無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

メロン

2006-06-30 22:43:17 | 食べ物
酒田のアメヨコと言う市場から、メロンを3個買ってきた。
ここは野菜が安く、売る人と買う人の掛け合いで、うんとおまけもしてくれる。
地物のメロンで、1個400円を3個で1000円で良いと言うので、買ってきた。

実は、私はメロンが嫌いだ。特に香りに窒息してしまう。
有り難い事に、私の家族は、私に隠れてメロンを食べてくれる。
それでも、青いメロンが熟れるまで、仏間に並べてあったりすると、息を止めて仏様をおがむ事になる。
今年になって、メロンが仏間に並んだのは、たったの1度だけだった。みんなが好きなのに、私を気遣ってのことなのだなと感じた私は、一肌脱いでメロンを買うことにしたのだ。

「ずぶの素人なので・・。」とは、福井総裁の言葉ではなく、私のメロンの買い方だ。匂いを嗅いで見るわけにも行かず、「どれが美味しい?ねぇ、どれなの?」と、他人を頼りに、しかも触りもせず、箱に入れて貰った。そして、車の窓を開け放して一目散に家に戻り、仏間に並べたのである。

次の日、無事に家族の口に入った。味は良かったらしい。やれやれ一安心。
母は、ご飯のおかずにしたらしい。・・・信じられないと、鳥肌がたった。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

茶番劇

2006-06-30 21:58:41 | 社会
南北朝鮮による政治ショーが終わった。
他人の私でさえ腹だだしいのだから、横田さん御夫妻の気持ちはどんなだろう。
拉致被害者の声を借りて、自国の恥の上塗りのような、あんな会見をさせて、誰が納得するとでも言うのか。

台本を読まなければならないなんて、めぐみさんの元夫は、本当はめぐみさんの行方を知らないのではないかと、思ってしまうほどだ。劇的な親子の対面は、仮面をかぶった当の本人の仕草によって、津波の時の引き潮に勝るほど、観客を引かせてしまった。
何をそんなに隠したいのか。拉致した本人が「やった。」と言っているのに、拉致された方は「助けられたのだ。」とは、まぁ開いた口が塞がらない。それほど忠誠を誓わないと、生きていけない社会なのだろう。舞台は北朝鮮なのだから、金氏は被害者なのだからと、言い聞かせても私の腹の虫は納まらない。

金氏の母親と姉の人柄が報道された時、これは不味いことになったぞと内心感じた。横田夫妻のような冷静さはない。人種が違うからと言ってしまえば身も蓋もないが、意思の疎通は出来ないだろうなと、思ったのがその通りになってしまった。結婚とは、本人達以外に、親戚がモロモロ付いてくる。こんな事を言っては本当に気の毒なのだが、横田夫妻には二重の苦しみが出来たように思われた。

ヘギョンちゃんは、敵国の娘として、家庭内は勿論、社会に於いても辛い人生を送っているのではないか。めぐみさんが早く見つかればいい。二人で一日も早く帰って来られればいい。その前に、北朝鮮が普通の国にならないものだろうか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

エプロン

2006-06-26 21:03:51 | 食べ物
普段、私は料理や洗い物の時でも、エプロンはしない。
特別に、陶芸や粘土細工の時なら、汚れても良いようにと、可愛い(?)のを着けたりもする。

土曜日に、釣りの成果のアジやアイナメを沢山頂いた。1匹入っていたキスと、3匹のアイナメは刺身に、アジは開いて唐揚げにした。アジも大小を合わせると20匹を優に超していた。アジのたたきも、美味しいんだよなぁ~と思いながらも、この数では唐揚げが楽だと、自分に言い聞かせた。

アジに塩胡椒の下ごしらえの後、粉をまぶす。両手を使って、余った粉を払う。手が使えるって、本当に便利だ。油を使う段になると、台所の窓をガラッと開け放し、コンロに点火した。「さぁ行くぞ!」と意気込んだ瞬間、窓からシマ蚊が飛んできて、私の胸に止まった。

こんな時、どうする? 勿論、はたくよね。パンと勢いよく叩いたら、手の大きさそのままに、見事に粉の跡が残った。あらら~、今日の私の服は、紺色だったのよ。唐揚げが終わるまで、胸の手形は残ったが、こんな時、お客さんが来なくて本当に助かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サムライ・ブルー

2006-06-25 14:54:42 | 社会
ジーコ・ジャパンのW杯は終わった。
世界との差を見せつけられた戦いだった。
技術もさることながら、体力も体格でも差があったと思う。

