無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

落花

2021-04-14 18:03:34 | 酒田


満開の染井吉野の奥に、しだれ桜を始めとする八重咲きの山桜や白いオオヤマザクラが咲き始めると、山王森の山は百花繚乱の風情となる。



相手は動かぬ植物ではあるが、望遠レンズで映してみた。



日毎に美しくなっていく。やはり色の濃い桜が入ると美しさは増す。


椿も枝がしなるほどに咲いている。
椿は咲いて3日もすると、ボタボタと落下する。
山王森への小道は、椿の花で埋もれ、赤い色から茶色へと変化する。
花の命は儚い。


儚いとは無縁の強い花たちもいる。
これらも望遠で撮しているのだが、土があちらこちら盛り上がっているのが見える。
モグラが元気で動き回っているのだろう。



先日、モグラにチューリップの球根を食べられたと書いたが、やはりモグラは肉食で植物は食べないようだ。
モグラの被害ではと疑惑がかかるのは、モグラの穴を利用した鼠の仕業が多いと書かれている。
そうだったのか。犯人を目撃はしないが、階段を上り下りすると、土がユルユルで、小さな落とし穴が沢山作られている。

この3本のピンクのチューリップは、先日の尾花沢行きの折に、尾花沢の道の駅で1本80円で売られていた物を買ってきたものだ。
まだ、モグラにも鼠にも気が付かれていない。
ヒヤヒヤドキドキしながら、花を育てるってのは、本来の目的とは違う気がする。



コメント

さいたさいた桜が・・

2021-04-09 11:48:48 | 動物・自然


そんなに急いで咲くと、春が終わっちまうじゃないか。
と思う程、桜が開いた。



我が家の前の桜は老木になって来て、しかも電線に触れるといけないとて、枝を切られるものだから、ボリュームとしての見応えはない。
それでも健気に一生懸命咲いている。


昨日の夕方、夕焼けで桜が赤くなって綺麗になった。


翌日、せっかく咲いた桜の上に、雪が降った。
その雪を撮したのだが、何処に??と言うほど見えない。


ちょいと拡大してみた。
椿の木の右上辺りに、斜めに白い筋が何本か見えないだろうか。
これが雪の軌跡なのである。


さて、話は変わって、階段の花壇のチューリップがグッタリと横たわっていた。
もしかすると・・・・と思って引っこ抜いて見た。 やっぱり!


球根が何者かに喰われていた。この何者かは多分にモグラだろうと思われる。
昨年買った80粒入りのチューリップの球根は、あらかたモグラの餌食になった。
水仙は毒だけど、チューリップの球根は食べられるのかなとググってみると、炭水化物が豊富で栄養価も高いと言う。
オランダ辺りでは戦時中に食用にもしたようだが。どんな花が咲くのかと楽しみにしていたのに、がっかりである。
チューリップを植えていた場所に、水仙を植えようか。食べれるものなら食べてみろ!
毒なのが人間よりも知っているだろうから、そんな魂胆には引っかからないと思う。
モグラって、虫を食べてくれる益獣だと思っていたから、ちょっと残念だ。


さて、これは酒田市内を流れる新井田川沿い、一昨日の桜である。
ここの桜のボリュームは見事だ。


春爛漫である。

コメント (2)

米粒写経 談話室 2021.04.07 

2021-04-08 12:26:27 | 音楽・芸術・文学
 

米粒写経 談話室 2021.04.07 ~出すまいフットツー~


 

 米粒写経×松崎健夫 映画談話室 2021.04.07 ~ミナリ/あのこは貴族~


今朝、youtubeで虎ノ門ニュースを観ようとしたら、立ち上がらなかった。
ニコ動に代えたら、皆のコメントが「youtube駄目だね。」「春のBAN祭りか。」と書き込んでいる。
政府の管理ではなく、一企業の管理で、我々の言論が封鎖される世の中だ。
戦中の公安も恐いが、この一企業(表向きは)の言論弾圧も恐ろしい。

