無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

白内障

2016-06-28 09:47:54 | 社会

机にうっつぷしてうたた寝をしていた。ハッと目を覚ましたら、右目の視野が白くなっていた。

瞬きしても、目を擦っても消えない。もしかしたら、白内障かも。こんなに急に来るんだと思った。

PCの画面を見てもよく見えない。不自由なものだ。

頭の中では、手術の文字も浮かんで、覚悟を決めねばと考えていた。

原因が判る。なんと、眼鏡が曇っていただけだった。眼鏡のまま、眠るなよ→自分。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

酒田鐵工共同組合総会・懇親会

2016-06-26 17:56:42 | 社会

支部長の代理で、ベルナール酒田に行く。酒田鐵工協同組合の懇親会だ。

4階の窓から見た酒田の街並み。この角度からは見たことがなかった。

空に映っているのはUFOではなく、ホールの照明器具だった。

偉い席に座らせられたので、美味しい料理の写真は写せなかった。

それでも乾杯の為の酒、鶴岡市羽黒の竹の露のはくろすいしゅを撮す。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参議院選あす公示

2016-06-21 08:21:09 | 社会

明日から参議院選が始まる。全国区では、独立総合研究所の青山氏が急遽立候補表明して驚いた。と言うより、木曜日の虎ノ門ニュースを楽しみにしていたのに残念だ。彼には在野から言いたい放題して欲しかったのだが、あまりに北朝鮮の拉致問題が解決しない現状で、残された両親達の高齢化を見ていられなくなったのだそうだ。

さて、翻って山形県では、自民党新人の月野氏、野党統一候補の舟山氏、幸福実現党の城取氏の3人が立候補予定である。自民党の岸宏一氏の勇退を受け立候補した月野氏は、新庄市生まれでJAなどの農業畑から食品会社社長を経ての立候補である。野党統一候補の舟山氏は、埼玉県生まれで農水省へ、2007年民主党から参議院選で初当選、鳩山内閣で農林水産大臣政務官を務めた。優秀な人材だと思うが、民主党を離党後、みどりの党の共同代表になっている。

6月21日の山形新聞の朝刊の一面は毒も無く、アベノミクスやTPPを頭にして、やんわりと書いてある。読者が見逃すのを期待してか、突っ込んで書いてない。山形県の選挙では「ねじれ」が常に囁かれている。国政でも県や市長選でも、現職が他党の候補に応援するなどが、多々行われてきたのだ。

宮城の河北新報の6月21日山形版では、このねじれが原因で、野党連合から共産党が抜けた事が書いてあった。このねじれが従来の民主党(民進党)と自民党の事ではなく、山形市長選のねじれだと言うのである。共産党のゆるがない3万票の行方が、このまま強いと言われた舟山氏に流れるのか、ちょっと面白くなってきたと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

印紙の行方

2016-06-08 12:19:11 | 社会

切手や葉書なら、書き損じた物は手数料を払うと郵便局で新しい物に交換してくれる。ならば印紙はどうかと言うと、税務署に行って申請すれば代金を返還してくれる。

たかが1000円、されど1000円。これが200円だったら諦めもしただろうが、せっかく教えて貰ったので出かけてみた。

3枚複写の用紙に、教えられるままに記入する。お役人と呼ばれる人達の中で、税務署職員は最も親切だ。受付から担当部署に案内され、説明も懇切丁寧だ。私も生まれてうん十年、この書類を書くのは初めてだった。簡単に新しい印紙と交換してくれるのかと思いきや、月末締めの翌月の月末に、金額が口座に振り込まれるらしい。その前に書類の3枚目が書留で届く。たかが1000円なのに、書留料と振込手数料と人件費を考えると、税務署も大変だなと思う。これからは、印紙なんか無くなれば良いのにとは、口が裂けても言わないことにしよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カメラ