それに付け加えて、3試合とも、相手のユニホームの色が膨張色であったのに対して、サムライ・ブルーが後退色で、グランドの中に同じ選手の数がいるように見えなかった。選手の動きも、そう見えるような働きをさせたのだろう。


色の世界では、赤系と白系は膨張色、青系と黒系は後退色と、同じ面積であっても、大きさは違って見える。それに、同じ位置にあっても、赤系は前へ青系は後ろへ見えてしまう。これを車の色に例えると、色によって距離感は違ってくるので、道路を徒歩で横切ろうとする時には注意が必要なのだ。

唯一、面積も位置も定まっているのが黄色で、その為工事用のバリケードには、この色が用いられている。黄色と黒の斜め縞模様は、「ここにあるよ」と言う位置からぶれたりしない。従って、モノに作用されない分だけ、黄色を多用すると、大変五月蠅く感じるのだ。

サッカーのユニフォームも、前と後ろとか、左右とか色別にしたらどうなるだろう。
きっと、チラチラして、試合も出来なくなるのだろうな。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

どうするのだろう

2006-06-21 16:18:58 | 建築・都市・港
酒田駅前の旧ダイエー酒田店が、地元の業者に落札されたそうだ。

詳細は、河北新報山形版に載っている。きちんと開発されるか、使用されるのなら構わないが、落札した会社が会社なだけに、ちょっと引っかかるものがある。
それにつけても、酒田駅前の寂れ方は、尋常ではない。規制緩和、民間主導が、この結果をもたらしたと言える。

以前に買い物していた店が閉鎖したり、三川町へ移ったりして、本当に不便になった。まだ車の運転が出来るのと、フットワークの軽さで何とか出来るのだが、高齢者は大変だろう。それに郵政改革が進んで来ると、どんなに過疎地は不便を強いられるのだろうか。そう考えると、寒気を覚えてしまう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勇気が無くて

2006-06-20 23:53:27 | 社会
サッカーのW杯、日本対オーストラリア戦にショックを受けて、クロアチア戦を見ることが出来なかった。私は本当に小心者だ。

試合の後のニュースの川口のスーパーセーブを見て、やっぱり試合を見るべきだったと言う心と、見ていたら心臓がドキドキしてやりきれなかっただろうと言う心が、波のように大きく漂っている。他の国の試合は、平気で見ていられるのに、どうして自分の国だと、こんなにも肩入れしてしまうのだろう。勝ちたい。勝たせたい。変な愛国心は、スポーツだけでとどめておきたいものだ。

ブラジル戦は、平気で見られると思う。W杯に出場できて良かったと思う為にも、楽しまなければ!最上町の人達は、どっちを応援するのだろうか。カカ選手が子供の頃に来ていたそうで、ブラジルの肩を持つ人もいると聞いた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マツオウジ

2006-06-18 19:35:29 | 食べ物
2-3日、雨が続いたら、公園のあちこちにキノコが生えてきたようだ。
母が、直径が15cmもある、大きなキノコを抱えて帰ってきた。これは何だろうと調べてみると、どうやらマツオウジらしい。採れた場所が、黒松の切り株なんだそうだ。

マツオウジは、初夏から秋にかけて、針葉樹の切り株や用材や立木に生え、表面は淡黄色でささくれがある。茎は白く、一瞬タマゴテンクダケかとも思ったが、茎の付け根に玉はない。事典で調べた所によると、ちゃんとした食用キノコなのだそうだ。ただ、たまに軽い中毒を起こすこともあると言う。結果を先に言うと、捨てることにした。

香りは、悪い匂いはしないが、美味しそうな匂いもない。「歯ごたえがあって、わずかに松ヤニの匂いがする。」と事典には載っているが、そんな香りもない。時には苦みのある物に当たる事もあるのだそうだ。

キノコの中毒は、食べてから発症するまで、危険なキノコほど時間がかかるのだと言う。通常の食中毒なら、気分が悪くなって嘔吐する事も出来るが、キノコは数日経って症状が出た時には、助かりようもない。また、毒キノコに限らず、食用のキノコであっても、多量に摂取したり、少し古い物を食べたりすると、中毒を起こす。消化もあまり良くない。美味しいキノコであっても、酒やアルコールと相性が悪く、一緒に摂取すると中毒症状を起こす物もある。

