無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

シェイク・ザイード・モスク

2011-01-30 15:32:46 | 建築・都市・港
サッカーの試合会場の中東繋がりではないが、最近まれに見る美しい建造物の写真を見ることが出来たので、その写真のブログをご紹介したいと思う。美しいタイルを探して巡っていたら、「写真でイスラーム」に辿り着いた。他の写真も素敵に美しいが、シェイク・ザイード・モスクを見て驚いた。モスクと言うよりも、アラビアンナイトの物語に登場する白亜の宮殿のようである。このモスクは、アラブ首長国連邦のアブダビに存在する。オイルマネーで、どんな豪華な建造物も造ることが出来るのだろうが、ここの美しさは、ちょっと違うのかなと思う。フランスのベルサイユ宮殿と比較するのも可笑しいが、床や壁に彫り込んだ花の美しさは、実際に見てみたいものだと思わせる。

先日、私の近くで「その建物なら、実際に見てきたわよ。シャンデリアが素晴らしかった。」と、まぁ地球は狭いもので、「暑かったけど、女性は髪を見せてはいけないんだって。」と、ブルサを着て入った内容を少し聞くことが出来た。スペインのバロセロナのサグラダファミリアも楽しみな建物だが、シェイク・ザイード・モスクも、別の意味で憧れる建物である。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

おめでとう!

2011-01-30 15:15:10 | 社会
アジアカップ、日本が優勝できて、本当に良かった。川島の好セーブも良かったし、長友の素早いアシストで、ゴールが生まれたと感心する。オーストラリアの大きな選手達に囲まれて、侍ジャパンの青いユニフォームが一層小さくなって見えて、はらはらドキドキの試合だったけど、結果が着いてきて本当によかった。

夜更かししても、次の日は休みだからと言い訳で、ついつい表彰式まで見てしまった。金色の紙吹雪も花火の凄さも、尋常には思えないほどの迫力だった。優勝者は最後に表彰されて、一人一人に優勝カップを渡していたけど、スタッフにもくれるんだねと驚いた。サッカーの勝利者は、チームのなのだと、改めて感じる事が出来た。

ドーハは、長い間「ドーハの悲劇」の因縁の場所として、サッカーファンの心に残ってきた。これからは、日本が新しい最多アジア覇者になった会場として、ドーハは記憶されるだろう。近い将来にはワールドカップの開催地にもなる。楽しみな事だ。


決勝戦のチケットがあるのに、入場できなかった人のブログ「Oh happy day in カタール」が面白い。 どれだけチケットを印刷したんだ?!中東らしいと言えば失礼にあたるのかな。表彰式に出ていた方は、タミーム皇太子様だったんだね。


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

二次会

2011-01-29 10:14:16 | 社会
建築士会役員会の新年会の二次会で、おかまバーに行った。
きゃぁぁ~~!(^^)
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

運転免許証

2011-01-28 12:40:50 | 社会
5年に一度の運転免許証の書き換えの季節がやってきた。自分の誕生日が基準になるので、いつも寒い季節になる。何だか前回も大雪だったような気がする。そうか平成18年か、大雪だったんだな。

本人以外は気にしていないだろうが、免許証の写真にメガネをかけて写るのが嫌だったので、毎回視力検査の度に、「目が悪くなるようだったら、今度はメガネをかけて下さいね。」と言われ続けて20年は経った。

片目づつだったら大丈夫なのだけど、乱視が入っているので、両目での検査になると、あまりよく見えない。検査の器械が今回は新しくなっていて、適当に言おうとしたら、中の「C」の字が3つに見えた。思わず「3つに見える」と口走り、乱視がバレバレになってしまった。正確には6つに見えたのだ。濃く見えた3つは、「C」どころか「O」に見えた。どっちに隙間があるかなんて、わかりゃしない。ところが、左上に飛んでいた薄い文字に、きちんと隙間があって見えたので、何とか間に合った。ラッキー!(三島の噛みつき猿の名前じゃないよ)

