山本飛鳥の“頑張れコリドラス!”

とりあえず、いろんなことにチャレンジしたいと思います。

仰天、ドアミラーが・・・

2020-10-25 22:43:48 | 車・運転・道路・駐車場2020

今日、自宅から車を走らせて幹線道路に出て、1kmほど走り、側道に移動しようとして左のドアミラーで左後方の安全確認をしようとしたところ、ぎょっとした。

なんと、左ドアミラーが開いていないのである。

そんなに長くドアミラーが開いていないことに気づかなかったとは・・・

こんな状況を周りの車の人が見たら、どんなバカが運転しているのかと思うだろう。
愕然とするが、それに気づかないで走っていたのは、右側のドアミラーはちゃんと発車するときに開いていたからであった。

左が壊れてる!

これは大変だ。すぐにディーラーに持っていかなきゃならないけど、今日は人と待ち合わせて車で向かっているところなので、全く時間に余裕がないのだ。

驚いて、側道に入ってから左わきに寄せて止め、ドアミラーのスイッチを動かしてみた。
そうしたら、ウィーンと言って左のミラーが開いてくれたので、一安心して、走り出した。

もし、動かなかったら、降りて手で開いてみるとかしたんだと思う。

ドアミラーが片方開かなかったなんてことは、初めてだ。この車も11年経つのでかなり老朽化してきたのかもしれない。

あっ、そういえば、今日は、エンジンをかけるまえにドアミラーのスイッチを入れてしまったということを思いだした。

その時は、当然ドアミラーは動かないのだが、そのあとエンジンをかけたとたんに右側のドアミラーが開いたので、順番は違ってもスイッチが入っていると開くんだな、と思って走り出したのだった。きっとそれが原因である。

それにしても、左のドアミラーが開いたかどうか気が付かなかったというのは落ち度である。しかも、自宅から幹線道路に出るまで、左折する場所もあるというのに、ドアミラーを使って巻き込み確認などもしていなかったということになるではないか。どんだけいい加減な運転をしているのであろうか。

ドアミラーを使っての安全確認。基本はちゃんとしないといけないなあ。

コメント

“ナビ盗難防止ビス”発見

2020-10-25 07:37:24 | 車・運転・道路・駐車場2020

行方不明だった「ナビゲーション盗難防止ビス」が、今朝みつかりました。

念のためにもう一度、金庫の中を隅々探したところ、入っていました。

ビス自体はこんなものでした。↓

前記事では、ナビを取り外すための「ボルト」と書いてあったのですが、これといっしょに保管されていたパッケージや説明書には「ビス」と表記されているので、昨日の記事の「ボルト」を訂正しました。

一般名称は、「ナビゲーション盗難防止ビス」というようです。
そして商品名は「マックガードナビゲーションロック」と書いてありました。マックガードとは、米国のメーカーの名前だそうです。

実際に、保管されていたものは、上の写真のようにプチプチの中に入っていました。
車のスペアキーと、スペアキーコードを記載したものと、ナビゲーションロックの取扱い説明書(紙両面1枚折り畳み)も入っています。「ナビゲーション盗難防止用ビス装着車」というテープみたいなのも入っているのですが、これは車に貼るものかな?

保管していたのが、こういう形状のものだったという記憶が、本当になかったのです。
そういえば、前回使ったのは10年近く前だったので、10年も経ったらよほど印象の強くないもの以外は、記憶が消えてしまうものなのでしょう。
前回使ったのが、2011年の4月だったというのは、このブログで判明しました。(ブログには何でも書いておくと便利ですね。)

金庫は夫の部屋にあり、中は夫の物で埋まっています。
夫の各種証書や印鑑、パスポート(期限切れ)など、わけのわからないものばかり。10年以上前に亡くなった義母の貯金通帳(残金ナシ)なんかも保管されています。

私のものは、この車のスペアキーとナビ盗難防止ビスだけになっていたので、引き揚げてきました。

この盗難防止ビスっていうのは、私はカーナビについていた部品だと思っていたのですが、車のスペアキーと一緒だということは、車についていたものなのですね。なるほど、カーナビをつけた場合は盗難を防止できる車ということか。

今後は、自分の部屋に置いときますが、どこに保管しておこうかな。

 

 

