花遊び 山遊び

花を愛し、山を恋し、日々自然と遊ぶ。遊んだ事を記憶だけにとどめず、ブログとして記す。
発信元  流れ星☆彡

💖シテンクモキリ・アキタスズムシソウなど💖

2020-07-07 | 山野草
山野草■ラッキーでした!■
 今日も又雨です。雨ですが連れ合いが出掛けるので寄り道してもらい牧野植物園へ、でかけました。2時間程みてまわり見ておきたかったものいくつか見られま、よかったです。天気の良い日にでかけてラン科植物いくつも見て来ていたので雨降りが続いてもなんとなく気持ちは落ち着いています。ただ、ニュースを見ていると九州の豪雨被害がひどくなんとも気の毒で心傷みます。実家周辺は今は河川整備されたので浸水することはなくなったのですが、かつては浸水地帯。床上までつかり家の前をボートが通ったことがある。職場も浸水し掃除も大変でした。なので早く雨が止むことを願っています。
 出かけた日は天気はよかったのですが光線がよくなく綺麗な画像がありません。でも、久し振りに見られたランに大喜びをしたのです。
  

  
アキタスズムシソウ
私達はこの花をずっと「セイタカスズムシソウ」と言っておりました。ところが昨年(2019年8月に)10年がかりで調べた方がいて「アキタスズムシソウ」となったそうです。詳しくはこちらに記載がありますのでご覧ください。
割と高知ではよく見かけるのです。撮影した場所は標高が高いので7月初旬の撮影ですが、低い場所だと5月に見られます。 
  

  

  

  
ホザキイチヨウラン
  

  

  
シテンクモキリ
前に見ていますが、 丁度の訪問だったようで綺麗な大きな株を2株。小さいのを2株見られました。
  

  

  

  
ヤマサギソウ
  
ヤマトキソウ
開花はまだ少し先でした。
    
ジガバチソウ
咲きすすんでいます。 
これらは全部同じ日に見られました。かなりラッキーでした。

コメント

💖ウチョウラン💖

2020-07-06 | 山野草
山野草■見事に咲く!■
 今日は終日雨となりました。それもかなりの降りなので外に出る事もなく、ズボンの裾直しを2本仕上げました。眼が見えにくくなっているくせに裾上げテープを使いたくないので針仕事です。縫い針・待ち針・糸も沢山あるので雨の日はラジオを聴きながら手作業もよいものです。少し、肩が凝るのは仕方ないことです。
 晴れの日だった6月28日にウチョウランの蕾をみました。なので咲いた姿が見たくて晴れの日にウチョウランを見に行っていました。行った日が丁度だったようであそこにもここにもと言ってよいほど咲いていて有頂天になってしまいました、一時期のブーム時に盗掘され激減しているのでこれほど見られるとは思っていなかったのです。野にあってこそのウチョウランなので来年も同じ場所で見られることを願ってみました。
  

  

  

  

  

  

  

  

  

  
ウチョウラン
品種改良が進みすぎて私には園芸種としか思えないほど色・形がでてきています。野に咲くこのようなシンプルな花が私は一番好きです。
色々詳しい事はこちらにありますので併せてごらんください。


コメント

💖マヤラン・ソクズ💖

2020-07-05 | 山野草
山野草■雨あがった午後■
 昨日は、終日雨だと思っていたのですが、3時前には晴れてきました。針仕事を始めようと思っていたのですが少しだけですが青空が覗く。となると心ざわめき立ち・・出かけていました。
  

  

  

  

  

  
マヤラン
雨があがったばかりの照葉樹林の下では音を立てて蚊が襲ってきます。カメラのボディは黒。黒にはとくに反応が早くて飛んできます。長袖ですが手袋なしなので即さされてしまいました。綺麗に写したいし、じっくり見たいのですが蚊の猛攻には負けて早々に退散しました。
花は雨粒一杯。まだ咲いて間がありません。今年も又みられました~~
 帰り道は同じ道は避けようと狭い山沿いの道を走行。目の端に白‥「停めて~!」。少し広い場所に停めてからバックすると思っていた花でした。
  

  

  

  
ソクズ
自宅近くにあった場所は斜面だったので崩落防止のためコンクリートでおおわれ消失し、最近手軽に見える場所がなく残念に思っていました。ここなら割合近いし、刈り払いにもあいそうにない。回り道でしたが通行して良かった!。
 雨の後なので蜜を求めて多くの蝶・甲虫が花を囲んでいました。
 少しの時間の花散策でしたが、出られてよかった。今日は予報より良い天気です青空が見えてはいますが、明日からずっと曇り・雨予報です。大雨になりませんように・・


