花遊び 山遊び

花を愛し、山を恋し、日々自然と遊ぶ。遊んだ事を記憶だけにとどめず、ブログとして記す。
発信元  流れ星☆彡

コセリバオウレン開花確認

2019-01-20 | 山野草
山野草
■咲いています■
 一月中旬を過ぎると咲く花が増えてきます。梅の花が満開だという場所もでてきてこころ浮き立つようにはなりますがまだ大寒。さほど咲いていないとは思いますがコセリバオウレンがどの程度咲いているのか気になりみてきました。
天気が悪いので暗い。その上雨。それがわかっているのでレンズはマクロでも、望遠でもなく標準。小さいはななので綺麗に写せるわけもない・・なんとかわかる画像です。
  

  

  

  

  

  

  
コセリバオウレン
葉が繊細で魅力的です。2週間もすれば満開になるのかな~。
  
ミツマタ
蕾も膨らんできていますが咲くのはまだまだ先です。
花を見に行った時には食事処には滅多によりませんが珍しく、天婦羅定食など頂きました。自分で揚げるとこれほど多くの種類を揚げないのでなんだか嬉しくなりました。毎日自分で作ったものを食べるものだから、人様が作ってくれた食事って非常に美味しく、嬉しいのです。
  

  
  天婦羅・おかず4品・サラダ・味噌汁・お漬物で800円。お値段も懐にやさしいお食事処でした。
コメント (2)

カンボジアで見た花⑤

2019-01-18 | 山野草
山野草
■お初の花ばかり■
 風もない穏やかな天気ですが今日も家の中で用事・というのは来月ささやかですが折り紙展を開催するのでそれの準備をしているのです。折って作品として出来上がっていますが色紙をそのまま持っていっても展示できない。なので色紙掛け・色紙額の調達。作品と額との調和など色々とすることあって一日があっという間に過ぎていっています。欲が出て春の花を折ってみようかと思い出したので又これで出かけられなくなるかも・・とは思っています。
 カンボジアで見た花は初めての花が多いです。
名前が素敵だった花
  

  

  

  

  
テンニンカ(フトモモ科)
紅梅を大きくしたような美しい花が人目を引く。漢字で書けば「天人花」
3メートルほどになる常緑低木。芳香のある径3センチほどの花をつけていました。濃い色のが少ないと思ってみていました。帰国後調べると、2日ほどで退色するそうです。最初花と思ってたのは、小さな果実でした。添乗員さんが種だよ~と教えてくれたのでそれからぱっとひらいている綺麗な花を写すようになりました。
 果実は夏に黒紫色に熟し、なかなかの美味だそうで、ブルーベリーの味がする、らしい。最近は植栽されているとのこと。暖かい地方(沖縄など)では結構みられるそうです。  
小さいけれどフリルが素敵だった花
  

  

  

  

  
フレンジド・リリーー(ユリ科)
蕾は沢山あるのに花数が少ない。どうも開花期が短いようだとと見てまわり。調べたら一日花。次々咲いていくのですね。名前の通り花弁に繊細なフリルがあって色も素敵。せめて花が3日咲いてくれたら豪華だろうに・・と思います。  

コメント

カンボジアで見た花④

2019-01-17 | 山野草
山野草
■お初の花■
 天気は良いものの寒い。買い物以外外にでず探し物の日になりました。忘れる事が多く、探すのに時間をさくことが多い昨今です。
 カンボジアで見た花の中で白が際立ち、すっきりしていて好ましいと思った花・・「ジャスミナム・ノビレ」です。地面に転がって咲いているようにみえます。花がびっしり咲いているところはなく、ぽつぽつ。2つ並んでいるのを見つけるのは難しいほどでした。香りが良いと思ったのですが私はまったくかんじませんでした。5センチほどもあるので目立つ花ではあります。
  

  

  

  

  
ジャスミナム・ノビレ
道脇でぽつぽつ咲く低木も気になっていたらキツネノマゴ科。木なのです。
  

  