今回の米粒写経の談話室では、もしかしたら言論弾圧が掛かるかもと思われる節がある。
政治的発言ではなく、○○的発言がちと危ないのである。
コメント

最近のTV事情

2021-04-07 10:25:38 | 酒田

題名とは無関係の台湾のパイナップル入りチョコ。


酒田市内でも、台湾産パイナップルを買えたと言う話あり、実に羨ましい。
蛇足:現在台湾では、「おしん」を再放送中だそうだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~★~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、本題の昨今のTV事情であるが、殆どTVを観ていないので事情も何も判らない。
唯一観ている(?)朝ドラのおちょやんは、現役時代の浪花千栄子さんを観ている年代では、軽すぎで何かが違う。
千栄子さんは、ラジオにも出演していたし、早口の浪速弁でも滑舌が良くて、とても聞き取りやすかった。
今回の主役は、台詞が聞き取りにくい。私が老化現象を起こしているのなら、それはそれで仕方が無い。

なら、古いドラマはどうかと言うと、BSでおちょやんの前に放送されていた「澪つくし」は、原作者のジェームス三木のとある発言で、観る気を無くしていた。
過去に流された深夜のトーク番組で、生前のジェームス三木が語った芸能界の枕営業の話、若い女優は役を獲得する為にナンボでも行うと曰った。
聞き手の女性アナウンサーが「えっ、あの澪つくしの女優さんも!」の問いに、「そうだよ。」との返事。
そこまでしなければ取れない役なのか。恐れと不快と落胆で、芸能界で生きるのは容易いことではないと知りつつ、なんだかなぁと思う。

さて、3月の末は、TV界では番組編成で忙しい。何年ぶりかでTBSの感謝祭を少しだけ観た。
見事に、若い出演者達の顔と名前が判らなかった。お笑い芸人も俳優陣も、さっぱり判らない。
判らないと、面白くないので、また観なくなる。そんな悪循環が続きそうだ。



話は変わって、上の文を下書きして放置後、ニュースが飛び込んできた。


脚本家の橋田壽賀子氏の死去の知らせが、TVニュース及び山形新聞の一面に報じられた。1925年生まれ、私の母と同い年だったのか。
山形新聞が特別の枠で彼女の死を悼んだのは、NHK朝の連続ドラマ「おしん」が、山形県に与えた影響の大きさだからだろう。
明治から大正昭和を生き抜いた女性「おしん」はドラマでの最高視聴率を記録し、海外でも放送され評判を呼んだ。
酒田も例に漏れることなく、貧乏な生活の口減らしから、大店に奉公し教育を受けさせて貰う幸せだった少女時代の舞台として注目を受け、国内外からロケ地観光客が訪れた。
「おしん」が面白かったのは、俳優陣の奮闘もしかり、優れた脚本のおかげだろう。
素晴らしい仕事をして頂いた。心からお礼と追悼を申し上げたい。


コメント

酒田駅前のル・ポットフー

2021-04-06 12:37:42 | 食べ物
酒田駅前の複合施設ミライニの2階に、ル・ポットフーが開店している。
この店は、ホテルインの中で営業をしていたが、旧イオン跡地を含む駅前再開発で休業、ようやく開店の運びとなったのは今年の春。


久しぶりのランチである。



フランスパンをぱくつく。



ガサエビのスープは濃厚で美味い。



魚料理はキンキだったかな。


メインは、ビーフの赤ワイン煮込み(7時間だって、ひょえ~)


触るとほぐれたので、内部を撮す。勿論柔らかい。


来ましたよ、焼きプリン。
ここの濃厚な焼きプリンは、他ではお目にかかれない。
以前、これだけを食べたくて、「珈琲と一緒にこれだけオーダー出来ますか?」とお店の人に聞いたことがあった。
「いいえ、コースに着いているのみです。」と拒否される。

いいもん、自分で作るもん。と生クリームを入れて作った事があった。
ただし、表面のカラメルは、バーナーを使わないとこの様にはならない。


と、言う訳で、シェフ三國の濃厚プリンの作り方。

 

