花遊び 山遊び

花を愛し、山を恋し、日々自然と遊ぶ。遊んだ事を記憶だけにとどめず、ブログとして記す。
発信元  流れ星☆彡

💖牧野だより7月③💖

2020-07-25 | 牧野で見た植物
牧野でみた植物■温室内のラン■
 今日は雨の止み間がありますが、いつ降って来ても良いような空が広がっています。明日はもっとずっと天気が悪いとの事・・早く梅雨明けしてほしいものです。軟弱野菜が高騰していて手が出ません。野菜大好き人間にはつらいものがあります。
 雨の降らなかった日にちらり牧野植物園へ足を運んでいました。月に2度行っても違うラン科植物が温室には並べられていて楽しめます。今日あたりまで3日ほどしか咲かないという珍しいランも咲いていると先日告知もありました。1種だけなので流石にでかけませんが次々楽しめる牧野植物園です。
  

  

  

  

  
圧倒的な葉に先に驚き、見上げて花をみて「エピデンだ!」と思った次第。花屋の店頭でみるエピデンとはあまりにもかけ離れていて面白い。
  

  
エビネに似ていてかなり好みのラン。オレンジ色になって落ちるというのも面白いですよね。
  

  
この小ささが好き
  

  

  

  
ブルボフィルムは面白い形が多く好みではないですが、興味深く見てしまいます。
  

  
これもエピデンの仲間。かなり好きな色・形だったのでしみじみ眺めて「あ~いいな!!」
  

  
これは実に面白い花着き・形。ラン科植物の多様性には毎回驚きます。
  

  

  

  

  
このゴンゴラ・まだあまり日本では見られないようでネットでもでてきません。見てて面白くわくわくする形状。どんな虫・鳥が花粉を運んで増えていくんだろう?
温室内に入っていても後から来た人がさっさと通過していくことが多い。私の様に読んで愛でて写してという人はまずいません。マニア?私って!
ですよね。
  
ツルラン
これは前にもUPしましたが日本にも自生するラン。栽培してみたい!自生地で見たいと思ったランです。
ランではありませんが温室内ならではのバオバブ
  

  
上を見上げたのですが丁度花がおちたばかりのようで展示してありました。一度は見に行きたかった・・コロナでしばらく海外へは無理ですよね
天気が良くないと書いていたら薄日が差してきました。さて今から庭仕事しましょう~。
コメント

💖牧野だより7月②💖

2020-07-10 | 牧野で見た植物
牧野植物園■のんびり曜日■
 今日も又雨となりました。時折止み間があるので庭に出てセンニチコウの小苗が生えているのを抜き、ポットへ植え替えたりする小さい庭仕事ができたくらいです。ザァ~と大きな雨音を立てたと思うといきなり止む変な降り方の繰り返しでした。
 火曜日の牧野では人には殆どあわずマスクをせずに見て回れたのが有難かったことです。
  

  

  

  

  
シロバナクズ
毎年撮影しているような気がします。クズの花はこんな色ではないのは皆さんご存じ。白がいかに珍しいか!花散策を初めてからずっと探していますが、いまだに見つけられません。何気なく植えられているので気が付かず通過される方多いですが勿体ないと思う私です。
  

  
温室内のランはレンズが曇ってしまい綺麗に撮影できなかったのが悔やまれますが、その中でも特にこれは私の中では凄く気にかかるランでした。日本の山野でもありそうですが、ないかも?とも思わせる風情。じっくりみるとなかなか面白い姿で惹かれます。
じっくり観察する価値ありと記載されているのを読み、「そうだ!そうだよね!」と一人喜んでいました。
    
ツルラン
沖縄や奄美で、幅広の葉の中から、 すらっとした花茎を伸ばし白いラン形花冠の花を多数咲かせるラン科エビネ属の常緑多年草
これもなかなか素敵でした。
  

    
ツルランのすぐ横では花こそないですが、気にかかる葉を見つけました。来年はきっとツルランに似た花を咲かせるのだろうと楽しみです。
  
シモバシラ
早くも開花!
  

