駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

技術の裏付けがなくては、おもてなしも

2017年02月21日 | 診療

         

 昨日は春の嵐で突風が吹き、午後の患者さんは半減だった。そんな中95kgのM氏が吹き飛ばれそうでしたとやって来た。看護師と二人で怪訝な顔をすると、苦笑しながら私でもと付け加えられた。M氏は三国志や水滸伝に出てきそうな偉丈夫で、韓国中国香港台湾から東南アジアまで飛び回っている企業戦士だ。どうも風貌のせいか、何処に行っても御馳走責めらしく、我々の口うるさい指導で漸く100kgから少し痩せられた。他にも同じような地域を回って居られる企業の患者さんが居られるが、その激務?に耐えるには食事が鍵のようで、どうも脂っこくて困りますという方は長続きしないようである。

 春二番が吹き、日射しがあるとかなり暖かくなっては来たが、日が陰るとまだまだ冷たい。午後、往診に出かけると三寒四温で温かい日と冷たい日がある。「おもてなし」で勝ち取った東京オリンピックであるがこの「おもてなし」には心が肝心といっても、実は技術が伴わないと地に落ちてしまう。往診に行くと大抵のお宅で手洗いの水と手拭きのタオルを用意して下さるのだが、困ったことにハイハイと洗面器に手を突っ込んではいけないのだ。七、八軒に一軒、火傷しそうに熱いお湯だったり、ぞくっとする冷たい真水だったりするお宅があるからだ。そうしたわけで、まず指先をそっと入れてから手を沈めるようにしている。往診に伺う時間は時に十五分位ずれることもあるが、大体数分のずれで到着できる。勘の良いお宅は季節にあった適温になっている。

 例外もあるが一事が万事で、靴が揃えられ適温の手洗いのお湯が用意されているお宅は患者さんの介護もキチンとされていることが多い。心が籠もっているかどうかは無用の詮索だろう。言葉ばかり心が籠もっているようでも、技術と裏付けなければ、帰り道で首を傾げてしまうことになる。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

果たしてどんなものか

2017年02月20日 | 世の中

 

---       

 三寒四温で一昨日から比較的穏やかな陽気が続いている。発熱の婆さんは昨日は横ばいだったので経過を診たが、今朝も解熱せず食事も殆ど取れていない。本人も入院しても良いという。朝早くS病院に頼み込んで救急車で送った。外来が始まる前で当直も疲れているだろうが引き継げるせいか?二つ返事でOKが出た。高齢で予断を許さないがこれで一安心だ。

 ニュースを見ると錦織が又決勝で負けている。どうも準優勝男になってきている。勝てる相手でも優勝というプレッシュアが掛かると負ける。厳しい評価かもしれないが、ジョコビッチも指摘しているとおり錦織の弱点は精神力だ。外来でも家では正常値だが医院に来ると血圧が上がる患者さんが数多い。どうもここ一番で緊張し過ぎる人は珍しくない。尤も、かくいう私も緊張しやすく人のことは言えない。まあしかし、超一流になるには乗り越えなければならない壁だ。マレーが乗り越えた壁を錦織にも乗り越えて欲しい。

 金正男の死因が未だ不明と報じられている。毒物によっては容易には特定できないだろう。今更ながら事実は小説よりも奇なりという言葉とオーム事件を思い出す。悪の独裁者は酷似している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これでいいのか

2017年02月19日 | 小考

      

 バカボンのパパなら「それでいいのだ」と言ってくれるだろうが、週末の病気は困るのだ。ヘルパーさんが付いており、孫は市内にいるのだけれども95才の一人暮らしのおばあさんが土曜日の午後に熱を出すと困る。もう十年見ているから、救急車を呼べとは言えず駆けつけ警護で診に行って来た。

 今朝から元気がなく、ヘルパーさんが来たときには38.5Cでぐったりしていたとのこと、意識はしっかりし血圧も普段と変わりはないが、食欲がなく少し咳が出る。インフルエンザの検査は陰性だった。上気道感染でよさそうだが、果たして投薬だけで十分だろうか、救急車を呼ぶことも考えたが、大歓迎ではない面々の顔が浮かぶし、婆さんも「大丈夫」(全く当てにならない)と言うので処方箋を渡して、ヘルパーに日曜日に調子が悪ければば救急車を呼ぶように伝えて、逃げるように帰ってきた。