     
フロガガンツス・ジョフレレイ
日本でみるキツネノマゴは草。調べてみると低木が国外には多くある。
多くは熱帯産で、中南米、東南アジアなどに多い。日本ではキツネノマゴが多く見られる。他にハグロソウ、スズムシバナなど
園芸植物も多く、代表的なものとしてアカンサス、コエビソウなど。
草花としてキツネノマゴを見ている私には、低木のこの花新鮮に見えました。
街角の風景
  

  
プラス製品が多く見られる日本・・それに対しまだまだ自然から生み出されたこれらの品物が並んでいるカンボジア。良いと思ってみました。針金で作った伏せ網・・これで鶏を飼うのかしら。
 
コメント (2)

カンボジアで見た花③バルボフィラム・ロビーなど

2019-01-15 | 山野草
山野草
■一番多く見たラン■
 目覚めると雨音が聞こえてきました。予報通り雨でしたがたいして降らず午後には晴れてくれました。雨も必要ですがやはり青空広がる方が嬉しいですね。
 ランの中でも一番多く見られたロビー・(マメヅタラン属(Bulbophyllum )です。あまりにも多くあって丁寧に見て回るのをやめたほどです。この属には多くの種があって多様性に富む。こうちではマメヅタランが見られます。今回みたロビーとマメヅタランが同じ属だとは思えないほどでした。花は大きいのでかなり遠くからでも目立ちます。
  

  

  

  

  

  

  
目の前で触りながら撮影できる場所が多かったです。
  

  
近寄ってみなかったですがこのような状態で着生しているところもあります。拡大してみるとかなり開花しているのがわかります。
カンボジアでお土産はなにがいいか行く前に調べたらコショウがでてきました。空港で少し買えれればよいと思っていました。ところが帰り道にコショウ農園に立ち寄る時間があるということでよりました。
  
レンガの色と同じ道を砂ぼこりをあげて走っていきます。道の両側はコショウ畑が続く。周りの草木・家はレンガ色に染まっている。初めてみる土色でした。
コショウノキは高知にはありますがそれとは実がにているけれど違う。
  

  

    
結局ここでは買わず少しだけ空港で買いました。ホテルで食べた食事にも多くの香辛料が使われていて複雑な味を作るのには必要なコショウです。
コメント (2)

カンボジアで見た花②パフィオペディルム

2019-01-14 | 山野草
山野草
■嬉しいであい■
 昨日・今日と穏やかでさほど寒くない日が続いています。成田から送った荷物が届いたので今日は洗濯日となりました。半袖類はすぐに乾く。冬でも高知の日差しは強いのです。
 カンボジアではランを主に探し、見て回ったのですがパフィオペディルムが見られるのをかなり期待していました。一日目に行った場所では全部終わっていてもう見られないかも・・と不安がありましたが見られたので嬉しかったですね。盗掘・開発により激減しているのでいつまでみられることやら!不安な場所に自生していました。
  

  

  

  

  

  

  

    
パフィオペディルム・アップルトニア
  
樹上に作られている大きな大きな蟻の巣
今回の旅に参加している方は方々に出かけて多くの事を知っている。初めてこんな大きな蟻の巣をみてびっくりしたのは私だけだった。
  
ホテルで食事をしていたらガラスにとまった蝶。熱帯にいる蝶らしく色鮮やかでした。
泊ったホテルは5つ星。なので食事は豪華で1時間近く食事に時間をかける。色々多すぎて食べきれないのが残念でした。食事は花が終わったら纏めてUpします。
コメント (4)

カンボジアで見た花①ナリヤランなど

2019-01-13 | 山野草
山野草
■昨夜帰宅■
 寒い日本を脱出して暖かいを通り越して暑い国「カンボジア」へ花を見に出掛けていました。温度は30度以上、降り注ぐ日射しはかなりきつかったです。雨期がすぎ、乾期になっているので連日青空でした。
 昨夜21時頃帰宅しましたが時差が2時間しかないので体はとっても楽です。ただ昨日の東京の寒さには参りました。高知の冬の格好と同じダウン・厚い起毛のトレーナー・冬の下着であっても、差すような寒さを肌に感じ体が縮こまってしまいました。高知より東京はかなり寒い。暑い国から帰って来たばかりだから余計にそう感じたのかもしれませんけれど・・。今日の高知は同じ服装であっても気持ちよく鼻歌がでた程でした。
 カンボジアで見た花を少しづつUPしていきます。
  