  

  
シロネ
牧野入園時に最近、園内で咲いている見頃の花マップを配布してくれます。例えば、昨日UPしたムカデラン・キバナノセッコク・シロバナクズなどは判るようになっているので見易い。でも、このシロネとかツルランとかは載っていません。全部を載せるわけにはいきませんから仕方ないと思います。なので花マップは気休め程度と割り切って自分の目で時間をかけて探しながら見て回るべきでしょう。
  

  
ハマボウ
  

  
オオキツネノカミソリ
  

  
スズカケソウ
  
竹林寺への石段
牧野植物園南口のすぐ前のここはガスでした。お遍路さんの気配は全くなく、静かな佇まいの空間が広がっていました。  
   
コメント

💖牧野だより7月💖

2020-07-09 | 牧野で見た植物
牧野植物園■のんびり曜日■
 殆ど雨は降らなかったもののでかけるには傘必携の空模様でした。近くへ花を見に行こうと思ったものの足が出ず、のんびり過ごしました。
火曜日に出かけた牧野ではムカデラン・キバナノセッコクなど園内のあちこちに着けてあるのでそれを探しながら見て回りました。
  

  
ムカデラン
自宅庭のとは違って花着きがすこぶるよい。世話の仕方が違う所為!?ですよね
  

  

  

  
キバナノセッコク
 近くの自生地も牧野がこの調子だと咲いているかな~。晴れてくれたらでかけられるのですが、明日も雨予報、明後日も雨予報です。
 ラン科植物は温室内で種々咲いていたので楽しめたのですが、湿度が尋常でなくレンズがすぐ曇り、拭いても拭いても曇り途中からはどうやっても撮影できなくなりました。温室から出てしばらくすると曇りはとれほっとしたのです。お気に入りのラン幾種もあったのに撮影できなかったのは悔やまれます。
  

   
このランは一属一種。
  

  

  

  

  

  

  

  

  

  
昨日撮影したユリ。同じ場所で今朝撮影。同じかえるかどうかはわかりませんが、可愛いです。目覚めました。お目めばっちり~可愛い。   

 



コメント (2)

💖ヘラノキ・植物名の話💖

2020-06-13 | 牧野で見た植物
牧野で見た植物■晴れの日に■
 梅雨空が続いています。庭の草はぐんぐん伸びていて草引きに手こずりそうです。花苗も同じように大きくなっているので晴れ間を縫って植え付けねばと肥料などを買ってきて準備はしてありますが、晴れてくれない事にはどうしようもありません。
 牧野植物園に火曜日に出かけたのはラン・ショウブ・アジサイなども見たかったのですが、木の花のヘラノキを見たかったからです。フェイスブックの開花情報が出ていたのです。間近で見られるところってさほどないのですから。
  

  
この花はなぜか随分前から知っていて「アカンサス」と覚えていました。ところがハアザミとある。科はわかったけどどうして?と不思議になってどんど調べていってああ、そうかと自分なりに納得しました。学名・標準和名 通称 流通名それぞれに違うことがあるので名前というのは難しいですね。
  

  
この花は「フランネルフラワー」と覚えています。これは流通名。そしてなんとセリ科でした。セリ科らしくない・・・
  

  
ラムズイヤー・・と思っていました。学名:Stachys byzantina・・・
科名:シソ科イヌゴマ属(スタキス属)和名:ワタチョロギ!!
分類:常緑多年草
原産地:西~中央アジア    
ワタチョロギと言われてもピンとこないほどラムズイヤーがしっくりきます。
   
斑入りコクラン
さりげなく展示されていますが結構珍しい・・いままで斑入りのコクランは見たことなかったです。   
 

 

  
ヒメタイサンボク
  

  

  
目的のヘラノキ  アオイ科. シナノキ属
手で触りながら見られました。
説明は必要ないかも?・・ヘラ状の苞が特徴です。ヘラ型の苞が付き、ここから花柄がでます。
  

  
ハイビスカスも花屋さんで見るのとは随分違った色・大きさのが咲いていてやはり植物園ですね
  

  

  
そして一角を白く染めたように咲き誇り、圧倒的な大きさだったヤクシマアジサイ。前からいうと随分大きく・広がっていて見事でした。まだまだ咲いているはずですのこれを見に行くのもよいかも?
  