山形県では、天童の運転免許センターに出向くと、半日で更新した免許が貰える。でも、この天気だ。危ないことはしたくないので、酒田の警察署に行ったが、事務所と往復しただけで、雪が積もり今朝の除雪は無駄になってしまった。まだまだ雪が降っている。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

慌て者

2011-01-24 16:02:02 | 建築・都市・港
姪がバジルの苗を買ってきて、寒くて育てられないと保護を求めてきた。よしよしとハーブ用の土を買い、植え替えをして窓辺に置いた。夜には暖房を切るにしても、事務所の窓は南向きで暖かい。冬とはいえ、苗も少し伸びてきたように見えた。ところが、どうも葉の裏側に点々と何かが見える。顔を近づけてみると、数え切れないほどのアリマキがついている。わっちゃーと思って見えるものは潰してみた。翌る日になるとそれ以上に増えている。

何とか、農薬をかけないで退治する方法はないものかとググってみた。wikipediaのアブラムシの所を開き、ず~~っと読んでいく内に、「牛乳を水で薄めて噴霧すると呼吸が出来なくて死ぬ」と言う文章が見つかった。牛乳は冷蔵庫に入っている。噴霧器はないので水で薄めて筆でアブラムシに塗ったくってみた。これで死ぬに違いない。

作業を終えてwikipediaの文章の続きを読んでみた。そこには、「実際には牛乳にはそのような効果は薄く、水で溺死させるのと同程度」と書かれていた。なんだって!!(怒)

翌日、アブラムシは元気に動き回っていた。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

気の毒に・・・。

2011-01-21 12:52:53 | 動物・自然
我が家の前の道路に入るには、公園側と井戸のある丁字路の2つしかない。公園側はそこそこ出口が広いので何とかなるのだが、井戸側は狭い上に、雪の吹きだまり、あげくに坂道になっていて、とても案配が悪い。今日もそこを通ろうとして、通行止めになっていて、グルッと遠回りをしたのだが、その原因はこれだ。



ゴミの収集車が轍から横滑りして、あわや民家と接触の危険にさらされていた。この車には、通常3名の男性が乗っている。2名がスコップでタイヤ廻りの雪かきをしていた。
私が帰ってきたのは昼の12時頃で、昼食を食べ終わって、2階の窓から眺めてみると、相変わらず立ち往生している。



ここは、雪が無くともすれ違いの出来ない細い部分だ。
お客さんとの打合せが済んだ3時頃、出かけるついでに見てみたら、脱出は成功したようだ。公園の方へ向かうと、日和山のロータリーに例の収集車を見つけた。うわぁ、脱出に3時間もかかったのかと驚いた。
今日は燃えるゴミの日で、通常我が家の前に収集車がやって来る時間は10時前。それが12時にもなっていたのだから、どれだけ市内の道路が通行するのに不便だったかが判る。きっとお昼ご飯も抜きで、格闘していたのだろう。今週の仕事は終わらなかったに違いない。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

大寒

2011-01-20 18:52:54 | 動物・自然
毎朝、人力で除雪をしていた。悪天候が少し緩んで、道路の雪がザクザクになった頃、ブルでない小さめの除雪車がやってきて、道路の雪を山の方へ吹き飛ばしてくれた。我が家の前は広い道路ではないが、スリムな除雪車は2往復して少しだけ道路の雪の嵩を下げてくれた。アスファルトが見える位にして欲しかったのに。



雪をもっと遠くに飛ばしてくれ~~!



