京呉服わき ごふくや日記

着物って楽しい!
呉服屋の女将の独り言?楽しいことや裏話、思うままに・・・

ゆかたの着方講習会、終了

2019-06-29 18:06:46 | 着付教室
たいへんご無沙汰してしまいました
ブログの更新ができていなくて、気にはなっていましたし
更新しないと・・・と焦っていたのですが
ゆっくりと時間が取れずに・・・


昨日は、心配したお客様から
「ブロブが更新してないので気になってます」
「どなたか具合でも悪いのかと・・・」とメッセージをいただいてしまい
ご心配かけて申し訳ありませんでした

いたって元気でおります。
あちこちガタはきていますけれど


そんなわけで、今日の出来事を、やっとアップします

先週と今週の2回に分けてゆかたの着方の講習をさせて頂きました。
私の告知が遅かったことと、十分ではなかったことで
参加人数が少なかったのですが
逆に、時間の割には細かいところまでしっかりとお稽古はできた気がします。

2回の講座を終えて帰られたNさんから、ラインが届きました。





Nさんは、もう十分にきれいに着物を着て、お出かけもしていらっしゃるので
申し込みをしていただいた時に
「え~っ今さら来なくてもいいんじゃない?」な~んて言ってたのですが
来ていただいた価値はあったという事で
嬉しいメッセージでした。

ちょっとしたコツさえ覚えれば
もっと今よりレベルアップすると思います。


来年は、もうちょっと早めに準備して、浴衣講習会したいと思います。

ブログランキングに、参加しております
下↓のバナーをクリックをして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村


京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブックもどうぞよろしく
インスタグラム、始めましたフォローお願いします 
コメント

補正は深い・・・

2019-06-15 15:52:42 | 着付教室
また週末に冷たい雨。
こういう日は、静かな店内・・・あれこれいろんなことを考えます。

こんな日は落ち着いて
いつも気になってる「補正」について書いてみたいと思います。


先日、街である企業のポスターを見かけて、
なんだろ・・・って、なんとなく違和感を感じました。
浴衣姿の女性を使っていたのですが、きれいに着付けているけれど
補正がパンパン?な印象・・・
ポスターだからシワ一つなくキレイに見せなければいけないのは分かる・・けど。

浴衣の涼やかさが半減してるのでは?
な~んてポスター見ているのは私くらいかもしれません・・・



ホントなら浴衣は、補正などしないで着るものだったはずですが
最近は夏のファッション、お出かけ着としても定着してきて
浴衣もキチンときれいに着るようになりました。

それに、下着と浴衣だけなので、普通の着物より体型が出やすいいため
やはり、ウエストにタオルを巻いたり、胸を抑えたほうが
キレイで崩れにくいという事になります。

私本来の考え方は
できれば補正はなくて着物を着られたら、それが一番いいと思っています。

するとしても自然な補正が私は理想。
浴衣は、最小限にしたい。

たとえばウールや木綿の着物も、カジュアルに自然体で着たほうが好き

逆に、格式のある場へお出かけするときの、訪問着や振袖、留袖など
フォーマルな着物は、ピシッとしたほうが。
それなりに胸に綿も入れて(笑)
ですが、私は、その方の元の体型がなくなるような補正は好きではありません。

人の体は凹凸があって、
やっぱり丸くてデコボコのある所に、まっすぐの布を巻き付けたら
プカプカするところが出てきたり、シワがよります。
だから、そこを埋めるために補正が必要という事になります。



雑誌のモデルさんのように着物をきれいに見せるためや
街で見かけたポスターは特殊だと思ってます。


着付教室も始めてから長くなり
この頃、お一人お一人にあった補正の仕方が特に気になってきました。


衿合わせをするとき、腰紐をするとき・・
補正が上手にできていれば、しわが出にくく、布地が動きにくくなるので
見た目はもちろんキレイだし、着るのも楽だし。
と、いまさらながらに補正の重要性を感じると同時に
一人一人に合わせた補正の仕方をアドバイスしてあげたいなと思います。

市販のもの、製品で間に合えばそれでいいのですが
これだけ着付けをしたり、教えたりでたくさんの方の体型を見ていると
なんだか既製のものではしっくりこない場合も多く
いろんな既製品を買ってみたり、自分で作ってみたり・・・

補正は必要、
なるべく必要最小限
その人らしく


きっと、私が着付けにかかわっている間は、永遠に悩むことの一つだと思います。



ブログランキングに、参加しております
下↓のバナーをクリックをして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村


