At The Living Room Reloaded

忙しい毎日の中で少し足を止めてみる、そんな時間に聴きたい素晴らしい音楽の紹介です。

Around The Tea Table / Various Artists

2019-10-05 | Compilation
Mixcloudの方には1ヶ月半ほど前にアップしているのですが、自分の備忘のためにブログでも紹介。これまでのワンルーム暮らしとは違って、6月の半ばに引越しをした新居にはリビングとテーブルがあるので、そんな環境の中で日常的に聴きたい曲を集めたいなと思って選曲してみました。以下トラックリスト。

1. Four / Lorraine Feather (Concord Jazz / US / 1979)
2. On Box Hill / Ben Watt (Cherry Red / UK / 1983)
3. Mad / Harpers Bizarre (Warner Bros. / US / 1968)
4. The Puzzle of Life / Papik (Irma La Douce ‎/ Italy / 2012)
5. Girl From Uganda / Les Baxter Orchestra And Chorus (GNP Crescendo / US / 1969)
6. Barefoot Mermaid / Yuzo Hayashi & Salon '68 (April / Japan / 2005)
7. Petite Fille Amour / Jacqueline Taïeb (Disques Adès / France / 1979)
8. Madalena / Sylvia Vrethammar (Sonet / Sweden / 1978)
9. Never Again / The Sullivans (Blue Water Music / UK / 1986)
10. I Can't Wait Until I See My Baby's Face / Dusty Springfield (Philips / UK / 1967)
11. What's Going On / The Louis Hayes Group (Gryphon Productions / US / 1979)
12. Under The Sea / Samuel E. Wright (Walt Disney / US / 1989)
13. Saillin' Into Walker's Cay / Taj Mahal (Warner Bros. / US / 1977)
14. It's A Beautiful Game / The Cavaliers (Él / UK / 1986)
15. Caminho Das Estrelas / Marcello (Pygmalion / France / 2003)
16. All I Need Is You / Ernestine Anderson (Concord Jazz / US / 1983)
17. When Will The Day Come / Rasa (Govinda / US / 1978)
18. Nucę, Gwiżdżę Sobie / Dorota Miśkiewicz (Sony BMG / Poland / 2008)
19. Part of Your World / Yasuharu Konishi (Walt Disney / Japan / 2003)
20. Amigo Estou Aqui (You've Got A Friend In Me) / Bena Lobo (Walt Disney / Japan / 2001)
21. Tomorrow Is Another Day / Shelby Flint (Disneyland / US / 1977)
22. Mornin' I'll Be Movin' On / Paul Williams (Reprise / US / 1970)
23. Let Your Light Shine On / Nicola Conte & Spiritual Galaxy (MPS / Germany /2018)

全体的に2000年前後の渋谷系音楽というか、カフェ・ミュージックの要素が強め。ネオアコ・ソフトロック・ブラジル音楽みたいな雰囲気ですね。ここ最近ディズニーの映画を色々と見ていたので、そんな要素もちらほらと顔を出していますが、ディズニー系楽曲については現在改めて選曲中なので、また出来たら紹介したいと思います。いずれにしろ休日のBGMには最適だと思うので、良かったら是非聴いてみてください。

Around the Tea Table
コメント

Welcome to the Perfect Day / Cymbals

2019-07-14 | Compilation
私事ではありますが、先月引越しをしました。前の家には8年くらい住んでいたので、新しい場所での生活にはまだ不慣れな部分もありますが、ボチボチやっていこうと思います。ブログに関してはまぁマイペースに。基本あまり更新はしないつもりですが、時々思い出したようにアップしていくかもしれませんので、気になる方はたまにはチェックしてみてください。さてさて、本日は引越し前から少しずつ作っていたシンバルズのマイベスト。一般的な知名度とはそれほどでもないですが、音楽好きの間では当時から人気のあるバンドですね。僕自身はラストシングルとなったLove Thingの頃に、クラブ経由でたどり着いたので、ぎりぎり解散前に彼らの音楽に出会っています。まずはいつもの通りトラックリスト。

1. Kids Are Alright (from the album "Respect!" / 2001)
2. Love You (from the album "requests!" / 2003)
3. River Deep, Mountain High (from the album "Mr.Noone Special" / 2000)
4. For Escapees ~逃亡者に告ぐ~ (from the compilation "rabid chords" / 1999)
5. This Year's Gear (from the single "Highway Star, Speed Star" / 2000)
6. Hey, Leader! (from the album "Mr.Noone Special" / 2000)
7. Higher than the Sun (from the single "Higher than the Sun e.p. / 2001)
8. Swing, Swing, Swing! (from the single "Higher than the Sun e.p. / 2001)
9. Wingspan (from the single "Wingspan" / 2002)
10. アメリカの女王 (from the album "Love You" / 2003)
11. Sailing Song (from the album "Love You" / 2003)
12. April Thief Man (from the album "Missile & Chocolate" / 1998)
12. Love Thing (from the single "Love Thing" / 2002)
13. December's Children (from the single "My Brave Face" / 1999)
14. Low Cost, Low Price & High Return (from the album "Mr.Noone Special" / 2000)
15. All You Need Is Word (from the album "Mr.Noone Special" / 2000)
16. Baumkuchen (from the album "Sine" / 2002)
17. Satellite Sings (from the album "Sine" / 2002)
18. Floatage (from the album "Sine" / 2002)
18. Keith & the Moon (from the single "Higher than the Sun e.p. / 2001)
19. Star Collector (from the album "Sine" / 2002)
20. Show Business (Cafe Spur Remix) (from the remix album "Well-done" / 2001)
21. Cucumber! (from the album "requests!" / 2003 )
22. Family Bond & One Dog (from the album "Love You" / 2003)
23. Out of Order (from the single "Do You Believe In Magic" / 2000)
24. Visualized! (from the VHS "visualized!" / 2000)