 #293【シェフ三國の簡単レシピ】素朴なのに濃厚なプリン!クレーム キャラメルの作り方 | オテル・ドゥ・ミクニ




そして今回は、家に帰ってカレーを作る。自分ではビーフワイン煮込みのリベンジと思っているのだが。

コメント

昼食

2021-04-06 12:22:14 | 食べ物


尾花沢を含む村山地方は、蕎麦が美味しい。
新蕎麦も良いが、今の季節は雪室蕎麦、寒ざらし蕎麦と呼ばれ、甘味が強い。


山形の蕎麦は、げそ天が付いてくる。
今回は、げそ天の他に、白いキクラゲ、白菜の漬け物だった。

蕎麦はうまい!!
げそ天は量が多くて食べきれなかった。残念。

さて、ご飯が済んだら何処へ行こうか。
大石田の千本木だんごにしようか、それとも東根と天童に向かおうか。
今回、だんごは諦めよう。

コメント

陽だまり

2021-04-05 15:55:28 | 社会


ネットでだったと思う。日焼け止めクリームの話が出ていた。

メラミン色素の多い人種は紫外線を受けてもさほどでもないが、色素の少ない人種や色の白い人は、皮膚癌を発生する確率が高い。
色黒と呼ばれた私でも、(若い頃のテニスしてた時が一番の色黒)この歳になると、染みが出てきて難儀する。
日焼け止めクリームなんぞ、高校を卒業して二十歳を過ぎた頃、ようやく塗り始めたと言うから遅い。
皮膚癌予防にも、UVクリームは塗った方が良いと言われている。

ところが、そのUVクリームも、封を切って半年もすると、クリームの中のナンチャラと言う成分が、ナンチャラと言う発癌物質に変化するそうだ。
先のナンチャラも後のナンチャラも覚えていないが、早速一昨年に買ったUVクリームを捨てた。勿体ないと取って置いた物だ。
昨年は、外に出る度にマスクだったから、UVクリームは付けなかった。
さて、ナンチャラとは一体何だったのだろうか??

ググると見つかった。オクトクリレンがベンゾフェノンになると言うのだが、ベンゾフェノンでググるとさらに恐い内容に突き当たる。
ここでも出てきた内分泌攪乱物質。
ベンゾフェノン自体も、紫外線を吸収する能力が高い。
高いって言うことは、別の意味で悪さをするってことか。



コメント

建築士会女性委員会役員会

2021-04-05 13:04:54 | 建築・都市・港


4月3日(土)に、(一社)山形県建築士会女性委員会役員会が、令和元年5月に落成した尾花沢市役所庁舎で開催された。


こちらは正面玄関ではなく、西口玄関である。
尾花沢市役所は、市庁舎と保健センター、防災センターを兼ねており、会場の3階には、防災研究室が連なっていた。


この市役所庁舎はプロポーザルで、1位になった設計事務所の作品を見て、出来上がるのを楽しみにしていた。
実際に見た建物は、描かれていた作品とは違っていて、単なるオフィスビルに見えた。
昨今の地方の公共施設は、予算との戦いに明け暮れる。きっと厳しい内容だったのだろう。



普段は研修室として使用するが、こと災害が発生した場合は、緊急避難施設として活躍する計画である。


1階市民課&ロビー



階段だけは設計者が譲れないデザインだったと思う。


3階の議事堂前のホールも又、設計者の意図が感じられた。


無理をお願いして、議事堂を拝見させて頂いた。
他の室内はクロスだったが、ここだけは地元産の杉を用いた議事堂だった。


天井の杉板や壁材も杉材を吸音材の前に並べた構造になっている。
酒田斎場の壁に比べるとピッチも材料も塗装も・・・以下略

素晴らしいなと思ったのが、家具だった。ちらっと天童木工の声が聞かれたのだが、各階のカウンターも同じ造りだった。



外に出て、職員の方の説明を聞く。




男性2名が職員の方である。今日(土曜日)は休みではなかったのか。


奥に見えるベージュ色の壁が市庁舎。
この建物は道路を挟んで(旧庁舎跡地)設置されているエコな冷暖房施設である。



片側は雪室で、雪の尾花沢と呼ばれる地域の雪を活用して、夏の冷房に使おうと貯蔵している。
建物の右の車の奥も、今年降った雪の山がある。
この敷地にも、駐車場の除雪の山があり、その雪をこの貯蔵庫にパワーショベルで入れるのだそうだ。
天辺まで積まれていないので、雪を跳ね飛ばすロータリー除雪機を使ってたっぷりと入れたいと思うのが素人の私たち。
その方法で積み上げると、雪が汚い雪になるそうで、運んで積み上げる方式なのだそうだが、汚い雪は冷房装置に支障でもあるのだろうか。
そもそも雪は、気中のゴミに水蒸気がくっついて出来るので、どっちみち汚い物だと素人の私は思う。



