無題・休題−ハバネロ風味−

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

クリスマス

2011-12-24 23:35:41 | 自己紹介
私は、爺ちゃん子だった。父は仕事で忙しく、私たち子供が寝る時間になっても、こうこうと明かりの着いた下で、木材に墨付けをしていた。母は母で家事や妹達と弟子の世話で大忙しだった。長女として生まればかりの私を、「ずっと見ていても見飽きないものだったよ。」とは、随分おとなになって聞いた母の言葉で、本人は可愛がられてないと思っていた。記憶に残る母の廻りはいつも妹たちが占領していて、叱られる時だけ「アンタは姉ちゃんだから、妹が真似するからちゃんとしなさい。」と、頭にゴンと一発食らう時だけ覚えている。

私は寝る時になると、爺ちゃんの寝床で、毎日毎日「昔話」を語って貰っていた。ラジオしかない時代の頃、飽きもせず「桃太郎」も「金太郎」も「浦島太郎」も「山王さんの猿と蛙」の話も「民話」も、しつこくせがんでいた。「きんの(昨日)の話ど、今日の話は、あそこが違う。」などと、生意気に言う私に「ほうが、ほうが」と祖父は笑うだけで、襖一枚外から聞いていた母は、もっけだごどと思っていたらしい。

昔の冬は、今よりもずっと寒かった。祖父の布団の中で、冷たい私の手足を「はっこちゃ、はこちゃ」と言いながら、自分の体温で暖めてくれた。自分の身体がぬくぬくとなる頃には、昔話は地球を半廻りし、シンデレラや白雪姫の未来と共に・・。すでに聴き手は轟沈していた。


クリスマスの朝、目が覚めると、枕元に白い袋に包まれたお菓子が置いてあった。生まれて始めて受け取るサンタのプレゼントだった。本当は田中菓子補さんのお菓子だったんだけどね。有り難い話だよね。貰った本人は、「なんで1日限りなの、次の日はないの?」と言う現実的なことだったのだが


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

幸か不幸か

2011-12-13 15:36:47 | 自己紹介
昨日、一番幸せだったのは、「財布を盗まれた!」のが、明け方にみた夢だったこと。

一番不幸だったのは、駐車場に自動車をバックして入れたら、ブロック塀にぶつかって、塀の一部が隣にはじき飛ばされたこと。ドカンと音がして、粉々さ!(なんだ、補強鉄筋が入っていないんだ。)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

石鹸と化粧品

2011-12-11 15:57:01 | 自己紹介



私の顔のカイカイが治ったのは、この石鹸と化粧品。
本当は化粧水もあったのだけど、今回はパス。
ともかく、石鹸は、そんなに高くはない。4等分にして泡立てると長持ちするよと教えて貰った。
主成分はSHEA BUTTERと言う植物の実らしい。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2011-12-08 16:57:57 | 自己紹介
私の髪は、ちょっと癖っ毛で、ちょっと太くて、ちょっと量が多い。美容院の方に聞いても、自分の髪が気に入っている人の割合は少なく、どこかに不満を持っているのだそうだ。ご多分にもれず、私も自分の髪が気に入らない。ストレートヘアに憧れて、軽くストパをかけてみたが、その後の毎日のメンテナンスと費用を考えても、満足したのは1週間だろうと思う。髪を洗って乾かして、アイロンをかけてと手間ひまかけても、妙な癖に悩まされた。両サイドの髪が同じ側に跳ね上がるのである。顔もバタ臭いのに(東南アジア系)、髪もうっとうしくて、ついにはゴムで束ね、生活に疲れた女のようになった。我慢が一気に爆発した頃には、ショートヘアになっていた。

生活に疲れた風といえば、随分と前から白髪が見えてきた。鏡を覗き込まないと見えないし、気にするほどでもないので、放っておいた。うんと増えたら染めるんだと期待したのだけど、それほど増えてもくれない。ともかく中途半端なので、踏ん切りがつかない。と言いながら、実は心の中では染めることにびびっている。

