京呉服わき ごふくや日記

着物って楽しい!
呉服屋の女将の独り言?楽しいことや裏話、思うままに・・・

9月最後の日に・・・

2008-09-30 23:33:20 | ひとりごと

やってしまいました・・・


午前中着付けのお稽古、その後も月末のせいもあり
なんだかバタバタして・・
やっと夕方、さてブログでも書こうかな・・とパソコンを広げたとたん
着付けの生徒さん。

「あ~~今日でしたっけ???」
いつも、着付け教室の予定は頭の中にインプットしてあるはずなのですが・・
スコーンと抜けてしまってました。

いつも夜のお稽古の日は、自宅に一旦帰り、夕飯を作る事にしています。
今日はそんなことしている場合ではなく、
そのままお稽古に突入~

子供達も成長したので、夕食ができてなくても
「まぁ、いいか。帰ってからつくれば」
そう思ったのは、ちょっとした訳が・・・。

お昼過ぎ、ご近所のお客様が お店の前を通られ
目が合いました。
すると突然「コロッケ食べる?」
「はい」(遠慮のないこと・・
デパートへ行って来られた帰りのようでアツアツのコロッケを
頂いたのでした。
今日の夕食の一品にさせてもらおうなんて思っていたのですが
こんなことになるなんて

明日、お会いしたら、お礼言わなくては・・・
「ホントに助かりました」って。


9月の最後は大ドジで終わりましたが
明日から10月、袷の季節になります。
でも、今日のように涼しければいいのですが
汗ばむような日には、初旬であれば単衣でも許されると思います。
かしこまったお出かけでなければ、自分の体感温度とその日の気持ちで
着分けていいのでは・・・



コメント

甘味三昧

2008-09-29 21:40:14 | ひとりごと



赤坂青野のお団子
お店が目に入り、ついフラフラと店内へ・・・


今日は用事を済ませたついでに赤坂に足を伸ばしてみました。

東京に住んでいるのに、いまだ赤坂サカスも東京ミッドタウンにも
行ったことがなく・・・

話題の場所は人ごみが苦手で オープン直後はすぐに行く気がせず・・・
毎日の生活に追われていると、つい何事も近くの池袋のデパートで
済ませてしまっているし・・・


毎日同じように お店で仕事をしていると
自分の店が客観的に見られなくなってしまいます。
たまに、他の街を歩いてみると
ちょっとしたことが参考になったり、それをみて反省したり・・
時々、感覚や感性みたいなものに「カツ」も入れてやらないといけない
気がするのです

今日も、「新しい」ものを見、お店の雰囲気やディスプレイなどを見・・・
それに違う場所にいくと気分も変わるし・・


ぶらぶらした〆に・・お茶でもと。
和風メニュー、やっぱりアンコに心惹かれ「生麩のおぜんざい」を注文。
おいしゅうございました・・

さらに帰り道々、シュークリーム、パン、チョコケーキ、クッキー・・
次から次と 美味しそうなものが目に飛び込んでくる・・・
「とらや」ののれんをくぐると、これまた季節のおかしが・・・
う~、ダメダメ、お団子買って手に持ってるじゃない・・・
ガマン、ガマン。

さあ、また明日からガンバロウ、9月も終わりですね。


コメント (3)

ふと、感じる時

2008-09-28 23:05:18 | ひとりごと
何日か前のこと・・・

いつも着る着物はお店に置いてあるので、時々入れ替えます。
少し涼しくなったので・・と自宅においているこの時期着る
着物と帯を何枚か、近くにあった風呂敷に包んで
いつものようにお店に向かいました

自転車の前のかごに、無造作に風呂敷包みを載せたのですが
フッと、その風呂敷包みに目をやったときに なぜか直感的に
「あ、いやだ・・・
と感じました。

考えてみたらその風呂敷、化繊だったのです。
そう、田舎の結婚式の引き出物を包んでもらった
ピンクと白のぼかしの・・・

ずいぶん前にお願いしていた仕立屋さんが、反物を包むときに
糸くずやほこりが付かなくて便利とおっしゃって、
たまに使っています。

でも、いざ自分の着物を包んだのを見た時
安っぽいというのか、惨めな感じがして・・・

けして化繊の風呂敷をけなす訳ではありませんが・・
(化繊の風呂敷は、小さくたためてかさばらないですし)