彼らの曲には日本語詞/全英語詞どちらもありますが、普段の通勤BGMにも使いたかったので今回は全英語詞の曲のみでセレクト。インディーズ時代から解散直前のライブ盤までバランスよく、リリース時期ごちゃ混ぜで選曲してみました。公式アンソロジーは、ほぼリリース時期順に並べられたシングル曲中心のチョイスだったので、それとはまた違う雰囲気で楽しめると思います。いつもの通り音源の方はMixcloudに挙げているので、良ければ是非。最近のシティポップ路線も悪くはないですが、個人的にはやはり土岐さんの歌はバンド時代の方が好きです。あまり意識していませんでしたが、今年で解散してから15年も経つんですね。。。年も取るわけです。。。
コメント

Rock' n' Roll Memory Lane starring Cools

2019-05-02 | Compilation
今回もまた自分の備忘のため趣味全開のコンピレーションを紹介。矢沢栄吉のキャロルと並ぶ、日本の不良ロックンロール・バンドCoolsのオールタイム・ベストを作ってみました。過去には山下達郎さんがプロデュースした作品があったり、現クレイジーケンバンドの横山剣さんが短期間在籍していたりと、意外と僕のような渋谷系~フリーソウル好きにとっても親和性が高い曲が多く残されているのですが、40年以上に渡る歴史の中でメンバーと所属レーベルが何度も変わっている(+しがらみもある)ため、オフィシャルではこうしたオールタイム・ベストを出すのは不可能かと思い、ちょっと選曲してみた感じです。以下トラックリスト。

1. 砂時計のように (Big Deal / 1980 / Polydor)
2. ワンダフルワールド (Oldies Special / 1982 / Polydor)
3. 恋のゴールデン・リング (The Cool / 1978 / Trio)
4. Climax (New York City N.Y. / 1979 / Trio)
5. Weekend Lovers (Original Cools '90 / 1990 / Moon)
6. Cinderella Liberty (Rock'n'Roll Bible / 1983 / Polydor)
7. 恋のHurry Up Train (Good Fellows / 1993 / Starland)
8. 君の窓辺に (Now, I Know I Need Your Love) (The Cool / 1978 / Trio)
9. 恋のテディボーイ (Rock'n'Roll Angels / 1976 / King)
10. Rock'n'Roll Memory (Changelings~Born Busters Again~ / 1981 / Polyster)
11. あの娘はステディガール (Rock'n'Roll Bible / 1983 / Polyster)
12. 涙のベイビーズ・コール (Oldies Special / 1982 / Polyster)
13. Good-By Angel (Original Cools '90 / 1990 / Moon)
14. You're My Sweater Girl (あの娘はセーター・ガール) (Big Deal / 1980 / Polydor)
15. Let's Go to the Charity (Be A Good Boy / 1977 / Polydor)
16. Dream Date (Changelings~Born Busters Again~ / 1981 / Polydor)
17. Love Chance (New York City N.Y. / 1979 / Trio)
18. センチメンタル・ニューヨーク (Single / 1978 / Trio)
19. サマー・レディ (Rock'n'Roll Angels / 1976 / King)
20. 愛しのCHA・CHA (Live) (Rock'n' Roll Explosion in HIBIYA / 1995 / Polydor)
21. Mr.ハーレー・ダビッドソン (Live) (Rock'n' Roll Explosion in HIBIYA / 1995 / Polydor)

舘ひろし在籍時のキング時代から95年の再結成ライブまで、新旧織り交ぜながらバランス良く選曲してます。編集作業をしている中で、昔の2chに「クールスでナイアガラっぽい曲を集めてみた」という趣旨の書き込みを見つけ、結構選んでいる曲が重なっていることにニヤリとしました。例のごとく直リンクはしませんが、mixcloudには挙げてあるので興味があれば是非。
コメント

Saudade de Tokyo / Various Artists

2019-04-17 | Compilation
ようやくと少しずつ春本番といった気候となってきた今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。僕はと言えばこの4月から若干仕事の内容も変わりつつ、まぁそれなりに元気に過ごしています。さてさて今日は久しぶりに作った季節モノの自作コンピを自分の備忘も兼ねアップ。実際に記事を読んで聴いて頂いている方がどれだけいるかは分かりませんが、こうしてトラックリストをブログに載せておくと、後から自分で調べるのに何かと便利なので、まぁ良しとします。

