Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

グッドナイト&グッドラック

2011年04月28日 23時28分58秒 | 映画(か行)
“放送の良心”としてアメリカ国民に愛された、エド・マローの生き様を描いた本格社会派ドラマ。監督&出演はジョージ・クルーニー、主演のエド・マロー役にはデヴィッド・ストラザーン、その他キャストはロバート・ダウニー・Jr、パトリシア・クラークソン他。

<あらすじ>
1953年のアメリカは、共産党主義者を弾圧する“赤狩り”の嵐が吹き荒れていた。大手TV局に勤めるエド・マロー(デヴィッド・ストラザーン)や同僚たちにも疑いの目は向けられ、自由な報道すらままならない状況下に置かれていたが、ジャーナリストとしてあるべき姿を追い求めるマローらは、真実を報道することを決意する。(シネマトゥデイ)


自由の国アメリカにも、こんな風に自由を弾圧するようなことがあったんですね。初めて知って、なかなか興味深く見ることができました。
当時のテレビの撮影風景なんかも垣間見れて、ハイテクになった今でも大変な作業を、当時は一つずつ手作業で地道に行っていたんだなということがわかり、昔の人の偉大さを感じましたね。

ストーリー的には、娯楽という部分は全然ないので、そういうものを求めている時に見たらがっくりくるかもしれません。
この映画で扱っている事件も、あくまでもメディアの中での戦いなので、緊迫感はあっても、あくまでも精神的な意味での緊張感です。派手なアクションは皆無ですし、内容が分かり辛いのもあって、ちょっと眠くなるかも・・・。

それでも、エド・マロー達の権力に屈しない生き方を見るにつけ、ちょっと勇気をもらえたかなという気がします。
また、実在の人物を扱っているということと、全編モノクロで仕上げていることで、より当時のイメージを再現できていて、重みのある映画になっていたと思います。

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 天使と悪魔  | トップ | 逃走迷路 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(か行)」カテゴリの最新記事

トラックバック

映画「グッドナイト&グッドラック」 (<花>の本と映画の感想)
グッドナイト&グッドラック 監督 ジョージ・クルーニー 出演 ジョージ・クルーニー, デヴィッド・ストラザーン, ロバート・ダウニー・Jr., パトリシア・クラークソン 2005年 グッドナイト&グッドラック 通常版 [DVD]/ジョージ・...