風呂敷も、やっぱり洒落た木綿や品の良い絹だといいな・・
使っていて気分がいい気がする・・・
いまさらながら そんなことを感じました。

そもそも基本的に化繊のものは好きではない・・・。
化繊には化繊の利点もあるけど、絹や木綿やウール、麻、
自然の素材のものって それぞれに感触がスキです。

そんなことを考えてみると、紙袋も便利だけど
あらためて、風呂敷包み、
何かが風呂敷に包まれている姿というか、形というか、
美しいと感じます。

こういうこと、ふと感じるのは秋のせいでしょうか・・・


コメント

袷の季節・・・

2008-09-27 22:06:02 | ひとりごと
涼しくなりました。
こんなにストンと涼しくなると、急に袷が恋しくなります。
不思議ですね・・・

お店の中も秋らしいコーディネートにしたくなります。
しっとりしたちりめんやざっくりした紬を
手に取りたくなります
ホントに不思議です。

いよいよ袷の季節ですね・・・



明日はお休みさせていただきます

コメント (4)

分身が欲しい

2008-09-26 15:44:57 | ひとりごと
朝一番に美容室へ。
ずっと行けずにガマンしていて、やっとカットしてもらい気分もスッキリ


いつもお世話になっている美容室で、成人式の時には
着付けのお客様のヘアメイクをお願いしています。

成人式、来年もすでに予約を頂いていますが
いつも頭を悩ませてるのがヘアメイク。
当日は、30分間隔で着付けの予約を入れて、着付けだけで精一杯。
ヘアメイクはどこか美容室でお願いするしかありません。

でもお願いする美容室もなかなかなくて・・・
アップはしない美容室や早朝にはしてくれないところ、
技術的に・・・・・というところも。

毎年、時期が近づくと、もう一人私がいてアップができたらな~~
と思うのです。
そうすれば、お客様に移動もして頂かなくて済みますし
時間のロスもない。
一番いいのは、そのお嬢さんの雰囲気や振袖にあわせた
全身のトータルなイメージでお支度がさせてもらえること
(これこそ私のやりたいことかもしれません。)

欲張りでわがままなのかもしれません。
でも、お着物を着せるとき、責任持って全身をコーディネートしたい
という気持ちがあります。

美容師時代にも、よく思いました。
流れ作業のような仕事をせざるをえない状況で
一人のお客様を最初から最後まで一人で担当したい・・なんて

人に任せられない嫌な性格かも・・・
ただ何事も、任せられる部分と任せられない部分ってありますよね。
こだわりのある部分。

そんなこと考えてると
「分身」が欲しい・・・・

・・という発想は現実離れしているので
本気で考えているのは
成人式当日、お店でヘアを担当してくれる美容師さん募集
朝早く、当日のみのお仕事。
アップが上手でセンスのいい人。
いないかな~~





さっき、お立ち寄り下さったお客様「アラ、切ったのね~」と
お声をかけてくださって。

いつも短いけれど、この夏から、よりショートにして
きっと呉服屋の女将らしくないヘアスタイル。
実は私の襟足は、上に向かって生えていて、ショートヘアにするには
美容師泣かせなのです。
アップにすると、とても納まりよく、キレイな襟足?
これで着物を着れば、いかにも呉服屋の女将なのかも。
でも、アップにする気はサラサラなくて
「いかにも女将」もカンベン
・・らしくなく、この先もショートで着物を着るつもりです

余談でした・・・









コメント

お細工物日記  納得?のばら袋

2008-09-25 15:09:05 | お細工物日記
昨日、二ヶ月ぶりにお細工物のお稽古に・・・
(虎視眈々と仕事のスキを狙って・・・


実は夏休みの間に前回の宿題にしていた「蝶袋」を
セッセと縫っていました。
とても難しいのですが、羽を全部縫ったところで先生からお電話。
「あなた、蝶の形が違うって言ってたわよね。
 あったのよ、ホントの型紙が。ごめんなさい、蝶はそこでストップしておいて。」
う・・・ここまで縫ったのに

先生の蝶は大人っぽくってステキなのに何故?ナゼ?と
思っていたのは型紙が違っていたのです。やっぱり・・・
だって、どう見ても別物・・。
(先生いわく、あれは変な蝶。ですって


気を取り直して、
前回書いてたとおもうのですが、ばら袋を課題どおり3個作ったのですが
どうも、納得できなくて。
作ってみると、思ったように出来上がってない。
生地も縫い方もすべて・・