1. Peixerinho / Sambôa (LR / Belgium / 1980)
2. Don't Ask Me Why / Billy Joel (Columbia / US / 1980)
3. I Want To Talk About Myself / Proud Mary (Evasion Disques / Switzerland / 1972)
4. Rio De Janeiro / Rosalia de Souza (Schema / Italy / 2006)
5. Samba Bossa-Nova / Martine Sarri (P.A.S.A. / France / 1978)
6. Recordar é Viver ~ Gilda ~ Tome Continha de Você / Dóris Monteiro e Miltinho (Odeon / Brazil / 1971)
7. Diz Que Fui Por Ai / Nana Caymmi (Trova / Argentina / 1973)
8. Ge Dej Till Tåls / Agnetha Fältskog (Cupol / Sweden / 1969)
9. Like Someone In Love / Full Faith & Credit Big Band (Palo Alto / US / 1981)
10. Mãos Libertas / Leci Brandão (Polydor / Brazil / 1976)
11. Notre Samba / Guy Magenta (Barclay / France / 1963)
12. Rip Van Winkle / Ska Flames (Sun Shot / Japan / 1995)
13. Rhythm Island Breakdown / Wack Wack Rhythm Band (File / Japan / 2005)
14. How Beautiful You Are / Jimmy Castor (Smash / US / 1967)
15. Festa Para Um Rei Negro / Dila (CID / Brazil / 1970)
16. The Girl From Paramaribo / The Berry Lipman Orchestra & Singers (EMI Electola / Germany / 1979)
17. Coco-Loco Samba / The Gimmicks (Karussell / Sweden / 1970)
18. Quem Vem Lá / Edgar E Os Tais (RGE / Brazil / 1970)
19. I Love You / Terry Smith (Philips / UK / 1969)
20. What's Goin On / Penny Goodwin (Sidney / US / 1974)
21. Rocket Love / Svante Thuresson (WEA / Sweden / 1982)
22. Sunshine Express / Deborah Brown, Kwartet Zbigniewa Namysłowskiego (Poljazz / Poland / 1989)
23. Miss Universo / Tita (Barclay / France / 1968)
24. Vergiß Sie... / Knef (Decca / Germany / 1967)
25. Aquelas Coisas Todas / Catia (POSSION HeADS‎ / Japan / 2003)
26. Just for You and Me / Isabelle Antena (Gate / Japan /2006)

今回は春ということで、ブラジルやラテンの香りがする音楽を中心とした選曲になっています。選曲の原形自体は2年ほど前からあったのですが、途中で色々と紆余曲折があり、コンピの形にするまでに想像以上に時間がかかってしまいました。コンセプトは僕自身が大学生の頃よく聴いていた曲。オルガンバー・スイートの後期作品やrelaxに載っていた出張版のサバービア、それからクボタタケシさんのClassicsシリーズあたりの影響を思い切り受けた選曲にしています。この手の曲を聴くと、あのころ住んでた笹塚から渋谷まで毎日出かけていたのを思い出して少し感傷的な気分になりますね(笑)

いつものようにリンクを貼っておくので良かったら聴いてみてください。元々の音源に古いものが多いこともあり、実は何気にデジタル技術を駆使していたりと手間がかかっているのですが、聴く分にはそんなことは全く感じずに、さらっと聴けるはずです。

Saudade de Tokyo
コメント

Small Hours of the Night starring Roy Ayers

2019-03-13 | Compilation
先日までのクラブ系トラックメーカーの作品群とは異なり、なんとなく自分聴き用に作ってしまったシリーズ。1960年代から現在に至るまで精力的に活動を続けるヴィブラフォン奏者、ロイ・エアーズのマイベストです。ジャンル的にはジャズファンクになると思うのですが、このあたりの音楽にはそれほど明るくないので細かいことは割愛。70年代を中心に残したリーダー作品が30枚近くと非常に多作な人ですが、単純に好きな曲を集めてみました。トラックリストはこんな感じ。

1. Love Is Love / Roy Ayers presents Ubiquity (1978 / Elektra)
2. No Stranger To Love ~ Want You / Roy Ayers (1979 / Polydor)
3. I Wanna Touch You Baby / Roy Ayers (1978 / Polydor)
4. Intro ~ "Mo Nise Si E" ("I Love You") / Roy Ayers (1981/ Polydor)
5. Blue Summer / Roy Ayers (1987 / Columbia)
6. Let's Do It / Roy Ayers (1978 / Polydor)
7. Remember to Remember / Rick Holmes (1981 / Goldmink)
8. Vibrations / Roy Ayers Ubiquity (1976 / Polydror)
9. Will We Ever Pass This Way Again / Sylvia Strippin (1981 / Uno Melodic)
10. You Send Me / Roy Ayers (1978 / Polydor)
11. Ooh / Roy Ayers (1982 / Polydor)
12. Sing Me / 80's Ladies (1980 / Uno Melodic)
13. Third Time / Roy Ayers (2005 / Rapster Records)
14. Love Fantasy / Roy Ayers (1980 / Polydor)
15. There's A Master Plan / Roy Ayers (1981 / Polydor)

