ったな。花見の日程を21日にしたのはまずかったかなと思う。散る桜どころか、葉桜の可能性が大である。これは事務所の窓から望遠レンズで採ったもの。

枝垂れ桜を、望遠レンズで接写に試みる大馬鹿者←私。これも風で揺れる。

光丘神社の桜

桜の花の量が少なすぎて、春に見えない。

光丘神社から日枝神社への参道は、椿やもうじき開花するだろう山吹が並んでいる。

日枝神社脇のしだれ桜。

梅の花は散り始めた日枝神社。

日枝神社の随神門。この辺りまでは静かだったが。

日和山公園に出る。

春を待ちわびて、やっと穏やかな天気になって出てきた人の数が多い。

東屋へ向かう。

船場町へ下りる所にあった瓢箪池付近で、何だか慌ただしく工事が行われていたが、その全容が判った。

木蓮も咲いた。

右上にあるのが東屋。下は邪魔な木々は伐採され、スロープに階段。なんだか判らない広場が出来ていた。

これから植栽に入るのだろうけど、面白味がなくなった。

さて、花見を楽しむ人。

 

 

 

 

 

 クレープ屋さんなどには、長い行列が出来ていた。自分の番に回ってくるまで、どれだけ時間が掛かるのかと思う位。

 

 

 年齢別で見ると、圧倒的に若い人達が多かった。若い家族連れも多いのだが、中にはチェルチェルランドから来ただろう人も居た。そっか、若い子はこんなお化粧をしているのね。

太鼓の音と、焼き物や食べ物の臭いが充満している。

 広場の中央には、松陵高校書道部のメンバーが、大きな紙を相手にカラフルな書道をお披露目している。太鼓はその応援だ。

 

 

 

水遊びをしても良いほどの天気か?風は強いぞ。

桜は八分咲き。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

開花宣言 by 我が家の前

2017-04-14 11:50:43 | 動物・自然

ついに、我が家の前の桜も開花した。しかし・・・

右側の桜並木は滅法遅く、開いた花を数えることが出来るほどだ。これも、夜中の事務所からの灯りが影響を与えていると思う。

可哀想に。事務所の真ん前にある桜は、一番早く花が咲き、一番早く紅葉する。そして、すっかり枯れ枝になってしまった。自然に逆らって光を当て続けたり、光のページェントと名打ってクリスマスツリーの様に生きた木を長時間輝かせるのも、良くないと言う見本だろう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おおくら君

2017-04-14 09:27:33 | 動物・自然

 

山形県大蔵村の肘折温泉では、平成7年から大きな雪だるまを制作している。その平成7年の雪だるまは、世界一大きいとギネスブックに載った。

大蔵村の観光案内 世界一の雪だるま

それから毎年制作しているのだが、何だか年々小さくなっていくようだ。しかし、見た目にはお供え餅よりも雪だるまらしくなっているように見える。

さて、肘折温泉では、雪祭りのイベントで「クイズ:おおくら雪ものがたり」を実施している。実行委員会は、東日本大震災発生の2011年から毎年、春が待ち遠しい肘折の地から、被災地の復興を願って続けている。ちなみに、昨年の雪だるまが完全に溶けた日付は6月11日だった。

H28.3.17作成  22世 高さ12.13m 胴回り82m 重さ3.000t 溶けた日6.11

H29.3.16作成  23世 高さ10.8m   胴回り63m 重さ2.500t 溶ける日はさて何日??

ズバリ賞(1人)に肘折温泉のペア宿泊券(1万円分)を、ニアピン賞(2人)には同温泉の宿泊補助券(5000円分)をそれぞれ贈る。正解者が複数いた場合は抽選となる。応募ははがきに予想日と名前、住所、年齢、電話番号を書き、〒996-0301山形県大蔵村肘折温泉「肘折いでゆ館」へ。締め切りは5月6日(必着)。連絡先は同館0233(34)6106。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開花宣言は出た。

2017-04-11 09:34:48 | 動物・自然

ニュースでも、酒田の開花宣言が出た。

開花って、椿かいな。

小鳥たちの餌場に利用させて貰っている椿は、八重で綺麗だ。

日和山公園の基準木の桜は開花しても、我が家の前のつぼみはまだだ。

逆光でよく見えないが、桜祭りが開催されている。気温も高くなり、穏やかな日和りになると、中学高校生を始め、沢山の人達が散歩を始める。そんな季節になったと感じる。

最も酒田本港に近い港橋の横に立っている案内板。パネルは白に茶色文字なのだが、一番右下の色の違うのは、津波の案内板。津波の避難ビルが酒田市民会館だ。日中ならこの案内板で避難することが出来るだろうが、これが停電になった夜なら大丈夫か。市民会館は市民が逃げてきて、ちゃんと屋内に入る事が出来るだろうか。避難訓練は行ったのだろうか。と、つらつら考えた。

出羽大橋と月山。月山も綺麗な山だなと思う。

この日は、鳥海山も綺麗だった。これからは雪解けが進んでくるのだろう。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

花見の準備

2017-04-06 17:20:07 | 動物・自然

今年の桜の開花は、ちと遅いようだ。東京が一番に咲き、それに比べて鹿児島が遅い。年間の平均気温が高すぎても、桜は咲かないとTVで説明していたが、これも温暖化の影響なのだろう。北国である酒田もまだまだなのだが、桜祭りの準備だけは始まっている。

日和山公園では、今まであった茶店の場所に、簡易のテントが張られて飲み物などを販売しているようだ。

桜のつぼみはと言うと、先の方が膨らんできた。

暖かい日が続けば、来週にも咲くだろう。

お彼岸の後、家の中に避難していた植物達が外に並べられた。食べられてしまうのは時間の問題だろうと思っていた万両の実は、やはりアッと言う間に消えた。もう、我が家にあるリンゴは1個だけ。桜の花が咲くとヒヨドリたちは来なくなるので、それまで保つかなと考えたが、明日が最後の1個となる。秋まで買わないと決めた。

さて、話は変わって、私のPCがコッチンカッチンと音がしたのは2-3ヶ月前、続けて鳴らずにたまに休むのでそのままにしておいたが、多分ハードディスクのご臨終も近いと考えられ、ショップに電話した。まだ生きている内に、別のハードディスクにデータをコピーしてくれるのだそうだ。PCが運ばれて数時間後、電話が鳴った。コピーは順調だが、DVDプレーヤーと、コンセントの部分が発火する恐れがあるとて、交換する為の部品を注文することになった。確かにDCDプレーヤーは、誰も触っていないのに、勝手に出たりする。夜中に一人でPCの前に座っていると、パシーーッと動くのは、正直気味が悪い。コピーが無事に済んで、その日の内にPCが戻っては来たが、ハードディスクが思いの外うるさい。ゴロゴロ、ガシャガシャ音がする。まるで牛乳を飲んだ後のお腹の音みたいだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加