 土曜日の夜はトランブ(万年初心者のコントラクトブリッジ)の例会に出たのだが、調子が悪くM氏に色々ご注意を受けた。今日はホテルで昼食の予定で、何も気がつかない家内から服装の注意など・・を受けているのだが、どうも妙に気がかりで落ち着かない。昼頃ならヘルパーが居合わせるかもしれない、電話を入れてみるか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足元を見詰め、穏やかに議論を

2017年02月18日 | 政治経済

         

 どうしてもっと普通に話せないのかと思うのだが、政治家には声を荒げ、荒げる声を冷やかし、まともに落ち着いて質問答弁しない人が多い。周りにもそういう人は居るが、大抵何となく疎まれている。世間では自画自賛の人は影の評価は低いとしたものだが、権力を持つと厚顔無恥はむしろ有用な気質のようで困りものだ。

 コンビニに行くとちょっとなまりのある日本語で、妙な名前(日本人ではない)の従業員が多い。コンビニを経営している患者さんの話ではコンビニの仕事に来る日本人は無断欠勤や突然退職などが多く、出稼ぎ外国人の方が、問題のある言い方だが、よほど良いそうだ。

 定年退職した患者さんに、暫くして又働こうとされる方が居られる。異口同音に、楽というのは語弊があるかも知れないが、丁度良い仕事は中々見付からないと言われる。どの先進国もそうだと思うが、残っているのは3Kの仕事という構造があるのだ。

 トランプ大統領が見習うべきはジャパンで日本ほど上手に?外国人の流入を防いでいる国はないかも知れない。尤も、日本には特有?の建前の後ろに本音の目こぼしがあり、学生と称して実は不法?労働をしている外国人が3Kの仕事をかなりカバーしている。この辺りの事情に光を当てて、就労目的のアジア人を受け入れる方法を考える必要があるのではと思う。当院の外来にも特殊技能もなく学生にも見えないアジアの人が時々風邪を引いたとやって来る。

 病気でもアレルギーは厄介だが、一部のアジア人アレルギーのために外国人労働者受け入れが表立って議論されないのは問題だと思う。これは喫緊の課題で、与野党いがみ合わずにまともに真剣に考えて戴きたい。知恵を絞って対策と方法を考えれば妥当な受け入れは可能なはずだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自由形銀メダル、輪島の男

2017年02月17日 | 小考

 水泳の山中毅さんが亡くなった。もう半世紀以上の昔になるが、自由型でいつもオーストラリアのマレーローズに迫りながら後半もう一歩の所で惜敗していたのを覚えている。オリンピックでも金は取れず銀メダルに終わったようだが、銀メダル四個は立派なものだ。一番や金は唯一で最高のイメージがアッピールされるが、二番目で銀も決して引けを取らない優れた業績だと思う。その人にとっては最善だったのだろうし、いぶし銀には味わい深い輝きがある。

 確かに金や一番には昇り詰めた最高位で、達成感は強いのだろうが、見失う物もあるのではないかと思う。瞬間風速の出来事が、その後の人生の重圧になることもあるかも知れない。銀や銅を噛みしめる能力こそ、長丁場の人生広い社会の中ではむしろ大切な気もする。世の中というかマスコミにはそうした見識が不足しているように感じる。

 山中選手のその後のことは承知しない。遠い昔の観戦の思い出といつも惜敗のイメージにちょっと書いてみたかった。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

周りを見てもわかりにくいことも

2017年02月16日 | 世の中

     

 六十年以上生きていると人間のしでかすことは見聞きする範囲の知見から大体類推できると昨日書いたばかりだが、どうも宗教がらみやインテリジェンスの世界のことは、想像を絶するとまでは行かないが、今の日本人には分かりにくいと付け加えなければならないようだ。