意識したわけではないのですが、70年代後半~80年代前半の曲が大半。自分としてはこの年代の質感が昔からグッと来るので、非常に自然な選曲でした。Everybody Loves the SunshineやSearching、Running Awayあたりのド定番曲を避けているのもいつも通り。 またリンクを貼っておくので良かったら聴いてみてください。

ちなみに某日本語ラップ・クラシックの元ネタとしても有名なVibrationsは、僕が初めて買ったブラックミュージックのレコード3枚のうちの1枚。そんなこともあり、実は何気に思い入れあったりします(笑)

Small Hours of the Night

コメント

The Intergalactic Ambassadors starring Ian O'brien

2019-03-05 | Compilation
前回、前々回に続きクラブ系トラックメーカーらのフックアップシリーズ第三弾。今回取り上げるのはイギリス出身にして親日家のテクノ~クロスオーバー系トラックメーカー、Ian O'brien(イアン・オブライアン)です。元々は自他ともに認めるURのマッド・マイクことMike Banks(マイク・バンクス)フォロワーとして90年代中盤に頭角を現してきた彼ですが、その後いわゆるニュー・ジャズ路線に転向。現在に至るまで合計4枚のオリジナルアルバムと2枚の編集盤を発表しながら、ゆるやかに活動を継続中となっています。とりあえず以下トラックリスト。

1. Mad Mike Disease
2. Monkey Jazz
3. Gigantic Days
4. Moonlight
5. A Midwestern Night's Dream
6. Tatoo Jazz
7. That Was Now
8. Love Beams
9. Midday Sunshine
10. It's An Everyday World
11. Charleroi DC (Ian O'brien Remix) / KiNK & Fabrice Lig
12. I Love You

この人の特徴を端的に表現するならば、ロマンチックでコズミック。URの~2~シリーズの影響がダイレクトに反映された初期のデトロイティッシュな楽曲群はもちろんですが、生音比重が高まった中期以降の作品でも非常にSF的な音作りとなっています。近年の作品ではデトロイティッシュ・サウンドに回帰しているものもあり、個人的にはそれもまた良い感じ。内容的には間違いないのに、思った以上に再生数が伸びず残念な思いをしているので、是非聴いてみてください。SF系のゲームのBGMは絶対影響受けてると思います(笑)

The Intergalactic Ambassadors
コメント

Softly, As In a Morning Sunrise starring Joaquin "Joe" Claussell

2019-02-27 | Compilation
昨日に続き、クラブ・ミュージック系DJ兼トラックメーカーをフックアップしたシリーズの第二弾。今回の主役はNYが誇るディープハウス界のレジェンド、Joaquin "Joe" Clausell(ヨアキン・ジョー・クラウゼル)です。90年代初頭から一部ではカルト的人気があった彼ですが、90年代後半にJerome Sydenham(ジェローム・シデナム)のIbadan RecordsからTen Cityのリミックス等をリリースしたことが転機となり、ハウス界隈のみならず耳の超えた音楽ファンから広く存在を知られることとなりました。以下トラックリスト。

1. Bridge To Thee / Joaquin "Joe" Claussell
2. Diamonds (It's Time To Let Our People Go) / Bayara Citizens
3. Central Reservation (Spiritual Life Ibadan Remix) / Beth Orton
4. Kiss (Joaquin "Joe" Claussell Remix Instrumental) / Calyn
5. Just Let Go / Mental Remedy
6. Sore (Joaquin's Sacred Rhythm Version) / Diogal
7. Come And Fly With Me (Joaquin's Improvisonal Remix Mix) / The Brooklyn Heat & Soul Band
8. Most Beautiful (Joaquin's Sacred Rhythm Version) / Elements Of Life feat. Anane And LIsa Fischer
9. A Dance To Gratitude / Mental Remedy
10. Emarofo Tech (Joaquin's Demo Sketch Mix) / Mampo
11. You Can't Just Smile This Way (Unofficial Edits & Overdubs) / Bill Withers
12. Mother Nature / Joaquin"Joe"Claussell
13. Salvadorian Funk / Joaquin"Joe"Claussell
14. Ogum Knows Better (Unofficial Edits & Overdubs) / Dori Caymmi
15. My Dear (The Letter) (Joe Claussell's Main Remix) / Womack & Womack

一聴して彼の作品だと分かる、そのトライバルでオーガニックでスピリチュアルなアレンジは唯一無二。2010年代以降は本来の活動と並行してUnofficial Edits & Overdubsと称した、有名無名問わず様々な楽曲を勝手にリエディット+オーヴァーダビングした楽曲群をプロモオンリーで少量販売していますが、これがまた見事に傑作揃いで目が離せません。今回の選曲も半分くらいは、そうしたアンオフィシャルなブートレグ作品群からのもの。まぁこうしたブートレグ音源の存在も、クラブ・ミュージックの一つの特徴だったりするので、目くじら立てることなく寛大な心で受け止めてあげてください。いつもの通りリンクを貼っておくので気になる人はチェックしてみてください。朝方に聴くと最高に気持ちいいです。

