無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

小松左京氏逝く

2011-07-31 09:52:10 | 音楽・芸術・文学
日々の雑多に追われて、こんな大事なニュースを聞き逃していた。SF小説の大家、小松左京氏が26日肺炎の為、亡くなられていた。1931年生まれの80歳だった。代表作である「日本沈没」は、現在の日本に相通ずるものがあり、何故小松氏のコメントが貰えないのかと思ったが、まずはそういうことなのだろう。小松氏のいる所には、モウモウと煙草の煙が絶えなかったことも、近年随分と痩せられていたことも、事情はあるのだろう。

私は、一時寝ても覚めてもSFに浸っていた時期があった。海外物も日本の作家の作品も、漁るように読んでいた。星新一がショートの天才で、発想がずば抜けていたのは言うまでもない。筒井康隆は七瀬三部作を除いては、まったく汚かったし、平井和正、豊田有恒、半村良、田中光二などなど、ぐるっと読みまくっては、小松左京に戻っていた。「給水塔の幽霊」では、オチにぶったまげ、「時の顔」では、天才さを再認識した。どの作品に触れても、後味の悪い物には出会わなかったし、底辺には人間への愛があった。

小松左京様、ありがとうございました。貴方のファンで、幸せでした。


コメントはないのではと思っていたが、残されていたようだ。以下時事通信より

今月8日に体調を崩して入院していた。事務所によると、亡くなる直前、東日本大震災に関連して「今は大変な時期かもしれないけれど、この危機は必ず乗り越えられる。この先、日本は必ずユートピアを実現できると思う。日本と日本人を信じている」とのメッセージを残したという。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

こぶらがえり

2011-07-30 08:42:02 | 健康・介護
夜中に両足がつった。左はふくらはぎ、右は前側が同時につって、飛び上がった。酒田ではふくらはぎがつる事を、こぶらがえりと呼ぶ。訛っているのか一般ではこむら返りと言うらしい。

いやいや、解説などしている暇はない。通常のふくらはぎだけなら、親指をぎゅっと曲げたり、つった部分を強引に揉んだりして回復を図るのだが、片方を揉めば片方が痛い。特に足の前側の筋肉がつったのは初めてだったので、叩いたり揉んだり、随分と時間がかかった。トイレに行くのに、階段を降りる時でさえ激痛だった。

私は頻繁に足がつる。車を運転中でも足の指がビャァーと開いて凝り固まる。山道で崖にしがみついたら太ももがつった。この時ばかりは痛みの為、息が止まった。海で泳げば両足がつって沈んだ。足がつるのは、疲れているからだとか、何か栄養が足りないからだと言われる。対処方法はないものだろうか。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

腐葉土

2011-07-28 08:15:07 | 東日本大震災
やっと腐葉土の汚染がニュースに上げられるようになった。生産者が悪いわけではない。いつも通りに集めて寝かせ販売しただけなのだ。ただ、消費者にとってみれば、買って庭に埋める行為が、汚染を広げる助けになる。今回はコメリが名指しで販売したホームセンターにされている。そうではないだろう。他の店も同じ事をしていると思う。

政府は、腐葉土は他の土と混ぜれば放射線の値は下がるから大丈夫だと言い、汚染された土地で育った植物が、どのような汚染になるのかデータはないと言う。チェルノブイリの時のデータだってあるだろう。その場しのぎの対策は、根本的に間違っていると思う。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

事故は予想されていた。

2011-07-24 11:04:18 | 東日本大震災
福島第一の事故が起きる前に、経済産業省の所轄団体の独立行政法人・原子力安全基盤機構が原子力防災専門官向け資料・動画で見る炉心融解(4分59秒・youtube)を作っていた。冷却水が止まるとどうなるか、政府も東電も知っていて、国民に隠蔽していた。

このアニメの最後の文章が面白い。「最悪の事態に至った場合でも、住民の方々に安全・安心して頂けるよう、日頃から防災担当者への訓練を通して、原子力災害時の対応能力の習熟に努めております。」
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

フルーツトマト

2011-07-24 10:13:43 | 食べ物
道路を散歩中の人が、「あら、トマトが赤くなっている。」と会話している。この通りは、時々泥棒氏も通り、ミカンも買ったばかりの鉢植えの花も、持って行かれた事がある。近所でも同じような話をしていたので、きっとトマトも他の誰かが先に試食をすると思っていた。誰も盗らなかった。美味しそうに見えなかったのかしら。イヤイヤそうではないだろうに。



と、房の一番下のトマトも色づくのを待って、今朝初めての収穫をした。Andiさんが仰っているように、酒田でも房着きのままのトマトが売られている。普通のサイズのトマトは箱に並べられていても、ミニトマトは小さな容器に入っていたり、可愛い模様が印刷されたセロハンみたいな袋に詰められている。

私も色づいたら一個づつではなく、一房全部が色づくのを待って房ごと採りたいと思っていた。一番大きな物でも長さが3-4cmほどのミニトマトである。さて、ドライトマトにでもするかなと、試しに1個食べてみた。

あま~~い!