コメント

💖ササユリ・ヤマキケマンなど💖

2020-07-04 | 山野草
山野草■瓶ヶ森+③梅雨の晴れ間に■
 今日も雨、かなりの雨量の時間帯もある。雨音がやかましく静かになるとほっとしています。連日降ると外に出ることができなくストレスで体が妙にムズムズする。なので、小雨になったら庭にでて傘をさして花を見て回って気晴らしをしています。ユリ・クチナシの香を胸にしてほっとして家に入ります。パソコンのある部屋の窓からはセイヨウニンジンボクの紫色の花が見えていますが、やはり外の空気と庭の緑がよいのです。
 こんな空模様の日は、針仕事の日にするのがベストだと思います。ズボンの裾上げ2本をしようと用意してあるのでラジオでもききながら過ごしますか。
 先日は瓶ヶ森にだけ登ったわけでなく帰りに別の山にもよったので+をいれてあります。もう少し時間があればもっと寄り道をしたかったのですが、欲張りはできませんでした。
  

  

  
フクリンササユリ
香り・立ち姿共に好きなユリです。全体としてはやや終盤でしたが綺麗な花が一輪あったのでしっかり愛でました。
  

  
ヤマキケマン
かなり前に見てから久しぶりに会えかなり嬉しく丁寧に撮影しました。
  

  

  
ミヤマカラマツ・・だと思います。
イシヅチカラマツというのもあるのですが、葉の形・花が違うので
まだ咲き始めだったので2株しか見つけられませんでした。
  

  
クサタチバナ
  

  
アカショウマ?・・ヤマブキショウマでした。
この手の植物調べてもわからない。御存じの方ご教示ください
訂正・追補(2020・7・6)
知人のえながさんが「ヤマブキショウマ」とご教示下さった。
調べていくとアカショウマとヤマブキショウマとはよく似ているという記載を見、そこに葉脈による判別がありました。これを覚えておけば今後間違わないだろうと思ったのです。
アカショウマ    葉脈は曲線状で平行ではない
ヤマブキショウマ  葉脈は直線状で平行

  
シャクジョウソウ 
明日からも雨予報が続いています。あの山にはあの花が咲いているのに・・と思うのですが雨の時に行くのはちょっと危険。今年は見られないかな? 
  
  


コメント (2)

💖ヒメキリンソウ・モウセンゴケなど💖

2020-07-03 | 山野草
山野草■瓶ヶ森②梅雨の晴れ間に■
 今日は終日雨となりました。湿度が低くて其のせいで寒く、窓を閉めて丁度の温度になりました。昨日春に仕立てていた花苗を蕾もあがってきたので、全部庭に植え付けておいた。なので雨でも安心して過ごせます。あまり降るとまたユリ・グラジオラス・グロリオサなどが倒れるので嬉しくはありませんが、仕方ないですねえ。
 水曜日に出かけた山では寄り道を重ねるものだから結構花を見る事ができました。最初、さっと見たときには終わっていて残念と思った花でも場所を少し変えるだけで美しい状態のを見られたのです。登山だけを目的に歩くと見落とすことが多いのですが、花を探そうと「見つける眼」で歩くとみつかるものなのです。
  

  

  
ヒメキリンソウ
    
シコクフウロ
  

  
モウセンゴケ
虫が捕らわれたばかりでしたよ~。
  
ヤマオダマキ
あとどのくらいすれば咲くのかな?
  
ナナカマド
歩き始めてすぐの場所では白い花弁が落ちていて全部終わっていました。ところが女山から男山への尾根道では丁度満開でした。
  

  

  
ヤブウツギ
後の山は筒上山
  

  
シロドウダン
  
ミヤマモミジイチゴ
  
花を探しながら歩くものだから連れ合いはさっさと降りて下から私を写してくれていました。
  
笹の中を下るのは足元が見える時は快適ですが、この斜面は刈り払いされていなく見えませんでした。なので岩・石・根に注意しながら露に濡れながら下りました。連れ合いは50年ぶりにこの斜面を下ったそうです。登りに使うとここは結構きつい。
コメント

💖瓶ヶ森登山①💖

2020-07-02 | 山野草
山野草■梅雨の晴れ間に■
 今日も良い天気になりました。出かけたい気持ちもありましたが庭仕事・洗濯物などで一日が終わりました。昨日の画像整理しながら、山は気持ちよかったな~と思い返していました。
   

