木漏れ日

日差しがキラキラと躍ってる…

第43回スノードロップ勉強会

2019年07月27日 | 患者会
24日 水曜日 スノードロップ勉強会が開かれ参加してきました

今回は
「胸を張って行こう」治療と社会生活をつなぐアピアランスケアのお話
  と題して がん化学療法看護認定看護師さんのお話でした

アピアランス(APPEARANCE)容姿 外見という意味

アピアランスケアとは

抗癌剤をはじめとする薬物療法の副作用による外見の変化…脱毛、爪、皮膚の変化など
 外科治療による創(きず)の変化などがもたらす患者さんのストレスなど

がん治療に伴う 外見変化にともなうケアで 患者さんのQOLを向上させる取り組み

治療に伴う芸県の変化に対し 単純に美しくすることではなく
 その人らしくいられるようにサポートすること

ここ数年 とても注目されているサポートです


病気になって諦めたことはありますか?
 がん患者の悩みや負担

がん治療における治療と主な外見症状

手 術    身体の一部の損失 瘢痕 浮腫

放射線治療  放射線皮膚炎 脱毛 色素異常 血管拡張 瘢痕 皮膚萎縮

薬物療法   多種多様な症状
      
      毛髪の変化 脱毛→頭髪 眉毛 まつ毛 体毛軟毛 縮毛
      皮膚の変化 色素沈着 白斑 ざ瘡様皮疹 乾燥
      爪の変化  変形 変色 剥離
      その他   浮腫

何故 外見に関心があつまるのか?

・制吐剤の開発などで治療の際の身体的な負担が軽減されてきた事により
  外見などの心理社会的な要因に気が向けられるようになった
・入院期間短縮や通院治療環境整備が進むにつれて
  社会生活を送りながら治療を継続する人が増えた
・「外見が重視される時代」となり 外見の変化をより意識させられることとなった

そうですよね
 会社を辞めずに通いで化学療法を受けることができるから それに伴い悩みも多様になって

私は勤めてはいなかったけれど
 できるだけ普通の人に見られたい いかにも病人 やつれた感じは出したくないって思っていたもの… 

就労時 人との関わりなどの問題
 名刺交換 レジでお金を渡すとき…爪の変化 皮膚の変化
 接客など人と対面するとき


医学的 整容的 心理社会的支援を用いて
 外見の変化を補完し 外見の変化に起因するがん患者の苦痛を軽減する

外見の変化を補完するとは?

元に自分でなくても 苦痛が軽減され
 日常生活が支障なく送れればよい

目的
 BEAUTY ではなく SURVIVE
  きれいに元気ではなく 
その人がその人らしく生きる 社会とつながること


抗がん剤治療によって眉が薄くなる まつげが少なくなる
 それによって “顔がぼんやり薄い印象”

それがもとで うつむき加減 人と目を合わせたくない 猫背になる

普段の自分を見失い自信がなく

男性でもそれは同じ

ある男性患者さんからの言葉

「この前 写真を家族で撮ったんだけれど 見た目が変だと気が付いた
  髪は切った方が良いかな? どう思う?」

「帽子で保護するのことも必要ですね 他にも…手鏡を渡して…」

患者さん 手鏡の中の自分を見て
「確かに…」少し考えて 「あっ 睫毛 眉毛もない!」

で 眉毛の書き方を指導 患者さんが自分で描き始め

家族と写真を撮っても変じゃない自分が自分で作れた → 自信につながった


この日は
 池山メディカルジャパンさんが参加

池山メディカルジャパンさんは
 1985年から人工ボディの政策に携わっている会社
2003年から人工乳房事業に取り組むことになったそうです

きっかけは妹さんが1995年に乳がんになり左乳房を全摘したこと

いろいろな人工乳房を見たり調べたりしたけれど満足できるものが無く

「温泉に行く勇気が出ない」と術後5年ほど経って聞かされ
 何とかしてあげたいと思い 人工乳房を製作することを決意

妹さんからは以下の3つの希望条件が提案され

1 洋服の上から自然に見え触っても違和感がないこと
2 普通のブラジャーが使えて ブラジャーを外した時自然に見えること
3 そのままお風呂に入ってシャワーを浴びられること

