駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

一見さんもお断りしません

2016年08月26日 | 診療

        

 一見さんお断りのきちんとした意味は知らないが、医院でも初診にはいろいろ気を遣う。勿論、どんな病気かわからないと言うこともあるが、それには十分な知識と経験があるので何が来てもさほど困らない、それよりもどんな人かわからないと言うことが一番の問題なのだ。大体二十人に一人くらい常識に乏しい人が居り、二百人に一人くらい常識皆無のとんでもない人が混じっている。

 おかしな人だと思うとそれが相手に伝わり、反発を買うのが通例なので、さりげなく観察することにしている。表情、服装、言葉遣いは大いに参考になるが、住所も参考になる。

 先日健康診断で受診した五十代後半の女性、表情、服装、言葉遣いにはさほど問題はないのだが、住所が市内の反対側で10キロ近く離れている。心の片隅でおかしいなあと思いながら一通り診察する。どうも血圧が高い、根ほり葉ほり聞くと高血圧症でF医院に通院していると言う。なんで当院に来たのと聞くと友達が近くに居るのでちょっとと答える、まさか健康診断に良い医院などという評判があるとは思えないが。どんな薬を飲んでいると聞いてもお薬手帳は忘れた、赤い薬というばかり、いくつ飲んでいるかには一つと言う。

 高血圧症で通院中きちんと治療することと付記したのだが、病歴というのは話してくれないとまず分からない。健康診断は通院してる医院の方がきちんとわかっているから、これからはそこで書いてもらってくださいとお話ししたのだが、そそくさと帰って行った。

 看護師が帰り際さりげなく聞いたら実は薬は三種類くらい飲んでいるようで、高血圧症以外の病気も持っていそうだった。

 これは最前線で実務に携わる医師の感想で、経営者の院長はとにかく初診大好きなのだ。昔出た診療部長会議で、今月は患者数が若干減っているが初診が多いから大丈夫とよく聞かされた。はたしてどんなものか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木村一基、紙一重強くなった?

2016年08月25日 | 趣味

            

 目には見えねども・・驚かれぬると歌われたが、どうも聴覚が悪いのか、私は視覚でまず秋の気配を感ずる。どこがどう違うと言われても難しいのだが、おそらく光が微かに違うのだろうと思う。まだまだ蒸し暑いのだが遥かに見える山の端に秋の気配を感じながら、今朝は駅まで歩いた。

 史上最強の棋士羽生が春から変調で一時は勝率五割を大きく割り込んでいた。なあにすぐに七割近くに戻すと見ていたが、五割には戻したものの足踏みをしている。生涯勝ち続けるのは無理と頭ではわかっていても、まだ四十半ばのはず、まさかこれが衰えの始まりと言うことはないだろうなと不安を覚える。

 今たけなわの王位戦、五年前なら挑戦者を見て、木村じゃあと戦う前から羽生勝ちの感じがして詰まらなかったのだが、どうも今回の木村一基八段はハブに睨まれても臆せず善戦しており、結果も予断を許さない。羽生が長期スランプに陥っているか、それとも木村八段が強くなったのか。どちらも本当だろうと思う。

 木村八段の解説はわかりやすく、正直でわけ隔てのない人柄を感じる。木村八段には千載一遇のチャンス、ぜひタイトルホルダーの栄冠をと応援したくなる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家族もいろいろで難しい

2016年08月24日 | 診療

       

 Kさんは七年前から通院されている九月には94歳になる大人しいお爺さんだ。最初足が浮腫むと受診された。血圧が200もあり、心陰影が拡大し、BNPは1400くらいあった。総合病院受診を嫌がったので、高血圧性心不全と考え、降圧剤と利尿薬を投与したところ、血圧は下がり浮腫も消失した。以来時々浮腫が出ることはあったが、薬の量を調節してなんとか自力で通院できていた。腎機能低下による貧血にもエリスロポエチン製剤投与対応でき、自分としては非常に上手く治療ができていたと思っていた。