さて、雪室の半分は、バイオマス暖房の施設である。



木質ペレットボイラーを利用して、冬期間の暖房に用いる。



ペレットは、尾花沢産ではなく近隣の真室川町から取り寄せている。
基本的に冷房と暖房は、庁舎の1階部分のみに使用される。
階段などの吹抜部分があるので、冷房以外は2-3階まで効果があると思われる。
特に冷房は、邪魔者でしかない雪を克雪ではなく活用することに大きな意味を持つ。
雪室からパイプで冷たい空気が市庁舎に送られるが、寒い位に効くそうだ。

コメント (2)

白い狸ツインズ

2021-04-02 11:51:32 | 動物・自然

仲の良い兄弟だな。



一緒に生まれた兄弟姉妹の内、この2匹が特別に似通っている。
雌猫は複数の雄猫の子を一度に出産するそうだ。
よって、他の兄弟猫はヨモギ猫なのである。
その中で、一番小さな子猫が、先日交通事故によって轢かれた。
道路でのうのうと寝ている猫も悪いが、暗くて見えなかっただろう。
斜面に穴を掘って埋めた。その穴掘りに使ったのが、タケノコ掘り用にamazonで買った鍬だった。
タケノコじゃなくて、悲しい穴掘りが最初だったなんて、ちょっと悲しい。


犬は集団で行動し、猫は個別に動く・・なんて誰が言った?!
この辺りの地域猫は、意外に皆仲良しである。
ただ、一匹気の弱い猫がいて、集団からちょっと距離を置くのもいる。
陽だまりの中で遊んでいる所は、見ていて楽しい。

コメント

桜が咲いたそうな

2021-04-02 11:36:43 | 動物・自然

3月の終わりに、酒田市でも桜の開花宣言がされた。
酒田市役所の前の老木も、チラホラと白い物が見えたから、ああもうすぐだなと思っていた。
日和山公園の桜(グランドの下の茶店の前)の標準木でも結構な数が咲き、市役所職員さんがTVローカルニュースで説明してた。
公園の桜は咲いても、昨年同様桜祭りは行わず、露店も出てないのだとか。
それでも、コロナの何たるかが少しずつ判って来たので、密にならずに花を愛でるのは差し支えがないのだと思う。

今日、4月2日、酒田市総合文化センター横の桜が、6部咲きほどに咲いていた。
暖かい日が続くからだろうが、呆気ない春の終わりにならないで欲しい。


ニュースと言えば、宮城山形が全国ニュースに載る。クラスターだもの仕方が無い。
連日二桁の感染者数で、驚きおののく人がいる一方、私なんぞは欧米南米に比べればゼロに等しいと嘯く。
ワクチンは打った方がイイのかねぇ。海外旅行を考えるならば、仕方がないだろう。
武田教授の曰う、若い女性に対するワクチンの危険性って・・・。
医学界も政府も、きちんと説明するべきなのにと思う。


