無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

お盆

2018-08-14 09:54:07 | 社会

何時だったか、「開運!何でも鑑定団」の収録を見学した時に、山形県遊佐町では迎え盆で各家の軒先に玩具の車を飾って、先祖が乗って来られるようにと言う出題があった。こんなに近くに住んでいても、違う風習はあるものだと思っていた。迎え盆送り盆でも、各家の宗派によって飾る物が違う。我が家は浄土真宗なので、サッパリ感は否めない。母の実家では、ほおづきや小さなリンゴや梨などを糸に吊して飾り、きゅうりとナスに割り箸を刺した馬と牛も飾られていたのを面白く感じていた。

Twitterで、「父にきゅうりで馬を作れと言われたので、作ったった。w」と画像に現れた馬の出来映えに、皆はやんやとリツイートした。

父は「ナスで牛も作れ!」と言ったが、この辺りで作者は力尽きてしまったらしい。

それに触発されてかはわからないが、こんな芸術的な馬を作成した人もいる。

ナスはハーレーらしい。これじゃ急いで帰らないといけないじゃないか。
この中央のオクラはなにか不明である。

次は無くなった祖父が海軍で、大好きだった二式大艇を作ったらしい。
これは胴体に使ったキュウリの形がポイントになったなと想像する。

 

プロペラはオクラで、日の丸はトマトだそうだ。こんな風にお盆を迎えるのも良いなと思う。

コメント

官軍兵士の墓

2018-08-14 09:20:24 | 社会

光丘神社の北側の山王森高台の一角に、官軍兵士の墓がある。

時折、親族の方のお参りもあったと聞くが、長い間自治会の人達の手で守られてきた。

手前の中央から2つめの墓が最近土の中から見つかって、新たに礎石の上に載せられた金蔵さんの墓である。どの墓にも花と水が供えられている。

戊辰戦争で戦死した兵士の墓かと思っていたら、新政府からの進駐軍の方が病死された墓だった。

新たに見つかった神立金蔵さんの墓も並んでいる。

ここは酒田市内でも、季節が少し遅れる場所でもある。紫陽花もまだ咲いていた。

9つ目の墓碑が見つかった時の地元のコミニュティ新聞の記事。この他にも地元新聞にも取り上げられた。

 

コメント (2)

本間群兵衛(北曜)さんの絵

2018-08-13 12:55:17 | 音楽・芸術・文学

現在、本間美術館を始め鶴岡市致道博物館や松ヶ岡で、西郷隆盛さんに関する書や絵の展示がされている。せっかくなので、休みを利用して出かけて見た。玄関ホールで館長さんと顔を合わせる。「本間北曜さんの黒船が飾られているそうですね。」と問うと「そうです。」と頷かれた。ず~っと観たいと願っていた本間群兵衛さんの絵についに巡り会える。

ちょうど夏休みと言うこともあって、いつもは静かな美術館内が家族連れで賑わっていた。小学生には難しい展示ばかりだったので、飽きてしまって騒いでいる子もいた。そうだろうね。オトナの私でも、書いてある字が読めないのだもの。

南州さんの書以外に、幕末に活躍した志士たちの書が沢山展示してあった。描く文字に書いた人の心持ちが現れると言って良いのだろうか、各々の特徴が掴めたと思う。この人がこんな書を書かれていたのかと思うと同時に、よくこんなに集めたものだと本間家の蒐集力にも脱帽する。戊辰戦争と庄内どころか、日本の中枢にいた方々の書の多さに驚く。掛け軸にされた書以外にも、戊辰戦争時に暗躍した人の密書や、戦争時の酒井藩の武家屋敷地図や各城が落ちる様子、新庄や秋田県に及ぶ戦いの様子が展示されていた。これは時間があれば、じっくりと眺めたい。

一通り眺めて、本間群兵衛さんの絵が飾られていないと私の心が騒いだ。前にこの展示を観た人のブログにもちゃんと展示されていると書かれていたので、どこにあるのだろうと2階からも探してみたが見つからない。気を取り直して1階に降りる。なんと、展示室の入り口のすぐに、他の展示とは別個に飾られていた。想像していたのよりも小さい。黒船の艦隊ではなく、一隻を細かに描いている。その説明も葛飾北斎の門下だと書かれているだけで、この戊辰戦争に相応しい本間群兵衛さんの立ち位置がない。せっかくの企画なのに、これではいつになっても酒田市民でも彼の生き様を知らないままになるのだろう。酒井家から借りた書も展示されていたし、庄内藩への忖度なのだろうか。嘆かわしいことだ。

