無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

トラム

2014-09-28 01:21:44 | 建築・都市・港

自分の買った車と同じ車種が、やたらと気になる時期はなかっただろうか。これから買うのはまだしも、買った後と言うのが摩訶不思議である。旅も同じで、行く前よりも行った後に、TVのニュースなどの映像が流れると気になる事が多い。今回のウラジオストクは、予習もしていかなかった。自由時間が取れないしと始めから諦めていたのと、予習するほどネットでも情報はなかったからである。

(ちなみに、このトラムは、広島市のものである。広島市のトラムも様々な車両が運行しており、レトロな物からモダン車両まである。残念ながら乗ることはなかったが、とても綺麗な車両ばかりである。)

2-3日前、うたた寝半分でTVを見ていたら、見知った街が出た。違和感があったのは、そこにトラム(電車)が走っていたからだ。私は一度も見かけなかったし、説明でも公共交通はバスだけと聞いていた。それにしても、このトラムのボロイことと言ったら、まるで走る屑鉄である。いやいやそれを言ったら失礼だろうが、走る世界遺産とでも言おうか。同じ車両がなく、バラバラで、どこの廃材置き場から拾ってきたの?と思えるほど、見事にくたびれた車両の数々だったのだ。

わぁ、こんなに面白い風景が見られたのね。でも何故に消えたのと、考えられるのは2012年のAPEC会議のせいだろう。プーチンがやらかしたのか。街を一新したのに、トラムの車両を新しくするのではなく、廃止したのは何故だろう。きっと恥ずかしかったからだ。道路が狭い。それも原因の一つだろうが、ウラジオストクにはトラムが似合う、トラムが必要な街だったと思う。住民の不便なんて考えない国なんだろうな。その結果が道路への三縦列駐車なのだ。

その番組の最後に、ソ連からロシアに変わっても、ウラジオストクは長いこと日本人が入れない街だったと締めくくっている。でもね、この番組と言うか、映像は古すぎるんじゃないの。無い物を流してどうする。その番組の名前は「路面電車紀行・ウラジオストク」で、観ている人の大半が真実を知らない。いやいや、知らなくても誰も気にしない紀行番組だからなのか。

私は買わないけど世界路面電車紀行

シベリア鉄道を制覇した方のブログ 風、土、植物とレイル

2010年に訪れた方のブログ 明日は明日の風が吹くのか

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形へ行く

2014-09-25 10:25:27 | 動物・自然

建築士会の理事会で山形へ行く。高速道路を走ったら紅葉が見られるかと思ったが、先週の荒沢ダムと同じで、まったく秋の気配はしなかった。余裕を持って出かけた筈だが、月山道路の4箇所の工事のお陰で、会議へはぎりぎりに着く。久しぶりの山形だものとカメラ持参で出かけても、何だか気がせいて急いで帰って来てしまった。時間が間に合えば、羽黒の漬け物屋に寄ろうと考えたからだ。

月山自動車道路を走り、湯殿山ICをパスして、落合から羽黒へ向かった。この辺で間に合うと確信して車を停めた。庄内平野は稲刈りが進んでいる。あと数日もすれば、黄金色の田んぼは、切り株が並ぶ冬への姿に変えるのだろう。

天日干しの米は美味しい。

今年の米の売値が驚くほど下がって、農家は大変だ。庄内の景気も大幅に悪化するだろうと思う。せっかくの秋なのに。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の味覚

2014-09-25 10:13:40 | 食べ物

無性に食べたいと言う訳ではないが、見かけるとついつい買ってしまう栗。

買ってしまってから、「しまった!」と思うのは、家族があまり喜ばないこと、皮を剥いてすぐに食べられる状態にしなければならないことだ。それでも、せっかくの秋の味覚だもの、一度は買わなければねと思っている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

危険な食べ物

2014-09-22 11:05:56 | 食べ物

蕁麻疹は3日経っても治らなかった。4日目には、見事に消えてしまったのだが、薬が5日分だったので再度診療を受ける。先に診て貰ったのが男先生で、あまりの全身発疹だからと強い薬を出してくれた。後で診てくれたのが女先生だった。「何か変わった物を食べたとか、思い当たる事はないの?血液検査をして、アレルギー原因を調べましょうか。」と積極的だった。私は「特に変わった物は食べてない。強いて言うと3泊4日でロシアに行った。その疲れかな。」と告げた。「3泊4日だって!ロシアって恐い所なんでしょ。要人が毒殺されるような所なんでしょ、アンタ毒を盛られたんじゃないの。」と、三段跳びに飛躍して、何とはなしにロシアで決着がついた。いやいや、私が殺されても、何の足しにもならないから。

