駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

いつの間にか相俟って

2016年09月25日 | 小験

           

 金曜土曜と待合室が患者さんで溢れかえっていた。立って待っている患者さんも居られたようで申し訳なく感ずる。中には混んでいると帰ってしまう、待てない方も居られたようだ。五日間の休診の後だから、混むのはやむを得ないかもしれない。

 たかだか五連休と言っても、その間に必ず当院が休みで困られる患者さんが幾人かは出てしまう。市内の休日診療体制は整っており、往診している患者にはケアマネージャーや訪問看護師が付いており、万が一の時の代診も頼んであるのだが、慣れたところが良いあるいは機転が利かない患者さんがおられる。それでも、大事に至ることはなく、しょうがないと休診は受け入れられているようではある。個人医院では長期休暇を取るのが、なかなか難しく頭の痛い問題だ。

 混んでいる待合室を見ると頼りにしてくれる患者さんが随分たくさん居るなあと嬉しいような不思議な感じがした。何も特別なことはしていないのだが、いつの間にか患者さんが付いて医院が成り立ち、近隣では名前だけでどこにあるどんな医院と知れ渡るようになる。勿論、そうした医院を目指しては来たのだが、自分一人でやり遂げたわけではないと強く感じた。近くは職員の努力仕事ぶり、遠くは医師会のサポートもあるだろうが、相手あっての仕事なのでこうすればこうなるといった単純簡単な話ではないと思う。

 それに絶対とか完璧ということのない仕事なので、相性の要素も大きい。付かず離れず、去る者は追わず来る者は拒まずを心がけてきた。尤も拒まずはあんまり自信がなく、それとなくやんわりと拒むことはあるような気がする。残念ながらそういう方は鈍いのかそういう対応に慣れているのか、中々気付いていただけない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和のようだけれども

2016年09月24日 | 町医者診言

            

 ブログを書く関係上見るつもりはなくても色々なネットニュースが目に飛び込んでくる。日本は平和な国と言われ、実際そうだ?と思うが、ニュースを見ているとあんまり平和な国に感じられない。それは車の運転しても直ぐわかることで、交通規則も目が届かないと?守らない人が結構居る。制限速度を20キロ超えて走行する人、黄色い信号で突っ込んでくる人など・・。

 戦争もなく安全な国なのだから、それを享受しながら生きていたい。ニュースには重みを付けて順番や活字の大きさで類別したら、感じも変わるだろう。勿論、比較すれば平和な国でも、問題は数多い。

 豊洲の盛り土問題、誰が、なぜ、どうやって、空間を作り出したのだろうか。誰も知らないなどと言うことがあるだろうか、俺は知らないで通るのだろうか。うやむや空間というのが、この国にはあるらしい。

 小池さんは一灯を掲げこの暗闇を破ることが出来るだろうか?。大きな都民の支持があること(都民でない人の支持もある)を忘れず、怯むことなくまともな行政を断行してほしい。

 遅れれば一日700万円というのは誰が付けたキャプションか、それは事実としても今までの何百日のことは?と聞き返したい、こういうことになった経緯を闇に葬ろうとする意図をうっすらと感じる。物事には優先順位があるはずだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海の向こうでは時間の流れが遅い

2016年09月23日 | 

         

 連休を利用して友人三名と海外に遊んだ。日本語の聞こえないところに行くと骨が休まる。まだまだ世界は広く多様で、忙しない日本と時間の流れる速度が違うように感じた。世界は様々な考えと思いに満ちている。

 日本ではレストランで残した食べ物を持って帰りたいというと拒否する店が多いのだが、高々五切れのピザでも二つ返事で包んでくれ、小腹が空いた夜、備え付けの電子レンジでチーンと温めてビールの肴にしたことだ。患者さんのことを忘れ日本のニュースに接しないことが、心の休養になると毎回のことながら、海外旅行をすると実感する。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨よりも長い秋雨

2016年09月17日 | 小考

           

 九月の長雨は六月の梅雨を凌いでいる。一体運動会日和の秋空はどこへ行ったのだろう。日中の気温は30度止まりなのだが湿度が高く鬱陶しい。

 ほかの業界は知らないが、興味深いことに医院の年間患者数はこの十五年殆ど変動しない。たかだか3%までの増減で終始している。逆に言えば開業して十年以降は患者は増えないと言っても良いかもしれない。半径二キロ以内で閉院した医院が五つ、新たに開業した医院が六つ、これも上手くバランスがとれている。尤もこれは当院特有の現象かもしれない。担当の税理士の話だと僅かであるが長期低落傾向の医院も多いそうだ。

 これが日では50%月では10%近い変動があるから、一年というのは不思議な一括りということになる。一日や一年というのは天の運行な訳だが、一週間というのは誰が決めたか不思議な時間単位だ。千年昔の人は月の満ち欠けを目安にしていたのだろうと想像するが、どうゆうふうに生活の区切りを付けていたのだろう。清少納言は一週間では気ぜわしいと言いそうな感じはする。とにかく今よりもうんと自然というか季節の動きに左右されて生きていたのだろうと想像する。