満足できるものを作り上げるに3年の月日がかかったそうです

オーダーメイドの人工乳房 人口乳首 乳房パッド
 エピテーゼ(人工ボディパーツ…顔面 耳 鼻 指 他)
などを見せていただきました

人工乳房は 見た目 触感 血管も透けて見えるほどリアル

この人工乳房は
 全摘後の胸に医療用粘着剤 皮膚保護剤にて装着 温泉に装着したまま入浴できるそうです


「胸を張って行こう」

アピアランスケア
 爪の保護 付け爪 ウィッグ などなど
以前より工夫されたものも出ているようです 

なりたい自分に近づけるために 武器を見つけて
 自信をもって外とつながれますように

がんを忘れてしまうくらい
 生きることに夢中になれますように



 
コメント

映画「アラジン」&シネマ歌舞伎「鷺娘/日高川入相花王」

2019年07月23日 | 映画
昨晩7時過ぎからピカピカ ゴロゴロ
 11時過ぎても続く雨や雷 何度となく鳴る緊急速報にハラハラ ドキドキ

それでも日が変わる頃には雨も雷も静かになり 休む事ができました

これでジメジメ長く続いた梅雨も ようやっと明けるのかな?…


ディズニーのアニメーション映画「アラジン」の実写化作品が公開
 
日中の字幕版の上映 まだ在る?
 ふと気になって 調べてみたら 12時台の上映はこの日で終了 翌日からは夕方からしか無く…

急ぎ支度して観に行ってきました



観たい!と興味惹かれたのは ランプの精霊“ジーニー”役にウィル・スミス?(@_@)
 
これは字幕版で観るしかないでしょ

ジャスミン役のナオミ・スコット アラジン役のメナ・マスード
 ともに はまっていてステキ!(^^♪

ウィル・スミスのジーニーは
 愛嬌があり ダンスも歌も 素晴らしく 拍手喝采
  
レ・ミゼラブルのラッセル・クロウに驚かされましたが
 ウイル・スミスのジーニー役 幅広い才能ぶりに 驚きと感動でした

 

映像 音楽ともに魅了され
 観賞後も音楽が頭や身体の中を駆け巡っていました


そして映画ついでに 今月初めころ観賞した
 シネマ歌舞伎「鷺娘/日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら)」

6月中旬 美容院で目にした本の中に見つけた

ニューヨーク・ロンドン・ベルリン・ウィーン等 世界中で大喝采!!
 磨き上げられた珠玉の舞 坂東玉三郎「鷺娘」

2週間期間限定で全国で上映
 “シネマ歌舞伎「鷺娘/日高川入相花王」”の記事

帰宅してこの辺でも上映あるかな? と検索
 在りました
 
さっそくいつものお仲間にメール

予定が合う最終日に観に行ってきました

 

今回の作品はどちらも舞踊で短い時間の上映なので料金は¥1,100
 なんか得した気分(^^♪

はじめに「日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら)」

人形浄瑠璃を歌舞伎舞踊化した「道成寺物」の作品を人形振りでみせる趣向 

恋する安珍を追って日高川の渡し場にたどり着く清姫
 船頭は川を渡してくれません
安珍への嫉妬と恨みの激情を燃やす清姫はついに…

清姫坂東玉三郎さん 人形遣いを尾上菊之助さん 船頭を市川九團次さんが勤めています

「鷺娘」  

しんしんと雪が降る水辺の柳の下に
 蛇の目傘を差した白無垢姿の娘がひとり佇み

娘は道ならぬ恋に悩む白鷺の精 

白鷺の姿に戻った娘は遂げられぬ恋に苦しみもがき 
 降りしきる雪の中 息絶えるのでした

儚くも美しく 時に静かに 時に華やかに舞う玉三郎さん
  
ほ~っ 
 あまりの素晴らしさに しばし放心状態 

息つくのも忘れるほど のめり込んで魅入ってしまいました


映画終了後は
 久しぶりのランチ

雨が降っても心配のない ホテルの中国料理のお店に向かい
 


飲茶ランチをいただき しばしおしゃべりの花が咲き(^^♪
 
その後はホテルのショップで アレが良いね これはどう?
 

楽しい時間は夕方まで続いたのでした(^^♪





コメント

第50回あじさいパーティー

2019年06月28日 | おでかけ
23日 所属しているスクエアダンスクラブ主催
「第50回 あじさいパーティー」が開かれ 参加してきました

会場の「アミューズ豊田」8時半集合
 受付 会場 駐車場 スナック それぞれの係にて準備

今年は会場係 椅子やテーブルを並べ
 更衣室などの案内やプログラムを貼り…

クラブ員のFさんが 50回を迎えたお祝いに 
 あじさい ガーベラ カーネーションなどを使いこんな素敵なオブジェを作ってくれました




準備が整ったところでコスチュームに着替え ダンスに参加


今年のゲストコーラーさんは
 市原ファミリースクェアーズの森口久江さん


   
低音が美しく 前日の夜にコールして頂いた「Tea for Two」の歌声が印象的



懐かしい方との再会も嬉しく
 ダンスを通じておはなしも弾み 

昼食後のアドバンスタイムもパートナーに恵まれ
 冷や汗ながらも 踊ることができ(^^♪ 

 


前日の午後の「プラス&アドバンス」夜の「ビギナークラス」から
 続いてのあじさいパーティーなので いささか 疲れもピーク

それでも誘われれば頑張っちゃって(^-^;

この日はどんより曇り空
 それが幸いして 会場内も暑すぎず 踊りやすく(*^_^*)


西から東から 38団体 総勢236名の大勢の方が参加してくださり
 良い時間を過ごすことができました


皆さん お疲れ様でした
 
 


 