面の皮は厚いが、肌は弱い。過去に一度パーマ液でハゲになったことがある。最近では化粧品でかぶれた。(何ヶ月もボロボロの肌(顔)をしていたが、某エステに化粧品を買いに行って変えるように薦められ、2-3日もしない内に治ったのには驚いた。考えてみたら、店の彼女は元看護婦さんだった。)おっと、話が脱線した。髪の話だった。髪を染めるのに、肌のバッチテストをしなければならないんだそうだ。これがうっとうしい。もし駄目だったら、次々と別の製品を買って試して見なければならないのか。禿げるのも嫌だし。

と、まぁ、こんな愚痴を某忘年会で話したら、それは悩みになっていないと突っぱねられた。とっくの昔に、皆さん経験済みなのだそうだ。色黒の私が足踏みしているだけらしい。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

眼鏡

2011-10-12 01:56:16 | 自己紹介
図面を描くのが苦痛になるくらいに、視力が落ちてしまい、ついに眼鏡を買い換えることにした。近視に老眼に乱視の三重苦である。おまけに左右の差が大きく、乱視が酷い。それなのに、仕事以外は裸眼でいることが多い。特にTVは、字幕が上下にだぶって良く読めない。難しい漢字はさらに読めない。(それは漢字を知らないだけだろう。)



眼鏡を掛けて2日間は、慣れないせいか頭がズキズキしたが、今は平気になった。眼鏡の焦点距離が厳しくなり、図面や書類とPCの画面迄の距離が同じ位でないと疲れる。それで机の上のディスプレイを引き寄せる事になった。いやはや、老化と言うものは・・・以下愚痴は省略。

この丸い陰は私の頭か?遠近法が滅茶滅茶効いてて、手前のチョコが大きく見える。このチョコは久々のヒットだったので、この写真みたいに大きければ良いのにと思う。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタイン・ディ

2011-02-19 13:56:42 | 自己紹介
2月14日未明、私の母が逝去した。よろけて転んでからは、起きているのが嫌になってしまったようだ。ラジオを聴きながら、食事も食べさせて貰って、「アイスクリーム、んめの!」と言っていたのに、日増しに食が細くなり、眠ったままの永眠だった。夜中に息をしていないと妹に起こされて、2人でパニックになった。結局は病院に電話し、救急車を呼んだりしたのだが、心臓が動き出すことはなかった。

来年はチョコレートのプレゼントではなく、桜餅かうぐいす餅を仏壇にあげる事になるのかなと思う。あ、でもチョコも好きだった。特に冬限定のラミーチョコとバッカスチョコを、袋に入れて持たせてみた。慌ただしく通夜葬儀、初七日までを済ませたが、急な事にも関わらず、多くの方々に参列を頂いた。心からお礼を申し上げたい。有り難うございました。
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2011-01-01 13:43:19 | 自己紹介
新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様のご健康とご繁栄をお祈りいたします。


平成23年元旦
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

2010-11-03 23:14:54 | 自己紹介
中学の修学旅行は、東京と鎌倉だった。残念ながら鎌倉の方は、まったく記憶に残っていない。バスの中で眠っていたのを起こされたのだろう、大仏の前で集合写真を撮ったのが証拠として残っているだけだ。初めての東京は、都会だなと思った。高いビルがあったとか、人が多いからではなくて、宿泊先にたどり着く迄の細い小路も、アスファルト舗装されていたからである。その頃の酒田は、主要な道路以外は、雨が降れば水たまりが出来、晴れれば土埃の舞い上がる道が多かったのだ。

旧西高前の道路も砂利道だった記憶は、私が小学生の頃のものと思われる。ついでにその時は側溝もきちんと造られてなくて、道路の端には白獨したような水が溜まっているドブがあり、ボウフラやイトミミズが盛んに活動をしていた。

西高の前にはT眼科があった。こう見えても小さい頃の私は身体が弱く、始終、医者通いをしていた。ちょっと目を擦っただけで、すぐに結膜炎をも起こし、T眼科にもお世話になっていた。T先生は、他の人にはおっかない先生だったらしい。大人の患者をバシバシ怒っていたのを見たことがある。私には優しかった。いつものように目の洗浄をし、ネットリした薬を塗られ、カット綿を渡され、目に薬が充分に行き渡るよう揉むようにと言われていた。