 勿論,中にはよく分かるとおっしゃる方もいるかもしれないが、戦後七十年、そこそこの平和の中を生きてきた健忘症の私などには分かりにくい。

 金正男暗殺の報に悪い冗談だろうと言う気がしたが、どうも本当らしい。そういえば10年ほど前にロシア生まれの英国スパイ?が放射性物質で暗殺される事件があった。

 疑心暗鬼の妄想の生んだ凶行のような気もするが、現実に起きたのを見ると、**に刃物の世界に取り囲まれているのが現実かもしれない。果たしてどの程度備えはできているのだろうか?。コップの中の嵐に終始ししているように見える日本のしどろもどろの防衛大臣に、失策不祥事を叩くばかりのマスコミでは誠に心許ない。

 少なく目立たないけれども、患者さんで事件を起こしたり巻き込まれた人物は皆無ではない。勿論、宗教がらみやインテリジェンスの事件ではないけれども、精神の病理という意味では確かに身近にも問題が存在している。

 友人のK氏は会食のたびに「我々には大した時間は残っていないので、何が起きてももういいが、子供や孫の時代は大変だぜ」と言う。本当だなあと相槌を打っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

周りを見れば分かる?

2017年02月15日 | 世の中

   

 五千メートルの深海や五千キロの上空には、想像を超えた世界があると思われる。高々五十メートルの海底五千メートルの標高でも、並の人間には想像しにくい。確かに自然界には想像を絶する世界があるのだが、人間界はどうもそうではないらしい。歴史は浅くても世界最強の国の大統領や老舗の大企業の社長など、庶民の想像も付かない能力規範で動いていると思いきや、何のことはないガキ大将やできの悪い三代目と変わらないように見える。

 勿論、規模の大きさは異なるのだが、人間の器量や行動規範は普通の人間が生きている生活範囲の中とさほど変わらないと診断できそうだ。善良さでは差がないが極悪さで多少度が過ぎているというのが本当の所だろう。

 まあ正確なことはよく分からないが五万人程度の社会の中で起きることから、五十億の人間界で起きることは類推出来ると思う。友達の友達の友達で知り合いの知り合いで人間界は分かると申し上げよう。

 そして過ぐる千年で人間は変わらない。歴史を知れば更にしでかす人物やどじる人物を見透かすことも出来ると思われる。尤もそうした智慧で果たして衝突や破壊が防げるかどうかは心許ない。

 市井の診察室から今世界で日本で起きていることは想像を絶したことではなく、隣町や近所で起きていることとさほど変わりないと報告したい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インフルエンザ対策の妙

2017年02月14日 | 医療

         

 三寒四温かと思ったら、まだ四寒三温で今日も空気は冷たい。鳥が街中まで降りてきて餌を捜している。

 未だインフルエンザが流行しており、日に数名インフルエンザの患者さんが受診される。今の所殆どがA型で当院ではB型は僅か二名のみだ。こうしてA型B型が判別できるのも診断検査キットのお陰だ。

 今やインフルエンザの診断には迅速診断キットが欠かせない検査になっている。しかし実は感度を上げてきたキットも万全ではなく検査の時期や検体の取り方によって10-20%の偽陰性があると思われる。それにワクチン接種済であったり免疫能の高い?人の中には鼻風邪と変わらぬ軽い症状で済む人も居て、そもそも医療機関に受診しなかったり受診しても検査しないで風邪薬を投与されている例もあると思われる。

 10-20%の検査が偽陰性だった症例の中には臨床的にインフルエンザと診断できる症例も混じっているのだが、医療機関や患者さんの中には検査を金科玉条にするところもあり、診断を保留して経過を診てしまう症例も少なからずあると思われる。

 鳥インフルエンザの場合は拡大感染を防ぐために、養鶏場で二三羽でも診断が確定すれば何万羽もの未発病の鶏まで殺処分されてしまう。人間の場合は罹患したら自宅安静の処置が取られる。発症五日を過ぎ無熱の日数が二日以上続けば登校あるいは出社可能と便宜的に定められているが、これは概ね他者に感染させない目安であって100%のものではなく、熱が下がり全く元気になっても咳や痰が続く患者さんはそこそこ居て感染源になっている可能性も少しはある。