キノコとは、不思議な食べ物だと思う。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

金儲け

2006-06-16 10:30:54 | 社会
村上ファンドの代表が逮捕されたことによって、どんな風に政界へ波及するかと楽しみにしていたら、政界ではない所から、とんでもない大物が釣り上げられた。
私が個人的に、チャンプリンは好きだけど、似ているこの人は嫌い、と言っていた福井日銀総裁だ。

参議院の予算委員会では、とうとう幾ら儲かったかを言わずじまいだった。と言うことは、言えないほど儲かったのだろう。しかし、出資なんて上手い方法を思いついたものだ。インサイダーな方法で株を譲り渡したんじゃないし、単に現金を渡せば賄賂になる。出資の儲けの配分はファンド側が決めるのだから、どんなに配当が高くなっても良いわけだ。こんな日本の、いや世界の金融の中心人物を、会社の顧問にしてしまうのだもの、強気でいられた筈だ。

福井総裁は、辞任はしないと言う。さて、どうなるものやら。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

トランス脂肪酸

2006-06-14 10:01:28 | 食べ物
abcニュースで、アメリカの大手Kフライドチキン会社の訴訟を報じていた。
フライドチキンや、ポテトを揚げる油に含まれているトランス脂肪酸で、健康被害が出ているとの事。アメリカ国内で年間3万人が、命を落としていると言うのだ。

トランス脂肪酸って、何だろうと思っていると、解説者が「植物油に水素を混ぜた物」と言い、一日の摂取量は4g以内で無ければならないと説明している。専門家によると、4g以内どころか、まったく取らない方が良いと言う人もいる。このメーカーでは、チキン3ピースセットで、15g含まれているそうだ。どうしよう、今まで食べてきたのに、好きだったのに・・・。

トランス脂肪酸をネットで調べてみると、ショートニングオイルやマーガリンが上げられている。本来液体である植物油に、水素を混ぜる事によって、個体化させるのだそうだ。すると、自然界ではあり得ない物質、例えばプラスチックのような物になって、体内に残ると言うのだ。コレステロールが心配で、バターからマーガリンに替えるのは、逆に身体へ負担をかけている事になる。ヨーロッパでは、マーガリンの使用を止めている国さえあるのだそうだ。

最近、食べ物について、様々な危険が報じられている。もっと、消費者が賢くなる必要があるのだろう。本当に食べて安全な物が少なくなった。大丈夫なのは、山菜だけかな。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ヘナヘナ

2006-06-13 02:13:02 | 社会
W杯の初戦、途中までは楽な気分で観戦できたのに、途中からヘナヘナになってしまった。あんなに川口選手も頑張ったのに、試合の流れって本当に怖いものなんだと、つくづく思った。


さて、時間は遡っての土曜日、朝5時に酒田を出発して、羽根沢にワラビ採りに出かけた。お嬢様の1人は「雨が降っているから」の理由で脱落した。もう1人は来客の為不参加になり、結局男女各々2名づつで、車は1台で済むことになった。これは後々大助かりになる。山道が土砂崩れで道幅が細くなり、ちょっと抜けるのに勇気がいった。私の運転でなくて良かったと本気で思った。

羽根沢でのワラビ採りは、十数年ぶりだ。最後に来たのが母と二人で、山で捕まえた人から貰った子ウサギを、母に内緒でリュックに入れ、何食わぬ顔で家に帰ったのを覚えている。ウサギはパー子と名付けられ、散歩中に脱走するまで、我が家で可愛がられていた。

十数年と言う年月は、山の様子をすっかり変えていた。杉木立は大きくなり、新たな林道も出来ていて、さっぱり感覚が掴めない。ワラビを採ると言うより、探して歩く状態になってしまった。昔は、リュックにどっさり収穫出来たのにな、と愚痴りながら雨の中を探す。

ところがどっこい、この雨の中のワラビが、柔らかくて良い。
ちょっと触っただけで折れてしまう。
量は少なくても、美味しいと皆に褒められた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッドカード

2006-06-06 22:14:46 | 社会
サッカーの話ではない。
今まで、イエローカードでファイルをしながら、金儲けに励んできた、村上ファンドの話である。シンガポールに拠点を移すと言い始めた頃から、あれれと思っていたけど、とうとうレッドカードを突きつけられた。堂々の記者会見も、聞いてはいなかったけど、ボロボロ言っちゃいけない事も言ったようだし、叩けば叩くほど、ホコリが出るのは目に見えている。

