花遊び 山遊び

花を愛し、山を恋し、日々自然と遊ぶ。遊んだ事を記憶だけにとどめず、ブログとして記す。
発信元  流れ星☆彡

山登り・花散策(香川Ⅰ)

2008-04-24 | 2008年山行報告(香川県)
山行報告

4月19日にネットの花仲間と山登りと散策をした。写真を選んでいたのだがいいのが無い。悩んでUPを遅らせていた。そうしたら同行していた中の一人がHPに今日、UPしていた。きれいな写真ばかりなので恥ずかしくなりやめようかと思っていたが《私は、私と》」割り切り載せる事にした。

    

ユキワリイチゲのシーズンは終わっているのに一輪だけ咲き残っていた。なんときれいな花の色なんだろう!此花がたくさん咲いたらどんなになるだろうか?来シーズンは是非ここに来る。
 


 2008/4・19 天気 くもり 参加者6名 keitann・ 蘭ちゃん・reikoさん・真っ黒ちゃん・レーサー・流れ星


==========================================================
コースタイム 登山口8:30    花散策と頂上  登山口18:10今回は申し訳ないですが山の名と時間を伏せます。理由説明は本文中でします。
========================================================
とあるところでreikoさんと私たち夫婦が、落ち合い登山口に向かう。ここにはまだサクラが残っていた。

 高知を出るときは晴れていたのだがここは、曇りで寒い。

reikoさん以外の皆は、別ルートから登ってきて山の途中で集合する事になっている。登っても登っても見えないのでかなり上まで行き着いた。水場で時間をつぶしているとワサビの葉を見つける。香川では珍しいらしい。10分ほどすると声が右手から聞こえてきて見知っているkeitann・真っ黒ちゃんが来た。始めての蘭ちゃんとは挨拶を交わす。でも、初めてとは思えない。幾度もメールをやり取りしているとそんなもの。すぐに「あの水場の葉はなに?」と散策にと突入。

  

コガネネコノメだそうだ。始めて見る花。ネコノメの仲間も種類が多くわかりにくい。散策していても口の止まる事は無い。眼と口は、別物だ。登って来過ぎているので下る。花の多いところについて周辺を見ると、咲いていないけど「うれしい!」お目当ての花の株があり蕾までつけていた。盗掘にあうことが多いので名前を出さない。近ければ見に来たいほどの花。周辺にはエビネの葉もある。

    

ニシノヤマタイミンガサ(お化けみたい)  絶絶滅危惧種(名前を忘れた)白い小さい花が咲くとのこと

     

かわいいヒナスミレもたくさん。  アワコバイモも次から次へと眼に入ってくる。最初は気付かなかったのだが眼が慣れると不思議なもので向こうから呼んでいるかのように見える。スミレは次々出てくるが名前がわからない。教えてもらっても記憶でき無い。ないないづくし。

 シュンラン 久しぶりに見た。

             二つ一緒に並んでいるなんて仲良しだね。

  ヤナギもこんなになるときれいなものだ

    

高知の鳥形山で発見されたので名づけられた「トリガタハンショウズル」高知の人間がここ香川の山でお目にかかるとは!?開花しているのもあったが撮影失敗。雰囲気は伝わると思うので見てください。

  ケスハマソウ ここのは極端に小さくその上天気が悪いの開化していなくて見られなかった。でも、株はたくさん在ったのでさいたら可愛いだろう。でも、盗掘の跡が何箇所もある。下見に来た時より随分減っているとのこと。道から近いので確かに持ち帰りやすいのだが・・残念に思う

   これは道ぶちにあってきれいであるが盗られない。市場価値が無いからだ。園芸品種のように群れて咲き彩るこのスミレは「コスミレ」

同行していた蘭ちゃんのHPです。
 http://www.kirakira.ne.jp/~ran-ran/frame.htm きれいな写真を見てください  



  

  

 

  

 


   
コメント (2)