無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

県議選挙が始まった。

2007-03-31 09:45:45 | 社会
公示日、雨だった。選挙運動に手伝った事のある人は判るだろうが、くじ引きで順番が決まり、選挙の7つ道具を手渡されると、ポスター貼り担当の人間は、他の候補者よりも早くポスターを貼りたくて競争のように散らばっていく。そんな時、雨はやっかいなのだ。最近は糊や画鋲をやめて、両面テープを使うが、ベニヤが濡れているとうまく貼れるのかな。道の通りがかりで、ポスターと格闘しているおじさん2人組を見て、大変だなと思った。

山形県の県議選では、9区14人が無投票当選をしたようだ。酒田飽海地区は、5人の定員の内、8人出馬と最も割合が多い。無投票と言うのも味気ないが、多すぎるってものどうだろう。ま、これから花見の季節になって、パッと街が賑やかになるから、それでもいいのかな。早速○○候補の街宣車から、華やかな女性アナウンサーの声が聞こえてきた。天気が悪いと、街宣車の窓から手を振るのも、大変なのだ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

キャパゆかり

2007-03-27 11:43:22 | 音楽・芸術・文学
最初に、このタイトルを見た時、キャパ嬢ゆかり姐さんの話かと思った。それぐらい、私の頭の中は腐っているのだ。このキャパはあのキャパで、本当はもっと高尚な話題なのだ。←ちっとも判らんやろ!
2日続けて、他の文章を貼り付けするのは、あまりに手抜きと非難を浴びそうなので、今回はリンクだけにしようと思う。

キャパゆかりの・・・

あの有名な写真誌「ライフ」が3度目の廃刊に陥っていると言う。インターネットの普及で、印刷物離れが進んでいると聞くが、こんな所まで時代の波は押し寄せて来たのだ。3度目の正直になるのか、はたまた読者の声で、もう一度復活も有り得るか。世界的に、芸術的な写真の需要が、少なくなってきているのだろうか。命を掛けたカメラマン達の、目標の一つが消えようとしている。パパラッチの撮す写真だけが売れるんじゃ、世も末だなと思うのだけど、当分はウエブサイトに期待しよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日新聞からの引用

2007-03-26 17:04:23 | 建築・都市・港
リンク先を張り付ける事で済むのだが、リンク切れになると読めなくなる可能性がある為、掟破りの引用をさせて頂く。建築界には重要な内容が含まれている。逆に輸入が厳しくなって、国産材が使われる様になると、山も生き延びるのだが。

以下、毎日新聞HPから引用---------

合法木材:「脱・違法木材」に暗雲 ロシアが関税上げ…住宅業界に衝撃

 国内外で違法に伐採された木材の使用への対策を強化するため、「グリーン購入法」の調達品目に「合法木材」が加えられて1年。同法で環境に配慮した製品の購入を義務づけられている政府などは、合法木材を使った机やいす、内装材の購入を進めており、民間にも波及している。ところが、ロシアが丸太の輸出関税の大幅な引き上げを宣言するなど資源ナショナリズムの動きも。需給が窮迫し、再び違法木材に頼らざるを得なくなる懸念も出ている。【山本建】

 2月中旬、輸出する丸太の関税を今後2年間で80%まで引き上げるとロシア政府が発表、住宅業界に衝撃が走った。現在の関税はおおむね6%、丸太調達のコストは約5倍に跳ね上がる。

 木材業界でつくる「全国木材組合連合会」(全木連、本部・東京)によると、ロシアから日本に入ってくる丸太は年間600万立方メートル弱。ほとんどが建設用とされ、「国内の年間需要量の2割程度」(全木連)という。ロシア産の丸太は強度が高く、一般住宅やマンションの内装用合板などに加工される。全木連は「ロシア政府の関税引き上げ方針が続くと、今後数年間は木材の需給バランスが崩れ、ロシア以外からの供給を求めるしかない」と分析する。

 ロシアの木材事情に詳しい国際環境NGO「FoEジャパン」(本部・東京)森林プロジェクト担当の三柴淳一さんは「ロシア産丸太が入ってこなくなれば、住宅メーカーは他の国からの輸入増を図るだろう。国産材のスギはコストが見合わないので、東南アジアなど南方から木材をかき集めることになる」と言い、そうした木材の中に違法伐採されたものが混入することを懸念する。