京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブックもどうぞよろしく
インスタグラム、始めましたフォローお願いします 
コメント

着付教室・夏の特別レッスン「ゆかた着方講座」

2019-06-11 16:39:21 | 着付教室
梅雨寒と言いますが、昨日から寒いですね・・
冬のお布団、それに長袖、もういいかななんて思って、しまってしまったのに


さて、先日、大急ぎでお知らせした「ゆかたの着方講座」

ツメてなかったのですが、詳しい事決めましたので
再度、お知らせです。



6月22日(土)29日(土)10:00~11:00の二日間にわたって
 22日は浴衣の着方
 29日は帯結び

講習費 2回 3,000円(税込)
    1回のみの参加は2,000円とさせて頂きます
  



ちゃんと決めたの、時間帯と、講習費くらいですが・・・



6月後半の土曜日の日程なのに、私が行動に移すのが遅くて
皆さんにお知らせするのが不十分で
慌ただしいのですが、ぜひご参加ください。

最近はユーチューブなどを見て、自分で着ます!という方もいらっしゃいますが
たぶん直接、実際に教室で習った方がほうが早いかも・・って思います。

ちょっとしたコツがあったり、一般的でなく一人一人こうしたほうがいい・・
なんて事もありますから。

2回コースで設定してますが、浴衣が上手に着られない
浴衣は着られるけれど、帯ができない・・という方は
一日のみのレッスンもOKです。

詳しい事、お申し込みは、お電話くださいませ。03-3959-0256
                      090-1401-3666



ブログランキングに、参加しております
下↓のバナーをクリックをして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村


京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブックもどうぞよろしく
インスタグラム、始めましたフォローお願いします 
コメント

取り急ぎのお知らせ「ゆかた着方講習会」

2019-05-30 14:58:22 | 着付教室
今日は、あわただしいお知らせで・・・。

今年は、浴衣の着方の特別講習会を設けようと思います。

詳しいことはまだ未定で今のところの計画です。

日時は6月22日(土)29日(土)午前中
 
今回は2回コース
 1回目22日は   浴衣の着方と、体に合わせた補正の仕方
 2回目29日は   帯結び

数年前にも浴衣の着付け講習会をしたことがあるのですが
自分でなんとなく納得がいかなくて
実はしばらく私の気持ちが遠のいていました


数か月前から、またやってみようかな・・と構想はあったのですが
なかなか計画が先に進まず。
そして今日、カレンダーを何気に見ていたら、浴衣の季節に間に合わせるなら
早く決めなきゃ
急に思い立ち、とりあえず日にちを決め、とりあえず告知せねば
ブログを書き始めたわけです

今回2回に分けようと思うのは、ホントにちゃんと着られるようになっていただきたいので。
1回で浴衣と帯結びの両方は、きついな~~と以前に感じていたこと
順番を覚えてもらって、さらりと通して教えるだけになってしまい
自分自身が不完全燃焼な気がしていました。

今度やるなら、何回かのコースにしてみてはどうかと。

一回目、浴衣の着方をしっかり覚えてもらって、次回の帯結びまでに
ちゃんと着られるように練習してきてもらう

2回目、浴衣が着られる前提で、帯結びに集中
ホントは、文庫系の日と貝ノ口その他の日、二回に分けたいのだけれど・・・。
これは人数にもよるかな・・・って。

浴衣は着られますという自信のある方は
2回目のみの参加もOKにしようか・・・と
これも状況によって・・・迷っています。


そうそう講習費もまだ未定です。
でも、無料にはしません
ちゃんと講習費をいただいて、ちゃんとお教えします
短時間なので、もしかしたらスパルタになるかも??(笑)


こんな私の構想です。
もし、興味のある方は、お声かけください。


取り急ぎでした。


ブログランキングに、参加しております
下↓のバナーをクリックをして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村


京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブックもどうぞよろしく
インスタグラム、始めましたフォローお願いします 
コメント

着付教室の路上教習

2019-05-21 14:47:53 | 着付教室
朝から嵐のようなすごい雨でした
今日は午前中、着付教室だったので心配してたのですが
皆さん雨の中、頑張っていらっしゃってくださいました。

