司法書士内藤卓のLEAGALBLOG

会社法及び商業登記に関する話題を中心に,消費者問題,司法書士,京都に関する話題等々を取り上げています。

貸付業務を行っていない登録貸金業者が債権譲渡を受けて行う回収行為はサービサー法違反

2012-02-09 16:05:30 | 消費者問題
最高裁平成24年2月6日第3小法廷判決
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81980&hanreiKbn=02

「法務大臣の許可を受けないで,消費者金融会社から不良債権を譲り受けてその管理回収業を営んだ行為について,債権管理回収業に関する特別措置法33条1号,3条の罪が成立するとされた事例」

 登録貸金業者が,自らは貸付業務を行わず,「債権管理回収業に関する特別措置法」(サービサー法)第3条の債権管理回収業に関する法務大臣の許可を受けないまま,消費者金融業者から不良債権を譲り受け,その管理回収を行うことを業としていたケースである。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 相続放棄に関する諸問題 | トップ | 「茶業及びお茶の文化の振興... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

消費者問題」カテゴリの最新記事