2016-06-07 12:58:23 | 社会

今を去ること数日前の28日、カメラが届いた。この28日と言うのは羽黒山に行く日だったから、その前に届けば良いなと首を長くしていたのだが、結局間に合わず六日の菖蒲と成り下がる。

私は基本的には貧乏人なので、安いカメラしか買えない。右側が今まで使っていたNikonのD3100である。これにレンズが2個着いていて、お徳用の馬鹿安値段で売られていた。山や現場にも持ち込んで使っていた為、ボロボロである。キャップは何回落としたか判らない。その為、紐付きのキャップを買った。そのキャップも部品が取れ、うまく蓋が出来ない代物になっている。さすがにバッテリーとカードは落とさなかったので、辛うじて撮すことが出来たのだが、先日の車から降りる際に道路の舗装面にガツンと落としたのが原因で、スイッチが壊れ、シャッターも押せなくなった。

これを買ったカメラ屋に事情を話すと、修理は可能かも知れないが、多分電気系統に支障が来ているので、どれだけ修理費が掛かるか判らない。もしかすると買った方が良いとの意見だった。下取りは出来るか聞いたが、写ることが基本の下取りの為、脈はなさそうだ。そして、もうD3100は生産していないと言う。

ネットで探すと、D3100も販売はされていた。わざわざ古い機種を買うのもなんなので、D3300を選んだのだが。箱から取り出すと、わぁ、ちゃっちぃ 大きさも小さく 随分と軽かった。まるで中国産のようだ。(バッテリーは正しく中国産だった。ついで本体はMADE IN THAILANDときたもんだ。高額の機種にならないと日本製ではないのか。ガックリ)まぁ、写れば良いか。それに旅行に行く時には、軽い方が有り難いかなと自分を慰めている。カードもバッテリーも使い回し出来るので、ちょっとだけエコかな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バランスシート

2016-06-06 13:30:40 | 社会

伊勢志摩サミット後、安倍総理は消費税率引き上げを延期する発表をした。5月に入り、民進党の岡田代表は消費税率引き上げ延期を口に出していたのにも関わらず、首相の発表と共に、「アベノミクスの失敗だ。責任を取れ。」と言い出した。いったい彼は何をどうしたいのか、自分たちの経済対策は出来ているのか。単に反対ばかり言っていては、社会党の二の舞になるぞと私は思った。

 

私は正直言って経済には疎い。でも先の消費税5%から8%に上がった途端に、世の中の景気が悪くなったのは判った。たった3%の値上げかと思っていたら、本体価格の方が+3%の何乗にもなり、酷い物は20%以上も値上げした。さらに8%の消費税付きである。買い控えするしかない。しかし、これは生産者や小売りの立場に立っても、値上げせねばならない気持ちが良く判る。経費や運送料モロモロが自分の所に届く以前に上がっているからだ。

さて、アベノミクスは失敗や否やであるが、実際にはよく判らない。しかし前政権の時の閉塞感は無くなったし、失業率も減った。毎年3万人を超えていた自殺者の数も、25000人前後になったと聞く。この失業率でも若者の年代が減ったのは、かなり大きな成果だと思う。

 

青山繁晴氏が、かなり以前から、「首相は消費税を上げるつもりはない。」と豪語していた。布石として首相は、「東日本大震災かリーマンショック並みの社会変化があった時には上げない。」と述べていたが、熊本地震は東日本大震災の規模ではない。現在の国際経済状況がリーマンショック並みかと問われれば、リーマンショックはアメリカ一国を原因とした経済ショックで、現在のは中国から発展途上国へ波及する底が知れない経済ショックなのだそうだ。首相の記者会見で「中国の・・・」の部分は消され、サミットに参加した欧米の首相や大統領から「我が国は、それほどの経済の打撃は受けてない。」のコメントを、マスコミは嬉しそうに流した。その伝え方が悪質だと言うのである。さらに、今回の安倍首相は、人事権まで発動させ、財務省と全面対決した、まれに見る首相だとも言うのである。財務省は福祉目的の財源を消費税からと常々言っていた。日本の借金が1000兆円を越していて、とても財源が乏しいからだそうだが、こんなに簡単に見送りになるのには、からくりがあったようだ。