Softly, As In a Morning Sunrise
コメント

Deepest Shade of Black starring Moodymann

2019-02-26 | Compilation
しばらく更新をサボっていましたが、年末から最近にかけて幾つか音源をアップロードしているので、自分の備忘録も兼ねて宣伝をしておきます。近頃アップしているのは、一人のクラブ・ミュージック系のDJ兼トラックメーカーが作ったトラックに的を絞って選曲したベスト曲集。この手のDJ主導によるクラブ・ミュージックは、Mixcloudでの僕のフォロワーの方々(この言い方、なんか偉そうで苦手です)の趣味嗜好とはアンマッチらしく、再生数がいまいち伸び悩んでいるのですが、まぁその辺りには目を瞑る方向で趣味全開でレビューしていきたいと思います(笑)

さてさて、第一回目は昨年末にアップしたMoodymannことKenny Dixon Jr.の作品集。90年代中盤から現在まで通じ、独自解釈なディープ・ハウスを作り続けているデトロイトの奇人です。まずはいつものようにトラックリスト。

1. Misled
2. I Can't Kick This Feelin' When It Hits
3. Sunshine
4. In Loving Memory
5. Mahogany Brown
6. Joy pt. III
7. Never Quite The Same
8. Desire
9. Wednesday Night People
10. People
11. Don't You Wan't My Love
12. I'm The Baddest Bitch (Moody Man Mix) / Norma Jean Bell
13. The Thief That Stole My Sad Days
14. I'm Doing Fine
15. Pitch Black City Reunion
16. Emotional Content (TP's Emotionally Deep Remix) / Kenny Dixon Jr.


この人が作るトラックの最大の特徴は。異常なまでの生音感とブラックネスから漂うエロチシズム。サンプリング手法をベースに楽曲を制作しながらも、非常に有機的な雰囲気を醸すサウンドメイクは唯一無二です。活動の主戦場となるデトロイト・テクノ~ハウス界隈での人気は推して知るべしですが、全体的な音の質感からすると本来のフィールドとは異なるニューソウルやジャズファンク辺りのファンも耳を貸すべき。

いつものように音源はアップしておくので、気になる方は是非チェックしてみてください。

Deepest Shade of Black
コメント

A Day in The Life of a Gangsta / Various Artists

2018-12-23 | Compilation
続いてこちらは西海岸編。どういう風にしようか悩みましたが、今回は90年代の西海岸を象徴するレーベル、デスロウのベストという形式にしてみました。

1. Who Been There, Who Done That / J-Flex (1996)
2. Ain't No Fun (If The Homies Can't Have None) / Snoop Doggy Dogg feat. Warren G, Kurupt & Nate Dogg (1993)
3. Lil' Ghetto Boy / Dr.Dre feat. Snoop Doggy Dogg, Dat Nigga Daz & Nate Dogg (1992)
4. Big Pimpin' 2 / Tha Dogg Pound feat. Big Pimpin' Delemond (1995)
5. Doggy Dogg World / Snoop Doggy Dogg feat. Tha Dogg Pound & The Dramatics (1993)
6. Tha Shiznit / Snoop Doggy Dogg (1993)
7. Midnight Love / Snoop Doggy Dogg feat. Raphael Saadiq & Daz Dillinger (1997)
8. Baby Mama Drama / Daz Dillinger feat. Big C-Style, "Lil" C-Style (1998)
9. Only For U / Daz Dillinger feat. Lady "V" & Big Pimpin (1998)
10. Nuthin' But A "G" Thang / Dr. Dre feat. Snoop Doggy Dogg (1992)
11. I Get Around (Remix) / 2Pac feat. Digital Underground (1996)
12. Thug Nature / 2Pac (2000)
13. Regulate / Warren G feat. Nate Dogg (1994)
14. Hoochies Need Love Too / Paradise (1994)
15. I'm Still In Love With You / Al B. Sure! (1994)
16. 21 Jumpstreet / Snoop Doggy Dogg & Tray Deee (1994)
17. Free 'Em All / J-Flex feat. Tenkamenin (1997)
18. Califonia Love / 2Pac (1996)

あまりイメージないかもしれませんが、いわゆる西海岸風サウンド(G-Funkなんて言ったりしますね)も、このあたりのヒップホップ東西抗争期くらいまでは普通に好きです。時期的には先ほど紹介した東海岸モノと同じなので、聴き比べてみるのも面白いかも。個人的にUSヒップホップはこの時期までがストライクで、このあと出てくるサウス・サウンドやネプチューンズなんかはちょっと苦手。実は意外と同じような人いるのではないでしょうか。

A Day in The Life of A Gangsta
コメント

To Have and Have not / Various Artists

2018-12-23 | Compilation
少し前に作った90年代USヒップホップのコンピを立て続けに2つ紹介。あまり興味のない人もいるかと思いますが、ここにトラックリストを挙げておかないと自分の中で後々整理に困るのでご容赦ください。こちらは東海岸編。とりあえず収録曲は以下の通り。