ところで、現地のスーパーマーケットで食品を見ていた時に、日本センターの所長さんに「ロシアの豚脂の塩漬けは、めちゃめちゃ美味しいよ。ウォッカのつまみで、なんぼでも食べられるよ。」と教えて貰った。

その時私は、「ええっっ!生の脂身の塩漬けなんて・・・。」と、普段は脂身をこそげ取って調理される家庭に住んでいた身としては、それを食べ物の範囲から外してしまった。チーズはお土産に出来るけど、肉類は検疫で・・・と思ってもいた。

でも、帰って来ると、ちょっぴり気になった。彼らが教えてくれる物で、間違った物はなかったからだ。ちょっと調べてみた。それはサーロと呼ばれ、ウクライナ料理で有名で、とても美味しい食べ物なのだそうだ。1日50gまでは、食べても太らないとか。ウォッカのつまみでも、黒パンに載せても、とても好まれる食品なのだそうだ。ググると、作り方も書いてある。さて、どうしよう。

バスの停留所近くには、こんな店がある。例えればキヨスクだ。商品は番号で買う。チケットも販売していると思われる。

鷲の巣展望台にあった看板。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

親と子の建築講座

2014-09-20 11:15:06 | 建築・都市・港

9月19日(金)、酒田市立浜田小学校にて、LIA山形主催の「親と子の建築講座」が開催された。

講師はJIA山形のA先生で、この浜田小学校の校舎の設計を行った方である。浜田小学校の改築を通して、酒田の歴史、浜田小学校の歴史も一緒に勉強した。

次時限目は、東北芸工大の相羽先生の講義で、まちなみ建築と目印建築・建築家の話である。

子供達からの質問で「建築家は儲かりますか?」には、返答が詰まった。今回は6年生を対象にした授業である。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蕎麦

2014-09-20 11:07:52 | 食べ物

 

朝日から羽黒を抜けて帰ってきた。蕎麦の花が見頃だった。

気をつけて見ていた訳ではないが、休耕田と言うか、畑のあちこちに蕎麦が植えられている。

羽黒の漬け物の里・福湊庵で、10割蕎麦を食べる。

美味しい漬け物は食べ放題だ。

板蕎麦に挑戦したかったが、量が多くて無理だろうと普通サイズにした。正解だった。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カラハナソウ

2014-09-20 10:54:49 | 動物・自然

道路脇にカラハナソウを見つけた。

以前は、山歩きをすると、何処にでも見つけることが出来たのだが、近年はお目にかかっていなかった。翌年同じ場所を訪れても、消えてしまう事が多かった。ここは大丈夫だろう。かなりの広い群生が見られた。

カラハナソウは、野生のホップである。あのビールの製造に必要なホップで、ビールを造れなくてもホワイトリカーに入れて熟成させるだけで、苦みの効いたお酒が出来るのである。

早速漬けてみる。2日も経つと、アルコールがこんな色に変わってくる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

荒沢ダムに潜入

2014-09-18 11:59:07 | 建築・都市・港

「もし、興味があったら、ダムの中を見てみるかい?」とのお誘いに、二つ返事でダムの中へ潜入する。入り口は管理事務所側の一見小屋風の入り口だ。

垂直に回り階段で距離を稼いだ後に、斜めにコンクリートで出来た階段を降りる。これが急なのだ。

それから斜めの隧道の中の階段を降りる。

二股に分かれた水平の床を歩いて行くと、排水の為の機械が設置されていた。ダムの中は涼し過ぎる。機械の結露などを防止する為に、電気ストーブは常設だそうだ。

荒沢ダムが出来たのは、50年ほど前になると言う。この作業の為の階段が急勾配なのは、ダムの幅が狭いのと、旧式な為だそうだ。最近の新しいダムでは、階段は緩やかに、またエレベータも設置されていると言う。

一番下に降りてみた。

林の中からは、獣の叫び声がする。どうやら猿が喧嘩をしているようだ。勿論、この辺りには熊も出るだろう。

長い年月、水と戦ってきたダムにも、水は染みこんで、石灰分を溶かしている。

階段も、パムッカレの石灰棚を連想させるように、白くなっていた。

この階段はきつかった。羽黒山の階段以上に筋力を必要とした。帰りは登りなのに、外に出たら脚がブルブルと震えた。

これはダム湖の側である。

流木止めの浮きロープが見える。

奥へ道路を走らせる。湖底が見えた。

道路を横切って走る猿を発見。カメラで追ったが、見事にぶれている。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