せっかくの2往復も、翌日は元の木阿弥になって、毎度の雪かきとなる。
もう雪山の向こうに、人力で雪を飛ばす限界が近づいてきている。

用事が出来て、車を掘り起こし、市内へ向かった。なんだ、この雪山は!と思うほど、町の中は様変わりしている。こんなに雪の壁が出来ている風景は久しぶりだ。大きな道路は、まだ大丈夫だが、小路に入るとすれ違いが出来ない。ノロノロ走るのは当たり前、すれ違い時に横滑りでもしたら、すぐに事故に繋がること受け合いだ。



さて、遠く島根県の夕さんから、暖かなプレゼントが届いた。イトメンのちゃんぽんめんだ。



伝授された「卵と一緒が美味しい。」に見習って、作ってみた。小エビのかやくが入っていた。スープの味はタンメン。麺はチャルメラに似ている。ちゃんぽんめんのラベルに描かれた具は、今回は載せていない。子供達が大喜びする味のようだ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

タイガーマスク・ブーム

2011-01-16 16:44:33 | 社会
アニメ(漫画)のタイガーマスクの伊達直人の優しさに見習って、昨年の暮れより児童養護施設に新小学一年生用のランドセルをプレゼントする事が、ちょっとしたブームになっている。時には名前を変え、プレゼントもランドセルだけでなく、おもちゃや現金、山形ではお米や野菜もあったようだ。「うちの県だけ来ていないの。」と言う寂しげな県も、人の善意で埋まったはずだ。こんな素敵なブームなら、是非続けて貰いたいと心から願っている。もう一人の「○直人」の方は、いかに国民をはぐらかして消費税を上げようかと画策している。同じ直人でも、大きく違っているものだ。

アニメのタイガーマスクは、昭和44年から放映されたのだそうだ。リアルタイムで見ていた私は、タイガーマスクがリングの上のムキムキの体格から、伊達直人の私服のレインコートを着た細い身体になるのに、大きな違和感を持って見ていた。きっとタイガーマスクを被ると、あんな強い身体に変わるのだろう。文句言って、子供の夢を壊しちゃいけないよね。

さて、誰でもタイガーマスクになれるグッズがある。福島県矢吹町で玩具店「トイショップウエダ」を営む上田貴規さんが、著作権者の許可と監修を得て原型を作り、マスクとして売り出している。年間ちょこちょこと売れてはいたが、去年の暮れから爆発的に売れ出したのだそうだ。



産経ニュースより


写真を見ると、なるほどアニメにそっくりである。
これを見た時、今年の節分に鬼とタイガーマスクが幼稚園や保育園に現れたら、さぞかし面白いだろうなと思った。鬼は豆をぶつけられ、タイガーマスクに子供達は集まるだろうか。きっとどちらも恐がる、臆病な子供もいるだろうと想像して、可笑しくなった。


yukacanさんが見つけてくれました。
「児童養護施設へのご厚意にかかわるお礼とお願い」です。
お礼と一緒に、お近くの児童養護施設や、せっかくのご厚意を今何が必要なのかに向けて欲しいそうです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

マクロとミクロ

2011-01-16 13:46:37 | 動物・自然
夜中に目が覚めてTVをつけた時に流れていた番組で、宇宙の話があった。多分NHKだと思う。

宇宙の始まりが、137億年前に起こったビッグバンだとする理論は一般的だ。その後、宇宙は拡大の一途を辿り、星々が生まれ、数々の銀河を形成した。宇宙の拡大は緩やかになるだろうとする仮説が有力だった。ところが、1998年頃に、オーストラリア国立大学のブライアン・シュミットが代表する宇宙科学者たちのグループが観測した結果、膨張の速度が急速に速まっていると発表した。同じ頃、欧米のカリフォルニア州立大学バークリーのソール・パールミュタ-のグループも同じ論文を発表する。

ある一定時期まで、膨張速度が同じだったのに、遠くの銀河になればなるほど、離れる速度が増しているのだそうだ。それは宇宙の74%を締める暗黒エネルギーのせいだと言う。なんだかSFぽくてドキドキする。将来、太陽が膨張して爆発し、超新星になる事は知っていたが、地球を含めあらゆる星が爆発し、いいや宇宙そのものが拡張して消滅する。量子の単位まで細かくなるのだそうだ。それをビッグリップと言う理論で、アインシュタインは生前その数式を出していたらしい。でもきっと間違いに違いないと、自分で否定したと聞く。数学者や宇宙学者の頭の中は、どんな構造になっているのだろう。宇宙の消滅までは、遙か遠い。他人事のように聞いていた私は何なのだろう。