今日のお稽古のメンバーは、もうきれいに着られる皆さんばかりで
着るお稽古をしながら、単衣の着物のお話などになりました。

着ることはできるようになっても、夏の時期の着物や帯や小物のこと
わかっているようでも、皆さん実際に着てお出かけするようになってみて初めて
「こんな時は?」「この時期は?」と疑問が出てくるものです。

頭では理解しているようでも、いざ、出かけるときに
これでよかったかな・・と不安になることもあるかもしれません。

今日も、ちょうど雨だったので、「雨コートの着方」をお教えすることになりました。
そんな難しい事ではないけれど、普段は雨の日の注意点などお話しすることもなく
今日のようなお出かけOKくらいに着られるメンバーの皆さんには
こういう授業もいい機会だったなと思いました。

ある程度着られるようになったら、あとは実践あるのみ
実は先週、今日の生徒さんたちと「ランチ」にお出かけしてきたのでした。

店のフェイスブックには、「出かけてきました」と、アップしたのですが
着物姿の写真はすっかり取り忘れ、慌てて撮った料理の写真のみ・・
フェイスブックを見てくれた親しい友人たちからは、
「せっかくだから着物の写真が見たかった~~」とブーイング
ホントですよね
呉服屋の女将として・・・ただただ反省です。

・・・というわけで、ブログにも写真なしです


今年から、なるべく皆さんと出かける機会を設けようと考えています。
やっぱりお出かけすると、お稽古しているだけよりも、
出かけなければいけないという緊張感、いい意味でのプレッシャーもかかるように思います。

それに、私がもう外に着ていっても大丈夫と、「合格」を出しても自信がない方もいらっしゃいます。
車の教習所にたとえるなら「仮免許」
私がご一緒させて頂いてのお出かけは「路上教習」と言ったところかも。

そして、自信をつけてもらって一人立ちしていただけたら嬉しい。
たとえ、着付教室を卒業しても、仲良くなった皆さん同士でお食事や観劇に出かけてもらえたら
理想的

次は、浴衣でビアホールにでも・・という案が
私もお出かけしたいという方お声かけてください
ぜひご一緒しましょう


ブログランキングに、参加しております
下↓のバナーをクリックをして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村


京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブックもどうぞよろしく
インスタグラム、始めましたフォローお願いします 
コメント

着物日和に神楽坂ランチ

2018-10-31 14:02:20 | 着付教室
さわやかな秋晴れの昨日、着付教室の皆さんたちとお出かけしてきました






もう上手に着られて「お出かけしても大丈夫」と太鼓判を押しているのですが

「なかなか一人では・・・
「洋服のお友達の中で、一人だけ着物だと・・・、着物を着てる人が一緒ならいいな

「でも、どこか出かけたい!!
「わきさんが一緒なら、安心だし~
お稽古しながら、こんな会話が・・・。

じゃあ、秋になったらランチにでも行きましょ~~
という事で、神楽坂にランチに行ってきました。


こういう計画の時、「雨が降ったらお洋服でもいいですか?」という方もあり
それでは意味がないな~なんて思いながら今回も確認したら、
「雨でも行きます」と頼もしい返事。

”雨が降ったら、雨が降ったときのお支度をする“
これも着物を着てお出かけしようと思ったら当然のことですし
着物を着たい本気度を、とても嬉しく思いました。


雨の心配どころか、日頃のみんなの行いがいいせいなのか、ホントに着物日和





お店の前で。








4人の個室で、気兼ねせずおしゃべり
写真のアングルが悪くて、ごめんなさい





こういう時、皆さんはお料理の写真を上手にアップしていらっしゃるので
私も不慣れながら撮ってみました。
実は、撮ることなどすっかり忘れ、少し箸をつけてしまった・・のですが。





たくさんおしゃべりしたあとは街を散策。





このお店も、いい感じ。
ココのランチもおいしそう・・。

食べたばっかりなのに、目移りしてしょうがない(笑)





テレビのロケでも出てきそうな風情のある路地や神社。

最後は近くの東京大神宮まで、足を延ばしてお参りしてきました。

今回は、こじんまりと4人でお出かけしました。
私も行きたいという方、いらっしゃいましたらお声がけください。
今度、ぜひご一緒しましょう


ブログランキングに、参加しております
下↓のバナーをクリックをして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村


京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブックもどうぞよろしく
コメント

上達している証拠!