   

   
コウスユキソウ(キク科ウスユキソウ属)
エーデルワイスの仲間なので似ていますよね。大峰山系と/四国山地に自生
  

  
オオヤマレンゲ
  
バイケイソウ
  
マイヅルソウ
  
トゲアザミ 
  
氷見二千石原
  
瓶ヶ森から石鎚山を見る
  
筒上・手箱山
  

  
瓶ヶ森・男山からみる山なみ
  
男山では山開きの祭事の最中でした。

 

コメント

💖木の花色々💖

2020-07-01 | 山野草
山野草■梅雨の晴れ間に■
 昨日の大雨のあとの予報では今日は晴れと早い時点でわかりました。なので5時起床。登山もしてそののち花を見て帰って来ようと出かけていました。帰宅は18時過ぎ。沢山みてきたので今日はとりあえず木の花をいくつかまとめました。
   
ケアクシバ
小さい花ですが、大好きなのでわくわくして近寄ったのですが・・まだ開花せず。
    
コメツツジ
花着きが悪く咲いているのが少ない。ようやく見つけてこれだけ咲いていました。
  

    
ツルアジサイ
  
ヤマボウシ
ピンクのもありました。(道幅が狭く対向車があったので停まれず撮影できず残念)
  

   
ネムノキ
  

   
ヤマアジサイ
自宅庭では随分前に終わったのに標高の高いここでは色がついているのはまだほんの少しだけです。
  
コガクウツギ
  
ヤマシグレ
まだまだ沢山の花を見られて嬉しい日となりました。道路も混んでいなくてスムーズに走行できたのであちこち寄り道ができたのが良かったようです。
コメント

💖大荒の滝②💖

2020-06-30 | 山野草
山野草■鹿食害■
 今日は予報通りの大荒れの日となりました。強風・強雨なので綺麗に咲いていたグラジオラス・ユリなどが倒れこんでいるのが見えています。切って花瓶に挿しておけばよかったと後悔するも遅い。ユリは20本以上庭のあちこちに植わっているのでそれ全部を切るわけにもいかず、仕方ないなと諦めています。雨風に強いアガパンサス・アジサイなどは変化ないですね。 
 日曜日にでかけていた大荒の滝周辺は鹿が来ているので荒れています。斜面にサクラを植林しているのですが、食べられないようにネットで全部保護。周りには鹿が食べない植物が大繁殖していました。貴重種は人に盗られ、普通種なども鹿に食べられるので植物も生存していくのもなかなか大変です。
  

  

  
オオルリソウ
鹿が食べないのでかなりの大株。群れ咲いていました。
  
コガクウツギ
  
この葉をみて昔の人は「あ!小判だ!~」と思ったのでしょうね
    
コバンノキ
今年は花を見る事がなかったのが残念ですが、「小判」がわかる状態を見られたのはよかったと思っています。葉の形が本当に小判のよう
   

   
バイカアマチャ
これも梅の花に似ているから名がついている。なので見て、連想する力。想像する能力に感じ入ります。今、世界中から多くの花が入ってきていますが、それを全部横文字でなく、日本らしい名前、和名をつけておいてほしいものだと思っています。
  
オモト
  
ナンカイアオイ・・かな

追記
  
この時点ではキバナノショウキランと思っていました。
  
ショウキラン
この前の東赤石下山時に見つけて居た蕾のラン、キバナノショウキランと書いていましたが、4日後に山仲間が登って確認してきてくれました。ショウキラン。まだ完全に咲いていないですので明日辺り満開ではないでしょうか。




コメント (2)

💖ラン科植物💖

2020-06-29 | 山野草
山野草■適期訪問とはならず💖■
 昨日に続き、今日も梅雨の中休みとなりました。気にかかる花が有るので出かけたのですが、撮影しやすい場所にあったフウランは多分盗られたのでしょう・・なかった。遥か上のはありました。他のランも色々みたのですが咲いていたのは1種のみ。丁度にみるのはなかなか難しいです。1週間後?それとも2週間後?。
  
マヤラン
色が少し見えている程度でした。
  
昨年のマヤラン画像です。
ここは8月3日。10月になって見たときもあります。開花時期が毎年同じではないので出かけても空振りになる・・難しいな~
  
ギンラン
これは大体5月に咲きますね
  
ウメガサソウ
この場所のはきっと6月初旬。来年こそは適期訪問。ランにばかり目を向けていたら足元にありました。
  
この花が見たいのです。
  

  

  

  
ヒナラン
見られたランはこのヒナランのみ。全部で20株ほど開花していました。まだ蕾もあったのでラッキーでした。
  

  
キバナノセッコク
蕾がまだまだ固い。この調子だと7月中旬かな? 
 