  

  
カカヤンバラ
これを見るたびにトトヤンバラはないのかとつっこみを入れたくなる私。名前を見て回り写真も写すものだから毎度毎度全部園内を見る事かなわず、中途半端になっては帰路に着きます。  
コメント

💖ハナショウブ・温室内のラン💖牧野だより

2020-06-11 | 牧野で見た植物
牧野で見た植物■晴れの日に■
 今日も雨。庭仕事はできず、針仕事。暗いと手元が見えにくいので待ち針を打ったのみとなりました。最近急に眼が見えにくくなって細かい縫い目で纏ることが無理。文明の利器というと大袈裟ですが裾上げテープを買ってきて裾上げをすることにしましょう(背が低いのズボンの裾を10㎝も切らねばならないのです)
 牧野植物園では丁度「菖蒲展」を開催していました。自宅庭では3種咲いていますが、ここでは手入れされて素敵に仕立てた花がすっきりと見られます。
  

  
ノハナショウブ・・自生地ではまだ一度しかみたことありません。これを改良して江戸系・伊勢系・肥後系といわれるように各藩で改良され未だに営々と残って愛でられているのです。私の好みは江戸系なので撮影も殆どがすっきりした花姿のものが多いです。
  


  

  

  

  

  

  

  

  

  
高知には広大な菖蒲園はありません。なのでここで地方色ある花を比較しながら見られるのは本当にありがたい。
温室内にはラン・・それも好きなパフィオが展示されていて嬉しかったです。
  

  

  

  
全部ボードを撮影してきていますが一部のみUPしています。
  

  
リップ部分の形がなんとも好きなのでパフィオが気になり、好ましく思えるのだと・・
  

  

  

  

  

   

  

   
分布する国名が記載されているとタイ・カンボジアなどなら見に行くことができるのに・・と思う私がいます。ブラジルは遠いな~

コメント

💖ボウラン・ナゴランなど💖牧野だより

2020-06-10 | 牧野で見た植物
牧野で見た植物■晴れの日に■
 梅雨らしい雨の降り方が続いた今日、家から出ずおとなしく暮らしていました。おとなしく居られるように昨日、牧野で存分に植物を見てきていてよかったなと思っています。(おとなしくと言っても雨の止み間には庭に出て草引きをしたり、増えすぎたアガパンサスは花後に全部抜こうとか、仕立てている苗をどう植えこもうとか傘を持って庭には出ていました)
 牧野植物園・・植物園ですので種名などを書いたボードがあります。これがとっても有難い。じっくり読んでいく人はさほどいませんけど・・
  例えば
  

   
キンシバイ・・自生場所・日本への渡来した年まであるのです。今の季節割合庭に植えられているのをみますが、中国からきて全国へどう広がっていったのか、考えるのも面白い。
  
ビヨウヤナギ
同じ仲間で同じころに咲くこの花は・・とか思いをはせるのも楽しい。
  
スイレンなどが植えられている池ではトンボの恋の季節。
トンボ撮影で賑わうこともあります。
  

  
これもボードを読んて「そうか!サクラソウ科だったのか」と見直した花でした。
  
ヤマアジサイ 紅
これは名花だと思います。咲き始めは白ですが咲き進むと紅になります。栽培しやすく我が家でも育っている。
  

  
自生地へ毎年のように行ってみる花も牧野で手軽にみられました。
  

  
ヒメユリ
  
ノカンゾウ
  

  
ボウラン

ハンカイソウ
今年も、ヒメユリ・ノカンゾウ・ボウラン・ハンカイソウ見に行く予定。沢山見られるのかな?