実は別の穿った見方をしていた。そうか世界は滅亡するのか。やっぱり神は存在しなかったのだなと言う想いと、量子にまで拡散したこの巨大な宇宙が、誰かの身体のほんの一部分に過ぎないのではと想いである。後者では神は存在する可能性がある。

そう考えながら、二度寝をした。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

天気の長期予報

2011-01-16 10:14:17 | 動物・自然

この冬の長期予報は、暖冬で大雪にならないと聞いていたのに、毎日のように雪かきをしている。土曜日の朝は20-30cmが、真上から降ったようだ。仕事前の雪かきでは終わらずに、時計を見たら9時半だった。2時間半も雪と格闘していたことになる。



私が秋に見たカマキリの卵も、地面近くに作られていた。カマキリも私も暖冬だと思っでいたのだ。毎年この時期にセンター試験も行われる。今年も、どこどこの電車が止まって、試験開始時間が30分遅れたと言うニュースもあった。受験生の気持ちはどうだったろう。時期をずらせないものかと思う。きっと霞ヶ関の人達は、雪がどんなに不都合かを知らないのだろう。




そして毎年のように流れるローカルニュースでは、屋根の雪下ろしでの事故だ。内陸では小屋が潰れた(ただしパイプ足場を利用しての手作り小屋だった)だの、屋根から落ちて骨折に重傷に死者まで出た。まさかと思うほどの年配者も多い。高齢化社会で、幾つになっても屋根に登らなければならないのが現実なのだ。それを怠ると家は潰れてしまう。平面上での雪かきで、手足に豆が出来たの、腰が痛いのと言うのは贅沢なのかも知れない。



今日の天気図も、等圧線が狭く猿でも判る西高東低の冬型だ。雪かきが終わった後の地面に、容赦なく雪は降り続ける。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2011-01-10 16:02:30 | 動物・自然
何だか、毎日、雪かきをしている気がする。昨日は一日ドカッと降ってくれたので、朝と夕方の除雪となった。雪の捨て場所が足りなくなる。黄色の除雪車がやってきて、直径1m弱の大きな雪の固まりを、どかどかと置いていってくれた。その後に続いて青い除雪車が、雪を除けるのではなく、雪の固まりを砕いただけで、ブンブン走っていった。固まりはすぐに片付けないと、凍ってしまい、にっちもさっちもならなくなる。



除雪してくれなかった部分と、固まりを砕いたのを、生け垣の向こうに放り投げるのだが、高さが自分の背丈を超えると辛くなる。ああ、腰が痛い。



とりあえず、ゴミの集積場所は確保した。青い網は鳥避けのネットである。
写真だと雪の多さが伝わらないな。

外はまた吹雪き出した。
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

美味しい物

2011-01-10 15:46:31 | 食べ物
正月に、姪から月山ワインを貰った。すぐに開けて呑んでみる。とても濃い赤で、液体の濃度も重くて美味しい。どこか山葡萄の味がしたので、早速「山・ソービニオン」でググってみる。山葡萄とソービニオンの交配種なのだそうだ。葡萄そのものは紫色と言うより青に近い。これは美味しいかも!



お正月のおせち料理も飽きた頃、やはり食べたくなるのがインスタントラーメンだ。私が何十年も付き合っているのが、チャルメラで、色々と手を出してもやはりこれに戻ってくる。年末の買い物でも備蓄がきれないようにと買ってきた。ついでに、トムヤンクンの6Pもあったので、一緒に買ってきた。これもなかなかいけるのである。



量がちょっと少なめで、食べ残したら鳥達に上げようと思っても、残ることはない。(ちなみに歳のせいかチャルメラは1/3が残ってしまう。)



出来上がりがこれ。勿論エビも唐辛子も載ってはいない。チャンツァイがなかったので、イタリアンパセリを載せた。邪道なのだろうが、見た目は変わらない。熱くて辛くて、酸っぱいレモングラスの味が癖になるようだ
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

残念!