1. Intro
2. Full Clip / Gangstarr (Virgin / 1999)
3. Jussumen (Remix) / Das EFX (Eastwest / 1992)
4. They Reminisce Over You (T.R.O.Y.) / Pete Rock & C.L.Smooth (Elektra / 1992)
5. I Juswannachill / Large Professor (Geffen / 1996)
6. 22 Years / Ill Biskits (Khari Entertainment / 1994)
7. Thisisme / Common Sense (Relativity / 1994)
8. Player / Kaotic Style (Next Level / 1996)
9. Mix Master USA / Brainsick Enterprize (United Recordings / 1996)
10. We Can Get Down / A Tribe Called Quest (Jive / 1993)
11. Be A Father To Your Child / Ed O.G & Da Bulldogs (PWL America / 1991)
12. Return Of The Crooklyn / Crooklyn Dodgers '95 (MCA / 1995)
13. Scandalous / Tefelar Cordell (Such A Sound Recordings / 1998)
14. Hot / Artifacts (White / 1999)
15. Resurrection '03 / Common Sense (White / 2003)*
16. Rhyme Trainin'/ Down Ta Erf (BeatFactory Music Inc. / 1998)
17. Too Complex / L. The Head Toucha (Direct / 1997)
18. Remember We (Salaam Remi Version) / Da Bush Babees (Reprise / 1995)
19. Boom / Royce Da 5'9" (Game Recordings / 1999)

これまでも幾つかヒップホップ系のコンピは作ってきましたが、おそらくそれらの中でも最も王道。今回はヒップホップ黄金世代のベストということで、今まで収録を躊躇っていたようなド定番曲も普通に収録しています。プリモやピートロックなどなど95~96年頃のヒップホップ黄金期の雰囲気を再現しつつ、最後は当時まだ新人だったロイスで締めて次の世代へバトンタッチするイメージ。さんぴんキャンプくらいの雰囲気が好きな人にはどんぴしゃでしょう。リンク貼っておきますので気になる方は聴いてみてください。

To Have and Have Not
コメント

We Shall See Him As He Is / The Family Tree

2018-12-21 | CCM
少し前にかった中古レコード。このところめっきり中古盤を買うことが少なくなり、何だか寂しさを感じたりもしますが、まぁたまにはいいかなということで久しぶりに手を出してみました。The Family Treeなるグループによる一枚で、ジャンルとしてはモダン・ゴスペルになるのでしょうか。フェンダー・ピアノのJulius Brockington(ジュリアス・ブロッキントン)を中心とした大編成ユニットによる作品で、おそらく70年代後半に制作された一枚かと思われます。リリース元はCheri Recordsというゴスペル系のマイナー・レーベルですが、Alaというレーベルからもジャケ&タイトル違い(God Is Big Enoughという作品になっています)でリリースされており、どちらが先かは不明。ボーカリストが14名もクレジットされていますが、この手のゴスペルものにありがちな合唱モノではなく、曲ごとにしっかりとリード・ヴォーカルが配置されており、やたらとジーザスが連呼されていることを除けば、かなり真っ当なモダン~クロスオーバー・ソウル作品と言えましょう。全体的な質感としては、コーティアルとエロール・ノウレズの人気盤「Don't You Think It's Time」あたりに近いかなという印象。冒頭からミディアム・ソウルで聴かせるA-1のタイトル曲や、グルーヴィーなベースラインにフルートやエレピなどの優しい上モノとジェントルな歌声が乗るB-1のJesus、イントロがミニー・リパートンのLovin' Youに少し似ているB-2のNever Be The Sameあたり、この手の音が好きな人はハマると思います。特に初期のフリーソウル編集盤が好きな人には、かなりおすすめ。そして何といっても本作最大の注目は、A-4に収録されたスティービー・ワンダー"As"の高速カバー。原曲とは全く異なる、パーカッションを効かせたラテン・ソウル風アレンジとなっており、同じくスティービーのカバーで有名なSolのBird Of Beautyに近い雰囲気になっています。Muroさんのスティービー・ワンダー・トリビュートミックスや、川辺ヒロシさんのRise-1で効果的に収録されているのがコレですね。あいにくCD化はされておらず、ゴスペルという性質上これからもCD化されることは難しいと思いますが、中古市場にはときどき流れている感じなので、気になる人はチェックしてみてください。
コメント