 国際環境NGO「世界自然保護基金」(WWF)イギリスが1月にまとめた違法木材の流通報告書によると、日本に入ってきた違法とみられる木材は05年に530万立方メートルで輸入量全体の約6%。資料を入手できた世界10カ国の中では、中国の820万立方メートルに続き2番目。3位の英国(320万立方メートル)と合わせたワースト3カ国で全体の4分の3を占めるという。

 FoEジャパンやWWFジャパンなど環境保護5団体が昨年4月に実施した木材製品調達に関するアンケートには、住宅メーカー164社が回答。合法木材のみを調達するなどの方針をまとめているのは25社(15%)だが、77社(47%)は「今後方針をまとめる」などと回答した。

 WWFジャパンは、こうした意向を持つ企業に対し、海外ネットワークを生かして木材調達方針の策定を支援している。製紙業界ではホームページなどで調達方針を明らかにする企業が目立ち始めており、住宅メーカーも本年度中には方針を公表できる段階という。

 木材関連13団体が自主的に調達方針を作成し、加盟業者の認証制度をつくっている。適切に管理された森林に対する認証制度も浸透しつつある。

 森林担当の前沢英士さんは「CSR(企業の社会的責任)という考え方が定着してきたことと、海外で非難を受けるリスクを事前に排除したいという要請が、企業の積極的な取り組みにつながっているのではないか。市民はこうした企業の動きをきっちりと見極めて製品選びの目安にしてほしい」と話す。

==============

 ◆合法木材製品選びのポイント◆

(1)メーカーがホームページなどで木材の調達方針を公表しているか

(2)メーカーの業界団体が認証制度を持っているか

(3)森林認証制度を取得した木材を使っているか

(4)産直住宅など出自の分かる木材を使っているか

==============

 ■ことば

 ◇グリーン購入法

 国や地方自治体など行政による環境配慮製品の購入を推進するため、01年4月に施行。再生紙ノートや低公害車など特定調達品目を指定し、国に購入を義務付けるとともに自治体などに調達方針を定めることを求めている。民間もメーカーは製品に関する情報公開を義務付けられており、購入する側も努力規定となっている。合法な木材は昨年4月に追加された。現在、特定調達品目は18分野214品目1万2656点。

毎日新聞 2007年3月26日 東京朝刊

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

あたった

2007-03-25 13:58:58 | 動物・自然
「今月の24-25日に、地震危ないらしいですよ。」と書いてあるブログを見た。
不思議なパワーを持っている方々の話も多く載っているブログだ。その地震の元になるソースを見ても、私にはよく判らなかったし、100%当たるようでもなかったから、外れれば良いなと思っていた。でも24-25日と言う日にちが妙に気になって覚えていた。

10時に現場で打ち合わせなので、準備をしていると、身体がフワフワと浮いた。窓の鴨居に掛けてある、手作りのステンドグラスの飾り物が左右に揺れている。水槽の水も波を起こしている様だ。TVの速報で「津波がナントカで・・・」は、あっと言う間に消えてしまった。するとこの揺れは、もっと前に揺れたのが続いているのか。時間を気にしながらTVを見ていると、石川県の能登半島が震度6強の揺れだと言う。あの予測は当たってしまったのだろうか。これは大変だ。

能登と言えば、能登瓦の産地である。庄内の瓦の原点は、この能登から伝わったと言う。ニュースで災害現場の模様が映し出されると、立派な瓦屋根の民家が潰れている。瓦は潮風などには強いが、建物の頭が重くなる分、地震には非常に不利となる。雪の多い地方では柱や梁などの構造体は、断面が大きく丈夫に作られているから、同じ瓦屋根であっても地震に強いと思うのだけど、やはり震度6強ともなれば災害は起きる。この地震で地方の格差が広がらねば良いなと思う。

何年か前の宮城県沖地震の際にも、直接地震による死者は出なかった。ところが、復興に伴い、自ら命を絶った人が随分といたと聞く。「この方々も、地震の被害者なのにね。」と宮城県の建築士の仲間が言っていた。