コメント

大切なものが行方不明

2020-10-24 23:32:09 | 日記2020

この頃、どこに行ったのかわからなくなっている重要なものがあり、不安だ。

それは金庫の中に入っているはずの、雇用保険者証と車のナビ取り外し用特殊ボルトビスである。

これらのどちらもが、金庫の中に見当たらないのである。

そのことに気づいたのは、厚生年金の手続きのことがきっかけである。

私は来年61歳になり微々たる厚生年金をもらえるようになるのだが、その手続きのための書類が送られてきて、必要書類を添付して返送しなくてはならなくなったのだ。

その中に、雇用保険者証(番号)というのが書いてあり、そんなものも必要なのかと驚いたのだが、よく読み返してみると、今失業しているわけではないので、必要ではなさそうだった。

しかし、雇用保険者証が自宅には見つからないことに気づいたのだ。それで、番号もわからない。

雇用保険者証は、現在の会社で預かっていることも多いそうなので、そうであってほしいものだ。(しかし、預けた記憶はない。)こちらは、万が一紛失した場合は再発行ができるそうであるから、必要な時になかった場合は再発行手続きをすればよいと思う。

この雇用保険者証を探すために金庫を開いたときに、車のナビの盗難防止用ボルトビスも金庫に入れてあったはずだと思いだしたのだった。

それは、車関係の書類封筒の中に一緒に入れてあると思ったのだが、見てみるとボルトビスは入っていない。いったいどこにやってしまったのだろう。

以前、ETCをつけるときに、それが必要になりディーラーに持っていたことがあるが、その時、元に戻さなかったのかな~と思う。

もしかしたら、やっぱり車の中に置かないと不便だと思って車の中に置いたのかもしれない。そう思って、今日は車の後ろのほうのスペアタイヤなどが置いてあるところを開けてみたのだけど、それらしきものは入っていなかったのだ。

いったいどこにやってしまったのだろうか?

あれがないとカーナビを取り外すことができないし、カーナビは壊れるまで今のを使うとしても、ETCは近々古いものは使えなくなるとか、以前聞いたことがあったけど、取り換えるときにそのボルトビスがないとできないのだと思う。

本当に、全く記憶がないのである。

まさか、ディーラーで預かっていてくれてるなんてことはないよね。

あのときに、ちゃんと持ち帰ってきたのかな?大切なものだから、持ち帰り忘れたなんてことはないと思うのだけど、まったくどこに保管したのか記憶がないのである。

今すぐ必要なものではないものの、どうも落ち着かない。

盗難防止のためと言いながら、持ち主自身が外すことができなくなるなんて、セキュリティーが強すぎる。

そういえば、インターネットでも自分のアカウントやパスワードがわからず、ログインできなくなってしまったもの多々あり。

自分が自分の権利を自ら排除しているのだから、どうしようもない。

コメント

在宅勤務と社会保険料

2020-10-24 08:13:08 | 日記2020

先日、自分の標準報酬月額のことを書いたのだけど、多くの社員にとっては、在宅勤務が大きな影響を与えるようだ。

私の場合、徒歩通勤なので交通費は関係ないが、標準報酬月額には通勤手当も含まれるのだそうで、電車やバスで通勤している人は、通勤時の交通費が在宅勤務によって不要になると、標準報酬月額が大幅に減ることになる。

厚生年金や健康保険料は、標準報酬月額から換算されるので、交通費の分が減るとそれらも減ることになる。

その場で天引きされる額が減れば嬉しいと思うものの、将来受け取れる年金額も減るのだそうだ。

なんかわけがわからない。

・・・

それにしても、会社にとっては、在宅勤務体制によって、社員の交通費を払わなくてよくなるのはかなりの経費節減になると思える。

社員の中には、遠くから交通機関を乗り継いでくる人は、片道1000円近くも使っている場合があるようで驚く。
往復1000円くらいはざらにいるようだ。
だいたい500円以上は使っているのが普通である。

会社はこれまで、その社員たちに交通費を払い、それに関連した社会保険料の一部(半額?)も負担していたわけだが、在宅勤務になって、たまにしか出社しないことになると、かなり減るってことなのだろう。

在宅勤務体制になった会社が、世の中にどのくらいあるのかわからないが、年金や健康保険料の国の財源も減っていくということなのだろうか?

・・・

勤務先が都心にあり、自宅も都心にある人の場合、通勤時間が短く楽だが、とにかく家賃が高いし、家を購入しても高額なのでローンが高い。

交通費がかからないので、標準報酬月額が少ないから将来受け取れる年金も少ないとなると、金銭的には良いことはないのではないか?