  

  

  

  
ナリヤラン
牧野植物園では毎年見ているのです。自生地では道路脇すぐの場所でかなり纏まってみられました。
  

  

  

  
ノボタンの仲間
同じホテルで2泊。ここは大きい。広大というしかない。この建物の後ろにも似たような建物が連なっていました。探検にいったらきっと迷うと思います。
  

  

  

  
ホテル近くに自生しているのでこんなことも出来るのですよね。 
ランは20種近くみることができました。美味しいものも沢山食べる事ができました。

コメント (2)

3月のまとめ③

2019-01-07 | 山野草
山野草
■3月・室戸は暖かでした■
昨日とうってかわった青空が広がりました。寒さが厳しいけれど青空は嬉しいです。3月のまとめを続けます。
     
コツゲ
初めて見た低木です。良い香りがしました。
  
フッキソウ
  
ワサビ
  

  
バイカイカリソウ 

これから下は室戸岬でみた植物です。 
  

  
ルリハコベ
自宅庭で栽培していましすが、栽培はいたって簡単。種を適当にばらまいておくと増えていっています。知人から種を頂いてから10年ほど。でも、やはり自生地でみるのは良いものです。海岸で波音をききながら青空の下でみる、ロケーションも大切。
  

  
イワタイゲキ
岩礁帯に生育するから見ごたえあります。
  

  
ハマダイコン
  

  
ハマエンドウ
  
キケマン
3月末の高知・室戸の海岸は暖かでした。
 
明日から土曜日までブログお休みします。
 海の外へランなどの花を見に出かけてきます。       


コメント (2)

今年の初散策③牧野公園

2019-01-05 | 山野草
山野草
■終日快晴■
 3日・4日と良い天気だったけど、今日は曇りでやや寒い。月曜日から遠出をするので色々調べ事をしていたら一日が終わりました。
 3日の初散策は野に咲く花の自生地も巡りましたが野に咲く花を多く植え付けている場所「牧野公園」へも訪問したのです。ここにはかなり多くの花があります。今ならバイカオウレンが多く咲いていると思っての訪問でした。自生地ではまだ少しでしたがここは広範囲にあるので結構楽しめたのです。
  

  

  

  
バイカオウレン
牧野富太郎博士のお墓もこの牧野公園内にもあります。生まれ育ったのもこの公園のすぐそば。佐川の人々がこの公園を大事におもい、山野草を育て、無料で公開してくださっています。四季折々色々見られるありがたい場所です。
  
ノシラン実
  

  
センリョウ
  
ゲンノショウコ
  
シライトソウ
まさかの開花。
  
セリバオウレン
  
ツルリンドウ・・赤い実そして葉がまだ綺麗に残っていました。
  
自宅からさほど遠くもないし、横倉山登山の帰りにも立ち寄って花をみるのもよい場所です。


コメント (2)

今年の初散策②コショウノキ花など

2019-01-04 | 山野草
山野草
■終日快晴■
 午後から少し天気が悪くなった今日、午前中は上天気でしたので昨日の沢山の洗濯日和でした。山へ出掛けた後晴れているとかなり嬉しいです。
 お節料理も数の子を以外全部食べ終え日常の食べ物にもどりました。好物の数の子は2人で1キロ300グラムも食べる事になりそう・・。お正月の一番の楽しみなのです。
 昨日の山での一番の目的の花は「コショウノキの花」ジンチョウゲに似た花で香りも素敵。此の木を知らないときは「え!山にジンチョウゲがある」と思っていたのです。
  

  

  
コショウノキ 花
海に近い山で南面。暖かいのでここでは年末から開花します。早い春を感じたくて登りました。
  

  
オモト・実
昔から緑の葉と赤い実が珍重されお正月の生け花にもつかわれるこの植物、自生ではさほど赤い実をたくさんつけたのは見られません。今回オモト自体が多かった所為で赤い実が見られ、なんだか縁起がいいな~と思いつつながめました。
  
