無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

携帯電話はフル充電

2017-04-10 09:26:11 | 社会

日頃から、携帯電話はフル充電にしておいた方が良い。特に流れ弾が落ちてくる可能性が出てきたから、政府からの国民保護サイレンが流れる為にも、そうした方が良い。内閣官房 国民保護ポータルサイトで、一応チェック出来るが、危機が起きて停電になると見ることが出来ないから、必要最小限はプリントアウトして置いた方が良いと危機管理に詳しい人が言っていた。秋田での避難訓練も、国の主導で行われたようだ。

一通り読んで、頭の片隅に入れるのも重要だと思う。

それから、以下は自然災害にも必要な備えだ。

 

蛇足で、車のガソリンや軽油も、出来るだけ満タンにしておいた方が良いと思う。

しかし、なんだねぇ。こんな時期に、沖縄の翁長知事は、中国に何しに行ってるんだろうね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛翔体

2017-04-05 17:10:58 | 社会

謎の飛翔体が宇宙人の乗ったUFOなら、ちょっとSF的で夢があるが、今朝の6時42分の飛翔体は、後ほどの記者会見で管官房長官が「北朝鮮の弾道ミサイル」と断言された。着弾した場所が日本の排他的経済水域には届かなかったし、失敗かなと思える程飛距離が短かったが、彼らは様々な条件で飛翔実験しているのだろう。狙い通りに性能が上がれば、それはそれで恐怖なのだが、失敗した時にも恐怖はぬぐい去れない。流れ弾が何処に落ちるか判らない博打のようなものである。それに、これが真夜中に行うことはないと誰が断言できるだろうか。

北朝鮮から謎の飛翔体が飛んで、日本に辿りつくのに、どれくらいの時間がかかるのだろうか。発射の情報が危機管理室からTV局に届いて、警報を発するまでの時間は幾ばくか。ミサイルの飛翔時間は、6~7分だそうだ。1発だけなら避けようもあろうが(ないない)、200-300発が同時に、あらゆる方向で飛んできたら、どう逃げよう。目標は首都圏と米軍基地だろうが、先に述べたように流れ弾の危険性を考えると、秋田に近い酒田も安全とは言えないだろう。

さて、もしも万が一当たったら、生命保険は下りないだろう。ミサイルのせいで家が燃えても、火災保険は貰えない事になっている。被災した件数によって、僅かな金額が出る可能性もあるようだが、戦争を仕掛けられた時には、保険会社は責任を免れる事になっている。家が燃えたり、怪我をしたりも大変だが、これが生物化学兵器だったら、これも難儀である。北朝鮮が何故テレビカメラのあるマレーシアの空港で、堂々と金正男を殺せたのか。あれは、北朝鮮にはVXガスも使える準備が整っていることを、世界にアピールする為だろうと私は思う。そんな脅しで、米国は怯むだろうか。米国を心配するよりも、日本国内にみっちりといる工作員の手で、VXガスが撒かれないと誰が責任を持って言えるだろうか。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

避難訓練

2017-04-04 10:31:37 | 社会

先月、秋田県男鹿市で避難訓練が実施された。大津波の避難訓練では無く、北朝鮮のミサイルに対するものだった。比較的丈夫な屋内に逃げ込むのだそうだが、避難するのに7分かかったとTVニュースで訓練をした住民が話していた。。

北朝鮮は、ミサイル発射を日本国内の米軍基地をターゲットにして実験していると報じている。先手で米国が北朝鮮を攻撃した場合は、ソウルと東京を火の海にするとも豪語している。韓国民は耳にタコでも出来ているのか、毎度の事で気にもしていないようだ。今度の大統領選挙に出る人物の殆どが親北で、半島を統一する時も大事なソウルを燃やすはずがないと考えているようだ。

さて、日本の国会が森友問題で目くらましをされている時に、米中朝は危険度を増している。麻生副総理が「北朝鮮情勢は、報道がされているよりも深刻だ。」と言っているし、今回の在韓国大使と釜山総領事の帰任は、偽の慰安婦像うんぬんの為ではなく、「邦人保護の為に帰任」と外務大臣も管官房長官も話しているのに、新聞社は1紙を除いて、マスコミはそれを伝えない。海外のメディアが連日伝えていると言うのにだ。意図的にそこを削った反日マスコミは、どこまで腐ってしまったのか。

この7日の米中首脳会議で、もし中国が首を縦に振らなかったら、米国は単独で開始するそうだが、集団的自衛権はどうなるのか、難民をどう処理するのか、邦人の脱出は自衛隊機を使えないが大丈夫か、この機会を利して中国が尖閣に乗り込むだろうと、モロモロの課題があるのに、国会とマスコミは動かない。自己責任で避難せよと言うことなのかな。横田基地からは、グローバルホークが飛び立ち、地域住民への説明も行われたそうだが、どんな内容だったのだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これ、なぁ~んだ?

