Landscape diary ランスケ・ ダイアリー

ランドスケープ ・ダイアリー。
山の風景、野の風景、街の風景そして心象風景…
視線の先にあるの風景の記憶を綴ります。

梅雨間近

2017-05-26 | Walk on
もう風薫る五月も下旬。 そろそろ梅雨前線が列島に張り出す季節。 . . . 本文を読む
コメント

杜の小さき神々

2017-05-21 | 
きっかけは何だっただろう? 照葉樹の森の、むせ返るような濃厚な花の匂いだった。 風が強い日で、雨のように花房が降り注いできた。 近郊の氏神様、日吉神社の杜(もり)だった。 . . . 本文を読む
コメント (8)

郭公の初鳴きを聴いた

2017-05-19 | 
目に青葉、山杜鵑…杜鵑(ホトトギス)の声は、もう里で聴いていたが郭公(カッコウ)の声を聴かない。 . . . 本文を読む
コメント (3)

曙躑躅迷走

2017-05-15 | 風景
石鎚山に春の訪れを告げる花、曙躑躅(アケボノツツジ)の季節到来。 今年は春先のドカ雪のせいで、開花が一週間ばかり遅れたようだ。 . . . 本文を読む
コメント (11)

さみどりの光降る

2017-05-12 | 
きらきら見上げる葉叢が木漏れ陽の透過光に揺れる。 零れる葉先からさみどり色の光の粒子が舞い降りてくる。 さらさらさらさら…舞い落ちる光の粒子を掌で掬い、 さみどりの淡い色素に身体が染まる。 . . . 本文を読む
コメント (2)

風光る森

2017-05-09 | 
光を読み違えたようだ。 午前中の光なら、光に躍る森の花々を捉えただろう。 . . . 本文を読む
コメント (6)

四国消滅という近未来

2017-05-05 | 生活、環境
人口減少、超高齢化社会の帰結として地方消滅が既成事実化されている。 特に四国は、最も危険視されているようだ。 . . . 本文を読む
コメント (3)

森に咲く

2017-05-03 | 
五月の森へ出かけた。 水の入った山間の棚田で過ごした後だったので、遅くなった。 ずいぶん陽も西に傾いた時刻だった。 . . . 本文を読む
コメント (4)

かえりみられない花園

2017-04-28 | Walk on
散歩の河川敷は花盛り。 あちらこちらで帰化植物たちの色とりどりの花園が出現している。 しかし、これらの花々は、ほとんど顧みられることはない。 . . . 本文を読む
コメント (6)

金鳳花の咲く頃

2017-04-20 | Walk on
金鳳花(きんぽうげ)が今を盛りと咲いている。 このメタリックゴールドの輝きを放ち、群れ咲く野辺の花が、昔から好きだった。 . . . 本文を読む
コメント (8)