 

ここに高橋洋一氏と言う経済学者がいる。面白い経歴の持ち主だし、私の大嫌いな竹中平蔵との関わりがあるのが難だが、彼がその1000兆円のカラクリを解説していた。それは、日本の財政をバランスシートに載せれば、すぐに判ると言うのである。バランスシートとは何ぞや。日本語で言えば貸借対照表だ。借金と一口に言っても、単に借りているだけではない。表の左と右を比べれば、片方に資産が載ってくる。それも併せてプラスマイナスとする。

資産はと言うと、日本銀行に国債などで多額の資産があり、土地建物の固定資産は元より、多くの関連会社にも資産を持っていると言うのである。この関連会社がくせ者である。これは官僚達の天下り先で、突っ込んで調べて貰っては困るのだそうだ。日本政府の財布は財務省が一手に握っている。その権力が官僚をおかしくさせる。日本国民の最たるサービスマンたれと望まれる官僚達は、自分の現在と未来の保身の為に、予算を動かしているのである。そして、そこから導き出される本来の日本の借金は、100兆円程度だと言う。これは内需拡大や経済状況が良くなれば、返済出来る額なのだそうだ。

以上のこれらは、TVの幾つかの番組をハシゴして知った。そのまま全てではないが、現代ビジネスのニュースの深層にも、およその事が書かれてある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽黒山の太々御神楽

2016-05-31 13:41:58 | 社会

山頂の駐車場はバスで溢れかえっていた。「土曜日は、酒田中の幼稚園や保育園が、羽黒山に行くって言ってるよ。」との情報が入っていた。その為少し早く家を出てきたので、萬谷さんの団体バスはまだまだ到着していなかった。

玉こんにゃくの自動販売機・・・でもないか。

四つ葉のクローバーを撮したりして、到着時間を待つ。

お迎えの山伏さんの案内で、羽黒山の説明を受ける。

蜂子皇子の墓所の前を通って本殿に参る。

参集殿の大広間で、羽黒山の歴史を聴く。

講師は権禰宜の佐藤氏。(ちなみに漢字が苦手な私は、禰宜(ねぎ)が読めなかった。Wikipediaに依ると、権禰宜は宮司の中で下位の役職だそうだ。)

今回の太々御神楽の詳しい説明をして頂くのだが、言葉の意味と漢字が判らず、途方にくれる。日本国中の各神社にも太々神楽が伝わっている所も多いが、羽黒山の太々御神楽でネットで拾えたのはこれだけだった。ええっ~、お一人様12000円なのか。昼食込みで10000円は、破格のお値段だったんだと、萬谷さんの実力を今更ながらに知ることになる。

蜂子皇子の開山以来、日本では西の伊勢参りに対して東の奥参りと呼ばれ、陰と陽に分けられていた。開山したのは羽黒山が早いが、月読命(つきよみのみこと)を主祭神とする月山が中心で、出羽三山にお参りすることは当時の人々には、多額の旅費と山賊の出没する道中の困難で、命がけだったと言われている。その為、地域の人達は大勢で講を組み、集めた金を一人か二人の代表に託して出羽三山参りを続けて来た。月山は無理だとしても現在のように自動車で動ける三山参りではなく、徒歩で山を巡った。ようやく羽黒山に着いたうれしさを形にして、この太々御神楽を奉納したと言われている。宮参り講でのお土産は留守を守る人数分の御札である。みやげは元々御札を貼る木で宮笥と言った。これがそもそもの由来である。佐藤氏は土産をうぶすなと呼んで説明したが、少し違うようだ。お伊勢参りでは、この宮笥の御札の他、神宮の周りで店を出し地域で取れた産物を売った。それが土産になったとも言われている。