コメント

可睡ゆりの園

2019年06月21日 | おでかけ



「可睡ゆりの園」の招待券を頂き 
  主人を誘って梅雨の晴れ間の18日 行ってきました

此処は東海地方随一といわれるユリの名所

名刹「可睡斎」に隣接 見頃を迎える5月下旬~7月上旬のみ開園

約3万坪の敷地に
 約150余品種 200万本もの色とりどりのユリが順次花開き 楽しませてくれます


黄色のユリが絨毯のように広がり ワ~ッ(*^_^*)



今までに何回か訪れていますが 今回が一番かも(^^♪

足の衰えとともに 山の上に向かう道は避けていましたが
 違う景色も楽しみ と 丘の上に向かいました



途中 フクロウを連れて撮影に訪れている方に遭遇
 撮らせていただきました







あの あずまやの先が黄色の絨毯のユリ園ネ







向こうに見える建物が可睡斎

パッチワークの丘を下って 





池方面に向かい





あじさいが涼しげ



白 黄色 ピンク 赤 オレンジなど 色とりどりのユリ
 癒しの音楽が流れる中 優しい香りにつつまれ ゆったりした時間

お昼は 森町に在る海鮮丼で有名なお店に…
 
 ところが…残念! 月曜休みは知っていましたが 第3火曜日もお休みでした

次に お蕎麦屋さんへ… ここも休業日

磐田にある 元お魚屋さんが営む和食処は? 残念 此処もお休み

どうしよう お惣菜買って家に帰る? 

そこから近場の「tokoktoko」を思い出し
 以前友人たちと行ったことがあり美味しかったし

あ~ 良かった やってました(^^♪



私は「白身魚のあんかけ定食」 夫は「天ぷら定食」
 副菜は お刺身と揚げ出し豆腐 どちらかを選べ お刺身をチョイス(*^^)v

サラダが付いて ¥1,080-

他のランチメニューは
 A トマトとバジルの冷製パスタ
 B 自家製ローストビーフ丼

次に来た時はローストビーフ丼も食べてみたいネ






コメント

浜松フラワーパーク ガイドウォーク&菖蒲

2019年06月11日 | おでかけ
8日 浜松フラワーパークへ行ってきました

少し前 そろそろ菖蒲の見ごろかな? とHPを検索
 ガイドウォーク&琴の演奏が8日に催されるとのことの記述を見つけ
 
ちょうど菖蒲も見ごろかな? と Kちゃんにメール

運よくKちゃんの都合も良く(^^♪
 ガイドウォークの時間に合わせ出発

4月から開催されていた浜名湖花フェスタも今月末まで



ガイドウォーク まず噴水の横を通ってバラ園方向へ



フェイジョアですって 初めて見ました

花は食べることができ とろけるような甘さだそうです
 …ガイドさんがひとひら口に入れて 今日のはちょっと甘さが薄いみたい…って

エディブルフラワーとしても魅力的です



エキナセア

薔薇 遅咲きの花が楽しませてくれていました



珍しいバラ イザヨイバラとグリーンローズ

イザヨイバラは花の一部が欠けるため十六夜の月にちなみ名付けられたそうです

薔薇園から坂道を下り 日本庭園方面へ 原生つつじ園辺りに笹ユリ



華奢な姿にフワッと優しい香り 楚々として惹かれます

つり橋を渡って 歩を進め

野生つつじ園方面へ

昨日の雨で 葉は青々 花もシャンとして美しく





山アジサイ ミヤマヤエムラサキ(深山八重紫)クレナイ(紅)キヨスミサワ(清澄沢)など
 名前もステキです



道に沿ってあじさいが 見て見て 語りかけてるよう









ガイドウォーク終了後
 レストランにてランチ

 

30度近い夏日になり 汗汗の身体に冷たいサラダパスタが心地良く(*^^)v
 生き返った感じ

午後一番のお楽しみは 菖蒲園で開かれる 琴の演奏

菖蒲園へ向かう途中



Kちゃんが「アレ 何? あの大きな花」

あぁ アレね タイサンボク(泰山木)
 私も2年ほど前に知ったの 大きな花でビックリよ



弾かれる方々はお着物で
 日差しが強い中 風も時折強く吹き ご苦労様でした
 
私たちは日差しを帽子や傘で遮り
 雅な調べを 楽しむことができ ありがとう(*^_^*)

菖蒲の中を散策




 


原種の白菖蒲











薄紫 紫 ピンク 黄色 白 色とりどりの菖蒲
 光源氏 葵の上 姫鏡 小町娘 金星 深窓の佳人なんていう名もあります



暑い日でしたが 緑の中を散策
 おしゃべりしながら 色々な花を愛で 時折吹く涼風に癒され
 
初めてお目に掛った「フェイジョア」や「イペ」の種がぶら下がった姿
 へ~ッ おもしろっ! キレ~イ!
 

主に桜の時期にしか訪れた事が無かったフラワーパーク

新緑も美しく 何よりアップダウンの多い道は散策にうってつけ
 次は何が在るかな? 来るたびに新たな発見が楽しみ(^^♪です 




 
 
コメント