もし、今回の地震のお見舞いを考えている方がおられるなら、品物ではなく、現金を送って頂きたい。せっかくの善意でも、人の手の必要な仕分けや、保管場所の確保が伴う品物は、有り難いけど迷惑になる事が多いようだ。しかも、引き取り手のない品物は、廃棄の場合にも経費がかかるのだそうだ。

=================================

 石川県は26日、被災者への義援金の受付窓口を設置した。

 振込先は「能登半島地震災害義援金」名義で、北国銀行県庁支店、普通預金・口座番号199926。郵便振替は、口座番号00730―4―7700。加入者名は「石川県災害対策本部」。手数料は無料。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

身体が痛い

2007-03-25 12:57:21 | 建築・都市・港
土曜日、愉快な仲間達と一緒に、山小屋にするべくプレハブ小屋の、引っ越しの為の解体作業を行った。場所は庄内空港の南側の松林の中なのだが、日本海の潮風や砂によって、プレハブのあちらこちらに腐食が見られ、スムーズに解体は進まない。ブレースのターンバックルは動かないし、ボルトも捻れば切れる案配だ。私もちょっとだけ手伝い、途中からトンズラする予定だったのが、先を越したメンバーのせいで、最後まで付き合う事になる。大きさは2.5間×3間(4.5m×5.4m)山小屋で使用するには、広すぎる面積の小屋だ。

私の仕事は、「手元になってボルトなどの手渡しや軽い作業で良いから。」と言う約束だったのだか、途中メンバーが3人に減った為、重労働作業員に変わっていた。もともと大工の娘で、道具に触りたくて建築の道に入ったので、そこそこ道具は使える。現在は設計をやっているが、始めは現場担当だった事もあって、少しは段取りが判る。思いの外、作業ははかどり、2日がかりを予定していたのが、運搬も含めて1日(ただし夜の7時迄)で完了した。

「そんなに頑張ると、明日身体が痛くて起きられないぞ、歳なんだから。」と優しい(?)言葉をかけてくれながら、「建てる時もよろしく!」と念を押される。どうやら、アイツは女じゃないと思われているらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美味しい!

2007-03-25 12:30:33 | 食べ物
金曜日は、仙台へトステムの会社のショールーム巡りをするので、バスに乗って朝から出発する。エクステリア(外部周りの商品)とサッシや設備機器の展示ルームを見て回る中、市内のホテルでバイキングの昼食をいただいた。珍しい料理をちょっとづつ食べるのは、女性にとって嬉しい。美味しかった記憶が、昨夜になって悪夢へと変わる。

行列が出来ている高台にあるレストランで「ただ今、予約がなければ入れませんが、コース1名分なら出来ます。」と言われ、「○○様こちらへどうぞ。」と席に着き料理が運ばれて来てから、そのコースが1名4万円のコースだったと知らされる夢だった。財布の中にはそんな大金は入っていないし、カードでなんとか出来るだろうかと冷や汗をかいて目が覚めた。

良かった、払わないうちに目が覚めて・・・。←オイ!
どうせなら、食べてから目を覚ませば良かった。←オイオイ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナントカ還元水

2007-03-22 11:06:06 | 社会
巷で話題の「ナントカ還元水」発売中だそうです。

ちなみに、本物の松岡大臣御用達のなんとか還元水はこちら!
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

お彼岸

2007-03-22 11:02:29 | 動物・自然
3月も中頃になって、急に冬型の気圧配置に変わった。彼岸の入りだと言うのに、寒のようで、寒鱈まで戻ってきているという。もう一回寒ダラ祭りをする?と思えるくらいに冷え込んだ。辺り一面雪景色で、「これじゃ、お彼岸の墓参りは、スコップと長靴で行かなければならないかな。」と思っていたら、雨になり雪は溶け、青空とポカポカ陽気になった。

午前中、墓参りに向かった。今回は何を思ったか、母も一緒に行くと言う。我が家の墓も含めて2箇所へ行くのだが、案の定、墓の前で線香や花を準備中に行方不明になる。もう一箇所は妹夫婦が建てた墓で、一番最初に一番幼い子が入ってしまった墓だ。お墓参りをする人達やお墓群を見ていると、生きている人より亡くなった人の数の方が、ずっと多いんだと当たり前の事が不思議な事のように思えてくる。生と死は鎖のように、延々と繋がってきているのだ。お供え物狙いのスズメ達も、今日は大忙しで飛び回っている。草むらでは、カマキリの卵が5つも見つかった。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