会社は交通費はほぼ全額出してくれるが、社員の家賃やローンの金額に応じて住宅手当を出してくれるわけでもないので、家賃やローンが安い郊外から通勤してきた方が、金額的には得なのかもしれないな~と思ったことがある。

今は、在宅勤務になり、郊外に住んでいる人は無駄な通勤時間がかからなくなり、元々住宅費用も安いのだったら、問題は、将来受け取れる年金額が減ることくらいかもしれない。

在宅体制になって、都会に住む意味がなくなったとしても、今さら急に引っ越すのは、それはそれで費用もかかるだろうし、そんなに簡単に住み替えができるものではないだろう。

何が得で何が損か、いちいち考えているときりがない。

コメント (2)

物の命

2020-10-23 13:59:26 | 日記2020

このあいだ、長年使っていた行平鍋(アルミの片手鍋)の持ち手が壊れてしまった。

30年以上使っていたかもしれない。持ち手は木でできていて、鍋の部分のアルミが持ち手の部分まで筒状に伸びており、木はそこに差し込まれているという感じだ。

その木が折れたのかと思ったら、アルミの筒の部分が劣化して、ぐしゃっと折れ曲がってしまったのである。

それを見たとき、物体というものはある日急にダメになるものなんだ、と思った。

それまで、老朽化していてもなんとか持ちこたえていたわけだが、やはり永遠に使えるわけではなく、ある時にそれは壊れるのである。

それは、人間の身体も同じなのだろう。どこかが壊れたらそれでおしまい。
脳とか肺とか腎臓とか、人によって、身体のどの部分が一番先に劣化するか不調をきたすかわからない、そこが治療で治ればよいのだが、治らなかったり、いきなり壊れたりすることがあるのだ。それは怖いなと思った。

そうして、行平鍋はそのうちに捨てようと思って台所の片隅に放り投げてあった。鍋の部分だけベランダに持っていって受け皿にするという使い道もあるけど、鍋の部分もかなり汚れがこびりついているから、再利用するにはきれいに磨かねば・・・と思っていた。

ところが、昨日ふと見ると、鍋が見当たらないのである。夫に聞くと捨てたという。金属の収集日っていつだったのかな?「どうせ捨てるものだろう」と夫が言った。たしかにそうではある。

しかし、捨てる前に、もう一度しげしげと壊れた部分を観察し、そして「今まで働いてくれてありがとう」と鍋にお礼を言って別れればよかったなあと心残りな感じがした。まさか、夫が鍋にお礼を言ってくれたりはしてないだろうし。

そういえば、電化製品なども、いざ壊れて捨てるときになって名残惜しさを感じることが多い。そんなことなら日々大切に使っていればよかったのに、何も考えないで使っているのだ。

2~3か月前にプリンターも買い替えたけど、粗大ごみに出すときになって急にかわいそうになったりする。でも、プリンターは夫の所有物という感覚なので、記念撮影などもしないまま、廃棄された。

・・・

実家の母は、いまだに30年以上も昔の二槽式洗濯機を使っているが、母にしてみれば、この洗濯機の命があるかぎり使い続けたいと思っているようである。

そうして、そういう電化製品の命と自分の命の共通性を感じているのかもしれない。古いものになったけれど、まだ働くことができるのだから、役にたつうちに捨てるなんてことはできないのだと思う。

私たちは、二槽式なんか不便だから全自動に買い替えなよと母に言うけれど、母は断固として洗濯機を買い替える気はないのだ。

そんな気持ちもわかるような気がする。

 

 

コメント

運転前の偵察

2020-10-23 11:09:46 | 車・運転・道路・駐車場2020

別居親族が、近日中に某商店に注文したものを取りに行くことになっている。
そのお店がちょっと遠く、雨も降るかもしれないとのことで、私に車を出してくれるかと打診してきたので、OKした。

ところが、現実的に考えてみると、なかなか大変だな~と思うのだった。

そのお店は、片側1車線のバス通りに面しており、駐車場はない。もしあったところで、バス通りに面した2~3台置ける駐車場なんかは、私の運転技術では駐車することは不可能である。