La Schiava Io Ce L'Ho e Tu No / Piero Umiliani

2018-12-05 | OST / Library
巷ではあまり話題にならないまま、本国イタリアのレーベルからLPのみで再発された一枚。ピエロ・ウミリアーニが1973年に手掛けた同名映画のサントラです。正直この辺りのサントラ盤の再発LPなんて買うのは、パオロ・スコッティのDeja Vuレーベルがブームとなっていた2004年頃以来なので、かれこれ15年ぶり。この辺りのイタリアン・サントラは古くから国内/輸入盤問わずコンピも数多くリリースされており、有名どころの曲は各種コンピを5~6枚抑えておけば概ね網羅できるため、これまでほぼコンピで済ませてきていたのですが、本作収録曲に関しては権利関係からかほとんどコンピに収録されることがなく、再発自体も一度もなかったので実は前々から密かに再発を期待していました。内容的には、ウミリアーニが手掛けたボッサ~サンバ系サントラとしてはおそらくベスト。この手のサントラでよくあるように、収録曲はメインテーマのアレンジ違いがほとんどながら、どのアレンジも異様にクォリティが高く、アルバムのどこに針を落としても即座に幸せな気持ちになれる至福の一枚になっています。中でも映画全体のタイトル曲と思われる冒頭A-1のLa Schiavaは、軽快なサンバのビートに、I Cantori Moderni(イ・カントーリ・モデルニ)のコーラスと管弦のオーケストレーションが乗る屈指の名演。モリコーネのBelinda May、トロバヨーリのジェラシーことSei Mesi di Felicita、ピッチオーニのIn viaggio attraverso l’Australiaあたりと肩を並べることが可能なチネボッサ~サンバの大傑作です。正直イタリアン・サントラ好きならこの一曲のためだけにLPを買ってもいいくらいだと思います。続くA-2のSambandoはマリンバをフィーチャーした、軽快ながら異国情緒漂う哀愁の一曲。中盤以降加わるコーラス含め、日本人の琴線に触れる展開と言えるかと。またA-6のCoppietta Di Rioはフルートがリードする軽快なチネボッサ。2000年頃に流行ったライブラリー音源の雰囲気によく似た雰囲気なので、そうした楽曲が好みの方はツボだと思います。あいにくCDやデジタルでのリリースがないため、今のところLPを購入するしかありませんが、LPを聴ける環境にある方ならチェックしてみてもいいかもしれません。イタリアン・チネ・ボッサ好きは必聴です。
コメント

Three Pillars of Stability / Hi-Standard

2018-11-26 | Compilation
今夜は最近作った自作ンピレーションから、こんなものを紹介。ある一定年齢層の音楽好きにとって圧倒的なカリスマ性を誇るメロコア・バンド、ハイスタことHi-Standardが残した曲の中から自分好みの曲を集めたベスト選曲集です。前にもDear Breezeシリーズの中で彼らの曲を一つ選曲したことがありますが、実は僕も「ある一定年齢層の音楽好き」のうちの一人だったりするので、実は意外と昔から好きだったりします。一応Making The RoadとLove Is A Batterfieldは高校生の頃に発売日付近で買っているから、ぎりぎりリアルタイム世代といっていいかもしれませんね。とりあえず以下いつものようにトラックリスト。

1. Nothing (from the album "Making the Road" / 1999 )
2. You Can't Hurry Love (from the single "Vintage And New, Gift Shits" / 2016)
3. Making the Road Blues (from the album "Making the Road" / 1999)
4. Lonley (from the album "Growing Up" / 1995)
5. The Sound Of Secret Minds (from the album "The Angry Fist" / 1997)
6. Can I Be Kind To You (from the album "The Gift" / 2017)
7. Who'll Be Next (from the album "Growing Up" US Edition / 1996)
8. Free (from the album "The Gift" / 2017)
9. New Life (from the album "Growing Up" / 1995)
10. Hello My Junior (from the album "The Gift" / 2017)
11. The Gift (from the album "The Gift" / 2017)
12. Kiss Me Again (from the album "Growing Up" / 1995)
13. This Is Love (from the single "Love Is a Battlefield" / 2000)
14. Endless Trip (from the album "The Angry Fist" / 1997)
15. Another Starting Line (from the single "Another Starting Line" / 2016)
16. Gotta Pull Myself Together (from the album "The Angry Fist" / 1997)
17. My Heart Feels So Free (from the single "The Kids Are Alright" / 1996)
18. Rain Forever (from the single "Another Starting Line" / 2016)
19. In the Brightly Moonlight (from the album "Growing Up" / 1995)
20. Mosh Under The Rainbow (from the album "Making the Road" / 1999)
21. Can't Help Falling In Love (from the single "Love Is a Battlefield" / 2000)
22. We're All Grown Up (from the album "The Gift" / 2017)
23. Stay Gold (from the album "Making the Road" / 1999)
24. Glory (from the album "Making the Road" / 1999)
25. Pathetic Man's Song (from the album "The Angry Fist" / 1997)
26. All Generations (from the album "The Gift" / 2017)
27. Standing Still (from the album "Making the Road" / 1999)
28. Starry Night (from the album "Making the Road" / 1999)
29. The Kids Are Alright (from the single "The Kids Are Alright" / 1996)
30. Changes (from the album "Making the Road" / 1999)
31. Dear My Friends (from the album "Making the Road" / 1999)
32. Brand New Sunset (from the album "Making the Road" / 1999)
33. Close To Me (from the single "The Kids Are Alright" / 1996)

僕の作るコンピは基本的に全て、CDの最大録音容量かつ、普通の人が集中して聴き続けられる限界時間と思われる80分をターゲットに作っているのですが、彼らの場合一つ一つの曲が短いため、合計曲数が通常の倍くらいになってしまいました(笑) 選曲についての是非は人によってあるのでしょうが、全体的にこのあたりの音楽に馴染みのない方でも、比較的とっつきやすい仕上がりになっているはず。個人的にはプレスリーのカバーから始まる後半のライン、特にWe're All Grown Up~Stay Gold~Glory~Pathetic Man's Song~All Generationsあたりが最高にお気に入り。オリジナルアルバムの曲順も決して悪くはないと思いますが、個人的にはこういう流れの方が好きなので曲順とセレクトを少しシャッフルしてみました。日本人アーティストの選曲集をしたときの恒例でブログからの直リンクは避けますが、mixcloudにはいつも通りアップしているので良かったら聞いてみてください。
コメント