硝子のような三日月

2007-03-21 17:51:40 | 動物・自然
♪浴衣の君は、すすきのかんざ~し♪
 ・・・・・・中略・・・・・・・
♪上弦の月だったっけ、久しぶりだね。月見るなんて♪

夕べ、現場からの帰り道、西の空に大きくて薄い三日月を見た。ほとんど、新月から数ミリ上にずれたかなと思えるくらいの、触ったら折れるような三日月だった。あんなに綺麗な月を見るのも、本当に久しぶりだ。硝子で出来ているような月だった。

家に帰ってから、あの月は上弦の月か、下弦の月かで話になった。私は弦が上に来ているから上弦の月だろうと思っていたが、どうやら簡単ではなさそうだ。
暦と天文の雑学より
う~~~む、読んでいく内に、どんどん訳が判らなくなってくる。つまりは、月が沈む時の形が問題なのね。夕方なのに西の空に見えたから、もうじき沈むとすると、やっぱり上弦の月だったか。

でもこんな事を調べるより、綺麗な三日月をみて、「♪ひとつ俳句でも~、ひねって♪」の方が、情緒があって良かったかな。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

タミフル

2007-03-21 17:15:36 | 社会
今日の未明に、厚生労働省の緊急記者会見があって、タミフルは10代には服用させない様にとの発表をした。ついに、副作用の幻覚による飛び降り事故を認めたのかと思ったら、頑として副作用は認めなかった。それでも、注意を促したのだから、一歩前進なのであろう。厚生労働省が今回折れたのは、数々の事故の後、「タミフルを服用させる時には保護者は24-48時間、子供の傍にいて注意をするように」と促したにも拘わらず、2件の事故が起きた。死亡事故には至らなかったが、保護者が制止したのに、振り切って2階から飛び降りをしたらしい。いくら保護者が着いていても、正常な判断ができない体力のある10代の子供を、止める事は難しいと判断したものらしい。

タミフルは、インフルエンザに非常に効くのだという。今まで、こんなに強力な薬はあったのだろうか。タミフルを服用して、飛び降りなど以外にも、死亡事故が起きているのだそうだ。世界のタミフルの80%が日本に来ているそうだが、これって異常ではないのだろうか。日本が札束にモノを言わせて、買いあさっているのか、それとも日本にだけ重点的に売られているのか、とても迷ってしまう。そして何故10代の子供達だけに錯乱状態が起きるのだろうか。判らない事だらけである。

インフルエンザは、とても流行っているらしい。身近にも医者から断定されて、タミフルで軽く治った事例を聞いた。早期発見だと、本当に苦しまないで治るらしい。うがいや手洗いをして、かからない様にする予防が一番なのだが。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

崖の上のポニョ

2007-03-20 11:04:16 | 音楽・芸術・文学
宮崎駿の最新アニメ作品が発表された。タイトルは「崖の上のポニョ」、公開は来年の7月だと言う。オリジナルの人魚姫の話だそうだが、この人魚姫と言うか金魚姫と言ったら良いのか、とにかくこの子を是非見て頂きたい。

サンスポニュースより

「ねぇ、あたし可愛いでしょ。あたし人間になりたいの。」と、この顔で言われたら、何と答えたら良いのだろう。どんな性格の人魚なのか作品を見なければ判らないが、この目つきに似ている金魚が私の水槽の中にもいる。黒い金魚を買った筈が、赤に変わったヤツだ。(M・Jみたい! ←黙れ!黙れ!!)この金魚を見て「デメ金の種類なのか?」と聞かれた事がある。いいや、単なる食い過ぎのデブ金なのだ。飼い主のズボラにより、白点病の治療は放棄され、点々のついたまま元気に泳いでいる。後遺症として人間への不信感だけが残ったみたいだが。

「崖の上のポニョ」は、現在半分ほど進んだと言う。その途中経過が3月27日午後10時から、NHK総合で放映されるそうだ。ちょっと見てみたい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