貧乏人のひがみでも何でも言わせて頂くと、「お天道様は、ちゃんとお見通しでぃ!」と、啖呵も切れる。少しは日本も当たり前の事が通用するんだと、ちょっとは気分が良い。汗して仕事する事が報われない世の中なんて、生きている価値もないってもんだ。
株価が軒並み下がったそうだけど、それは本来の景気とは違う。実態のない紙切れの世界なのだ。

さぁ、仕事もしたし、今週は休みを取って、ワラビを採りに山へ出かけよう。
一雨欲しいな。このままだとエラク固いワラビを採ることになりそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

筆甫(ひっぽ)の阿弥陀堂展

2006-06-05 21:42:29 | 建築・都市・港
私の高校の同級生が、鶴岡市で画家をしている。
風景画も描くが、植物の水彩画を得意としている。彼女らしさは変わらなくても、どんどん絵の腕前は上手くなってきている。

5月の中に、案内状が届いた。去年の展示会でちらっと話のあった阿弥陀堂の天井画が少し出来たらしい。これを飾るので見に来てと言う内容だった。

宮城県の丸森町の筆甫と言う地区に、小さな阿弥陀堂があったが火事で焼けてしまい、40年ぶりに17軒の地区の人達が寄付しあって再建したのだそうだ。彼女はその阿弥陀堂に、松本在住の近藤さんと一緒に絵を描く仕事を引き受けた。8畳ほどの広さの堂の格天井に、45cm×45cmの絵を64枚嵌め込むのだが、まだ15枚しか出来ていない。天井が出来たら、次に壁には地獄絵と極楽の絵を描くのだそうだ。ちょっと気が遠くなるほど先の話のようだ。

建築の講習会の後、友人と一緒に展示会へ行ってみた。何十年ぶりかで逢う後輩も来ていた。「やぁ~、しばらく!」とは言ったものの、名前が思い出せない。どっちみち結婚して名字が変わっただろうから、ここは言わないでおこう。

天井絵は、杉板に描いてある。この幅の綺麗な木目の材料を、これほど揃えるのは大変だったろうと思ったが、地区の人達が地区の木で建てたのだそうだ。そんな話を聞くとちょっと嬉しくなる。杉板に柿渋で色止めをして、岩絵の具で描くのだが、油絵と違って手直しは効かない。失敗しても、別の木目の板を持って来る訳にはいかないから、一発勝負だって!緊張するよね。

得意の植物画を中心に、他に十二支も書き込むのだと言う。鼠と優しい目をした辰が出来上がっていた。温海名物の赤かぶの葉の上にバッタがとまっている画もあったので、「バッタも十二支?」と聞いたら、「これはオマケだ」と笑って言った。

出来上がったら、どんな阿弥陀堂になるのだろう。ドキドキわくわくする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オトナのぬりえ

2006-06-02 21:55:10 | 社会
子供の頃に、駄菓子屋へ行くと、わら半紙で出来た袋の中に入った、ぬりえが売られていた。好きな柄を選べるのではなく、いわゆるクジの1つなのだが、女の子バージョンしか記憶にない。あの頃、男の子はぬりえをしなかったのだろうか。

その女の子バージョンのぬりえには、「きいち」と平かなで署名がしてあった。最近の漫画に出てくる脚の長い女の子ではなく、顔がでかくて3頭身ほどの、いやに目がクリクリした女の子のぬりえであった。それに、クレヨンや色鉛筆で、ゴシゴシ色を着けていったものである。

最近、オトナの中で、この塗り絵が静かなブームなんだそうだ。何やら脳の活性化にも、少しは役に立つのでは、と言われている。単なるノスタルジックなブームでもなさそうだ。

さてさて、ぬりえなんて、昔は創造力がつかなくなるから、やらせない方が良いなんて、大人達は言っていたけど、創造力のかけらもない芸術家が話題になっている。S国会議員のブログでのパクリが、可愛いと思えるほどの盗作だ。イタリア人画家のアルベルト・スギ氏の作品と殆んど変わらない物を描いたのが、今春芸術選奨科学大臣賞を受賞した和田氏なのだ。

タッチを少しだけ真似るとか、色を少々使うとか、そんなレベルではない。美大生なら、美術館へ通って模写をするって事も許されるけど、きちんとした立場の人間なはずなのに、素人目にもそっくりなのだから、驚いてしまう。そんな彼を表彰した日本の大臣って、一体誰なんだっけ?

和田氏本人は、訳の解らない言い訳をしているけど、もう彼の作品を展示してくれる会場は無くなるのだろう。彼の盗作でない、オリジナルの作品を、ちょっと見てみたいなと思ったけど・・・残念でした!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加