西原商会EP / Various Artists

2018-11-20 | Japanese AOR
またまた更新が滞ってしまった結果、お久しぶりとなってしまいすいません。本日紹介するのは鹿児島に本社を置く業務用食品卸会社「西原商会」の製作による、自社の社歌「世界、西原商会の世界!」を収めた昨年リリースのシングル盤。一般流通がないノベルティ作品のため、普通の人が作品を手に入れようとすると時折オークションや中古市場に流れてくるものを気長に待つしかないわけですが、これが単なるノベルティの枠を超えた、非常にクォリティ高い一枚になっているので困りものです。知っている人は知っていると思いますが、この社歌を手掛けているのはクレイジーケンバンドの面々。元々は2014年発売のSpark Plugというアルバム中の一曲という形でリリースされており、高速の8ビートに爽快なホーンとメロウな歌が乗る好ナンバー。ピチカートファイブの「夜をぶっとばせ」あたりをルーツとする、CKBお得意のパターンの一つです。本作はそんなオリジナルから雰囲気がガラっと変わり、歌い手・アレンジともに異なる3バージョンが収録された一枚。このうち野宮真貴さんが歌うM-2は、自身の「野宮真貴、ヴァカンス渋谷系を歌う。 」収録でオフィシャル・リリースもされたエレガントなボサ風ポップス。太宰百合さんの優しいピアノと野宮さんのキュートな声がマッチした佳曲です。また日系ブラジル人3世の女性歌手Keissy Costaが歌うM-3は、もう少しストレートにボサノバ。ポルトガル語(?)で書き直された歌詞の雰囲気とも相まって、なんだかとてもカフェっぽいアレンジとなっており、こちらは実際のCMにも使用されているようです。そして本作最大の注目は、なんと言っても須永辰緒さんがCKBバージョンのリミックスを手掛けたM-1。オリジナルの持つ雰囲気とスピード感はそのままに、2管のクインテットによる生演奏でオケをそっくり録り直すという、得意の手法によるリミックスですが、これがいつも以上に大ハマリ。以前手がけた「あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。」と並び、知らない人が聴いたらこっちがオリジナルと言われても全く違和感ない、会心の仕上がりとなっています。こんなのノベルティ・オンリーで出したらダメでしょう(笑)この一曲だけのためにでも買う価値ありだと思うので、気になる人は是非市場でまったく見かけなくなる前に、探してみてください。ちなみにCDと一緒に少数ながら7インチも作ったみたいです。ノベルティなのに本気出しすぎ。。。
コメント

街はパレード / あっぷるぱい

2018-09-26 | Japanese AOR
なんとなくネットを見ていて発売を知ったシングル盤。2012年に「謎の大学生バンド」という触れ込みでリリースされたCDが一部で話題を呼んだ、流線形のクニモンド瀧口氏プロデュースによる匿名バンド"あっぷるぱい"がこの8月に7インチ・ヴァイナル・オンリーでリリースした一枚です。彼らは2012年のCDアルバムを発売した後は、翌年末に配信のみで"ココナツ・ホリデイ"というしただけで、それ以外に新作の発表はしていなかったので、今回の作品は約5年ぶりの作品ということになります。6年前のアルバムに収録された曲は、思い切りシュガーベイブによるシティポップ黎明期の音作りを意識というかトレースしたものでしたが、今回の新曲はそこから少し時代が下って1980年前後の生音シティポップ最盛期サウンドを真似たもの、要は流線形の1stと同様の質感になっており、個人的には非常に好み。00年代以降のシティポップ再評価におけるエポック・メイキングとなった"3号線"や"東京コースター"の流れを組む、軽やかかつノスタルジックな王道メロウ生音シティポップに仕上がっています。洋楽に明るい方には、セルメンあたりのA&M〜CTI系サウンドというと分かりやすいかも。この手の音楽を好む方なら、おそらく雰囲気が好きな人は多いのではないでしょうか。流線形の1stが2003年なので、個人的には、待ち侘びたサウンドメイクが15年越しでようやく戻ってきたという思い。最初の出会いがあまりに衝撃的だったので、それ以降もクニモンド瀧口さん関連の曲はだいたいチェックしていますが、個人的にはどれもイマイチのれなかったため、久しぶりのヒットです。7インチの新譜というフォーマットはあまり好きではなく、実は気に入らない部分もあるのですが、今のところCDのリリースはないようなので買ってしまいました。なお、本作のリリース背景などを色々と調べていたら、11月にサノトモミさんによるこちらも6年ぶりの新譜が出ることも発覚。そちらも併せて楽しみにしておこうと思います。さて、今回のあっぷるぱい。プロデューサーである瀧口氏が立ち上げたレーベルの第一弾作品という位置づけでしたが、果たして次回作はあるのでしょうか。シュガーベイブの雰囲気に寄せていた前作はともかく、ここまで自身の趣味丸出しの音作りをするならば、何も匿名バンド名義にしなくても良いような気がしますが・・・。
コメント