ヨコグラノキは、横倉山へ先月登った時には蕾も上がっていませんでしたが、ここではもう開花し、実までできている。先日知人が登った時には蕾が膨らんできているので中・下旬には咲きそうですね。
  

  

  
ヨコグラノキ
見たくて見たくて恋焦がれていてまだみぬ花、温室で咲いていました。自生地へ案内されていくはずだったのですが、行けずそれから何年もたちました。香りは最高~でした。
  

  

  

  
ナゴラン‥まだ四国内には自生が見られます
  

  

  
チトセカズラ
開花し始めたところ。もう少しして再訪すれば素敵
  
マツモトセンノウ  
コメント

💖白い花💖牧野だより6月

2020-06-09 | 牧野で見た植物
牧野で見た植物■晴れの日に■
 明日からずっと雨予報。花を見に山に行きたかったのですが予定があり行けなかった・・・。午後からなら牧野で花をみることができる!。3時間半居たのですが園内全部を回り切れず又中途半端になってしまいました。日曜日に登山して花をみていますが、なんとも画像がよくなく画像整理したくなく後回しです。
 野山に出かけて花をUPするのが主体のブログですが、牧野でみた植物は副で割合多くUPします。
  

  

  

  
シタキソウ
一時期よく自生地へ行って見ていました。香りが良くて近づくと幸せを感じる花です。
香りのよい花、他にもありました。
  

  
ハシドイ
和製ライラック
  

  
オカトラノオ
オカトラノオは日当たりのいい野山に割合多く自生しています。でも、今年は残念ながらまだ見られていません。サクラソウ科の花なので一つ一つを見ると端正な形をしていて美人だなと思うのですが、名前はトラ。長く伸びて花穂が垂れている姿から虎の尻尾に見立ててオカトラノオ・・丘虎の尾。もっと素敵な名前でもいいのに・・と思います。
  
コンロンカ
  

    
ヒメシャラ
梅雨時に咲くこの花、落花した姿を山ではよくみるのですが、こうして近くで見られるのは植物園ならではかもしれません。連日晴れが続いた後、明日から雨なのでぱらりと散る。地面を白く彩るでしょうね。。
  

  

  
シイの木は高知では多いのですが、この木はなぜか見た記憶がありません。ツブラジイは今花盛りですが、大木になり近くで撮影するのが難しい。植物園が自宅近くにある幸せをしみじみ感じます。天気の良い日に半日花三昧。


コメント

💖2020年5月牧野だより①💖

2020-05-13 | 牧野で見た植物
牧野で見た植物■お待ちかねの開園■
 今日も昨日に続き青空。ジニアの種蒔きを2袋しました。春から初夏にかけてビオラとシレネ・ネモフィラが庭を彩っていますが、夏向けにクロタネソウがようやく開花。その後はサルビア・ケイトウ・トレニア・ヒマワリなどに移って行きます。草花を絶やさず庭で見るのは結構大変ですが好きなのでさほど苦にもなりません。
 昨日、牧野植物園ではかなり多くの植物を見ました。園芸種も山野草と言われるのも含め種々見られるのが植物園のよいところですね。
  
マリーゴールド・・新品種のようです
  

  

  
これほど毛深いとは、撮影してじっくり見てわかることでした。
  
マルバアキグミ
  

  
かなり珍しい花で日本国内で自生地は東京のとある公園1ヶ所だけとのこと。保護され観察会もやっているようなので丁度の次期に行きたくなっています。
  
  
  

  
クリンソウ
白花がたくさん植えられていましたが本来自生地で多く見られるのは赤に近い色。鹿が食べない花なので大群落を作っていて観光地化されている場所も出てきています。園芸種のようにしか見えないけれど野生種。これが山に群れ咲いているのはやはり誰しもみたいでしょうね。
  