これは蛇足だが、羽黒山と呼んでいる神社は、羽黒神社とは言わない。出羽神社(いでは神社)と呼ぶのが正式なのだそうだ。東北の奥、出羽の国(でわの国)の守りの神社なのだろう。


日本には雅楽がある。大和楽が古く、唐楽つまり大陸から伝わったとされている。これは笙 龍笛 篳篥(ひちりき)で演奏し、世界最古の和音を用いたオーケストラと呼ばれている。神楽では笙 龍笛 篳篥以外にも楽太鼓、琴、銀鉦、鳳笙、時には琵琶も用いたと言う。神楽のメインは唄である。歌い手は指揮者の代わりも務める。楽器はサブなのである。羽黒山の太々御神楽は、奈良の春日大社から伝わった舞だそうだ。

その後、三社合祭殿に移り、祝詞を上げて貰ったのち、太々御神楽が始まった。二人の巫女舞、一人の神主舞、一人の巫女舞と続けて奉納する。

ここで、撮影の許可を得て、動画を録画する。メインのカメラを壊して携帯での撮影なのだが、見事に失敗した。きちんと撮す練習をするべきだったと思う。最初のは録画ボタンを押したのに写ってなく、2-3度目の撮影では90度首を横に向けなければ、観れない動画になっていた。始めから写真にすべきだった。辛うじて写真になった最初の二人の巫女舞の部分である。まるで羽根を広げた蝶のように軽やかな舞だった。曲目は君が代。元歌が判らないほど編曲されていた。と言うより、こちらの方が元かな。動画と音源が無いのが返す返すも残念である。

その後、玉串奉奠など一連の行事を終える。

撮影が失敗しているにも関わらず、意気揚々と引き上げる私の目の前に、御神酒を配る若き巫女さん。

次に大広間に戻り、権宮司の阿部氏の講演を拝聴する。

羽黒山は今から約1400年前の推古元年(593)に第三十二代崇峻(すしゅん)天皇の第一皇子・蜂子皇子によって開山された。崇峻天皇は推古天皇(女性の天皇)の一代前の天皇であり、蜂子皇子は聖徳太子と従兄弟だと言われている。最初の開山は羽黒山だが、ついで湯殿山、月山と続き、出羽三山とした、その役割は、人間の現在を司る羽黒山、死と黄泉の月山、未来と生まれ変わりの湯殿山を指し示す霊山である。即身仏は湯殿山の信仰であり、高野山に源を発する。神社としては大国主命(最後には黄泉の国の守り主となった。)。羽黒山は稲荷神社も関係しているらしいが、時代に併せて目まぐるしく信仰の先を変えている。羽黒を含め庄内の辺りは、縄文弥生の遺物が数多く発掘される、古くから人が暮らしていた恵まれた土地だった。土着の信仰もあっただろうが、丁度その頃、大陸から新たな仏教も伝来し、霊山としての位置づけがされていった。

羽黒山はかつて神仏混合であったが、仏教に於いても度重なる宗教戦争にもまれ、天台宗に繋がれて行った。明治政府の神仏分離が行われると、正一位の神階をいただく羽黒山は神社となる。明治以後、太平洋戦争が終わるまで、蜂子皇子の墓廟は宮内庁管轄となり、職員の管理詰め所も墓所の前に残っている。神社として生き延びて行くにも、建物の形をその都度変えていかねばならなかった。神社となっても、未だに建物のあちらこちらには、仏教の名残が見て取れる。分離された仏教の方の建物の代表格が、羽黒の手向にある黄金堂である。神社としても寺としても、宿坊を営む山伏達は似た行を行う。寺では8月25日から1週間。神社では1日遅れの8月26日から1週間、各々行うのだそうだ。

 