ヤマコウバシ
縁起がいいといえばこの葉もそう。
合格祈願のお守りとして、人気です。というのも「冬に枯れても“落ちない”ため」。
  ヤマコウバシはクスノキ科の低木。さわやかな香りがあります。それで「山で香ばしい」のが名の由来といわれます。冬の間、葉が枯れても枝についたまま落ちず、4月ごろにはえ替わる。葉が青い時には目立たないのですが、紅葉が始まり、周りの木の葉が落ち始めると、存在感がぐっと増してきます。今回も結構めだちました。
  

  
ヤマアイ
小さくてあまり目立たない花ですが好き。陽だまりで開花
  
ヤハズマンネングサ
貴重種ですが花はさほど目立たない。特徴は葉先の矢筈。
花はこちらをご覧ください
  
ハルリンドウの今の状態
この状態で過ごし4月になればブルーの花を咲かせます
ハルリンドウの花はこちらをご覧ください
  
カヤラン
  
タカネハンシショウヅル 綿毛の根元には種を構えています。強い風に乗ってもうすぐ旅立ちそうでした。
1月初めでも海に近い山だとさほど花は多くありませんが楽しめるのですよ~

沢山の花が見たかったので人の手で世話をしている場所へもいきました。そこでは沢山の花がありました。
  
バイカオウレン撮影風景



コメント (2)

今年の初散策①ユキワリイチゲ・バイカオウレンなど

2019-01-03 | 山野草
山野草
■終日快晴■
 天気予報では今日は素晴らしくよいとのこと。ならば花散策もして山へも登り展望も楽しんでこようと出掛けてきました。思っていた花は全部咲いていました。
  

     
ユキワリイチゲ・・白
  

  

  
ユキワリイチゲピンク系
  
バイカオウレン
群れ咲く場所はへよらず早くに咲く場所に立ち寄ったのですが人の手が入らなくなり草が生え、環境悪化。花数が少なくなっていました。なので別の場所で沢山みてきました。
早春に咲くこれら2種の花を見たので山へ向かいます。すると南斜面の暖かいところには秋の花2種咲き残っていました。
  

    
シマカンギク
  
リュウノウギク
嬉しい限りでした。
  
登った山からの展望もばっちり!!その一部です。石鎚山です。花散策したあとの午後から登山ですので雲があがってきていましたが遠くまでよく見えました。買い物もして帰宅が18時となりました。充実の一日です。
  
コメント (4)

3月のまとめ②

2019-01-01 | 山野草
山野草
■今年はフクジュソウから■
 

 穏やかで気持ち良いお正月をむかえました。佳い年となりますよう願っております。
            今年もどうぞよろしくお願いいたします。
                              

 3月中旬の楽しみのひとつフクジュソウ‥行った時間が少し早くなかなか咲いてくれず待ったのを思い出します。
  

  
フクジュソウ
    

  
シロバナショウジョウバカマ
  
アマナ
  
フサザクラ
  

    
セリバオウレン
登山しての帰り道、群れ咲く場所を発見。こんなことがあるのです。
  

  
アケビ

  

  

コメント (4)

3月のまとめ①

2018-12-30 | 山野草
山野草
■オウレン類咲きそろう季節■ 今日も寒かったですが風もなく穏やかでした。実家へ行っただけで夜を迎える、夕食後から黒豆・カズノコ・昆布巻きなどのお節料理に取り掛かる事にします。
 3月の声をきくと高知の野山の花賑やかに咲きます。特にバイカオウレン・セリバオウレンは見事。
  

  

  
バイカオウレン
  
コセリバオウレン・・3月は最終盤
  

  

  
セリバオウレン
3月初旬にはオウレンの仲間3種が見られるのです。
 

  

  
ユキワリイチゲ
ユキワリイチゲも3月初旬が美しい季節です。
そして土佐の名を冠するこの花も素敵な姿を見せてくれます。
  

   

   
トサコバイモ
毎年これらの花を飽きもせずみているのです。
見に行けることそして自生地で見られることが幸せだと思います。来春3月同じように見られることを願って春を迎えます。

  
  



  



コメント (2)