カキツバタ
    
ヤクシマアジサイ
  
トサシモツケ
トサを冠するだけあって高知の川辺に自生している低木。
  

    
牧野園内で一番遅くに咲くサクラです。開園が一昨日でしたので満開をみることなく過ぎました。小さい花ですが存在感があるサクラです。
 此の木のすぐ側に今回の牧野訪問の目的の1つが丁度に咲いていました。場所がわからず職員に尋ねようと思っていたら、丁度此の木の前で知人(それも牧野の生き字引のようなかた)にばったりあいました。「そこにあらあよ~ 」と指した先に目的のクリーム黄色の花。嬉しいことでした。園内は広いのでバックするのは大変なのです。他にも知人、旧知の職員とも話しをし情報交換もできた日となりました。 


コメント

💖牧野往復で見た花・牧野の花💖

2020-05-12 | 牧野で見た植物
牧野で見た植物■お待ちかねの開園■
 コロナのため、県立施設である牧野植物園が春の一番美しく輝く季節に閉まっていました。見たい花が沢山咲くので開園を待ち焦がれていて昨日ようやく開園しました。開園当日は込むだろうと思ったので今日、朝一番から入園して4時間半ほど滞在しました。花を楽しんできました。沢山見て来たので画像整理できていませんので一部です。往復は自宅から自転車。昼食はサンドイッチ・コーヒーを持参し花の横で済ませました。植物園は一日いても飽きないのですが、陽射し強く、それで結構疲れますので13時半には植物園のある五台山をおり、14時半ごろに寄り道しつつ帰り着きました。
 帰り道ではいつものようにお楽しみの花咲く場所によりました。そしたら・・まさか
  

  

  
タイキンギク
秋に咲く花ですのに葉も綺麗、その上蕾まであり綺麗に開花していました。少し、自分の目を疑ったのです。
すぐ近くには今、旬のスイカズラ・ノイバラが咲いているのでかなり違和感あります。
  
カザグルマ
30花ほど咲いていてなかなか見事。近寄れない場所なので望遠でようやくこれだけ写せました。
 昨日程の気持ちよい青空ではありませんでしたが樹々の間から見られる空は本当に気持ちよかったですね
  
私だけでなく、園内を歩いている人もそのような話をしながら(マスクは殆どの人が着用)ゆっくりと歩いていました。
  
イロハモミジは種を飛ばす準備完了~
  
ツルバラは気持ちよさげに上へ向かって咲いています。  
      
春風(品種名)・・好きな雰囲気のバラでした。
温室内にはラン科植物が多数展示されていてかなり嬉しくなりました。
  

  

   
まだまだ沢山展示してくれていたので温室内は一度でて又見て回るほどでした。      
牧野はしばしば訪問しているのでどこに何が開花しているのか、自分が好きな花に関しては大体把握しています。なので好きな花、しっかり見ましたよ~。
  

  

    
オオバウマノスズクサ
  

  
アリマウマノスズクサ
俗に玄人受けする植物だと言われます。変な形、に惹かれます。
コメント (2)

💖2020年4月牧野だより②💖

2020-04-10 | 牧野で見た植物
牧野で見た植物■ツツジ色々・■
 今日も晴れました。でも、高知県はコロナ感染者が連日増加し、不要不急の外出は避けるべき状態になっているので食料の買い出しにちらり行ったのみです。その後は庭仕事。知人がセツブンソウの種・イヌノフグリの苗を送って来て下さったので植え付けました。シレネのピンクの植わっている間にアクセントとして白花のキンギョウソウを植え込みました。他にもアークトチスのワインカラーとアリツサム白も寄せ植え。天気がよいと庭にいる事が多いです。
 4日は牧野植物園に行っていました。・・行っていて良かった。今日から暫くコロナの関係で閉園。種々の花が咲く季節なので出掛けたい場所なのですが仕方ないですね。
  

  

  

  
ツツジの仲間は種類が多く判別が難しいです。でも、覚えたいのできっちり見て回ってきました。
トサノミツバツツジ・・横倉山を基準産地と記載されていますね。7日に見た場所で牧野博士もみたかも~って思うとなんだか嬉しい。
  