昨年は7月24日でやや終盤でした。ということは・・7月20日頃かな~
  

  
ウチョウラン
咲いている画像を知人が載せていたので期待していたのですが・・ここはもう少し先になりそうです。
  
前には7月6日にみています。 


コメント (4)

💖アワモリショウマ・ヨウシュヤマゴボウなど💖

2020-06-28 | 山野草
山野草■大荒の滝①■
 雨後の晴れとなった今日は、涼しさをもとめて滝へ向かいました。山間部はかなりの雨量だったようで滝の水量多く、飛沫が飛んで涼しい。東屋でほっこり昼食をとると昼寝をしたくなりました。今の季節水辺て目立つ白い花・・綺麗に咲いて清涼感いっぱいでした。
  

  

  
アワモリショウマ
    
ヤマボウシ
  
オオハンゲ
  

  
ヨウシュヤマゴボウ
鹿が滝周辺にも入っているのでかなりあれています。でも、食べないこの植物・・びっくりするほど生えていて植えたのかと思えるほどでした。良く見ると綺麗なのですが、毒なので鹿も良くしっているからのこるのですよ。
  
ホタルブクロ
  
トチバニンジン
  

  

  

  

  
大荒の滝
秋に訪問することが多い場所ですが、滝を楽しむのなら雨量の多い今もいいものだと思ったことです。
帰りの寄り道でお初のキノコにあいました。
  
ササクレヒトヨタケ


コメント

💖海辺で②💖

2020-06-27 | 山野草
山野草■モロコシソウ群れ咲く■
 21日の室戸でははじめてモロコシソウの黄色い花が群れ咲いているのを見る事ができました。今までなんども見たことはありますが、これほど咲いていたのは初めてで、凄くうれしかった。ただ風が強く綺麗な画像が少なかったのは心残りですが。
  

  

  

  
モロコシソウ(サクラソウ科オカトラノオ属)
  
ギンレイカ(サクラソウ科オカトラノオ属)
  

  

  
ハマナタマメ
ピンク色結構目立ちました。
  

  
タイトゴメ
  

  

  
キンギンナスビ
花を見るとナスの仲間とはわかりますが、とげの多さにはびっくりです。
  
ウチワサボテン
  
テリハノイバラ
    

コメント

💖タシロラン・ハマグルマ属の2種💖

2020-06-26 | 山野草
山野草■群れ咲く■
 予報では雨だったのにまずまずの天気となりました。昨日庭仕事に精出したのでどこかへ出かけたくなっていたので牧野植物園を2時間程回ってきました。端境期で見るものは少なかったですが、大汗かいて見て回りました。画像整理できていませんので後日UPします。
 21日室戸方面で見て来たタシロラン・・・多かったです
  

  
群れ咲いています。
  
地面からでたばかり
  

  
唇弁にのみ赤い斑点がみられますが、あまり目だたないです。 
  

   
梅雨の雨に打たれていることが多くなかなか綺麗な個体にあえないのですが今回は上等のをみることができました。
タシロラン ラン科トラキチラン属
緑の葉のない菌寄生植物
  

  
ネコノシタ
ハマグルマ属の中でも一番多く見かけるこの花、葉を触って猫の舌をさわったことをおもい出せる植物です。同じ仲間に違いないと思ったけれど、見たことがないものにあいました。
  

  
葉は大きく柔らかで鋸歯も知っているハマグルマ属のとは違う。 どうも「アメリカハマグルマ」のようです。 外来生物法で要注意外来生物に指定されているとのこと。在来のネコノシタなどに影響を及ぼすので駆除の対象植物。園芸種ではウェデリアといわれているとのこと。
庭で栽培しているものが外にでて在来種を減らす・・そうならないよう注意せねばと思ったことです。
 