松ヶ岡は残雪が残る頃に拝見し(飾ってある南州さんの書は殆どがコピーだった。)所蔵は鶴岡の致道博物館だったのを知った。

9月30日には、3人の子孫のフォーラムがある。

本当に西郷さんとゆかりが有ったのかは確認出来ないが、多分に鶴岡の人が作った匂いがする。企画に載って回るのも良いだろう。

コメント (6)

みなとオアシスカフェ

2018-08-13 12:54:12 | 防災

酒田港を眺めながらグラスを傾けませんか?

コメント

日沿道建設促進フォーラム

2018-08-13 12:52:14 | 建築・都市・港

9月4日、鶴岡市で日沿道建設促進フォーラムが開催されます。

 

コメント

羽黒山五重塔

2018-08-13 08:57:43 | 建築・都市・港

羽黒山の五重塔の内部がご開帳されていると言う。期限も切られているので、休みの間に出かけて見た。暑い日だった。

羽黒町手向には、門前町としての宿坊が並んでいて、独特の景観を持っている。

参拝者の数が半端ではない。

随神門をくぐると、まったく別の世界に入ったというか、涼しさが全身を包む。

ただし、参道も人間でごった返ししている。

冬に滝修行をする所。

爺杉。天気が良くて陽光が強すぎると、写真はうまく写らない見本。

爺杉を通り抜けると、五重塔は目と鼻の先になる。

仮の受付所が出来ていた。

参拝料の500円を納めて、お祓いをして貰う。

スロープを上って内部に入る。内部は撮影不可。

中央にご神体を祭ってあり、周囲に五重塔のパネルや図面が置いてある。VTRもあったが、ゆっくりと見ることは叶わない。

次の行列は2階に上る為の列だ。

ややしばらく時間がかかる。大人数では見学するには狭い場所だったからだ。こちらも撮影不可。

2階に上るに、足場や階段を使う。5-6人をまとめてワンパーティにして案内と見学が可能となる。

下で参拝客の誘導をしていた女性のTシャツの模様が綺麗だった。今まで作務衣を着ていたが暑すぎると言うことで、始めて渡された物だそうだ。色は白と青があったらしく、青の方が良かったと言っていた。販売すれば良いのにねとは、私との話の中である。

さて、順番が着て上ることになった。2階から覗くと8角形の芯柱が見える。この五重塔の芯柱は当初は基礎の上に建っていた。いつ頃の修理か判らないが、柱根元が腐り、途中から切ることになった。実際に芯柱と五重塔がくっついているのは5階の屋根の先で、浮いている形になっている。2階の床辺りでは四方から蔓で縛られているらしい。その詳細は窓から顔を突っ込んで見ても、よく見えなかった。写真も撮れないのだもの、シクシク。

2階で神社の方が案内と少しの間、説明をしてくれた。屋根は杉板の木羽葺き(こばぶき)。綺麗だと思う。
冬の雪下ろしの事を聞くと、5階の屋根に天窓と言うか点検口のような部分があり、そこから屋根に出て命綱を繋ぐ。雪は5階のみを降ろすそうだ。

列はなかなか短くならない。

今回は頂上まで登らずに帰ってきた。体力が無くなっているのもさることながら、大勢の参拝客のスピードに併せて移動するのも辛い物がある。

随神門を抜けると、一気に熱気が襲ってきた。こんなにも下界とは違うのか。

石垣が美しい。

 

通りは暑かった。

コメント

暑い夏

2018-08-13 08:56:32 | 動物・自然

溶ける猫。(Twitterから頂きました。)

網戸の向こうの夏

コメント

東北公益大屋内練習場現場見学

2018-08-09 15:06:50 | 建築・都市・港

9日の午前、夢ネットの現場見学の予定だった。集合時間の5分ほど前に、待ち合わせ場所の公益大の駐車場に着くも誰もいない。何故だ。
おもむろに見学会の案内書を取り出して見ると、20分遅れての時間だった。これは、遅刻魔の自分に配慮した粋な計らいからだった。(←バカか!)