 世の中いろいろめまぐるしい動きがあるが、一年という単位で捉え直すのは、脳に落ち着きを与える視点かもしれない。開業十年過ぎると日毎の患者数が気にならなくなったのを思い出す。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本にも女性政治家の時代

2016年09月16日 | 人物、女

       

 蓮舫さんが圧勝で民進党の党首になった。民進党議員は彼女に党員の支持が多かったことを重く受け止めることだ。敗北を受け入れず、いちゃもんを付けるしか能のない議員に、一昨日はあっても明日はない。

 冗談ではなく本当に今は女性政治家が活躍する時代だ。遅ればせながら日本にもそういう時代が来る。

 蓮舫さんがどういう人か詳しくは知らない。岡田さん大好きだけど詰まらない男というのは言い得て妙だと思う。本当は詰まらないのではなく詰まらないという印象を与えるというのが正確なところだと思うが、印象を内容と受け取る人が多いので戦略が必要だ。安倍さんについては何と言うか聞いてみたい。

 ひとつ外野席からアドバイスしたい。マスコミと上手に付き合うことだ。瑣末を言挙げする相手を断る強さと技術が必要だろう。世の中に本当の問題は数少ない、片手で足りる。問題が多い様に見えるのは小事を意図的に問題にしようとする輩が多いからだ

 臨床では医師が患者を理解することも大切だが、医師が患者に理解して貰うことも同じように大切で、そこから信頼が生まれる。これは長い経験から学んだことだ。損得利害で動きがちな有権者の信頼を得られるように表現し動いて行けるか、蓮舫さんのお手並みを拝見したい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私知らないと言う人

2016年09月15日 | 世の中

          

 特大の台風十四号が台湾を襲い次いで中国本土に向かっている。台湾の家屋の被害は大きいようだが人的被害は少ないようだ。台風に慣れているせいだろうか。被害に会われた台湾の方にお見舞いを申し上げたい。

 続いて台風十六号が北上している。恐らくその影響だろう、曇天でじっとりと蒸し暑い。地球環境が変わり、天候も変わった。昔はと言ってもせんないこと、天候は思いがけないと思うことにしよう。

 知り合い程度では気が付かず、日常生活ではほとんど問題にならないが、何か拙いことがあった時に、第一声で私知らないと言う人が居る。どうもあまり深く関わらない方が良い人物のような気がする。その一方で、さほど親しくもないのに、転びそうになった時、さっと手を貸してくれる人も居る。

 僅か紙一枚ほどの向こうに、日頃気が付かない手触りがある。一体設計図一枚の上に何があったのだろう。確かに都の役人はけしからんと思うが、自分は棚に上げて第一声で私知らない彼奴はけしからんと言う人物には、どこか違和感を感じる。果たして、そういう人が優れたリーダーかなあと思う、平時には分からないことも多い。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

二人がかりだと難しい

2016年09月14日 | 世の中

          

 九月は雨の多い月だが、それでもこのところ雨ばかりで、患者さんの出足が乱れている。いつも空いている時間に混んで、昼飯の時間が遅れたりする。人間の考えることは似ているのだ。裏をかいて早め来る人もおられるのだが、そういう人も重なるので笑ってしまう。

 現在ほど情報が氾濫している時代はないだろう。残念ながら増えているのは屑情報と意図情報というか為情報が殆どで、有意義で役立つ情報は紛れ込んでしまっている。

 見出ししか読んでいないが、名指しで高血圧や脂質異常症の薬をまるで無効あるいは毒のように批判する週刊誌が出ている。最近はジェネリックの薬を攻撃し始めた。医師の処方する薬はすべて厚労省が認可したものばかりだし、ジェネリック医薬品を後押ししているのは政府(厚労省+財務省)なのだが、反論の気配がない。週刊誌の記事は出鱈目だからと放置しているのか、まさかと思うが出鱈目記事でいくらかでも医療費が減れば良いと思っている訳ではないだろうな。

 薬に副作用は付きもので、副作用が出て困った症例がないわけではない。何十人に一人くらいは薬を使い過ぎる傾向の医師が居るかもしれない(使い足りない傾向の医師も居る)。そうした負の部分がいくらかあっても、それで薬を止めることにはならない。薬は車と同じように捉えることができる。交通事故が起きるから車の使用を中止しろとか、あるいは例えばであるがトヨタのプリウスはけしからんと言う個人的な偏見を主張する車評論家が居たとしても、暴論飛躍と無視されるだろう。

 薬も車も負の部分はなんとかして減らそうという不断の努力がされている。そのことの方を週刊誌は取り上げてほしい。尤も、そんな記事では売れないとすれば、読者の責任も大きい訳で、二人がかりで巡り巡ってゆくことになる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨に濡れたら要注意