2017-04-03 18:03:13 | 社会

あの赤丸が着いている部分、何だと思う?

ATMに設置されていた盗撮カメラなんだそうだ。これで暗証番号が盗まれると言う英国の話だが、英警察はパスワードを打ち込む時には、手で覆って打ち込むようにと注意を呼びかけている。

次にこれ。看板に何と書いてあるか読めない。さて、何と書いてあるだろう。

答えは→→これ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石原完爾墓所

2017-04-03 10:05:12 | 社会

遊佐町吹浦にある石原完爾墓所に行ってみたいと思いつつ、午後からは嫌だとか、交通量の多い道路から曲がるのに見逃したとか、忙しいから今度にしようとか色々理由をつけて行けなかったのを、ついに実行した。

確かに、交通量の多い国道7号線から、急勾配で急カーブの登り口を上るのは難しい。すぐに山頂の墓所前についた。

鳥海山が望める高台にあり、円墳のような墓所だった。その上方にテグスではないが、糸がランダムに張ってあり何だろうと思った。

墓所の横に小さな小屋があり、ここを訪れた人の記名所となっていた。そこに、墓所に供物を上げた時には、そのままにせずに持ち帰って欲しい由が書かれてあった。カラス達が散らかすのだそうだ。テグスは鳥除けだった。

彼の戦後の意を汲んだものであろう石碑が建っている。激動の昭和史の一頁に名を残す人だった。

立て札は、国道に出る場合、交通量が多く危険なので、右折しないで欲しいと書いてある。

 尚、石原完爾氏については、独自にHPなどがあり、書籍などを通じて彼の歴史を空き間見ることが出来る。この墓所を守る石原完爾顕彰会事務局では平成22年10月にHPを立ち上げた。アドレスがあったので載せてみようと思う。石原完爾顕彰会事務局 と 墓所ブログ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釜山大学Robert Kelly 教授

2017-03-13 09:43:48 | 社会

Robert Kelly BBC World interview on South Korea 

隣の国の大統領が弾劾された。そんなに彼女は悪いことをしたのかと、つらつら考えても思いつかない。ただ、かの国は大統領を辞めると逮捕される国だから、早めに解決したのだろうと思う。

そんな状況を、BBCが釜山大学の教授にインタビューした。私は英語がさっぱりなので、どんな深刻な話が進んでいるのか判らない。ところが、それをいっぺんで吹っ飛ばす事件が起きた。この映像の2:20過ぎから、その事件は起きる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

並べて見ると面白い

2017-03-09 14:28:06 | 社会

---------------------------------

一、孝行:親に孝養をつくしましょう

二、友愛:兄弟・姉妹は仲良くしましょう

三、夫婦の和:夫婦はいつもなく睦まじくしましょう

四、朋友の信:友達はお互いに信じ合って付き合いましょう

五、謙遜:自分の言動をつつしみましょう

六、博愛:広く全ての人に愛の手をさしのべましょう

七、修学の習業:勉学に励み職業を身につけましょう

八、知能啓発:知識を養い才能を伸ばしましょう

九、徳器成就:人格の向上につとめましょう

十、公益世務:広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう

十一、遵法:法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう

十二、義勇:正しい勇気を持って国のために真心をつくしましょう

------------------------------------

一、親に孝養をつくしてはいけません。家庭内暴力をどんどんしましょう。

二、兄弟・姉妹は仲良くしてはいけません。兄弟姉妹は他人の始まりです。

三、夫婦は仲良くしてはいけません。じゃんじゃん浮気しましょう。

四、友だちを信じて付き合ってはいけません。人を見たら泥棒と思いましょう。

五、自分の言動を慎しんではいけません。嘘でも何でも言った者勝ちです。

六、広く全ての人に愛の手をさしのべてはいけません。わが身が第一です。

七、職業を身につけてはいけません。いざとなれば生活保護があります。

八、知識を養い才能を伸ばしてはいけません。大事なのはゆとりです。

九、人格の向上につとめてはいけません。何をしても「個性」と言えば許されます。

十、社会のためになる仕事に励んではいけません。自分さえ良ければ良いのです。

十一、法律や規則を守り社会の秩序に従ってはいけません。自由気ままが一番です。

十二、勇気をもって国のため真心を尽くしてはいけません。国家は打倒するものです。

---------------------------------------

下の教育勅語逆バージョンは、歴史家の倉山満氏が書いた物である。

何だか、自分が受けてきた戦後の教育に似ていると思うし、現代の世の中そのままじゃないかとも思う。教育勅語は教えられた事もなく、きちんと読んだこともない。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山形へ行く