流木薪配布

2014-09-18 11:48:24 | 動物・自然

鶴岡市の荒沢ダムに、流木の配布があったので、軽トラ保持のEさんとS氏と共に出かけた。

今日は配布の2日目だったので、2/3の薪はすでに持ち帰りされていた。材種は様々で、ブナ、ナラ、スギなど多種である。

ダムの上流から流れ着く流木は、貯水口を塞ぐので、一定期間ごとに処分している。その処分方法が、一般に薪として配布してくれるのだ。長さもある程度切りそろえてくれているので、車に積んで持ち運べる。そのままだとストーブにくべるのは長いので、切ったり割ったりの作業は必要だ。ただ、無料配布なので有り難い。

ダムの管理事務所の方角では、湖水に浮かべる船の発着所も流木で塞がれている為の作業が行われていた。斜めにレールが引かれているのは、ボートの荷揚げのレールである。

右側の垂直ハシゴの取り付けられている下にいる作業員の方々の多くは、70歳以上だそうだ。

どんなに体力が必要だろうかと思う。

我々は薪を有り難く頂いた。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンサート

2014-09-15 17:42:25 | 音楽・芸術・文学

9月15日、酒田市民芸術祭「東京リーダーターフェル1925酒田公演」が希望ホールで開催された。Hさんと待ち合わせで昼食後にすぐに向かったが、すでに希望ホールのエントランスは行列が出来ていた。

なるべく中央の前の席に座ろうと陣取った。高校生の一団(出演者の羽黒高校の生徒達らしい)を除いては、少し年齢層高めの客層である。酒田メンネルコールと、男声合唱団デザミ・アンティムの合同演奏が始まった。フラッシュを炊かなければ撮影はOKだ。

男声合唱団東京リーダーフェル1925の合唱である。

休憩時間には、ロビーにて酒田在住のメゾソプラノ声楽家の川田さんの独唱を聴く。カッチーニのアベ・マリアを歌う川田さんの生声を聴いたのは初めてだった。

庄内町で行われた、コーラスセミナー参加者による混声合唱を聴く。ここに高校生も参加している。久しぶりに、心の保養になったと感じる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム料理店

2014-09-15 17:28:07 | 食べ物

口コミで、美味しいと聞いていた中町にあるベトナム料理店に、ランチを食べに入る。鶴岡のHさんと一緒だ。

私はベトナム風おこわと煮卵+豚肉の煮物のランチセットと、蓮茶を頼む。蓮茶を飲むのは始めてて、ちょっと苦みの効いたオトナ好みの味だった。このランチセットに、ベトナムコーヒーもついてくる。ココナツの香りの漂うコーヒーは、不思議な美味さだった。

Hさんのメニューは、春巻き付き野菜いっぱいフォーソンだ。人参と大根の千切りを見ると、酒田の人間は酢の物を連想するが、これはまったく別の味付けになっていた。

12時丁度に入ったが、可愛い小さな娘さんから手渡されたメニューが嬉しい。食べている内に店はどんどん客でいっぱいになり、出る頃には満席になった。ここはなるほどお薦めの店だ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶴岡・割烹三浦屋

2014-09-15 10:49:56 | 酒田

9月14日は、鶴岡市で割烹三浦屋の見学会だった。この割烹は昭和13年に完成し、14年から営業を始めたが、20年前から休業状態だそうだ。この建築に携わった棟梁は4人で、各自に部屋を分担し、技術を競い合ったという。使われている材料も素晴らしいければ、細工もよく、見事な仕上がりである。文化財に指定して保護すべき建物なのだが、持ち主が現に住まわれており、1階で三味線のお師匠さんとしてお弟子さんに稽古をつけている。その筋では有名な方らしい。丁度、お稽古をつけていらっしゃったのか、三味線の音色がした。風情は万全だ。建物は個人の努力で補修など行われており、出来ればそっとして欲しいのが持ち主の希望らしい。1階の住まいに使われている部屋はプライバシーの関係で見せて貰えなかった。

地元建築士有志の会・檜倶楽部の努力で、なんとか市民に見学会をさせて貰えるようになったそうだが、一度20名ほどの団体に見学させた所、バラバラに移動し住まいの方でも写真を撮られたとかで、頑なに開放を拒まれた経過がある。檜倶楽部では調査の為、写真家の斎藤氏(酒田在住・山岳写真家)の手で内部の写真集(発売はされていない。)を作成、持ち主に渡すなどして、なんとかこの建物を保存したいと活動している。

