無題・休題−ハバネロ風味−

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

そのまんま花

2016-05-11 11:41:12 | 動物・自然

Nさんに頂いたクリンソウ。虫に喰われないように、無事に育ちますように。

これも頂いたピンクのスズラン。白い普通のスズランの近くに植えるといけないそうだ。

そのいけない白いスズラン。

スズランのように咲いている花は、ブルーベリーの花

苺のプランターに紛れて、いかにも苺の葉のような姿をしているのは、でかい態度のミツバである。こんなに育ったら美味しくないだろうに。

そうか、白い花を撮すには、曇り空か雨の日が良いんだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バシャ、バシャバシャ!

2016-05-11 10:17:37 | 動物・自然

小牧排水路で水音がした。

無数の鯉がバトルを繰り返していた。

鯉の恋の季節と思われる。

鯉のサイズは45−60cm。中には90cmにもなんなんとしているのもいた。この小牧川には、ウジャウジャいるのだそうだ。土門拳記念館の池の鯉よりも大きい。

ちなみに、鯉の甘煮は、米沢市が有名。 じゅる!←こらこら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月山

2016-05-09 01:19:00 | 動物・自然

鳥海山は霞んでいたが、月山は近づくにつれ美しく見えてきた。いつもの国道345号から県道115号で羽黒に向かわず、藤島から県道44号を走って松ヶ岡を通る道を選ぶ。

田んぼは田起こしが終わり、水を張る準備に入っているせいか、用水路は水が満ちていた。

これは水当番の札なのか。

松ヶ岡のミズバショウの群生地。立夏も過ぎて咲いている筈もないとは思っていたが。

兵どもが夢の跡だった。それにしても、葉の大きいこと!

隠れて咲いているのもいた。

木道に顔を出したツタウルシ(毒)

マムシグサ(毒)

ムラサキケマンだったら(毒) エンゴサクだとしても、ちょっと葉の形が違うかな。

アカコゴミとワラビ。共に食用。

ヘビイチゴ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白いの移動

2016-05-09 01:16:35 | 動物・自然

日曜日は晴れ。テントは広場に移動され干されていた。めでたし、めでたし。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白いの何だ!

2016-05-07 13:51:36 | 動物・自然

雨が降っている。

この白い物体は、梅祭りで使用したテントである。多分、綺麗に洗って、草むらの上に広げて渇かしたつもりなのだろう。

ところが、雨は降るし、桜の花の竺や葉が多量に落ちてきて、ますます汚くなること請け合いだ。どうするんだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水汲み

2016-05-06 13:38:00 | 動物・自然

三ノ俣に水を汲みに出かけた。途中、若草色の花びらを付けた桜の木があった。

この日は風が強く、枝が揺れて上手い具合に撮せなかったが、この桜は芯が赤い。

雪解けが進んだ鳥海山。種まき爺さんの横っちょが見える。

いつかはダムを渡って、向こう岸に行きたいと思う。

丁度昼頃を狙って出かけたが、水汲み場には私一人だけだった。これは有り難いと持てるだけのバックに入れたペットボトルを水汲み場の横に置いたら、見事に風が強くて飛んで行く。坂道を転げ落ちるボトルを追いかけて拾い集める。蛇口の下に置いたペットボトルも飛ぶ。やっと入った水が重しとなって自立するも、今度は流れ出る水が風に飛ばされ60度から90度も曲がると言う案配だ。お陰で、服はビショビショになった。

水を汲み終え、「さんゆう」で、セリとコシアブラを買う。今日は猫たちには出会わなかった。

いつもの道路ではなく、二の滝方面を走った。これは余所のお宅の畑に咲いていた花。

ナイロンロープが張られていた場所には、ワラビが生えている。やっぱり今年は山菜が早い。

どこをどう走ったか、田んぼの中に出た。鳥海山が低く見える。田んぼも棚田だ。

咲いている菜の花は、いつもの葉と違う。何の菜っ葉だろう。

この菜の花も、風に揺れて止まってくれない。

ちょいと寄り道をして、シオデを見に行った。3本ほど生えているが、見えるだろうか。

綺麗に下刈りされた杉林だが、持ち主が山に詳しいと見えて、コシアブラは刈られていなかった。きちんと残し芽があるのは気持ちが良い。

丈の低いのは刈られていたが、それでも根がしっかりしているので、ちゃんと葉を伸ばしている。これも直に木に成長してくれるだろう。

実はこの杉林の前の道路で、車を止めて降りるのに、私より先に降りたと言うか落ちた物がある。カメラがガツンと鳴った。電源が入らなくなって焦った。カメラは酷使されていると思う。もうボロボロだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GW

