木漏れ日

日差しがキラキラと躍ってる…

世界遺産「興福寺」「平城京跡」巡りと「なんばグランド花月」お笑い観賞の旅

2018年11月13日 | おでかけ
Kちゃんに誘われ
「年金友の会 ゆうゆうくらぶ」一泊二日の旅に参加してきました

8日朝7時半 浜松駅近く百貨店南側乗り場集合
 
天気予報は10月上旬の陽気とか…

バスは 新東名高速道を西に向けて出発
 途中「刈谷オアシス」で休憩 2号車と合流

伊勢湾岸 東名阪 新名神 京滋バイパス 第二京阪 京奈道 とバスは進み

奈良ロイヤルホテルで昼食



蓮根饅頭 ヤマトポークの角煮 舌平目赤貝ホタテ貝フィルム包み 茶碗蒸し
 などなど 和洋折衷のお膳

お出汁が効いたうすあじ と~っても美味しく(^^♪ 大満足

お腹を満たしたところで 興福寺へ


    中金堂

興福寺は和銅3年(710年)平城京遷都と共に藤原不比等によって創建されました

興福寺の伽藍の中心の中金堂は
 焼失と再建を繰り返し 1717年の焼失後は財政事情から仮堂が置かれていて
創建1300年に当たる2010年から中金堂の再建工事が開始されました
 
幅約37メートル 奥行き約23メートル 高さ約21メートル
 天平時代の創建当初の姿が再現され 今年10月7日落慶法要が営まれました

300年ぶりの復興だそうです


    東金堂 五重塔

時計を見つつ国宝館へ



平日とはいえ 秋の観光シーズン
 大勢の人が列をなして… なかなか前に進めません

国宝館は寺宝の保存・管理
 興福寺の歴史 文化財への理解を深める目的として
昭和34年に食堂(僧侶が食事をした堂宇)跡に開館し
 興福寺を物語る多くの寺宝が展示されています

なかでも 教科書などでよく目にする阿修羅像
 三面の顔と六本の手、三面六臂(さんめんろっぴ)と呼ばれる姿

凛としたお姿 気 美しさと神秘性に魅せられました

見学の予定時間はアッという間に過ぎ 次の目的地平城宮跡歴史公園





平城京は、今から1300年ほど前に、現在の奈良市につくられた都です

朱雀門に立つと ずっと向こうに 第一太極殿院が復元工事中
 その向こう側には第一太極殿が復元されているのがチラッと見えます

そこまで行ってくるだけで往復40分ほど掛かるそう(@_@)
 それではと みはらし館にて往時の様子をVRシアターにて観賞
 
その中で ふと 北京故宮(紫禁城)に似ている と… 
 そのはず 平城京は唐の長安城をモデルに作られたそうです

この日のお泊りは THE KASHIHARA(ザ・橿原)
 夕食時には 抽選会など催しで楽しく和気藹々と過ごし
私は“お菓子詰め合わせ” Kちゃんは“奈良町ふきん”を頂きました(*^^)v


翌日はこの旅行一番のお楽しみ(^^♪ 大阪 お笑いの殿堂「なんばグランド花月」







COWCOW Wヤング ザ・ぼんち 西川のりお・上方よしおなどなど
 途中に「坂田利夫の新人デカ」をはさみ 

まあ これが面白い!
 アホの坂田って TVで見るより飄々としていて ずっと面白い

一部のトリは 桂文枝さんの落語で閉め
 
ゲラゲラ笑い 頭を後部座席にゴツン(^-^;
 
二部は 吉本新喜劇 

お腹の底から笑い なんだかスッキリ!
 身体が軽くなったような

美味しいもの頂いて
 歴史のロマンに触れ 大笑いで身体も軽く 良い旅ができました
コメント

tuちゃんの七五三参り

2018年11月07日 | 日々つれづれ
11月4日 孫のtuちゃんの七五三のお祝いをしました

10月末頃 娘から電話
 「七五三の日 私の着物 着付けしてくれる?」

「え~ッ!」(@_@)

浴衣なら良いけれど 訪問着の着つけはもう何年もしたことが無く
 それも自己流でちゃんと教わったこともないし…(^-^;

二重太鼓ってどうやって結ぶんだったっけ?

慌ててパソコンで「二重太鼓の結び方」で検索
 …こういう時 文明の利器 パソコンの情報には助けられます

動画もいくつかアップされていて(^^♪

いくつか参考に おさらい…
 
何とかなる かも…
 ま 主役じゃないから 良いよね

で 当日

tuちゃんが美容院に行っている間に 
 「honちゃん ここ持ってて」 「お父さんここ抑えて」とか

皆の手を借りて なんとか無事 着付けが完了 ふ~っ

tuちゃんの着付けも済ませ

さあ 皆で揃って神社へ



ご祈祷をしていただき
 千歳飴…細く長く生きてほしいとの願いが込められた…を頂き tuちゃんはごきげん

婿さんの実家では 
 お母さん 伯母さん お祖母ちゃん 皆の心づくしのお料理がテーブルにい~っぱい

伯父さん いとこ達も揃って祝って頂き 幸せなことです

この前 誕生したばかりと思えますが もう三歳
 
「健やかに育て」の思いを新たにした日となりました






コメント (2)

試写会「ボヘミアン・ラプソディ」

2018年11月02日 | 映画
「チケットを貰ったから行かない?」とNちゃんから誘われ

「ボヘミアン・ラプソディ」試写会に行ってきました



「伝説のチャンピオン」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった数々の名曲で知られるロックバンドクイーン
 そのボーカル フレディ・マーキュリーの伝記ドラマです
 
1973年デビューっていうことは 
 私は 子育て真っ最中だったのね

クイーンの存在や ヒット曲は耳にしたことがありますが
 ヒット曲を耳にすれば ああ これは「クイーン」の曲ネ 

その程度の知識しかありませんでした(^-^;


Nちゃんとは 映画館のロビーで待ち合わせ

座席は前から5番目 
  ちょっと前気味ネ

近日公開の映画の紹介から始まり
 「こんな前で目が回らない?」「音はやかましくない?」…


映画は ボーカルが脱退したというブライアン・メイ(グウィリム・リー)とロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)のバンドに
 フレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)が自分を売り込むあたりから始まります

半信半疑だった メイとテイラーだったが
 フレディ・マーキュリーの類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え
さらにジョン・ディーコン(ジョセフ・マッゼロ)も加わってクイーンとして活動することになり…

ヒットに恵まれスターダムに上った

フレディーマーキュリーは
 スキャンダル報道や メンバーとの衝突 孤独に苦しみ… 


全編にクイーンの曲が流れ

特にラストシーンは
 座席が前方だったこともあり コンサートをかぶりつきで観た感 いっぱい!


興奮冷めやらぬ状態で帰路につきました



帰宅後 図書館のホームページで貸出CD検索し
 
在った~

QUEEN JEWELS
「ヴェリー・ベスト・オブ・クイーン」

早速貸し出し予約して お借りしてきました

遅ればせながらのクィーンファン(^^♪
 CDを聴いて 映画の興奮ふたたび となっています

公開されたら また観に行こうかな?






コメント