グレープフルーツ

2007-03-18 14:37:58 | 食べ物
この時期、柑橘系が水分を無くして中身がパサパサになってくると、俄然美味しくなるのがグレープフルーツである。スーパーでもラップやビニール袋に包まれた数個よりも、一個売りが目立ってきた。ゴミの減量化の意味もあるのだろうが、一個売りの方が断然グローバルだと思う。それに、手にとって重さを較べるのも、表情を見られるのも嬉しい。形が小さくても、重いのは食べる時に瑞々しくて美味しい。「早もの勝ち!」と思いながら、一個づつ手の平に載せて、ポンポンと踊らせてみる。

グレープフルーツは、ブンタンの突然変異とか、ブンタンとオレンジの自然交配で出来たものと考えられているそうだ。実のなった様子が、葡萄のように見える事からグレープフルーツと名付けられたようだ。私達が始めてこの果物を食べた時には、身の色が薄い黄色ばかりだったのに、最近赤いルビーとか、ピンクの物も出てきた様だ。明らかに色の違いで味も違う。食べ方も昔は普通の柑橘類と違って、真横に切ったものを皿に載せ、砂糖を掛けたり、ブランデーを垂らしたりして、キザキザの付いたスプーンで食べるのが常識だった。でもこの方法だと、綺麗に身を取るのが難しく、いつも底の方にジュースがどっさり残ったものだった。誰も見てないのを確認して、ブランデーを足し、持ち上げてジューとジュースをすすると、苦い味も一緒になって口の中へ入ってきた。残った半分はサランナップで包んで冷蔵庫へ入れておいた。最近は残った半分が美味しくないので、皮を剥いて何も着けずに食べる様になった。残しておいても、袋のままだと乾燥も防げる。

このグレープフルーツ、どこかに「血圧を下げる効果がある。」と書いてあった。もしかすると、例のあるある発掘・・・かな。ダイエットにもなるのは、少し眉唾かも知れないが、この果物、なんだか色々な効果がありそうなのだ。味もさることながら、私の身体にも良さそうなので、多量に買ってきては仏前に供えておく。ところが、姪が「グループフルーツは、高血圧の薬を飲んでいる人には、毒だ。」と言っていた。調べてみると、確かにそんな事が載っている。我が家で高血圧の薬を飲んでいるのは2人もいる。揃って柑橘類は大好きなのだ。少しくらいなら食べても良いのか。買ってきたのを内緒にして隠しておいた方が良いのか。ちょっと検討してみよう。

グレープフルーツの注意事項
・降圧剤と一緒に服用すると、薬が効きすぎてしまい、めまい等を引き起こす事がある。
・睡眠薬の一種トリアゾラムと一緒に服用すると、睡眠効果が増加する。
・シトクロムP450等の酵素の効き目を阻害させる効果がある。
・皮に含まれる油は、石油類と化合し、溶かす働きがある。

グレープフルーツの利点
・風邪、美肌、疲労回復、ガン予防になる。(ビタミン効果?)
・ダイエット、糖尿病、高血圧に効果がある。
・心臓の強化、老化防止に効果がある。
・便秘や悪玉コレステロールの撃退に効果がある。
・ナリンジンと言う苦み成分が、抗ガン作用や健胃効果がある。

これは、隠れてでも食べる方が良さそうな気がしてきた。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

社会に出てから役立った科目

2007-03-16 12:45:09 | 社会
この時期は、卒業や入試・入学が目白押しだ。新聞のチラシに高校の制服を見て、モデルの笑顔と合格者の笑顔が重なって見えた。受験勉強お疲れさま!合格しておめでとう!不合格だった人も、来年もう一度頑張ろうね。

団塊の世代にとって、何をするのも競争が付き物だったから、私も受験勉強はしたと思う。今と違って昔は、記憶に頼る詰め込みで物を覚えた。おかげで、勉強した事実はあるのだけど、何を勉強したかは覚えていない。何かの拍子に思い出す事はあるのだろうか。学校で学んだ事で、世の中に出て役に立つ事って、一体何だろう。

ニュースの見出しに「社会に出てから役立った科目」と言うタイトルがあった。私の高校は実業高校だったから、専門分野においては、非常に役に立っていると思うが、普通科目では、う~~んと考え込んでしまう。週休二日とか、ゆとり教育で、子供達の勉強の時間は減った。どの教科のどの部分を減らすかで、様々な意見が出ている。出来れば嫌いな教科が無くなれば良いと、個人的には思うのだけど、一般教養として人間として、生きて行くのに必要な物は何か。そんな事を考えてみた。