2017-02-20 13:19:00 | 社会

久しぶりの月山道である。もう少し時間に余裕があったら国道13号線で山形へ向かったのだが、ちょいと出発が遅れたので高速にのった。見事なホワイトアウトで、道路は圧雪、しかもトンネル内の入り口付近はアイスバーンだった。冬はあくまでも冬だったのだ。

西川から寒河江に入ると、一気に天候は変わり、ピッカーンの青空になった。ここは会場の山形駅前のホテルメトロポリタンである。

昨年まで「地域を越えてチャレンジする みやぎ・やまがた女性交流会」の名称だったが、昨年からふくしまが入り、正式に名称も変わった。

井上会長の挨拶の後、山形県商工会議所副会頭、山形市長、宮城県知事(ビデオレター)のご挨拶を頂いた。

パネルディスカッションは、宮城/山形の3名をパネラーに招き、コーディネーターの采配の元「今、一歩踏み出す勇気」と題して、女性起業家達のこれまでの戦いを伺った。国内でも、女性の登用が叫ばれて久しいが、起業となるとなかなか難しい。転機と決断、それに家族の育児や介護など、様々な問題は一人一人違っている。もっと若い人達が活躍できる環境と、それに対するヒントとネットワークを目的とした交流会だ。

お昼には、隣室でランチ交流会を行った。前日東京泊まりで気温が20数度だった所から、新幹線で福島辺りからチラホラ雪が見え、山形はやっぱり雪だったと気温の高低差を経験しながら、ランチから加わって頂いた吉村知事。

いつもの青いスーツも良いが、こんな暖色も似合うなと思う。

さて、料理の楽しみはと言うと、地元の食材を使い、地元の料理が振る舞われる。昨年は食材を福島産にした随分と豪華な料理だった。今年は「お袋の味」は少なかったように思える。珍しい所では、庄内鴨の生ハムがあった。

つや姫のおにぎり、玉こんにゃく、芋煮、漬け物とヤーコンの粕漬けがある。

奥に見えるデザートが、話題のあんぽ柿のタルトだ。福島の食材の放射能の風評被害だが、全品検査をしてもなかなか治まらない。だんだん理解をしてくれる人も増えたが、放射能検査で最後まで引っかかったのが、茸や山菜、それに干し柿のあんぽ柿である。干し柿は干すことで空気にさらされ濃縮する。なかなか規定の数値まで下がらなかったが、昨年から無事出荷する目途がついた。昨年の交流会でお披露目したあんぽ柿のタルトの評判が良く、今年もシェフに無理を言って作って貰った。昨年よりも量が多かったので、レストランのシェフやお菓子職人数人にお願いした。好評なのを土台に、これを製品化しようと動き出した。その切っ掛けがこの交流会だったのである。

柔らかくて綺麗な橙色をしている。実は手間暇のかかった高級品なのである。

さて、別のコーナーでは、山形県内のお菓子の品評会があった。

これを1つづつ摘まんで、どれが美味しいかアンケートに書けと言われても、ご馳走がお腹に入った状態では、手が出なかった。包装も凝った物があって面白かった。お徳用マッチ箱も、実はお菓子の箱なのだ。

一緒に参加した山形市のお姉様から、どの料理が人気だったか、どれが残ったかを見ておくと良いよと言われ、残った皿を撮したが、絵的には綺麗じゃないので載せないことにした。あんぽ柿のタルトは見事に空だった。

数回、この会に出席していると、顔なじみも見つかる。今年は酒田からは3名の出席だった。

この後、分科会に入った。人数が多いせいか、班ごとの発表は行われず、充分に発言の時間があった。女性達は徐々に話を盛り上げていく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