 塩分を控えさせなければならないので、食事のことを聞くと自分で作っていると言われるので、一人暮らしかなと思ったら、そうではなく息子が居る様子だった。本当はもう少しきちんと家庭の状況を聞いておくべきだったのだが、話そうとされないのでついそのままにしていた。半年ほど前から少しづつ痩せて歩行がおぼつかなくなり、打つ手がなくなり困ったなと思っていたら息子が付いてくるようになった。付いてくるといっても、まるで、手のかかる犬を散歩させているようで、父親に対する態度とは思えない。Kさんの倍くらい体重のある何だか偉そうな私と同年配の男で、診察している脇で腕組みをして「ちょっと筋肉が付いて元気になる注射はないのかね」とロシア政府のような難しい注文をする。この年でこの状態ではとても、なんとか食事が進むようにできれば一番いいんですと、と話をしたのだが、ふん、そうかと言う顔で帰って行った。

 年内どうかという状況をどう説明してゆけば良いか、一緒に住んでいる?のに、今まで大した世話をしていたとは見えない。嫁さんも居ない様子だ。介護保険を申請させたいのだが、どうしたものか。病気だけを診ていればそれで良いとはゆかないので、頭が痛い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キリマンジェロ?

2016年08月23日 | 趣味

 「キリマンジェロですか?」。

 「いいえ,違います」。残念ながら私には、キリマンジェロに登る時間も体力もない。

 中には登山命でキリマンジェロは勿論、アコンカグアまで登ってしまったT先生のような方もおられる。富士登山は朝飯前のトレーニングでもう百回近く登ったと伺った。医院も平気で二三週間閉めておられた。七十まででしょうと六十五歳で、医院そのものを閉められ、老人病院のパート医になられたが、目論見が外れ結構忙しく、思うように山に登れなかったようだ。この二年ほど講演会勉強会でお見掛けすることが減り、お会いしても会釈で終わってしまう。もう七十をいくつも越えられたはずだが、登山はまだやられているのだろうか。なんというか俗世間から離れた不思議な強さを感じさせる方で、登山家の資質を持っておられるようだ。

 絵を描き始めてたかだか十年だが、どうも意匠をこらした芸術的な作品は向いていない(能力不足)ようで風景画が自分の資質のようだ。濃尾平野の北端、山と川と田に囲まれて育ったことが影響しているのだろうか?。余技ではあるが、掘り進んでみたい。絵は黙ってできるのでいい。文章を書くのは面倒に感じないが、おしゃべりは苦手なのだ。登山家と違うが、絵描きの資質はあるようだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつかは破綻する

2016年08月22日 | 町医者診言

        

 台風の進路が例年と違い東にずれている。まさか五十年くらいで天変地異が起きるとは思わなかったが、地球温暖化のせいか、気候に関しては若い時の感覚が通用しなくなっている。人間の活動程度で大気の気温が変わるわけはないと、百年前は高をくくっていたのだが、今や予想以上の温暖化に戸惑いながらCO2削減の実効は遅遅としている。大多数の人間は目先のことに目が眩み、自分の都合を優先してしまう。

 ネバーエンディングストーリーと言っても終わりがないわけではなさそうだが、医療関連費用の増加はとどまるところを知らない。介護保険費用は倍増、異常高額薬保険適応で一人薬価が一年で三千五百万円・・など、まさか先を見ないで決めたわけではないだろう。唯、責任を取らなくてもよい役所というシステムは、書類に不備はなし、これは決まりだから、2年以上先のことは次の担当だからと動いて行ってしまう。これに歯止めをかける役割の政治家は票や支持を減らす厳しい施策は口に出さず、その場しのぎで票をかき集めてきた。昔、貧乏人は麦を食えと言った政治家が居たようだが、高額医療費も三割負担にし、それを払えない人は従来医療でと言う政治家は居ないのだろうか。

 やがて首相が頬かむりして闇討ちで行う借金踏み倒しがあるかもしれない

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

輝く銀字塔

2016年08月21日 | スポーツ

  

 男子400mリレーで日本が銀メダルを獲得した。これは物凄い快挙で、銀が金に負けず輝いている。下からのバトン受け渡しという優れた技術はあるが、なんと言っても走力で世界に負けないことを証明したことが大きい。感激した。

 

 為末大が書いていて、私も違和感を覚えるのが、ワンパターンの日本選手へのインタービュー内容だ。成績が悪かった時に、誰もが一様に申し訳ないと謝る。しばしば涙を流して頭を下げる。以前にも書いたが私は謝ってほしいなどと毛頭思っていない。できることをやったのだから、結果が出なければ残念です・・で良いのではないか。自己ベストが出なければ、その要因を反省すれば良いと思う。