話は変わって、伊勢神宮は20年に一度遷宮をする。その解体された用材を使って、地方の神社で改築を行う。庄内では羽黒山と鳥海山の大物忌神社でその用材を頂く。遷宮は建物だけにあらず、宝物も新しくする。今回、伊勢神宮から下附された御神宝を参集殿にて展示してある。御鉾、御櫛笥、蒲御靱、銅黒造御太刀だそうだ。・・・読めない。実物を確認するには、11月23日まで参集殿は無料。博物館では大人300円。

さて、齋館に場所を移しての遅めの昼食となる。今までで一番豪華な昼食だった。山菜づくしに舌鼓を打つ。

そこからまた移動し、お茶席に入る。この度の和菓子名は「いにしえの舞」だそうだ。

ついで、薄茶を一服頂く。この頃には足のしびれが限界を超える。

よろよろと立ち上がり、蝉の声や鳥の鳴き声の聞こえる窓辺に立つ。手摺りには苔が生えていた。

本殿から齋館に行くのに、内部を通って行く方法を知っているだろうか。延々と階段を登り降りするのである。

外の方が楽だったと思う人が殆どである。

駐車場へ行く参道で、ヒメシャガに出会う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽黒山の有料道路

2016-05-31 13:18:08 | 社会

28日、羽黒山に向かう。今回は階段を登る予定は組み込まれていないので、日本一高いと言われる有料道路を走る。私の車は普通車から軽自動車に変わったので、料金も最低価格かと喜んでいたら、一把一絡げ(←十把一絡げが正式らしい。)に400円だった。くそー

冬の時期のこの道路の凜とした空気感も素敵だが、新緑の頃も美しい。急カーブと急勾配の道路で、往きも復りもスピードは出せない。回りを楽しみながら走れる道である。

 いつもは気がつかないカーブの裏に、こんな石碑を見つけた。

いきなりオカルトっぽい話になるが、我が親族に視える者がいて、羽黒山に行かなくなった。私が有料道路のとある場所が清々しいと言うと、恐いと返す。自分には山伏の格好をした人達が、ゾロゾロと林の中から出てくるのが見えると言うのである。

その奥には神社があり、その近くには・・・。

何だかずらーっと横に長い建物があった。後になって聞いたのだが、ここは現在も山伏の修行をする所なのだそうだ。なるほど、そうだったのか。実は山頂にも恐い場所があるのだと言う。その話はまたいつか。

※神社は吹越神社、横の建物は吹越籠堂だった。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

真っ青

2016-05-26 09:55:07 | 社会

「ネットに繋いだままにしとくと、勝手にアップグレードするんだぜ。」と言う声は聞いていた。でも自分にはないと高をくくっていた。

夜、ノートの画面を見た時、真っ青になった。私の顔が?いいや、画面がである。Windouws10になっていた。

頭の隅で、元に戻す方法はネットにあると記憶していたから、慌てず騒がず画面の「規約に同意しますか」の所で、思いっきり「拒否」を押してやった。すると勝手に元に戻ってネットに繋いだ時の状態になった。ここで一安心と思っていたら・・・。

朝になって、事務所のネットワークに支障が出た。IPアドレスが書き換えられて、プリンターにも繋がらない。他に理由がないから、この為だろうと勘ぐったが、黙っていた。

しかし、迷惑な話だ。本当に欲しい物なら有料でも買う。親切ごかしの勝手な振る舞いは、ウィルス以上だ。まったく、プンプン!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

庄内三大祭

2016-05-25 10:22:42 | 社会

5月19-21日の酒田祭が晴天の内に終わった。庄内、特に酒田と鶴岡の祭りについてはジンクスがあって、酒田の祭りが晴れなら鶴岡の祭りは雨と言われていた。それに酒田の祭りでも3日間が晴れの日はないとも言われていた。今回の祭りでは、3日間どころか、22日のロック・イン・サカタまで晴れて、前代未聞だった。私の半世紀を過ぎた人生の中でも、3日間晴れの時は5本の指を切る。それだけシビアだったのだ。