また、路上に駐停車させて、家族が注文品を取ってくるといっても、その路上のどこが駐車させやすいのか?できるのかできないのか?など不安材料が多い。

そこで、そのお店の近くにコインパーキングがないかとグーグルマップで探したところ、3分と歩かない距離に適度な駐車場を見つけた。

この駐車場は、バス通りから路地に入っていき、さらに駐車場の中に入ってから個々のスペースに駐車すればよいので、私のような運転技術のない人間でも焦らずに入れられそうなのである。

そのあたりは住宅地で狭い道路が張り巡らされているため、一方通行が多い。調べてみると、うまい具合にバス通りから左折で進むことができたのだが、問題は出た後である。

元の道に戻るのは逆走だから、反対側に進まないといけないが、どんどん住宅街の路地入っていくので、そこからどうやったら脱出できるのかと、ストリートビューを駆使して研究しているが、どうしても進まない位置が出てくる。

これって、ストリートビューを写しているグーグルの車が通り抜けられなかったってことかな?いったん地図に戻るとまたわけがわからなくなるのだった。

そうして、今朝、別用で同居家族を某病院に送っていったので、その帰りに現地を走ってみようと考えた。

ナビを駐車場近くの学校に設定してみると、自分が考えていた道とは全然違う経路を示している。それを無視して走れば、きっとまた別の経路を示すだろうと思ったのだが、幹線道路から右折するはずのところを左折と案内してくるのでわけがわからない。左折して元の経路に戻そうというナビの考えである。

これは絶対に右折だ。目的の店の前の道を逆から走ってきたことは多々あるのだ。
ところが、右折しようと考えていた道路をうっかり通り越してしまった。

私は週末ドライバーなので、平日の道路が怖い。べつに違いはないだろうし、特にセカセカ走っているようでもないのだが、淡々と走る車たちに気後れする。そして、またぐるっと回ってチャレンジすればよいのだが、曲がるためには一番左のレーンまで車線変更をしなくちゃいけないので、そのまま、自宅に戻ってきてしまったのだった。

これは、自転車で偵察してくるかな?・・・全く、車で行くところを自転車で行ってみるなんて、バカみたいである。

ところが、その後、雨が降ってきてしまったので、自転車での偵察は中止となった。

そこで、今度は幹線道路から右折してその店のある道まで行く部分を、パソコンのグーグルマップとストリートビューで調べることにした。

確かに幹線道路からは右折レーンがあり、右折できる。ところが、その先でさらに右折するはずのところ、直進か左折しかできない標識があるではないか。

左折すればもとの幹線道路に戻るし、直進すれば、全然違う方向に進んでいく。

そういうわけで、ナビはこの道を案内しなかったのだ。

まあ、そのおかげで迷走することなく帰宅してしまったし、その経路の選択肢がなくなったことがわかっただけでも収穫かもしれない。

その後、別の道路を考える。幹線道路の別の交差点から別の道路を走って、お店のある道路に出るという方法だ。

これは、うまくいきそうだと思うが、やはり本番前に一度走ってみないといけない。

さらに、駐車場から出たあと、どうやって帰るかはまだ確たる経路が不明である。

ああ、本当に車を運転するってことは大変なことなのだ。

他の人もこんな苦労してるんでしょうかね。私だけか

 

コメント

不当な標準報酬月額

2020-10-23 00:43:20 | 日記2020

2年前もそうだったと思うのだけど、標準報酬月額が実際の給料よりもすごく高く算定されてしまった。

これは、通常、4月から6月の給料の平均で決められるらしいのだが、パートタイマーの場合、17日以上働いた日があれば、その金額が適用されるとかいう決まりがあったみたいだ。

それで、私は週に4日しか働いていないので、だいたい16日以下なのだが、曜日の関係で、17日働くということがたまにある。そうすると、その月の給料が標準報酬月額にされてしまうらしい。

今年も、ちょっと見たところ、他の月は13日しか働いていない月などがあり、給料は平均するとずっと少なくなってしまうのである。

昨年は、4~6月に突出した月がなかったので、ちょうどうまくおさまったのだけど、今年は昨年に比べて24000円も額が上がってしまい、そのせいで社会保険料が毎月3600円も多く引かれてしまうということになった。