コメント

ミモザ

2021-03-29 13:10:37 | 動物・自然


3月8日は、ミモザの日なんだそうだ。
イタリアやフランスでは、ミモザは春を告げる花で、男性が女性に感謝の意味を込めて、ミモザを送るのだと言う。

日本での春を告げる花と言えば、梅や桜なのだろう。ミモザは日本ではあまり馴染みがない。
早い時には2月から咲くそうだが、ここら日本海側は2月は雪で埋もれている。
昨年、酒田市十里塚の花屋さん(酒田緑化園センター)で、温室の中で咲いていたミモザを一枝100円で買ってきたことを思いだし、あれはいつ頃だったかと・・・ネットで検索しようとした。

~~~~~~~~~~~★★★~~~~~~~~~~~~~

話は変わって、土曜日に事務所の中にブラックホールが出来た。車の鍵が見当たらないのである。
金曜日の午後に、建築士会の役員会から戻り、それから何処へも出かけないのっだから、絶対に事務所の中にある。
幾度もバックの中を探り、服のポケットをひっくり返し、机の隅々からゴミ箱の中まで探したのに見つからない。

子供の広場への階段の草むしりと掃除をして、そろそろ花の苗を買わねばと思っていたので、鍵がないと行けない。
これは、ブラックホールが出来て、鍵は異次元に吹っ飛んだのだ。
と、半ば諦め、無理を言って家族の車に乗せて貰い、花屋に行った。



その花屋で、ミモザが咲いていた。
「いつ頃から咲くの?」と聞くと、「2月から咲いているよ。」とのこと。
ただ昨年の方が早かったらしい。
さすがに温室の中だ。と、3本を所望して、親父さんに切って貰った。

ミモザと花の苗を抱えて帰り、階段の草むしりを終え花も植え付け、日が暮れた。
翌日の日曜日は朝から小雨が降っていたので、これはラッキーだったと思いながらも、ブラックホールを探索する。
金曜日の行動をなぞりながら、事務所で最初に入ったのが台所だと、もう一度向かう。
冷蔵庫にもゴミ箱の中にも入ってなかったしと、ちょいとコンロのグリルの中を覗く。

・・・・あったよ。ブラックホール。



コメント

ラッセン原画展

2021-03-26 22:03:45 | 音楽・芸術・文学
山形県内の2箇所で開催される予定の一箇所が酒田会場だった。

酒田市のマリーン5清水屋5Fで、4月9日から12日迄、10:00-18:00に開催される。
入場無料、予約するとカードが貰えるらしい。




コメント

越沢三角そばまつり

2021-03-26 21:56:11 | 食べ物


4月11日に、寒ざらし越沢三角そばまつりが開催される。
限定200食で、完全予約制。予約や問いあわせはあつみ観光協会0235-43-3547
普段でも食べられるのだが、そばまつりの時は普段にはないおまけがあったようにも思える。
特産品コーナーも設けられるようだが、4月11日頃って山菜は何が出ただろうかな?

てんぷらそばも山菜の季節になると、野菜から山菜に変わるはず。
それも楽しみだ。寒ざらしそばって甘いそうだが、美味しそうだなと思う。

その前に、庄内のコロナも治まってくれれば良いのだが。


コメント

だるまさんが転んだ

2021-03-25 12:15:01 | 社会
子供達が外で集団で遊ぶ姿を、昨今は滅多に見なくなった。
学校の昼休みや放課後では、「かごめかごめ」や「だるまさんが転んだ」とか今でも行われているのだろうか。
学校からの帰り道、じゃんけんして「グリコ、パイナップル、チョコレート」などど、歩く歩数を決めるなどと言う遊びは、「道路で遊んでいけません。」の一言で禁止はされていないだろうか。



と言う訳で、今日のお題は転ぶ。

エアフォースワンのタラップを登るバイデン氏が、3度もこけた。(こけるって、転けると書くのね。)
これを見て私は「HAHAHAHA」と笑った。
その舌の根も乾かぬ昨晩、私は自分ちの階段で足を滑らせて、強(したたか)に段板で両足の脛を打った。

ドダン!!と凄い音がしたのは、衝撃が自分の体を伝わって脳に届いたのだろう。
息が止まった。動けなかった。痛いよ痛い。
這うようにして階段を登って、灯りを着けて裾をめくってみた。
右足は最初はへっこんでいた肉がみるみる内に膨れて、大きな青あざになった。
左足は、青あざの他に2箇所に傷が出来て血が流れていた。どうしてこうなる。
うっうっ痛いよ。

きっとバイデン氏も痛かっただろうに、笑って悪かったよ。ごめんなさい。

コメント

緊急事態宣言

2021-03-25 11:30:03 | 社会


東京都を含む首都圏の新型コロナに因る緊急事態宣言が21日に解除されたばかりなのに、遠く離れた山形市で23日緊急事態が宣言された。
遡ること宮城県では連日3桁の感染が確認されている。
宮城県との往来で感染したグループもあれば、マスク無しの接待でのキャバクラがクラスターになった件と高齢者施設が原因の件もあり、県庁職員にも感染者が出たと言うことで、大事を取っての宣言となった。

3月11日に宮城県内を闊歩していた私は、2週間経っても何の異常も無い。ウィルスが居る所に行けば支障も出るのだろうとタカをくくっている。

さて、24日になって、ウィルスがいないのではと思われていた酒田市でも2名が山形県の感染者数に加わった。
酒田市からのコロナのお知らせによると、この2名には共通点がなく、感染経路が判らない由。
クラスターが起きた場所が判っていた方が安心出来ると言う反面教師でもある。
まぁ、個人個人で気を付けていくのがベターだろう。


本当は下がらない東京都の感染者数で、独自の言いたい放題を考えていたのが、山形県や酒田市の状態で頓挫しただけのことなのだが。

コメント