勿体ないので、果物代わりに生食することにした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

落札

2011-07-23 13:49:39 | 東日本大震災
おお、また大きな地震があった。
最近の日本の地震情報も、震度5ではあっさりとしたニュースにしかならない。
慣れとは恐ろしいものだと思う。

先日、エネルギー庁で入札があった原発に関する情報監視業務は、広告代理店に落札された。
以前は原子力村と言うか、電力が関係する法人が委託されていた。今年は8千3百万円。
4年間で1億3千万円も使われていたらしい。
詳しくは東京新聞の記事から
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

真夏

2011-07-23 10:26:03 | 動物・自然
台風の影響か、真夏なのにこの2-3日朝晩はめっきりと冷えた。まるで秋の気配さえ感じられる。それでも日中は夏真っ盛りで、しばらく雨は降っていない。鉢植えに水をやると、蝶々が飛んできた。アゲハチョウと、もう1匹大きな蝶が水を飲みにやってきた。



アオスジアゲハの方は、珍しくもないので、うっちゃっておいて、この大きな蝶を追い掛けた。水を飲んでいる間にも羽根を小刻みに動かすので、なかなかピントが合わない。カメラに詳しい人は「スポーツモードで撮れば良いものを」と歯がゆく思っていることだろう。急いで蝶を追い掛けている時には、一々メニューから探すことも出来ない。と言うわけで、こんな写真になった。



人間がどんなに近づいていても、逃げる気配もない蜂。決して死んでいるのでもなさそうだ。



ほら、サンドライトマトの元が、ここにあるじゃないか。
黄色のミニトマトが、オレンジ色になってきた。もしかして記憶にあったオレンジ色のトマトとは、丸いミニトマトの方だったのかも知れない。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

酒田港での瓦礫処理

2011-07-23 10:16:18 | 東日本大震災
東日本大震災の瓦礫処理を酒田港で行う事は、ニュースで知っていた。昨日、某会合で「主旨とは、ずれるかも知れないが」と前置きして県側に質問してみた。

放射能の混じった瓦礫かとの質問には、否と答えた。瓦礫は震災支援の一環として、三陸からの物を海上輸送する予定で、瓦礫はリサイクルを目的としている。酒田港では木くずを処理するが、その場所は大浜海岸の埋め立て地で行う予定らしい。埋め立て地とは、北港灯台のある辺り、でっかいヒラメが釣れた、あの場所である。ちなみに、酒田港はリサイクルポートの指定を受けているが、リサイクル専用の岸壁は未着工のままである。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サンドライトマト

2011-07-21 08:09:22 | 食べ物
Andiさんがトルコにいる間に作ったサンドライトマトに習って、後先考えない鉄砲玉のような私は、早速市場に出かけてトマトを買い込んだ。初心者なら、ミニトマトから作って見るだろう。少なくとも、最初にネットで作り方を確認してから、買い物に出かけるだろう。

ただ、記憶にあるサンドライトマトは、乾燥した物でも大きかったし、オイル漬けになった物は、ワインのお供でもいけたので、躊躇せずに中型のトマトを買い込んだ。



早速輪切りにして、切り口に岩塩を塗り、隙間の大きなザルに上げて、こともあろうに車のボンネットに置いた。数時間後には、塩分によって引き出された汁が垂れ、ボンネットには丸い跡が出来た。これではいかんと、下に紙を敷き、物干しに並べて置いた。

次の日、車を動かして、殆ど日中は事務所にいなかった為、トマトは置き去りになった。するとカビが生えた。イカンイカンとさらに反省し、カビの生えた部分を削げ取り、同じように並べて置いた。次の日も留守のために置き去りになった。カビはさらに増えた。そして今朝、カビはさらにさらに増えた。もうどうにもならなくなって、ビニール袋に入れて捨てた。こうして初めてのサンドライトマト製作は、撃沈したのである。

Andiさんから見せて頂いたトマトは、あんなに見事に出来上がっていたのに。やっぱり、日本の湿気の多さでは、うまくいかないようだ。ミニトマトなら良いのかな。1度の失敗では決してめげない。私はなでしこジャパンだもの。←ホントか!