 そうしてあれやこれやで万全とは行かないが、インフルエンザの流行をある程度押さえ併発症で死亡する患者を減らすことが出来ている。他国の事情に詳しくはないが、ここまでで出来ている国はそう多くないと思う。あれこれ言っても豊かな国情で、理解力が高く従順で右に倣うことの得意な国民性が上手く機能している事例と思われる。

 不思議なことに毎年数百人ものインフルエンザを直に診ている私はインフルエンザにならない。三十年以上インフルエンザに晒され毎年ワクチンを打っている効果だろうか?。本当は非常に軽く感染しているのかも知れない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

修行の最初が肝心

2017年02月13日 | 人生

           

 二月も半ば風は冷たいが日射しには春の気配が濃く、不思議に寒さが身に凍みない。希望の春が透けて見えるせいだろうか。

 今朝も医院の入り口を開けるとお早い三人組がおはようございますと入ってきた。五時には眼が覚めてしまう爺さん達で婆さんは居ない。居たことはないというと嘘だが、まあ寒い冬場には見かけない。

 安倍首相の引いたカードは何だったんだろう。握手ハグで嬉しそうなのも度が過ぎてちょいと気色悪いのだが、ダイヤのキングくらいだったのだろうか。くれぐれもアメリカファーストの人物なので注意して戴きたい。

 臨床医は職人的な側面を持っている。凡そ何らかの技術を要請される仕事には職人的な修行が欠かせない。その時に大きな意味を持つのは指導者先輩で、その後の歩みに大きな影響を及ぼす。唯、この指導者特に先輩は選ぶことが出来ず、運というか出会いに左右されてしまう。尤も、意地悪だったり癖のある先輩でも何某かの教えを施してくれ、本当の外れというのは希のようだ。勿論、学ぶ側の資質姿勢にも問題はあると思う。いずれにしても修行と言うべき時代の持つ意味は大きくその後の仕事に影響する。

 なぜ修業時代が大切で大きな意味を持つかというと、恐らく一番知識技術を吸収できる時期だからだ。吸収力と可塑性のある唯一の時間帯と思う。最初の二三年の持つ意味は決定的というほど大きい。この二三年を過ぎるとちょっと慢心というか過信の時期が来る。何でも出来そうな気になって矢面に立つと厳しく難しい現実に高慢の鼻をへし折られて漸く一人前になっていくものだ。おそらくこれは医業に限らず、どのような仕事にも言える事だろう。

 果たしてAIに修業時代はあるものだろうか?。慢心失敗反省などがなくても一人前になれるものだろうか、ロボットが懐かしく修業時代を思い出すなどということはなさそうだが、いかがなものか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「近代天皇論」を読む

2017年02月12日 | 

         

 本屋に行かなければ恐らく買うことはなかった本がある。片山杜秀と島薗進の「近代天皇論」はまさにそうした本で、ネットでは邂逅できなかっただろう、抜群に面白く優れた本であった。

 昭和史の知識が抜け落ちている世代の自分には、実は明治大正も昭和から遡って見ないと読み解けない歴史を持っていることがよく理解できた。歴史、殊に現在につながる歴史の解釈には都合というか立場が係わる傾向が強いので、お二人の対論にはアレルギー反応を起こす人達も居るだろう。しかし、私には特異現象のように捉えらられがちな昭和初期から太平洋戦争に突き進んだ日本が抱えていた病理がくっきりと浮かび上がるように見える気がした。戦後七十年を期に太平洋戦争に突き進んだ病根を拭い去ろうとする動きに対峙して、かき消すことの出来ない歩んできた道を振り返り刻銘に記録しようとする人達も居る。おそらく平成というのはそうした記録を留めるのに相応しい時代であり、漸くそれを踏まえて後ろではなく前へ踏み出す時なのだと意識した。

 これほど自由で建設的な日本近代政治思想史の解析は希だと思うが、一部を除いてさほど評価が高くないようだ。どことなく不都合なところがあるからだろうか。

 陛下のお言葉を聞いた人全てに、この本を読んでみることをお勧めしたい。霧が晴れるように理解できるだろう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加