写真は、出羽大橋と鳥海山を臨む。

駐車場から各自が現場まで歩き、全員が集まるのを待つ。続々と見学者が訪れた。こんな集まるのか!

 

屋内運動場棟。120x240の柱の間隔は480mm。ここに120x330の梁が架かる。せっかくの木材だが、防火の為に仕上げ材で見えなくなるとのこと。

木造在来工法の屋内練習場と運動部の寮である。3つの塊が廊下で繋がっている。ここは敷地が斜面になっているので、床の高さは棟毎に変わっていると思う。

目的が、酒田産材の杉を使用した建築で、通常の建物の見学会なら平面図など概要が分かる物が渡されるのだが、この回は木材の仕様と数量に特化した物だった。

土台だけは、栃木産の桧を使い、他の材料は無垢の構造材・集成材(CLT)・下地材は酒田産材の杉だそうだ。

集成材(CLT)は秋田県大館市の2箇所の工場で、酒田産材を加工したようだ。集成材の含水率や強度は設計事務所の指示による。

2階部分は、間柱取付まで行われていた。我々が入って見学出来たのは寮の方である。

当然だろうけど、金物の本数が凄い。床の合板は下地も兼ねて30mmほどの根太合板が使われている。

柱は120x120。梁は120x240でほぼ統一している。製材所では直径300mmの丸太を製品に曳く為、通常最も使用される120x120と120x240を使って貰えるようにと設計の段階で打合せをしたらしい。その為、120x240の梁なら3600mmのスパンも飛ばせるのだが、間柱のある909-1818間でも同材が使われていた。同じ部材なら補強金物は使い易いと言った所か。木材の石数は増えるが、人件費は同じだ。

寮などの建物部分の柱は無垢材だったが、屋内運動場は集成材(CLT)が使われていた。
ちなみに床に張られている合板はLVL(単板積層材)と呼ばれている。

コメント

訃報

2018-08-09 15:00:26 | 社会

沖縄県知事の翁長氏のニュース速報で、意識混濁と伝えられたのも束の間、訃報に変わった。


膵臓癌で手術もし、随分と痩せられた後も、積極的に辺野古の米軍基地移設反対に取り組んでおられた。
彼は元々沖縄県自民党幹事長も務められ辺野古移設に賛成だったが、2014年の県知事選頃から立場を変え、自らをオール沖縄と掲げて日本共産党を始めとする野党と組んだ。その経緯は漏れ聞こえてくる物があるが、この場では言うまい。

中国との繋がりも深く、沖縄の新シンボルとして龍柱を中国に発注し建てたり、中国の北京で琉球独立運動を行うなど、私には考えが相容れぬ人だったが、この意思も半ばにして病魔に倒れた。復活後の激やせぶりに、県知事の職務はきついのでは無いか、すこし休養したら良いのではと思えたが、結局は最後まで戦い抜いた。お身体は辛かっただろうなと思う。

御冥福をお祈り致します。

 

コメント

訃報

2018-08-08 10:40:37 | 社会

昨日の午前中、9時も回った頃「そうそう、○○電機の会長さんが亡くなられたのを知ってるか?」と教えられ、それからが大慌てになった。数日前の山形新聞を取り出し訃報の欄を見ると、葬儀が9時からと書いてある。うちの両親の葬式にも来て頂いた筈だと書類を確かめ、これから向かってもとても間に合わないけどと着替えをして車に飛び乗った。
通常のお葬式なら、1時間も過ぎれば出棺まで終わる。でもきっと誰かが葬儀場には居るだろうと、会場の駐車場に入るとバスと霊柩車が待機していた。玄関ホールに並ぶ沢山の参列者の前を走って、3階へと階段を上る。エレベータの乗車を拒否された為だ。恥ずかしいったらありゃしない。久しぶりに履いたヒールの高い靴は、きつくて難儀する。まだ受付には人がおられた。

また階段を下り、最後のお見送りに間に合った。斎場に向かう車をお見送りする為に駐車場に並ぶと、「久しぶりです。」とか参列者から声が掛かる。ここでふと気がついた。私はスッピンだったのだ。ああ、声を掛けないで欲しい。髪がグシャグシャなのは風が吹いているから、まぁいいか。

 