2018-02-28 17:59:45 | 着付教室
2月・・。
オリンピックに熱くなったり、寒さに気をとられている間に
あれよあれよという間に終わってしまい
3月春ですね

先日、催しが終わった翌日の定休日に、自分自身の古布のお細工物のお稽古に行ってきました。
私にとって気分転換にもなり、
先生からはお細工だけでなく教わることがとてもたくさんあるので、
我ながらしつこいくらいに長く通っています。

長くお稽古に通っているので、教えていただくお細工物はほとんど教わったのですが
今また、改めて自分の未熟さを感じ
まだまだだな~と思うこの頃・・・

最近は、新しいものを教わりながら
以前に教わったものを、もう一度最初からやり直したいと考えるようになりました。

習いかけの頃は、一つのお細工物を早くしあげたい
早く、先に進みたいと急いでいたように思います。

そうして仕上げたものを、今見直してみると
恥ずかしくなるようなものもあり・・・・
最近、もう一度、簡単だと思っていた作品を作り直してみると
以前夢中で縫っていた時よりわかってきたような気がします。

あ~、まだまだだな~~って。

布の選び方、色の合わせ方、縫うコツ、ポイント・・・いろんなことが
ここまで来て、やっとわかり始めた気がします。

サラッと習って、作品を数点作って「できた」「分かった」って
それではダメだったな・・って、実感です。


・・で、同じような声を、
着付け教室で、着付けを習ってくださっている皆さんから聞くことがあります。

ああ、おんなじだな・・って思います。


着物って、本来順番とやり方を覚えたら着られるものだと、私は思っています。
4回ほど習いに来てくださったら、なんとか形にはなります。

着られるようにはなりますが
意識の高い方は、着られるようになってから
逆に気になる部分が出てくるようで、
「私、前より下手になった気がします」なんておっしゃることも。

いえいえ、下手にはなってないのです。
そういう感覚が出てきたってことは上手になっている証拠なのだと思います。

着られただけで満足できていたものが
わかってくると、「もっと」が出てくるのです。
「もっと」が出てきたということは、上達しているからです・・って
着付け教室では皆さんに言ってます。
心の中では自分自身にも言い聞かせるように・・・

お細工物のお稽古でも
長く習っていることで、見えてくることや分かってくることがあります
布を触ったときの感覚、布の個性や性質などは、1年2年ではけっしてわからなかった・・・。

何でも数をこなすことや経験って大事だなと実感します。


衿合わせがうまくできません・・
おはしょりが汚いんです
帯揚の処理が・・・

こんなミニスランプに陥ったときが、ステップアップのチャンス
皆さん、頑張りましょね



ブログランキングに、参加しております
下↓のバナーをクリックをして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村


京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブックもどうぞよろしく
コメント

着物は何分で着られるか・・15分着付けって?

2017-02-10 13:30:51 | 着付教室
またまた寒波到来。
2月といえば春めいてくる頃に、この寒さはこたえますね・・。

さて、春に向かってくるこの時期、着付け教室のコマーシャルも多くなってます。

そこで、着付け教室のチラシや、最近巷でもよく聞く「15分着付け」
そう15分で着物が着られるようになるという・・・

15分で着られるって・・すごく魅力的な言葉ですね。

数年前に、私も本屋さんで「15分着付け」という特集を組んでいた雑誌を見かけ
どんなものだろうと、迷わず買ってしまいました

15分で着物が着られる?!
何か特別な方法があるのかな?
特殊な器具でも使うのだろうか・・・興味津々。

家で、内容を読んで見ると、結局のところ
特別なコツや方法というわけではなく、いつも着付け教室で言い続けていることでした。


こんな風に言い切ってしまうとがっかりさせるかもしれませんが
着物を早く着る魔法のような方法や、特効薬など、ない気がします。


着物や帯の持ち方やその位置、手の動きの無駄をなくすこと
一つ一つの動作を確実に、
基本を押さえて、ていねいに・・
こんな当たり前のことがちゃんとできていれば、早くきれいに着られます。
コツといえば、こんなことがコツ。
それから、回数を重ねることも大事・・。


じゃあ、みんなは何分で着ている?