 一丸となってというのは日本の強みだと思うが、個性的な発言を寄って集って叩くのは日本の弱みだと思う。これは物事の表裏のようでいて、そうでもなく一丸となっても個性を伸ばすことはできると思う。能ある鷹は爪を隠すようになったのは能ない愚図が人を叩くせいのような気がする。

 問題が大きくなってしまうが、スポーツのアマチュアリズムの考え方を改めてゆく必要があると思う。スポンサーが居てやらせてもらっているという感覚を優れた選手は持たなくて良いと思う。感謝の心は美しいが陳謝は不要で、まして負けて殊勝でないとここぞと叩くのは筋違いの勘違いと思う。

 尤も、サッカーに関してはセミプロ評論家としていろいろ申し上げたいことがある。適切な批評は進歩に欠かせないのだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美しいアスリート、一押しは

2016年08月20日 | スポーツ

     

 半世紀前は女子アスリートと言うと男顔負けのごつい女性というイメージもあったが、今は違う。美しい女子選手が多い。中には女優顔負けというか女優裸足という選手も居る。

 バドミントンの栗原、奥原、松友、卓球の石川佳純、陸上の福島・・・と個人的に思い浮かぶ選手を上げたが、大方の意見を競合させても十指に余るのは確かだ。奥原美人?と言う方もおられるかもしれないが、見る目がありませんねとお返ししたい。

 精進切磋琢磨するうちに滲み出てきた美しさなのだろうか。

 そういえば日本の女性政治家に美しそうな人は居ても美しい人は居ない。滲み出てしまうらしい。実況アナウンサーにも耳障りな人と心地よい人が居た。選手に負けない切磋琢磨を求めたい。解説陣は概ねなるほどと優れた味のある人が揃っていた気がする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

霊長類最強女子敗れる

2016年08月19日 | スポーツ

               

 盆休みが明け、どこかに秋の気配が漂うようになった。暑いのはもう十分、暑さは八月一杯にして欲しい。

 霊長類最強女子と言われた吉田沙保里が決勝で負けた。最強女子の眼に涙、申し訳ないと泣いた。できると思われた四連覇だが、阻む者が出てきた。

 残念だと思うが申し訳ないと謝ってもらいたいとは、毛頭思わない。できることをした。銀も美しく輝いていると申し上げたい。

 レスリングや柔道は個人競技だが、日本は強い。それは技術が必要で指導というティームプレイの要素があるからだろうか。スプリンターは生まれるもので、努力が報われるとは限らない陸上とは微妙に違うのかもしれない。

 日本の女子レスリングは強過ぎる?、影の主役栄監督にアメリカからお誘いがあるかもしれない。

 啄木の気持ちもわかるけれども、オリンピックではそびれず、全能力を出し尽くすことが大切なようだ。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

岩手はdeep Northeast

2016年08月18日 | 

  

 東北は遠い感じがしていたが、新幹線のおかげで近くなった。白河の関を超えれば、文化薄き蛮な土地というのは都の人の管見で、今回盛岡を訪れ東北も文化香おる多彩な土地で、各県それぞれ様々な趣があるのを知った。盛岡は特別な産業もなく、本州一番の寒冷地で地味な印象があるが、落ち着いた深みのある街だった。

 盛岡を歩いて、東京には東北があると閃いた。誰も言わないけれど、おそらく東京の成分では一番多いかもしれない。岩手は東北の東北で啄木賢治の生まれた土地、イーハトーブの光があった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佳純にしびれる

2016年08月17日 | スポーツ

       

 卓球女子の三位決定戦。手に汗を握り観戦した。本当にはらはらして、見ているのが苦しいくらいだった。石川佳純にはしびれた。集中すると顔つきが変わり、神々しい感じさえした。

 ボルトが100mオリンピック三連勝した。ここ一番に備えることのできる凄さを感じた。200mも勝つだろう。リオオリンピック競技はまずまず順調にできているようだが、100mの準決勝から決勝まで一時間半しかないなんで、どういう阿呆が決めたのだろうか。頭を冷やせ、水垢離百回と言いたい。

 一番基本的な身体能力を表す陸上競技で日本勢は振るわなかったが、男子100mは以外に健闘した。決勝進出も夢ではない。女子短距離福島は終わったという言葉を素直に受け取り、解放してやりたい。これ以上頑張れというのは酷だと思う。

 最善を尽くし自己ベストを出せればそれで良い、にっこり満足の微笑みが浮かべばそれがメダルだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加