☆My Everyday Life in Canada☆

カナダに来て13年。2人の子供達の成長記録と梅ちゃんからの日常エピソード色々☆

カナダのリサイクル

2018-04-06 | 地域イベント
CBCの記事で、ゴミのリサイクルについての記事が出ていました。


リサイクルそのものも、コストがかかるから意味がないという説も聞いた事がありますが、北米は基本焼却ではなく「ゴミは全て埋め立て」なので、少しでも土壌の汚染を防げるなら。。なんて思うけど。。

記事によると、リサイクルの分別の仕方がきちんとできない人が多く、回収後の仕分けに年間1億近いコストがかかっているという話。

なんてこった。。。。

回収された分の1/3ほどは、リサイクルできずに、結局ゴミとなって埋め立てられているとか。。

ゴミとなってしまうリサイクルボックスの中身には、本来そこにあるべきでない物(ペットの汚物、注射針、血液のついたゴミ、点滴材。。。)場合によっては、作業を止め、その場を消毒する余計な手間も増えるそう。

また、古いプラスチック、食品や洗剤など中身が入ったままのプラスチックやガラスの容器、たばこや紙くずが入った容器もかなりあるみたい。 リサイクル可能な物は中国へ送られるものが多いそうですが、中国側も汚れた物は受け取らないそうです。紙もコーヒーなどのシミがついた物は受け取ってもらえないとか。。。

そうすると、それらを仕分けした後に、ゴミになって結局埋めることになるみたい。

しかも、綺麗に洗って出していても、ごみ収集車の中や集積所で、汚れた容器と混ざって、汚れてしまったら、結局それもゴミになるとか。。。

なんてこった。。。。 


ダディの実家がそうなんですが、次の工程まで考えずに「とりあえずリサイクルボックスへ」というカナディアンは、珍しくないみたい。

週一で片付けと掃除に行った時に、直せる範囲でこっそり仕分けしてるんだけど(笑) ごちゃまぜのボックスを見ると これ、ごみ収集の人もイライラするだろうな〜って、思います。。。。1日何千件も回収しているわけで。。同じような家は きっと他にもあって、ストレスなお仕事だな。。。。って思います。

我が家は一応コンテナを洗ってリサイクルに出しているけど、洗わずに出してるお家も多いから、そこのと混ざったら、意味ないってことだよね。。。

なんてこった。。。

しかも年間1億近くもの費用が、回収後の仕分けと処分費に使われるなんて、アホな話〜。ちょっとの手間で、そのコスト削減できたら、他の事にそのお金使えるんだよね??? 

市もペナルティ払う事になったら、それは市民の税金から。。。

でも、実際のところ「こういった事を知らない」人も多いんだよね。リサイクルの歴史も日本ほど長くないし。。。 今は学校で教育されているかもしれないけど、ダディがゴミの分別や洗ってから出す事を知ったのは、日本に滞在した時だったらしいです。つまり大人になってから。

分別がやたらと細かい東京のある地域に住んでいた事のある私が、カナダに来たばかりの頃は、なんでもかんでもゴミで捨てしまうことに、すごーーーーく抵抗がありました。

こういう記事がニュースになって、一人一人の意識が高まって、「無駄遣い」が減るといいなあ。。。


それと、私自身1つ 腑に落ちないというか、よくわからなかった事があって、ちゃんと調べてみました。
各家庭に配布されているゴミ回収カレンダーにも書いてあるけど。。。。市のHPもこれを機会にちゃんと読んでみました。

私が住んでいる場所は リサイクルを2種類の箱にわけます。たった2つですよ〜!!

1つは、缶、瓶、と一緒にプラスチックの容器(食品トレー、液体の容器など)、そして 牛乳やジュースの紙パックや持ち帰り用のコーヒーのペーパーカップはこっちグループ

もう1つは、紙類(新聞、雑誌、紙切れ、本、製品の外箱)、そして、スーパーの買い物用ビニールバッグ、食品を入れてあるビニール袋、製品を包んでいる外側のプラスチックの梱包は、こっちグループ。

なんで、プラスチックを、紙類側と、缶や瓶側とに分けるのかが、腑に落ちないんですが、そうわけるのがいいみたいです。

発泡スチロールは、ゴミ。前に聞いた事があるけど、リサイクルコストがすごくかかるらしい。

参考までに、こちら、ごみ収集カレンダーより。










人気ブログランキングへ
コメント   この記事についてブログを書く
« 再び。。。雪 | トップ | メイプルシロップフェスティ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

地域イベント」カテゴリの最新記事