着物を着慣れたお茶の先生に聞いてみたら、「15分くらいで着てるわね~」と。
ただ、感覚的な時間でしっかり計ることなどなさってない気がします。

私も、意識して図ったことはないですが、たぶん10分
ストップウォッチ用意して、準備万端、よーいドンって着たら5分で着られるのではと思います。

でも、普通はそんなに急いで着物を着る必要、ないですよね


15分は、魅力的な時間です。
でも、実際には、結構高いハードルかも・・・

私は、着付け教室で皆さんへの目標として
30分で着られてお出かけできるんだったらオーケーよと言ってます。
着物を着るのに1時間かけていては、ダメ・・
なぜなら1時間かかっているということは、やり直ししているということ
1時間かけたら、どんどんグスグス崩れていってしまいます。

下着や長襦袢など、基礎の部分から着実にきちんと
やり直しせず着ていけば、30分あれば着られるはず・・・って思います。


教室で見ていると、少しお稽古に来ている皆さんはたいてい20分くらいでは着られていますし
早い方なら15分もクリアしていらっしゃいます。
時間を意識して着ることも大事で、上達もします。

とりあえず、着物は30分くらいで着られてお出かけができたら、
上出来ではないでしょうか



ブログランキングに、参加しております
応援のクリックをしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へにほんブログ村



京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。

コメント

続いて、着付け教室より・・・生徒さんは中学生

2017-02-07 14:42:13 | 着付教室
先日に続き今日も着付け教室の様子を・・・。

先週のお稽古では中学生のお嬢さんを教えました。

赤ちゃんの頃から知ってるKちゃん。
小さいころから日本舞踊を習っていて、これまでも浴衣や半巾帯の結び方などを
特別にお稽古していましたが
いよいよ、本格的に着物と名古屋帯が着られるようにとお稽古することになりました。











お母様の小紋と帯で。
上手に着られました

若いっていいですね

スイスイと教えることが入っていきます。

手の動きや持ち方などを教えると、踊りの時の手の動きを覚えるような感覚なのでしょうか
なめらかに素直に手が動いていく気がします。

Kちゃんを教えていると
中学、高校で、着物に触れさせて着方を教えてもらえる授業があると
ホントにいいのになって思います。

最近は、着物を見たこと、触ったこともない子供たちが増えていると思います。
まず、このくらいの年齢で体験してみる機会があれば
その中の数人でもいいから、着物や日本の文化に興味を持ってもらえるのではないかなと
思うのですが・・

教育関係の皆さん
もし、子供や若い世代に着物を教えるような授業や企画があれば、ぜひ声をかけてください。
お手伝いしたいと思います。



ブログランキングに、参加しております
応援のクリックをしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へにほんブログ村



京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。

コメント

着付け教室より~リメイクした帯と福袋の小物で

2017-02-03 11:44:34 | 着付教室
東京はいいお天気が続いていて
空気がカラカラ、肌もパリパリ乾燥している感じです。

お肌には良くないけれど、実は虫干しするのにいい時期です
日中の2~3時間、着物をハンガーにかけて風を通してやってください
着物にシミなどできていないか異常を発見することもあり
早く処置ができます。

さて
今日は、着付け教室の一コマをご紹介します。


先日のお稽古で・・

昨年ブログで、羽織や着物から帯にリメイクすることができますと
紹介させていただいたことがありますが
この日のお稽古はお二人とも
まさにそうしてリメイクした帯を結んでみました。








こちらは、昨年ブログでご紹介したことがあります
お母様の黒の絵羽織から名古屋帯を作りました。
小紋も、ピンクの八掛がついていて時代を感じる小紋でしたが
洗い張りしてシミもスッキリ
グレーの八掛に取り換えたら、とってもおしゃれになりました。










そして、こちらもしばらく着付けのお稽古にも使っていた
お母様の縫い取りお召しの着物でしたが、やはり名古屋帯に仕立てて
ちょうど出来上がったきたところでしたので、さっそく結んでみました。

大きな赤い花をお太鼓に、前は白の花が来るように・・
洗い張りをしたらきれいになりましたが
その中でも、きれいな、いい柄を使って仕立てました。
そのまま着物で着ると少し時代を感じるお着物でしたが
帯にしたら、生き返り、お母様の思い出も残ったかと思います。
お着物も、お母様の大島。



お二人は、別々にお申込みいただいて、お稽古がご一緒になるうちに仲良くなって
「じゃあ、今度も一緒に・・・」とお稽古の予約を同じ日にして
一緒に楽しくお稽古してくださっています。





初春市で、今年も帯〆と帯揚げをゲットしたお二人
さっそく、こちらも使ってみました




ブログランキングに、参加しております
応援のクリックをしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へにほんブログ村



京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。

コメント