ちなみに、私が役に立つと思った教科は数学だった。なんだ、男性と同じか。これは私の職業とも関係があるから、特別なのだと思う。女性の欄では一番の国語は、私には不向きだった。「次の文を読んで、作者の気持ちを考えなさい。」なんて問題でも、読む方がどんな風に感じたって良いじゃないかとの反発を感じていたし、漢字が苦手だった。国語も駄目なら、英語なんてもってのほかで、何年勉強しても日常会話すら出来ない。時間と金を掛けて、勉強させて貰っているのに、役に立っていないなんて、もったいない話だと思う。
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

都市の衰退

2007-03-15 13:53:49 | 建築・都市・港
水曜日、港湾関係の会議があった。月美さんの隣の席に着く。
ここでお決まりの「full timeさ~~ん、見てる!ブイブイ
しばし、先日のTVの話をする。シナリオは用意されてなかったようだ。それどころか時間の関係で、相馬楼から山王クラブまで、「走って移動してくれ」と頼まれたらしい。それには「やんだ!」と断ったとか。

酒田港の長期構想計画の、年に1度の委員会への報告会。我々は下っ端でSWG「サブ・ワーキング・グループ」で話し合った事が報告書として提出される。ボランティアで時間を削って話し合った内容が、役所の都合で消されている報告書だ。最近、この手の会議が目立つ。役所は市民の意見を聞いたと言うポーズが欲しいだけだ。本当に時間の無駄だと思う。この報告会でも、出席したメンバーから、様々な意見を出させてはいるが、懇親会の最後に、国の方針の策定メンバーの教授が漏らした事や、オフレコで聞いた県の担当者の話が、全てを物語っている。東北を考えると、対極東アジアへのゲートウェイで、国が認定しているのは秋田港と新潟港、仙台ともしかすると八戸港が入って終了となる。重要港湾である酒田港は、リサイクルポートとしてしか生きる道がないのだそうだ。酒田港にある某施設も、本音で言えば、県としては取り壊したいのだそうだ。幾ら我々が吠えても、国も県も動きはせず、ほとぼりが冷めるまでなのか、ジリセンで衰退を待つしかないのだろう。

「西の堺、東の酒田」と呼ばれた、江戸時代の北前船の海運で栄えた湊町だとしても、新たなる物がない限り、静かに滅びを迎えなければならないのか。何だか、とても暗くなりながら、会議から戻ってきてから見たTVの番組は、東ローマ帝国の廃墟(現在トルコにある)だった。どんなに栄えても、いつかは滅びるのか。様々な国が出来ては滅んだヨーロッパとは、日本は違うと思っていたが、形ある物は壊れるのが自然の摂理だとすれば、最後に華を咲かせる事も一つ、出来はしないだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

口止め料?

2007-03-14 11:51:35 | 社会
インフルエンザの治療薬「タミフル」の事がニュースで流れた。また副作用でも起きたのかと思ったら、とんでもない別次元での副作用が起きていた。

タミフルの輸入販売元の中外製薬から、厚生労働省研究班主任研究者のいる大学へ、寄付金と称して何百万も渡っている事が判った。何が問題かと言うと、この研究者は「タミフルの副作用と、若者の飛び降り事故は、関係がない。」と発表した研究班にいた人物なのだ。この人物ばかりではなく、多数この寄付金を受け取った人間がいるのだと言う。

厚生省は、問題がないと否定しているようだけど、何だかとても胡散臭い。始めから「副作用は無い」と言うシナリオに基づいて作られた研究班ではなかったのか。このタミフルと言う薬は、インフルエンザには非常に効き目があるのだそうだ。鳥インフルエンザにも効くのだという。米国の多数の政治家が、この開発やら販売に関係を持っているようだ。世界のタミフルの75%が、この日本に備蓄されているとの話もある。

「タミフル」をキーワードに、ニュースを検索して行くと、細かく分かれた寄付金の行き先も見つかったのだけど、後になって調べたら、ニュースそのものが削除されている部分もあり、何だかきな臭さがモクモクと漂ってきた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加