2016年09月13日 | 町医者診言

 

      

 今朝は土砂降りでズボンの裾を濡らして出てきた。未だ寒くないから良いもののこれで寒ければ、風邪を引いてしまう。無理をすれば肺炎になる。ここに来て急に台風が多発している。その余波だろうか、遙か遠方でも雨を降らせるので要注意だ。

 雨に濡れると身体が冷え、風邪から肺炎になることがあるので、高齢者は剣呑だ。肺炎は血管障害、癌に次ぐ三番手の刺客で油断ならない。クリントンさんも肺炎と報じられ健康問題が大統領の資質に影を落としそうだ。そういえば小池知事も肺炎になったことがある。

 加藤紘一さんも肺炎?で亡くなったらしい。一度は首相にと期待された方だが、政治家に欠かせない図太さが足りなかったか、運がなかったか不遇に終わった印象がある。

 クリントンもトランプも七十に手が届く年齢で、本当は老化の兆しがあるはずだ。権力者と健康では何冊も本が書けるだろう。権力者と病気なら何十冊も書けそうだ。政治家の図太さには丈夫であることも入っており、長生きをすれば寿命でライバルを叩たき落とせる。信長は殺されたので健康よりも油断?が拙かったようだが、秀吉も丈夫で若くして子に恵まれ七十過ぎまで長生きすれば大阪も変わっていただろう。

 ここでクリントンが病弱と転けたら、ジョーカーのトランプが出てきそうで予断を許さない。フィリピン北朝鮮アメリカの独善リーダーのトライアングルに囲まれる国になったら大変だ。勿論、大変では済まない。あり得ることと外務省はきちんと備えておいて戴きたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勝負は下駄を履くまで

2016年09月12日 | 趣味

               

 さして強くもないヘボ将棋ザル碁のくせに囲碁将棋が好きでNHK杯戦は殆ど欠かさず見ている。観戦するとなるとどちらかに肩入れして見た方が楽しく面白い。いつの間にかどちらかを応援している。よく知らない棋士同士の場合は顔と態度で自然決まる。

 将棋も碁も勿論ゲームそのものが好きなのだが棋士という存在を愛でても居る。大ファンの棋士は片手で余るが、三割の棋士のファンと言って過言ではない、ファンとまでは言えない棋士が三割、よく知らない棋士が三割と言うところだろう。一割は、あまり好きになれないどうも気に食わんという棋士ということになる。

 昨日の将棋NHK杯戦は深浦対先崎だった。どうもが先崎があまり好きでない、今や四十台なのであれこれ評論しても構わないが、十代の頃はこましゃくれた感じで全然可愛くなかった。それが尾を引いている。深浦は長崎佐世保の人で、花村元司の弟子だ。師匠とは似ても似つかないキャラクターだが、苦渋煮え湯を飲まされるような境遇にめげず、前向き沈着冷静恐るべき粘り強さで戦う棋士だ。

 深浦が先崎に振り回されないように戦うと言えば先崎は粘り強く負かしにくい深浦将棋をぎゃふんと言わせると戦う前のインタビューから最高に盛り上がった。将棋は先手の深浦が有利だったのだが、冷静沈着過ぎたか寄せで緩み、先崎にチャンスが生まれ、遂に逆転先崎必勝となったのだが、そこからの深浦の粘りが物凄くついに先崎が間違え、ぎゃふんと言わし損ない再逆転で負けてしまった。

  先崎が負けて良かったと言う気持ちは毛頭ない、一応深浦の肩を持っていたのだが、そんなことより何より素晴らしい勝負を堪能させて貰った。それにしても諦めない深浦の粘り強さを目の当たりにして勝負の取り組み方の意味を考えさせられた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運も実力の内

2016年09月11日 | スポーツ

    

 年を取ると日曜日でもウイークデイと同じ時間に目覚めてしまう。せっかく休みなのにと思うが、いいこともある。BSでヤンキーズ対レイズ戦を実況中継でみることができた。ヤンキーズが勝ち田中が勝利投手になった。好投というか巧投というか、田中は頭脳投球で相手を討ち取ることができる。勿論、それは優れたコントロールと多彩な球種を持っているから可能なのだが、マー君は頭脳投手でもあると思った。球速は投手力の一要素に過ぎない。

 実力以上というのは結果が実力なので矛盾している言い方だが、田中は運を味方に付ける能力があると見る。野球は素人なので怪しい意見だが、単なる球速や切れ重さではダルビッシュの方が紙一枚上のような気もする。どうも運を呼び込む力は田中の方が恵まれているようだ。

 有能でも運がもう一つの人は世の中に多い。民進党党首では誰が、運を呼び込む力を持っているのだろう。岡田さんはまともで有能な人だったが運が付かなかった。神頼みと違う、運を呼び寄せる能力が指導者には必要だ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加