2016-05-02 11:53:09 | 動物・自然

今年の山菜の出は早いと聞く。行きたいのはやまやまなれど、足が痛くて向かえない。資源ゴミ回収の朝、2袋を両手に持ち、サンダルを履いて足をひねった。大したことはないだろうと思っていたが、いつまで経っても痛みは取れなかった。靴下を脱いだら、小指から薬指にかけた足の甲が、紫色になっていた。翌日は緑色に変色し面積が増大した。

平地でもビッコ引き引きだもの、山の斜面で足を踏ん張るのは到底無理だ。無理を承知で行けるだろうが、余計に悪くなったら後々に影響する。

天気もあまり良くない。今日のような出勤の日に限って雨が上がるが、結構寒い。

そんな訳で、家の周りの草花を携帯で撮す。赤いイカリソウは、年々数が少なくなっている。植えたままで投げ散らかしだもの、生存競争に勝ったものだけが成長する。

山椒は蕾を付けていた。実は見た事がない。

ピントがぶれまくったヒトリシズカ。これももう花は終わりかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花と山菜

2016-04-21 12:22:58 | 動物・自然

花桃が鮮やかだ。真っ赤な花なのだが、逆光なのか暗くて見にくい。

伸びすぎた苺の葉っぱと、咲いたばかりの花。プランターの中に3種類の苺が植えられていて、勝手に移動したので、どれがどれやら判らない。

亡くなった叔父が、売られている化学肥料は、葉っぱを伸ばす栄養の肥料だから、実を付けたり大きくするのとは違うと言ってた。苺の葉っぱが食料になるのなら如何にも美味しそうに大きく育っている。もちろん食べない。

コシアブラも天ぷらにしたら最適な程に芽が大きくなった。これは観賞用に植えているので私は食べない。

いつも訪れる杉林の中には、コシアブラの苗が沢山見られた。早く大きくなれよと声を掛けていたのだが、先日訪れたら、すっかり杉林の中の下草刈りが行われて、きれ〜〜〜いになっていた。勿論、コシアブラは姿を消していた。ああ、残念。こんな事なら1本か2本、引っこ抜いてくるんだったと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドライフラワー

2016-04-15 10:37:07 | 動物・自然

素人ではなく、専門の花屋さんが造ってくれたブーケは、なかなか花が枯れなかった。大輪の赤いバラも萎れずに、そのままの形でドライフラワーになった。通常ドライフラワーは、ひっくり返して吊り下げておかないと、首が曲がる。これはチョコレートで造った花びらかと思う程の雰囲気が出ていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生き物

2016-04-15 10:32:21 | 動物・自然

山王森のコゲラ。小さくともキツツキの仲間なので、枝をつつく動作は一人前である。

最初は1匹だけの孵化だったメダカも、日を追う毎に増えてきた。この日は30匹ほど。

今日は50匹を超えていると思われる。メダカの餌を細かくして水面に浮かべると、背泳ぎで貝が寄ってきて餌を食べている。この背泳ぎも独特で、まるで水面にガラスでも張ってあるかのように移動する。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三川の春

2016-04-13 10:20:08 | 動物・自然

三川町の庄内総合支庁へ行った。もうじき赤川の河川敷は黄色の菜の花で埋まる。

駐車場脇の木蓮も白い花を咲かせていた。風が強い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あらら

2016-04-13 09:55:35 | 動物・自然

桜の花びらが散っているのではなく、雪が舞っているのだ。

道理で冷えた筈だ。酒田はこんなものだが、米沢は咲いた桜の上にどっさりと雪が積もっていた。

こんな風情は珍しいと喜ぶ人もいたが、サクランボ農家などは大変だろう。昨年も紅秀峰は低温に負けて収穫が激減した。暖冬と早い春も、色々問題はありそうだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中山川にも寄ってみた。

2016-04-12 17:15:37 | 動物・自然

桜の開花にはまだ早い中山川。

中央の黒い鯉のぼりが隣に絡まっているのが気になる。

川下に向かって、何本もの鯉のぼりが掛けてあった。この水辺は花見に持って来いの場所に思える。

駐車場は橋の向こうの、もっと川上にある。

鳥海山をバックに撮すには、対岸の方が良いだろうか。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

啓翁桜

2016-04-12 17:00:42 | 動物・自然

 

水汲みに行く前に寄った啓翁桜林。フキノトウは開ききっている。

山全体がほわっほわしている。後方に黄色の花が見えた。

春です。

おまけ:まだ小さいタラノメ

良さげなアカコゴミ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜日の桜

2016-04-11 09:34:06 | 動物・自然

何故、土曜日の桜がないかと言うと、土曜日は朝早くから遠出をして、桜を撮す時間がなかったからだ。

その土曜日の顛末は、後にゆっくりと載せたいと思う。

それから、日曜日は咲き立ての日和山公園や酒田市周辺の桜をも載せる予定だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加