き~ざくら、どん

2017-01-26 14:02:51 | 社会

黄桜呑cm

或る日の深夜、探偵ナイトスクープを観ていたら、黄桜呑のCMの「き~ざくら、どん」の「どん」が「へい」にしか聞こえないと言う奥さんの投書があった。

そんな訳はないだろうと、探偵さんが調査を開始するのだが、調べて見るとCMの音の中に、「へい」や「えい」の要素も含まれていたらしく、「へい」と聞こえる人が少なからずいた。そう言う私も、何度も聞いている内に、「へい」と聞こえて来たのに驚いた。笑って済ませた番組だったが、これを観てて、文章ではなく口頭で伝えるのに、「言った」「言わない」の間違いが発生することに気がつき、ちょっと恐くなった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

切手

2017-01-26 10:45:09 | 社会

お年玉年賀葉書の抽選会が終わった。すっかり忘れていた私は、はらほろさんのブログでそれを知る。

急いでネットで当選番号を調べて見た。心なしか、年々賞品の価値が下がっているような気がするのは、私だけか。1等や2等なんて、掠りもしないので、げっぱの切手だけに焦点を当ててみる。げっぱも、昔は3つ位あったような気がするのは、私の記憶の衰えか。当たり前だが、確率は2/100である。確かに通し番号で、投函する時は、100枚あれば2枚である。私が貰った年賀状の数は170枚ほどなので、3枚しか当たらなかったのは、統計学では範囲内なのである。←負け惜しみとも言う。

さて、これが今年の賞品の切手である。ちょっとデザインも良いじゃない!1枚をひっくり返して置いたのは、切り取り線の穴だけでない、花模様が紙をカットしてある。使うのが惜しい位の出来映えだ。

ついでにと言ってはなんだが、先日82円切手を買うとて、郵便局に行ったら「記念切手でも良いですか?」と声を掛けられた。封筒がちゃんと郵送されるなら、スタンプだろうが何でも良いので、それを受け取った。

大阪府の記念切手だった。大阪は人気がないのか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

報道写真

2017-01-26 10:27:59 | 社会

捏造写真と言えば、朝日新聞記者がサンゴにKYと描いて報道したのが有名だが、捏造は日本に限った事ではない。

これは、左がトランプ大統領就任式で、右がオバマ大統領の就任式の参加人数だと報道された写真である。

トランプ氏のは参加人数が半分にも満たないとCNNが報道し、日本のメディアがそれに追随した。

トランプ大統領は、そんな少ない数ではない。オバマ大統領の就任式よりももっと多かったと発言した。本当にそうなのかは、メディアは検証しない。それどころか、トランプ憎しの反トランプ陣営は、なおも各地でデモを行っている。

民主主義のお手本だと思われたアメリカは、選挙で選ばれた大統領をデモを起こすことで虐めているように見える。アメリカでさえこうなのだもの、日本や韓国が平和主義者と名乗る暴力的なデモを繰り返してもおかしくはない。

就任式の、時々に流れる群衆の様子も、メディアの画像と違うのではと思ったので、ちょっと調べて見た。

あれ?変だなと思ったら、自分で調べてみることが必要だ。写真の撮る位置で、人数は操作される。

日本の国会議事堂の前のデモの写真も、操作されているのではと感じることがある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しょうじょぞう

2017-01-18 13:08:14 | 社会

ボコボコ増殖している偽慰安婦像が、いつのまにか「少女像」に変わっていた。それにしても「しょうじょぞう」は言いにくい。3遍続けて言えない早口言葉のようだ。アナウンサーの人達は日頃の訓練が行き届いているので、噛んだりしないが、コメンテーターはかなり苦労しているようだ。それなら「偽慰安婦像」に戻せば良いのにと思う。

ただ、ネットを通じて流れてきた情報が、偽の偽慰安婦像どころか、本当に少女像ではないかと思われる内容だった。

これが一般的な像である。この少女の隣のイスが、なぜ空席なのか不思議に感じたことはないだろうか。チマチョゴリの丈が短いのも、何となくおかしい。

実は、この像を造った彫刻家が、反米の活動家らしい。この像のモデルと言うのが、2002年6月13日に起こった議政府米軍装甲車女子中学生轢死事件(Wikipedia)で、米軍の装甲車に轢かれて亡くなった二人の女子中学生だと言うのだ。