しかし、これはガタガタ言ってもどうにもならないことなのだ。

だったら、もうどうでもいいや。

飢え死にするわけじゃないし、もう損しても文句は言いません。・・・って文句言ってるけどね。

誰に言ってもしょうがない。

誰に言ったら、この算定方法を変えてくれるんだよ~~~~~

コメント (4)

you tube ばかり見ています

2020-10-21 23:44:20 | 日記2020

この頃、夜はyou tubeばかり見ている。

今夜見たのは、トゥレット症候群の人の動画だ。

チック症ともいうらしいが、自分の意思に反して、身体が動いたり声が出たりしてしまう症状である。

そういえば、こういう症状のひどい人を見たことがある。

電車の中で奇声を発したり、変な動きをしている人を見かけたことがあるが、それはほぼ若い男性だったように思う。

女性にもあるらしいが、症状の激しいのは、子供や若者なのだそうだ。

これは辛いだろうと思う。

このような人は、本人の意に反して異常をきたしているのだから、これまでも変な目で見ることはなかったが、正直言って、ちょっと怖いというか、なるべくかかわらないように、近づかないようにしていたというのが事実である。

トゥレット症候群に関しては、1年前くらいにNHKの番組で取り上げられていたそうだが、本人の精神や知能は、全く普通であって、本人こそが、この意図せずに身体が動いたり声が出てしまうことを、非常に苦痛に感じているのだということがわかった。

周囲の人がそれを理解していないということが問題だから、この状況を多くの人が理解することが必要である。

この頃、you tubeで見ているのは、このほかに性同一性障害の人の動画が多い。身体と心が一致していないので、心と一致した身体にするために、男性ホルモンや女性ホルモンを打って、自分の心にふさわしい性別に近づく。

タイに行って性転換手術をするが、その後の身体のケアなども大変である。そういう人たちが、どのような苦労をしてきたのか、実際の体験や思いなどを本人から聞いていると、本当に納得できるのだ。

男性から女性になった人、女性から男性なった人、どの人も個性的でとても魅力がある人たちだなあと感じて、次々に配信動画を見ている。

その他にも、事故で身体が動かなくなり車いすになってしまった人や、義足や義手を使っている人などの生活の仕方や考え方なども、you tube で見ている。

みんな、前向きに自分の人生を歩んでいる。

このような色々な人々が、you tuberとして自分で発言しているのだけど、それは本当に説得力のあるものだと感じる。

これまで、こういうことを本人から語りかけられたりする機会はなかったわけだが、こうやって直に教えてもらえるのは本当に貴重な体験だ。

この人たちが、発信している思いや情報は、本当に本人が伝えたいと思っていることなので、インパクトが強い。

どれもこれもとても聞きごたえ、見ごたえのある動画だと思う。

コメント

コンビニさまさま

2020-10-21 00:28:20 | 日記2020

今日は、良い天気になったので、昼休みに 鶏肉料理のお店に「から揚げ弁当」を買いに行った。

ちょっと奮発して油淋鶏のたれの付いたのにしたら、税込みで800円を超えて驚いた。これは、お店の中で食べる金額だなあ。

持ち帰りだから消費税8%だけど、やはり700円台のものが800円を超すことになる。

それで、受け取って持ってみると、かなりの重量感だった。これは、カロリーもかなりありそうだ。

開けてみると、大きなから揚げが4個入っていて、付け合わせにトマト・千切りキャベツ・ポテトサラダがついていた。

やばい。こんなにたくさん食べたら太ってしまうし、午後の仕事中に寝てしまいそうだ。

こんなお弁当は、普段は食べないほうがよさそうだ。やはり500円くらいのものにしておこう。

・・・

午後は、案の定眠くなって、どこまでやったかわからなくなったスキャンの仕事を調べると、できた電子書類を無意識のうちにしかるべきところに保存してあったので、驚いた。

この頃は暇なので、古い紙の書類を電子化して保存する作業ばかりしている。日本政府と違って、古い資料は全部PDF化して保存しているのだ。

しかし、新型コロナをきっかけに在宅勤務体制となり、今後は、紙書類自体ファイリングしないで、最初から電子データとして保存されるため、スキャンの仕事は無くなるんだろうなあ。