  

  
采咲きといわれるタイプのツツジですね。
  

  
他にも本当に多くのツツジが咲いていました。
  
ダッチアイリス前景にセンダイヤザクラ
花沢山なのにやはりこの日も来園者少なかったです。
  

  

  

  
日本サクラソウ
  

     
とてもすてきだな~と思ったマンサクの仲間の低木


   



コメント

💖2020年4月牧野だより①💖

2020-04-06 | 牧野で見た植物
牧野で見た植物■サクラ色々■
 晴れているが気温が低く足元に小さい暖房をつけPCの部屋にいます。外で草引きもしていましたが、あまりにも寒くて鼻水がでるのでやめました。コロナ感染者が人口比で換算すると高知は多いので戦々恐々としています。高齢者の範疇に入るので手洗い・マスクはしているけれどどこで伝染するかわからないので自己免疫力を高めるしかないってことです。でも、どうやって?どうすればいいの?・・よく寝て・食べて?はいるけれどね・・・。・・・終息が待たれます。
 4月4日,牧野植物園でサクラをはじめとした植物を楽しんできました。
  

  

  

  

  

  
センダイヤザクラ
  
ウコン
  

  

  

  

  

  

  

  
園内かなり多くの品種ありますがまだ蕾がかたいものも多く、しばらく楽しめそうでした。
  

    

  
牧野植物園のある五台山にはヤマザクラも多くありますが、今はソメイヨシノの盛り・・やや過ぎていますがまだまだ見事。自転車を麓に置いて斜面を登っていくのは花見気分です。サクラの周辺にはワラビも多くありかなりの量を採ることができました。春にはワラビ・秋には栗。牧野植物園訪問はかなり楽しいのですよ~
 今回はかなりレアな樹木の花も見られました。
  

  

   
野生絶滅。コブシよりかなり花が大きく花が咲くときに葉があるのも特徴。丁度の時期にいくことが少なくて今まで何度もはみたことありません。1週間程前の方が適期だったようですね。 



コメント

💘牧野だより2020年3月💘

2020-03-15 | 牧野で見た植物
牧野で見た植物■いろいろと咲いていますよ■
 晴れていますがかなり冷え込みました。出かけようと考えていましたが、寒さに震えたのでやめました。一昨日牧野植物園に行っていたのそれをまとめました。  
 牧野園内は閑散としています。コロナウイルスのせいで温室・展示館・レストランなどが閉まっているので見る場所が限られるせいですが、園内広いのでざっと見て回ってこれだけ花が見られる。気持ちよい空間だとおもいますよ~
  

  
  
早くに咲いていたサクラは終わってかわりに幾種かサクラが咲いて春~
  
アーモンド
  
マメザクラ
  
ユキワリイチゲ
  
アテツマンサク
  
シコクフクジュソウ
葉の下などに毛がないのを確認しつつ撮影
    
ハチジョウクサイチゴ
  

  
レンプクソウ
今まで牧野でみたことがなかったこの植物。大好き~なので嬉しかったです。四国内には自生地が少ないなかなか見に行けないのですよ。
  
フジツツジ
  
ホザキイカリソウ
  
コリヤナギ
  
ヒカゲツツジ
早い場所でも4月初旬にしか咲かないのにびっくり・・
  
アブラチャン 
  

  

  
オオミスミソウ
  
  

  
ムラサキケマン
  
エンコウソウ
  
シデコブシ
  
バイモ
  
オキナグサ
我が家のはようやく葉が出て来たところなのに・・なんとまあ開花の早い事でしょう!
  
リキュウバイ
これも咲き始めています!!
  