2011-01-06 17:40:33 | 社会
首相の年頭挨拶で、少しでも日本の未来が明るくなるか聞けると思ったら、民主党の内輪もめを聞かされた。マスコミと一緒になって、「政治と金」を連呼しているのだけど、本当に金に綺麗な政治家なんて、見た例しがない。小沢斬りすれば民主党が崩壊するのに、それが判らないのだろうか。最後まで首相の椅子に縛り付いて、何をしたいのだろう。


いつ開催されるか解らない六カ国協議だが、核で脅して食料や様々な要求を聞けと言う国と、過去に核攻撃でやられた国とやった国、さらに何かあったら実際に使用するようにと内部で通達を出している国が集まっているのだもの、まとまるはずもない。そうか、中国は使う気で作ったんだな。


1月2日、酒田郷土史家の田村寛三さんが御逝去された。昨年、体調を崩されていたとは聞いていたが、突然のくも膜下出血だったらしい。もっと沢山の話を聞きたかった。祖父の存命中は、我が家にも遊びにいらしてくれた。書も書いていただいた。歴史と言うものに取り組むと、どんなに時間があっても足りないだろうと思う。本当に惜しい方を亡くされた。合掌


コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

丸い顔

2011-01-06 09:20:06 | 社会
穏やかな正月と言うものは、雪かきをする訳でもなく、三度三度の食事の他にアルコールが入って、どうしてもカロリー高めになる。その結果がこの顔だ。丸くてパンパンに膨らんだ。脳みそもその通りで、休み明けから普段の生活に戻るのに、少しのリハビリを要する。夏休みの時とはえらい違いだ。

暮れには、何かにかぶれたのか、顔中がカピカピのボロボロになった。ならばと、休み中はスッピンで過ごしたのだが、これが精神的には締まらない。女性の化粧とは、「よし、行くぞ!」と言う、武士の鎧兜のような物なのかも知れない。(ちょっと大げさ過ぎたかな。)お陰で、ボロボロは無くなった。丸くてパンパンなのも、その内に納まってくるだろう。今年は少し頑張らねばと思う。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

初詣

2011-01-04 10:15:00 | 社会
1月3日の午後になって、羽黒山に初詣に出かけた。庄内平野を旧平田町から庄内町、旧藤島町を抜けて羽黒山に向かって車で走る。元旦と2日はお天気も良かったのだが、今日は生憎と雨が降っている。途中のスタンドで、残り少ないタンクに軽油を3000円だけ詰めるが、「あれこれだけ?」と口に出るほど少ししか入らなかった。思えばおせち料理を買い出しに出かけた時も、何もかもが高いと感じた。

羽黒山への道路は少し濡れているだけで、凍ってもいなかった。山頂へ近づくにつれて雨は雪に変わり、風情が抜群だ。初詣はこうでなければと思う。駐車場が混んでいる時には、羽黒山のスキー場の駐車場に誘導されて、バスでのピストン輸送になるのだが、今回は山頂までちゃんと行けた。その代わり第2駐車場へ回されて、裏から入る事になった。水で手と口を清めて鳥居をくぐると、松霊祭の後片付けをしていた。

参拝客は若い人が多く、神殿の狭い通路と急な階段が恐い。いつもはおみくじもお守りも素通りするのだが、昨年の九州の太宰府天満宮でのお守り売り場で、私が大変な厄年であることに気が付いた。お祓いをしても大晦日で御利益が消えてしまうそうなので、新年をもって御札を頂くことにした。私の年齢が厄年なのは、男性だけらしいが、何せ本業が女性の仕事ではないので、気を付けねばと考えたからだ。御札は求めたが、参拝の時にお願い事をするのを忘れている。毎年そうだ。手を合わせて、頭の中に何も思い浮かべないか、「こんにちは、今年も挨拶にきました。」なんだもの、神様だって「はいはい、ご苦労さん。」としか受け止めてはくれないだろう。隣でお願い事と住所氏名電話番号まで言っている女性がいた。これは凄い!こうでなくちゃと感心する。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加