さて、これからが本題である。俳優の津川雅彦氏の訃報が入った。愛妻の朝丘雪路さんの死の報告の時も、随分とお身体の具合が良くなかったようだが、その後も「そこまで言って委員会」などにも出演され、日本を憂う発言をしたおられたので、体調が戻られたのかなと思っていた。左翼系が多い芸能界で、1本芯が通っていたこの方の発言は、心に染みることが多かった。北朝鮮の他拉致被害に対する応援も、ご夫妻の長女が誘拐された事件があり、拉致された家族の心がくみ取れる立場にあったからだろう。拉致被害者が戻って来るのを見届けられなかったのは残念だ。

2015年9月に、酒田市民会館で講演をしておられる。実に穏やかに日本の良さを話しておられた。日沿道建設促進フォーラムでの津川雅彦氏の講演内容

 

コメント

雨は上がり

2018-08-08 10:32:40 | 防災

歩いてト一屋へ買い物に出かけた。途中で撮った酒田本港と最上川だが、背割り堤の向こうが最上川で、手前が酒田本港である。
はっきりと水の色の違いが判る。今度の大潮は11日から12日ごろだそうだが、なかなか水の引けは遅い。それ以上の雨が降ったと言うことか。

Twitterで見つけた画像。永谷園のあさげと松茸のお吸い物に入っている麩が、庄内産とは知らなかった。
実は余所の麩は色んな形があるが、庄内の麩は押しつぶした形をしている。これは船で運ぶのに隙間が出ない形にしたのだそうだ。これなら沢山積める。こどもの頃から麩はこの形と決まっていたので、特に注意もしていなかった。そうか、庄内産を使って貰っていたのだな。
ちなみに、今回のこの写真は「麩」だけの販売をしている永谷園のCMを取り上げた記事だった。

コメント

最上川洪水警報

2018-08-06 10:07:51 | 防災

確かに日照りが続いて、一雨欲しいなとは言ったけど、洪水警報避難指示って何なの!

今日は朝から何度も防災無線と携帯の防災情報が鳴り響いた。有り難い事に、防災無線はきちんと聞き取れた。男性の声の方が聞きやすいのかな。

写真は今朝S氏が撮した物。最上川で出羽大橋より河口側のヘリポートがある部分。3箇所並んでいるのは常駐の簡易トイレである。土曜日に行われた花火大会のトイレは、見事に流されてしまった模様。遊摺部、新堀、入船町も避難指示が出て、各地の避難場所への誘導が行われた。

最上川上流でも被害が発生し、戸沢村では角川で道路が土砂崩れで寸断したようだ。国道47号線は通行止めになっているのかな。国道112号線で迂回して欲しいとの情報だ。

山形県戸沢村 地域おこし協力隊&集落支援員 活動日誌

防災情報は、勿論公的な所からは有り難いが、SNSなどを通じて伝えられる細かい情報はもっと有り難い。数日前に山形へ行った時に通った最上川沿いだが、船下りが中止されるほど水量が少なく川底が見えている状態だった。あれが満杯になるのだもの、自然の力は恐ろしい。雨が降るのは雨雲レーダーで観察が出来たが、これほどの洪水になるとは行政も把握出来たのかな。これは地震に限らず、日本の何処にでもおこる災害だと思う。

 yahooの天気・災害の最上川の水位情報が詳しい。定点カメラなどもあるので、便利だと思う。

続報:あの川の中に浮かんでいるのは何かと聞いたら、花火大会の時に運航した屋形船だそうだ。いつもの港に戻らずに川岸に繋がれていたのがそのままらしい。

たった今、防災情報で、酒田市入船町の避難解除が出た。酒田市役所と荘内経済連のビルに避難していた人達が戻って行った。やっぱり短時間とは言え、避難生活は窮屈らしい。

避難所で配られた昼食。水とビスコと五目ご飯。この五目ごはんはフリーズドライではお湯を掛けて15分。水だと1時間掛けないと食べられないそうだ。

コメント (4)

Dance of the Line Riders

2018-08-04 17:52:12 | 防災

 

Dance of the Line Riders

これ面白い!

 

 

 

コメント

花火大会

2018-08-04 17:37:11 | 酒田

今夜は花火大会かな。

これは直径6cmのアザミの花。もしかしてアーティチョークかな?でもなさそう。なんだろう?

コメント

ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」

2018-08-04 17:30:53 | 建築・都市・港

酒田北港にヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」が来港した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (3)