京呉服わき ごふくや日記

着物って楽しい!
呉服屋の女将の独り言?楽しいことや裏話、思うままに・・・

そろそろ冬なのですね

2008-11-23 23:11:45 | ひとりごと
今日、たぶん今年最後になるだろうと思う七五三の男の子の
着付けが終わりました。

カサカサと落ち葉が風に舞い、早くも冬を感じさせます

この頃になると、近所のレストランに毎年恒例で
大きなクリスマスツリーが飾られ季節の移り変りを感じます。



11月、みるみるうちに日が暮れるのが早くなる頃、
このツリーを見るとまた今年も暮れが近いのを感じるのです。
クリスマスまであと一ヶ月ですね。



と、言いつつも呉服屋的にはおちおちしてはいられないのです
七五三が終われば、お正月、成人式と、いわば着物の季節です。
「更紗展」をしながらも、
もうはや、来年はどんな楽しい催しをしようか・・・
なんて考えていたりして・・


そうだ!
来年の成人式までにこの手を元通りにしなければ・・・
ちょっとした怪我なのに、着付けの時のリズムが崩れて時間がかかる。
着付けの時に自分なりのリズムがあることに初めて気づきました

動かさないでいたので、関節がまだ完全に伸びない、曲げられない。
紐や帯は、工夫して締められるのだけど
最後の帯〆だけが自分で納得のいくように、キュッと締められない・・
思ったようにできないと、ちょっと落ち込みます


リハビリ・・・まだ、あまり関係のない言葉のように感じていましたが
しばらくリハビリあるのみ・・頑張らねば・・・

この手、思った以上に大切なことに今回気づきました。
冷たい風があたると痛いので、今日は
そうだ!この手のために手袋買ってあげよう!
と目に止まったステキな皮の手袋

帰ってきてしてみたら、まだ腫れていて関節が曲がっているので
入らない・・・・
なんだか、余計におちこみました・・・
あ~あ、明日毛糸のかわいい手袋買ってこよ・・・



コメント (3)