2月のまとめ

2018-12-28 | 山野草
山野草
■今年も後少し、お正月用の花を活ける■
 天気は良いのですが風強く、寒い。近所の良心市を回って安い野菜を買ってきました。京ネギ2本・春菊・キュウリ5本・トマト5個・・これらが全部100円。中間経費が要らないのと、少しだけ曲がっていたり形が悪かったりでこれだけ安い。日々食べる分には全く差しさわりがない品々です。ありがたいことです。
 大掃除と正月むけての花を活けるので一日が終わります。
  

  
花屋で活けたのを買うのも良いのですが家にあるものを利用して花瓶に挿しました。オアシスをいつもの花屋さんで150円でわけてもらいます。買ったのは房咲き黄スイセン・キンギョソウ・ハボタンのみ。他のは全部自宅庭などで準備できました。
お節料理は30日からつくり始めますが作るものは少なくなりました。食べる量もずいぶんと減って好きなものだけで十分。簡単になりなんとなくお正月を迎えています。
 2月の花の楽しみは毎年牧野博士も愛したバイカオウレンを見に行く事。恒例です。飽きもせず13年ほど見に行きます。
  

  
2月4日バイカオウレンの咲き始めを確認
  

  
ユキワリイチゲ
同じ日に多く咲く場所へもたちよる
  

  
2月8日
コセリバオウレン
再確認のため訪問。
 

          
ジュズネノキ
根がジュズの様だからこの名が付いているのがよくわかりました。
  
セントウソウ
  
キジムシロ
  
ナギイカダ
  
淡路島 黒岩水仙郷の終盤 
スイセン
  

  

  
ナルトサワギク
   
ウメは花盛りでした。
2月も中下旬となるとコセリバオウレンが満開となります。
三度目の自生地訪問
  

  
繊細な葉が魅力です。
下旬には岡山まで足を延ばしました。
  

  

  

  
セツブンソウ
盛りですので見事です。
  
バイカオウレン
下旬になるとこの花も見頃となります。 
2月に見られる花は高知といえども毎年同じ。春よ来いと3月を毎年待ちわびます。   
コメント (2)

1月のまとめ・・纏めの時期となりました。

2018-12-27 | 山野草
山野草
■今年も後少し■
 例年12月中旬を過ぎると花も少なくなり散策にでかけない。一年の散策のふりかえりをします。1月は毎年、コセリバオウレンを見に行きます。今年は1月末でした。1月3日にはユキワリイチゲを見て驚いた。今年も多分12月末からユキワリイチゲは咲いているだろうとは思います。時間がとれれば確認に行きたいのですがさすがに年末、とりあえず主婦しなくてはいけませんので無理かな?
  
フシグロ
  

   
ユキワリイチゲ
1月初旬にこれらの花が見られる高知の平野部ってあったかい・ってことですよね
      
ノハラツメクサ
    
ビロードムラサキ 実
  
アロエ花
  
シオギク
  
ヤマアイ
  
ナンカイアオイ
    

  

  
モモイロカンアオイ
  

  
コセリバオウレン
1月は雪山で登山し霧氷も見ています。でも、やはり野に咲く花のほうが嬉しいですよねえ。      
  
コメント (6)

イイギリ実・霧氷

2018-12-25 | 山野草
山野草
■素晴らしく青い空■
 先週の火曜日の登山で青空と輝く霧氷を楽しみました。サクラの花が咲いたように見えるのもあり興奮。今日は上天気になるというのでまたもや霧氷を見に登り納めとし寒風山へ向かいました。普段の経路をたどらずイイギリが多い道を往復し、お正月用のシキミ・花なども買う段取りです。道の駅には結局2ヶ所によりました。
 予報は当たり!素晴らしく良い天気で風もなく穏やかでした。あまりにも天気が良すぎて下山時には霧氷が溶け少なくなったのは残念でしたが良い登り納めが出来たのです。明日からは大掃除に精出します!!
  

  

  

  
イイギリ 実
今の季節、落葉しているので目立ちます。 車で走っていても道路脇・山の斜面などでも目に付く。赤という色は目立つのですよ。
白も青空では又目立つ
  

  

  
霧氷
   
流れ星只今撮影中です。連れ合いのレーサーが後ろから写してくれていました。
  

  
氷柱!大きいのがあるので目に入ってくる。
画像整理できた分を少しだけUPしました。

   


コメント