ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

カトリヤンマ 2015<10月⑤>

2015-10-27 | カトリヤンマ

<10.22>続編

所変われば

例年カトリヤンマの産卵を撮っている谷津では、多数の産卵個体が一斉に田圃に現われて一斉に姿を消します。
時期にもよるのでしょうが、所により行動パターンはかなり変わるようで、当地では様々な時間帯、地点に産卵個体が現われました。

まずは正午前、明るい湿地に産卵個体が飛来しました。縄張りのリスアカネに追立てられ、しばらく飛回ります。

♀   飛翔


漸く着地、移動しながら産卵して約2分間で姿を消しました。

♀   産卵










約10分後、おそらく同じ個体が再び現われましたが、枯れ葉に潜り込まれて撮れません。大概はこのパターンです。





この後は15時前、一頻り縄張り飛翔していた♂が消えると産卵個体が飛来。しかし、飛回って姿を消してしまいます。
消えた方向の隣接する湿地を見に行くと、産卵を休止した個体が枝に止まりました。

♀   静止


真下に産卵中の個体がいましたが、枯れ葉のなか。産卵ポイントのようですが、撮れそうにない場所でした。

♀   産卵


16時前、メインの産卵ポイントと推察しながら、これまで全く飛来していない暗い湿地を確認しました。
踏込むと、産卵中の個体が驚いてすぐ上の枝に静止。やはり産卵に来ました。再開が期待できそうです。

♀ 静止


待つこと5分、産卵を始めました。

♀   産卵












約2分間産卵して休止。一旦姿を消しましたが、3分後に再び産卵を始めました。ここでの産卵は、結局1頭のみでした。

明るい湿地、暗い湿地それぞれで♂のホバリングと産卵が撮れてまず満足できました。
まだ綺麗な個体ばかりで心残りですが、今年のカトリヤンマはこれにて終了です。

♀   静止


♀   産卵



2015.10.22 埼玉県


コメント   この記事についてブログを書く
« カトリヤンマ 2015<10... | トップ | オオキトンボ 2015<10... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カトリヤンマ」カテゴリの最新記事