いつもは待合室でそれを終えてから、ゴミ箱に綿を捨てて帰るのだが、その日に限って綿を目にくっつけたまま玄関を出た。両手で揉みながら歩いていると、目の前でゴンと大きな音がした。電柱にぶつかったのだった。ぶつかった勢いで、身体は後ろに、はじき飛ばされた。着地したのはドブの中だった。どっかのおばちゃんが「大丈夫か」と声をかけてくれ、急いで起き上がったが、恥ずかしいやら痛いやらで、後ろ半分を真っ黒の泥を着けたまま、わんわん泣きながら家に帰った。泣いている私を見て、母は叱らなかった。着いた泥の中にはミミズやボウフラもいただろう。想像は出来ても、自分で自分の後ろ姿を見ることが出来ないのが幸いだった。

どんな不幸にも、少しの幸いはあるものだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

はぴば

2010-01-31 19:54:01 | 自己紹介
1月生まれの水瓶座
プレゼントに貰った大吟醸で乾杯!

く〜〜〜〜。う、うめ〜〜!

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

私は馬鹿ね♪

2008-08-17 11:09:08 | 自己紹介
ただいま夏風邪の真っ最中!風邪なんて、冬に罹るものだと思っていたから、さー大変。クシャミ、鼻水、咳が止まらず、ティッシュの山が見る間に出来ていく。何処にも行かず、引きこもりの夏休みだったような気がする。暑いからと油断したのがいけなかった。皆様も気をつけて!

ブファ〜クション!!ゲホンゲホン!!CRTに飛沫がかかって、水玉がキラキラしてます。綺麗だわ!←汚いに決まってるだろ。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

猫の話

2006-03-15 00:00:31 | 自己紹介
私のprofileに出てくる、オセロの駒のようなクロ子は、普通の野良猫だ。目つきの悪い小柄な母猫(通称乳母)の子で、父猫は知らない。様々な模様の兄弟のうち、黒白なのは2匹で、利口そうな片方は、さっさと貰われていった。

我が家の前は公園になっていて、猫を捨てに来る人が非常に多い。猫は猫で、自由恋愛をし、子猫が増える。さらに、どこかで産んだ子猫達が歩ける様になると、集団で移住して来て、子猫だけ置いて消える母猫もいる。そんなこんなで、一時もの凄い数の猫がいた。クロ子がいたのは、そんな時期だった。

ある時、子猫がクシャミをした。鼻水をたらし、目が目やにでふさがっていた。しまいにはゼーゼーと喉を鳴らし、幼い猫からバタバタと倒れて死んでいった。猫のインフルエンザのようだった。数はみるみる少なくなっていった。クロ子が消えたのは、そんな時だった。死んだのを確かめた訳ではない。クロ子が、公園の散歩道の石段を登りながら、一度、私の方を振り返った、のが最後の姿だった。

それ以来ずっと行方不明のままで、私の胸の中には、ぽっかりと穴が開いてしまった。死んだかな、いや戻ってくるかもと、気持ちは揺れ動いたまま、寂しさは変わらなかった。あんなに、えこひいきしてたのに!


1年も過ぎただろうか、ちょっと離れた料亭街を、夕方歩いていると、見たことのある猫がいた。料亭の台所から、美味しそうなご馳走を貰っている。あ、クロ子だ!クロ子がいる!!他にも見覚えのある猫達がいた。この子達は集団疎開してきたのか、こちらのご馳走の方が美味いってでも言うのかと、半ばあきれながら、ほっとしていた。

早速次の日、妹と姪と3人で確かめに行った。でぶニイもいる。モヒカンの兄弟もいる。クロ子もそっくりだ。チーズを見せると、ほーら跳んできた。でも・・・これはクロ子じゃない。右肩と腕の模様が違うと言われた。顔も目つきも同じなのに、模様が変わることがあるだろうか。写真と較べてみると、確かに違っていた。だから私は、本当のクロ子には逢えてはいないと言うことになる。
こんな風に、どこかで、きっと生きているだろう。可愛がられていますように。そう思うと、寂しさはいくらか薄らいでくるように思えた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加