以上の通り、内部の見学は少人数で行われ、壁や建具を傷つけないように持ち物は玄関に預け、撮影無しで各部屋を見せて頂いた。構造は木造3階建てで、中央の現在廊下の部分にはかつて池があり、それを吹き抜けから覗くことが出来るようになっていた。壁の仕上げ、壁紙、襖、照明器具も当時の物がそのままである。細工も見事で、ぜひ現在の大工さん達に見て貰いたい作品だ。檜倶楽部のメンバーの中に、この4人の棟梁の1人を先祖に持つ方もおられた。角材の他、化粧丸太も多く使われており、それが何十年経っても狂っていない。建て主はこの4人の棟梁を東京に連れて行き、色々な割烹や建物を参考にさせたらしい。材料も吟味され、地元材の他、南洋材、壁紙はイギリス製、照明はアールヌーボーと、当時でもハイカラな建物だ。大工に生まれたなら、一生に一度でも良いからこんな仕事がしてみたいと思う建物だった。

昭和14年と言うと、真珠湾攻撃が始まったのが昭和16年12月で、まだ時代は豊かだったのか、そろそろ戦争の足音が聞こえて来たのかは判らないが、あの時期に随分と優雅に仕事をさせて貰えていたのには驚いた。よほど裕福な家だったのだろうと思う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お月見の団子

2014-09-15 10:42:56 | 食べ物

スーパームーンを見逃す。丁度その時に限って睡魔に襲われたのだ。

月山山頂の神社の狛犬は、兎だったのをTVで見た。山頂にも随分と登っていない。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蕁麻疹

2014-09-12 11:31:53 | 健康・介護

昨日の夕方から、腕のあちこちにポツと赤い斑点が表れて、そこら中が痒かった。夜中は、どこも痒くて、掻きむしるようにして一晩を過ごした。

朝、鏡を見たら、顔まで腫れている。発疹は繋がり、一枚岩になってきた。これは大変と皮膚科に走る。誰がどうみても蕁麻疹だった。私はアレルギー体質で有り、過去にも何度か蕁麻疹にかかっている。痒みを我慢するほど人間も出来ていない。掻けば掻くほど症状は悪くなるのだが。

医者との対話で、食べ物によるアレルギー症状は、蕁麻疹の原因のほんの何%に過ぎない。疲労やストレス、胃腸の具合でも表れる。一番やっかいなのは肝臓だそうだ。薬の服用で2-3日で治る場合もあれば、1ヶ月を要することもある。身体の外側に出るのはまだましで、口の中やのどにでた場合は、呼吸困難で死に至る事もあると、夜中でも救急で走った方が良いと、うんと注意されてきた。刺激の強い辛い物やアルコール、熱いお風呂もダメだそうだ。「痒み止めは、気休めだからね。」と渡してくれたのだが。しっかりと身体の中から治すことが大切だそうだ。

痒い・・・。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

旅行記を書き終える

2014-09-09 01:15:21 | 

撮影した写真は800枚を超えた。ダメダメなのもあり、ミッション中や記念写真は除いて、今回一緒に行けなかった方にも雰囲気が伝わるように選んでみた。観光旅行だったら、もっと多くの見栄えのする被写体もあったのだろう。このブログの写真をアップするのに、一日100枚の限定があると始めて知る。忘れない内に書かないとと急いだが、3日に渡ってしまった。

私にとっても予期せぬ渡航であり、再度の訪問は考えられない国でもある。強行スケジュールで、毎日新しい書類が届く。ホテルや移動中のバスの中で目を通したり、相手方とどんな話をしようかと頭がパンクしそうでもあった。書類を庁舎に忘れるなど失敗もあったが、領事館の皆さんにも随分と助けて頂いた。団体で動いたので差別的な事は受けず、想像していたのと違って、恐い国ではなかったのが大きな印象である。

さて、スーツケースに詰め込んだお土産を見てみよう。雑誌は読めないのに1冊、新聞も買ってきた。新聞紙はお土産の包装紙代わりに使う。

駄菓子の袋は一気に無くなった。

チョコレートはどれもしっかりと美味しかった。某Lメーカーのようにカカオをケチってはいない。せっかくの箱に入った高めのチョコは、無残にも箱がつぶれて、自家消費になる。駄菓子の中には外れもあった。一番左下の黄色の袋から、パサパサで苦手だった黒パンの千切りが出てきて笑った。これはコンビニで買った物だった。 

ウォッカ(ベルーガ)は抜群にうまい。

スーツケースにギュウギュウに詰め込んだので、丸いのを半分に切ったチーズはペッタンコに、青カビチーズは原型を留めず、汁も滲んでいる。ビニール袋に入れて持ち帰ったのは正解だった。開けると猛烈な臭いがして、香りに敏感な姪が死にそうになった。w 大きなチーズは細かく分けてお裾分けする。崩れかかった青カビチーズは信じられないほど美味い。買うんだと意気込んでかかったキャビアは、乱獲がたたって高価になったそうで、一缶が現地で12000-15000円もすると言う。んな物は買わない。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加