コメント

💖東赤石山・八巻山で見た花②💖

2020-06-25 | 山野草
山野草■ユキワリソウなど■
 目覚めると雨は降っていましたが大した降りでなかったしその後殆どふらなかったので、庭仕事に精出しました。心配していた登山疲れもまったくなかったので張り切ってアジサイを13株ほど剪定しついでに庭木も刈込しました。アジサイ花を見に花後にはすぐに伐ります。他にもやること多々あるので曇りの多い時期に庭仕事を捗らせるつもりです。
 火曜日の山では思っていたより花が少なかったですが、快適に歩く事ができたのが一番うれしかったように思います。年を重ねてくると膝が傷んだり腰が、というようにあちこち故障がでてきて長時間の登山は躊躇します。花見たさで登って痛みもなく、さほど時間もかからず登り下りでき、その上翌日もなんともなかったのはまだしばらく山へ花を見に行けるということ。まだまだ楽しみがあります。
  

  

  

  

  
ユキワリソウ
  
フジイバラ。?
ヤブイバラだと葉に照りがあるのと小葉がとがっているとこの前教えて頂いたのでフジイバラとしました。 
  
コツクバネウツギ(黄色系/テリハ型)
  

  
アカイシヒョウタンボク
   

   
イヨノミツバイワガサ
   
ミゾホオズキ
  
キバナノショウキラン・・蕾
  
バイケイソウ
他にもいくつか見ていますが、ボツ画像ばかりでした。オオヤマレンゲはいつもの場所にいつものように咲いていました。 
 


コメント

💖東赤石山・八巻山で見た花①💖

2020-06-24 | 山野草
山野草■キバナノコマノツメなど■
 昨日の疲れもなく目覚め、青空が美しいのでどこかへ出かけたくなった。でも、洗濯物の山なのでさっさと片付け庭仕事などをしていました。梅雨の晴れ間は貴重なので野山に行きたい私は家に居るのは嬉しいことではないのです。  
  

  

  
キバナノコマノツメ
  
シライトソウ
やや終盤。自宅近くの山で沢山見られる花なのでさほど珍しくはないですが、岩場でみると違う花のように感じる、
  

    
コケモモ
四国内では此処東赤石にしかみられない貴重種。大切に見守りたい。ログで場所を載せる方がおおいですが、盗掘を避けるためにもやめてもらいたいものです。
  

  
イワキンバイ
  
シコクギボウシ
蕾がかなり大きくなっていて開花が待たれます。
  
瀬場から登る途中幾度も流れをみます。音だけでも涼しく感じますがこうして目で見ると余計に涼しい。
  
一本橋。ここまでがゆっくりで1時間。次の休む水場までも1時間。度々登るので休む場所が決まっています。
  
通過する谷。
  

  
アワモリショウマ
  
ヤマツツジ
   
八巻山頂上のレーサー(11時40分)
東赤石頂上からの岩場は暑いのでぶっとばして歩いたものだからすぐに到着。ここで昼食にしたかったけれど、赤石山荘までおりることになりました。
登山開始が6時45分。東赤石頂上で35分くらい休憩をとっているのでここまで4時間半の歩きです。
この調子だと年齢を重ねた割には上等に歩けているな~と思いました。下りは大好きなので全くどうってことはない。






コメント

💖東赤石山・八巻山登山💖

2020-06-23 | 山野草
山野草■タカネバラを目的に登る■
花の山として有名な愛媛県の東赤石山・八巻山へタカネバラを見たくて登ってきました。標高は1700mほどですが、累積標高差が1000mを越えるので8時間ほどはあるかなければいけません。なので花を見たいという気持ちがあれば、歩けるのです。期待して登りましたが今まで何度も登った中で一番花が少なく肩透かしをくらったようで少々残念でした。ただ、天気予報どうりで晴れて、風も吹き爽やかだったので休憩を結構とりましたが、実動7時間半ほどで15時には下山できました。
  
登山口手前から山をみる
朝から気持ちよく晴れている。暑いとばてるかな・・と心配したのですが、杞憂となりました。
  

  

  

  

  

  
タカネバラ
咲いてはいますが、少ないのであたり一面香りに包まれるという状態ではなかったです。随分前に登った時には、花を見なくても香りで花咲く場所が分かったのですけどねえ。
今年は少なくても来年はもっと咲くのかも?
  

  

  
岩場を歩く間はさすがに陽射しをきつく感じましたが、往復の登りは樹林帯・清らかな流れの渓の横をあるくので帽子をとり、風を受けながらの歩きでした。年を重ねたのでもっと時間がかかると思っていたのですが、花も少なかった所為もあるでしょうが、難なく登り下りできました。この山では7月末にはシコクギボウシをはじめとして種々の花が見られるので又登りに行こうと思っています。  

コメント