さて、5月25-26日は、鶴岡の天神祭である。酒田の祭りが日枝神社の山王祭りから発展したものだが、鶴岡の祭りは学問の神様、鶴岡天満宮の祭りで菅原道真公由来の通称「化けものまつり」と呼ばれている。全国各地で天神さんのお祭りは行われていると思うのだが、鶴岡は独特で長襦袢に編み笠、手ぬぐいで顔を隠した化けものが、酒を配って練り歩く奇祭と呼ばれている。今日がその25日だが、天候は雨である。(笑えない)

鶴岡天神祭(化けものまつり)

6月5日は鶴岡大山の犬祭りが行われる。何故同じ鶴岡市なのに、別の大きな祭りがあるかと言うと、大山は江戸時代から幕府直轄の土地で、鶴岡とは違うと言う自負に満ちた人々が住む町だった。祭りはここの椙尾神社に祭られている「めっけ犬」を元に行われている。今年は祭りに併せて「「駅からハイキング」酒蔵の町を歩いてみませんか」が定員50名を限定に開催される。酒蔵と言えば地酒は呑めるのか楽しみである。

大山犬祭り

と、ここまで書いて、何故酒田祭りのリンク先が無いのかと言うと、酒田市役所のサーバーが丁度ダウンして繋がりにくくなっているらしい。サーバーも祭り疲れか・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界文化遺産

2016-05-24 14:59:18 | 社会

 

ル・コルビュジエ絡みで、国立西洋美術館が世界文化遺産に勧告された。7月の委員会を経て正式決定される。これは目出度い。酒田市内の美術館を除いては、私が最も足繁く通っている美術館でもある。上野駅からとアメ横から近いので、電車の待ち時間には応えられない。ちなみに、私は自腹で入館している。都民の税金は使ってはいない。あっ、そうだ。都民じゃないから都知事の件には文句は言えないと思ったけど、こうして東京都に税金を落としているのを忘れていた。こら、税金は無駄遣いするんじゃない!←上から目線。

さて、話は変わって、23日に新庄市で行われた酒田港女みなと会議の総会に出席した。カーナビで新庄駅までの最短距離を選ぶと、王道の国道47号線ではなく、戸沢村から最上川を渡って県道34号線を走れと出る。ここは普段着の道路で、軽トラが田んぼや横道からワラワラと出ては来るが、追い越し禁止ではなくて、比較的スムーズに走れる。思いの外、早く着いた。

とは言っても、出がけに色々と仕事があって、会議の時間にはガッチリと遅刻している。言い訳をしながら部屋に入ろうとすると、私同等の遅刻者がいて、会議は始まったばかりだった。時間が押していたので、スムーズに進む。

予定の総会と、国交省酒田港湾事務所長との懇談会、昼食(山菜が多くて嬉しい。メインは3種の蕎麦だった。写真は撮れていない。)の後、新庄市役所へ出かけた。

市長が出張で、副市長に表敬訪問する。新庄地区の会員が増えたのを記念して、今年の11月頃に「やまがた女みなとフォーラム」を開催するので、協力をお願いした。

新庄市は、新庄まつりをユネスコの無形文化遺産に登録して貰う為に、運動をしているそうだ。私はまだ観たことはないが、なかなかの物だそうだ。

頑張れ、新庄市!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊文春

2016-05-18 17:54:23 | 社会

東京都の桝添都知事の金銭疑惑については、都知事に立候補する前からネットでは問題視されていた。しかし、テレビや新聞でしか世の中を知らない一般人は、「TVで見かける有名な人」と言うだけで選挙で選んだ。彼に血税を湯水のごとく使われても、怒りの声すら上げなかった。