暇なときにすることがなくなってしまうなあ。

・・・

仕事が終わり、帰りは延滞している本を返しに図書館に寄った。

今日も、新着コーナーに色々な本があったので、2冊選んで借りてきた。
平日はあまり借りる人がいないのか、良い本が残っているみたいだ。

・・・

そうして、今夜は図書館に寄るから買い物もしないで、カレーでいいやと思って帰宅したのだが、なんと玉ねぎが無いことに気づいた。

普通、玉ねぎ・人参・ジャガイモなどは常備しているのだが・・・。

スーパーまでは、徒歩15分くらいかかるので、家のすぐそばのコンビニに行ってみることにした。

入っていくと、キャベツ・ナス・ピーマン・トマトなどはあるのだが、玉ねぎがない。

やっぱり遠くのスーパーまで行かないとダメか・・・とあきらめかけたとき、奥のほうに玉ねぎがあるのを発見。

助かった~~~

新型コロナの時代になってから、コンビニに生野菜がたくさん売られるようになったと思う。

本当に玉ねぎがあってよかった。コンビニ様様です。

 

 

コメント

ギガが減りすぎ

2020-10-20 00:13:13 | 日記2020

実家に帰るとWi-Fiがないので、ギガがどんどん減ってしまう。

電車の中でも暇つぶしに、スマホでgoo ブログを読んだり、書いたりしていた。

ロマンスカーの中ではWi-Fiが使えるのか?試みたことがあったができなかったので、そのままWi-Fiなしでやっている。

帰省したときはだいたい0.5ギガを買い足すことが多かった。

それで、今回も実家でギガを使い果たし、土曜の深夜に0.5ギガ、550円を買い足したのであるが、今日、会社の昼休みにスマホをいじっていると、まもなく通信速度が低下するとの表示が出た。通信量を調べると、すでに0.15ギガしか残っていないのだった。

1日で0.35も使っちゃうものだろうか。

私は、1か月で1ギガの契約である。ほぼ自宅でしか使わないので、それで間にあっていたのだ。

古いスマホは充電がすぐに消耗してしまうので、電車の中でも使うのを控えていたが、新しいスマホにしたら電池が長持ちすることもあって、ついつい長時間使いすぎてしまうのである。

また、会社に人がいないので、昼休みにスマホでブログを見たり書いたりしている。

これは、会社のパソコンを使えば良いのだが、会社のパソコンはどこにアクセスしたか、何を閲覧していたか、などがシステムのほうに筒抜けなので、私的なことには使えないのだ。個人の秘密がばれてしまったら大変だ。せいぜい、一般的なニュースや天気予報のサイトを見るくらいである。

以前、海外の通販サイトを見ていた社員のパソコンが、何かをクリックした瞬間にウイルスに感染してしまったことがあったそうである。

そんなわけで、個人的なことはスマホを使っているのだが、そうするとギガがどんどん減ってしまうようだ。今日は、ラインポイントをためようとして、昼休みにアプリをいじっていたのだけど、ギガの使用量のほうが、ゲットしたラインポイントより高いのかもしれない。

10月は、あと10日もあるのに、Wi-Fiのないところでは、低速通信になってしまうから、あと0.5ギガ買い足すかな?どうしようかな?

通信料が高い。

そして、新しいスマホの契約は11月から適用されるのだが、今度は不足したギガを買い足す方法ではなくなり、自動的に加算されるようになるとのことである。

これは、自分で気を付けて制限しないと、どんどん通信料が加算されてしまいそうだ。

古いスマホは、スマホデビューで割引されていて安かったのだけど、今度はそれがなくなるので、2000円は高くなるらしい。

今後の通信料が気になる。

 

コメント

また雨

2020-10-19 13:16:59 | 日記2020
昼ごはんを買いに行こうと外にでたら、雨が降ってるじゃないですか。
今日は、ちょっと歩いて唐揚げ弁当を買いにいくつもりでしたが、急遽、傘無しで行けるコンビニで済ませることになりました。
コンビニでフライドチキンとオニオンスープとおにぎりを買って来ました。オニオンスープは350円もするのに、しょぼいです。残念。
コメント

コロナ感染恐怖

2020-10-18 18:50:16 | 日記2020

go toトラベルやgo toイートも始まり、普通の活動を取り戻しつつあるこの頃です。

9月の彼岸前に帰省してから1ヶ月経つので、また実家に行って来ました。
そして、今帰りの特急ですが、指定席の後ろの席に、鼻かぜをひいている方が座っていて、ちょっと不安です。
発車直後から数回くしゃみをしていましたが、鼻水ぐしゅぐしゅしている気配です。時々鼻水をすすり上げています。
コロナって、鼻水より咳ですよね。この人は秋の花粉症ですよね、と思いたいですが···
1時間以上風邪症状のある人のすぐそばにいて大丈夫か?
席を移動すると言っても、途中から乗ってくる人もいるのでまだ移動できないし。
飲食してるカップルの後ろの席に移動するのも危ないかな?
でも、無症状の人より症状のある人のほうがこわいですよね。
発熱なんかしてないと思いますが・・・
やはり、出歩くのはこわいなあ。
 