昨日の留守は、山形市のパレスグランデールでの会議。その庭を通して、市内の山が見えた。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

なでしこ

2011-07-18 10:47:27 | 社会
澤選手が、金メダル以外は望まないって言っていたけど、本当に優勝しちゃった!
負けない、諦めない、くじけない。この粘り強さは素晴らしい。
朝はどのTV局でも、この優勝のニュースを流していたけど、特定の局だけ映像権があるのかな。そこがちょっとだけ気になった。みんな見たいだろうに。

Youtube 大和撫子

どこかの都市のトップが、またオリンピック誘致を行うみたいだけど、その予算をスポーツで頑張っている人達に回して欲しいものだと思っている私は変わり者なのかしら。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ネジバナ

2011-07-16 10:06:32 | 動物・自然
ホームセンターのmusasiから、小鳥用の剥き餌を買い込んで、広場に撒いている。雀の数の増加作戦の一環である。(←個人的な)一日に茶筒に一杯を撒くのだが、見つけた雀が子供達を連れてくるのか、友達を呼ぶのか、近隣在に住む親族郎党を連れてくるのか、ちょっと凄い数になっている。まぁ、それは横に置いておいて。

茶筒を小脇に抱えて、先日のネジバナを見に行った。背も伸び、花の下の方は枯れてきている物が増えた。その中に、あれれ白いネジバナを発見!色が掠れているだけかと思ったが、やっぱり白色だ。これは写真に撮らなければと事務所に走った。



不振な動きをする私に、「チチチチッ」と雀達が警戒音を発する。それを頭上で聞きながらネジバナを撮す。
右側が普通のネジバナ、左が白色のネジバナ。



ネジバナだけを狙う。すると風が吹く。ピントの甘さは相変わらずだ。



今日のおまけ「黄色のトマトに押しつぶされる赤色トマト」

細長いトマトは、オレンジ色ではなく赤だった。(><)
どちらもミニトマトだが、全体を見ても、俄然黄色のトマトが成長が速く、苗の丈も大きい。

少し大きめのプランターの中には、ちぎり取ったトマトの枝を挿したのが根を着けた。
苺も同居している。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

山形県酒田市 牛肉 セシウム

2011-07-15 09:51:12 | 食べ物
ニュースに酒田の名前が載ってちょっと驚いた。
現在のところ、汚染された牛肉は保管されているだけで、酒田では販売されていない。

山形新聞7月15日付

毎日新聞7月15日付

そう言えば、酒田港振興会議の席上で、某H田牧場の会長が、こんな話をしていた。
昨年か一昨年、家畜飼料の備蓄施設が統合され、酒田近辺から太平洋側へ移された。3.11の震災で施設が壊れ、ガソリンが足りなくなった事と流通に問題が生じ、飼料が底をついたそうだ。本気で家畜たちが死滅すると心配した。直接に地震の被害を受けなかった地域でさえ、この通りなのだから、福島での飼料不足は想像がつく。今まで安心して与えていた稲藁も、この通りの汚染だった。農家も牛も可哀相だ。そこに住んでいる人達も心配だ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

言論封じ込め作戦開始

2011-07-15 09:18:39 | 東日本大震災
自然エネルギー庁の調達情報
今日7月15日が入札日みたいね。

それで、これが仕様書
ついに始まるのか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ネジバナ

2011-07-14 14:15:26 | 動物・自然
朝の6時頃、ガーガーと草刈りエンジンの音がした。伸びてしまった芝生を刈ってくれているらしい。あっ、ネジバナが勿体ないと思った。前日、芝生の中に点々とネジバナが咲いているのを見ていたのだ。



カメラを持って山王森に入る。アジサイもやっと見頃になった。



芝生の上を歩いていると、前回見つけた場所はすっかり刈られていたが、芝生の天辺のあたりでは、ネジバナの群れを除けて芝生が刈られていた。木の枝が挿してあるのは、ここにネジバナがあるよとの目印らしい。年々株も増えて、見つけるのが楽しくなっていたので、これは有り難かった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北前船がやって来る。

2011-07-14 10:49:21 | 建築・都市・港
今年の夏、東日本大震災の復興支援として、青森県で作られた北前船「みちのく丸」が、日本海側を大航海する。
そのルートは、青森港-鰺ヶ沢港-深浦港-小樽港-境港-小浜港-敦賀港-福井港-金沢港-伏木富山港-新潟港-酒田港-秋田港-青森港と進む。酒田港に入港するのは、8月19日の予定で、8月24日迄の間、「みなとオアシス祭in酒田2011」と併せて、酒田港本港での展示や帆走を行う。

その出港を祈願して、13日に関係者が酒田の金比羅神社にお参りすることになった。
そろそろ時間だ。さぁ出かけようと出かけたのは良いのだけど、時間を間違えて、祈願祭はすっかり終わっていた。



始まっていたのは、その後の祝賀会だった。
これではイカンと、公益大のT先生と一緒に、祝賀会場を抜け出してお参りに行った。



お参り後の日和山公園の灯台。



酒田市内を照らす月。



夕暮れの酒田本港。
風が涼しくて気持ちが良い。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加