先日の週刊文春の記事を皮切りに、出るわ出るわ、これでもかと様々な事が出てきた。盆や正月の家族旅行の家族会議費用。回転寿司での息子の誕生パーティ会議費用、ヤフオクを使った美術品の買いあさり。それに紛れた娘さんの入学式の中古衣装落札。妻の会社は美術品の販売と来たもんだ。他人の金を使う時には贅沢三昧で、自腹でおごる時にはクーポン券を使うなど、日頃の彼の人柄が充分に伝わってきた。

ただ、都知事の座から降ろすには、もう一押し足りない。そんな時期を見計らって、「週刊文春」がさらに爆弾を投下した。5月19日発売の文春では、これは政治家としてはOUTだろうスクープが載っている。さて、逃げられると思うなよ。

週刊文春WEB「桝添都知事に政党交付金400万円ネコババ疑惑が発覚」

これは買わねばなるまいて。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶴岡市の教会

2016-05-17 13:44:56 | 社会

この鶴岡市のカトリック教会の前に用事があったので寄ってみた。教会の高い塔は、目印になって方角を知るのに便利だ。

高校時代の3年間を過ごした街なのに、未だに道路を間違える。城下町ならではの複雑さである。

鯉のぼりが気持ち良さそうに、青空を泳いでいた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

密林探検

2016-05-13 09:56:43 | 社会

Amazon でポストを検索した。エエ男が一杯出た。(ちょっとだけ嘘) キーボードのPとHは離れているのに、なんで打ち間違いしたんだろう。

欲しかったのは、郵便ポストなのに。

ネットに繋ぐと、以前検索した品物が画面に並ぶ。しつこい程並ぶ。その中に「闇鍋怪談」があった。随分と前に米粒写経の居島一平氏が書いた唯一の本だ。もう手に入らないだろうと思っていたら、中古が売りに出ていた。

何人の手を渡ってAmazonに着いたのかは知らないが、金額が¥1だった。配送料が257倍なんだから、笑っちゃう。書いた本人には気の毒にと思う。

カスタマイズレビューを見ると、評判は散々だった。一平ちゃん、どうするよ!

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

潮目が変わった。

2016-05-11 17:37:55 | 社会

パナマ文書に記載されていた日本企業名が発表になった。かねてから噂のあった紅丸に伊藤忠、SoftBankにイオン、ライブドアにロッテはそんなものだろうと思っていたが、意外な名前が登場した。NHK GLOBAL INC(日本放送協会の子会社)とJAL HOLDINGS LIMITED っては、いったい何だよ!NHKは受信料が国民から、JALも税金が投入されていなかったか。あと、NTT do Co Mo,Incも入っていたね。もっともここは民間だけど。

【速報】パナマ文書に記載された日本企業名リスト

どことは名前は出さないが、某新聞社は日本企業名を匿名扱いにするらしいし、NHKニュースでも突き詰めて報道しない。脛に傷を持つ身としては、幾らでも日本人の目に触れたくないのだろう。ことさらに中国の習近平周辺の個人名を上げるのではないか。←早口言葉みたいだね、習近平近辺とか。

今までは企業名だったが、これから個人名が出てくると思われる。これで何人の政治家が出てくるか楽しみだ。

 トリカブト(毒)

↑深い意味は無い。

話は変わって、桝添東京都知事に対して、週刊文春がスクープ記事を載せた。今までネットの中では散々に騒がれていた事柄、一連の公金の私的流用が、やっと一般の人の眼に触れる。豪華絢爛の海外出張、他県の別荘への公用車の使用。本来なら知事選以前に、叩かれる要素が充分にあった人物だ。都民は何故こんな人を選んでしまったのか。

これで知事は、曝きに曝かれるだろう。潮の目が変わったと言うことだ。良くも悪くも、日本人は流れに乗る。もうすでに次の知事が模索されているが、早めに降りて次点の宇都宮氏がなると言う技はないだろうか。新知事になって「東京オリンピックは中止だ!」と叫んだら、面白いだろうに。・・・ならないだろうな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加