そこで
ひとつ自分で納得いくものが仕上げたいと
ちりめんの生地から探しに行って、反省点をふまえ
仕上げたのがコレ。





「納得」のつもりだったのですが、
やはり、仕上げてみると
「あ~、ここが・・・

当然かもしれませんね、3個や4個縫ったくらいで
100点の物ができる訳ありませんものね。

先生にみていただいて、「いかにもバラらしくていいわね」
と誉めて頂きましたが、私の言葉を聞いて
「だから、最低3個は縫わなきゃだめ。
それでやっと判ってきて、それからここをこうしてみようとか
一つ一つ縫ってみるたびにだんだん判るのよ」

いつも、なにかしら「そうか、こういうことか」と身についていくことが
あるのですが

今回のバラ袋で勉強したこと。
「布を見ること。布の落ち着くところに自然に納めてあげること」
私はキレイに作ろうと、いつも言われる「急所」を意識しすぎて
無理に要所を合わせようと布をむりやりひっぱったりしていました。

いつも先生がおっしゃる言葉。
「私なんか、考えて縫ってないわよ。
手が勝手に動くの。そしていつのまにかできているの。」
早くそんな域に達してみたいもの・・・
いえ、きっと、そこまではなれないだろうな・・・


今月の宿題は
蝶の作りなおしと「桔梗袋(大)」です。
できたら、また見てやって下さい





これがバラ袋をつくるパーツです
大中小3種類、を真四角にカット。プラス土台になる木綿もキチンとカット。





一枚一枚、中に青梅綿を入れ、半分に折って縫い合わせ・・
それからバラのモチーフを13個作ります。


コメント (2)

休日の朝は…

2008-09-22 20:05:43 | ひとりごと
今日、お店はお休み。
娘は長~い夏休みが終わり、今日からしぶしぶ?学校へ・・・
息子も定期考査が終わってヤレヤレしたい気分なのに
今日は一日中クラブだと・・・
すこしブルーで・・
子供たちはそれぞれ出かけていった・・・

静かになったと、思ったとたんけたたましいサイレン
思わずベランダに出てみると すぐ近くのマンションに
10台以上もの消防車が次々に・・・
煙も出てなくて、結局何事もなかったようで、よかった・・・。
月曜の朝なのに大変だな~なんて。


少し気持ちにゆとり??
『お豆でも煮ようかな・・・』と
夕べお水につけておいた大豆を火にかけつつ
テレビのニュースを見ながら少しのんびり気分で朝食


巨人が首位
 最近、野球はそんなに興味はなかったけれど。
 13.5差、まさかね・・・と思っていたら
 何でも最後まで諦めちゃいけないってことか・・
 特に巨人ファンというわけではないけれど
 原監督は同い年、だから頑張って!なんて・・・


小1男児殺害、母親が逮捕
 この事件を最初に聞いたとき、ふと
 まさかお母さんじゃないよね・・・と思ったのだけど。
 嫌な予感があたってしまった
 自分で産んでも、子供は自分のものじゃないはず。
 中学生に解散!って言って育てるのを放棄するのも
 どうかと思ったけれど、命を奪うよりまだいい。
 あんなに強く生きているもの・・命さえあれば。
 母親として、気分の沈む事件


安達裕美の母、全身整形
 お腹周りの脂肪が・・、二の腕のたるみが・・・
 って?思わずうんうんって頷く
 脂肪の吸引始め全身に、てこ入れしたのですって。
 ほぼ年齢も一緒。
 気持ちはよーく分かるけど、そこまでして若さを取り戻そう
 とは思わない。
 老けるのは嫌だけど、私はそれなりに上手に年を重ねていきたいな・・
 でも、その根性には
 整形後、第二弾のヌードも撮られたらしい。スゴイ
 

新聞の折込広告。
デパートのチラシを見て、秋の洋服のチェック。
このバック、いいな。こんなジャケットが流行るのね・・
知らないブランドも少しは覚えておかなきゃ
お客様とお話もできないものね

食品売り場は・・ん?秋のスイーツ
栗きんとん!栗大福!栗餅に、ワラビ餅。
ケーキよりやっぱり和菓子に目が・・・
う~ん、どれもこれもおいしそぉ~。
みんな一つづつ買って、全部食べた~い
と思うのだけど
一個下さい・・なんて言えないですよね