・・・
 
追記
その後、終点1つ前の停車駅を過ぎたら、空いている席に移動しようかなと思っていたのですが、逆にどんどん人が乗ってきてどの席も埋まっているような感じになってしまいました。
 
そして、私の席と通路を挟んで並んでいる席にも人が座ってきたのですが、その人が痰の絡んだ咳を度々するんです。
 
これは怖いですね。この頃、急に寒くなってきたので、風邪みたいな症状の人が増えてきたのでしょうか。
 
新型コロナでなければよいのですが・・・。
 
感染接触アプリで、接触履歴なんかが出たら、即刻PCR検査を受けさせていただきたいと思います。
コメント (2)

雲のきれいな日

2020-10-16 23:14:09 | 日記2020


今日は、空の雲がきれいでした。
これは、ロマンスカーの中から撮影したものです。


富士山も見えましたが、笠かぶってます?
明日は天気予報でも雨らしいですね。

ついでに、昼間の空も載せときます。

コメント

コガネムシの幼虫がいた

2020-10-16 10:20:53 | 日記2020

ふたつのプランターの植物が、最近急に元気をなくしていた。

そうして、ひとつは青い葉っぱが何もない状態になってしまった。

それは、春にはこんなにたくさんの花を咲かせていた「キララ」という花。

今は、茶色い茎だけしかない。

普通なら、春と秋に花が咲くはずである。
数年前の母の日に夫が買ってくれたもので、それから冬も越して毎年咲き続けていたのだ。

この花は、サントリーの製品である。

インターネットで検索して調べてみると、花は3~6月と9~11月に咲くとのことなので、本当だったら今頃咲いているはずだった。

キク科オステオスペルマム属。

白と黄色があるが、白の花は表が白く裏が黄色っぽくてリバーシブルになっている。閉じていると黄色く見える。

それから、もう一つ元気をなくしたのはピンクのゼラニウム。

これも春にはたくさんの花を咲かせていたのに、今では花はおろか葉っぱもろくにないのである。ただ、こちらは新しい葉が出ようとしているので、なんとか勢力を取り戻せそうではある。

そうして、なんでこれらが絶滅しそうになっているのか、嫌な予感がして土を掘り返してみると、やっぱり居た。

コガネムシの幼虫。カブトムシの幼虫みたいな丸まったやつ。

ゼラニウムのほうには巨大なのが一匹。キララのほうには小さめのが1匹。

実際、キララのほうは、こんな小さいのが一匹で根を食べるかなと思うくらいだが・・・。

もっと掘れば、深いところにもっといるのか?

・・・

キララが弱ったのは、他にも原因がある。

あまりも茎が伸びてプランターの外のほうまで広がってきてしまったので、かなり切り戻したのだ。

それで葉っぱが減ったというのもあるのだが、残っている葉も枯れ始めてしまった。

葉があまりないのに水をたくさんやっていたので、水分が多すぎた感じもある。

土は乾燥気味でよかったみたいだ。

キララはもう生き返らないかもしれない。

・・・

コガネムシは、9月くらいまでよくベランダに出没していた。部屋の明かりめがけて飛んできて、翌朝ベランダを歩いていたりしたことがある。

みつけたら、ベランダから遠くに放り投げていたのだが、夜間に何をしていたかわかったもんじゃないし、プランターに幼虫がいるってことは、やはり卵を産み付けていたのだろう。

 

 

コメント

快適じゃ

2020-10-15 12:48:12 | 日記2020
今日は職場に出勤している。自席近辺に出勤している人は皆無。近くを通りかかる者もいないので、羽を伸ばし、のびのびと仕事ができる。
自宅のように、同居人の発する音や話し声もないし、外から気を散らす余計な情報も入って来ないので、仕事に集中できる。何よりも机が大きくて椅子も座りやすい。プリンターもあっと言う間に出てくるし、インクを消耗するという心配もない。
なんて快適なんだろう。
スーパーから、ドリップコーヒーを買ってきたから、あとで食後のコーヒーでも飲むとしよう。
コメント