イカリソウ(夕映え)
  

    
本当にざっとみてまわった牧野でした。でも、用事があってでかけついでにこれだけみられれば上等ですよね。 
   
おまけに木の中にいたメジロまで撮影できたのですよ。
タイのラン画像は明日からまだまだ続きます。
コメント

💖スティフティア・クリサンタ    『牧野だより2020年2月②』                   

2020-03-01 | 牧野で見た植物
牧野で見た植物■これがキク科とは!■
 昨日の雨も上がり、青空が広がると期待していたのですが曇りです。綺麗な青空背景にサクラ・ツバキ・ハクモクレンを撮影しようと思っていたので少々がっくりです。寒くないのは有難いですが、青空大好きな私は明日の晴れを期待しています。
 2月21日に牧野植物園でみた花の残りをUPしていなかったので2月の牧野だよりとしてあげます。しばしばでかけていますが見たことがない花が展示されていることが多々あり、行く都度楽しみがあります。今回驚いた花です。
  

  

  

  

  
舌が回らないと言えないような名前です。キク科で低木になるのは珍しい。ランを展示してある片隅にありましたので気が付いた人は少ないようです。
温室内を回って、ラン展で見残していた花があったのでそれもきっちり楽しみました。
  

   

  

  
ラン展でも見残していた花があったのでそれもきっちり楽しみました。
  

  

  

  
園内はざっとみてまわる程度となりましす。3時間以上いないと見た・写した!満足というわけにはいかない広さがありますからね。
  
ミツマタ
  
シナマンサク
   
ミスミソウ
  
コブシ
  
ニシキマンサク
  
アテツマンサク
そして、久しぶりに立ち寄った場所では
  

  

  
バクチノキ
賭け事に負け、身ぐるみはがされたように皮が剥がれた木肌をみることができました。賭け事はやめようね!!。
コメント

💖2020年2月の牧野だより💖

2020-02-21 | 牧野で見た植物
牧野で見た植物■ユキワリイチゲ色々とトサコバイモなど々■
 2月も中旬を過ぎるとユキワリイチゲは咲き誇り、トサコバイモも開花する。ラン展は24日までなので3度目ではあるが又牧野植物園に足を運んできました。トサコバイモは咲き始め、ユキワリイチゲは丁度でした。
  

  

  
トサコバイモ
  

  
ムサシアブミ
これが咲きだしたら高知には春が来たように思います。
 ユキワリイチゲは分散させて植えてあるのでロケーションは色々ですし、色も違うので見て回る楽しみがとてもあります。近くの自生地は終わったし、遠くはまだ咲いていないので今は牧野が一番なのです。
  

  

  

  

  

  

  

  

  
群れ咲く場所はもっとあったのですが、随分減っていてここがまずまずの場所でした。
  
ユキワリイチゲ咲く場所全部をまわり、温室内のラン展もしっかり見て回ります。
  

  

  

  

  

  

  

  

  

  
   
 
  
  

  

  
パフィオペディルム属のランは面白いですね。  

コメント

💖牧野植物園・ラン展~💖

2020-02-12 | 牧野で見た植物
牧野で見た植物■パフィオペディルム色々■ 
 牧野のラン展がなかなか盛況のようです。31日に行って以来行けず気になっていましたのでようやく先日でかけてきました。近い方の駐車場は一杯でしたので流石~ラン展だと思ったものです。
 販売ブースにも変わったランが並んでいるのでそれをみるのも楽しみなのです。全部をじっくりみていると園内をまわれなくなるのでそこそこでした。
 温室内に入ると香りが心地よい
  

  
この2種ともに良い香りを持っているのでアプローチで迎えてくれます。
  

  

  

  

  

  
販売されているのを見て値段と生育環境を考え、購入を毎年諦める。見るだけ・・
  

  

  
このパフィオの丸みはなんとも可愛く頬ずりしたくなるほどです。
  

  

  

  

  

  

  

  

  
  

  

  

  
温室内のランはまだまだ撮影していますので又UPします。
  
ジンチョウゲ・・・この葉の美しいこと!びっくりでした。
  
31日に満開だったリュウキュウカンヒザクラは葉桜
    
色もあせてきています。
    
河津桜・・全くさいていなかったのがここまで開いていました。
 



コメント (2)