少しゆっくりしたけれど
お昼ごろには、なんとなくそわそわ
やっぱりお店へ行って、片付け。
あ~、なんて貧乏性。。。





 

 
  



コメント (2)

いつの間にか秋・・・

2008-09-21 23:44:34 | ひとりごと
今日で、この秋最初の催しが終わりました。
お越しくださったお客様、たいへんありがとうございました。


明日は片付けなどがありますが、お店はお休みさせていただきます。
しばらくお休みがなかったので、少し気を抜かせていただこうかな・・と

催し後半は持病の腰痛で、自分の身体が思うようにならず
少々不完全燃焼気味・・・

しっかり身体を休めることと、
しばらく行けなかったお細工物のお稽古にも行きたいし・・・

髪も切りたい・・・
(ショートカットでここまでカットに行けないのは我慢の限界です・・・


催しが始まったときには、暑い中お祭りで、まだまだ夏の余韻が・・・
その後十五夜、そしてもうお彼岸と
気が付けばすっかり秋の気配ですね。
今もどこから聞こえるのか、マンションの13階なのに、虫の音が・・・。

秋には、皆さん一緒にお着物を着てお出かけする機会をと
策?を練っております・・
楽しい秋になりますように・・・




コメント

ラスト一日!!

2008-09-20 23:54:42 | ひとりごと
「秋の新作 わきごのみ展」いよいよ
明日一日を残すばかり・・・

始まって3日目、なにやら腰が・・・
あまりひどくならないかと思っていたら
おとといから様子がおかしくなってきて・・・

とうとう3日続けて、接骨院通い


昨日は天気のせいもあってか、痛くて・・
お客様がいらっしゃらないのをよいことに
ダラダラと何もせずに過ごしてしまいました。
(お客様がいらっしゃると気合で痛みも乗り切れるのですが



催し終わりに近づいてから
やっと今日は、すこし楽に・・・
(なんだか不完全燃焼・・・

ラスト一日、
明日は頑張るぞ

まだお越しになってないお客様
二度、三度目のお客様も
どうぞお待ちしてます。

コメント

羽裏あそび

2008-09-19 21:38:48 | わきごのみ
今回の催しでは、この秋冬に向かっての羽織やコートもご紹介しています。

コートは意外と着用期間が長く、着ると面積が大きくて目立ちますので
おしゃれなものが欲しくなりますね。
私などステキなコートを着ていらっしゃる方を見かけると、つい目で追ってしまいます

コートや羽織、表地もですが、裏地がまた楽しいのです。
今日は、そんな裏地をご覧下さい。

裏地は「羽裏」と呼ばれコートも羽織も同じです。
着物にあわせてチラッと見える長襦袢のおしゃれと同様
脱いだときにチラリ・・・ステキな羽裏がついていると気分がいいですよね。
自己満足の世界でもあります





表地は渋い紫地に匹田柄が段に染められた小紋です。
無難で大人しい羽裏を合わせました。





同じ小紋(色の調節ができなくて違う色に見えますが・・)に
可愛いうさぎ柄の羽裏です。
表地が渋くても裏がこんなに可愛いと楽しいですね





こちらも赤みがかった紫地に絞りの柄の小紋です。
上品な花柄の羽裏できれいにまとめました






同じ小紋に、あわせた羽裏はいろいろな更紗の裂を染めたもの
実は男物なのですが、女性が使ってもステキですよね。







最後に、この羽裏は私のひとめぼれ(おべべ好み
風に飛ばされた?紳士の柄。
見つけたとたん
「黒のコートにつけたい~~
裏地のステキなものを見つけてコートや羽織が作りたくなる・・・
っていうのもアリですよ


少ししかお見せできませんが、羽裏もおしゃれなものがいっぱいあります。
見えないところでおしゃれする・・・
これまた楽しい・・


そういえば・・
先日、京都の小物メーカーの方と
「帯揚のステキな柄が隠れてしまうの残念ですね」
というお話をしたのですが
「おしゃれな女性は下着にも凝りますよね、同じですよ」
とおっしゃってました。
確かに、人から見えないところに気を使い、
着物・帯・小物で柄合わせをして自分なりの物語をつくったりするのは
とてもおしゃれで、着物でしかできないお遊びかもしれませんね
コメント