日本でも問題になっている米軍の地位協定で、韓国の裁判に掛けられない悲劇が拍車をかけた。

彫刻家は、亡くなった少女の像を造り、米国に抗議した。

この像の周りに集まっている少女達のチマチョゴリが、学生服用のスカートであることに気がついただろうか。それと裸足なのは、装甲車に轢かれた時、スニーカーが脱げて、そばに転がったからだ。

その後、この像は何故か従軍慰安婦像として、町に溢れることになる。この少女の親はどんな気持ちだろうか、事故で亡くなった可愛い自分の子供が慰安婦にされてしまうなんて、いてもたってもいられないだろう。何故に反論が起きないのか。それは、慰安婦像がビジネスになっていて、親にも金が払われたと聞く。制作費用は一体で300万円から800万円との噂もある。

日韓合意に10億円払って、いつもの通りにゴールポストを移動されるのなら、10億円を現金でなく、夥しい数の慰安婦像を現物支給してあげれば良かったのにと私は思った。青山繁晴氏が日韓合意に最後まで反対したのは、相手の韓国は約束を守らない国だからだそうだ。

かの国に約束や契約と言う言葉があってそれを守る国なら、1965年の日韓基本条約で文字通りに終わっていた筈である。偽慰安婦の嫌がらせと集りは、あと1000年続く。今年78歳の元慰安婦が亡くなったという話や昨年だったかは70歳の元慰安婦が亡くなったニュースもあった。終戦から70年、そんな慰安婦がいる訳がない。それから数日前には100歳の元慰安婦の誕生日を祝うニュースもあった。彼女は18歳で連れ去られたそうだが、太平洋戦争は始まっていない年だ。足し算引き算が出来ないのかなと思う。ただ、100歳の慰安婦は別として、かの国では、朝鮮戦争は独立戦争で日本軍と戦ったと教えている節もある。

韓国ばかりが悪いのではない。そもそもの慰安婦のねつ造は、朝日新聞から発生した。それと元慰安婦達にシナリオや台詞を作り、資金を渡した旧社会党の重鎮メンバーもいる。自らが暮らしている日本を蔑んで心地よいのか、ビジネスになったのかは判らない。掃除をするとすれば、その辺りからだろう。DHCシアターの虎ノ門ニュース新春スペシャル1月5日放送分で、社会党から慰安婦活動をしている団体に資金を渡した場面に立ち会った本人の話があった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

片付け

2016-12-30 16:09:12 | 社会

私はヤギになりたい・・・。

本当の好物は・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナイフ

2016-12-28 10:15:01 | 社会

飛行機の搭乗前のチェックで、持ち込みしてはいけない物が色々ある。ひと頃は、ペットボトルの飲みかけも捨てねばならなかった。

機内持ち込み禁止リスト←読むと面白い。日本刀も鉄砲も、持ち込みはいけないが、預け荷物なら良いと書いてある。日本刀は考えられないこともないが、鉄砲も良いのかと驚く。それに引き替え、手荷物では子供用のハサミさえ駄目だそうだ。ライターも厳しいんだねと思いつつ、サムソンのスマートフォンが載っていないぞとほざく。(新千歳空港で暴動を起こす某国民も持ち込み禁止にして貰いたい。)

その中で、私が止められたのは、ペットボトルとカッターナイフだった。最近のペットボトルは蓋を開けて匂いを嗅ぐぐらいで、検査場を通過できる。カッターナイフは、バックに入れたまま何度も搭乗できたのに、ついに止められた。ボールペンやシャープペンシルなどと一緒にバックのポケットに入っていた物だった。X線検査でも、物の方向によって見えにくい事もあるのだろう。そのまま没収された。

さて、ネットで見つけたこれは、ナイフだそうだ。

中央の刃を上げて、

両側をたたみ込むと、ナイフになるのだそうだが、これが機内持ち込み検査で見つかったそうだ。多分、カードと同じ大きさだから、見つけにくいと思うのだけど、検査官はさすがだなと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糸魚川市大火災

2016-12-22 17:02:21 | 社会

午前中から燃え始めた糸魚川市の火災は、未だ延焼中で140棟以上が被害にあっている。

UX新潟テレビ21のテレビクルーは、ヘリコプターで上空からライブ映像を送り続けている。

場所は、糸魚川駅前で、食堂から出火し、東風で燃え広がった。 西風ではなく、海に向かって燃えているのが不幸中の幸いなのだが、なかなか消えてくれない。

一頃の大きな炎は見えなくなったが、水が足りないらしい。梯子車から放水しているのも、心細い限りだ。どうか早く鎮火してくれますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加